FC2ブログ

Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

ディノス記事 第47回 『イギリスで訪ねた庭レポート vol.3 プリンセス・ダイアナ・メモリアル・ウォーク編』

※ こちらの記事は、2018年11月15日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。


今年2018年の5月、世界的に有名な日本人ガーデンデザイナー、石原和幸氏のサポートメンバーとして、
イギリス・ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーに、石原さんの庭をつくりに行ってきました。
作庭期間の約2週間、その後、フラワーショー開催中の庭のメンテナンスもさせていただくことになって、
都合3週間ほど、イギリス・ロンドンに滞在していました。
その間、作庭の合間、そして週末の休みの時間を使って、ロンドン市内や近郊に点在する、
世界的に有名なガーデンをいくつも見て回ることができました。
自宅でバラの庭を作り始めて6年、新たな刺激とクリエーション(創造)の源を探しに行く旅でした。

こちらのディノスさんのブログコーナーで、僕が訪ねたロンドン近郊の12の庭をレポートさせていただくことになったこの企画、
今回はその第3回。
ロンドン中心部に広がるハイド・パークとその周辺、ケンジントン・ガーデンなどをご紹介します。

DSC_6703_convert_20181102133631.jpg

ハイド・パークは、ロンドン中心部、ウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて広大な敷地を有する都市公園です。
チェルシー・フラワーショーが開催される5月末のイギリスは、日本でいうと4月末くらいの感じでしょうか?
チューリップや水仙などの球根植物の花が終わって、6月中旬頃にピークを迎えるバラの開花目前といった状態。
どの公園も花が少なく少し寂しい季節でしたが、代名詞の「霧のロンドン」と揶揄される天候が嘘のような
カラッと晴れ渡った日が続きました。
この日は、午前中のフラワーショー会場での庭造り作業を終え、地下鉄に乗ってすぐのハイド・パークへ、散歩に出かけました。


DSC_6704_convert_20181102133715.jpg

このハイド・パーク、公園内で最も古くから残る部分は、かつて貴族の荘園でした。
その後、イングランド国王・ヘンリー8世に買い上げられ、1851年、世界初の万国博覧会の会場となり、
公園内には「水晶宮(The Crystal Palace)」という鉄骨とガラスで作られた巨大な建物があったそうです。
今はその痕跡はなく、瑞々しい緑の芝生スペースが遠くまで広がっていました。
子供たちや家族連れ、オフィスワーカーの憩いの場となっています。


DSC_6706_convert_20181102133728.jpg

このハイド・パーク、広さは約2.5平方キロメートル、実に75万坪。
ニューヨークのセントラル・パークとほぼ同じ規模を誇る、世界有数の都市公園となっています。
遠く彼方には高層ビル群が見え、ここが大都会・ロンドン市街の中心部とは思えないようなのどかな空間です。


DSC_6708_convert_20181102133737.jpg

ハイド・パーク内には、高木も多数植えられ、それらが美しい並木の風景を作っています。
大きく枝を広げた木々に差し込む陽の光が、地面の芝生に美しい木陰を作ります。
まるで、苔の庭のようです。


DSC_6711_convert_20181102133746.jpg

ハイド・パーク内には、何本もの放射状の道がデザインされています。
宿泊先で手に入れた現地の市街地図の中にも、その放射状の道が描かれていました。
地図に描かれた放射状に伸びる道が交差するポイントが、公園の中にいくつかあります。
最もたくさんの道が交差する場所はどんな風になっているのだろう?という、素朴な疑問が芽生え、
その場所に行ってみることにしました。
ここには、確か8本か9本の道が交差していたと思うのですが、その交差点はこんな風になっていました。
白と黒の玉砂利で描かれた、大樹をモチーフにした円形のペイヴメントがデザインされていました。
話のネタに、ハイド・パークに行かれることがあれば、是非、このポイントを探してみてください。


DSC_6723_convert_20181102133757.jpg

広大な敷地のハイド・パークは、中央に広がるサーペンタイン・レイクと呼ばれる人口湖(池)により、
東地区と西地区に分かれています。
この池には多くの野鳥が遊び、市民や観光客がボート遊びを楽しんでいました。


そして、このサーペンタイン・レイクの畔(ほとり)にあるのが、今回、一番見たかったこの施設です。

DSC_6760_convert_20181102133947.jpg

「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ・メモリアル・ファウンテン」。
1997年、不慮の交通事故で亡くなられたダイアナ元妃の記念碑として作られた噴水です。
アメリカ人ランドスケープアーキテクトのキャサリン・グスタフソン女史と、イギリス人のニール・ペーター氏によって
デザインされたものです。
この噴水は、50m×80mの楕円形で、緩やかな斜面に位置していて、最も高い位置から流れ出た水は、二手に分かれ、
やがて、最下点でひとつにつながるという、シンプルでありながら斬新なデザイン。
「ダイアナ元妃の波乱万丈な人生を、水の流れで表現する」というコンセプトの記念碑なのです。
一般的な記念碑というと、偉人の人物像やその人の功績が記された石碑などが頭に思い浮かびますが、
ここでは、「水の流れ」という抽象的なものでデザインされているところが、知的で興味深いです。


DSC_6738_convert_20181102133843.jpg

では、「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ・メモリアル・ファウンテン」をぐるっと一周回ってみましょう。
こちらの写真が、最も高い位置。
手前中央部に湧き出した水が、緩やかな勾配の水路を左右に分かれ、流れていきます。
サークル状の水路の内側には、美しい芝生の広場が広がっています。
奥にはサーペンタイン・レイクが見え、緑豊かな木々へと、美しい風景がつながっていきます。


DSC_6733_convert_20181102133829.jpg

まず、左回りに半周してみましょう。
最頂部から流れ出した水は、水路を左へと流れ下ります。
浅い水路には、凹凸の突起がデザインされ、突起に当たった水が白く泡立ち、荒々しい表情を見せます。


DSC_6729_convert_20181102133820.jpg

水は、途中V字型の渓谷で急流となり、やがて穏やかな川幅の広い部分へと到達します。
水路には自由に入ることができ、子供が靴を脱いで腰かけ、冷たい水で涼をとっています。
ここが記念碑であることを忘れさせるデザインです。


DSC_6755_convert_20181102133939.jpg

そして、流れは再び荒々しい滝に差し掛かり、激しく水しぶきを上げて流れていきます。
まるで、ダイアナ元妃の人生のように。


DSC_6728_convert_20181102133806.jpg

そして、最後には川幅の広い、穏やかな流れとなって終焉を迎えます。


DSC_6739_convert_20181102133852.jpg

再び、最頂部へ戻ってきました。
今度は、右回りに半周、水の流れを下ってみます。
いきなり、段差のある滝が数段、待ち構えています。


DSC_6741_convert_20181102133910.jpg

下流側から見た数段の滝。
落差を得た水の流れは、一気にスピードを増していきます。


DSC_6745_convert_20181102133920.jpg

勢いのついた水は、バンクした(傾いた)水路の側面を溢れんばかりに打ち付け、さらに加速します。

このモニュメントを設計したキャサリン・グスタフソンとニール・ペーターは、
クレイ(土の)模型を基に、3次元モデリング、コンピューターによる解析と調整を重ね、
多くの技術者とともに、この水路を作り上げたそうです。
どこまでも白い花崗岩を、3Dモデリングで研磨し、作り出された独特の美しい造形美。
写真では使えきれない、実物を見て初めて分かる感動が、そこにありました。


DSC_6754_convert_20181102133930.jpg

そして、最後はまた、この穏やかな水面に辿り着きます。
水の流れが絶え間なくつながるこの美しい水の造形。
メビウスの輪のようでもあり、エッシャーのだまし絵で描かれた循環する水路の絵のようにも思えます。
ここを訪れる人が、この水盤がダイアナ元妃を偲ぶモニュメントだということにすら気づかないほど、
さりげなくロンドンの日常の中に溶け込み、これからもずっと愛される特別な空間になっているように思いました。
デザイナーのグスタフソンは、
「この噴水は、ダイアナ元妃、彼女に相応しい記念物となることを何よりも強く意識し、
かつ、彼女が素晴らしい人間であったことを表現するようなものとしたかった。」と語っています。
「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ・メモリアル・ファウンテン」は、
ダイアナ元妃の波乱万丈な人生を彷彿とさせるような、絶え間ない水の流れの美しさに心癒される空間です。
ロンドンの都市の新しい癒しの空間として、是非、訪れていただきたいと思う場所です。


さて、「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ・メモリアル・ファウンテン」を後にして、
ハイド・パークの西、ケンジントン・ガーデンズに向かいます。

DSC_6762_convert_20181102134002.jpg

「ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ・メモリアル・ファウンテン」のすぐ近くで見かけたのが、こちらの風景。
石と鏡面パネルを使った、アートです。
石の横に黒い犬がいて、その姿が鏡面パネルに映り込んでいると思うのですが、
一番手前、画面の左側にも、よく似た黒い犬が・・・。
これは、偶然なのか、それともアートなのか?
面白い仕掛けに、思わず頬が緩みます。


DSC_6770_convert_20181102134011.jpg

そして、ケンジントン宮殿に向かう道すがら、左側に見えてきたのがこちらの建物。
ロイヤル・アルバート・ホール。
8000人規模の収容人数を誇る、ロンドン最高峰のコンサートホールで、バレーやオペラ、クラッシックからロックまで、
様々なアーティストたちに彩られてきた芸術の殿堂。
以前、ここで行われたライブの様子をDVDで見たことがあって、是非訪れてみたいと思っていました。
ハイド・パーク側から見える建物正面は、建物の改修中で、残念ながら足場が掛かっていました。


DSC_6771-1_convert_20181102134021.jpg

側面に回り込むと、美しい外観を見ることができました。
コロッセウムのような円形の外観の頭頂部には、「芸術と科学の勝利」を描いた巨大なテラコッタが貼られています。
時間があれば内部見学のツアーに参加してみたかったのですが、今回は外からしか見ることができませんでした。


DSC_6776_convert_20181102134029.jpg

再びハイド・パークの中を西へと進みます。
この辺りは、ケンジントン・ガーデンズと呼ばれるエリアで、ケンジントン宮殿も近いことから、
多くの観光客の方が、公園内を散策されています。
こちらは、その一角で見つけたカフェテラス。
のぼりはおろか、何の看板すら出ていないシンプルなデザイン。
閉店時には、折り畳みの扉がカウンターを隠す設計となっていて、とてもオシャレ。
さりげなく、公園の風景に溶け込んでいます。
日本ではこうはならないでしょう。
美しい庭園や建造物のすぐ横でも、無粋なのぼりや看板ばかりが目立っていることでしょう。
都市景観を大切にする、このような価値観や美意識を、もっと日本人も学ぶべきではないかと思いました。


DSC_6783_convert_20181102134037.jpg

そして辿り着いたハイド・パークの西の端、ケンジントン宮殿です。
現在、ウィリアム王子ご一家が暮らされる宮殿は、かつてその母、ダイアナ元妃とチャールズ皇太子が住まわれていた宮殿でもあります。
一部、内部も公開されているのですが、こちらも時間がなく、外からだけ見学しました。


DSC_6786_convert_20181102134051.jpg

ケンジントン宮殿への見学者の出入り口前には、緩やかな斜面を使ってデザインされたメイズがあります。
ちょうど人の背の高さに刈り込まれた植物の中に、ジグザグの道が作られています。
道を歩いていると、今どこにいるのか分からなくなりますが、上から見下ろすことができるようになっています。


DSC_6793_convert_20181102134059.jpg

こちらも、ケンジントン宮殿のすぐ横にある、「プリンセス・ダイアナ・メモリアル・ガーデン」。
サンクンガーデン、いわゆる「沈下式庭園」になっていて、中央に行くほど低く作られています。
中央には、噴水を配した池が作られていて、その縁に、テラコッタ鉢に植えられたバラが見えます。
その鉢には、ちらほらと白い花が咲き始めているのが見えます。
また池の周りには、シルバーリーフの宿根草が植えられ、赤い花を挟んでその外側にも白い花が咲いています。
ダイアナ元妃が愛した白い花が咲き乱れるホワイトガーデンとなっているようです。


DSC_6798_convert_20181102134113.jpg

細長い四角のサンクンガーデンを、長辺側から見たところです。
緩やかに中央の池に向かって階段を降りていくようなデザインになっています。
ここに白い花が咲き乱れる様子を、是非いつかみてみたいものです。


DSC_6801_convert_20181102134122.jpg

ひとつ上のサンクンガーデンを横から見た写真は、このアーチの側面に開け放たれた「窓」のようなところから見える風景です。
つる性の植物がこのアーチに誘引され、薄暗い空間は、まさに「緑のトンネル」です。


DSC_6802_convert_20181102134131.jpg

緑のトンネルのサンクンガーデンとは反対側の「窓」から見える、ケンジントン・ガーデンズの風景。
このあたりは、「プリンセス・ダイアナ・メモリアル・ウォーク」と呼ばれ、ダイアナ元妃が生前、好んで散歩した道なのです。


DSC_6805_convert_20181102134152.jpg

最後に、ダイアナ元妃が暮らしたケンジントン宮殿の門。
以前は、この門にダイアナ妃を偲んで多くの手紙や花が手向けられていたそうですが、今はありません。
それでも、まだまだたくさんの人が彼女を慕い、この場所を訪れているそうです。

イギリスで訪ねた庭を巡るレポート・第3弾。
ハイド・パークからケンジントン宮殿まで、ダイアナ元妃が愛した散歩道、「プリンセス・ダイアナ・メモリアル・ウォーク」を
辿ってみました。
不慮の事故(1997年8月)で亡くなってから、20年以上経ちますが、いまだに世界中の人々から愛されているダイアナ元妃。
今回は、そんなダイアナ元妃を偲ぶことができる数々の場所を紹介しました。
ロンドン中心部からすぐの場所ですので、是非、「プリンセス・ダイアナ・メモリアル・ウォーク」を歩いてみて下さい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト



  1. 2018/11/16(金) 19:06:17|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<外構資材メーカー・ユニソン社のフォトコンテスト、表彰式レポート | ホーム | 『ディノス・ガーデンスタイリング』に、新しい記事をアップしました!(第47回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://changemygarden.blog.fc2.com/tb.php/7948-5509ec89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。
一級造園施工管理技士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
Change My Garden , Change My Life.
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

2017年7月~
庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

2018年5月、世界的ガーデンデザイナー、石原和幸氏のイギリス・チェルシーフラワーショーでのコンテストガーデン出展のサポートスタッフとして参加。石原氏は、通算10個目のゴールドメダル受賞に加え、アーティザンガーデン部門でのベストガーデン賞受賞というW受賞を達成された。
世界最高峰のガーデンショー、チェルシーフラワーショーでの庭造りを通して世界のレベルを実感した。

それ以外の活動として、現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町、広陵町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックに向けて、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園のつくるべく、仲間とともに奮闘中。

地元・奈良では、世界遺産にも登録されている南都・六宗のひとつ、唐招提寺の境内にて、開祖・鑑真和上ゆかりの薬草園を再興するプロジェクトに、ガーデンデザイナーとして参加、実施に向けて活動中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
2018年 第13回 におい・かおり環境協会賞受賞(第2席)
(唐招提寺「香りの薬草園」鑑真和上 才花苑/唐招提寺・薬草園PJ)

2017年 第12回 日本植木協会賞受賞(第4席)
(癒しの森・香るヒーリングガーデン/平和会吉田病院PJ)

2016年 第11回 入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●ガーデンダイアリー
トワイライトガーデンフォトコンテスト
2018年冬 金賞受賞

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

フォトコンテスト
「ドイチェ・ローゼン」を撮ろう!
2013年秋 入賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞

バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞

2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞

2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●ユニソン フォトコンテスト
2018年 パブリック部門 部門別優秀賞(シルバーメダル)受賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●タカショー 
2016年 第7回光の施工例コンテスト
入賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリプフォトコンテスト
2017年 一般応募部門 
準グランプリ受賞
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『My GARDEN』
(マルモ出版)
2018年春号 Vol.86

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2020年春号 Vol.13
(“京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭”)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』
(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞

※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

【お問い合わせ・ご連絡はこちら】

hidenori.iba0502@gmail.com

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
お知らせ (2)
各月毎の庭の様子 (260)
1月のマイ・ガーデン (24)
2月のマイ・ガーデン (18)
3月のマイ・ガーデン (21)
4月のマイ・ガーデン (43)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (15)
12月のマイ・ガーデン (10)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (7)
バラ (2951)
アイズ・フォー・ユー (62)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (6)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (87)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (103)
カーディング・ミル (6)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (57)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (1)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (1)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (45)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (1)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (58)
ジョン・クレア (5)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (43)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (52)
すみれの丘 (1)
スワン (3)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドルシュキ・ルブラ (2)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (61)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (57)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (28)
ヒースクリフ (1)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (48)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (1)
マダム・イサーク・ペレール (25)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (62)
ムンステッド・ウッド (76)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (2)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (86)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (12)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (22)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (54)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (63)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (1)
ローズA(品種不明バラ) (9)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (348)
アフロディーテ・エレガフミナ (20)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
エンプレス (1)
踊場 (8)
紀三井寺 (3)
キリ・テ・カナワ (6)
ザ・プレジデント (9)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (17)
天塩 (18)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (23)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (9)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (2)
マクロペタラ (3)
美佐世 (3)
ミゼット・ブルー (2)
ムーンビーム (11)
H.F.ヤング (3)
H.F.ヤング(枝代わり) (2)
流星 (15)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (121)
ダリア (20)
牡丹 (38)
芍薬 (81)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (377)
アオキ (1)
アオダモ (4)
紫陽花 (98)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (8)
エゴノキ (8)
クラッスラ(金の成る木) (2)
月桂樹 (1)
コハウチワカエデ (7)
シジミバナ (16)
シモツケ (19)
ジャカランダ (2)
ジャスミン (2)
シラカシ (6)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (3)
センリョウ (2)
ドウダンツツジ (21)
ナンテン (1)
ハナカイドウ (35)
姫コブシ (1)
ヒュウガミズキ (22)
ブーゲンビリア (14)
フジ (1)
ミツバツツジ (19)
ヤマツツジ (19)
ヤマモミジ (7)
ヤマモモ (3)
ユキヤナギ (41)
果樹 (27)
オリーブ (22)
ブラック・ベリー (4)
ラズベリー (1)
レモン (0)
宿根草・多年草 (673)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (42)
アスチルベ (1)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (46)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (31)
黒葉スミレ (3)
サギゴケ (2)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (13)
四季咲き寒アヤメ (15)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (12)
シャガ (20)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (18)
水仙 (53)
スズラン (18)
スノー・フレーク (14)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (12)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (25)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (7)
ハナニラ (13)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (30)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
フリージア (27)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ペンステモン (1)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (21)
ムスカリ (36)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
ハーブ (4)
オレンジミント (2)
バジル (1)
一年草 (175)
オダマキ (4)
オルレア (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
ビオラ (65)
ヒヤシンス (32)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (16)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (42)
観葉植物 (29)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (109)
サボテン類 (27)
ハオルチア類 (17)
メセン類 (20)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (152)
まつおえんげい (19)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (43)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (57)
春日大社&万葉植物園 (1)
大和文華館 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
城南宮 (7)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
壺阪寺 (2)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
由志園(島根県松江市) (3)
近所の公園 (3)
日本庭園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (3)
バラ友さん家のガーデン (12)
叔母の家のバラ庭 (18)
ローズガーデン・プロジェクト (76)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (46)
吉田病院「癒しの庭」PJ (18)
吉野・K邸ガーデンPJ (12)
ガーデンプロジェクト (6)
唐招提寺・薬草園PJ (6)
チャレンジ・チェルシー (3)
僕の栽培メソッド (4)
バラの作業 (333)
つるバラの誘引 (131)
バラの剪定 (27)
バラの植込み (23)
バラの植え替え (5)
バラの掘り上げ (4)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (12)
バラの肥料やり (24)
バラの薬剤散布 (65)
バラの害虫 (5)
ローズヒップ (5)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (10)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (31)
球根 (27)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
2015年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
ガーデンリフォーム (56)
DIY (33)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
外壁塗り替え工事 (70)
台風対策 (1)
ガーデングッズ (67)
テラコッタ鉢 (9)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (12)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (18)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (19)
dinos ガーデンスタイリング (177)
記事投稿告知 (78)
記事(バックアップ) (75)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (11)
おしらせ (3)
マイナビ「おすすめナビ」 (1)
旅行・小旅行 (23)
その他 (90)

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR