Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

我が家のつるバラ誘引風景

※ こちらの記事は、2016年11月18日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。


今年ももう11月の半ば、年末まであと少しとなりました。
今年は夏以降、天候不順が続き、どこも秋バラの成績が良くないみたいですね。
我が家も、ご多分に漏れず散々な状況です(汗)。
そんな中、秋バラに見切りを付けて、早くも来春への準備として、つるバラの誘引を始めておられるロザリアンの方もおられると思います。
今年の冬は寒いとの予報もあり、早めにつるバラの剪定、誘引を終わらせておきたいとお考えの方も多いのではないかと思います。
我が家でも、毎年12月に入りましたら、一季咲きのランブラー品種のつるバラを皮切りに、誘引作業を始めるつもりにしています。
そこで、今回は、昨年冬に行った我が家のつるバラの誘引風景を見ていただきながら、「誘引と風景」について記事を書いてみようと
思います。
ご自宅のつるバラの誘引作業を前に、何か参考になれば幸いです。

我が家のつるバラは、かなりの本数もありますし、建物や外構のフェンスや壁面など、多岐にわたって様々な誘引方法を試みておりますので、
1回では紹介しきれないので、2回に分けてご紹介したいと思っております。
第1回目は、我が家の前庭に焦点を当てて、いくつかの事例をご紹介いたします。


● 前庭・メインゲートを囲むつるバラの誘引風景

DSC_1004_convert_20170126144414.jpg

まずは、こちらの写真をご覧下さい。
我が家の前庭から中庭へと続く、ガラス扉がある壁面です。
毎日の出入りやお客様をお迎えするメインゲート的な場所で、我が家の庭の中では最も印象的な風景を作る、重要な部分になっています。
割肌調の白い大理石タイルを貼っている建物外壁面に、左右の壁から幾重にもつるバラを重ねるように誘引しています。
写真外側に地植えの大型のつるバラとして、右側からキングローズ、レッド・キャスケードを、
画面左側から、ジャスミーナとドロシー・パーキンスを誘引しています。
その内側は、地面が乱張り石で固められているために、大型のテラコッタ鉢を使って、中型のつるバラを誘引しています。
ガラス扉の右側には、アントニオ・ガウディ、左側にレオナルド・ダ・ヴィンチを壁面に誘引し、それに並べるように、
シュラブ樹形のレッド・レオナルド・ダ・ヴィンチを植えたテラコッタ鉢を配置しています。
男性のボクがバラを育てていることもあって、我が家では、なるべくフェミニン(女性的)にならないように、
アーチを一切使っていませんが、ここでは壁面を使って左右からつるバラを伸ばし、ガラス扉の上で交差するように、
アーチ風の風景をデザインしています。


● 中庭へ誘うつるバラのアーチ

DSC_0160_convert_20170126144249.jpg

こちらは、今年5月のバラの開花時期の様子です。
淡いピンク(ジャスミーナ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アントニオ・ガウディ、ドロシー・パーキンス)やローズピンク(キングローズ)、
赤(レッド・キャスケード、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ)というように、ピンク〜赤の同系色でまとめています。
背景となる壁面が白い大理石タイルということもあって、コントラストが強調されて、バラの花を一層際立たせています。
また、大型のつるバラ(ドロシー・パーキンス、キングローズ、ジャスミーナ、レッド・キャスケード)は、小輪〜中輪の房咲きの
多花性品種を選んでいるため、ボリューム感がでます。
かなり派手な色合いですが、同系色でまとめていることもあって、建物外壁ともうまく調和しながら、
印象的な風景を作り出せているのではないかと思っています。


● 数多くのつるバラを誘引している前庭の建物外壁、「パレット」

DSC_0949_convert_20170126144346.jpg

前庭に面した建物外壁全体が分かるようにもう少し引いて撮影したのがこちらの写真です。
上で説明しましたガラス扉周辺は、建物全体で見るとごく一部分になります。
大部分は、ガラス扉の向かって左側に広がる大きな白い壁面です。
この白い大理石タイルを貼った壁面を、ボクは「パレット」と称しています。
画家が絵の具を混ぜる、あの「パレット」です。
何故、「キャンパス」ではなく、「パレット」なのか?
「キャンパス」は、まさに絵を仕上げるためのものですが、「パレット」は絵の具を混ぜて書きたい「色」を作り出すフィールドです。
我が家のこの大きな壁面は、まさに「パレット」そのもの。
完成させる「絵」ではなく、いつまでも完成しない、毎年のように変化する「パレット」と呼んだ方がしっくり来るのです。
毎年、試行錯誤しながら、つるバラという「絵の具」を使って、表現したい色を作り出すフィールドなんですね。
この「パレット」は、バラが開花する5月の風景が最も美しいのですが、それ以外のシーズン、
特に誘引後、葉が芽吹くまでのツルだけしかない時期にも美しく見せられるように配慮してデザインしています。
バラが満開でいる期間は、2週間ほど。
それに比べて、ツルだけの時期は12月から2月末くらいまで、約3ヶ月間もあります。
その期間も美しい風景になるよう、つるバラの誘引には気を配っています。
たくさん花を咲かせるように、水平にツルを誘引する部分もありますが、なるべく波紋状に枝を誘引していくように心がけています。
また、もうひとつ着目していただきたい部分が、写真の左下部分です。
前庭の大部分は駐車場になっている関係で、地面は乱張り石が敷き詰められており、土がある部分はほんのわずかです。
大きな壁面を覆うようにつるバラを誘引するために、鉢植えのつるバラを多用しています。
画面で見える範囲で、この壁面に11種類のつるバラを誘引していますが、そのうち地植えのつるバラはたった4本。
あとの7本は、テラコッタ鉢に植えたつるバラなんです。


● 鉢植えのつるバラでも、大きな壁面をカバーすることができます。

DSC_0204_convert_20170126144305.jpg

こちらが、今年5月の最盛期の様子です。
前庭に面した「パレット」(大きな白い壁面)が、赤やピンクの花で埋め尽くされています。
ここで注目していただきたいのが、先ほど書きました鉢植えのつるバラを誘引風景です。
画面左側の4つのテラコッタ鉢から延びたつるバラが、まるでタペストリー画のように密に花を咲かせています。
ここに誘引しているつるバラは、手前(左側)から、ブレイズ、レッド・キャスケード、アントニオ・ガウディ、キングローズです。
昨年は、別の品種を植えていたのですが、開花期が合わず、歯抜けのようになってしまったので、
今年は、同じ時期(全体的に遅咲き傾向のバラです。)に開花するバラに変更しました。
その甲斐あって、今年はこの「パレット」全面で、ほぼ同時期に開花してくれました。
鉢植えでも、地植えのランブラー品種に負けないくらい、たくさんの花を咲せることは出来るのです。
また、この4本のうち、レオナルド・ダ・ヴィンチの枝代わり品種であるアントニオ・ガウディ
(別名、シルバー・レオナルド・ダ・ヴィンチ)以外の3品種は、スペア用に作った挿し木苗で育てています。
しかも、この「パレット」は西向きの壁面でもあります。
西日の強い壁面は、つるバラの生育には環境条件が厳しいとも言われますが、我が家の前庭では、まったく関係なく元気に育っています。
うまく品種を選べば、西向きでも、鉢植えでも、密植していても、十分に期待以上の成果を出すことができるのではないかと考えています。


● 玄関アプローチの外構壁面に誘引したつるバラ風景

DSC_0951_convert_20170126144400.jpg

こちらは、前庭の玄関アプローチ部分を撮影した一枚です。
画面右側に見えている壁は、隣地境界沿いのブロック塀です。
ここにも、建物の外壁と同じ、白い大理石タイルを貼っています。
この壁面にもつるバラを誘引しています。
この壁面は、高さ1.5mほどですが、画面右側が方位でいうと南になります。
従って、つるバラを誘引する壁面は北側(北向き)ということになります。
隣接する建物や、隣地境界塀そのものの影になる壁面ですが、玄関アプローチを彩る重要な壁面なので、
ここには、四季咲き性の強い品種のつるバラ、アンジェラを誘引しています。


● 壁面のみならず、引き込み電柱も使って立体的に誘引

DSC_9535_convert_20170126144459.jpg

こちらが、今年5月の開花時期の様子です。
隣地境界のブロック塀に誘引したつるバラ、アンジェラは北向きにも関わらず、何の問題もなくたくさんの花を咲かせてくれました。
太陽を求めて、塀の上の方へとツルを伸ばすため、ブロック塀の壁面よりかなりボリュームアップしています。
また、今年は引き込み電柱のポール部分にも、ツルを間配って誘引したので、かなり高い位置でもたくさん咲きました。
いわゆる「ポール仕立て」です。
こうすることで、壁面とポールという、より立体的な演出ができました。


● 外構の小壁につるバラを誘引

DSC_0515_convert_20170126144319.jpg

こちらも、我が家の前庭の一部、丹波石を積んでつくったロックガーデンの小壁です。
この小壁の向こう側(道路側)には、我が家のシンボルツリーの株立ちのエゴノキが植っています。
道路から直接見えない手前側の壁面を使って、壁の左右から2本のつるバラを誘引しています。
少し見えにくいですが、ツルを固定するために、壁面に30センチほどの間隔でステンレスワイヤー(針金)を4本張っています。
この幅・約2メートル、高さ・約1.5メートルの、ごく限られた小さな壁面を効果的に演出するために、
壁の上下につるバラを配置しました。
壁の右側からは、一重咲きのつるバラ、モーツアルトを、
左側からは、オールドローズのアンリ・マルタンを誘引しています。


● 同系色で花形が異なるバラの組み合わせ

DSC_7433_convert_20170126144445.jpg

こちらが、5月の開花時期の様子です。
壁面の上の方で、ピンクの一重咲きのつるバラ、モーツアルトが咲き、
その下で同じピンクのオールドローズのアンリ・マルタンが丸い花形で咲いています。
同じピンク同士の組み合わせですが、花形が異なるので、
これはこれでマッチしているかな〜と思っています。
花色や花のカタチ、花が咲く時期など、いろいろなファクター(要素)を考慮して
配置するのが、バラの風景を作る醍醐味ですね。
イメージ通りに風景が出来上がった時は本当に嬉しいですね。
でも、なかなか思った通りに行かないことの方が多くて、毎年試行錯誤の連続で
チャレンジしています。


● 下垂しても咲くつるバラを効果的に誘引する

DSC_0520_convert_20170126144331.jpg

こちらは、先ほど紹介した前庭の外構の小壁です。
道路側から見たアングルです。
ここで注目していただきたいのは、この高さ1.5メートルほどの壁面の上部を乗り越えて、
つるバラの枝を下向きに誘引しているという点です。
バラをはじめ植物は、一般的に「頂芽優勢」の性質を有しているため、枝の頂点に栄養を送り、
そこで花を咲かせるということになります。
つるバラも、この性質を使って、枝を水平に倒すことでたくさんの「頂芽」を作り出し、
たくさんの花を咲かせるというのが、教科書の解説にも書かれています。
しかし、中には、枝を下垂させても花を咲かせる品種のバラもあるのです。
その代表的なバラが、早咲きのモッコウバラです。
モッコウバラは、下垂させて滝のように花を咲かせることが出来ますが、それがモッコウバラらしい、
とても美しい風景を作り出します。
我が家の前庭のこの小壁に誘引しているつるバラ、モーツアルトも、下垂しても花を咲かせるという性質を持っています。
ここでは、その性質を使って、株元が壁の裏側にあるにも関わらず、壁の上部を乗り越えて下垂させ、
壁の反対側(道路側)でも花を咲かせようと、このような誘引方法をとっています。


● 様々な誘引法方法を試してみることで、魅力的な風景が作れます。

DSC_2891_convert_20170126144430.jpg

こちらが、今年5月の開花の様子です。
前庭を前面道路側から撮影した一枚です。
シンボルツリーの株立ちのエゴノキを植えている側の花壇には、バラは植えていませんが、
道路側の壁にもピンクのバラ、モーツアルトがたくさん咲いているのが見えると思います。
小壁の向こう側(裏側)に株元があるのですが、小壁の上を乗り越えて、下垂させて誘引した枝にも花がちゃんと咲いています。
このように、つるバラの品種特性を理解した上で、適正な誘引を施せば、様々な風景が作り出せます。
例えば、道路ギリギリにあるフェンスや壁面にも、内側の庭から道路側(外側)に向かって下垂させるように誘引することで、
庭の外側にもバラの花を咲かせることが可能になることもあります。


都市部の限られた狭い庭では、なかなか思い通りにつるバラを咲かせることが難しいことも多々あると思います。
安易に諦めていたことが、バラの品種特性をうまく利用し、適切に誘引を行えば、
理想に近い風景を作り出すことも可能になるかもしれません。
今回の記事を参考にしていただき、いろいろ試していただければ幸いです。

今回は、前庭の壁面を使ったつるバラの誘引について書きましたが、
次回は、中庭のつるバラやパーゴラなどに誘引したつるバラのことなどを書いてみようかと思っています。
乞うご期待!
                                                  


ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/11/18(金) 11:05:48|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<挿し木のダフネ、雨の情景 | ホーム | 『ディノス・ガーデンスタイリング』に新しい記事をアップしました(第18回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://changemygarden.blog.fc2.com/tb.php/5590-fe5293e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (18)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (220)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (18)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2677)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (45)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (285)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (280)
アオダモ (3)
紫陽花 (76)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (558)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (142)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (214)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (38)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (68)
記事投稿告知 (25)
記事(バックアップ) (25)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR