FC2ブログ

Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

イギリスで訪ねた庭レポート vol.9 ハンプトン・コート・パレス・ガーデンズ編

※ こちらの記事は、2019年5月8日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。


昨年の2018年の5月、世界的に有名な日本人ガーデンデザイナー、石原和幸氏のサポートメンバーとして、
イギリス・ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーに、石原さんの庭をつくりに行ってきました。
作庭期間の約2週間、その後、フラワーショー開催中の庭のメンテナンスもさせていただくことになって
都合3週間ほど、イギリス・ロンドンに滞在していました。
その間、ロンドン市内や近郊に点在する、世界的に有名なガーデンをいくつも見て回ることができました。
自宅でバラの庭を作り始めて6年、新たな刺激とクリエーション(創造)の源を探しに行く旅でした。

早いもので、昨年2018年5月にチェルシー・フラワーショーに参戦してから早1年が経ちました。
今年も石原先生は、チェルシー・フラワーショーに挑戦され、通算11個目のゴールドメダルを目指されます。
もう1年も前の話で恐縮ですが、改めて昨年5月にロンドン近郊で訪ねた庭のレポートを続けますね。

こちらのディノスさんのコーナーで、僕が訪ねたロンドン近郊の12の庭をレポートさせていただくことなった
この企画、今回はその9回目、「ハンプトン・コート・パレス・ガーデンズ」を紹介します。
昨年のチェルシー・フラワーショーの会期中、早朝のメンテナンス作業を行った後は、自由時間となり、
一日中、思う存分、庭を見て回ることができました。
ロンドン滞在中、チェルシー・フラワーショーの会場での作庭期間中、一日だけ小雨の日がありましたが、
それ以外はずっと晴れの日続きだったのですが、この日は朝から曇り空。
肌寒い中、この日は僕一人で、ロンドン中心部から電車に乗って30分ほどの距離にある「ハンプトン・コート宮殿」
へと向かいました。

DSC_9940_convert_20190415063122.jpg

ハンプトン・コート宮殿は、ロンドンの南西約 20 キロ、テムズ川上流に位置する、
かつて王宮として使われた建物。
ハンプトン・コート宮殿へは、ロンドン中心部から地下鉄の延長線で、直接、最寄り駅のハンプトン・コート駅迄
行くことができ、駅前のテムズ川に架かる橋を渡るとすぐに宮殿に到着という、とても利便性の高い立地です。
このイギリスの庭を巡るレポート記事のvol.6で紹介したロンドン近郊にある、RHSウィズレー・ガーデンや、
vol.4で紹介したヒドコート・マナー・ガーデン、vol.5で紹介したキフツゲート・コート・ガーデンズなど、
人気の庭が点在するイギリス中西部にあるコッツウォルズ地方、そしてひとつ前の記事vol.8で紹介した
ロンドン南東部のケント州にあるお城の庭、ヒーバー・キャッスル & ガーデンズ等、
どのガーデンも車がないと行きにくい場所ばかりで、短期滞在の旅行者にとっては少しハードルが高いのですが、
今回のハンプトン・コート宮殿とその庭は、お散歩気分で気軽に訪れることができる貴重な場所と言えます。


DSC_9938_convert_20181225165204.jpg

では、早速、ハンプトン・コート宮殿の中へと足を踏み入れて見ましょう。
写真は、最寄り駅からアプローチする正面ゲート(門)です。
王家の紋章をかたどった彫刻が飾られ、厳かな雰囲気を漂わせています。


DSC_9767_convert_20190415062726.jpg

ゲート(門)を抜けて、長い道を歩いてようやくたどり着く、お城の西面(ファサード)出入り口。
この宮殿は、16世紀初頭、イングランドの聖職者で政治家だったトマス・ウルジー氏によって建てられました。
しかし、そのあまりの美しさに時の王、ヘンリー8世が妬んで、ウルジーに献上させました。
元々はイタリアルネサンスへの憧れのもとつくられた、チューダー様式とゴシック様式の入り交じった
左右対称の幾何学的模様の宮殿で、幾度もの改築や改修が施されながら、18世紀にほぼ現在の形になったそうです。


DSC_6385_convert_20190415062716.jpg

ここで、ハンプトン・コート宮殿の全体像を把握するために、地図を見ていただきましょう。
現地のインフォメーションには、英語の他にも数ヶ国語のガイドパンフレットがあり、日本語も用意されています。
上の写真の地図で見ると、画面下にテムズ川、そのテムズ河畔に接する形でハンプトン宮殿が建てられ、
川沿いには船着き場があり、下流のロンドン中心部から船で来ることも可能です。
また、シンメトリックに建てられた宮殿建物の周囲に、様々なガーデンが作られているのが分かります。


DSC_9768_convert_20190415062736.jpg

宮殿の中に入りました。
建物で周囲を囲われた最初の広場が、ベース・コートと呼ばれ、正面の塔には天文時計が設置されています。
この建物の向かって左側1階にインフォメーションがあり、そこで宮殿やガーデンの地図を入手することができます。
また、ヘッドフォンで聞ける音声ガイドを借りることできます。
日本語のガイドもあり、それを借りて、庭園散策の前に、まずは宮殿内を見て回ることにしました。
広すぎて、全てを紹介しきれませんが、少しだけダイジェストで宮殿内部をご紹介します。


DSC_9775_convert_20181225164612.jpg

宮殿に入ると、まず出迎えてくれるのが、こちらの「グレート・ホール」と呼ばれる大空間。
幅 12 メートル、奥行き 32 メートル、高さ 18 メートルもあり、ハンプトン・コート宮殿の中で最も大きな部屋。
ここは、宮殿で働く人たちのための大食堂として使用されたそです。
正面には、国王夫妻の食卓が再現されています。
両側の壁面には、ヘンリー 8 世がブリュッセルの織物職人に命じて作らせた大きなタペストリーが6 枚掛かっています。
タペストリーの上には、狩猟で捕らえた鹿の頭がはく製にされ、飾られています。


DSC_9771_convert_20190415062745.jpg

天井を見上げたところ。
屋根は木製で出来ていて、ゴシック様式の装飾が施されています。
最初は、礼拝堂だった場所かと思ったのですが、王家の礼拝堂(チャペル・ロイヤル)は別の場所に作られていて、
このグレート・ホールの天井より見事な造りで、ブルーとゴールドで装飾された
チューダー朝様式の大変素晴らしい空間でした。
残念ながら、礼拝堂は撮影禁止でしたので、写真でお見せすることはできないのですが・・・・・。


DSC_9790_convert_20190415062813.jpg

宮殿の中には、当時の宮殿を支えていた生活インフラを再現する空間展示がいくつかされています。
「ヘンリーズ・キッチン」と呼ばれる当時のキッチンを再現した場所も見どころです。
王を支えるため、どれだけの数の人がここで働いていたのでしょうか?
そんなことに思いを馳せながら、宮殿内を散策するのも楽しいです。


DSC_9793-1_convert_20190415062822.jpg

ヘンリー8世の後、17世紀後半、ウィリアム3世とメアリー2世の共同統治の時代、
ヘンリー8世が建てた部分は破壊され、新しい建物が建て増しされていったそうです。
こちらは、その「ウィリアム3世のアパートメント」へアプローチする空間。
壁と天井一面に、ギリシャ神殿風の壁画が描かれています。
特筆すべきは、天井と壁の境が分からないように、だまし絵の演出がされていることです。


まだまだ宮殿内には見どころがたくさんあるのですが、今回は「庭」がテーマなので、宮殿内はこれくらいにして、
ここからは、ハンプトン・コート宮殿に作られた様々な庭を紹介していきます。

DSC_9782_convert_20181225164624.jpg

ウィリアム3世とメアリー2世が即位すると、当時としてはモダンなバロック様式に
改築する決定がなされ、17世紀を代表する建築家で、
セント・ポール大聖堂の再建を行ったことで知られるクリストファー・レンが起用され、
大規模な改築計画が進められました。
しかし、フランスとの戦争により予算は枯渇し、メアリー2世の突然の逝去により、
計画は途中で中断。その後、火災などの被害をうけたのち、修復され、
現在は、「ウィリアム3世のアパートメント」と呼ばれ、内部が公開されています。
この建物に囲われた中庭は、「フォンテン・コート(噴水の庭)」です。


DSC_9783_convert_20190415062803.jpg

ちょうどガーデナーさんが、芝生の手入れをされていました。
芝生のエッジ部分にハサミを入れ、シャープなラインを出しておられました。


DSC_9785_convert_20181225164633.jpg

こちらは、宮殿建物に囲まれた中庭、「チャペル・コート・ガーデン」。
ここでは、チューダー朝の庭が再現されています。
当時の庭は、現在の感覚とは全く違った素朴な庭で、草をぼうぼうに伸ばし放題にして、
緑を楽しむのが流行だったようです。
この緑と白のシマシマ模様は、チューダー朝の代表的な柄で、ヘンリー8世を想起させるデザインだそうです。


DSC_9794_convert_20181225164641.jpg

さて、こちらは、ウィリアム3世のアパートメントの2階の窓から、外を見た景色。
ここは、「プリヴィ・ガーデン」と呼ばれる 宮殿の南側の庭園で、当時、まだ新興国だったイギリスの
イタリア・ルネサンスやフランス文化への憧れが顕著に現れた、見事なまでのフォーマルガーデンです。
完璧なまでの幾何学的でシンメトリックなガーデンです。
周囲は、小高い土手が作られ、ガーデンを俯瞰できるように設計されています。
18世紀初頭に作られた庭園をそのまま復元する工事が行われ、植物も当時と同じ種類のものが選ばれています。


DSC_9795_convert_20181225164728.jpg

ウィリアム3世のアパートメントを出て、宮殿東側の庭へと出ました。
「グレート・ファウンテン・ガーデン」と呼ばれるこの庭園は、ウィリアム3世とメアリー2世のために作られた
13の噴水を持つ、大パルテール(様々な形と大きさの花壇を配した庭園)にちなんで名づけられています。
現在、噴水は中央のひとつしか残っていませんが、その周囲に規則的に配列されたイチイの木は、
アン王女の時代に植えられたものだそうです。
この庭に面する女王の応接室の窓から外を眺めると、庭園内のイチイ並木が約1200 メートルあまり続いていて
この部屋の一点に向かっているのがわかります。
それだけこの女王の応接室が重要だったかが分かります。


DSC_9824_convert_20181225164825.jpg

それにしても、見事な円錐形に刈り込まれたイチイの木。
芝生の地面に接するところまで、枯葉ひとつない美しい姿で立ち並んでいます。


DSC_9826_convert_20190415062936.jpg

このグレート・ファウンテン・ガーデンの奥が、毎年7月上旬に行われるガーデンの一大イベント、
「ハンプトン・コート宮殿フラワーショー」の会場となっています。
芝生の間に設けられた土の部分は、これから、色とりどりの花が植えられる花壇になります。


DSC_9823_convert_20181225164812.jpg

グレート・ファウンテン・ガーデンから、宮殿方向を見返したアングルです。
宮殿に引けを取らないほど大きく育ったイチイの木が並びます。
このイチイの木の内側に入ったら、どんな景色が見えるのだろうと、ふと思いました。


DSC_9822_convert_20181225164802.jpg

大きなイチイの木に包まれているような感じです。


DSC_9798_convert_20190415062832.jpg

グレート・ファウンテン・ガーデンから南へ、一直線に伸びる道と壁があります。
ロングボーダーです。
イギリスらしい庭のデザインといえば、ボーダー花壇。
冬の寒い西風から植物を守るレンガの壁に沿って、手前に低い植物、奥へ高い植物を組み合わせています。
さまざまな植物をパッチワークのように組み合わせて植えていく、イギリス独自の手法は、
イギリス庭園史上の偉人のひとりとして知られる、ガートルード・ジェキル女史が始めたもので、
今もイギリスの花壇植栽はこの手法がベースになっています。
ここハンプトン・コート宮殿のロングボーダーは、世界最長と言われています。


DSC_9800_convert_20190415062842.jpg

ロングボーダーの壁の向こう、西側に広がるのが、先ほどウィリアム3世のアパートメントの2階から見えたプリヴィ・ガーデです。
反対側の土手の上には、緑で覆われた長い長いトンネルが見えています。


DSC_9807_convert_20190415062859.jpg

宮殿の南、プリヴィ・ガーデンからつながるこの庭は、「ノット・ガーデン」と呼ばれています。
ノット・ガーデンは、16世紀にヘンリー8世の時代に、ここにあったかもしれない庭園の種類を示すものとして造園されました。
ツゲの緑のフレームの中は、シルバーリーフの植物が植えられ、はっきりとした色の対比が美しいです。


DSC_9814_convert_20190415062926.jpg

ノット・ガーデンの奥には、「オランジェリー(温室)」があります。
現在は、小さな樹木が規則正しく並べられ、オブジェのように植えられていました。


DSC_9806_convert_20190415062850.jpg

オランジェリーの前には、2つの庭が並んでいます。
ひとつは、こちらの「サンクン・ガーデン(沈床式庭園)」。
周囲よりレベルを下げて作られた庭です。
ツゲの生け垣に守られ、周囲から隔絶された秘密の花園です。


DSC_9808_convert_20181225164743.jpg

今は、中に入ることができないため、ツゲの生け垣の間から全景を撮影しました。
先ほどのプリヴィ・ガーデンは、緑一色のガーデンでしたが、こちらのサンクン・ガーデンは、色とりどりの花が植えられ、
可愛らしいガーデンです。


DSC_9810_convert_20190415062908.jpg

サンクン・ガーデンの横に、もうひとつの庭、「ポンド・ガーデン」があります。
もとは、ヘンリー8世の宮廷の食卓に並ぶ鯉などの淡水魚が飼われる池だったそうです。
ポンド・ガーデンは、サンクン・ガーデンより一回り小さく、
色合いもデザインもシンプルです。
奥に見えるレンガ造りの建物は、テムズ川を見下ろす場所に位置する
「バンケティング・ハウス(宴会用施設)」です。


DSC_9811_convert_20190415062917.jpg

ツゲの生け垣の横は、ブルーとピンクの花でつくられたボーダー花壇です。
旬は過ぎていましたが、雲のような美しいパターンがデザインされています。


DSC_9812_convert_20181225164753.jpg

ポンド・ガーデンの奥の建物外壁には、巨大なフジの木が誘引されていました。
残念ながら、フジの花はもう終わっていましたが、この壁面一面にフジの花が咲いた景色はきっと壮観でしょうね。


DSC_9848_convert_20181225164844.jpg

次は、宮殿の中を戻り、一旦お城の外に出ます。
エントランスゲートの長い道の北側にあるガーデンへを紹介します。
このゲートの向こう側に、ローズ・ガーデンやキッチン・ガーデン、メイズ(迷路)などがあります。


DSC_9849_convert_20190415070157.jpg

まずは、「ローズ・ガーデン」。
入ってすぐのレンガ造りの壁面に、ピンクのつるバラが咲いています。
5月下旬のイギリスでは、まだバラはほとんど咲いていなかったのですが、ようやく早咲きのバラに出会えました。


DSC_9850_convert_20181225164854.jpg

壁面を正面から見たところ。
このピンクの早咲きのバラは、おそらくイングリッシュローズのガートルード・ジェキル。
赤いレンガ積みの壁面によく映えます。


DSC_9855_convert_20190415062946.jpg

でも、ローズ・ガーデンの全景は、まだこんな感じ。
ロンドンのバラの最盛期は6月中旬~下旬頃。
5月下旬のこの時期には、まだほとんどバラは咲いていませんでした。


DSC_9866_convert_20190415062955.jpg

それでも、ところどころに早咲きのバラは咲き始めていて、これまで見たどのガーデンでも見ることができなかった
バラの花を見ることができ、写真に収めることができて良かったです。


DSC_9856_convert_20181225164922.jpg

ローズ・ガーデンを囲む壁面には、つるバラが誘引され、枝先の方から咲き始めているものもありました。


DSC_9861_convert_20181225164942.jpg

いくつかつるバラの誘引方法を見て見ましょう。
風情のある誘引の仕方です。


DSC_9865_convert_20181225164951.jpg

こちらは、大きな木が枝を広げた絵のように誘引されています。
枝先を円弧状に誘引しているのがとてもオシャレです。


DSC_9877_convert_20181225165009.jpg

こちらは、赤いつるバラ。
レンガ積みの壁には、やっぱり赤いバラが似合うという好例。


DSC_9875_convert_20181225165000.jpg

ローズ・ガーデンには、バラ以外にも宿根草や低木も植えられていました。
バラが満開になると、どんな風景を描くのか、想像するだけでとても楽しいです。


DSC_9888_convert_20181225165027.jpg

レンガ積みの壁面には、バラだけでなく、様々なツル性植物が誘引されています。
こちらは、白いフジ。
背景となるレンガの壁面をうまく見せながら、花の咲く情景をイメージしながら仕立てられています。


DSC_9878_convert_20190415063005.jpg

長いレンガ積みの壁面には、木製の格子が取り付けられ、それを足掛かりに、ツル性植物が誘引されています。
つるバラの壁面は、目立たないようにワイヤーが張られていましたが、
ここでは、わざと支柱を強調するかのようなデザインとなっています。


DSC_9880_convert_20181225165018.jpg

レンガ壁に貼ら付けられた縦横格子パターンの木製の支柱。
その支柱に、竹ひごのようなもので補助線的に放射状の支柱が施され、植物を張り付けています。
これまで、他では見たことがないパターンで、とても刺激を受けました。


DSC_9895_convert_20181225165036.jpg

ローズガーデンの斜め横のブロックは、「キッチン・ガーデン」になっていました。
ここでは、150年もの間、ハンプトン・コートの厨房で調理される、王室の食卓に並ぶあらゆる果実と野菜が育てられてきました。
今でも手入れが行き届いていて、女性ガーデナーさんが熱心に作業をされていました」。


DSC_9899_convert_20181225165045.jpg

キッチン・ガーデンの支柱も、面白い形をしているので、思わず撮影しました。
機能性はもちろん、見た目にも美しいデザインです。


DSC_9894_convert_20190415063015.jpg

こちらも、野菜のつるを絡ませる設えです。
いろんなパターンがあり、見ていて楽しいです。


DSC_9901_convert_20190415063026.jpg

こちらは、つる植物の枝を丸く束ねたものでフェンスを作っています。
本当に、創意工夫が施されていて、面白いです。


DSC_9908_convert_20190415063035.jpg

ハンプトン・コート宮殿の庭の中でも特に有名なのが、こちらの「メイズ(迷路)」。
ウィリアム3世の命で作られたメイズ(迷路)は、その完成度の高さで知られています。
前回、ケント州にあるヒーバー・キャッスル & ガーデンズのメイズ(迷路)にも挑戦してみましたが、
その時は、案内してくれたイギリス在住のガーデナーさんと一緒だったので、安心して入れたのですが、今回は、僕一人。
もし、出れなかったらどうしよう、他にも見学したいところがあるので、
予想外に苦戦したら時間が無くなってしまうと、さんざん迷った挙句、挑戦することにしたのです。


DSC_9911_convert_20181225165054.jpg

迷路の中に入って見ると、こんな感じ。
ヒーバー・キャッスル & ガーデンズのメイズとは比べ物にならないほど、難易度が高いです。
一人で入ったことを後悔してしまいました。


DSC_9915_convert_20181225165107.jpg

途中、このような分岐点がいくつもあって、どちらに進むか迷ってしまいます。
何度も同じ場所に戻ってくるような錯覚を覚え、不安感を掻き立てられます。


DSC_9918_convert_20181225165116.jpg

行き止まりには、このようなオブジェが置かれていたり、何もない狭い突き当りになっていたり・・・・・。
何度も同じ場所を行ったり来たりしながら、本気で出れなくなるかもしれないという恐怖感にさいなまれます。


DSC_9919_convert_20181225165125.jpg

悪戦苦闘すること約15分くらいだったかな、幸い、何とか脱出することができました。
ここが出口です。


DSC_9921_convert_20190415063044.jpg

最後に訪れたのが、キッチン・ガーデンのさらに奥にある「マジック・ガーデン」。
ガイドパンフレットによると、マジック・ガーデンはインタラクティブ(双方向的)プレイ・ガーデンとのこと。
子供たちやファミリー向けの楽しさが一杯詰まったキッズ・ガーデンということでしょうか。
よく見ると、構造物は王冠のようなデザインですし、テントも色鮮やかで、とにかくセンスが良いのです。


DSC_9922_convert_20181225165133.jpg

砂場に置かれた遊具も、本格的なデザインのドランゴンで、子供たちの想像力を掻き立てるような演出です。
日本のありきたりな遊具とは、明らかに一線を画しています。


DSC_9923_convert_20181225165143.jpg

こちらは、ドラゴンの尻尾。
とてもリアルにデザインされています。


DSC_9927_convert_20190415063054.jpg

ツリーハウスも不思議なデザインで、子供たちを冒険に出かけるような気持ちにさせてくれます。
その周囲の植栽も、構造物のイメージに合わせて、本格的に設えてあります。
このあたりは、日本のキッズ・パークも見習わなければならないのでは、と思いました。


DSC_9933_convert_20190415063113.jpg

滑り台ひとつとってもこのデザイン。
滑り台へのアプローチそのものがカッコイイ。


DSC_9930_convert_20190415063103.jpg

動物の置物ひとつとっても、このクオリティ。
もはやアートです。
小さい頃から、こんな環境下で育ってきたイギリスの子供たちは、
さぞかし感受性やセンスが良いだろうと、想像に難くないです。

最後、少し脱線しましたが、ハンプトン・コート・パレス・ガーデンズ、
いかがでしたでしょうか?
歴史ある素晴らしい建物と壮大なガーデン、そして様々な赴きある小さな庭。
そして、未来の子供たちに向けたガーデンなど、素晴らしい庭に巡り合いました。
ロンドンに行かれた際には、是非、訪れていただきたい庭のひとつです。

次回は、この「イギリスで訪ねた庭レポート」第 段、僕が一番感銘を受けた庭、
イギリスの至宝とも呼ばれる「シシング・ハースト・キャッスル&ガーデンズ」を
2回に亘って紹介いたします。(1回では紹介しきれないです。)
本当に素晴らしい庭でした。
乞うご期待ください。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト



  1. 2019/05/08(水) 11:13:11|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『ディノス・ガーデンスタイリング』に、新しい記事をアップしました!(第57回)

月2 回のペースで書かせていただいている、通信販売大手のディノス・セシールさんの
ガーデニングサイト、「dinos ガーデンスタイリング」。
本日、また新しい記事が公開された。

001_convert_20190509085217.jpg

かねてより連載させていただいているイギリス・ロンドン近郊のガーデン巡りの
記事の第9弾は、「ハンプトン・コート・パレス・ガーデンズ」。
昨年2018年5月に、世界的ガーデンデザイナーの石原和幸氏のサポートメンバーとして
イギリス・ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーでの
コンテストガーデンづくりに参加させてもらい、フラワーショー開幕後も、
早朝のメンテナンス作業をさせていただく機会を得た。
メンテナンス作業後は、終日フリーとなり、ゆっくりとイギリスの名園を見に行くことが
できた。
今回は、初めて僕一人でのガーデン巡りの出かけた話。
ロンドン中心部から電車で30分ほどの場所にある、ハンプトン宮殿内にあるガーデン。

002_convert_20190509085228.jpg



前回のレポート記事で書いた、ロンドン南部のサリー州にある、
ナショナル・ガーデン・スキームに参加の個人邸ガーデンを見た後に、
タクシーでお隣のケント州にあるお城のガーデンへと向かった。
そのお城は、後にかのイギリスの有名な王、ヘンリー8世の妃となったアン・ブーリンが
幼少期をお過ごしたことでも有名な、ヒーバー城。
一時、荒廃したこのお城を、アメリカ人の大富豪、アスター卿が買い取り、
老朽化した城を修復し、彼好みの庭を作っていった、というストーリーのある庭。

   ※ 第57回目の記事は、こちら → 「イギリスで訪ねた庭レポート vol.9 ハンプトン・コート・パレス・ガーデンズ編」


伝統と格式のある大英帝国の懐の深さを感じる建築とガーデンが見ごたえ満載であった。
比較的行きやすい場所であり、観光地化されているため、日本語の音声ガイドなども用意され、
一人でも安心して訪れることができるのも良かった。

目的はガーデンを見に行くことであったのだが、宮殿の建物やそこで繰り広げられた
歴史物語などとても興味深く、一日中滞在していたが、退屈することなく過ごすことができた。
是非、機会があれば訪れていただきたい、おすすめのガーデンである。
詳細は、ディノスさんのサイトの方をご覧いただければと思う。
ロンドンに行かれたら、是非、行っていただきたいおススメの場所であった。
誌面の都合上、その魅力の一端しか伝えることはできないが、相当な枚数の写真をもって
できるだけ詳しく記事を書かせていただいたつもりだ。
ご興味のある方は、是非、ディノスさんのサイトを見ていただければと思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2019/05/08(水) 11:12:54|
  2. 記事投稿告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。
一級造園施工管理技士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
Change My Garden , Change My Life.
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

2017年7月~
庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

2018年5月、世界的ガーデンデザイナー、石原和幸氏のイギリス・チェルシーフラワーショーでのコンテストガーデン出展のサポートスタッフとして参加。石原氏は、通算10個目のゴールドメダル受賞に加え、アーティザンガーデン部門でのベストガーデン賞受賞というW受賞を達成された。
世界最高峰のガーデンショー、チェルシーフラワーショーでの庭造りを通して世界のレベルを実感した。

それ以外の活動として、現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町、広陵町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックに向けて、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園のつくるべく、仲間とともに奮闘中。

地元・奈良では、世界遺産にも登録されている南都・六宗のひとつ、唐招提寺の境内にて、開祖・鑑真和上ゆかりの薬草園を再興するプロジェクトに、ガーデンデザイナーとして参加、実施に向けて活動中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
2018年 第13回 におい・かおり環境協会賞受賞(第2席)
(唐招提寺「香りの薬草園」鑑真和上 才花苑/唐招提寺・薬草園PJ)

2017年 第12回 日本植木協会賞受賞(第4席)
(癒しの森・香るヒーリングガーデン/平和会吉田病院PJ)

2016年 第11回 入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●ガーデンダイアリー
トワイライトガーデンフォトコンテスト
(インスタグラム)
2018年冬 金賞受賞

●ガーデンストーリー
バラのフォトコンテスト2020
(インスタグラム)
佳作入選

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

フォトコンテスト
「ドイチェ・ローゼン」を撮ろう!
2013年秋 入賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞

バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞

2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞

2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●ユニソン フォトコンテスト
2018年 パブリック部門 部門別優秀賞(シルバーメダル)受賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●タカショー 
2016年 第7回光の施工例コンテスト
入賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリプフォトコンテスト
2017年 一般応募部門 
準グランプリ受賞
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『My GARDEN』
(マルモ出版)
2020年夏号 Vol.95
(“京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭”)
2018年春号 Vol.86

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2020年春号 Vol.13
(“京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭”)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『Garden & Garden』
(エフジー武蔵)
2020年夏号 Vol.73

●『園芸ガイド』
(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞

※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2020年6月8日  NHK京都放送局『京これから』
(“京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭”)
2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

【お問い合わせ・ご連絡はこちら】

hidenori.iba0502@gmail.com

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
お知らせ (3)
各月毎の庭の様子 (263)
1月のマイ・ガーデン (24)
2月のマイ・ガーデン (18)
3月のマイ・ガーデン (21)
4月のマイ・ガーデン (45)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (27)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (15)
12月のマイ・ガーデン (10)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (7)
バラ (3007)
アイズ・フォー・ユー (62)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (87)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (6)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (87)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (2)
エブリン (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (107)
カーディング・ミル (6)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (64)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
ゴールデン・セレブレーション (2)
サー・エドワード・エルガー (2)
ザ・プリンス (57)
サンセット・グロウ (10)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (3)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (2)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (45)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (1)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (58)
ジョン・クレア (5)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (31)
ストロベリー・アイス (43)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (56)
すみれの丘 (2)
スワン (3)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (11)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドルシュキ・ルブラ (2)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (61)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (57)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (32)
ヒースクリフ (1)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (50)
ピエール・ド・ロンサール (48)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (2)
ベビー・ロマンチカ (20)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (1)
マダム・イサーク・ペレール (29)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (62)
ムンステッド・ウッド (76)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (2)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (86)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (13)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (22)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (54)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (63)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (1)
ローズA(品種不明バラ) (9)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (96)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (365)
アフロディーテ・エレガフミナ (20)
アラベラ (15)
アンドロメダ (1)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
エンプレス (4)
踊場 (8)
紀三井寺 (4)
キリ・テ・カナワ (6)
ザ・ファーストレディ (0)
ザ・プレジデント (9)
ザ・ベルベット (1)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (17)
天塩 (18)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (4)
ピクシー (23)
ピコティー (1)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (9)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (2)
マクロペタラ (3)
美佐世 (7)
ミゼット・ブルー (2)
ムーンビーム (11)
H.F.ヤング (3)
H.F.ヤング(枝代わり) (2)
ラプソディ (0)
流星 (15)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (121)
ダリア (20)
牡丹(ボタン) (46)
越の若紫 (0)
錦の艶 (0)
芍薬(シャクヤク) (93)
華燭の典 (0)
コーラル・チャーム (0)
コーラル・N・ゴールド (1)
サラ・ベルナール (0)
花籠 (0)
春の粧 (5)
火祭 (2)
ビロード・クィーン (0)
ピンク・ハワイアン・コーラル (5)
プリマベーラ (0)
夕映 (24)
石楠花(シャクナゲ) (6)
光彩 (2)
紅富士 (4)
ツツジ (71)
エクスバリー (4)
クルメツツジ (1)
ドウダンツツジ (21)
ブルー・ダイアモンド (0)
ミツバツツジ (20)
ヤマツツジ (20)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (322)
アオキ (1)
アオダモ (4)
紫陽花 (99)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (8)
エゴノキ (8)
クラッスラ(金の成る木) (2)
月桂樹 (1)
コハウチワカエデ (7)
シジミバナ (16)
シモツケ (19)
ジャカランダ (2)
ジャスミン (2)
シラカシ (6)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (3)
センリョウ (2)
ソヨゴ (1)
ナンテン (1)
ハナカイドウ (35)
姫コブシ (1)
ヒュウガミズキ (22)
ブーゲンビリア (14)
フジ (2)
ヤマモミジ (7)
ヤマモモ (3)
ユキヤナギ (42)
果樹 (27)
オリーブ (22)
ブラック・ベリー (4)
ラズベリー (1)
レモン (0)
宿根草・多年草 (692)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (42)
アスチルベ (3)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (51)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (31)
黒葉スミレ (3)
サギゴケ (4)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (13)
四季咲き寒アヤメ (15)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (12)
シャガ (20)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (18)
水仙 (53)
スズラン (19)
スノー・フレーク (14)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (13)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (25)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (7)
ハナニラ (13)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (35)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
フリージア (27)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ペンステモン (1)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (24)
ムスカリ (36)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
ハーブ (5)
オレンジミント (2)
バジル (2)
一年草 (183)
オダマキ (7)
オルレア (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
ビオラ (69)
ヒヤシンス (32)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (17)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (44)
観葉植物 (31)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (113)
サボテン類 (27)
ハオルチア類 (17)
メセン類 (20)
その他の多肉植物 (21)
ビカクシダ(コウモリラン) (5)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (152)
まつおえんげい (19)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (43)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (62)
春日大社&万葉植物園 (1)
大和文華館 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
城南宮 (7)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
壺阪寺 (2)
馬見丘陵公園 (25)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
由志園(島根県松江市) (3)
近所の公園 (7)
日本庭園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (3)
バラ友さん家のガーデン (12)
叔母の家のバラ庭 (18)
ローズガーデン・プロジェクト (77)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (46)
吉田病院「癒しの庭」PJ (18)
吉野・K邸ガーデンPJ (13)
ガーデンプロジェクト (6)
唐招提寺・薬草園PJ (6)
チャレンジ・チェルシー (3)
僕の栽培メソッド (4)
バラの作業 (343)
つるバラの誘引 (131)
バラの剪定 (27)
バラの植込み (23)
バラの植え替え (5)
バラの掘り上げ (4)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (12)
バラの肥料やり (24)
バラの薬剤散布 (75)
バラの害虫 (5)
ローズヒップ (5)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (10)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (31)
球根 (27)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
2015年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
ガーデンリフォーム (56)
DIY (33)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
外壁塗り替え工事 (70)
台風対策 (1)
ガーデングッズ (67)
テラコッタ鉢 (9)
ガーデン資材 (16)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (12)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (18)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (22)
dinos ガーデンスタイリング (219)
記事投稿告知 (98)
記事(バックアップ) (96)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (12)
おしらせ (3)
マイナビ「おすすめナビ」 (1)
旅行・小旅行 (23)
その他 (92)

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR