FC2ブログ

Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

ERシャリファ・アスマが花開いた!

少し前から、我が家の2階、バルコニーガーデンで鉢植えで育てているバラで、イングリッシュローズのシャリファ・アスマに、
小さな蕾が3つ付いていた。
日々寒くなる中で、この蕾は花開いてくれるのだろうかと、ヤキモキしていた。
そして、今朝、バルコニーに出て見ると、一輪、花が咲いていた!

DSC_6580-L_convert_20171116090737.jpg

こちらが、今朝開花したばかりのシャリファ・アスマ。
イングリッシュローズらしい、美しい花形で咲いてくれた!


DSC_6588-L_convert_20171116090845.jpg

東向きのバルコニーに射す朝日を浴びて輝いている。


DSC_6586-L_convert_20171116090818.jpg

縦位置でももう一枚。


DSC_6587-L_convert_20171116090834.jpg

真正面からの一枚。
端正な美しい顔をしている。


DSC_6589-L_convert_20171116090856.jpg

さらにアップ。
朝からテンション上がりっ放しで、同じような写真を何枚も撮ってしまった(汗)。


DSC_6585-L_convert_20171116090808.jpg

寒空の中で膨らんだ蕾は小さかったので、そんな大した花は咲かないだろうと
思っていたが、意外にもしっかりとした花が咲いてくれた。


DSC_6590-L_convert_20171116090906.jpg

美しいボール状の花形だ。
出勤前に慌ただしく写真を撮ったので、肝心の香りを嗅ぐのを忘れた(汗)。
イングリッシュローズの中でも強香品種のバラなので、どんな香りがするのか、
明日、改めて香りを嗅いでみようと思う。


さて、ひとつ前の記事でも書いたのだが、今、通信販売大手のディノス・セシール
さんのガーデンサイト、『dinos ガーデンスタイリング』で第1回のフォトコンテストが
開催されている。

  ※ ガーデンスタイリング・フォトコンテストの詳細は、こちら → 

gar_contest2017_s_convert_20171116091220.jpg

庭やベランダで育てている花や植物の写真3枚と、その写真に対するコメントを
専用フォームに投稿するだけで、簡単に応募できるようだ。
選考で10名に、バイオゴールドの追肥がプレゼントされるとのこと。

ボクも是非応募してみたいところだが、さすがに関係者?なので、応募しませんが(汗)、
素敵な写真がたくさん集まるといいなと思う。
入選された方の写真が、後日、ガーデンスタイリングのサイト内で紹介されるとのこと。
どんな写真が入選になるのか、楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

スポンサーサイト



  1. 2017/11/16(木) 10:01:54|
  2. シャリファ・アスマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

HTダブル・デトライトが大きく花開いた

先日、我が家の前庭で咲いていた木立性のバラ、HTダブル・デイライトを切って、室内で花活けに挿してみた。
まだ、その時は、花開いたばかりだったのだが、数日経って、大きく花開いて来た。

DSC_6592-L_convert_20171116090918.jpg

こちらが今朝の様子。
花色は少し薄くなって来たが、とても美しく、そして大きく花開いてくれた。


DSC_6593-L_convert_20171116090928.jpg

ダブル・デイライトがこんなに香るバラだとは知らなかった。
開花して以来、ずっとフルーティな香りをダイニングに振りまいてくれている。


ところで、この個人ブログとは別に、月一回ペースで、通信販売大手の
ディノス・セシールさんのガーデンサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に
記事を書かせていただいているのだが、
そのディノスさんが、今、フォトコンテストを開催されているのをご存知だろうか?

gar_contest2017_w_convert_20171116091231.jpg

今回が初めてのフォトコンテストのようだ。
詳しくは、ディノスさんのガーデンサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に
案内が出ているので、そちらをご覧下さい。

  ※ ガーデンスタイリング・フォトコンテストの詳細は、こちら → 

素敵なプレゼントもあるようなので、興味のある方は是非!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/16(木) 09:15:56|
  2. ダブル・デイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤く色付いたローズヒップを収穫

今年は、我が家で始めてローズヒップの収穫を行うことができた。
いつもなら、花後に株の充実を図るため、花柄は切るようにしていた。
ただ、今年、このローズヒップをつけるつるバラ、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクを京北バラ園に移植することを
検討していたので、今年が最後になるのなら、せめてローズヒップを拝みたいな、的な感じで、そうしたのだった。

DSC_6377-L_convert_20171114124420.jpg

そして、収穫の秋。
美しく色付いたローズヒップがたくさん成った。


DSC_6376-L_convert_20171114124411.jpg

隣地境界沿いにDIYで作成したパーゴラに、このポールズ・ヒマラヤン・ムスクを誘引している。
そのパーゴラに鈴なりにローズヒップが成ったのだ。


DSC_6373-L_convert_20171114124352.jpg

ローズヒップができるバラとして、いくつか名前が挙がる有名な品種はあるようだが、このポールズ・ヒマラヤン・ムスクは、
あまりローズヒップのことでは名前が挙がらないが、なかなか美しいローズヒップが出来ている。


DSC_6372-L_convert_20171114124343.jpg

本当に鈴なりだ。


DSC_6374-L_convert_20171114124401.jpg

同じような写真だが、最後にもう一枚。


DSC_6382-L_convert_20171114124432.jpg

脚立を立てて、鋭いトゲをかわしながら、悪戦苦闘してローズヒップを収穫しているところ。


DSC_6384-L_convert_20171114124453.jpg

収穫風景をもう一枚。


DSC_6387-L_convert_20171114124515.jpg

切り取ったローズヒップを無造作に投げて、駐車場の床に撒き散らかした(汗)。


DSC_6395-L_convert_20171114124537.jpg

長い枝は、花器に活けるために束ねて行く。


DSC_6394-L_convert_20171114124526.jpg

短い枝は、ローズヒップでリースをつくるようにまとめていく。


DSC_6396-L_convert_20171114124548.jpg

横位置でももう一枚。


DSC_6432-L_convert_20171114124558.jpg

花活け用のローズヒップを籠にまとめてみた。
結構な量が収穫できた。
花活けに挿して室内で飾っているが、そちらの写真はまだ撮っていない。
また追ってアップできればと思っている。


DSC_6443-L_convert_20171114124609.jpg

こちらは、リース用のローズヒップ。
友人がこれを使って、リースを作ってくれるという。
どんなのが出来上がるのか、楽しみだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/14(火) 13:17:31|
  2. ローズヒップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京北バラ園に移植するつるバラの準備作業

バラを始めて5年、30株くらいのバラを育てるところから始まったのだが、数えたことはないが、あれよあれよと言う間に、
おそらく150株以上のバラが我が家の庭にいる。
バラを始めた頃に、いろんな園芸雑誌を読み漁り、気に入ったバラを購入して育てて来たが、中庭、小さな住宅の庭では
手に負えない品種も出て来たのだ。
ランブラーと呼ばれる大型のつるバラたちだ。
我が家では、前庭のメインローズに位置づけているランブラー品種のバラで、ドロシー・パーキンスと、パーゴラに誘引している、
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクがそれにあたる。
どちらも気に入っている品種なのだが、我が家の限られたスペースでは、本来の力を発揮することができないと悟った。
それよりも新たに手に入れた別のつるバラを、こららのバラが植っていた場所で育てた方が、よりうまく風景をつくれるのではないかと、
思うようになった。
そして、この秋、少し早めにバラを強制休眠させて、掘り上げ、移植することにしたのだった。
京北のバラ園に持っていくのは、来週末の予定。
それまでに、この大型のつるバラを移植できるように準備しておかなければならないのだ。

DSC_6427-L_convert_20171114124017.jpg

この日、まず取りかかったのが、建物北側、自作したパーゴラに誘引しているつるバラで、
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク。
色付いていたローズヒップを収穫し、その後、残った不要枝を剪定していく作業を
行っているところだ。
脚立に載って作業をしているが、ヘッピリ腰になっているな(汗)。


DSC_6453-L_convert_20171114124030.jpg

大方の剪定は終わって、枝をまとめた状態。
このバラは、鋭いトゲがあるのでタチが悪い。
写真では、鉢植えのように見えるが、テラコッタ鉢の底を抜いて、
レイズドベッド状にしてあるので、ほぼ地植えと同様。
うまく、根を掘り上げられるか、やってみるしかないかな。


DSC_6431-L_convert_20171114123825.jpg

こちらは、もう一方のランブラー品種のドロシー・パーキンスを抜くために、そのドロシーとツルが交差している
鉢植えのつるバラの誘引を解いているところ。
狭い場所に何本ものつるバラを重ねるように誘引しているので、簡単には枝の整理ができないのだ。


DSC_6438-L_convert_20171114123848.jpg

いきなり作業終わりの写真で恐縮だが、ドロシーのツルに交差していた4本の鉢植えのつるバラ他を整理した。
左からフジの一種で、アメジストフォール、2番目がキングローズ、3つ目がレッド・キャスケード、
そして4番目がアントニオ・ガウディ。
これらのつるバラの誘引を解き、軽く剪定したのち、とりあえず枝を束ねておいた。
来年は、この場所に別のつるバラをセッティングする予定なので、暫定的な処置なのだ。


DSC_6442-L_convert_20171114124003.jpg

今回、掘り上げて移植する予定のドロシー・パーキンスの枝を整理する作業を行っているところ。
高い場所まで誘引しているので、脚立での作業となるのだが、足場が不安定で、結構、怖いのだ(汗)。


DSC_6452-L_convert_20171114123926.jpg

もう少し引いて全体を撮ってみた。
小窓の左側に壁面に誘引しているのが、ドロシー・パーキンス。
このドロシーも最長部で8mほどに伸びているが、これも根を切って掘り上げるため、
地上部もかなり切り詰める必要がある。
掘り上げてから、根の状態を見て最終的には決めるが、おそらく3mくらいには
縮めることになると思う。


DSC_6435-L_convert_20171114123837.jpg

こちらは、ドロシーと交差して誘引していたつるバラたち。
こちらも本剪定・誘引するまでの間、とりあえず枝を束ねておく。

いよいよ来週末には、ドロシーを掘り上げて、京北バラ園に持って行く予定だ。
ドロシーとの別れの時期が近づいている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/14(火) 13:11:48|
  2. バラの剪定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄関アプローチのつるバラ、移植の準備

こちらは、我が家の玄関アプローチで、隣地境界部分に建っているブロック塀だ。
建物外壁と同じ、白い割肌調の大理石タイルを貼って化粧している。
この壁面(高さ約1.5m × 幅約4m)に、バラを始めた当初から、2本のつるバラを植えている。
写真右側が、アンジェラ、左側がつるアイスバーグだ。

DSC_6390-L_convert_20171114123750.jpg

なにもしなくても良く咲く優秀なバラで、我が家の玄関アプローチを彩ってくれているのだが、
この秋、この2本のつるバラを抜いて、友人宅の庭に移植させてもらえることになった。
写真は、その移植のための準備作業後の様子。
作業始める前に写真を撮るのを忘れてしまっていた(汗)。


DSC_6391-L_convert_20171114123802.jpg

前面道路側から見た玄関アプローチの様子。
この白い壁に2本のつるバラを植えていたのだが、我が家もバラが増え過ぎてしまって、
もう増やせなくなり、今回、バラの植え替えをすることになったのだ。
せっかく5年かけて大きく育ったので、処分するのももったいないし、大切に育てていただける人にもらっていただけたらと思い、
友人にお声をかけたところ、引き取って育てていただけることになったのだ。


DSC_6388-L_convert_20171114123740.jpg

こちらは、アンジェラ。
四季咲き性で多花、とても良く咲く品種で手放すのは少々惜しい気がするが、
新しい環境で頑張ってもらいたい。
この秋には、最長で4mほどに伸びていたが、自家用車に載せられる大きさに
剪定し、枝をまとめている。
あとは、この週末に掘り上げる予定。
なるべく多くの根を掘り上げられると良いのだが・・・。


DSC_6393-L_convert_20171114123726.jpg

こちらは、つるアイスバーグ。
こちらも、今年はメインの枝をポール仕立てにしていたのだが、
この狭い空間に納まる品種ではなく、もう少し広い環境で育ててもらった方が、
このバラの特性を活かせるのではないかと思う。


DSC_6389-L_convert_20171114123712.jpg

正面から見たところ。
5年前に植えたばかりの頃は、か細い枝だったものが、今では立派な木に成長している。
こちらもだいぶ切り詰めざるを得なかったが、新しい場所で活着さえしてくれれば、
即戦力として、風景をつくってくれると思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/14(火) 13:08:12|
  2. バラの剪定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗闇に射す光に光るHTダブル・ディライト

こちらは、我が家の前庭で鉢植えで育てているバラで、HT品種のダブル・デイライト。
殿堂入りしている名花である。

DSC_6426-L_convert_20171114124318.jpg

先日、庭で咲いた花を二輪、切って花器に活けて室内で楽しんでいる。
とても強香で、フルーツの良い香りが室内に漂っている。


DSC_6419-L_convert_20171114124250.jpg

ちょうど、ダイニングの天窓から光が射したので、その光の中心に花器を置いてみた。
輝度差があるために、暗闇の中で、光を浴びたダブル・デイライトが輝いている。


DSC_6406-L_convert_20171114124142.jpg

斜め上からのアングルで撮影してみた。
赤い皮付きのリンゴを切ったような感じで、中心部が蜜を帯びた果肉のように見える。


DSC_6416-L_convert_20171114124231.jpg

外側の花弁が赤く染まる覆輪がとても美しく、個性的だ。


DSC_6412-L_convert_20171114124152.jpg

HT品種らしく、高芯咲きで、とても品がある。
それでいて、剣弁ではなく丸弁なので、優しい印象だ。


DSC_6401-L_convert_20171114124133.jpg

真上からの見下ろしのアングル。


DSC_6423-L_convert_20171114124309.jpg

本当に熟れたリンゴのような雰囲気。
なかなか素敵なバラだと思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2017/11/14(火) 13:05:00|
  2. ダブル・デイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERラジオ・タイムズに新しい蕾

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラで、イングリッシュローズのラジオ・タイムズ。
先日、花が咲いて、もう散ってしまっているが、また新たに蕾が上がって来た。

DSC_6398-L_convert_20171114124331.jpg

気温が低い日が続くが、前庭は、まだ日照条件が良いので、そのせいかもしれない。
アプリコット色に色付く蕾がとても可愛らしい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/14(火) 13:01:58|
  2. ラジオタイムズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バルコニーのER、シャリファ・アスマの蕾がほどけて来た

こちらは、2階のバルコニーガーデンで鉢植えで育てているバラで、
イングリッシュローズのシャリファ・アスマ。

DSC_6403-L_convert_20171114124119.jpg

まだまだ未成熟な株なのだが、この寒空の中、3つ蕾を付けている。
ただ、気温が上がらないので、ずっと蕾は堅いままだ。
そのひとつが、少しほどけて来たように感じる。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/14(火) 13:01:23|
  2. シャリファ・アスマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年のオリーブの収穫はほんのわずか

こちらは、我が家の前庭、隣地境界フェンス沿いに植えている3本のオリーブ。
そのオリーブの葉の間にちらりと色付いたものを見つけた。

DSC_6378-L_convert_20171114124046.jpg

黒く熟したオリーブの実が2つ。
このオリーブの木の下に、木製フェンスに誘引しているつるバラがあるため、今年はかなりの強剪定を行った。
新梢に花を咲かせ、実をつけるらしいので、今年は実の収穫は期待できなかった。


DSC_6381-L_convert_20171114124107.jpg

今年は、例年のように収穫した実でシロップ漬けとかは出来そうもないので、収穫して、花器に活けて楽しもうと思う。
実をつけた枝を切って、手元で見ると、まだ赤かった。


DSC_6380-L_convert_20171114124056.jpg

陽の光が当たっている側は、赤黒くなっているが、裏側はまだまだ赤いままだった(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/14(火) 12:59:47|
  2. オリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに咲いてくれたHTダブル・ディライト

こちらは、我が家の前庭で、鉢植えで育てているバラで、HT品種のダブル・ディライト。
世界バラ会議で、殿堂入りもしている名花だ。

DSC_6356-L_convert_20171111162352.jpg

我が家にある、数少ないHT品種のひとつだ。
殿堂入りしているバラらしく、とても個性的な花姿をしている。
中心部が熟れたリンゴのような色をしていて、外側が赤いという覆輪花。


DSC_6358-L_convert_20171111162402.jpg

昨年末の植え替え時に、根を見た際、瘤のようなものがあり、癌腫疑いのあるバラだった。
養生を兼ねて、この一年育てて来た。
春には、あまり咲いたイメージがない。
そんなバラが、久しぶりに美しい花を咲かせてくれた。


DSC_6364-L_convert_20171111162413.jpg

寒空で咲かせたままにするのもどうかと思ったので、切って、室内で鑑賞することにした。


DSC_6369-L_convert_20171111162506.jpg

一輪にクローズアップ。
個性的なバラで、我が家の庭では異質な感じ。
イングリッシュローズやF&Gローズなどが多い我が家では、それらのバラとはどうも趣きが違い、合わせにくい。


DSC_6368-L_convert_20171111162456.jpg

殿堂入りのバラだが、我が家の庭では風景を作りにくいので、どこか他にお嫁にやろうかと
思っているのだが、この花を見ると、その気持ちも萎えてしまう。


DSC_6365-L_convert_20171111162425.jpg

お気に入りの花活けに活けてみた。


DSC_6367-L_convert_20171111162446.jpg

今風のテイストではないが、なかなかの良い感じ。
加えて、鼻の悪いボクでもはっきりと分かる強香のフルーツ香。


DSC_6370-L_convert_20171111162516.jpg

白い大理石タイルの壁面を背景に置いてみた。
どうだろう、なかなか良いバラではないか?
このバラの良さを改めて感じた。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:45:01|
  2. ダブル・デイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオタイムズ



DSC_6355-L_convert_20171111162715.jpg




ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:42:31|
  2. ラジオタイムズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERシャリファ・アスマ、果たして開花するか?

こちらは、我が家の2階、バルコニーガーデンで鉢植えで育てているバラで、
イングリッシュローズのシャリファ・アスマ。
イングリッシュローズの中で、ジュード・ジ・オブスキュアと双璧を誇る強香のバラで、
名花と言われているが、カタログから落ちてしまった品種らしい。
うちにあるのは、友人宅から留学生としてやってきて、預かっているものだ。

DSC_6352-L_convert_20171111162340.jpg

数日前に3つほど、蕾を上げていた。
ただ、日々寒くなる中、東向きのバルコニーは朝の3時間ほどしか太陽の光が当たらず、
かなり厳しい環境条件。
果たして、この蕾は花開くだろうか?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:41:56|
  2. シャリファ・アスマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERシスター・エリザベスの花

こちらは、鉢植えで養生中のバラで、イングリッシュローズのシスター・エリザベス。

DSC_6363-L_convert_20171111162327.jpg

かなり弱っている株で、小さな鉢に植え替えて養生している。
復活してくれると良いのだが、結構、厳しい状況。
そんなシスター・エリザベスに、数日前、蕾が付いていた。
どうするか迷ったが、花が咲くまで置いておいた。
そのシスター・エリザベスが花を咲かせた。
小さな花だ。
うまく養生させて、復活してくれることを願いたい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:41:15|
  2. シスター・エリザベス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤く色づくローズヒップ

こちらは、我が家の前庭、建物外壁とパーゴラに誘引している大型のつるバラで、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクのローズヒップ。
少し前から、実が赤く色づいていたが、それがどんどん赤みを増して来たように思う。

DSC_6361-L_convert_20171111162730.jpg

実をつけると株が養分を吸い取られ、弱るということもあり、例年は、花柄を摘んで結実しないようにしてきたのだが、
今年は、花後に敢えて花柄を摘まず、そのまま放置していた。
このポールズ・ヒマラヤン・ムスクは、我が家にあるバラの中では、美しいローズヒップを付ける品種だということもあるのと、
もうひとつは、この冬、このバラを京北ローズガーデンに移植する予定にしているため、
ローズヒップを見れるのが、今年が最初で最後ということもあってのことだ。
いい感じに色づいて来たので、明日の日曜日に、ローズヒップを収穫しようと思っている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:40:41|
  2. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリーブの実を発見!

我が家では、前庭の北側、隣地境界沿いに3本のオリーブの気を植えている。
ちょうど5年前にガーデンリフォームを行った際、以前に植えていたキョウチクトウを抜いて、オリーブに植え替えたのだ。
日当りも良く、とても旺盛に成長してくれているのは良いのだが、キョウチクトウ以上に樹勢が旺盛で、
剪定しないと、とんでもないことになってしまう。
そんなことで、今年2月半ばに、かなり強めに剪定したのだった。

  ※ 前回のオリーブ剪定した際の記事は、こちら → 2017年2月20日のブログ記事

オリーブの木の下に、木製フェンスに誘引したつるバラを植えていることもあって、そのつるバラの日陰にならないように、
剪定したのだった。
オリーブあ、前年に伸びた枝に花を咲かせ、実をつけるとは知っていたのだが、バラを優先した。
なので、今年は、オリーブの実はつかないだろうなと思っていた。

DSC_6362-L_convert_20171111162315.jpg

それが、この日、庭の見回りをしていたら、オリーブの銀葉の中に、赤く色づくものを見つけた。
実が成っているようだ。
今年は、予想通り、ほぼ実はついていないが、剪定を免れた枝に花が咲き、実をつけたのかもしれない。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:40:08|
  2. オリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もヒヤシンスの水耕栽培をスタート

11月に入って、ずいぶんと寒くなって来た。
秋の恒例行事の球根の植え付けを先週行ったが、それに続いてもうひとつ、今年もやってみようと思っているのが、
同じ球根植物のヒヤシンスの水耕栽培。

前回は出足が遅れて、結局、2月頃になって、芽の出た土に植えられたヒヤシンスを購入して、それを分解、
土を取り除いて水耕栽培したのだった。

ヒヤシンスの水耕栽培をしたのは、前回が初めてだったが、室内の窓辺で咲かせることが出来、部屋に彩りができることに加えて、
その香りが部屋中に充満するのが良かった。

  ※ 今年のヒヤシンスの水耕栽培の記事は、こちら → 2017年3月9日のブログ記事

今回は、球根のままから水耕栽培を始めてみようと思う。

DSC_6337-L_convert_20171111162538.jpg

こちらが、今回水耕栽培用に購入したヒヤシンス。
普通にホームセンターで売っているものだ。
水耕栽培なので、水からの養分補給が難しいので、本当は1球1球が大きな球根が良かったのだが、売ってなかった(汗)。
とりあえず、これで始めることにした。
今年は、紫と赤色の花にしてみた。


DSC_6336-L_convert_20171111162529.jpg

準備段階として用意したのが、こちら。
卵を入れて売っている卵用のパック。


DSC_6340-L_convert_20171111162548.jpg

ヒヤシンスの球根も、パッケージから取り出してみた。
この赤紫色の薄皮がなかなか雰囲気があって良いと思う。


DSC_6343-L_convert_20171111162601.jpg

発根を促すために、卵パックに少し水を張った。


DSC_6344-L_convert_20171111162617.jpg

近くで見るとこんな感じ。
ヒヤシンスの球根の底がうっすら水に浸かる程度の量だ。


DSC_6346-L_convert_20171111162627.jpg

球根をセットするとこんな感じ。
あまり浸かり過ぎることがないようにと思って準備した卵パックは、ちょうどだった。


DSC_6349-L_convert_20171111162648.jpg

これをそのまま冷蔵庫に入れて、しばらく保管する。
他の球根でもそうだが、一度寒さを経験させないと、発芽スイッチが入らないらしい。
1ヶ月ほどで発根すれば、専用のガラス容器に移して、窓辺で育てる予定。
今年もいよいよそんな季節になって来たのだと、改めて時の経つのが早いことを実感する。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 16:39:30|
  2. ヒヤシンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディノス記事 第30回 「我が家の秋バラ2017」

※ こちらの記事は、2017年11月10日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。


11月に入り、今年も残すところ、あと2カ月足らずになりました。
あれだけ暑かった夏が過ぎて、涼しく過ごしやすい実りの秋になったと思いきや、
台風や長雨続きで、風雨に晒された庭は荒れてしまい、
楽しみにしていた我が家の秋のバラも残念な状態になってしまいました。
とはいえ、もともと春のバラシーズンに比べ、秋のバラは、返り咲く品種でも
開花数は春のバラとは比べ物にならないくらい少なく、
風景をつくれるほどには咲いてはくれません。
なので、「バラの花がつくる風景を楽しむ」、というよりは、
「一輪一輪の花の美しさを楽しむ」、という感じになってしまいます。
徐々に気温が下がる中で咲く花は、花色が濃く、花型も美しく咲くと言われています。
今回は、そんな秋の美しいバラたちを、我が家の庭からお伝えしたいと思います。


● 濃いモーブ色で咲く、F&Gローズのあおい

DSC_6017_convert_20171027153929.jpg

こちらは、鉢植えで育てているバラで、F&Gローズの「あおい」という品種。
滋賀県で切花栽培をされているバラ作家、国枝啓司さんの育種によるバラです。
このバラ、「ラベンダーピノキオ」という独特のモーブ色を持つ品種と
切り花品種の交配でつくられたバラで、少し茶色みが掛かった、
何とも表現できないような微妙な色合いがとても素敵なバラです。
特に、秋に咲く花はより深みがかかり、美しい色合いで咲いてくれました。


● 茜色で咲く、秋の「かおりかざり」

DSC_5849_convert_20171027153906.jpg

こちらも同じくF&Gローズのひとつで、「かおりかざり」という品種。
春に見た花は、もっと温かいアプリコットオレンジ色だったのですが、この秋に咲いた花は、淡いコーラルピンク色。
このバラは、その名の通り、香りの性能にも優れています。
はっきりしたフルーツ香りで、とても強香です。
秋の花の花型は、イングリッシュローズのような花型で、とても美しかったです。
背景の白い壁、緑の葉、そしてコーラルピンクの花のコントラストがとても良い感じです。


● 楚々として可愛らしい花、F&Gローズの「ひより」

DSC_5499-L_convert_20171027153750.jpg

こちらも、F&Gローズのひとつで、「ひより」
作者の国枝啓司さんの孫娘の名前がつけられたバラで、作家が最も愛するバラのひとつだそうです。
この花姿からも想像出来る通り、とても華奢な枝に支えきれないほどの大きな花を咲かせる「ひより」は、とても女性的で繊細なバラです。
咲き始めの頃は、中心部がほんのりとパールピンク色に染まる柔らかな花色で、先進むと白く変わっていきます。


● 濃厚な赤紫色で咲く、ベルベティ・トワイライト

DSC_5519_convert_20171027153805.jpg

このバラは、ボクのお気に入りのバラのひとつです。
作出者は、かの河合伸志さんで、園芸研究家の吉谷桂子さんへのオマージュのバラだそうです。
波状弁の花弁がとても特徴的で、とてもエレガントなバラだと思います。
特に、この濃い赤紫色が、秋の花ではより深みが出ているように思います。
花持ちもよく、次第にブルーイングして、紫色に変わっていく様子も美しいです。


● パーフェクトな花形、花色、ERジュビリー・セレブレーション

DSC_5687_convert_20171027153843.jpg

我が家にあるバラで、特にお気に入りの品種のバラを挙げるとすると、真っ先に思い当たるのがこのバラ。
イングリッシュローズのジュビリー・セレブレーション。
サーモンピンクのカップ咲きのバラですが、花弁の中心部にかすかに黄色が入り、
その黄色がピンクの中にかすかに混じる風合いがとても美しいバラです。
エリザベス女王の即位50周年の記念のバラとしても有名で、その優雅な佇まいと、豊かなフルーツ香りから
とても人気が高い品種です。
大輪の花の割に、ステム(花茎)が細いので、うつむいて咲いてしまうというのが玉にキズですが、
それを差し引いても十分な魅力のあるバラだと思います。


●太陽光が透けて茜色に染まる、ERプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント

DSC_5534_convert_20171027153830.jpg

こちらも美しいイングリッシュローズのひとつです。
名前は、プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント、長いので、「ケント姫」と呼ばれている品種です。
このバラ、大輪花で花弁数も多く、深いカップ咲きで、花色は鮮やかなピンクなのですが、
秋に咲いた花は、写真のようなコーラルピンクでした。
花弁の裏側から朝日を浴びて、輝くように咲いていました。
こうして見ると、このバラにも花弁の奥深いところに黄色い色素を持っているようです。
何とも神々しく美しい花だと思います。


● シックな赤で咲く、ERトラディスカント

DSC_5019_convert_20171027153658.jpg

こちらもイングリッシュローズで、今はカタログ落ちとなって入手困難な品種になっていますが、トラディスカントというバラです。
古い品種が植えられているバラ園などで、時々見かけるイングリッシュローズです。
真っ赤な花色のイングリッシュローズは、我が家では意外に少なく、貴重な品種です。
シックな赤は、秋色と言えますが、花壇でもひと際目立っています。


● アメリカ限定発売のER、カーディング・ミル

DSC_5826_convert_20171027153854.jpg

こちらもイングリッシュローズで、カーディング・ミルという聞き慣れない名前の品種。
アメリカ限定で発売されていたイングリッシュローズのようですが、日本でも栽培されておられる方をよくブログで見かけます。
イングリッシュローズの本には、レディ・オブ・シャーロットのような鮮やかなオレンジ色の花が掲載されていましたが、
実際に咲いた花は、シャーベット・オレンジ。
たくさんの花弁が美しい花形を構成しています。
まだまだ本来の咲き方ではないかもしれませんが、今後の成長が楽しみなイングリッシュローズです。


● 秋も春も変わらない鮮やかさ、ストロベリー・アイス

DSC_5092_convert_20171027153711.jpg

こちらは、40年以上も前に発表された(1975年)古い品種で、フランス・デルバール社のバラで、
ストロベリー・アイスという品種。
デルバール社つくる今時のバラとはずいぶん異なる雰囲気ですが、このバラもとても気に入っている品種です。
その名の通り、苺アイスクリームのようなバラです。
よくバラ園では、木立性バラのように短く剪定され、修景バラのように植えられているのを目にしますが、
我が家では半つるバラの特性を活かして、オベリスク仕立てにしています。
照り葉で耐病性にも優れている上、花持ちも良いバラです。
ただ、成長が遅く、なかなかツルを伸ばしてくれないので、深く剪定せず、ゆっくりと大きく育てているバラです。


● アプリコット色で咲く、秋のモニーク・ダーヴ

DSC_5522_convert_20171027153818.jpg

こちらのバラは、2階のバルコニーガーデンで、鉢植えで育てているバラで、
モニーク・ダーヴ。
フランスのギヨー社のバラです。
このバラ、花弁のカタチに特徴があり、花弁の真ん中がツンと尖っています。
とてもコンパクトなバラで、鉢植えで育てるのに向いているバラですが、
なかなか気難しくてうまく育てられていません。
春の花は、中心部がほんのりとピンク色だったのが、秋の花ではほんのりと
アプリコット色に色付いています。
そのあたりも秋らしい感じがします。


● 濃い赤紫色のブロッチ、アイズ・フォー・ユー

DSC_6009_convert_20171027153918.jpg

このバラも非常に個性的なバラで、花弁の真ん中に濃い赤紫色のブロッチが入る品種で、
アイズ・フォー・ユー。
蕾の頃は、アイボリー色だったのが、花開く頃には、赤紫色に染まり、
ゴールドのシベと相まって、とても美しい姿で咲いてくれます。
特に、秋は花色が濃く出るように思います。
このバラ、花持ちが悪い方ですが、秋は気温が下がり、春に比べて
かなり長い間咲いているように思います。
樹勢も強く、育てやすい品種です。


● 秋色の代表格、バーガンディ・アイスバーグ

DSC_5340_convert_20171027153740.jpg

こちらも2階のバルコニーガーデンで、鉢植えで育てているバラで
バーガンディ・アイスバーグ。
秋のバラといえば、まず最初に頭に思い浮かぶのが、このバラです。
濃い赤ワイン色、まさにバーガンディ色の花色は、春の鮮やかなは花色の中では
異質で浮いてしまうのですが、秋の庭では、ひと際存在感を増すバラと言えます。
写真では、朝日を背後から受けて、花弁が赤く輝いています。
少し物悲しい雰囲気をまとった、大人なバラのイメージです。


●秋のサンセット色、サンセット・グロウ

DSC_5104_convert_20171027153728.jpg

こちらで最後になります。
前庭の玄関アプローチで、オベリスク仕立てにしているつるバラで、サンセット・グロウ。
このバラも、春と秋ではずいぶんと印象が異なる花色です。
春の花は、鮮やかなオレンジ単色ですが、秋の花は、まるで夕焼け空のような
微妙な色が混じり合った深いオレンジ色になります。
背景の緑の葉とのコントラストも美しく、ガーデンでとても存在感があります。
まさに、オータムカラー、美しいバラだと思います。


・・・・・如何でしたでしょうか?
我が家の2017年、秋のバラたち。


春のバラシーズンのように、一斉にたくさんの花が咲き、壁面を覆い尽くすような勢いは
秋のバラにはありませんが、一輪一輪の花の美しさは、春のバラに引けを取りません。
気ぜわしく散っては咲く春のバラのように一喜一憂することなく、
ゆったりとした気持ちで秋のバラを楽しむのもいいですね。
そうしているうちに、あっという間に冬がやって来ます。

冬は、来春に向けての重要な準備期間。
特につるバラは、剪定、誘引し、壁面やオベリスクに仕立て直す必要があります。
一年で大変な作業ではありますが、来春の風景を頭に描きながらのクリエイティブな作業でもあります。
次回は、そんな「つるバラの誘引作業」についてレポートしていと思っています。
乞うご期待下さい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


                                        
  1. 2017/11/11(土) 10:49:42|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ディノス・ガーデンスタイリング』に新しい記事をアップしました!(第30回)

あっと言う間に今年も11月、あと2ヶ月足らずで今年も終わり。
時の経つのは早いものだ。
秋になってからのここ2ヶ月は、今年挑戦したいくつかのガーデンコンテストの結果発表があったり、
来年2018年のチェルシーフラワーショーの石原先生のサポートスタッフの募集があったりと、
何かと慌ただしいかった。

そんな中、昨年からお手伝いさせていただいている通信販売大手のディノス・セシールさんの
月1ペースで書かせていただいているブログの11月分の記事を書かせていただいた。
昨日、その記事が公開された。

002_convert_20171111104016.jpg

こちら↑は、ディノス・セシールさんのガーデンサイト、『ディノス・ガーデンスタイリング』の中の
ボクが持たせていただいているコーナーの画面。

最初に、ディノスさんからこの話をいただいた時に、ブログのタイトルをつけて下さいとのことで、
考えたのが、この『「風景」をつくるガーデニング術』というブログタイトル。
個人でやっているこのブログとは区別するために、「風景」と「ガーデニング術」というキーワードを
付けさせていただいた。
自分がこれまでやってきた自宅での庭づくりから、何か皆さんお伝えできるものがあればと思って
やってきたのだが、多少成りともお役に立てていれば良いのだが・・・(汗)。


003_convert_20171111104033.jpg

当初スタートした時は、ボクも含めて4名のブロガーさんが定期的に記事を書かれていたのだが、
最近では、他のブロガーさんの記事の更新がないのが少し淋しい。
いつのまにか、「人気ブロガー」覧の記事リストに並ぶ写真は、ボクの記事の写真ばかりに
なってしまった(汗)。


001_convert_20171111103959.jpg

さて、今回書かせていただいた記事は、『我が家の秋バラ2017』と題して、我が家の庭で咲いていた
秋の美しいバラの写真を載せている。

  ※ 第30回目の記事は、こちら → 「我が家の秋バラ2017」

今年は、秋に入り台風が何度も上陸し、長雨も続く天候不順のため、秋のバラはあまり咲かなかった。
そんな中も、数少ない咲いた秋バラの中で、特に美しいと感じたバラにフォーカスして記事を書いている。
確かに秋のバラは、春のような面で咲くボリューム感はないが、一輪一輪の花は美しいと感じた。
そんな秋の美しいバラの姿を見ていただけたらと思う。
是非、ディノスさんのサイトの方をご覧下さい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/11(土) 10:47:46|
  2. 記事投稿告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チャレンジ・チェルシー2018

ボクにとって嬉しい出来事があった。

というのも、来年2018年の5月、イギリスのチェルシー・フラワーショーに行くことになったのだ。
唐突な話だが、実は1ヶ月ほど前から、とある募集に応募していたのだが、それがこのたび正式に決まったのだ。

世界的なガーデンデザイナーで、世界最高峰と呼ばれるイギリスのチェルシー・フラワーショーに何度もチャレンジをされて、
6年連続でゴールドメダルを受賞されている、石原和幸先生の来年2018年のチェルシー・フラワーショーのチャレンジスタッフとして、
庭づくりに参加させていただけることになったのだ。

  ※ 石原和幸デザイン研究所のホームページは、こちら → 

ピクチャ_1_convert_20171109095105

これまでにも、石原先生の著書は全部読ませていただいていて、とても刺激をいただいていた。
最近は、様々なメディアにも登場され、ご活躍されているので、ご存知の方も多いのでは?


ピクチャ_2_convert_20171109095116

掲載画像は、石原和幸デザイン研究所のホームページからお借りしたもの。
石原先生のプロフィールが掲載されている。
路上販売の花屋さんからスタートされ、現在では庭園デザイナーとして、日本のみならず世界各国でもご活躍されている。


ピクチャ_3_convert_20171109095125

そんな石原先生が2004年に初めてチェルシー・フラワーショーに出展されシルバーギルドメダルを受賞されて以来、
多数のメダルを受賞されている。
2012年からは、6年連続でゴールドメダル受賞という偉業を達成されている。


ピクチャ_5_convert_20171109095134

そして、来年2018年、通算10個目の金メダルを狙って、チェルシー・フラワーショーに挑戦されるのだ。
石原先生のチェルシー・フラワーショーへの出展には、現地に行って庭づくりを手伝うサポーターの方がいらっしゃると、
以前から著書を読んで知っていたのだが、それがいつどのようなカタチで募集されるのか、全く知らなかった。
それが、とあることからネットサーフィンしていて、偶然、来年度のチャレンジスタッフを募集されているのを目にしたのだった。

  ※ チャレンジ・チェルシー募集の案内は、こちら → 金メダル挑戦スタッフ大募集

    石原和幸デザイン事務所のホームページでは、石原先生自ら出演されたメッセージ動画がご覧いただけます。

ただ、チェルシー・フラワーショーの開催は、毎年5月の下旬。
出展する庭は、その会期の2週間ほど前から現地に入って制作されるようだ。
5月と言えば、我が家の庭のバラも最盛期を迎え、その世話に忙しくしている上、オープンガーデンの開催時期と重なるため、
応募するかどうするか、正直迷った。
参加するとなると、来年のオープンガーデンは中止せざるを得ないため、毎年開花を楽しみにして下さっているご近所や友人、
オープンガーデンを見に来て下さっている方々にも大変申し訳ないし。
また、それ以上に、GW明けから2週間あまり海外に行くとなると、仕事の方をどうするかという大きな問題もあった。
(もちろん、参加は自費なので、その費用の件も大きなポイントではあったが:汗)


ピクチャ_11_convert_20171109095224

そんな現実と憧れの狭間で、いろいろ悩ましい日々を送ったのだが、決め手となったのは、ホームページに書かれてあった↑この言葉。

  『 挑戦するのに遅いなんてことはない。』

ボクが本格的に自宅で庭をつくり始めたのは、ほんの5年前から。
庭の専門家でもないし、ほぼ素人。
こんなアマチュアが、世界最高峰の庭づくりに参加して何か役に立てることがあるのだろうか?
年齢的にも、半世紀を越え、若手主体のチャレンジスタッフの中で、足手まといにならないか?
いろいろ自問自答した。

ただ、これから残りの人生をどうのように生きて行くのか、日々葛藤する中での、今回のチャレンジスタッフの募集。
しかも、石原先生にとっても10個目の金メダルを目指されるという、節目のフラワーショー。
お聞きすると、チャレンジ・チェルシーにはリピーターはなく、毎回違うメンバーを招集して行かれるそうだ。
だったら、10個目の金メダルを目指される記念すべき今回がベストではないのか?
そんな機会にたまたま巡り合えたのなら、これも何かのご縁ではないか?
加えて、世界各国の一流のガーデナーが集う大会で、その舞台裏を垣間見れるという、またとないチャンス。
自宅のバラのことや、仕事をどう調整するかという悩ましい問題もあったが、それ以上にこの機会に賭けてみようという気になった。

一度しかない人生だし、自ら『 Change My Garden / Change My Life 』をキャッチフレーズに掲げているわけなので、
自分の人生を変えるためにも、ここはイギリスに行って、石原先生の挑戦を間近で感じつつ、微力ではあるが何かお役に立てればと思い、
正式に応募させていただいたのだった。

応募にあたってご対応いただいた石原事務所のご担当の方々のお心遣いも素晴らしく、そのことも背中を押していただいたように思う。
後日、連絡があり、幸運にもチャレンジスタッフ参加メンバーの一員に加えていただいた。


ピクチャ_14_convert_20171109095251

案内によると、今年12月か来年1月に、2018年度のチェルシー・チャレンジスタッフの顔合わせを兼ねたキックオフミーティングが
開催されるようだ。
全国各地から、どんなメンバーが参集するのか、今から楽しみだ。
そして本番の来年5月、見事、石原先生の10個目の金メダルが取れるよう、頑張って来たいと思っている。

このプロジェクトに関しては、石原先生のお許しがいただければ、おいおい、このブログでもレポートして行けたらと思っている。
乞うご期待!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/09(木) 14:39:39|
  2. チャレンジ・チェルシー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

日本園芸協会さんから、2017年コンテストのメダルと表彰状が届いた

庭を本格的に作り始めて、5年目の年月が経った。
自分が作っている庭が、客観的にどのような評価を受けるのか、その思いで毎年ガーデニングコンテストにチャレンジしている。
ガーデン雑誌社が主催するコンテストもあるが不定期で、毎年定期的にコンテストを実施されているのは、
日本園芸協会さん主催の「JGS全国ガーデニングコンテスト」だけである。
なので、毎年の庭づくりの通信簿を受け取るべく、このコンテストにチャレンジして来た。

幸運にも、庭をつくり始めて2年めの初チャレンジでシルバーメダルを頂き、昨年は3度目の挑戦で、
全国一位となるゴールドメダルもいただくことができた。
今年は、コンテストに応募すべきか迷ったのだが、今年いろいろと庭の改良も行ったので、それがどのように映るのか
審査員の先生方の評価を聞いてみたいと思い、今年もチャレンジしたのだった。
結果は、シルバーメダル。
初挑戦から4年連続で、上位入賞を果たすことができた。

  ※ 今年2017年のコンテスト入賞に関する記事は、こちら → コンテスト結果発表

苦労して庭づくりに向き合い、庭を変化させて来たことが報われた気がして、とても嬉しかった。
今年のコンテスト応募を振り返っての記事も書いているので、よろしければ、そちらもご覧いただきたい。

  ※ 「JGS全国ガーデニングコンテスト2017を振り返って」の記事は、こちら → 2017年9月22日のブログ記事


DSC_6209-L_convert_20171104090158.jpg

日本園芸協会さんのホームページでの結果発表があってから1ヶ月あまり、表彰状とシルバーメダルが届いた。
やはり表彰状とメダルを手にすると、実感も湧き、嬉しさもひと際だ。


DSC_6234-L_convert_20171104090257.jpg

メダルも今回で4つ目。
ゴールドメダルもシルバーメダルも同じ色のメダルなのだが・・・(汗)。
4つ並べると、さすがに壮観。


DSC_6292-L_convert_20171106154950.jpg

賞状とメダルと一緒に、日本園芸協会さん刊の『プランツ&ガーデン』が届いた。
今年の全国ガーデニングコンテストの特集記事が掲載されている。


DSC_6293-L_convert_20171106155004.jpg

こちらが、そのコンテスト上位入賞者の庭の様子を紹介したページ。
巻頭で、今年のゴールドメダリスト(2名)の庭と、シルバーメダリスト(3名)の庭が紹介されている。
シルバーメダリストの最後に、我が家の庭の様子も、2枚の写真でダイジェストで掲載されていた。


DSC_6297-L_convert_20171106155013.jpg

上位入賞者のガーデンには、審査員の先生方の講評が掲載されている。
我が家の庭については、審査員の玉崎弘志先生が、コメントを寄せて下さっていた。
以下に、その玉崎先生の講評を転記しておく。


昨年度もすばらしかったですが、今年はバラを垂直方向だけでなく斜め上方向に誘引し、
バルコニーという限られた空間すら広く見せています。
限られたスペースで距離感を利用するというのは非常に大事なことで、
この庭は、見せたいと思う花を遠くでも見ても近くで見ても楽しめるように考えられています。
咲いた時の色の組み合わせも大事で、同系統の別の色を何種類か混ぜるなどしていて、
近くで見てもとてもきれいです。
ほかの植物も、背の高さが出るようなものを手前にまとめて植えるなど、
バラと相まって美しい風景をつくっています。


とのことでした。
最後の「美しい風景をつくっている」というところが、とても嬉しく、今後の励みにもなった。

毎年同じ庭でコンテストに挑戦して行くのは、なかなか難しい部分もあるが、少しづつ変化をさせながら、
より理想に近い庭をつくって行けたらと思っている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/06(月) 16:07:07|
  2. ガーデニングコンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ERラジオ・タイムズが開花した!

こちらは、友人宅から今年我が家にやってきた留学生のバラで、イングリッシュローズのラジオ・タイムズ。
前にも書いたことがあるが、とあるガーデン雑誌の特集号の表紙を飾っていたバラで、とても気に入っているバラだ。

DSC_6299-L_convert_20171106155042.jpg

今年の春は、調子を崩してあまり咲いた記憶がないのだが、ここに来て、美しい花を咲かせてくれた。


DSC_6302-L_convert_20171106155105.jpg

とても整形な花で、完全に花開く前の姿が、特に美しいと思う。


DSC_6301-L_convert_20171106155054.jpg

花開いた姿もなかなかの美形。
来春、たくさんの花が咲いた様子を想像して、つい微笑んでしまう。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/06(月) 16:05:35|
  2. ラジオタイムズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒空の中、ERジョン・クレアの蕾が膨らんで来た

こちらは、最近手に入れたイングリッシュローズで、ジョン・クレア。
今となっては、なかなかお目にかかれない希少な品種だ。

DSC_6303-L_convert_20171106155029.jpg

日々、寒さが厳しくなる今日この頃だが、この日、中庭でこのジョン・クレアの
蕾を見つけた。
鮮やかな赤で、ぷっくりと膨らんできている。
開花してくれるだろうか?
どんな花が咲くのか楽しみである。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/06(月) 16:04:20|
  2. ジョン・クレア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

外壁の塗り替えサンプルが出来上がって来た

これ↓は、何だか分かるだろうか?
咲いている花ではなく、その背景の壁のようなものの方なのだが・・・。

DSC_6311-L_convert_20171106155152.jpg

実はこれ、外壁を塗り替える際に、職人さんに作成していただいた塗装サンプルなのだ。

話は少し長くなるのだが・・・、
我が家を建てて、今年で丸20年が経過した。
まだ新婚間もない頃、当時住んでいた兵庫県明石市の公団の団地で阪神淡路大震災に遭い、
一時避難先として、奈良の実家に戻っていたことがある。
復興に時間がかかり、なかなか戻れない日が続くに連れて、
実家を建て替え、二世帯住宅を建てることになっていったのだ。

それから二十年の年月が経ったが、その間、一度も大規模修繕をすることなく
今に至っている。
その間に、風雨に晒された左官仕上げの外壁は、かなり汚れてしまった。
本来であれば、新築後10年、もしくは15年で外壁の塗り替えを行っておくべきだったのだが、
何もしないまま20年が経ってしまった。
さすがに汚れと傷みが激しく、ようやく重い腰を上げることにしたのだった。

そして、今回、外壁塗り替え用のサンプルを、施工業者さんに作成していただいたのが
こちら↑だった。
20年前は、バラを育てていなかったのだが、今は150種類を越えるバラを育てている。
基本的には、新築時のオリジナルに戻すことを主眼に置いているのだが、
それとは別に、建物外壁面に誘引した大型のつるバラの花や葉との相性も考えて、
塗り替える外壁の色を決める必要があるのだ。


DSC_6305-L_convert_20171106155120.jpg

前庭の建物外壁面に、今回作成していただいた塗りサンプルを置いてみた。
つるバラを誘引しているのは、1階部分の白い大理石タイル部分であるのだが、
その上の2階部分は、淡いピンク色の左官仕上げの壁となっている。
この部分を今回、塗り替えることになる。
こうやって、外部で太陽の光を当てて比べてみると、サンプルでつくってもらった色は
だいぶ濃い感じだ。
実際の壁は、新築当時、イタリアから取り寄せた材料で、大理石を粉にして顔料を混ぜた
左官材料で、コテで塗り付けて、剣山のようなもので掻き落としして仕上げているのだが、
今回の塗り替えにあたっては、その左官仕上げの上から、塗料をローラーで塗るという
作業になるので、仮に色を合わせても全く同じになるわけではない。
とはいえ、なるべく自然な風合いに仕上がるように、慎重に色を選びたいと思っている。
特に、このサーモンピンクのような色合いは、色を間違えると、おもちゃのように見えたり、
乙女チックになったりする可能性があるので、白い大理石タイルなどの他の材料との相性、
植物の緑などにもマッチングする、微妙な色を選ぶ必要があるのだ。
普段から、建築の仕事をしているので、今回の塗装色を選ぶ作業は、まさに本業でもあるのだ。
自宅で恥ずかしい選択はできないので、より慎重になってしまう(汗)。


DSC_6307-L_convert_20171106155131.jpg

こちらは、中庭側の様子。
ちょうど上の写真の外壁の内側に当たる部分だ。
外壁は、太陽光による紫外線の影響で日焼けしたり、軒がなく風雨に晒され、
汚れが目立って、新築時からずいぶんと色が変わっている気がするが、
こちらの中庭側のサーモンピンクの壁は、軒があり、風雨に当たらず、直射日光も
当たっていないため、ほぼオリジナルの色に近い部分と思っている。
ここで、今回作成していただいた塗りサンプルと比較してみた。
やはり、だいぶ濃い。


DSC_6308-L_convert_20171106155142.jpg

同じ場所でアングルを変えてもう一枚。
確かに、オリジナル色より少し濃い色だが、このサンプル色も悪くない気がしてきた(汗)。
サーモンピンクというより、テラコッタ色といった方が良いだろうか?
元々の左官材料も、イタリアから取り寄せた材料だったのだが、
イタリアのトスカーナ地方の山村の街並や、ボローニャなどの都市の街並も
このようなテラコッタ色で統一されていて、とても美しい風景をつくっている。
画面右側の白い割肌仕上げの大理石タイルともマッチングしているように思う。
(これも、イタリア製の大理石でボテチーノという大理石なのだが。)
天井から吊り下げたヘデラの緑とも良くマッチングしているようにも感じる。

外壁の塗り替え工事(同時に、屋根の張り替え工事も行うのだが)は、来年1月から
着工する予定なのだが、それまでにあといくつかの色サンプルをつくっていただいて
最終決定しようと思っている。

今回、新築後20年で初めての外壁塗り替え等の大規模修繕工事を行う予定である。
新築時には想定していなかった、大型のつるバラを誘引した状態での工事。
足場の設置など、つるバラがあることで、一般的な塗り替え工事より難易度は高くなると
予想される。
そんな中でも、この1年かけていろいろ準備・検討してきたので、うまく行くようにと
願っている。
一本のバラを抜くことなく、そのままの状態で工事完成できるよう、対策していきたいと
考えている。
同じように、つるバラを建物に誘引していることがネックで、外壁の大規模改修工事に
不安を抱えておられる方にとって、参考になるようなレポートも綴っていきたいと思っている。

乞うご期待。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/06(月) 16:03:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リサイクルの球根の植え込み作業を実施

来年早々、新築以来20年ぶりに、外壁に塗り替え工事を行う予定にしている。
その際、狭い庭には、足場を組む必要があり、鉢植え主体の我が家では、200鉢近くある鉢植えの植物を、
工事期間中どうするのかという懸念があるのだ。
そんなこともあり、今年は、秋植えのチューリップを断念した。
例年、多数のチューリップをテラコッタ鉢に植え込み、バラの開花の前月、4月の風景をつくっているのだが、
今年は、少しでも鉢の数を減らす必要があるので、止むなく断念したのだった。
とはいえ、毎年、花後の球根を掘り上げて保管しているチューリップ以外の球根については、
そのまま放置していても、芽吹いてしまうため、必要最小限の分だけ、鉢植えすることにしたのだ。
この週末の三連休にその球根植え込み作業を実行した。

DSC_6322-L_convert_20171106155346.jpg

まずは、こちら。
リサイクルの球根で、クロッカス。
植え込みの様子を真上から。


DSC_6321-L_convert_20171106155337.jpg

同じ鉢を斜め上からのアングルで。
中心部に置いた少し大きめの球根は咲いてくれると思うが、周辺部の小さな球根は咲くかどうかは分からない。
その辺りが、リサイクルの球根の懸念事項でもある。


DSC_6312-L_convert_20171106155207.jpg

こちらは、大量にあるムスカリの球根。
チューリップなどの大きな球根は、リサイクルしてもなかなか花を咲かせてくれないので、一年草扱いで、花後に処分しているが、
ムスカリなどの小さな球根は、ほぼ問題なく、翌年も咲いてくれている。
このムスカリは、もう5年くらいリサイクルで咲かせているものだ。


DSC_6313-L_convert_20171106155216.jpg

もう既に芽吹き始めている球根もある。
例年は10月末にこの球根の植え込み作業を行っていたのだが、今年は少し遅れて11月に入ってからの作業となってしまった。
白いのは、元肥として、マグアンプを与えている。


DSC_6314-L_convert_20171106155227.jpg

土を被せて、球根を埋めて行く。
球根の植え付けには、バラの植え替え時に出た古い土を再利用している。
バラの植え替えで出る土は、バラには再利用できないが、他の植物には十分使える。
廃棄するのももったいないし、大変なので、出来るだけバケツなどにストックして、再利用するようにしている。


DSC_6318-L_convert_20171106155308.jpg

ムスカリの球根の植え付けが完了した。
いつも使っているお気に入りのテラコッタ鉢に植え込んだ。


DSC_6317-L_convert_20171106155258.jpg

こちらもリサイクルの球根で、コンテストの賞品でいただいた、香り房咲き水仙。
球根は大きいが、チューリップと違って、水仙はリサイクルでもちゃんと咲いてくれる。


DSC_6319-L_convert_20171106155317.jpg

こちらもリサイクルの球根で、黄色い花が咲く水仙。


DSC_6320-L_convert_20171106155327.jpg

アップでもう一枚。
これも毎年、キレイな花を咲かせてくれているが、年々球根が小さくなって来ているように思う。


DSC_6324-L_convert_20171106155406.jpg

こちらは、日本水仙だったかな?


DSC_6325-L_convert_20171106155416.jpg

斜め上からのアングルでもう一枚。


DSC_6326-L_convert_20171106155426.jpg

土を被せていく。


DSC_6327-L_convert_20171106155437.jpg

これで、この鉢は植え込み完了。


DSC_6329-L_convert_20171106155457.jpg

こちらは、余っていた球根で、ムスカリ。
こちらは、中庭の「ランウェイ花壇」にセットする用に、5号と7号のスリット鉢に植え込んでみた。
ムスカリをランウェイ花壇にセットするのは、今回が初めてだが、うまくいくか、一度試してみようと思う。


DSC_6331-L_convert_20171106155518.jpg

そんなことで、この日の球根の植え込み作業を終了した。
植え付けしたのは、ムスカリ、水仙、クロッカス、フリージアの4種類。


DSC_6330-L_convert_20171106155507.jpg

来春はチューリップがなく、少し淋しくなるが致し方ない。
それでも、球根の植え付け作業が完了して、少し気が楽になった。
次は、つるバラの誘引作業が待っている(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/06(月) 16:02:17|
  2. 球根
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本花の会主催「全国花のまちづくりコンクール」入賞の賞状が届いた

少し前に、このブログでも書いたのだが、今年もいくつかのガーデンコンテストに挑戦していて、
その中のひとつ、公益財団法人・日本花の会主催、農林水産省・国土交通省が後援しているコンテスト、
「全国花のまちづくりコンクール」で、今年、個人邸とボランティアで関わっている地元の病院の庭の両方でW受賞することができた。

  ※ 全国花のまちづくりコンクール入賞のブログ記事は、こちら → 2017年10月1日のブログ記事

先日、入賞者への表彰式と事例報告会が東京で行われたのだが、平日開催ということもあり、
表彰式には参加することが出来なかった。

DSC_6276-L_convert_20171104090320.jpg

そのため、入選した表彰状が、後日送られて来ることになっていたのだが、それが届いた。
表彰状が届くと、やはり実感が湧いて来る。


DSC_6286-L_convert_20171104090348.jpg

表彰状とともに、今年のコンテストの入賞事例をまとめた写真集(事例集)も送っていただいていた。
そこには、全国各地での優秀な花のまちづくり事例が掲載されていた。
我が家(真ん中のページの左上)とボランティアで関わっている病院の庭(右ページの左下)も、写真掲載されている。
写真集を見ると、素晴らしい事例がたくさん掲載されており、とても刺激を受ける。
これを糧に、今後も頑張って行きたいと改めて思った。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/04(土) 09:27:04|
  2. ガーデニングコンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鉢植えのバラの日向ぼっこ

3連休の初日、午後から見たいテレビ番組(全日本剣道選手権)があったので、午前中だけ少し庭作業をした。

秋になり、太陽高度が一段と低くなり、我が家の中庭は、隣接建物の影になり、ほとんど日が当たらない状況になっている。

DSC_6265-L_convert_20171104090435.jpg

そんな中、久々に週末が好天のこの日、中庭に置いていた鉢植えのバラを、前庭の駐車場スペースに移動させ、
日光浴をさせることにした。
先日来の台風の影響で、鉢植えのバラの大部分は、その葉を落としてしまっていたが、久々の太陽の光に、
バラたちも喜んでいるのではないだろうか?

それにしても、大量の鉢植えのバラ。
今年はあれよあれよと言う間に、鉢植えのバラが増えてしまって、数えたことはないが、おそらく鉢植えだけで
100鉢は越えていると思う。
今後の世話を考えると、大丈夫かと心配になる今日この頃だ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/04(土) 09:25:53|
  2. 11月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ポールズ・ヒマラヤン・ムスクのローズヒップが赤く色づく

こちらは、我が家の前庭、建物の外壁面に誘引しているつるバラで、ポールズ・ヒマラヤン・ムスク。

DSC_6260-L_convert_20171104090925.jpg

そのポールズのローズヒップが赤く色づいて来た。


DSC_6261-L_convert_20171104090937.jpg

少し寄って撮影してみる。
今年は、意図的に花柄を残し、ローズヒップを付けさせるようにしていたのだが、その思惑通りになった。


DSC_6262-L_convert_20171104091000.jpg

更にアップでもう一枚。
実は、このポールズ・ヒマラヤン・ムスク、この冬に抜いて、京北のバラ園に移植することにしている。
大型になるこのつるバラ、家庭の小さなスペースでは、その良さを発揮させることが難しいと判断したからだ。
なので、このローズヒップを見れるのも、今年が最初で最後となる。
この3連休中に、このローズヒップを収穫して、残しておきたいと思っている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2017/11/04(土) 09:25:23|
  2. ポールズ・ヒマラヤン・ムスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブル・デイライトの大きな蕾

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラで、ダブル・デイライト。
世界バラ会議で殿堂入りしているバラのひとつです。

DSC_6264-L_convert_20171104090704.jpg

イングリッシュローズが多い我が家では、異質なバラですが、
HT品種の中では気に入っているバラです。
ほぼ放置に近い状態で育てていたのだが、久しぶりに大きな蕾を上げて来た。
どんな花が咲くのか、楽しみだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/04(土) 09:24:38|
  2. ダブル・デイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濃いワイン色で咲くバーガンディ・アイスバーグ

こちらは、我が家の2階、バルコニーガーデンで咲いたバラ、バーガンディ・アイスバーグ。

DSC_6238-L_convert_20171104090731.jpg

一輪しか咲いていないが(汗)、その花色は濃く、とても美しい。


DSC_6240-L_convert_20171104090743.jpg

ベルベットのようなワインレッド。


DSC_6241-L_convert_20171104090757.jpg

蕾もひとつ。
濃い赤紫色だ。


DSC_6242-L_convert_20171104090810.jpg

春の花に比べると、花弁が細長いようだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/04(土) 09:23:58|
  2. バーガンディ・アイスバーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERラジオ・タイムズのピンクの花

こちらは、前庭で養生中のバラで、イングリッシュローズのラジオ・タイムズ。

DSC_6263-L_convert_20171104090902.jpg

少し前から蕾が上がっているのに気付いていたが、この日、ようやく花開いた。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/11/04(土) 09:22:41|
  2. ラジオタイムズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
Change My Garden , Change My Life.
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

2017年7月~
庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

2018年5月、世界的ガーデンデザイナー、石原和幸氏のイギリス・チェルシーフラワーショーでのコンテストガーデン出展のサポートスタッフとして参加。石原氏は、通算10個目のゴールドメダル受賞に加え、アーティザンガーデン部門でのベストガーデン賞受賞というW受賞を達成された。
世界最高峰のガーデンショー、チェルシーフラワーショーでの庭造りを通して世界のレベルを実感した。

それ以外の活動として、現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町、広陵町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックに向けて、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園のつくるべく、仲間とともに奮闘中。

地元・奈良では、世界遺産にも登録されている南都・六宗のひとつ、唐招提寺の境内にて、開祖・鑑真和上ゆかりの薬草園を再興するプロジェクトに、ガーデンデザイナーとして参加、実施に向けて活動中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
2018年 第13回 におい・かおり環境協会賞受賞(第2席)
(唐招提寺「香りの薬草園」鑑真和上 才花苑/唐招提寺・薬草園PJ)

2017年 第12回 日本植木協会賞受賞(第4席)
(癒しの森・香るヒーリングガーデン/平和会吉田病院PJ)

2016年 第11回 入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●ガーデンダイアリー
トワイライトガーデンフォトコンテスト
2018年冬 金賞受賞

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

フォトコンテスト
「ドイチェ・ローゼン」を撮ろう!
2013年秋 入賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞

バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞

2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞

2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●ユニソン フォトコンテスト
2018年 パブリック部門 部門別優秀賞(シルバーメダル)受賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●タカショー 
2016年 第7回光の施工例コンテスト
入賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリプフォトコンテスト
2017年 一般応募部門 
準グランプリ受賞
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『My GARDEN』
(マルモ出版)
2018年春号 Vol.86

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』
(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞

※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

【お問い合わせ・ご連絡はこちら】

hidenori.iba0502@gmail.com

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
お知らせ (2)
各月毎の庭の様子 (259)
1月のマイ・ガーデン (24)
2月のマイ・ガーデン (18)
3月のマイ・ガーデン (20)
4月のマイ・ガーデン (43)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (15)
12月のマイ・ガーデン (10)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (7)
バラ (2950)
アイズ・フォー・ユー (62)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (6)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (87)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (103)
カーディング・ミル (6)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (57)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (1)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (1)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (45)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (1)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (58)
ジョン・クレア (5)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (43)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (52)
すみれの丘 (1)
スワン (3)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドルシュキ・ルブラ (2)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (61)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (57)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (28)
ヒースクリフ (1)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (48)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (1)
マダム・イサーク・ペレール (25)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (62)
ムンステッド・ウッド (76)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (2)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (86)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (12)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (22)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (54)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (63)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (1)
ローズA(品種不明バラ) (9)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (348)
アフロディーテ・エレガフミナ (20)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
エンプレス (1)
踊場 (8)
紀三井寺 (3)
キリ・テ・カナワ (6)
ザ・プレジデント (9)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (17)
天塩 (18)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (23)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (9)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (2)
マクロペタラ (3)
美佐世 (3)
ミゼット・ブルー (2)
ムーンビーム (11)
H.F.ヤング (3)
H.F.ヤング(枝代わり) (2)
流星 (15)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (119)
ダリア (20)
牡丹 (38)
芍薬 (79)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (373)
アオキ (1)
アオダモ (4)
紫陽花 (98)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (8)
エゴノキ (8)
クラッスラ(金の成る木) (2)
月桂樹 (1)
コハウチワカエデ (7)
シジミバナ (16)
シモツケ (19)
ジャカランダ (1)
ジャスミン (2)
シラカシ (6)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (3)
センリョウ (2)
ドウダンツツジ (21)
ナンテン (1)
ハナカイドウ (35)
姫コブシ (1)
ヒュウガミズキ (22)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (19)
ヤマツツジ (19)
ヤマモミジ (7)
ヤマモモ (3)
ユキヤナギ (39)
果樹 (27)
オリーブ (22)
ブラック・ベリー (4)
ラズベリー (1)
レモン (0)
宿根草・多年草 (673)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (42)
アスチルベ (1)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (46)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (31)
黒葉スミレ (3)
サギゴケ (2)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (13)
四季咲き寒アヤメ (15)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (12)
シャガ (20)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (18)
水仙 (53)
スズラン (18)
スノー・フレーク (14)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (12)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (25)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (7)
ハナニラ (13)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (30)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
フリージア (27)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ペンステモン (1)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (21)
ムスカリ (36)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
ハーブ (4)
オレンジミント (2)
バジル (1)
一年草 (175)
オダマキ (4)
オルレア (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
ビオラ (65)
ヒヤシンス (32)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (16)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (42)
観葉植物 (29)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (108)
サボテン類 (26)
ハオルチア類 (17)
メセン類 (20)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (152)
まつおえんげい (19)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (43)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (57)
春日大社&万葉植物園 (1)
大和文華館 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
城南宮 (7)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
壺阪寺 (2)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
由志園(島根県松江市) (3)
近所の公園 (3)
日本庭園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (3)
バラ友さん家のガーデン (12)
叔母の家のバラ庭 (18)
ローズガーデン・プロジェクト (30)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (0)
吉田病院「癒しの庭」PJ (18)
吉野・K邸ガーデンPJ (12)
ガーデンプロジェクト (6)
唐招提寺・薬草園PJ (6)
チャレンジ・チェルシー (3)
僕の栽培メソッド (3)
バラの作業 (328)
つるバラの誘引 (127)
バラの剪定 (27)
バラの植込み (23)
バラの植え替え (5)
バラの掘り上げ (4)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (12)
バラの肥料やり (24)
バラの薬剤散布 (64)
バラの害虫 (5)
ローズヒップ (5)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (10)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (31)
球根 (27)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
2015年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
ガーデンリフォーム (56)
DIY (33)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
外壁塗り替え工事 (70)
台風対策 (1)
ガーデングッズ (67)
テラコッタ鉢 (9)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (12)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (18)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (19)
dinos ガーデンスタイリング (156)
記事投稿告知 (68)
記事(バックアップ) (65)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (11)
おしらせ (2)
マイナビ「おすすめナビ」 (1)
旅行・小旅行 (23)
その他 (90)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR