Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

dinos・ガーデンスタイリング 商品レビュー記事・第10回 コンパクトテーブル3点セット編

※ こちらの記事は、2017年9月29日に、「dinos ガーデンスタイリング」に、レビュー記事として掲載したものです。


「ラタン調コンパクトテーブル 3点セット」 by ひで

今回使用したアイテム

DSC_4814_convert_20170906120125.jpg

ラタン調コンパクトテーブル 3点セット

今回、使わせていただいたのは、コンパクトに収納できる、ラタン調のテーブルと椅子2脚の3点セット。
我が家の2階バルコニーに置かせていただき、その使い勝手についてレポートします。


DSC_4797_convert_20170906120012.jpg

段ボール箱1つに梱包されて、商品が届きました。
思っていたよりかなりコンパクトで、この箱ひとつにテーブルと椅子2脚が入っているとは思えないくらいの大きさです。


DSC_4800_convert_20170906120026.jpg

段ボール箱を開けてみました。
ピッタリサイズで、テーブルが梱包されています。
このテーブル、天板がガラスのため、天板部分にも発泡スチロールが敷き詰めてありました。


DSC_4802_convert_20170906120056.jpg

段ボール箱から取り出すと、このような感じでした。
傷が付かないように、丁寧にラッピングがされていました。


DSC_4806_convert_20170906120110.jpg

ラッピングを外すと、美しいラタン調のファニチャー本体が姿を現しました。
なかなかの質感です。
天板は黒いガラスで、これもシックで高級感がある設えになっています。


DSC_4814_convert_20170906120125.jpg

我が家の2階バルコニーに、テーブル、椅子2脚の3点セットを持って上がりました。
ひとつひとつがコンパクトで、階段を昇るにも特に不自由はなく、スムーズでした。


DSC_4839_convert_20170906120209.jpg

テーブルの幅は50センチ、奥行きが65.5センチ、高さが約70センチ、ちょっとしたオブジェのようです。
バルコニーには、観葉植物を置いていますが、観葉植物の艶やかな葉と、ラタン調の凹凸のある織り込まれた表情が、
とても相性が良いです。
置いておくだけでも絵になり、とてもオシャレです。


DSC_4814_convert_20170906120125.jpg

テーブルの下に収納されていた2脚の椅子を引いて出してみました。
我が家では、2階にリビング・ダイニングルームがあるため、この2階のバルコニーがメインバルコニーになります。
とはいえ、大きさは幅5メートル、奥行き2メートルほどの小さなバルコニーです。
2脚の椅子は、座高高さが少し異なり、重ねてテーブルの脚の中にすっぽり納まるように設計されています。
なので、椅子をテーブルの下に収納すると、とてもコンパクト。
小さなバルコニーに置きっぱなしにしていてもスペースをとりません。


DSC_4815_convert_20170906120141.jpg

テーブルに近寄って撮影してみました。
青い空と流れる白い雲が写り込んでいました。
ブラックミラーに写り込み、とてもシックな雰囲気です。


DSC_4850_convert_20170906120237.jpg

こちらが、テーブルの天板のクローズアップ。
天板は、5ミリ厚の強化ガラスで、色は黒。
まるで鏡面仕上げのようで、青い空がテーブルに写り込む様がとても美しいです。
この天板を見ているだけで、満足感が得られます。


DSC_4847_convert_20170906120223.jpg

こちらは、表面素材のアップ。
「人工ラタン」とも呼ばれる「プラスチックウィッカー」。
「籐」に見立てたロープ状のプラスチック製ラタンを、手作業で丁寧に編み込んでつくられていて、とても質感が高いです。
フェイクの素材はともすれば安ものぽく見えがちですが、このウィッカーはとても高級感があります。
また、見た目だけでなく、機能的にも程よいクッション性と外部使用にも耐えられる耐候性を備えているところが素晴らしいです。


DSC_4893_convert_20170906120322.jpg

ちょうどランチ時になったので、バケットでサンドイッチをつくってテーブルにセットしてみました。
チェアには、大きな花柄模様のクッションも添えてみました。
緑に囲まれてのランチは、とても心地が良いですね。


DSC_4872_convert_20170906120308.jpg

テーブルの脚の間は、一見狭そうに見えますが、向かい合って座っても脚が邪魔になるような窮屈な感じはしませんでした。


DSC_4861_convert_20170906120253.jpg

少しアングルを変えて、俯瞰で撮ってみました。
我が家は高台にあり、2階のバルコニーからは、遠く奈良盆地を囲む山並みまで見渡せます。
これまでこの2階のバルコニーには、デッキチェアを置いていましたが、寝そべって本を読んだりはできましたが、
景色を見ながらランチをしたことはありませんでした。
太陽の下で、風を感じながら、近くの緑と遠くの景色を眺めながらのランチは本当に最高です。


DSC_4906_convert_20170906120334.jpg

テーブルの上に、バケットサンドとドリンク、それに庭で咲いていたバラの花を
摘んで活けてみました。
これだけのものを載せても、天板は十分なスペースがあります。
大きくもなく小さくもない、ちょうど良い大きさです。


DSC_4914_convert_20170906120349.jpg

縦位置でも撮影してみました。
今年の我が家のバルコニーガーデンでは、大型のつるバラを軒へ誘引し、
空中でもバラの花が咲くようにしています。
撮影したのは秋で、バラの花は咲いていませんでしたが、バラの花の咲く時期に、
このバルコニーでランチをすると、きっととても素敵でしょうね。
今から楽しみでなりません。


DSC_4919_convert_20170906120403.jpg

椅子の向きをバルコニーの外側に向けました。
椅子の背もたれは、ラウンドしていて身体をしっかりとホールドし、リラックスできます。
また、座面も程よいクッション性があり、座り心地も良いです。


DSC_4961_convert_20170906120417.jpg

日暮れから15分ほどの短い時間ですが、空が青く染まります。
その時間帯をマジックアワーと呼びますが、昼間とはまたうって変わって
美しい風景が目の前に広がります。
ディノスさんの商品の、電球を連ねたようなパーティライトと、
ランタン型のLED照明を灯しました。とても幻想的なバルコニーガーデンです。


DSC_4966_convert_20170906120447.jpg

ランタン型のLED照明を、ラタン調のコンパクトテーブルの横に置いてみました。
手作業で丁寧に編み込まれた美しいウィッカーの凹凸感が、光に照らされてとても良い雰囲気になりました。
バリ島等の南国リゾートのガーデンテラスのようにも感じます。


DSC_4964_convert_20170906120430.jpg

ナイトガーデニングは、テーブルにシャンパンとチーズやフルーツ、生ハムなどを添えて演出してみました。
美しく暮れ行く風景もまた、お酒のおつまみのひとつです。


今回は、ラタン調コンパクトテーブル3点セットを実際に使ってみてのレポートをさせていただきましたが、如何でしたでしょうか?
見た目のデザインや質感の良さだけでなく、コンパクトに収納できる機能性、屋外でも使える耐久性など優れものだと思います。
我が家のような小さなバルコニーガーデンにはもってこいのガーデンツールです。
これがあるだけで、ついついバルコニーやガーデンに出てゆっくりしたくなること請け合いです。
いろいろなシーンで使えると思いますので、是非、皆さんも試してみられてはいかがでしょうか?
          


ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2017/09/30(土) 06:07:58|
  2. レビュー記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ディノス・ガーデンスタイリング』に、商品レビュー記事を掲載(コンパクトテーブル編)

大手通信販売のディノス・セシールさんのサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に
定期的にブログ記事を書かせていただいて、もう1年以上経つ。
その一方で、ディノスさんの商品を実際に使わせていただいて、そのレビュー記事も
いくつか書かせていただいている。

002_convert_20171001105619.jpg

今回、久しぶりのレビュー記事を書かせていただく機会をいただいた。
今回は、「ラタン調コンパクトテーブル3点セット」という商品を使わせてもらった。

ディノスさんのサイト内の「使ってみた!ガーデンスタイリング一押しアイテム」
というコーナーに掲載されている。

  ※ dinos ガーデンスタイリング、商品レビュー記事は、こちら → 「ラタン調コンパクトテーブル3点セット」


003_convert_20171001105627.jpg

今回使わせていただいた「ラタン調コンパクトテーブル3点セット」は、
その商品名のとおり非常にコンパクトに収納できるテーブル、チェア2脚の
3点セットで、我が家の2階の小さなバルコニーで使わせていただいた。

デザイン性もなかなか素敵で気に入っている。
これまで、バルコニーには、デッキチェアを置いていたが、デッキチェアでは
寝転がることはできても、食事をしたりお茶を飲んだりすることはできないので、
今回のように、コンパクトテーブルがあると、バルコニーの使い方の
バリエーションの幅がとても広がると思う。
良かったら、ディノスさんのサイトもご覧いただければと思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/30(土) 06:06:53|
  2. レビュー記事案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖艶な紫色、ベルベティ・トワイライト

こちらは、我が家の2階のバルコニーで育てているバラで、ベルベティ・トワイライト。

DSC_5345-L_convert_20170929100939.jpg

この日咲いていた花は、とても美しい紫色で、秋のバラらしい色合いだった。
妖艶な紫色が素晴らしい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:23:55|
  2. ベルベティ・トワイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の花弁とはずいぶん違う、グラマラス・ラッフル

こちらも、2階のバルコニーで育てているバラで、HT品種のグラマラス・ワッフル。
久しぶりに、このバラが咲いたので、写真を撮ってみた。

DSC_5342-L_convert_20170929100654.jpg

花色は美しいのだが、どうも春に咲いた花とはずいぶん印象が異なる。


DSC_5347-L_convert_20170929100715.jpg

横から見たところ。
切れ込みのある花弁が特徴的だが、春の花とは全然違う。
剣弁咲きのような感じだ。


DSC_5341-L_convert_20170929100644.jpg

横位置でもう一枚。
花色は美しいのに少し残念。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:23:23|
  2. グラマラス・ラッフル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋色で咲く、バーガンディ・アイスバーグ

こちらもまた、2階のバルコニーガーデンで育てているバラで、バーガンディ・アイスバーグ。

DSC_5340-L_convert_20170929100927.jpg

気温がずいぶん下がって、ここに来て良く咲いている。
出勤前の短い時間で撮影したものだが、朝日を浴びて赤く輝いている。


DSC_5338-L_convert_20170929100908.jpg

一輪の花にクローズアップした。
開き切る前に撮影したものだが、なかなか美しい。


DSC_5339-L_convert_20170929100917.jpg

こちらは開いた方の花。
朝日を浴びているので、ずいぶん赤く見えるが、実際にはもっと紫色をしている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:22:21|
  2. バーガンディ・アイスバーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝日に輝くストロベリー・アイス

こちらも、我が家の2階のバルコニーガーデンで鉢植えで育てているバラで、
ストロベリー・アイス。
オベリスク仕立てにしている。

DSC_5343-L_convert_20170929100819.jpg

朝方、逆光の中で撮影した写真。
ストロベリーアイスらしい、ピンクと白のコンビネーションが美しい。


DSC_5344-L_convert_20170929100829.jpg

朝日に向かって咲く横顔。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:21:10|
  2. ストロベリー・アイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに見るERザ・プリンス

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラで、イングリッシュローズのザ・プリンス。

DSC_5328-L_convert_20170929100738.jpg

ずっと調子を悪くしていた株だが、ようやく回復基調にある。
この日、久しぶりにこの美しいバラの花が咲いているのを見た。


DSC_5327-L_convert_20170929100728.jpg

少しアングルを変えてもう一枚。
すでにデビット・オースチンのカタログ落ちしている品種なので、
大切に育てて行きたいと思っている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:20:30|
  2. ザ・プリンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜂蜜色?のERトロワラス

こちらは、とあるところで購入した希少品種のイングリッシュローズでトロワラス。
良く拝見させていただいているブロ友さんのところで見るイングリッシュローズで、切り花品種?なのかな、
蜂蜜色の美しい花姿に憧れていた。

DSC_5335-L_convert_20170929100855.jpg

まだ株が充実していないこともあって、今咲いた花はこんな感じ。
淡いピンク色だった。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:19:39|
  2. トロワラス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの開花、ERテス・オブ・ダーバービルズ

こちらは、我が家の前庭で養生中のバラで、イングリッシュローズのテス・オブ・ダーバービルズ。
このバラも、春の花後に場所を移動させて養生させていたのだが、久しぶりに花を見ることができた。

DSC_5336-L_convert_20170929100842.jpg

こんな花だったかな〜と思ったりもするが、イングリッシュローズらしい花ではあると思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:19:02|
  2. テス・オブ・ダーバービルズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋色のオールド・バル

こちらは、以前、宝塚のあいあいパークで購入したバラで、確実園作出のオールド・バルという品種。
なかなかお目に掛かれない珍しい品種のバラだ。

DSC_5326-L_convert_20170929100629.jpg

このバラ、結構、季節で花色を買える品種だが、今年の秋はピンクで咲いている。
まだまだ本調子ではないバラだが、今後に期待したいバラのひとつである。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:18:23|
  2. オールド・バル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぽろぽろと咲くジャスミーナ

こちらは、我が家の前庭、建物外壁面に誘引しているつるバラで、ジャスミーナ。

DSC_5337-L_convert_20170929100752.jpg

返り咲く品種なので、秋にも咲いてくれる。
ただ、秋の花はシュートの先にぽつりぽつりの咲く程度なのだが・・・。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/29(金) 10:17:44|
  2. ジャスミーナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しいピンク、アンジェラの秋の花

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチ脇の隣地境界のブロック塀に誘引している
バラで、アンジェラ。
四季咲き性が強く、いつでも咲いているバラ。

DSC_5334-L_convert_20170929100610.jpg

この秋の花はとても美しい、と思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


続きを読む
  1. 2017/09/29(金) 10:16:35|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北ローズガーデンに補充苗を搬入

前回、京北ローズガーデンの現場に来てから早や1ヶ月が経った。
前回、来たのは秋にバラを咲かせるための夏剪定が主な目的だった。
今回は、枯れ込んだバラをこの冬に植え替えするために、補充苗を現場に搬入するのが目的でやってきた。

DSC_5283-L_convert_20170928122144.jpg

まずは、園内の様子。
メインの園路の両側は、自然樹形を楽しむオールドローズのゾーン。
芝生が青々と茂っていて、見た目には美しくなってきた。


DSC_5288-L_convert_20170928122215.jpg

こちらは、東屋(家型パーゴラ)から、西側のアーチ方向を見たところ。
手前には、アジサイの株がずいぶん茂って来た。


DSC_5285-L_convert_20170928122205.jpg

バラ園のシンボルツリーのエゴノキ。
廻りは、オールドローズだが、この辺りはあまり生育がよろしくない感じ(汗)。


DSC_5289-L_convert_20170928122226.jpg

ここは、イングリッシュローズをかためて植えているゾーン。
前回来た時は、瀕死の状態だったが、ずいぶん樹勢を回復して来ている。
このあたりは、芝生を敷いていないので、雑草が生えて見た目には汚いのが残念だが。


DSC_5299-L_convert_20170928122236.jpg

広角レンズからマクロレンズに変えての撮影。
こちらは、8連アーチ。
先だって、木立性バラを夏剪定した際、つるバラは、新しく伸びたシュートを真っ直ぐ上に伸ばすための仮誘引を行ったのだが、
その後も順調に育ってくれているようだ。


DSC_5309-L_convert_20170928122256.jpg

こちらは、元・田んぼの1段目と2段目の段差を活かしてつくったよう壁状の部分。
ここの上の段に、枝垂れて咲くつるバラ、群星と群舞をランダムに植えている。
かなり旺盛に茂っているので、来春に期待が持てる。


DSC_5308-L_convert_20170928122247.jpg

その群星と群舞を植えているゾーンを裏側から見たところ。
雑草が生い茂って管理も大変なことになっているようだ(汗)。


DSC_5284-L_convert_20170928122155.jpg

群星と群舞のよう壁を再び表側から見たところ。
レンズも広角レンズに変えて撮影してみた。
ところどころ、園内に侵入した鹿に喰われてみすぼらしくなってはいるが、全体的にはまずまずの様子。


DSC_5281-L_convert_20170928122411.jpg

こちらは、段々畑ならぬ、段々田んぼの2段目。
こちらには、鉢植えのバラを置くスペースを確保してもらっている。
鹿よけのメッシュフェンスも供えた場所となっている。


DSC_5278-L_convert_20170928122402.jpg

メッシュフェンスの向こう側に、今回、搬入したバラの補充苗を仮置きしている。
もちろん、このスペースには防犯対策として、施錠がしてある。


DSC_5268-L_convert_20170928122330.jpg

メッシュフェンスの中に入ってみたところ。
中に入ると広大なスペースが広がっている。
こんな圃場が我が家にもあればと、大変羨ましい限りだ。


DSC_5272-L_convert_20170928122342.jpg

今回、各所の園芸店からかき集めたバラの補充苗をたくさん持ち込んだ。
バラ園に植えるのは、休眠が始まる11月頃の予定にしている。
それまでの間、鉢植えのバラの水遣り等、現地のスタッフの皆さんにはお手数をおかけすることになってしまうのだが、
来春のことを考えると、今が大切なのだ。


DSC_5275-L_convert_20170928122351.jpg

別アングルからもう一枚。


DSC_5266-L_convert_20170928122319.jpg

今回運び込んだ補充苗の中には、充実した良い株もたくさんあった。


DSC_5262-L_convert_20170928122309.jpg

運び入れを手伝ってくださった現地のスタッフの皆さん方。


DSC_5286-L_convert_20170928122450.jpg

補充苗の搬入が終わったあと、せっかくの機会ということで、バラ園の管理のアドバイザーをしていただいている方に、
今後の剪定方法等をレクチャーを受けている様子。


DSC_5297-L_convert_20170928122436.jpg

今回、不要になって剪定した枝を入れていた籠。
何とも風情があって、良いな〜と思った。


DSC_5291-L_convert_20170928122426.jpg

咲いていた花を摘んで、バケツに投げ入れた様子。
せっかく花が咲いても、まだ誰にも見てもらえないので、スタッフの方々に持ち帰っていただいているのだ。

いろいろ課題もあって、なかなかうまく進まない部分もあるが、それでも当初から比べると、現地のスタッフの方々の
ご尽力もいただいて、良いバラ園になって来たと感慨もひとしおだ。
来春のバラ満開の風景が今から楽しみだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/28(木) 12:44:16|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まつおえんげいさんに京北ローズガーデン用のバラ苗を見に行く

昨年から関わらせていただいている京都府右京区京北町でのバラ園づくり。
一旦、ほぼ工事も完了しているのだが、5月のバラの開花時期に間に合わず、正式なオープンは、来年2018年の5月の予定。
それまでの間に、いろいろとバラ園の作り込みをしているところだ。
ただ、今年、バラ苗の植え込みを実施したのが、バラの開花直前の4月末だった。
許認可取得の遅れに伴い、園内工事が大幅に遅れてしまったのが原因だったのだが、植えたバラ苗の根が活着する前に、
夏場を迎えてしまい、今年の夏の暑さで、何本か苗が枯れ込んでしまっていたのだ。
その枯れた苗を植え替えするため、この夏頃からいくつかの園芸店を回って、植え替えるバラ苗の品種選びをしてきた。
そして、その最終がこちら、京都・西山のまつおえんげいさん。
京北バラ園の最初のバラ苗は、すべてまつおえんげいさんに調達をお願いした経緯もあって、今回の補充苗についても
まつおさんに協力をお願いすることにした。

DSC_5243-L_convert_20170928121853.jpg

久しぶりに訪れたまつおえんげいさん。
10月の秋バラのフェアを前に、準備が整っていた。
たくさんのバラ苗が売り場に並んでいた。


DSC_5248-L_convert_20170928121946.jpg

こちらは、イングリッシュローズのゾーン。
今回の京北バラ園の補充苗は、オールドローズとイングリッシュローズがメインとなるので、このイングリッシュローズコーナーの中から
いくつか候補の品種を選ばせていただいた。


DSC_5249-L_convert_20170928121956.jpg

少し道を外れるが、イングリッシュローズコーナーの横にある、大きな温室はクレマチスのコーナーだ。


DSC_5250-L_convert_20170928122006.jpg

バラ苗のセレクトが一段落したところで、クレマチスも物色させていただいた。
ただ、クレマチスの方は、まだ株数が少なかった。
探していた品種のクレマチスの在庫はなかったのが残念。


DSC_5254-L_convert_20170928122045.jpg

こちらは、クレマチスの温室を外から見たところ。
ここに、まつおえんげいさんの名物のひとつがある。


DSC_5255-L_convert_20170928122055.jpg

温室の右側のあるのが、イングリッシュローズのつるバラ、モーバンヒル。
淡い黄色の花が咲くつるバラ。
今はまだ咲いていないが、咲いた時はそれは本当に美しい風景になるのだ。


DSC_5253-L_convert_20170928122036.jpg

こちらは、長尺のつるバラの売り場。
今回は、つるバラは補充しないので、この場所は素通り。


DSC_5252-L_convert_20170928122026.jpg

こちらの売り場もさっと見ただけで、あまりゆっくり見る時間はなかった。


DSC_5246-L_convert_20170928121936.jpg

こちらは、バラ売り場横のスペース。
黄色い花が咲いているのは、イングリッシュローズのグラハム・トーマス。
そして、その奥にあったのが、同じイングリッシュローズのジェームズ・ギャルウェイ。
こんな大きくなる品種なんだ。
手前の鉢植えの株は、大きな株を地植えから掘り上げたものだと、松尾社長からお聞きした。
この冬、我が家でも大株のランブラー品種のバラを抜く予定なので、お聞きした話はとても参考になった。


DSC_5244-L_convert_20170928121905.jpg

こちらは、バラ売り場。
ここでも、京北バラ園に良さげなものを見つけた。


DSC_5245-aori-L_convert_20170928121916.jpg

この杉のチップだ。
京北バラ園でも、バラの間の仕上げをどうするかが、今課題になっている。
夏に芝生を植えた場所は、芝生が旺盛に生育して困っている。
一方、芝生を敷いていないところは、雑草が生い茂り、雑草抜きに四苦八苦している。
杉チップは、殺菌効果もあり、雑草も生えにくいとのことで、是非、京北ローズガーデンでも採用できたらと思う。
オーナーに報告してみよう。


DSC_5257-L_convert_20170928122105.jpg

こちらが、この日、購入したバラ苗。
珍しいオールドローズ数本と、イングリッシュローズ数本、合計14株ほどセレクトした。
後日、松尾社長に京北ローズガーデンの現場に納品していただくことになった。


DSC_5258-L_convert_20170928122117.jpg

帰りに見た光景。
まつおえんげいさんの建物の外壁に、大型のつるバラが誘引されていた。
左側が、ランブラー品種のポールズ・ヒマラヤン・ムスク。
そして、右側が、何とローズ・ポンパドゥール!
こんなに大きな株になるんだと、びっくり。
また春に、咲いた様子を見てみたいものだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/28(木) 12:37:24|
  2. まつおえんげい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭用に、ガーデン・ファニチャーを買ってしまった(汗)

今回は、我が家の庭用に、ガーデン・ファニチャーを買ってしまった話。

DSC_5212-L_convert_20170926084236.jpg

ずいぶん前から、我が家の中庭、乱張り石のテラスに、ガーデン・ファニチャー(ベンチとチェア、テーブル)を置いてみようと、
いろいろな家具を探していた。


DSC_5210-L_convert_20170926084217.jpg

シンプルだけと、それなりのデザイン的なクオリティが高いものが良いと思って探していたのだが、
なかなか気に入るものが見つからなかった。
それがようやく、これだったらというのを、先日、大阪の岡本ガーデンで見つけていたのだった。
まだ在庫があり、少し安くしていただけるというありがたいお話もあって、重い腰をようやく上げたのだった。


DSC_5211-L_convert_20170926084227.jpg

そして、先日届いたのがこちら。
チーク材で、細いルーバーデザインが特徴的なガーデン・ファニチャーだ。


DSC_5209-L_convert_20170926084208.jpg

特に、気に入っているのがこちらのテーブル。
テーブルのデザインまで、同じルーバーのものは他に見たことが無かったので、これなら同一のデザインなので、
しっくり納まる気がする。


DSC_5224-L_convert_20170926084246.jpg

チーク材で出来ているとはいえ、無塗装品なので、見た目と耐久性向上の意味合いもあって、ジャラオイルを塗ることにした。
写真は、ジャラオイルを塗っている筆者(汗)。


DSC_5225-L_convert_20170926084256.jpg

アップでもう一枚。
ジャラオイルは、耐久性というより見た目をよくするという方が主目的かもしれない。
我が家でも、自作したウッドデッキやパーゴラに、ジャラオイルを塗装している。
細かいルーバーが、塗装には不向き。
結構、面倒くさい。


DSC_5229-L_convert_20170926084305.jpg

テーブルを塗り終えたところ。
かなり色が濃くなって、存在感が増している。


DSC_5231-L_convert_20170926084324.jpg

まだ塗る前の素地の2人掛けソファーと比べると、その違いは歴然。
ただ、ジャラオイルが、このテーブルを塗ったところでなくなってしまい、
あとのベンチとチェアはまた後日の作業となった。
とりあえず、ジャラオイルを調達せねば・・・。


DSC_5236-L_convert_20170926084343.jpg

まだ塗装する前の2人掛けのベンチと一人掛けのチェアを中庭に置いてみた。
なかなか良い感じで気に入っている。
来年は、ここでガーデン・リビングを実現してみたい。
ただ、この中庭に山積みの鉢植えをどうするかが、今後の大きな課題である。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/26(火) 08:54:09|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バラの株元にマルチング

今年は、バラに詳しい友人に、我が家のバラの育成をアドバイスしてもらっている。
その友人からのアドバイスで、この日、鉢植えのバラの株元にマルチングをすることにした。

DSC_5227-L_convert_20170926084404.jpg

用意したのは、こちら。
一般的な資材だが、赤玉土に腐葉土、そして余っていたので馬糞堆肥を使うことにした。


DSC_5226-L_convert_20170926084355.jpg

上記の資材を適当ブレンドしたのがこちら。


DSC_5234-L_convert_20170926084422.jpg

それを、鉢植えのバラの株元に被せていく。
こちらは、イングリッシュローズのスワン。


DSC_5235-L_convert_20170926084430.jpg

こちらにも。
生育に効果があるとのことだが、見た目にもスッキリした気がする。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/26(火) 08:51:54|
  2. バラのお手入れ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラの新規購入苗

今回は、新たにバラを購入した話。

DSC_5213-L_convert_20170926084047.jpg

こちらは、とある園芸店から貴重なイングリッシュローズを手に入れた。
もうとっくに廃盤になっている品種で、ジョン・クレア。
しかも、とても株姿が美しい。


DSC_5214-L_convert_20170926084058.jpg

根鉢を取り出してチェックしてみた。
根の張りもなかなか良いと思う。


DSC_5215-L_convert_20170926084108.jpg

こちらも、同じくイングリッシュローズの希少品種で、ウィズリー。
ウィズリー2008というのは良く聞くが、その前のただのウィズリーらしい。
これもなかなかもう手に入らないイングリッシュローズのようだ。


DSC_5220-L_convert_20170926084147.jpg

こちらは、京北ローズガーデンに持って行く補充用のバラで、レイ。
なかなか普通の園芸店では置いていない品種で、今回、バラの家から通販で取り寄せた。


DSC_5218-L_convert_20170926084138.jpg

こちらも、珍しい品種で、パウル・クレー。
園芸店で売っているのは見たことがない。
「バラの家」の専売品種なのかもしれない。
こちらも、京北バラ園の補充苗として取り寄せしたものだ。


DSC_5217-L_convert_20170926084129.jpg

こちらが、今回、バラの家から通販で購入した4鉢で、京北バラ園に持って行く。


DSC_5216-L_convert_20170926084118.jpg

斜めからもう一枚。
車に乗せて現場に運び込もうと思っているので、ビニール(セロファン)はそのままにしてある。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/26(火) 08:50:34|
  2. バラの新規購入(お迎え)苗
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年14回目の薬剤散布(2017年9月24日)

この日(9月24日)、今年14回目の薬剤散布を行った。
前回の散布から、ちょうど2週間経っている。
気温が下がったことで、急に黒点病が蔓延して来た。

DSC_5207-L_convert_20170926084443.jpg

前回は、殺菌にトップジンを使ったので、今回はサプロールを使うことにした。
殺虫は、引き続きダントツ。
あと、展着剤にアビオンE。

今回も6ℓ入りのバケツに4杯、合計24ℓの散布を行った。
朝6時半から作業を始めて、今回も2時間近くかかった。
夏に比べて、朝の気温が低いので、作業はとてもやりやすく、苦にならないのがせめてもの救いだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/26(火) 08:49:09|
  2. バラの薬剤散布
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンジェラも秋色

こちらは、我が家の玄関アプローチに地植えしているつるバラで、アンジェラ。
四季咲きのとても優れた品種のバラ。

DSC_5187-L_convert_20170923184341.jpg

夏も絶え間なく咲いたが、気温が下がり、ぐっと秋色で咲いている。
花を裏側から見た姿もとても美しい。


DSC_5188-L_convert_20170923184452.jpg

正面側から見るとこんな感じ。
この良く咲くアンジェラでも、秋の花は伸びた枝先だけだ。
春のように、群となって咲くほどにはならない。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:36:25|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シックな装いのつるバラ、モーツアルト

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチの小壁に誘引しているつるバラで、モーツアルト。

DSC_5182-L_convert_20170923185339.jpg

良く返り咲くつるバラで、春ほどではないか、秋にも花を楽しませてくれる。


DSC_5183-L_convert_20170923185400.jpg

秋の花のピンク色は、春の花よりずっと深い感じがする。


DSC_5181-L_convert_20170923185324.jpg

ただ、秋は枝先にしか咲かないので、ボリューム感はないのだけれど。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:35:25|
  2. モーツアルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋色で咲くラデュレ

こちらも、我が家の前庭、玄関アプローチで育成中のつるバラで、ラデュレ。

DSC_5184-L_convert_20170923185424.jpg

鉢植えで育てているが、こいつはかなり枝が伸びて3メートルくらいになっている。
来季は、大きな壁面に誘引を考えているつるバラだ。
現在は、伸びた枝先にのみ花が咲いている。
花色はぐっと秋色で、美しい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:34:16|
  2. ラデュレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダフネのバックショット

こちらも、我が家の前庭、玄関アプローチで養生中のつるバラで、ダフネ。

DSC_5180-L_convert_20170923185047.jpg

このバラは良く返り咲くバラだ。
夏の間は花を咲かせないように、摘蕾していたが、9月に入ってから、そのまま咲かせるべく放置している。
そんなダフネにいくつもも花が咲いている。
花は、まだまだ夏顔であまり美しくはない。
ただ、後ろから見るバックショットはなかなかの美しさだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:33:22|
  2. ダフネ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

養生中のクラウン・プリンセス・マルガリータが開花

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチで養生中のバラで、ERクラウン・プリンセス・マルガリータ。
お気に入りの品種だ。

DSC_5204-L_convert_20170923184518.jpg

この株は挿し木で育てているもので、なかなか大きくならない。
今年、まっすぐ上に枝を伸ばすように養生しているところだ。
その枝先に、淡い黄色の花が付いているのを発見した。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:32:34|
  2. クラウン・プリンセス・マルガリータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERトラディスカントがまた咲いている

こちらは、友人が購入した珍しいイングリッシュローズで、今、我が家の庭で預かっているものだ。

DSC_5194-L_convert_20170923185200.jpg

今は廃盤になっている古いイングリッシュローズだが、春に咲いている花を他所で見たことがあるが、なかなか美しかった。
今、秋の花が小さく1輪咲いた。
花も素敵だが、照り葉もなかなか美しいと思う。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:31:52|
  2. トラディスカント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らぬ間に咲いていたルージュ・ピエール

こちらも、我が家の中庭で、壁面に誘引しているつるバラで、ルージュ・ピエール・ド・ロンサール。

DSC_5195-L_convert_20170923185444.jpg

今は、鋭意養生中で、あまり目立っていないバラである。
返り咲きの上、鉢植えなので、なかなか大きくなってくれない。
そんなルージュ・ピエールだが、知らぬ間に秋の花を咲かせていた。
なかなかの美しさであるが、手の届かない高い場所で咲いているのだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:31:05|
  2. ルージュ・ピエール・ド・ロンサール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビュインビュン伸びるスパニッシュ・ビューティのシュート

こちらは、我が家の中庭で地植えしている大型のつるバラで、スパニッシュ・ビューティ。
2階へ上がる階段室の壁面に誘引している。

DSC_5179-L_convert_20170923185028.jpg

写真は、その階段室のフィックスガラスの内側から見た様子。
一季咲きのつるバラがゆえ、成長力が半端ないのだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:30:13|
  2. スパニッシュ・ビューティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴージャスに咲くストロベリー・アイス

こちらも、我が家の2階、バルコニーガーデンで咲くバラで、ストロベリーアイス。
オベリスク仕立てにしているバラだ。

DSC_5168-L_convert_20170923184915.jpg

このバラ、花持ちが良く、長い間美しく咲いている。
しかもとてもゴージャスだ。


DSC_5169-L_convert_20170923184929.jpg

少し斜めからのアングルで撮影してみた。


DSC_5172-L_convert_20170923184957.jpg

こちらは、また別の花で、バックショット。
後ろからの姿も、またなかなかの美しさ。


DSC_5171-L_convert_20170923184943.jpg

こちらは、これから咲こうかという蕾。


DSC_5173-L_convert_20170923185011.jpg

反対側からもう一枚。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:29:31|
  2. ストロベリー・アイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

退色したベルベティ・トワイライト

こちらは、我が家の2階、バルコニーガーデンで、鉢植えで育てているバラで、ベルベティ・トワイライト。

DSC_5176-L_convert_20170923185228.jpg

花が咲いてから、だいぶ時間が経って花の色が退色して来た。


DSC_5177-L_convert_20170923185248.jpg

ブルーイングというのか、どうか分からないが、ずいぶんと白くなった気がする。


DSC_5178-L_convert_20170923185302.jpg

こちらは、次の花の蕾。
蕾はマットな赤色をしている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:28:07|
  2. ベルベティ・トワイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可愛らしい紫色のクレマチス、ファッシネイション

こちらは、今年友人宅から我が家にやってきた留学生のクレマチスで、ファッシネイション。
同じクレマチスの籠口にとてもよく似た品種だ。

DSC_5191-L_convert_20170923184602.jpg

籠口と同じような濃い紫のベル型の花。
籠口よりもカールした部分が少し大きい。


DSC_5189-L_convert_20170923184535.jpg

小さな青紫色の花にクローズアップ。


DSC_5196-L_convert_20170923184615.jpg

真横からのアングル。


DSC_5199-L_convert_20170923184629.jpg

このアングルが美しいかな?


DSC_5201-L_convert_20170923184656.jpg

鉄兜のような花形。


DSC_5200-L_convert_20170923184641.jpg

なすびのような花色もなかなか素敵だ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:26:39|
  2. ファッシネイション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス・籠口がひっそりと咲いている

こちらは、我が家の中庭の奥の方、シラカシの株元に地植えしているクレマチスで籠口。

DSC_5192-L_convert_20170923184730.jpg

和の雰囲気を漂わせるクレマチス。
我が家にあるクレマチスの中では、良く返り咲く品種だと思う。
ひとつ前の記事のクレマチス・ファッシネイションに良く似ているが、こちらの方が
やはり和風な感じがする。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/09/25(月) 10:25:48|
  2. 籠口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞
バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
各月毎の庭の様子 (234)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (14)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (6)
バラ (2844)
アイズ・フォー・ユー (59)
あおい (1)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (4)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (85)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (102)
カーディング・ミル (3)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (4)
薫乃 (2)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (0)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シャーロット・オースチン (1)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (44)
シャリファ・アスマ (0)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (0)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (57)
ジョン・クレア (0)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (39)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (48)
スワン (2)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (24)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (58)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (54)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (26)
ヒースクリフ (0)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (47)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (15)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (0)
マダム・イサーク・ペレール (20)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (41)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (0)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (85)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (58)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (4)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (21)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (53)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (60)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズA(品種不明バラ) (8)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (305)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (15)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (21)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (5)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (1)
美佐世 (1)
ムーンビーム (10)
流星 (13)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (83)
ダリア (20)
牡丹 (14)
芍薬 (58)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (310)
アオダモ (3)
紫陽花 (97)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (17)
ジャカランダ (1)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (1)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (24)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (581)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (33)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (36)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (9)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (5)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (28)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (4)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (24)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (142)
オダマキ (4)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (97)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (18)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (148)
まつおえんげい (18)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (43)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (5)
叔母の家のバラ庭 (11)
ローズガーデン・プロジェクト (42)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (30)
吉田病院「癒しの庭」PJ (5)
吉野・K邸ガーデンPJ (7)
僕の栽培メソッド (3)
バラの作業 (240)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (22)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (10)
バラの肥料やり (18)
バラの薬剤散布 (50)
バラの害虫 (3)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (20)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (53)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (25)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (18)
dinos ガーデンスタイリング (78)
記事投稿告知 (29)
記事(バックアップ) (29)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (10)
旅行・小旅行 (12)
その他 (76)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR