Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

隣町の叔母の家の庭、秋の様子を見に行って来ました。

今回は、隣町に住む、叔母の家の話です。
叔母の家の庭をバラの庭に変えたいという話を受けて、2年前から、叔母の家の庭の面倒を少しですが見させてもらっています。
バラのハイシーズンの時には、自分家のことで手一杯で見に行けなかったのですが(汗)、今、どんな様子なのか気になって、
近くに行ったついでに見て来ました。

DSC_2657-L_convert_20160930144419.jpg

見に行ったのは、9月22日。
秋のバラにはまだ早く、バラの花は咲いていませんでしたが、緑はモリモリでした。
こちらは、前面道路から見た全景です。


DSC_2660-L_convert_20160930144456.jpg

斜め横からのアングルです。
道路側に突き出した部分がステージのようになっています。


DSC_2659-L_convert_20160930144443.jpg

同じような写真ですが、もう一枚。


DSC_2658-L_convert_20160930144432.jpg

さらにアングルを付けてもう一枚。
隣地がお基地になっているので、そこはご近所の方が畑的に使っておられます。


DSC_2655-L_convert_20160930144408.jpg

道路から2メートルくらい上がったところが地盤面です。


DSC_2662-L_convert_20160930144507.jpg

道路に面したアルミフェンスには、棘のないつるバラ、サマー・スノーを誘引しています。


DSC_2663-L_convert_20160930144526.jpg

玄関アプローチを真正面に見たところです。
アプローチ右手側のフェンスにも、つるサマー・スノーを誘引しています。


DSC_2664-L_convert_20160930144540.jpg

階段を上り切ったところ。
奥の建物の壁面にもつるバラを何本も誘引しています。


DSC_2666-L_convert_20160930144551.jpg

横位置でもう一枚。


DSC_2642-L_convert_20160930144209.jpg

建物正面です。
玄関ドアの右側の壁面には、レオナルド・ダ・ヴィンチを誘引し、左側にはつるアイスバーグを誘引しています。


DSC_2644-L_convert_20160930144221.jpg

斜めから見たところ。
ダ・ヴィンチ、ずいぶんと大きく成長してくれました。


DSC_2639-L_convert_20160930144131.jpg

こちらの壁面には、手前につるアイスバーグ、奥にピエール・ド・ロンサールを誘引しています。


DSC_2640-L_convert_20160930144143.jpg

少し離れたところから見た一枚。


DSC_2641-L_convert_20160930144157.jpg

縦位置でもう一枚(汗)。


DSC_2651-L_convert_20160930144333.jpg

駐車場側からも一枚。


DSC_2652-L_convert_20160930144345.jpg

駐車場から見上げるアングルでも撮っておきました。


DSC_2654-L_convert_20160930144356.jpg

駐車場の反対サイドからの見上げのアングル。


DSC_2632-L_convert_20160930144035.jpg

地盤面から建物の外壁に誘引した様子を撮ってみました。
手前(左側)が、ピエール・ド・ロンサール、奥がつるアイスバーグです。


DSC_2636-L_convert_20160930144118.jpg

同じような写真ですが、もう一枚。


DSC_2634-L_convert_20160930144050.jpg

縦位置でも。


DSC_2630-L_convert_20160930144011.jpg

こちらは、南側のフェンスに誘引したつるバラです。
正面にはパレード、その下にモーツアルトを誘引しています。


DSC_2631-L_convert_20160930144022.jpg

南側のフェンスの全貌です。
かなり長いフェンスです。


DSC_2629-L_convert_20160930143959.jpg

奥の方に進んで行きます。


DSC_2627-L_convert_20160930143934.jpg

一番奥のゾーン。
右端が黄モッコウバラ、その左がモーツアルトです。


DSC_2628-L_convert_20160930143946.jpg

南側のフェンスを逆側から見たところ。


DSC_2626-L_convert_20160930143922.jpg

もう少し引いてもう一枚。


DSC_2625-L_convert_20160930143901.jpg

一番端のエリア。
正面は、黄モッコウバラです。


DSC_2649-L_convert_20160930144322.jpg

再び、前庭に戻ります。
玄関ドアの横から見る前庭風景。


DSC_2648-L_convert_20160930144310.jpg

道路側に突き出した前庭空間。


DSC_2645-L_convert_20160930144233.jpg

前庭空間。
両側から、緑の圧がすごい(汗)。
かなりの圧迫感を感じます。


DSC_2646-L_convert_20160930144247.jpg

縦位置でもう一枚。


DSC_2667-L_convert_20160930144603.jpg

前庭の奥から玄関方向を見たところです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/09/30(金) 15:02:34|
  2. 叔母の家のバラ庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんどん伸びる、ピエール・ド・ロンサールのシュート

こちらは、中庭のサンルームのガラスの壁面に誘引しているつるバラで、
名花、ピエール・ド・ロンサール。

DSC_2825-L_convert_20160929125837.jpg

ちょっと日影になっていて、見えにくいですが、このピエール、今、
ガンガンシュートを伸ばしているのです。


DSC_2826-L_convert_20160929125847.jpg

そのひとつがこちらのサイドシュート。
今月9月の初旬に出現して以来、日に日に成長し、今では2mくらいまで行っています。


DSC_2827-L_convert_20160929125859.jpg

こちらは、ベイサルシュート。
こちらもグングン背を伸ばしています。
これからの成長に期待大です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/09/30(金) 07:34:18|
  2. ピエール・ド・ロンサール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒点祭りのER、ザ・プリンス

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラで、イングリッシュローズのザ・プリンス。

DSC_2815-L_convert_20160929125758.jpg

今季は地植えしていたのですが、途中からハダニ攻撃に遭い、瀕死の状態になって、
掘り上げて鉢で養生していました。
養生していた場所が、これまた日影ゾーンで、そこに誘引しているつるバラ、
カーディナル・ヒュームが黒点病祭りになってしまったので、そのとばっちりを
受けて、このザ・プリンスもこの有り様(大汗9。
受難続きのプリンスさまです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/09/30(金) 07:34:06|
  2. ザ・プリンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパニッシュ・ビューティのローズヒップ

こちらは、我が家の中庭で育てているつるバラ、スパニッシュ・ビューティのローズヒップ。

DSC_2829-L_convert_20160929125824.jpg

大型のつるバラ、スパニッシュ・ビューティの誘引は、結構難しいところに無理矢理誘引しているので、
簡単にお世話が出来ない状態になっています(汗)。
なので、花柄も摘み取れないまま放置になってしまいます。
なので、必然といえば必然ですが、ローズヒップがたくさん実ってしまいます(笑)。


DSC_2828-L_convert_20160929125813.jpg

まだ赤く熟す前に、たくさん落下しています。
こんなのがあちこちに(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/09/30(金) 07:33:52|
  2. スパニッシュ・ビューティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のコケリウム

先日、京都府立植物園に立ち寄った際、たまたまやっていたコケリウム展で
買い求めたコケリウムを紹介します〜。

DSC_2819-L_convert_20160929125532.jpg

我が家での初コケリウムです。
コケにハマりかけていて、いろいろコケの本などを買って、自作してみようと
考えたこともありますが、なかなか行動に移すのは難しい〜(汗)。
そこで、まず第1号は、プロがつくったコケリウムを育ててみることから
始めてみようと思いました。
そして、いろいろ迷った中で購入したのが、こちらのコケリウム。
メダカも泳いでいますよ。


DSC_2821-L_convert_20160929125543.jpg

コケリウムを上から見たところ。
小さな生態系が息づいています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:31:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

京都府立植物園で開催されていたコケリウム展

京都に行ったついでにたまたま立ち寄った府立植物園。
そこで、たまたま開催されていたのがコケリウム展でした。
何人かの作家さんや業者さんが出展されていました。

DSC_2717-L_convert_20160929130143.jpg

その中でも、一番心惹かれたのがこちらのブース。
様々なランタンにセットされたコケリウムたち。


DSC_2716-L_convert_20160929130132.jpg

コケリウム自体のクオリティも素晴らしいですが、容器そのものも
とても素晴らしく、驚くばかりです。


DSC_2713-L_convert_20160929130103.jpg

これもカッコいい〜。
ライティングされているのがいいですね〜。


DSC_2719-L_convert_20160929130202.jpg

これも、容器が素敵。


DSC_2723-L_convert_20160929130232.jpg

これなんかは、植物(野菜)工場みたい。


DSC_2715-L_convert_20160929130123.jpg

こちらは、小さなストーブを改良してつくられた作品だそうです。
いろいろノウハウがあって、そこは企業秘密だそうです。


DSC_2714-L_convert_20160929130113.jpg

こちらは、ガラスの器の中につくられたコケの世界。
また別の作家さんの作品です。


DSC_2721-L_convert_20160929130222.jpg

流木を加工してつくられた世界観。
緑のコケの鮮やかさが際立ちます。


DSC_2720-L_convert_20160929130212.jpg

こちらは、今回購入したコケリウム。
展示会と区別価格で、3000円とのことでした。


DSC_2728-L_convert_20160929130300.jpg

こちらは、また別の作家さんの作品。
とてもシンプルですが、美しいですね。
これはコケリウムというより、アクアリウムですね。


DSC_2725-L_convert_20160929130241.jpg

こんなのもありました。
これは植物がメインかな?


DSC_2726-L_convert_20160929130250.jpg

これも水草が主体の作品。


DSC_2729-L_convert_20160929130309.jpg

様々な水草が販売されていました。
自分の知らない世界に触れて、興味津々です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/09/30(金) 07:31:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都府立植物園に行ってきました〜。

京北のバラ園に行った帰り、時間があったので、京都市内にある京都府立植物園に立ち寄ってみました。
ボク自身、京都市出身なんですが、この植物園にはほとんど来た記憶がありません(汗)。
時期的に(9月末)だったこともあり、見頃の花はほとんどなく、温室をメインに見て回りました。

DSC_2753-L_convert_20160929130550.jpg

早速、温室の中を見た順に辿りながら・・・。
こちらは、またフォトジェニックに一枚ですが、温室内のシーンです。
スチール製のアーチがトンネルのようにつくられています。


DSC_2754-L_convert_20160929130602.jpg

観葉植物の巨大化したもの。
我が家にあるのの5倍以上の大きさです(汗)。


DSC_2756-L_convert_20160929130613.jpg

こちらも園芸店で良く見かける観葉植物。
さすがに温室の中ではよく茂っていますね〜。


DSC_2757-L_convert_20160929130624.jpg

花の部分のアップです。


DSC_2736-L_convert_20160929130345.jpg

ここの温室はとても広いです。


DSC_2738-L_convert_20160929130407.jpg

好みの植物を見つけました〜。
いいなぁ〜、こんなのを自宅で育ててみたいです。


DSC_2739-L_convert_20160929130417.jpg

アップです。


DSC_2737-L_convert_20160929130356.jpg

縦位置でもう一枚。


DSC_2741-L_convert_20160929130438.jpg

斜め横から。


DSC_2742-L_convert_20160929130447.jpg

こちらでは、蓮の花が咲いていました。


DSC_2744-L_convert_20160929130457.jpg

面白い造形の根っこ。


DSC_2746-L_convert_20160929130507.jpg

黄色い花の植物。


DSC_2747-L_convert_20160929130518.jpg

ハンギングされた植物。


DSC_2750-L_convert_20160929130528.jpg

これは何?
巨大な虫? それとも・・・(汗)。


DSC_2751-L_convert_20160929130539.jpg

こちらが全景です。
このチェンソーのようなグロテスクなもの、どうやら植物のようです。


DSC_2758-L_convert_20160929130634.jpg

ビロードのような緑が美しい観葉植物です。


DSC_2759-L_convert_20160929130646.jpg

群生すると見応えがありますね〜。


DSC_2760-L_convert_20160929130657.jpg

美しい葉の模様です。


DSC_2761-L_convert_20160929130708.jpg

至る所に観葉植物が。


DSC_2765-L_convert_20160929130735.jpg

バナナまで(笑)。


DSC_2764-L_convert_20160929130721.jpg

こんなのもありました。
これは何?(笑)


DSC_2766-L_convert_20160929130748.jpg

これも南国らしい花ですね。


DSC_2768-L_convert_20160929130759.jpg

こちらもハンギングされた植物。


DSC_2769-L_convert_20160929130809.jpg

これもまた不気味な植物ですね〜。


DSC_2770-L_convert_20160929130819.jpg

たこの干物みたいですね。


DSC_2773-L_convert_20160929130830.jpg

こちらは、またビカクシダの仲間かな?


DSC_2774-L_convert_20160929130840.jpg

正面からのアングルで。


DSC_2777-L_convert_20160929130851.jpg

ここからは、サボテンコーナー。


DSC_2779-L_convert_20160929130913.jpg

以前、ここに来たことがある友人からは、府立植物園のサボテンコーナーは、
充実してると聞いていたけど、思っていたよりは普通かな〜(汗)。


DSC_2780-L_convert_20160929130924.jpg

ただ、どデカイサボテン群が。


DSC_2778-L_convert_20160929130902.jpg

横位置でもう一枚。


DSC_2781-L_convert_20160929130937.jpg

この荒々しい感じも素敵です。


DSC_2782-L_convert_20160929131129.jpg

ほんとの巨大なサボテンたち。


DSC_2783-L_convert_20160929131141.jpg

別のアングルからも。


DSC_2786-L_convert_20160929131216.jpg

どこから見ても絵になりますね〜。


DSC_2787-L_convert_20160929131228.jpg

同じような写真ですが、もう一枚。


DSC_2785-L_convert_20160929131204.jpg

縦位置でも。


DSC_2788-L_convert_20160929131239.jpg

こんな多肉植物たちも。


DSC_2794-L_convert_20160929131302.jpg

こちらは、黄色いランです。


DSC_2795-L_convert_20160929131315.jpg

水の流れるエリアです。


DSC_2796-L_convert_20160929131327.jpg

縦位置でも。


DSC_2798-L_convert_20160929131338.jpg

この辺はスッキリしてますね。


DSC_2799-L_convert_20160929131348.jpg

ここにも巨大なビカクシダが。


DSC_2800-L_convert_20160929131359.jpg

ここにも。
良いですね〜。
温室散策は、これで終わりです。


DSC_2731-L_convert_20160929130324.jpg

外に出て、少し散策。
和傘も持った男女の撮影が行われていましたよ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:30:38|
  2. 京都府立植物園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の庭の写真が商品パッケージに使われました!

意外なところから意外な話が来るもので・・・。
今年の6月頃だったかと思いますが、突然、とある園芸メーカーの担当者さまからブログを介して連絡をいただきました。
そのメーカーさんが販売されているチューリップの球根のパッケージに、我が家の庭の写真を使わせて欲しいという内容でした。
そのご担当の方は熱心で、わざわざ遠くから車を飛ばして自宅までご挨拶に来て下さいました。
ボクも今回のようなお話は初めてだったんですが、商品パッケージに自分で撮った我が家の写真が使われるような機会は
そうそうないでしょうから(汗)、どんなものになるのか見てみたい気持ちもあって、いいですよ〜とご返事しました。

その園芸メーカーさんは、千葉に本社がある「アタリヤ農園」さんという会社さんです。

  ※ アタリヤ農園さんのホームページは、こちら → アタリヤ農園・ホームガーデン百科

今回チューリップの球根のパッケージに写真が使われる商品は、関西では販売されていないもので、
名古屋を中心とした中部エリアで店舗展開されているホームセンターで専売されている商品だそうです。

そろそろチューリップの球根が出回る頃ですので、どんな感じになりましたか〜?と連絡入れましたら、
出来上がったチューリップの球根のパッケージの写真が送られてきました。

IMG_3178-L_convert_20160929130038.jpg

こちら↑がそのチューリップの球根のパッケージ商品です。
各種チューリップとムスカリがミックスされた商品みたいですね。


IMG_3181-L_convert_20160929130048.jpg

どこに我が家の庭の写真が使われているかというと、裏面です。
ここに、こんな風に玄関廻りを演出できますよ〜的な参考イメージとして、我が家の前庭の写真が使われています。
商品に自分の撮った写真が使われるなんて、何だか少し小恥ずかしいです(汗)。


DSC_4792-L_convert_20160414115807.jpg

こちらが、今回アタリヤ農園さんのチューリップの球根の商品パッケージに使われた写真です。
今年の4月上旬に、我が家の前庭、玄関アプローチにチューリップの鉢を並べて撮った写真です。


CIMG0045-L_convert_20160929130029.jpg

商品パッケージだけでなく、ホームセンターの店頭のPOPなどにも使ってもらっています。


CIMG0040-L_convert_20160929130018.jpg

この写真が分かりやすいかな?
球根を並べた棚の上のPOPの背景が、我が家の前庭の写真ですね。


DSC_4883-L_convert_20160414123952.jpg

実際の写真がこちら↑。
色とりどりのチューリップが、玄関アプローチを彩っています。
今年の4月の写真ですが、何だか懐かしいです。
もうずいぶん昔のような気がします(笑)。

今回、自分の庭の写真が商品パッケージに使われるという貴重な経験をさせてもらってありがたかったです。
何だかとても嬉しい気分です(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:30:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北バラ園のオリジナル鉄製アーチの試作品が出来上がりました!

今回、京北ローズガーデンの現場を見に来た一番の目的はこちら。
園内の通路に設置する大型アーチの試作品が出来たということで、見に来ました!

DSC_2707-L_convert_20160929124712.jpg

オーナーの知り合いの地元のアーティストさんに試作品の制作をお願いしました。
オリジナルデザインです。
デザインしたのは、そう、ボクなんです(汗)。
人と大きさを比べてもらうと分かると思いますが、めちゃめちゃ大きいです。
一番高いところで4mくらいあります。


DSC_2709-L_convert_20160929124735.jpg

斜め横から見たところです。
幅が約30㎝あります。


DSC_2712-L_convert_20160929124810.jpg

ほぼ真正面から見たアングルです。
その大きさが分かってもらえると思います。
今回、『「和」の趣きを備えたローズガーデン』というのがコンセプトになって
いますので、通常売っている丸いアーチでは、デザイン的に違和感が出るのです。
隣接する茶寮の屋根形状に合わせて三角屋根にしていますが、
左右対称ではなく、敢えて非対称としたことで、オシャレな感じになりました。
でも、この大きさのアーチにつるバラを誘引しようと思うと、相当、時間がかかり
そうです(汗)。


DSC_2710-L_convert_20160929124747.jpg

反対側から見たところです。
想像していたよりもずっと立派なものが出来上がりました。
この試作品を見た瞬間、テンションが上がりました〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:29:53|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京北バラ園、9月の現場

ひょんなことから関わることになった京北バラ園プロジェクト。
来春オープンに向けて、工事が進んでいます。
月に1度のペースで、現場の進捗状況などを確認しに、京北の現場を訪れています。

DSC_2679-L_convert_20160929124825.jpg

9月末の時点で、こんな感じに仕上がってきました。
計画地の上の坂から全体を見下ろすように撮ってみました。


DSC_2681-L_convert_20160929124846.jpg

少し坂を下りて撮ってみました。
一枚目の田んぼと2枚目の田んぼの段差を活かした花壇の部分です。


DSC_2683-L_convert_20160929124908.jpg

さらに坂を下りて、ほぼ真横から全景を撮ってみました。


DSC_2685-L_convert_20160929124930.jpg

今度は、園内に入って撮影してみました。
園内を円弧状に貫くメインの通路がだいぶ出来てきました。
今回、現地の状況を把握するために、実測を行っています。


DSC_2694-L_convert_20160929125100.jpg

メインの園路部分を縦位置で撮ってみました。
白い御影石を使って、園路を作っています。


DSC_2696-L_convert_20160929125121.jpg

園路の白い御影石に挟まれた部分には、黒い玉砂利を敷く予定です。
その施工サンプルが現場に置いてありました。


DSC_2695-L_convert_20160929125110.jpg

こちらは、園内の散水用の立水栓。
高さもあってちょっと目立ち過ぎるし、水を受ける床部分も大きすぎるので、もう少し小さくして欲しいと現場にお願いしました(汗)。
この付近は、このバラ園の一番の見せ場なもので・・・。


DSC_2704-L_convert_20160929125237.jpg

少し引いて、撮影した一枚。
中央に写っているのが、このガーデンのシンボルツリーの株立ちのエゴノキです。
その脇をかすめるように、円弧状の園路がつながります。


DSC_2699-L_convert_20160929125143.jpg

シンボルツリーの足元に組んだ石積みです。


DSC_2697-L_convert_20160929125132.jpg

こちらは、シンボルツリーの背後のスペース。
オールドローズを中心とした香るバラのゾーンです。
ここにもいくつか石を組んでいます。


DSC_2706-L_convert_20160929125258.jpg

こちらは、ガーデンの左半分のゾーン。
こちらにも2カ所石組みがあります。


DSC_2703-L_convert_20160929125226.jpg

手前の石組みは、角の丸い青い川の石を並べています。


DSC_2705-L_convert_20160929125248.jpg

奥は、荒々しい表情の山の石を並べてみました。
交互に石を組んで、その隙間から水が流れ出るように、白い花の咲く宿根草を植えようと思っています。


DSC_2686-L_convert_20160929124941.jpg

こちらはガーデンの右半分ゾーン。
既存の建物と和風庭園に接したゾーンです。


DSC_2688-L_convert_20160929124953.jpg

この部分には、隣接する和風庭園とバラ園の緩衝帯として、露地をつくることになっていて、
木を一直線状に並べたものは、その露地を形成する小壁の基礎です。


DSC_2692-L_convert_20160929125038.jpg

こちらのゾーンにも石を組んでいます。


DSC_2691-L_convert_20160929125027.jpg

こちらも、荒々しい表情の山の石を並べて「堰」をデザインしています。
徐々に出来上がりつつあります。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:29:39|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北の現場に行ったついでに常照皇寺に立ち寄りました。

今、京都の北、京北というところでバラ園をつくるプロジェクトに関わらせていただいているのですが、
月に1回ペースで、現場を訪れています。
今回も、現場の様子を見に、京北に行ってきました。
現場でオーナーとの待ち合わせをしていたのですが、少し早く着いたので、近くの名勝、常照皇寺に立ち寄りました。

DSC_2673-L_convert_20160929125358.jpg

以前来た時にも立ち寄ったのですが、その雰囲気がとても良くて、また来てしまいました。
9月の末ということで、まだ紅葉の季節には早いので、庭のモミジも紅葉はしていませんでした。


DSC_2670-L_convert_20160929125337.jpg

池とその奥の山を見渡す風景です。
石が積み上げられた壮大なガーデンです。


DSC_2672-L_convert_20160929125347.jpg

書院の縁側と庭の関係が素敵です。


DSC_2678-L_convert_20160929125420.jpg

書院の反対側の庭、前庭です。
こちらには、このお寺の象徴とも言うべき桜の木が鎮座しています。


DSC_2675-L_convert_20160929125410.jpg

書院から、その苔庭を見下ろしたアングルです。
石を並べた通路が素敵です。


DSC_2669-L_convert_20160929125326.jpg

石組みと苔の対比が美しいです。


DSC_2668-L_convert_20160929125314.jpg

こちらは小さな空間に配置された石と、その廻りの苔です。
京北のローズガーデンでも、石をいくつも組んでいるのですが、その石の廻りに苔を植えてもいいかも知れませんね。
ここへ来るといろいろ刺激を受けて、アイディアも浮かびます。
是非また、美しい紅葉の時にも訪れてみたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/09/30(金) 07:29:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「趣味の園芸」寄せ植えコンテストで『優秀賞』をいただきました!

今年初めて「寄せ植えコンテスト」なるものに応募してみました。
我が家は、極端に土の部分が少ない庭で、かなりの部分がテラコッタ鉢などを使った
ガーデンとなっています。
とはいえ、「寄せ植え」というと女性の方が上手にコーディネートされるイメージが
強く、男性のボクはもっぱら1品種ひと鉢を貫いてきました(汗)。

そんな中、NHKの「趣味の園芸」のウェッブ版『みんなの趣味の園芸』さんと、
園芸資材メーカーのプロトリーフさんの共催で、「寄せ植えコンテスト」を開催される
ということを知り、試しに、少し前に撮った「寄せ植えぽい写真」を探し出して
応募してみました。

そして、先日その結果発表がありました。

ピクチャ_2_convert_20161005134627

こちら↓が、そのコンテスト結果発表のサイトです。

  ※ 第2回「寄せ植えコンテスト」結果発表は、こちら → 結果発表!


この「寄せ植えコンテスト」は、「一般部門」と「ホームセンター、園芸店、
プロフェッショナル部門」と「野菜、ハーブ部門」の3つに分かれていて、
「一般部門」で応募してみました。

ピクチャ_3_convert_20161005134637

すると、何と!「優秀賞」をいただくことができました!
実は、特設サイトで発表される前に、事務局から入賞の連絡をいただいたんですが、
ホントびっくりしました(汗)。
一般部門には、応募が2077点もあったとのことで、その中から選んでいただいた
ということで、まさに奇跡です。


ピクチャ_1_convert_20161005134615

審査員の金子明人先生が、コメントを寄せて下さっています。
「シンプルですが、花がら摘みなど、基本の作業をしっかりとされていることがよくわかります。」
本当に恐縮してしまう、ありがたいコメントをいただきました。


DSC_5466_convert_20161005133525.jpg

こちらが、今回『優秀賞』をいただいた写真です。
これを寄せ植えというのか分かりませんが(汗)、寄せ植えぽい写真がこれしかなかったもので・・・(汗)。
矮性のピンクのチューリップの廻りに黄色と紫色のビオラを合わせたひと鉢です。
こちらの写真では、まだチューリップが開き切る直前の様子です。


DSC_5643_convert_20161005133908.jpg

コンテストには、もう一枚、同じ鉢の写真を応募していました。
それがこちらの写真。
ひとつ上の写真より少し時間が経った時のものです。
ピンクのチューリップが満開で、とても綺麗です。


DSC_2598-L_convert_20160929124635.jpg

今回の第2回「寄せ植えコンテスト」の結果が掲載された『趣味の園芸』の最新号(2016年10月号)が、
コンテスト事務局から送られてきました。


DSC_2603-L_convert_20160929124645.jpg

こちらが、その「寄せ植えコンテスト」の結果発表のページ。
受賞された作品は、どれも素晴らしいものばかりで、そんな中にボクの「なんちゃって寄せ植え」作品が入っていて、
お恥ずかしい限りです。
ですが、これまで「寄せ植え」というものにあまり関心がなかったんですが、これを機に、寄せ植えにもチャレンジしてみようかな〜、
なんて思ったりしています。
良い機会になりました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:28:54|
  2. 写真コンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日ピンチしたスパニッシュ・ビューティのその後

こちらは、少し前に、勢い良く伸びているシュートの先端をピンチしたつるバラ、
スパニッシュ・ビューティ。

DSC_2609-L_convert_20160929124314.jpg

ピンチした枝先と、その少し下からと、合計5本に枝分かれしました。


DSC_2610-L_convert_20160929124325.jpg

さらに寄って撮ってみました。
ホントに勢いのあるシュートですね。
ピンチせずに放っておいたら、きっとモンスターのようにぶっとい枝になっていた
でしょうね(汗)。
ピンチして良かった(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:27:59|
  2. スパニッシュ・ビューティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭のピエール・ド・ロンサールに2本のシュート

こちらは、我が家の中庭、ガラス張りのサンルームの壁面に誘引しているつるバラで、
名花、ピエール・ド・ロンサールです。

DSC_2614-L_convert_20160929124452.jpg

嬉しいことに、このピエールの株元から、ベイサルシュート、地面から1mくらいの
ところからサイドシュートと、2本の勢いのあるシュートが伸びてきました。


DSC_2615-L_convert_20160929124503.jpg

こちらが、株元から伸び出したベイサルシュート!
やっぱりベイサルシュートが上がって来ると喜ばしいですね〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:26:56|
  2. ピエール・ド・ロンサール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挿し木のダフネに花が咲きました。

こちらは挿し木で育てているつるバラで、ダフネ。

DSC_2622-L_convert_20160929124348.jpg

挿し木ということもあって、これまで花を咲かせないようにしてきましたが、
ずいぶん成長してきたので、そろそろ咲かせてもいいかな〜てな感じです(笑)。
こちらは、まだ開きかけの花です。
美しいピンク色の花ですね。


DSC_2621-L_convert_20160929124339.jpg

こちらは、咲き進んで開き切った花。
まだちょっと夏顔ですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:26:08|
  2. ダフネ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイズ・フォー・ユーも美しく咲きました!

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラで、アイズ・フォー・ユー。

DSC_2618-L_convert_20160929124301.jpg

良く返り咲く優秀なバラです。
白い花弁の真ん中に青紫色のブロッチの入る個性的なバラです。
スパイシーな香りがします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:25:13|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しっかりとした赤いバラ、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ

秋バラがちらほら咲き始めました。

DSC_2616-L_convert_20160929124550.jpg

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラで、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ。
花持ちのよいしっかりとした花が房で咲いてます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:24:33|
  2. レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ、モーツアルトが返り咲いています。

こちらは、前庭の小壁に誘引しているつるバラで、モーツアルト。

DSC_2619-L_convert_20160929124529.jpg

一重咲きのピンクの可愛らしい花が房になって咲きます。
枝垂れても咲くので、枝先を下げて咲かせています。


DSC_2620-L_convert_20160929124538.jpg

少し寄ってみました。
春の花より一段と濃いピンク色です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:23:55|
  2. モーツアルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多肉植物フェルニア・ゼブリナにグロテスクな花が咲きました!

こちらは、少し前、県内の多肉サボテン園で購入した多肉植物で、
フェルニア・ゼブリナという品種。

DSC_2608-L_convert_20160929124623.jpg

ある日、ふと見るとグロテスクなものがくっ付いていました!
どうも花のようです。


DSC_2606-L_convert_20160929124612.jpg

かなり気味が悪い物体ですね(大汗)。
本体はトゲトゲでゴジラか恐竜のようなフォルムですが、
花は、にゅるっとした生き物のような感じです。
毒々しい模様もこれまた気色悪い(大汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:23:05|
  2. その他の多肉植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の球根花、タマスダレの白い花が咲きました。

こちらは、前庭の玄関アプローチ脇の花壇に地植えした球根植物でタマスダレ。

DSC_2623-L_convert_20160929124429.jpg

楚々として可愛らしい白い花が咲きました。


DSC_2624-L_convert_20160929124439.jpg

大株の紫陽花の向こう側でひっそりと咲いているので、あまり目立たないのですが・・・。
シンプルだけど、美しい花で、お気に入りの植物です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:22:05|
  2. タマスダレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

期待に反して背が高く伸びてしまったダリア(汗)

こちらは、我が家の中庭の風景です。
まるでジャングルのように、植物が伸び放題です(汗)。

DSC_2613-L_convert_20160929124414.jpg

その中でも一番タチが悪いのがこのダリアです。
濃い茶色のアジアン鉢に植えています。
ダリアを育てるのは今年が初めてのような感じですが、
背を低く育てたかったのに、期待に反してこんなに背が伸びてしまいました(汗)。
しかも、ほとんど花が咲いていないし(大汗)。


DSC_2612-L_convert_20160929124403.jpg

ダリアの株元です。
土の中から新しいシュートが伸びてきました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:21:19|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の花、フジバカマに蕾が

こちらは、前庭で鉢植えで育てている植物でフジバカマ。

DSC_2617-L_convert_20160929124516.jpg

フジバカマと言えば秋の花。
まだ堅い小さな蕾ですが、たくさん枝先に付いています。
秋の気配を感じます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/30(金) 07:19:59|
  2. フジバカマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3度目の正直でゴールドメダル!

昨日(10月20日)は、日本列島を横断する台風の影響で、近畿地方も大変な雨風でした。
日本各地で大きな被害が出ていて、心傷みます。
我が家では、台風対策をしたこともあって、特に大きな被害はありませんでした。

さて、そんな中ですが、嬉しいことがありました。

庭を始めてから、自分がやっている庭づくりが客観的に見てどのような評価を得られるのか、
確認したくて、毎年いろんなガーデンコンテストに挑戦しています。

中でも、日本園芸協会さんが主催されている「JGS全国ガーデニングコンテスト」は、
毎年開催されている全国規模のガーデンコンテストで、ここで入賞することが、
その年の大きな目標となっています。

ラッキーなことに、初めて応募した一昨年(2014年)と昨年(2015年)と
2年連続でシルバーメダルを受賞することができました。

そして、今年、念願のゴールドメダルを受賞することが出来ました!
とても嬉しいです。

昨日、日本園芸協会さんのホームページで、今年のコンテスト結果が発表になりました。

  ※ 日本園芸協会さんのホームページは、こちら → 日本園芸協会

ピクチャ_1_convert_20160921095242

正直なところ、一昨年、去年と2年連続で賞をいただいており、
一方で、我が家の庭は4年目を迎え、大きく変化することもなかったので、
今年の受賞は難しいだろうなぁと、思っていましたので、
入賞どころか、念願のゴールドメダルをいただけて、本当にビックリ。
嬉しさもひとしおです。


日本園芸協会さんのホームページでは、今年のコンテストで入賞したガーデンが
紹介されています。

  ※ 日本園芸協会HPは、こちら → ガーデニングコンテスト2016 結果発表

ピクチャ_2_convert_20160921095256

まさに3度目の正直で、念願のゴールドメダルを受賞することが出来ました。
本当に嬉しいです。

バラの庭を始めて4年目、目標としていたものがひとつ達成できました!

今回のコンテストに応募するに当たって、昨年の結果を踏まえ、いろいろ考えて
対策を練りました。
その辺りは、また近いうちに書いてみたいなと思っています。

とりあえず、今日のところは嬉しいお知らせです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/21(水) 14:14:05|
  2. ガーデニングコンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

今年5月にTV放送された番組(NHK奈良放送局)が再放送されました。

今年、5月25日に、地元のTV局、NHK奈良放送局の番組の中で、我が家の庭のことを採り上げていただき、放送されました。
その後(5月27日)、奈良だけでなく、関西一円でも流れる別の番組でも再放送していただきました。

  ※ 5月の取材&放送についてのブログ記事は、こちら → 2016年5月26日のブログ記事

とても好評だったらしく、取材していただいた女性のリポーターさん(櫻井有里沙さん)は、
NHK奈良内で、放送部長賞を受賞されたとお聞きしました。

先日、その櫻井さんから、もう一度再放送されることになったと連絡をいただきました。
放送日は今週の月曜日、9月5日だったんですが、所用があって生放送を見ることはできませんでしたが(汗)、
今、NHK奈良放送局のウェッブサイト内で、放送された動画が公開されています。

ピクチャ_1_convert_20160909095352

奈良を紹介する番組、「奈良ナビ」の「 9月5日(月)放送、セレクション 林業女子/妻に捧げるバラ 」の中で
公開されています。 
(この↑画像では、リンクしていません(汗)、下にリンク先を載せています。)

 ※ NHK奈良放送局の動画サイトは、こちら → 「妻に捧げるバラ」

4月以降に放送された番組の中から、好評だった2本を再構成して紹介していただいています。
5月に放送していただいたものを、半分くらいに短く編集されたみたいです(汗)。


ピクチャ_3_convert_20160909095329

一本目めが、川上村で林業の魅力を伝えたいと活動されている「林業女子」の方の紹介です。
3分40秒くらいのところから、ボクの庭の紹介になります。

NHKの動画サイトでの公開は、放送から2週間くらいだったかと思います。
たぶん、9月19日(月)くらいまでは、リンク先のサイトで動画が見れると思います。
5月に見逃した方、再度見てみたいと思っていただける方は、是非ご覧下さい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:58:42|
  2. メディア掲載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お月見の切り花

こちらは、ある人からいただいた切り花。

DSC_2579-L_convert_20160929124208.jpg

自宅のリビングルームに飾っています。
中秋の名月の頃とあって、お月見をイメージした切り花だそうです。
満月に見立てた白い菊の花、しなだれるすすきの穂、そして淡い紫色の花。
美しい組み合わせです。


DSC_2576-L_convert_20160929124138.jpg

アップです。
まん丸のお月さんのような白菊が浮かんでいます。


DSC_2581-L_convert_20160929124219.jpg

陽の当たる窓辺に移してみました。
サイド光りが綺麗に入ってきます。


DSC_2582-L_convert_20160929124228.jpg

薄紫色の花が美しいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:57:18|
  2. 切り花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス、ダッチェス・オブ・エジンバラの白い花

こちらは、中庭の壁面に誘引しているクレマチスで、ダッチェス・オブ・エジンバラ。

DSC_2445-L_convert_20160929123511.jpg

気付かないうちに、白い花が返り咲いていました。
よく見ると、白い花弁に一部が緑色に染まっています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:57:02|
  2. ダッチェス・オブ・エジンバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒューケラの花が咲いてます。

こちらは、中庭のシェードガーデンに植えている植物で、ヒューケラ。

DSC_2446-L_convert_20160929123911.jpg

葉もの植物の中では特に気に入っているものです。
葉の風合いがとても好きですが、花も楚々として可愛らしい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:56:42|
  2. ヒューケラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HTラジオの花を一輪挿ししました。

こちらは、2階のバルコニーガーデンで咲いていたバラ、HTラジオです。

DSC_2405-L_convert_20160929124043.jpg

まだ夏顔の花ですが、せっかく咲いたので、切って一輪挿しに挿してみました。


DSC_2404-L_convert_20160929124035.jpg

お気に入りの備前焼の花活けです。
もう少し花首を長く切れば良かった(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:56:29|
  2. ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパニッシュ・ビューティのベイサルシュートをピンチ!

こちらは、中庭のウッドデッキテラスの穴の部分に地植えしているつるバラで、
スパニッシュ・ビューティ。
我が家でもっとも大きく成長しているつるバラのひとつです。

DSC_2419-L_convert_20160929123728.jpg

そのスパニッシュ・ビューティの株元から新しいベイサルシュートが勢い良く
伸びてきました!


DSC_2417-L_convert_20160929123709.jpg

真横からのアングルです。
さすが一季咲きのつるバラ、成長力が半端ないです。
経過を見ていたら、あっという間にこの長さになっていました。
このままでは台風が来たりすると、せっかく伸びたシュートが折れたりする
ことも考えられるし、放っておくと、太い枝になってしまいそうなので、
枝先をピンチすることにしました。


DSC_2420-L_convert_20160929123738.jpg

ちょっとピンボケになってしまいましたが、こちらが枝先。


DSC_2421-L_convert_20160929123746.jpg

瑞々しいシュートなので、ポキッとすぐに折れました。


DSC_2422-L_convert_20160929123755.jpg

ピンチした枝先。


DSC_2423-L_convert_20160929123804.jpg

記念に、切り離した枝先も一緒に撮影しておきます(汗)。


DSC_2438-L_convert_20160929123823.jpg

こちらはおまけ画像。
スパニッシュ・ビューティの巨大なローズヒップです。
まだ赤く熟す前に落下してました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:56:16|
  2. スパニッシュ・ビューティ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピエール・ド・ロンサールに新しいシュートが出現

こちらは、中庭で地植えで育てているつるバラで、名花、ピエール・ド・ロンサール。

DSC_2424-L_convert_20160929123847.jpg

バラを始めて1年目に植えたいくつかのバラのひとつで、もう4年目。
かなり大きな株に成長しています。
その株元から少し上、新しいシュート(この位置だとサイドシュートかな?)が
ググッと勢い良く伸びてきました!
ピエールは、新しいシュートが出にくいと聞いたことがあるので、
この新しいシュートの出現は嬉しい〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/09/09(金) 11:56:01|
  2. ピエール・ド・ロンサール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞
バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
各月毎の庭の様子 (236)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (13)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (6)
バラ (2882)
アイズ・フォー・ユー (61)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (85)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (102)
カーディング・ミル (5)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (0)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (1)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (44)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (0)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (57)
ジョン・クレア (3)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (41)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (48)
スワン (2)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (60)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (55)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (26)
ヒースクリフ (0)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (47)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (0)
マダム・イサーク・ペレール (20)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (0)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (85)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (9)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (21)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (53)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (60)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズA(品種不明バラ) (8)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (306)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (15)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (21)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (6)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (1)
美佐世 (1)
ムーンビーム (10)
流星 (13)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (83)
ダリア (20)
牡丹 (14)
芍薬 (58)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (312)
アオダモ (3)
紫陽花 (97)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (20)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (17)
ジャカランダ (1)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (1)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (24)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (581)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (33)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (36)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (9)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (5)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (28)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (4)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (24)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (143)
オダマキ (4)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (15)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (97)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (18)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (148)
まつおえんげい (18)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (43)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (5)
叔母の家のバラ庭 (11)
ローズガーデン・プロジェクト (46)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (34)
吉田病院「癒しの庭」PJ (5)
吉野・K邸ガーデンPJ (7)
僕の栽培メソッド (3)
バラの作業 (243)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (24)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (10)
バラの肥料やり (18)
バラの薬剤散布 (50)
バラの害虫 (3)
ローズヒップ (2)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (22)
球根 (23)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (54)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
チャレンジ・チェルシー (1)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (18)
dinos ガーデンスタイリング (80)
記事投稿告知 (30)
記事(バックアップ) (30)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (10)
旅行・小旅行 (12)
その他 (79)

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR