FC2ブログ

Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

珍しく咲いている花を切って、花瓶に活けてみました。

今朝の水遣りの際、庭を見渡すと、意外にも結構、バラの花が咲いていました。
そのまま放っておいても、すぐ散ってしまうし、散ると花びらを拾うのが面倒だし・・・・、
ということで、珍しく花を切って、フラワーベースに活けてみることにしました(汗)。

DSC_1910-L_convert_20160802101433.jpg

こちらは、2階のベランダガーデンで今、咲いているバラたちです。
右側の淡いピンクのバラが、イングリッシュローズのヘリテージ、
左側のアプリコット色のが、同じくイングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュアです。
友人の陶芸家、増田哲士さんの陶器に活けてみました。


DSC_1912-L_convert_20160802101442.jpg

こちらは、中庭と前庭で咲いていたバラを、一緒くたに活けただけです(汗)。
結構、いろんなバラが咲いていました。


DSC_1914-L_convert_20160802101452.jpg

下の段で、左からラデュレ、ローズ・ポンパドゥール、パット・オースチン、パレード、
後列もラデユレの蕾や、赤紫色の縮れた花がカーディナル・ヒュームです。


DSC_1907-L_convert_20160802101424.jpg

こちらも、同じく増田さんの花器に活けてみました。
ただ、咲いていた花を切っていれただけなので、センスのかけらもありませんが(汗)。
でも、濃い色の花ばかりで、夏っぽいですね(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト



  1. 2016/08/02(火) 15:15:37|
  2. 切り花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひっそりとスノー・グースも咲いてました!

こちらは、我が家の中庭の奥、通路状になったスペースで、隣地境界フェンスに
誘引しているつるバラで、イングリッシュローズのスノー・グース。

DSC_1892-L_convert_20160802101207.jpg

白い小花が房咲きして、他の大輪系のバラと合わせるとキレイに演出できるバラとして
重宝しています。


DSC_1893-L_convert_20160802101215.jpg

普段あまり行かない、奥まった場所なので、知らないうちに咲いて、
知らないうちに散っているという、少々かわいそうな状況です。
来年は、もう少し日の目を浴びるよう、改善したいと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:12:26|
  2. スノーグース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伸び放題、ポール仕立てのアンジェラ

こちらは、我が家の前庭、一番道路に近いところにある引き込み電柱を使って
ポール仕立てにしているつるバラで、アンジェラです。

DSC_1904-L_convert_20160802101128.jpg

5月には、ポールに沿ってキレイに花が咲いていたんですが、
今は、新しいシュートが伸び放題でえらいことになってます(汗)。
しっかり枝先に花はついているものの、あまり美しい風景ではないですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:11:45|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花開きつつあるレオナルド・ダ・ヴィンチ

こちらは、我が家の前庭、メインの建物外壁に誘引しているつるバラで、
レオナルド・ダ・ヴィンチ。

DSC_1900-L_convert_20160802101348.jpg

土の無い部分なので、鉢植えのまま壁面に誘引しています。
その関係で、あまり大きくは育っていませんね(汗)。
暑いこの時期でも、ポツポツと花を咲かせてくれています。
あんまりキレイではないですけどね(大汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:11:19|
  2. レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パレードも密かに咲いてました(汗)。

こちらは、我が家の中庭、少し高い位置に誘引している鉢植えでつるバラで、パレード。

DSC_1894-L_convert_20160802101259.jpg

今年2年目ということで、まだあまり株が充実していないんでしょうね?
春もあまり咲きませんでした。
ですが、絶え間なく、ぽつりぽつりと人知れず咲いてくれてはいます(大汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:10:48|
  2. パレード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと残念な咲き方だけど(汗)、パット・オースチンが咲きました。

こちらは、我が家の中庭、イングリッシュローズコーナーに地植えしているバラで、
パット・オースチン。

DSC_1897-L_convert_20160802101248.jpg

実は、この花、蕾の状態で、虫に喰われてしまっていて(汗)、
花びらが一部、欠けてしまっているのです。
とはいえ、この時期、こんな元気なビタミンカラーで咲いてくれて、嬉しいっす(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:10:20|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏顔のローズ・ポンパドゥール

今回は、一家に一本と呼び声の高いバラ、ローズ・ポンパドゥールです。

DSC_1866-L_convert_20160802100957.jpg

こちらは、中庭で育てている方のポンパドゥール。
平べったい夏顔の花が咲いていました。


DSC_1903-L_convert_20160802101412.jpg

こちらは、もうひとつの鉢のポンパドゥールで、お隣さんの玄関先に
鉢を置かせていただいています。
こちらの方は、割とディープカップで咲いている感じですが、
雨でだいぶ傷んでますね〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:08:03|
  2. ローズ・ポンパドゥール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とてつもなく濃い色で咲くラデュレ

こちらは、中庭で鉢植えで育てている半つるバラのラデュレ。
この時期、ビックリするくらいの花色で咲いています。

DSC_1856-L_convert_20160802100933.jpg

こちらがそのラデュレ。
こんな色のバラあったかな〜と思うくらい、濃いオレンジ色の花です。


DSC_1854-L_convert_20160802100915.jpg

横からのアングルです。


DSC_1890-L_convert_20160802101335.jpg

こちらは、今朝撮った一枚。
春とは全く別の花ですね、完全に(大汗)。
春はキレイだったのになぁ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 15:04:04|
  2. ラデュレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニバラもお忘れなく(汗)

暑い7月、8月でも咲くバラは咲きますね〜(汗)。
ミニバラも良く咲いています。

DSC_1872-L_convert_20160802100850.jpg

こちらは、品種名の分からないミニバラ。
いつも酔ったようにピンクに染まって咲いています。


DSC_1871-L_convert_20160802100841.jpg

こちらも、品種名不明のミニバラです。
春より、やっぱり花は小さい気がする。


DSC_1902-L_convert_20160802101311.jpg

同じ花です。
今朝の様子です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:59:41|
  2. ミニバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッド・キャスケードも、二番花が咲き始めました。

こちらは、前庭の白いタイル貼りの建物外壁に誘引しているつるバラのひとつ、レッド・キャスケードです。

DSC_1870-L_convert_20160802100945.jpg

我が家のメインの『壁庭』を構成する重要なバラのひとつです。
『壁庭』に誘引しているバラは、一季咲きのバラが多いのですが、このレッド・キャスケードは返り咲き性。
5月に一番花のあと、ようやく二番花が今頃咲き始めた感じです。
ミニバラのような小さな花が可愛らしい。


DSC_1898-L_convert_20160802101400.jpg

見上げた場所でも、いくつか赤い花が咲き始め、たくさんの蕾も待機しています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:54:58|
  2. レッド・キャスケード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラス細工のような花、モーツアルト

こちらのバラは、我が家の前庭、玄関アプローチ脇で咲いているつるバラで、モーツアルト。

DSC_1869-L_convert_20160802100903.jpg

ひとつ前の記事で書いた、カーディナル・ヒュームと同様で、ほぼ四季咲きに近い、
とても良く咲くバラですよ。
一重で、濃いピンクの花が、庭で特に目を惹きます。


DSC_1901-L_convert_20160802101323.jpg

こちらは、今朝撮った写真です。
葉水をかぶって水滴が付いています。
瑞々しい姿です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:51:00|
  2. モーツアルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クシュクシュした咲き方、カーディナル・ヒューム

こちらは、我が家の中庭、隣地境界のブロック塀に誘引しているつるバラで、カーディナル・ヒューム。
暑い夏でも、全然平気で、ほぼ花が途切れること無く咲き続けています。

DSC_1857-L_convert_20160801092012.jpg

赤紫色の渋い色で、シベがゴールドとう組み合わせ。
房咲きするので、ボリューム感もあります。


DSC_1853-L_convert_20160801092001.jpg

まず最初に一輪咲いて、その後、その廻りの蕾が遅れて咲きます。
花色だけ見ると、バーガンディ・アイスバーグにも似ています。


DSC_1888-L_convert_20160802101145.jpg

こちらは、今朝の写真。
春は、もっとシュッと咲きますが、夏はこんな感じでクシュクシュというかチリチリな感じで咲きます。
でも、この方が大人な感じで好きなんですけどね(汗)。


DSC_1889-L_convert_20160802101154.jpg

同じような写真ですが、縦位置でもう一枚。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:47:41|
  2. カーディナル・ヒューム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダリアの花って、どうしてこんなにも美しいのでしょう。

毎日暑い肥が続く7月、8月ですが、この季節でも相変わらず美しく、そして涼しげに花を咲かせているのがこちら、ダリアです。

DSC_1863-L_convert_20160802100650.jpg

暑いのに、花持ちは良いし、花色も涼しげな感じで咲いてくれます。


DSC_1862-L_convert_20160802100640.jpg

そして、このフォトジェニックなフォルム。
幾何学的な造形が、何とも芸術的です。


DSC_1859-L_convert_20160802100615.jpg

少し下から見上げるように撮ってみました。
淡いピンクの花弁と、中央のゴールドの花芯のコントラストが素敵です。


DSC_1865-L_convert_20160802100701.jpg

こちらも、ちょっと芸術的に撮れた一枚。
光の感じが、なかなか気に入ってます。


DSC_1896-L_convert_20160802101235.jpg

こちらは、今朝のダリア。
蕾が開き始めるところですね。


DSC_1895-L_convert_20160802101227.jpg

少し夏バテしてきたかな?
養分が足りないのかも知れません(汗)。
薄っぺらい花になってきました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:41:12|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏でも美しい花色と香り、ERジュード・ジ・オブスキュア

久しぶりに美しい花が咲きました〜。

DSC_1882-L_convert_20160801092238.jpg

2階のバルコニーガーデンで育てているイングリッシュローズで、
ジュード・ジ・オブスキュアです。


DSC_1883-L_convert_20160801092250.jpg

同じような写真ですが、もう一枚(汗)。
浮かれて何枚も写真を撮ってしまいました(大汗)。


DSC_1881-L_convert_20160801092227.jpg

横位置でもう一枚。


DSC_1880-L_convert_20160801092216.jpg

この暑い時期にも関わらず、春と変わらない、むしろ春より濃厚な花色で美しい花を咲かせてくれています。
もちろん、香りも最強です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:26:58|
  2. ジュード・ジ・オブスキュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハダニで丸坊主だったハイディ・クルム・ローズも復活の兆し

こちらは、元々、中庭の軒のある花壇に地植えしていたハイディ・クルム・ローズ。
今年は調子が悪く、ほとんど花が咲かなかった上に、夜露も掛からない場所だったため、ハダニの集中攻撃を受け、
葉がチリチリになっていました。
少し前、このままでは枯れてしまうのでは?ということで、この時期で地植えから鉢植えに植え替えるのは
かなりリスクがあることを承知で、植え替えを敢行しました。

DSC_1887-L_convert_20160801092304.jpg

そして今、こんな感じです。
チリチリになった葉を全て取り除いて、スリット鉢に植え替えたのですが、
養生の成果があったのか、元気を取り戻しつつあります。
とりあえず良かった〜(汗)。
よく見ると、一番新しい葉っぱは、紅葉しているみたいな赤い色をしているんですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:22:43|
  2. ハイディ・クルム・ローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローズ・ピエール・ド・ロンサールにも待望のベイサルシュート!

こちらは、鉢植えで育てているつるバラで、
おそらく(汗)、ローズ・ピエール・ド・ロンサール。
昨年5月、横浜イングリッシュガーデンで見つけた、ローズ・ピエールとそっくりのバラで、
勝手に、ローズ・ピエールと決めつけちゃってます(汗)。

DSC_1884-L_convert_20160801092318.jpg

昨年、2株新苗でお迎えしたのですが、1年経って、かなり大きく成長しています。
一本は、2階のバルコニーガーデンへ。
もう一本がこちらで、中庭の日影コーナーに、鉢植えのまま誘引していました。
この春、それなりに咲いてくれていましたが、この後、ハダニの被害に遭って調子を崩し、
少し前に、誘引を解いて、前庭に移動させ養生中です。
結局、枝が枯れ込んでしまって、一本立ちでしたが、このたび、ようやく待望の
ベイサルシュート?(サイドシュートかな?)が出現しました!
嬉しい〜。
来春は、主役級に扱いたいバラなので、できればたくさん枝を出して、
長く伸びて欲しいんです。
これからの成長に期待します!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:18:11|
  2. ローズ・ピエール・ド・ロンサール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルガリータ姫に、ベイサルシュート出現!

こちらは、我が家の中庭のイングリッシュローズコーナーで、挿し木苗で育てているバラで、
クラウン・プリンセス・マルガリータ。
通称、『マルガリータ姫』。

DSC_1879-L_convert_20160801092027.jpg

挿し木苗で育てていることもあって、あまり成長は早くないのですが、
3年目にしてようやく、ちゃんと咲くようになってきました。
今年の5月は美しい花を咲かせてくれました。
その挿し木のマルガリータ姫に待望のベイサルシュートが出現!
これは吉報かな(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:10:13|
  2. クラウン・プリンセス・マルガリータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

退色してしまったディスタント・ドラムス

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラで、ディスタント・ドラムス。

DSC_1847-L_convert_20160802100713.jpg

つい2日ほど前に咲いた時には、オレンジ色と小豆色で咲いていたのに、
今はすっかりこんな淡いピンク色になってしまいました。


DSC_1849-L_convert_20160802100747.jpg

同じような写真ですが、横位置でももう一枚。

『花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』という、古今集の中で
小野小町が歌った歌がありますが、まさにそんな感じのバラですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 14:06:18|
  2. ディスタント・ドラムス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水滴を纏うバーガンディ・アイスバーグ

今、我が家の中庭では、このバラが一番キレイに咲いているかな〜。
バーガンディ・アイスバーグです。

DSC_1850-L_convert_20160802100801.jpg

8号スリット鉢で育てています。
そんなに大きな株ではありませんが、しなやかな枝先にいくつものワイン色の花を咲かせています。


DSC_1852-L_convert_20160802100828.jpg

濃い赤紫色の花弁の裏側は白いんです。


DSC_1851-L_convert_20160802100810.jpg

早朝、水遣りした水滴を身にまとって涼しそう。
少し秋を先取りって感じの色合いです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 13:59:48|
  2. バーガンディ・アイスバーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らぬ間にたくさん咲いていた(汗)アイズ・フォー・ユー

こちらも、我が家の前庭、一番道路に近い場所で鉢植えで育てているバラで、アイズ・フォー・ユー。

DSC_1874-L_convert_20160801091943.jpg

気付かないうちにたくさん咲いてました(汗)。
でも、やっぱり夏の顔でした(大汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 13:55:01|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉢植えのセダムがてんこ盛り

こちらは、ご近所のバラ友さんからいただいたセダムです。

DSC_1877-L_convert_20160801092120.jpg

もともとクロッカスを植えていた平べったいテラコッタ製の鉢だったんですが、
クロッカスの花が終わって、球根を掘り上げた後、鉢が空いていたので、バラ友さんからいただいた3種類のセダムを植えてみました。


DSC_1878-L_convert_20160801092133.jpg

すると、あっという間に、こんなてんこ盛り状態になってしまいました(汗)。
カッコいい鉢も見えなくなるほど旺盛に育っています。
少し刈り込んだ方が良いのかな〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 13:30:15|
  2. セダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の多肉&サボテンコレクション

少し前、奈良県某所の趣味家さんがやっておられる多肉・サボテン園に遊びに行って、
そこでリーズナブルな苗を購入したり、大株を譲っていただいたりして、我が家の多肉・サボテンもまた一段と増えました。

DSC_1845-L_convert_20160802101019.jpg

こちらが、その一部で、2階のリビングのコーナーガラス(出窓)の窓台部分に並べているところです。
大きく育ってサボテンをお迎えしたこともあって、かなりボリュームアップしました!
まだまだ小さいのが多いですけどね(汗)。


DSC_1844-L_convert_20160802101009.jpg

こちらは、出窓の窓台のもう一方の方に並べているコレクションです。
こちらは、エケベリア等が多いかな?
結構、徒長しちゃっているのもあって、お恥ずかしい限りです(大汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 13:23:37|
  2. 多肉植物 & サボテン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北ローズガーデンプロジェクトの現地に、まつおえんげいの松尾さんに来ていただきました!

仕事上でお世話になっている会社の社長からのお声掛けをいただいて、ボランティアでお手伝いさせていただいている
京北のローズガーデンプロジェクト、徐々に形が出来てきました。
先週末の7月29日(金)、また現地に打ち合わせもか兼ねて行ってきました。

DSC_1828-L_convert_20160801091724.jpg

こちらが、ローズガーデン計画地の様子です。
真横から見たアングルです。
1ヶ月ほど前(7月1日)に来た時には、前面道路に面した部分の駐車場との境のフェンス工事の真っ最中でした。
それが、一応ほぼ完成していました(画面右端)。


DSC_1827-L_convert_20160801091711.jpg

こちらが、そのアップ部分。
木製フェンスの向こう側(道路側)が駐車場になる部分です。
このあたりは、鹿などの獣害が発生するらしく、鹿の侵入を阻むために、フェンスを設置しなくてはなりません。
また、隣接する日本家屋の建物(レストラン)との調和を考えて、和風の塀にしています。
木製のフェンスの上に、瓦も載せて、デザイン的な統一感を持たせています。


DSC_1824-L_convert_20160801091626.jpg

駐車場側から見たところです。
完全に塞いでしまうと、圧迫感もあり、奥にバラ園があることが分かりにくくなってしまうので、
鹿の口が入らない幅でスリットを設けています。
また、かなり長い距離の木製フェンスなので、台風等で倒れないよう、バットレス(フェンスに直交する壁)を設けています。
今は、木の素地のままですが、最終的には、隣接する日本家屋に合わせるように、こげ茶色に塗装する予定です。


DSC_1825-L_convert_20160801091636.jpg

こちらは、園内の様子。
入口から奥へとつながる園路の外形が出来つつあります。
奥のブロック塀も完成しています。


DSC_1830-L_convert_20160801091759.jpg

奥のブロック塀の方から、前面道路側を見たアングルです。
画面右端の土の部分は、メンテナンス用の道路になる部分で、軽トラック等が入れるように作ります。
その道路に、アイアン製のアーチを8基作る予定で、この日は、地元のアイアンワークの作家さんと、
現地で打ち合わせを行いました。
8月末くらいには、ボクがデザインした(といっても、なんちゃってスケッチ書いただけですが:汗)
アイアン製のアーチが完成する予定です。
今はまだ仮置きしている大きな石も、お盆明けには、エリア毎に配置を考えて石組みしていただく予定です。
この石組みが完成すれば、グッと雰囲気が出て来ると思います。


DSC_1829-L_convert_20160801091736.jpg

こちらは、一枚目の田んぼと二枚目の田んぼの段差を使って、バラの花で桂川の堰をイメージした『花の滝』をつくるエリアです。
ブロック塀を積み上げて、約1.5mの高さの花壇を作っています。
この上の段(画面左側)に、群星と群舞をランダムに植えて、ユキヤナギのように枝垂れさせて咲かせる作戦です。


DSC_1832-L_convert_20160801091825.jpg

そして、この日の打ち合わせのメインのゲストは、ボクのバラのお師匠さん、まつおえんげいの松尾社長です。
今回、このバラ園で250本以上のバラ苗を、この秋(11月)に植え込む予定をしています。
こちらで考えたバラの品種について、すべて、まつおえんげいさんで調達していただくことになりました。
オールドローズなど、入手が困難な品種もあったのですが、それもすべて用意していただけることになり、大変心強いです。
この日は、ご多忙の中、松尾社長に現場にお越しいただいて、植える土の様子を見ていただき、土壌改良の有無を
アドバイスいただくことになっていました。


DSC_1831-L_convert_20160801091811.jpg

オーナーにお願いして、事前にユンボを使って、深さ80センチほど掘っておいていただきました。
ここ数日の雨で、掘った穴に少し水が溜まっています。
ポンプアップして、土の状態を見ていただきましたが、予想以上に粘土質で、土壌改良が必要との判断でした。
ゼオライトと牛ふん堆肥を表土に鋤き込んで、地盤改良を実施することになりました。


IMG_8985-L_convert_20160801095814.jpg

打ち合わせの様子を写真に撮ってもらいました(汗)。
左から2番目が、松尾社長、一番左がボクです(大汗)。


IMG_8986-L_convert_20160801095825.jpg

このバラ園のシンボルローズ的な位置づけの、群星・群舞を植える花壇の土をチェックしているところです。
土壌改良や園路づくり、暗渠排水、石組みなど、大掛かりな土木工事が、今後続きます。
急ピッチで現場の工事が進んでいます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:55:43|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の京北・常照皇寺に行ってきました。

先日、7月29日(金)、かねてより関わらせていただいている京北ローズガーデンプロジェクトの現場打ち合わせがあって、
1ヶ月ぶりに京北に行ってきました。
今回は、少し早めに奈良の自宅を出ましたので、打ち合わせの時間より1時間ほど早く京北に着いたので、
以前から行ってみたいと思っていた、京北の観光名所、常照皇寺に行ってみました。

DSC_1796-L_convert_20160801115202.jpg

本当に山奥で、何もない京北ですが(←怒られそうですね:汗)、唯一、観光ガイドにも載っているのが、
この常照皇寺。
南北朝時代に、光厳天皇が開かれた皇室ゆかりのお寺だそうです。
至る所に菊の御紋がありました。
また、桜の大木が有名で、本当なら桜の咲く4月に訪れてみたかったです。

たくさん写真を撮ったので、少し多めに紹介してみます。


DSC_1780-L_convert_20160801114916.jpg

こちらが、駐車場からの出入り口の門です。
鄙びた感じがいいですね。
この門をくぐって、長い真っ直ぐな階段を上って行きます。


DSC_1782-L_convert_20160801114940.jpg

門をくぐると、緑の世界が広がります。


DSC_1784-L_convert_20160801115005.jpg

登り切ったあたりに山門が見えてきました。


DSC_1785-L_convert_20160801115016.jpg

山門から奥を見たところです。
真夏の強い日差しを浴びて、強烈なコントラストができています。


DSC_1787-L_convert_20160801115038.jpg

荒々しい石組みが目を惹きます。
ちょうど今、京北ローズガーデンで、石組みを考えているので、
とても刺激を受けます。


DSC_1789-L_convert_20160801115050.jpg

突き当たりの急な階段です。
今は登れないように、手前に柵がしてあります。


DSC_1790-L_convert_20160801115103.jpg

横から見たアングルです。
なかなか絵になる風景ですね。
昔は、この階段を使って登ったのかな?


DSC_1791-L_convert_20160801115116.jpg

境内にはたくさんの木々が植わっていて、モミジもたくさんありました。
その中には、まだ7月だというのに、紅葉しているのがありました。


DSC_1793-L_convert_20160801115128.jpg

ここから、庭園部分にアプローチします。
正面に見えているのは、桜の大木です。


DSC_1794-L_convert_20160801115140.jpg

近くに寄ってみました。
手前に置いてある荒々しい岩がまた素晴らしいです。
方丈は、なんと茅葺きなんですよ。


DSC_1795-L_convert_20160801115151.jpg

さらに寄ってみました。
大きく枝を広げた桜の大木が鎮座しています。
ひとつの枝に一重と八重の桜の花が咲く、「御車返しの桜」と言われているそうです。
この桜が満開になれば見事でしょうね。


DSC_1797-L_convert_20160801115215.jpg

反対側からのアングルです。
奥に見える方丈は、大きく軒を張り出して豪快なフォルムです。


DSC_1799-L_convert_20160801115238.jpg

真横からのアングルです。
画面右端は方丈です。
お寺の境内のど真ん中にこれだけ大きな桜の木が鎮座しているのは初めて見ました。


DSC_1800-L_convert_20160801115249.jpg

こちらは、更に奥のお庭
こちらには、国の天然記念物に指定されている「九重桜」があります。


DSC_1810-L_convert_20160801115426.jpg

その足元には、一面に見事な苔の広場です。
このモコモコした雰囲気が、見事ですね。
木陰の模様と重なって、不思議な風景を作っています。


DSC_1801-L_convert_20160801115300.jpg

これが、国の天然記念物、「九重桜」のようですね。


DSC_1802-L_convert_20160801115311.jpg

これは、奥の建物につながる石畳の通路。
今は、京北のローズガーデンの園路をどんなものにするか検討中なので、
こういう設えに刺激を受けます。


DSC_1804-L_convert_20160801115333.jpg

こちらも、また古木の桜ですね。
幹の部分がすごいことになっています。


DSC_1806-L_convert_20160801115355.jpg

横からのアングルです。
奥に見える古木の桜は、倒れそうで、いろいろ支えがされています。


DSC_1805-L_convert_20160801115344.jpg

大きく園路にはみだした桜の枝。
見事ですね。
やっぱり、春の桜のシーズンにもう一度来なくちゃ。


DSC_1808-L_convert_20160801115416.jpg

こちらは、開山堂の建物。
特に気になったのが、床の仕上げ。
瓦の平板を斜めに敷き詰めてあります。


DSC_1814-L_convert_20160801115447.jpg

こちらは、方丈の内部です。
一番奥に、玉座らしきものが置かれています。


DSC_1807-L_convert_20160801115405.jpg

こちらは、方丈と開山堂をつなぐ渡り廊下ですね。
両側に池があって、廊下が橋の役目も果たしています。


DSC_1822-L_convert_20160801115610.jpg

方丈の広縁から、奥の開山堂方向を見たアングル。


DSC_1815-L_convert_20160801115458.jpg

方丈の裏側にも、もうひとつの庭が広がっています。
近接した山の斜面に位置を組んだ庭のようです。


DSC_1817-L_convert_20160801115519.jpg

アングルを変えて撮ってみました。
前庭の桜の風景とは一変する、荒々しい庭ですね。


DSC_1819-L_convert_20160801115544.jpg

方丈の中から、「九重桜」のある奥の庭を見たところです。
この深い軒に切り取られた横長の空間で見る風景がとても素晴らしいです。


DSC_1820-L_convert_20160801115559.jpg

こちらは、方丈から見た前庭、「御車返しの桜」を見る風景です。
こちらも軒の深い室内から見る景色が、ことのほか美しいです。
やはり日本人としては、こういう趣きに心動かされますね。
観光客の方も、この風景に見入っておられました。
是非、また来年、桜の咲く頃、ここを訪れてみたいと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:49:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディスタント・ドラムスの花もなかなか美しい〜。

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラで、ディスタント・ドラムス。

DSC_1772-L_convert_20160801091518.jpg

早朝の水遣りのあと、写真を撮ってみました。
ちょうど斜め左から朝日が差し込んで来たところです。
黒い背景の中に、鮮やかな色の花が浮かび上がって、とてもキレイです。


DSC_1773-L_convert_20160801091531.jpg

横位置でも撮っておきました。
春の一番花に比べると、少し花も小さいし、花形も崩れていますが、色は美しく発色してくれました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:26:33|
  2. ディスタント・ドラムス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この写真気に入ってます!、マダム・イサーク・ペレール

先に言っておきます!(笑)
この写真、とても気に入っている一枚です。
毎年年末に、今年撮ったバラの写真・勝手ランキングというのをやっていますが、
おそらく上位入賞すると思います(笑)。
それほど、気に入っている写真が撮れました。

DSC_1774-L_convert_20160801091545.jpg

朝日を浴びて輝くバラ、マダム・イサーク・ペレール。
春はピンクでしたが、この時期、かなり濃いローズピンクで咲いています。
それに輪をかけるように、朝日が当たって、何とも言えぬ素敵な色合いです。
朝起きて、こんなバラに巡り会えるだけで幸せです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:22:50|
  2. マダム・イサーク・ペレール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相変わらず情熱的な赤で咲く、レッド・レオナルド

こちらも、我が家の前庭、玄関アプローチ脇で、大きなテラコッタ鉢で育てている
バラで、レッド・レオナルド・ダヴィンチ。

DSC_1778-L_convert_20160801091610.jpg

夏でも春と変わりなく良く咲くバラ、ベスト3の一角を占めています。

ちなみに、ベスト3は、カーディナル・ヒューム、アンジェラ、
そしてこのレッド・レオナルドです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:18:58|
  2. レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏は鮮やかなピンクで咲くモーツアルト

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチで咲くつるバラで、モーツアルト。
ピンクの一重のバラです。

DSC_1779-L_convert_20160801091557.jpg

春はピンクと白の鮮やかなコントラストが際立っていましたが、この時期は、ピンクが濃くて、
反対に、中心の白い部分もあまり見えませんね。
枝先にちらほらと咲くだけですが、この時期、この鮮やかな花が咲くだけでずいぶん印象が違います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:16:11|
  2. モーツアルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和の雰囲気が強く出るクレマチス籠口

こちらは、前庭で鉢植えで育てているクレマチスで、籠口。

DSC_1770-L_convert_20160801091436.jpg

春に一度咲いて、今回が二番花ということになるでしょうか?
今、とても良く咲いています。


DSC_1771-L_convert_20160801091447.jpg

この濃い青紫色の花がとても印象的ですね。
少し和の雰囲気を感じるクレマチスです。
鮮やかな発色だけでなく、その花形もとても気に入っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:12:39|
  2. 籠口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲き始めのダリアもまた、美しい

ここ数日、またバタバタと慌ただしくしてまして(汗)、なかなかブログの更新もできないままでした。

写真だけは朝の水遣りのあと、短時間のうちのざざっと撮っているので、写真が貯まる一方です(大汗)。
少し前の写真になりますが、せっかく撮った写真なので、載せてみますね。

こちらは、先週の金曜日7月29日の朝に撮影した一枚です。

DSC_1777-L_convert_20160801091501.jpg

ここのところ、ずっと咲き続けている鉢植えのダリアです。
この日、新しい花が開き始めました。
開き始めの頃もとても美しいですね。
ますますダリアの魅力の虜になっています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/08/02(火) 12:09:33|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。
一級造園施工管理技士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
Change My Garden , Change My Life.
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

2017年7月~
庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

2018年5月、世界的ガーデンデザイナー、石原和幸氏のイギリス・チェルシーフラワーショーでのコンテストガーデン出展のサポートスタッフとして参加。石原氏は、通算10個目のゴールドメダル受賞に加え、アーティザンガーデン部門でのベストガーデン賞受賞というW受賞を達成された。
世界最高峰のガーデンショー、チェルシーフラワーショーでの庭造りを通して世界のレベルを実感した。

それ以外の活動として、現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町、広陵町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックに向けて、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園のつくるべく、仲間とともに奮闘中。

地元・奈良では、世界遺産にも登録されている南都・六宗のひとつ、唐招提寺の境内にて、開祖・鑑真和上ゆかりの薬草園を再興するプロジェクトに、ガーデンデザイナーとして参加、実施に向けて活動中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
2018年 第13回 におい・かおり環境協会賞受賞(第2席)
(唐招提寺「香りの薬草園」鑑真和上 才花苑/唐招提寺・薬草園PJ)

2017年 第12回 日本植木協会賞受賞(第4席)
(癒しの森・香るヒーリングガーデン/平和会吉田病院PJ)

2016年 第11回 入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●ガーデンダイアリー
トワイライトガーデンフォトコンテスト
2018年冬 金賞受賞

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

フォトコンテスト
「ドイチェ・ローゼン」を撮ろう!
2013年秋 入賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞

バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞

2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞

2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●ユニソン フォトコンテスト
2018年 パブリック部門 部門別優秀賞(シルバーメダル)受賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●タカショー 
2016年 第7回光の施工例コンテスト
入賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリプフォトコンテスト
2017年 一般応募部門 
準グランプリ受賞
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『My GARDEN』
(マルモ出版)
2018年春号 Vol.86

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2020年春号 Vol.13
(“京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭”)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『Garden & Garden』
(エフジー武蔵)
2020年夏号 Vol.73

●『園芸ガイド』
(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞

※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

【お問い合わせ・ご連絡はこちら】

hidenori.iba0502@gmail.com

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
お知らせ (2)
各月毎の庭の様子 (262)
1月のマイ・ガーデン (24)
2月のマイ・ガーデン (18)
3月のマイ・ガーデン (21)
4月のマイ・ガーデン (45)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (15)
12月のマイ・ガーデン (10)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (7)
バラ (3007)
アイズ・フォー・ユー (62)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (87)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (6)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (87)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (2)
エブリン (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (107)
カーディング・ミル (6)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (64)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
ゴールデン・セレブレーション (2)
サー・エドワード・エルガー (2)
ザ・プリンス (57)
サンセット・グロウ (10)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (3)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (2)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (45)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (1)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (58)
ジョン・クレア (5)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (31)
ストロベリー・アイス (43)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (56)
すみれの丘 (2)
スワン (3)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (11)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドルシュキ・ルブラ (2)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (61)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (57)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (32)
ヒースクリフ (1)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (50)
ピエール・ド・ロンサール (48)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (2)
ベビー・ロマンチカ (20)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (1)
マダム・イサーク・ペレール (29)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (62)
ムンステッド・ウッド (76)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (2)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (86)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (13)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (22)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (54)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (63)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (1)
ローズA(品種不明バラ) (9)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (96)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (365)
アフロディーテ・エレガフミナ (20)
アラベラ (15)
アンドロメダ (1)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
エンプレス (4)
踊場 (8)
紀三井寺 (4)
キリ・テ・カナワ (6)
ザ・ファーストレディ (0)
ザ・プレジデント (9)
ザ・ベルベット (1)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (17)
天塩 (18)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (4)
ピクシー (23)
ピコティー (1)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (9)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (2)
マクロペタラ (3)
美佐世 (7)
ミゼット・ブルー (2)
ムーンビーム (11)
H.F.ヤング (3)
H.F.ヤング(枝代わり) (2)
ラプソディ (0)
流星 (15)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (121)
ダリア (20)
牡丹(ボタン) (46)
越の若紫 (0)
錦の艶 (0)
芍薬(シャクヤク) (93)
華燭の典 (0)
コーラル・チャーム (0)
コーラル・N・ゴールド (1)
サラ・ベルナール (0)
花籠 (0)
春の粧 (5)
火祭 (2)
ビロード・クィーン (0)
ピンク・ハワイアン・コーラル (5)
プリマベーラ (0)
夕映 (24)
石楠花(シャクナゲ) (6)
光彩 (2)
紅富士 (4)
ツツジ (71)
エクスバリー (4)
クルメツツジ (1)
ドウダンツツジ (21)
ブルー・ダイアモンド (0)
ミツバツツジ (20)
ヤマツツジ (20)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (321)
アオキ (1)
アオダモ (4)
紫陽花 (98)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (8)
エゴノキ (8)
クラッスラ(金の成る木) (2)
月桂樹 (1)
コハウチワカエデ (7)
シジミバナ (16)
シモツケ (19)
ジャカランダ (2)
ジャスミン (2)
シラカシ (6)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (3)
センリョウ (2)
ソヨゴ (1)
ナンテン (1)
ハナカイドウ (35)
姫コブシ (1)
ヒュウガミズキ (22)
ブーゲンビリア (14)
フジ (2)
ヤマモミジ (7)
ヤマモモ (3)
ユキヤナギ (42)
果樹 (27)
オリーブ (22)
ブラック・ベリー (4)
ラズベリー (1)
レモン (0)
宿根草・多年草 (692)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (42)
アスチルベ (3)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (51)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (31)
黒葉スミレ (3)
サギゴケ (4)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (13)
四季咲き寒アヤメ (15)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (12)
シャガ (20)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (18)
水仙 (53)
スズラン (19)
スノー・フレーク (14)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (13)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (25)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (7)
ハナニラ (13)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (35)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
フリージア (27)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ペンステモン (1)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (24)
ムスカリ (36)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
ハーブ (5)
オレンジミント (2)
バジル (2)
一年草 (183)
オダマキ (7)
オルレア (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
ビオラ (69)
ヒヤシンス (32)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (17)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (43)
観葉植物 (30)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (113)
サボテン類 (27)
ハオルチア類 (17)
メセン類 (20)
その他の多肉植物 (21)
ビカクシダ(コウモリラン) (5)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (152)
まつおえんげい (19)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (43)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (59)
春日大社&万葉植物園 (1)
大和文華館 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
城南宮 (7)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
壺阪寺 (2)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
由志園(島根県松江市) (3)
近所の公園 (5)
日本庭園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (3)
バラ友さん家のガーデン (12)
叔母の家のバラ庭 (18)
ローズガーデン・プロジェクト (77)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (46)
吉田病院「癒しの庭」PJ (18)
吉野・K邸ガーデンPJ (13)
ガーデンプロジェクト (6)
唐招提寺・薬草園PJ (6)
チャレンジ・チェルシー (3)
僕の栽培メソッド (4)
バラの作業 (337)
つるバラの誘引 (131)
バラの剪定 (27)
バラの植込み (23)
バラの植え替え (5)
バラの掘り上げ (4)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (12)
バラの肥料やり (24)
バラの薬剤散布 (69)
バラの害虫 (5)
ローズヒップ (5)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (10)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (31)
球根 (27)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
2015年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
ガーデンリフォーム (56)
DIY (33)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
外壁塗り替え工事 (70)
台風対策 (1)
ガーデングッズ (67)
テラコッタ鉢 (9)
ガーデン資材 (16)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (12)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (18)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (21)
dinos ガーデンスタイリング (187)
記事投稿告知 (82)
記事(バックアップ) (81)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (11)
おしらせ (3)
マイナビ「おすすめナビ」 (1)
旅行・小旅行 (23)
その他 (92)
biro-do (0)
ピコティ (0)

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR