Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

dinos・ガーデンスタイリング 第14回 遊び心を取り入れた、中庭のアクセントとなるサンルーム

※ こちらの記事は、2016年7月26日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。


『風景をデザインするガーデニング』と題して、半年ほどこのブログを書かせていただいていますが、
そろそろネタも尽きて来たかな〜(汗)。
個人のブログと違って、ただ何となく日々の出来事を綴るだけでなく、何か読んでいただいている皆さんに、
多少なりとも参考になればと思って、過去に撮り貯めた写真の中から、毎回10点ほど写真を選んで記事を書かせていただいています。
今回は、我が家の中庭の一角にあるサンルームについて、いろいろ書いてみようと思います。


● 半屋外の多目的空間、サンルーム

DSC_2903-L_convert_20150910061310.jpg

こちらは、昨年2015年5月に開催したオープンガーデン当日のサンルームの風景です。
我が家の庭は、前面道路に面したパブリックな前庭と、建物で囲われたプライベートな中庭と、大きく2つのゾーンに分かれていますが、
このサンルームは、ちょうど前庭から中庭へと導かれる途中に位置しています。
普段は、自転車やバイク、それに園芸用品を置いておく、物置のような空間ですが、オープンガーデンのようなイベント時には、
ここがお出迎えの受付のような場所になります。
芳名帳を書いていただいたり、スピーカーを置いてBGMを流したり、飲み物をお出ししたりする場所として活用しています。
この日は、ワイン箱を積み上げた仮設の展示コーナーに観葉植物などを飾って、楽しそうな雰囲気を演出してみました。


● サンルームの収納棚を、多肉植物の展示スペースとする

DSC_9803-L_convert_20131020084303.jpg

こちらは、サンルームのプチリフォーム前の壁面収納の様子。
DIYで制作した収納棚には、剪定ハサミや手袋、液肥や活力剤などの園芸用品を収納したり、
上の棚部分には、多肉植物を植えた可愛らしい鉢をリズミカルに並べたりして楽しんでいました。
この当時(今から3年前)は、サンルームの壁面は、ブロック積みに建物外壁と同じサーモンピンクの左官仕上げとなっていました。
中庭をより楽しい空間にするために、このサーモンピンクの左官仕上げの壁面を、青い板張りにプチリフォームすることにしました。


● できそうなことは何でも自分でやってみる。

DSC_3811-L_convert_20150907203504.jpg

サンルームの奥の左官仕上げの壁面を、ブルーの板張りに変更しようと思い立って、いろいろ計画を練りました。
どんな材料を使って、どんな風に施工するか・・・。
ボクは、プロの業者さんにお願いするのではなく、できるかぎり自分で何とかできそうなことは自分自身の手で
やってみることにしています。
これまでにも、ウッドデッキテラスやパーゴラも、DIYで制作してきましT。
特別な工具がなくても、最近はホームセンターで工具のレンタルもしてくれるし、材料もかなり本格的なものが手に入ります。
それらをどう組み合わせて、どんなものを作るのか、考えている時が一番楽しいですね。
まずは、壁面に取り付けていたDIYで作った棚を取り外し素地の状態にしてみました。


● 試行錯誤、悪戦苦闘しながら作る楽しみ。

DSC_3835-L_convert_20150907204244.jpg

サーモンピンクの左官仕上げの壁面に、ブルーグリーンの板を貼っている工事の最中です。
なるべく素人でもできる簡単な方法を考えながら、時には上手くいかないこともありますが、
少しづつイメージしたものが出来上がって来る喜びは、何にも変えがたいですね。
写真は、正面の左官仕上げの壁(ブロック塀)に、板張りを留める横桟を打ち付けた後、
仕上げとなるブルーグリーンに塗装した板材を左側から順次、貼っているところです。


● 板張りが後、収納棚を取り付けて、プチリフォーム工事完成!

DSC_3848-L_convert_20150907204426.jpg

細かいところの精度の問題は多少ありますが(汗)、何とか、イメージ通りの板張りの壁面が出来上がりました!
向かって右側の壁面は、前のサーモンピンクの左官仕上げのままですが、正面は、すっかり印象が変わりました。
こういった鮮やかなアクセントカラー(挿し色)が入ることで、全然、印象が変わりますね。
どんな風に、このサンルームを演出して行こうか、考えるだけでもワクワクします。


● 半屋外のサンルームを室内空間のようにデコレーション

DSC_6830-L_convert_20150909071517.jpg

こちらは、サンルームのブルーグルーンの壁面に設置している収納棚の上です。
収納棚には、お気に入りの鉢を使って、多肉植物を植えて、並べています。
その上のブルーグリーンの壁には、友人がつくってくれた、植物アートのイラストを額装したものを壁掛けにして飾ってみました。
このサンルームは、扉のない、半屋外空間ですが、まるで室内空間のような演出をしています。


● 鏡を使って、より空間の広がりを演出する

DSC_6847-L_convert_20150909071754.jpg

こちらは、サンルームの壁面に丸いアンティークタッチの鏡を設置した様子を撮った写真です。
ディノスガーデンスタイリングの有名ブロガーとして連載を持たれている、ブロ友のメアリーさんが、
ご自宅のベランダガーデンで、ミラーを使った演出をされているのを拝見していまして、ボクも真似させていただきました(汗)。
小さなミラーでも、壁面に手前の風景が写り込むことで、壁の奥にももうひとつ空間があるように錯覚して見えてしまいますね。
狭い空間により広がりを与える素敵な工夫だと思います。
我が家のサンルームでは、紫陽花の切り花を天井から吊るして、その姿を鏡に映り込むようにしてみました。
ブルーグリーンの壁の中に、紫陽花の色が入り込んで、なかなか楽しい雰囲気になりました。


● ちょっとしたアイテムに遊び心を加えてみる。

DSC_6832-L_convert_20150909071544.jpg

こちらは、サンルームのブルーグリーンの壁面に、スコップを吊るためのフックを付けた様子です。
アンティークな仕上げのアイアン製で、トカゲのデザインのものを2つ選んで取り付けました。
ちょっとした遊び心を加えるだけで、庭はぐっと楽しいものになりますね。


● サンルームの開口部につるバラ、ピエール・ド・ロンサールを誘引

DSC_0861-L_convert_20150909152845.jpg

こちらは、サンルームの出入り口の上部を撮影した写真です。
このガラスの壁面には、中庭に地植えしているつるバラ、ピエール・ド・ロンサールを誘引しています。
殿堂入りの名花、ピエール・ド・ロンサールのピンクの花色とサンルームのブルーグリーンの板張りとが、
可愛らしいコントラストを構成しています。
奥には、白とピンクのブーゲンビリアの鉢植えも置いてあり、奥行き感を演出しています。
花を添えることで、より華やかな印象に写りますね。


● カラフルな花が咲くビジューボックス(宝石箱)のような中庭空間

DSC_9478-L_convert_20160727065901.jpg

こちらは、今年2016年の我が家の中庭風景です。
建物に囲まれた我が家の中庭は、ピンクの花で埋め尽くす前庭と性格を異にして、色とりどりの花が咲き誇る、
ビジューボックス(宝石箱)のような空間です。
特に、5月、バラのシーズンは、バラだけでなくサルビアや紫陽花など、ブルーの花色の植物も咲き、
一層華やかな風景になっています。
そんな中、中庭と視覚的に一体感のあるサンルームのブルーグリーンの壁面が、アクセントになっています。
画面右端に見える、ブルーグリーンの大きな壁面が視界に入ることで、中庭で咲く色とりどりの花がより引き立てられるように思います。

今回は、『遊び心を表現するサンルーム』について、DIY風景も交えながら書いてみました。
如何でしたでしょうか?
是非、皆さんも楽しいDIYにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
     


ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/07/27(水) 06:58:36|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ディノス・ガーデンスタイリング』に、新しい記事をアップしました。(第14回)

通販大手、ディノス・セシールさんのウェッブサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に
新しい記事をアップしました。

ピクチャ+1_convert_20160727061358

今年の1月から、ブログ記事を書かせていただいておりますが、
現在、2週間の一度のペースで更新しています。


ピクチャ+2_convert_20160727061411

今回は、『遊び心を取り入れた、中庭のアクセントとなるサンルーム』と題して、
我が家のサンルームについて書いてみました。

  ※ 第14回目の記事は、こちら → 『遊び心を取り入れた、中庭のアクセントとなるサンルーム』

我が家には、新築時から中庭に物置や自転車置き場として使っているサンルームがあるのですが、
現在は、ガーデンルームとしても活用しています。
昨年、そのサンルームもDIYによるプチリフォームを実施しまして、
より遊び心のある空間に変貌しました。

そのDIYの概要や、その後の演出方法などについて、書いてみました。
よろしければ、ご覧下さい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/27(水) 06:25:56|
  2. 記事投稿告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりダリア(汗)

今、我が家ではほとんど花がない時期で、唯一、キレイだな〜と思うのは、
やっぱりダリア。

DSC_1716-L_convert_20160725070456.jpg

香りはないけど、花持ちもいいし、何と言っても和風で楚々としていて
清々しい感じが気に入ってます。


DSC_1717-L_convert_20160725070507.jpg

バラでいうと、何となくF&ローズににている雰囲気。
和な感じがいいですね〜。
秋には、もうちょっと咲いてくれるかな。


DSC_1712-L_convert_20160725070524.jpg

こchらは、この春に挿し木をしたダリアちゃん。
だいぶ大きく育って来たので、もう少し大きな鉢に移し替えることにしました。
そのビフォーアフターのアフターの写真、撮り忘れました(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:42:27|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラ植え替え

この前に日曜日、スペア苗として育てているバラの挿し木苗を鉢増しすることにしました。

DSC_1708-L_convert_20160725070640.jpg

ちょうど昨年の今頃に、いくつかお気に入りのバラを、万一の時のためにと思って、
挿し木苗をつくってみました。
結構な数を作ったのですが、成功したのは結局、10株ほど。
それがこの1年で、ここまで成長しました。
夏になって、一日の水分発散量が大きいので、
ひと回り大きな鉢に植え替えようかと思います。


DSC_1709-L_convert_20160725070653.jpg

ちょっと大きいかな〜と思いつつも(汗)、
余っているプラ鉢が、8号スリット鉢しかなかったので、
それを使います。
いつものように、麻テープを巻いて、土がこぼれないようにして、
元肥にマグアンプK。


DSC_1710-L_convert_20160725070705.jpg

いきなりですが、植え替え完了です。
品種によって、根が大きく育っていたのもあるし、意外に貧弱なのもあった(汗)。


DSC_1714-L_convert_20160725070719.jpg

挿し木に成功しているのは、何故かつるバラが多いので、こんな感じで、竹ヒゴを使って、
まっすぐ上にツルを伸ばすようにしています。




ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:41:13|
  2. バラの植込み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスローズと紫陽花の植え替えをしました。

こちらは、この春、京北のバラ園に行った返り、京北の道の駅で売っていて持ち帰ったクリスマスローズの苗。

DSC_1713-L_convert_20160725070227.jpg

持ち帰ったときはずいぶん小さな株だったんですが、3ヶ月ほど経って、少し大きくなってきました。
今植えているポットでは小さいかな〜と思って、鉢増しすることにしました。


DSC_1711-L_convert_20160725071306.jpg

こちらは、紫陽花の挿し木たち。
昨年に挿し木苗を作ったんですが、一年がかりでようやくこの大きさまでなりました。
こちらも少し鉢が小さい気がして来たので、ひと回り大きなプラ鉢に植え替えします。


DSC_1715-L_convert_20160725070238.jpg

そして、こちらがいきなりの作業完了の様子。
左半分がクリロー、右半分が紫陽花。
また、懸案事項がひとつ減りました(汗)。
こうした小さな積み重ね、努力が大切ですよね〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:40:05|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャットミントのブルーが目にも鮮やか

こちらは、前庭花壇、高木のアオダモの下に植えている宿根草で、キャットミント。
今年の春に導入しました。

DSC_1758-L_convert_20160725070159.jpg

春は、まだ株も充実してなくて、あまり咲いてくれませんでしたが、今は結構、咲いてますね。
横に、低木のシモツケを列植しているので、ダラ〜ンと垂れ下がってしまいますが(汗)。


DSC_1759-L_convert_20160725070211.jpg

アングルを変えて横からの一枚。
この暑い時期、青い花は涼しげでいいですよね〜。
ミントというくらいなので、触れば結構、いい香りがしますよ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:38:44|
  2. キャット・ミント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラは、今、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチだけかな〜(汗)

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチの脇で、鉢植えで育てているバラで、
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチです。

DSC_1761-L_convert_20160725071210.jpg

ほぼ四季咲きと言って良いほど、良く咲くバラです。
しかも、こんなに暑い夏なのに、あまり春と変わらない美しい花を咲かせます。


DSC_1760-L_convert_20160725071158.jpg

さすがに痛みは早いですけどね〜(汗)。
他にも、アンジェラやモーツアルトも、ちらほらと咲いてはいますが、
やっぱりこの時期、美しいのは、レッド・レオナルドですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:37:45|
  2. レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

癌腫のバラ、スーベニール・ドュ・ドクトル・ジャメイン、ついに処分しました(泣)

こちらは、お気に入りのつるバラ、ベスト3にも入っていたバラで、
スーベニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン。
一時は、とてもキレイに咲いていたオールドローズなんですが、
一昨年、癌腫に罹っていることが判明しました(汗)。

DSC_1751-L_convert_20160725071225.jpg

昨年、その患部を切除する手術を行い、経過を見てきましたが、
どうもやっぱりまた癌腫が復活しているみたいで、
生育も悪く、この春は、花すら咲きませんでした。
先日、地上部を切って、処分するタイミングを待っていました。


DSC_1752-L_convert_20160725071237.jpg

癌腫病なので、苗の処分だけでなく、土も一緒に処分することにしています。
プラ鉢から出してみました。
すると、やっぱりね〜。
株元に瘤がありますね。


DSC_1753-L_convert_20160725071250.jpg

分かりやすくするために、水で患部を洗い流しました。
昨年、患部をキレイに切除したはずなのに、またこんな状態です。
やっぱり、一度癌腫になるとダメですね〜。
気に入っていたバラだけど、残念です。
処分しました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:36:44|
  2. バラの作業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サボテン新規お迎え苗

先週末の土曜日、奈良県某所の趣味家さんがやっておられる多肉・サボテン園に行ってきました。
個人的な趣味の延長でされておられるところなので、具体的な名前や場所は書けないのですが、
これまでに何度か寄せていただいて、少しづつですが(汗)、親しくしていただいています。

DSC_1749-L_convert_20160725070255.jpg

今回、無人販売所で販売されている小さな苗をいくつかと、温室の中で育てておられる大きな株をいくつか
分けていただきました。
こちらが、そのニューカマーたちです。


DSC_1755-L_convert_20160725070307.jpg

この辺が、無人販売所で販売されている、1鉢150円のものです。
今回購入したのは、男性的なサボテンばかりです(汗)。


DSC_1756-L_convert_20160725070320.jpg

こちらの方は、大きく育ったものばかりなんですが、
傷んでいるものもあったりして、育ててくれるんなら持って返っていいよ、とおっしゃってくださって
分けてもらったものもいくつかあります。
頑張って育てたいと思います〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:35:37|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェロカクタス偉冠竜

こちらは、今回分けていただいたサボテンで、かなり大きなものです。
温室の片隅に放置?されていたものでした。
品種名は、たぶん、フェロカクタス偉冠竜。
オーナーに、品種タグを書いてもらったんですが、
どれがどれか分からなくなってしまって(汗)。

DSC_1769-L_convert_20160725070857.jpg

このアップの写真、とても気に入ってるんです。
この何とも言えない美しい緑色と、肌の雰囲気。
とても男性的な姿です。


DSC_1768-L_convert_20160725070845.jpg

同じような写真ですが、もう一枚。
筆で色をつけたような肌の感じがたまらないです。
トゲも存在感あります。


DSC_1720-L_convert_20160725070833.jpg

こちらが、このサボテンの全体像。
下半分近くが木質化していますね。
オーナーに聞きましたら、老化現象だとのことです。
ものとしての価値は、高くないのかもしれませんが、
ボク的には、この下半分の色の変わっているところこそが、
このサボテンの個性だと思います。
陶芸でいうと、釉薬が掛かっているような独特の景色があります。
そこに魅力を感じます。
まぁ、天の邪鬼なのかもしれませんが(汗)。


DSC_1719-L_convert_20160725070819.jpg

斜め上からのアングルです。
均整の取れた美しいフォルムだと思います。


DSC_1718-L_convert_20160725070806.jpg

ちょっと鉢を回して、別アングルから撮った一枚です。
少し器に対して、斜めに傾いていますね。
その感じもなかなか良いなぁと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:34:25|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマトカクタス大虹

こちらも、かなりの大物で、品種名は、ハマトカクタス大虹(たぶん:汗)。
これも、温室の台の下の方に、半分死にかけたように転がっていました(大汗)。

DSC_1731-L_convert_20160725070620.jpg

この鉢の心惹かれたところは、下半分の少し黒く汚れているところ。
ねじりながら、まるでラジエーターのフィンのような造形になっているところに
惚れました。


DSC_1728-L_convert_20160725070542.jpg

でも、本来は、このサボテンの一番の特徴は、そのトゲにあるみたいです。
長いトゲの先端が、釣り針のように曲がっているのです。
しかもとても堅く鋭いトゲで、まるで凶器のようです。


DSC_1729-L_convert_20160725070555.jpg

真上からの見下ろしのアングルです。
トゲが密集していますね。
今までに持っているサボテンの中で、これほどのトゲの激しいのは、
今回が初めてです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:32:38|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

品種不明のサボテンちゃん

こちらも良かったら育ててみて、ということでいただいてしまったサボテンちゃんです。
品種名は菊の忘れた(汗)。

DSC_1725-L_convert_20160725071322.jpg

結構、背が高くてトゲも立派なサボテンです。
これも、温室の台の下に無造作に転がっていました(汗)。


DSC_1726-L_convert_20160725071334.jpg

斜め上から見たアングルです。
この角度からだと、そこそこキレイに見えるんですけどね。


DSC_1727-L_convert_20160725071345.jpg

裏側がね〜(汗)
傷ついてるんですよ〜。
もう治らないキズなんで、もう少し先っぽを大きく育ててから、
胴切りしたらいいいいって言われました(笑)。
結構、先の長い話ですけどね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:31:25|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キズもののソエレンシア湘陽丸

こちらも良かったら、と言われて頂戴したサボテンちゃんです(汗)。

DSC_1766-L_convert_20160725070428.jpg

品種名は、ソエレンシア湘陽丸というらしいです。
花が、大きくてキレイらしいです。
ただ、その大部分が白くキズ付いてますよね?
これって、アカダニって言ってたかな、その影響らしいです。


DSC_1724-L_convert_20160725070417.jpg

全景はこんな感じ(大汗)。
ほとんどがやられていますね〜。
緑のところは、頭頂部に少しだけ。
でも、ちゃんと生きてるそうです。


DSC_1721-L_convert_20160725070341.jpg

ボクは、このダニにやられたところも、意外にいいかな〜って思ってるんですよ。
まさに萩焼の釉薬のような感じ。


DSC_1722-L_convert_20160725070352.jpg

同じアングルで、横位置でも撮っておきました。


DSC_1723-L_convert_20160725070404.jpg

真上からのアングルです。
上手く成長すれば、大きく膨らんで、緑の部分が増えるかもっていうことみたいです。


DSC_1767-L_convert_20160725070439.jpg

ダニの被害の部分がこれ以上大きくならない様に、殺虫剤を吹き付けて下さいました。
上手く育てられるといいんですが・・・。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:30:26|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お迎えできました!ユーフォルビア・オベサ梵天

今回うかがった多肉・サボテン園で、一番の収穫は、こちら。
ユーフォルビアのオベサ梵天という品種を分けていただきました。

DSC_1762-L_convert_20160725071016.jpg

いろいろサボテンの本を見ていると、このユーフォルビア・オベサがとても可愛くて。
スイカのような玉をたくさん抱えて、何ともコケティッシュな姿をしています。


DSC_1732-L_convert_20160725070915.jpg

全景です。
緑に発色している部分がとてもいい感じ。


DSC_1735-L_convert_20160725070952.jpg

鉢を少し回転して撮ってみました。
可愛らしい〜。


DSC_1736-L_convert_20160725071004.jpg

反転してみました。
どこから見ても絵になる、可愛いヤツです。
今、とても人気がある品種みたいですね。


DSC_1733-L_convert_20160725070927.jpg

横位置でアップで撮影しました。


DSC_1734-L_convert_20160725070939.jpg

真上からの見下ろしのアングルです。
これに似合う鉢を探して、可愛く育ててみたいな。
これからが楽しみなサボテンです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:28:18|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面白い形、ユーフォルビア・白角キリン

こちらは、表の無人販売所で購入した150円苗です。

DSC_1740-L_convert_20160725071114.jpg

こちらも、ユーフォルビアで白角キリンという品種のようです。
これも株元辺りが、茶色く木質化していますね。
そこが、萌えポイントです(笑)。
コイツは、きっとより可愛らしく変貌するヤツだと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:24:29|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンプルだけど奥深い、ユーフォルビア・大雲閣

こちらもユーフォルビアで、品種名は大雲閣。

DSC_1737-L_convert_20160725071033.jpg

まず、この鮮やかな黄緑色に心惹かれました!


DSC_1738-L_convert_20160725071044.jpg

少し鉢を回してみるとこんな感じ。
稜が3つあるんですね。


DSC_1739-L_convert_20160725071056.jpg

斜め上からの見下ろしのアングルです。
きっと、コイツもお気に入りになること間違いなしです(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:23:30|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふたたび、ユーフォルビア・宝輪玉交配

こちらもユーフォルビアで、宝輪玉交配という品種名がついています。

DSC_1742-L_convert_20160725071130.jpg

実は、これと同じのを家で育てています。
それも以前、同じところで100円苗で手に入れたものですが、
数年で巨大化してしまっています(汗)。
今回のは、小さくて可愛らしいです。


DSC_1743-L_convert_20160725071142.jpg

前のは1本立ちで大きく育ってますが、これはどんな風に変化していくかな〜。
楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:21:57|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怪獣のような・・・、フェルニア・セブリナ

こちらも150円苗でゲットしたサボテンで、フェルニア・セブリナという品種。

DSC_1745-L_convert_20160725070748.jpg

これは、まさに怪獣、ゴジラのようなフォルムをしていますね。


DSC_1744-L_convert_20160725070736.jpg

これも大きくなったら、どんな形になるのか、想像力をかき立てられるサボテンですね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:20:45|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長い名前のサボテン、ギムノカリキュウム・フェロシオール

こちらも、無人の販売所で150円苗でゲットした品種です。
品種名がやたらと長くて、書くのが面倒になるくらいです。

DSC_1747-L_convert_20160725070140.jpg

ギムノカリキュウム・フェロシオールという品種名がついています。
強刺系のサボテンかな?
これが大きく育つまでは、相当時間がかかりそうですね(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 12:19:17|
  2. サボテン類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良県某所の多肉・サボテン園に行ってきました!

今週始めの日曜日、奈良県某所にある、とある趣味家さんがやっておられる
多肉・サボテン園に行ってきました。
前回、お邪魔したのが昨年の10月でしたので、半年以上ぶりかな。

DSC_1650-L_convert_20160724213844.jpg

こんな7月の暑い最中に見に来られるゲストは他にいなかったみたいで(汗)、
オーナーのMさんとゆっくり園内を案内してもらいながら、
コレクションを見せて頂きました。
宝箱のような園内ですが、まず、このオレンジ色の接ぎ木されたサボテンが
目に留まりました。


DSC_1645-L_convert_20160724213617.jpg

接ぎ木サボテンといえば、こんなのもありましたよ。
違う品種のサボテンが同じ台木に次いでありました。
ボールのようで、何とも可愛らしいです。


DSC_1637-L_convert_20160724213333.jpg

こちらも、細い台木の先に、丸いサボテンが接ぎ木されていました。
何ともアンバランスな感じが逆に面白いですね。


DSC_1641-L_convert_20160724213455.jpg

この日、一番気になったのが、このシリーズ。
ユーフォルビアのホリダというグループです。
こちらは、強刺ホリダというトゲが多い品種のようです。
彫りの深いフォルムがカッコいい!


DSC_1642-L_convert_20160724213515.jpg

こちらもユーフォルビアのグループですが、詳しい品種とかは分かりません(汗)。
かなり幹が白いです。


DSC_1658-L_convert_20160724214436.jpg

こちらも、ユーフォルビアで、ゼブラ模様の、ゼブラホリダという個体です。
シマウマのような美しいゼブラ模様が素敵です。


DSC_1638-L_convert_20160724213358.jpg

こちらのにも、横しま模様が入っていますね。
本体は、かなり濃い緑で、先ほどのとはずいぶん印象が違います。


DSC_1684-L_convert_20160724215141.jpg

こちらは、その子供かな?
可愛らしいですね。


DSC_1695-L_convert_20160724215514.jpg

こちらも面白い形をしています。
まさにゴーヤのようです。


DSC_1672-L_convert_20160724214857.jpg

こちらは、今回、ボクが一番見てみたかった種類です。
南米チリが原産のコピアポアというサボテン類です。
独特の肌の色やトゲのフォルムがとても素晴らしいです。


DSC_1674-L_convert_20160724214910.jpg

こちらも、また別のコピアポアです。
下の方は木質化していますね。
またそこがいいんですけど(汗)。
希少品種で、かなり高価なものらしいです。


DSC_1669-L_convert_20160724214831.jpg

こちらも、コピアポアだと思います。
先ほどのより寸胴で、より迫力があります。


DSC_1648-L_convert_20160724213744.jpg

こちらは、コピアポアの接ぎ木かな?
かなりワイルドですね〜。


DSC_1635-L_convert_20160724213254.jpg

同じく、こちらもおそらくコピアポアの接ぎ木。
廻りに、たくさんの子が噴いていますね。


DSC_1675-L_convert_20160724214924.jpg

こちらは、何ていう品種なのか詳しくは分かりませんが、サボテンですね。
この肉質感がとても男性的で、筋肉を思わせるようで、とても力強いです。


DSC_1661-L_convert_20160724214545.jpg

こちらは、また激しい造形ですね。
廻りを覆う風車のようなトゲがすばらしく美しいです。


DSC_1659-L_convert_20160724214509.jpg

こちらも、今回特に気になった品種で、ユーフォルビア・オベサ。
トトロのような面白いふくよかなフォルムをしています。


DSC_1643-L_convert_20160724213535.jpg

こちらも、ユーフォルビアで、オベサの仲間なのかな?
うっすらと縞模様が見えていますね。


DSC_1657-L_convert_20160724214417.jpg

こちらは、たくさんの子が噴き出している個体。
どこか、マンデルブロー集合に似た造形です。


DSC_1639-L_convert_20160724213418.jpg

こちらも同様に、マンデルブロー集合のような造形美。
先ほどのより、個体の色が薄くて、縞模様がはっきり見えますね。
可愛らしいを越えて、不思議です(笑)。


DSC_1663-L_convert_20160724214627.jpg

こちらは、死んでしまった個体を見せてもらいました。
原因は、根腐れではないかとのことでした。
立派な個体なので、もったいないです。


DSC_1664-L_convert_20160724214647.jpg

こちらは、兜。
兜のコレクションも多数ありました。
兜も造形が美しいサボテンですね。


DSC_1667-L_convert_20160724214721.jpg

こちらは、恩塚ランポー玉。
この白い斑点がとても美しいです。
我が家にもありますが、柱状に伸びていますが、この写真のような
玉のようなずんぐりしたものの方が良いらしいです。


DSC_1644-L_convert_20160724213559.jpg

こちらは、また表面の模様というかフォルムというか、独特ですね。
雪渓のような美しい風景が表面に現れています。


DSC_1660-L_convert_20160724214528.jpg

こちらは、少し斜めに傾いた親株の廻りをたくさんの子株がまとわりついて、
その姿が面白くて、思わず写真を撮りました。


DSC_1668-L_convert_20160724214740.jpg

こっちらは、マミラリアかな?
2頭立ての個体で、とても迫力があります。
我が家でも、いつかこんなのを育ててみたいです。


DSC_1636-L_convert_20160724213315.jpg

こちらは、先の部分が2つに分かれた白トゲのサボテンです。
卵のような形が2つ、とても面白いです。


DSC_1647-L_convert_20160724213701.jpg

ちょうど花が咲いているサボテンもありました。
花も美しいですが、本体がウロコのようになっているところも面白いです。


DSC_1670-L_convert_20160724214845.jpg

こちらは、まだ蕾の状態。
濃いグリーンのハダニ、鋭いトゲ、そしてアンバランスに可愛らしい赤い蕾。
なかなか面白い組み合わせです。


DSC_1640-L_convert_20160724213437.jpg

こちらも個性的なサボテンです。
接ぎ木されていますが、先っぽがトゲトゲです。
まるで怪獣のようです。


DSC_1682-L_convert_20160724215113.jpg

これも面白い造形ですね。
骨のような白い幹から、可愛らしい丸い緑の葉っぱがたくさん出ています。


DSC_1649-L_convert_20160724213829.jpg

これも、また不思議な造形です。
虫に喰われたような葉っぱの形をしたサボテン。
でもその縁には、強力なトゲが・・・。


DSC_1651-L_convert_20160724213859.jpg

最近、こういう葉っぱのような形をしたサボテンにも興味が湧くようになってきました。
珊瑚のような面白い形をしています。
縁が赤いのも魅力的ですね。


DSC_1646-L_convert_20160724213641.jpg

こちらは、肌がずいぶん白いタイプです。
まさに珊瑚か海藻のようです。


DSC_1686-L_convert_20160724215215.jpg

こちらは、茶色く木質化している個体です。
枯れているのかと質問しましたら、ちゃんと生きてますよと、
教えて下さいました。


DSC_1701-L_convert_20160724215816.jpg

こちらは、鮮やかな緑色をした葉っぱ型のサボテン。
これも美しいです。


DSC_1656-L_convert_20160724214400.jpg

ここからは、ハオルチアです。
まずは、玉扇です。
窓の部分が光っていますね。
立派な株です。


DSC_1687-L_convert_20160724215237.jpg

こちらも玉扇の一種で、イナバウアーというらしいです。
ネーミングの由来をお聞きしましたら、スケート競技の技のひとつ、
イナバウアーのように、葉が反り返るからだとのこと。
面白いネーミングですね(汗)。
窓の部分の霜降り肉のような模様が、これまた素敵!


DSC_1679-L_convert_20160724215018.jpg

こちらは、オブツーサ。
紫色のオブツーサなので、きっと高価ですよ。


DSC_1702-L_convert_20160724215829.jpg

こちらは、ハオルチアのコンプトニアのグループかな?
窓の模様が特徴的です。


DSC_1705-L_convert_20160724215934.jpg

同じく、こちらも窓の部分がザラザラしていて、そこがとても魅力的。


DSC_1706-L_convert_20160724215952.jpg

こちらは、とても大振りな個体です。
力強いです。


DSC_1704-L_convert_20160724215858.jpg

これも窓の部分の模様や全体の色がとても特徴的です。


DSC_1703-L_convert_20160724215844.jpg

これは、家内緑色が濃い品種で、窓の部分の模様もくっきりしていて
とてもいい感じ。


DSC_1662-L_convert_20160724214558.jpg

これも素敵な品種ですね。
艶やかな葉がとても美しいです。


DSC_1680-L_convert_20160724215039.jpg

これも造形がとても興味深い。
フォトジェニックな植物です。
このまま『Casa Brutus』の表紙を飾れそう(笑)。


DSC_1681-L_convert_20160724215057.jpg

これは、ユーフォルビアの一種かな?違うかな?
ミニチュアのヤシの木みたいで、楽しい。


DSC_1696-L_convert_20160724215527.jpg

こちらは、このコーラルピンクが美しいですね。
またに陸の珊瑚です。


DSC_1697-L_convert_20160724215601.jpg

こちらは、面白いフォルムです。
イメージだけでいうと、ムーミンにでてくるスナフキン。
そんな感じです(笑)。


DSC_1690-L_convert_20160724215259.jpg

これも、接ぎ木の一種かな?
とても細い台木に珊瑚のようなサボテンが接いであります。
タンポポみたいで面白い。


DSC_1694-L_convert_20160724215445.jpg

こちらは、何て行ってたっけ?
なんちゃらバイオレット的な・・・(汗)。
違うかも(大汗)。
赤く染まった葉っぱがとても美しいです。


DSC_1693-L_convert_20160724215422.jpg

バラの花のようなフォルムをしています。


DSC_1655-L_convert_20160724214003.jpg

こちらは、デッキアだったかな?
これも、このフォルムと黒紫色の葉っぱが美しいです。


DSC_1685-L_convert_20160724215157.jpg

こちらは、群生株。
これもなかなか良いですね。
育ててみたいです。


DSC_1692-L_convert_20160724215336.jpg

こちらは、センペルビブムのコーナーだったかな?
このたくさんの群生株、いいですね〜。


DSC_1652-L_convert_20160724213915.jpg

こちらは、エケベリア。
赤い爪が特徴的です。


DSC_1653-L_convert_20160724213930.jpg

こちらもエケベリア。
色とりどりの品種が並んでいます。


DSC_1654-L_convert_20160724213945.jpg

こちらは、うっすらとピンクを帯びた品種。
可愛らしいですね。


DSC_1700-L_convert_20160724215801.jpg

こちらも、マットなグリーンの色合いが素敵です。


DSC_1699-L_convert_20160724215744.jpg

こちらは、確か、キタキツネっていうネーミングだったような。
まさに言い得て妙なネーミングです。


DSC_1691-L_convert_20160724215313.jpg

エケベリアゾーンも素晴らしいコレクションで、圧倒されました。


DSC_1678-L_convert_20160724215004.jpg

こちらは、温室の外に置いてあった品種。
バラの花のような形をした群生株です。


DSC_1676-L_convert_20160724214937.jpg

こちらは、吊り下げてあった、群生株。
ピンクの色が可愛らしい。


DSC_1677-L_convert_20160724214950.jpg

こちらも吊り下げてあったポットです。
赤く紅葉?した姿がとても可愛らしい。


ここからは、番外編。

DSC_1634-L_convert_20160724213239.jpg

温室の外で見かけた植物で、たぶんノウゼンカズラじゃないかな?
赤オレンジ色の花がとても夏らしい。


DSC_1633-L_convert_20160724213226.jpg

最後の一枚はこちら。
温室の脇で育てられていたミニトマト。
いろいろ癒されるものがたくさんありました。

今回、久しぶりのこの多肉・サボテン園を訪問させていただいて、とても楽しかったです。
多肉・サボテンはまだ始めたばかりで、ほとんど知識がありませんし、
マニアではないので(汗)、コレクションを増やしたいということでも特にはないのです。
ただ、それぞれの独特の個体のフォルムが素敵で、写真に撮るのがとても楽しいです。
是非また、お邪魔させていただいて、写真を撮らせていただきたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 10:29:30|
  2. 多肉・サボテン園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今は、ただただダリアが美しい。

先週末の土日、少しバタバタしていて、ブログの更新が滞ってしまいました(汗)。
とはいえ、この暑い最中、庭で咲いている花は数えるほどしかなく、
ついつい目が行ってしまうのは、やっぱりこのダリアです。

DSC_1628-L_convert_20160724213040.jpg

写真は、先週末の土曜日(7月23日)に撮影したものです。
ピンクの小輪のダリアが本当に美しいです。
見惚れてしまいます。


DSC_1631-L_convert_20160724213154.jpg

ほとんど同じ写真ですが(汗)、少しだけアングルを変えて撮った一枚です。


DSC_1632-L_convert_20160724213206.jpg

こちらは、もうひとつ別に咲いている方のダリアです。
まだこの2輪しか咲いていませんが、ポツポツと蕾みは上がって来ています。
暑い時期なので、早めに切り戻した方が良いかな〜と思いながら、
なかなか切れないでいます(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/25(月) 10:00:07|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり美しい、ダリアの花

花の少ないこの7月、我が家では中庭のダリアがとてもキレイに咲いてくれました!

DSC_1604-L_convert_20160722111841.jpg

連日、少しづツ花が大きくなっていくような感じです。
真正面、やや下からの見上げのアングルで撮ってみました。
なかなか美しいです。
中心のまだグリーンのところは、これから徐々に花弁が開いていくんでしょうね。


DSC_1607-L_convert_20160722111917.jpg

少し左からのアングルです。


DSC_1610-L_convert_20160722111929.jpg

右斜め下からのアングルです。
どこから見ても美しいです。


DSC_1603-L_convert_20160722111830.jpg

同じような写真ですが、縦位置で。


DSC_1605-L_convert_20160722111852.jpg

もうひとつ別の花です。


DSC_1606-L_convert_20160722111905.jpg

とりあえず、今、二輪咲いています。
蕾もまだ他にいくつも上がっているので、これからもう少し楽しませてもらえるかな〜。
竹支柱とダリアの花色の感じがなかなか良い組み合わせです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:50:12|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほろ酔い風味のミニバラ

こちらは、前庭で鉢植えで育てているミニバラ。
品種名とかは、全く分かりません(汗)。

DSC_1613-L_convert_20160722111959.jpg

このミニバラ、いつもこんな感じで、ほろ酔い気味に赤く染まります。
暑い最中、健気に咲いてくれてありがたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:36:40|
  2. ミニバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニバラ、グリーン・アイスも咲いてました(汗)

こちらは、中庭で鉢植えで育てているミニバラで、グリーン・アイス。

DSC_1609-L_convert_20160722111746.jpg

今年は、あまり手をかけてやれなかったので、咲いたのか咲かなかったのかも
よく分からない、放置状態でした。
先週、庭の配置を見直して、このグリーン・アイスを見やすい場所に移しました。
ちらほらと白い花が咲き始めました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:34:14|
  2. グリーン・アイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知らぬ間に、ERスノー・グースが返り咲いていました。

こちらは、中庭奥の通路状の空間で、フェンスに誘引させているつるバラで、
イングリッシュローズのスノー・グース。

DSC_1618-L_convert_20160722111816.jpg

普段、なかなか立ち入らない場所ですので、スノー・グースに二番花が咲いているのに
気付きませんでした。
咲き方は、ほんのちらほら程度ですけどね(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:31:26|
  2. スノーグース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そろそろクレマチスが返り咲き始めました。

こちらは、前庭・玄関アプローチで鉢植えで育てているクレマチス・籠口。

DSC_1615-L_convert_20160722111801.jpg

ベル型の濃い紫色の花がとても気に入っています。
クレマチスも5月の開花のあと、切り戻しをしましたが、
そろそろ、二番花が咲き始めました。
中でも籠口は、和の雰囲気がして、とても愛しいクレマチスです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:28:33|
  2. 籠口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

庭の片隅で、ヒューケラの花が咲いています。

こちらは、我が家の中庭、サンルームの脇で密かに咲いていたヒューケラの花。

DSC_1612-L_convert_20160722111945.jpg

葉が美しいヒューケラは、庭のあちこちに植えています。
そのひとつのヒューケラで、小さな白い花が咲いてました。
楚々として可愛らしいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:25:30|
  2. ヒューケラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭に日よけのスダレが登場!

昨晩、帰宅したら、中庭に見慣れないものが出現していました!

DSC_1621-L_convert_20160722112120.jpg

そう、スダレが中庭に面した1階の母の部屋の大きな開口部の前にぶら下げてありました(汗)。
この開口部は、南を向いている関係で、直射日光があたって室内が暑いんですよね〜。


DSC_1620-L_convert_20160722112106.jpg

縦位置でも、もう一枚。
手前のスダレの足元は、地植えのイングリッシュローズコーナー。
よく見ると、スダレを留めておく紐が、バラの枝に巻き付けられていました(大汗)。
なんちゅうことを・・・。
それに、これだけ垂らしたら、スダレの後ろに回ってしまった、ポール仕立てのバラに
日が当らないやん!


DSC_1617-L_convert_20160722112041.jpg

望遠レンズを変えて、もう一枚撮ってみました。
ボクも母も京都生まれで、夏にはスダレを出して涼を取るという風習になれているので、
スダレのある風景は気に入ってるんですけどね(汗)。


DSC_1619-L_convert_20160722112053.jpg

反対サイドから見たところ。
ポール仕立てのイングリッシュローズが、完全にスダレの影になってます(汗)。
今日は、出勤前でバタバタしてたので、また週末にでも
スダレを少し巻き上げて、バラに日が当たるようにしようかな、と思っています。


DSC_1622-L_convert_20160722112133.jpg

スダレの掛かった風景を真正面から見たところ。
家は、洋風のデザインですが、大きな壷や陶器製の水盤が近くにおいてあるので、
スダレをかけてもさほど違和感はないかな〜。
やっぱり、京都人(今は、奈良県民ですが:汗)には、
川床のような、スダレのある風景が好みです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:22:55|
  2. 7月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

7月の坪庭

こちらは、我が家の玄関入って正面に見える坪庭です。
建物の北側にある小さな空間で、完全に建物の影になる環境条件の厳しい場所です。

DSC_1627-L_convert_20160722112308.jpg

そこに、シンボルツリーとして、ヤマモミジを植えてあり、
その足元には、日影でも育つ陰樹として、アオキやマンリョウ、センリョウ、シダや
紫陽花などを植えてあります。
紫陽花は、少し前に花後の剪定を行い、ずいぶん小さくしました。
この時期、どこを見ても花はほとんどないし、緑だけがジャングルのようになっています(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/22(金) 12:06:34|
  2. 7月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダリアは、フォトジェニックな植物ですね〜。

毎日暑いですね〜。
関西地方も、昨日(7月19日)、梅雨明け宣言されました。
これから、本格的な夏到来です。

そんな中、数日前から、朝早起きして、近所をランニングしています。
毎年恒例の年末の奈良マラソンに向けて、そろそろ走り込んでおかないと・・・、
という思いです(汗)。

近所のランニングの後は、庭の植物への水遣りが日課です。
今朝も、鉢植えのバラを中心に30分ほどかけて水遣りをしました。
その中で、特に目に留まったのがこちらの植物。

DSC_1585-L_convert_20160721061441.jpg

小輪のダリアです。
ダリアはこれまでにも何回かチャレンジしてますが、なかなか上手く咲かせる
ことが出来ず仕舞でしたが、今年はちゃんと咲いてくれそうです。


DSC_1586-L_convert_20160720090938.jpg

この花形といい、花色といい、とても魅力的ですね〜。
ほんと、写真映えするというか、フォトジェニックですね。
支柱がなければもっといいんですけどね(大汗)。


DSC_1587-L_convert_20160720091003.jpg

こちらも、蕾がほどけて、開花しそうです。
ダリアの本を読むと、初夏に一番花が開花したあとは、一旦きり戻すみたいですね。
今週末くらいには、切り花にして、株は切り戻そうかと思っています。
それにしても、植えたダリア、こんな花色だったけな〜?(汗)



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/07/20(水) 09:39:38|
  2. ダリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (19)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (222)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (20)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2677)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (45)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (285)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (295)
アオダモ (3)
紫陽花 (89)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (16)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (562)
アガパンサス (22)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (142)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (214)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (38)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (68)
記事投稿告知 (25)
記事(バックアップ) (25)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR