Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

妻の命日に、お供えのお花をいただきました。

先週末、妻の4回目の命日を迎えました。
亡くなって、もう4年も経つんですね。
時が過ぎるのは早いです。

DSC_0772-L_convert_20160622103319.jpg

今週、妻のママ友さん2人が、仏前にお供えのお花を持って来て下さいました。
素敵なお花をいただきました。
毎年、忘れずにお花を届けて下さいます。
本当に、ありがたいことです。


DSC_0766-L_convert_20160622103221.jpg

ピンク色のものが好きだった妻のことを思って、ピンクのブーケをいただきました。


DSC_0765-L_convert_20160622103210.jpg

ディープカップのピンクのバラが美しいですね〜。
思わず何枚も写真を撮ってしまいます(汗)。


DSC_0769-L_convert_20160622103244.jpg

バラに添えてあるのは、ガーベラかな?


DSC_0773-L_convert_20160622103332.jpg

なんという品種のバラなんでしょうか?
切り花品種ですよね、きっと。
美しいです。


DSC_0771-L_convert_20160622103308.jpg

最後にもう一枚。
素敵なブーケをありがとうございました。
きっと妻も喜んでいることを思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/06/22(水) 10:50:59|
  2. 供花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

dinos・ガーデンスタイリング 商品レビュー記事・第2回 ハンギングパラソル編 

※ こちらの記事は、2016年6月17日に、「dinos ガーデンスタイリング」に、レビュー記事として掲載したものです。


涼しさを演出し、風景を作るガーデンパラソル by ひで

goodsreview02_02_convert_20170127125115.jpg


今回使用したアイテム

ハンギングパラソル ベース付き

DSC_0084-L_convert_20160617082442.jpg

オープンガーデンやバラの園遊会の日影づくりにガーデンパラソルを使ってみました〜!


DSC_0038-L_convert_20160617082234.jpg

送られてきた荷物は大きな箱と小さな箱の2つ。
大きい方の箱を開梱すると、中からパラソル本体と金属製の支柱が出てきました。


DSC_0041-L_convert_20160617082248.jpg

小さな方の箱には、樹脂製の土台(ベース)部分と取り付け金物が入っていました。


取扱説明書を読みながら組み立てて行きます。
まずはベース部分に取り付ける金属製のパーツ(支柱)を組んで行きます。

DSC_0043-L_convert_20160617082301.jpg

付属のボルトとスパナで簡単に組み立て出来ました。


DSC_0045-L_convert_20160617082312.jpg

組み立てた十字形の金物を、樹脂製のベースの裏側の窪みに挿し込みます。


DSC_0046-L_convert_20160617082323.jpg

差し込んだあと、付属の六角レンチを使ってベースに固定します。


DSC_0048-L_convert_20160617082337.jpg

続いて、パラソル本体の組み立てに取りかかります。


DSC_0051-L_convert_20160617082413.jpg

組み立てといっても、パラソル本体に金属製のポールを取り付けるだけ。


DSC_0049-L_convert_20160617082349.jpg

への字型に曲がっているポールの向きを間違えないようにして、本体に差し込むように取り付けます。


次に、土台となる樹脂製のベースを重りとするために、水か砂を入れるようにトリセツに書いてありましたので、
今回は水を入れる事にしました。

DSC_0053-L_convert_20160617082427.jpg

結構な量の水が入って、しっかりとした重りになります。水を抜けば、また軽くなって移動もラクチンです。


続いて、パラソル本体をベースから突き出ている支柱に突き刺しストッパーを締め付けて固定します。
最後に、本体にハンドルを取り付けて完了です。

goodsreview02_12_convert_20170127125423.jpg

今回、白とグリーンの2パターンのパラソルを使わせていただきました。


goodsreview02_14_convert_20170127125131.jpg

本体のアーム部分を伸ばして、本体に取り付けたハンドルを回すとパラソルが徐々に開いていきます。
美しいシェイプの傘が開くと雰囲気が一気に変わる感じです。

通常のガーデンパラソルは、真ん中に支柱があるため、使い方に制限がでますが、このアームタイプのハンギングパラソルは、
傘の真下に何もなく、使い方の幅が広がるという利点があります。
机や椅子を自由にレイアウトできるというメリットは素晴らしいと思います。


goodsreview02_02_convert_20170127125115.jpg

我が家の前庭にガーデンパラソルを広げた様子です。
白く大きなパラソルは、緑や青空に映えて、リゾート地のような爽快感がありますね。
景観的にもとてもマッチする、美しいガーデンパラソルだと思います。


goodsreview02_16_convert_20170127125148.jpg

こちらは、今年開催した我が家のオープンガーデンの様子です。
当日、快晴の天気となり、来訪いただいた皆さんに少しでも日影を作れたら・・・ということで、このガーデンパラソルを広げてみました。
お客様からも好評価をいただきました〜(笑)。
景観を壊さず、日影を作るという機能性もあり、とても重宝しました。


続いて、我が家の前庭(フロントガーデン)で毎年開催している、「バラの園遊会」の様子です。
学校の同級生を招いて、持ち寄りガーデンパーティを、毎年バラシーズンに開催しています。

Before

goodsreview02_17_convert_20170127125158.jpg

昨年2015年の様子です。
女性も多いので、日影が欲しいということで、同級生たちがパラソルを持ってきてくれたんですが、
ガーデンパラソルもあり、海水浴で使うようなビーチパラソルがあり・・・といった感じでした(笑)。


After

goodsreview02_18_convert_20170127125209.jpg

今年2016年の園遊会の様子です。
今年は、ハンギングタイプのガーデンパラソルを2基設置しました。美しいデザインのパラソルなので、景観的にもとても満足しています。
それ以上に良かったのが、傘の真下に何もないという点。
テーブルのレイアウトの自由度が増して、とても良かったです。

リゾート感を演出するには白いパラソルの方が似合いますが、参加した女性陣からは、グリーンのパラソルの評価が高かったです。
グリーンの方が遮光性が高く、日焼けを気にされる女性には好まれるのかもしれませんね(笑)。

用途によって、白とグリーンを使い分けるという手もありそうですね。
それにしても、ガーデンパラソルはとても良くなりましたが、バラバラのチェアが美観的にはどうかなと思いますね(汗)。
次は、チェアを何とかしないといけませんね〜(笑)。


goodsreview02_19_convert_20170127125219.jpg

今回、ガーデンパラソルを使わせていただいて、とても役に立ちました。
ちょっとした日影を作るのに有効であることはもちろんですが、美しいシェイプ(形)のガーデンパラソルは、
ただ広げておくだけで、景観の一部となってその存在感を発揮してくれます。
「風景をデザインするガーデニング」を標榜するボクにとって、このハンギングタイプのガーデンパラソルは、
必須アイテムとなりました。
皆さんにも自信を持っておススメできます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/22(水) 09:49:54|
  2. レビュー記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ディノス・ガーデンスタイリング』に、商品レビュー記事を書かせていただきました!(ガーデンパラソル編)

通信販売大手のディノス・セシールさんのサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に、連載記事を書かせていただいておりますが、
少し前から、自分の庭についてではなく、ディノスさんが取り扱われている商品を、実際に使わせていただいて、
レビュー記事を書かせていただく、『使ってみた!ガーデンスタイリング一押しアイテム』という企画のお手伝いを
させていただいています。

今回、早くもその2回目レビュー記事を書かせていただきました!

ピクチャ+2_convert_20160622092219


今回は、『ガーデンパーティにおすすめ!ハンギングパラソル』と題して、ディノスさんが取り扱われている
オシャレなガーデンパラソルを実際に使わせていただいて、その感想や効果などについて、レポートさせていただきました。
前回同様、今回も『ガーデンスタイリング』のトップページに、立派なバナーも作って頂いて、恐縮してます(汗)。
それにしても、うまいことバナーのデザインされますね〜(笑)。


ピクチャ+1_convert_20160620123315


我が家では、昨年、友人知人を招いてのオープンガーデンや、高校時代の同級生を招いてのガーデンパーティを開催しました。
今年は、オープンガーデンに関しては、広く一般の方をお招きし、ガーデンパーティも昨年同様、実施することにしていました。
そんな折り、ディノスさんからお声掛けをいただいて、ガーデンパラソルをご提供していただけることになりました。

「風景をデザインするガーデニング」を標榜するボクとしては、オープンガーデンやガーデンパーティにお招きした
お客様に少しで涼んでいただける日影をつくりたいとは思いつつも、なるべく景観とマッチするパラソルを設置したいと
思っておりました。
今回、使わせていただいたハンギングタイプのパラソルは、その形の美しさはもちろんですが、
機能性という面においても、とても優れていて、とても良かったです。
(↑コレ、お世辞ではなく、本音です。:笑)

実際使わせていただいての、感想をレビュー記事として書かせていただいておりますので、良かったらご覧下さい。

  ※ dinos ガーデンスタイリング、商品レビュー記事は、こちら → 『ガーデンパーティにおすすめ!ハンギングパラソル』


ディノスさんのガーデンスタイリングのサイト内に、新しく、『使ってみた! ガーデンスタイリング一押しアイテム』という
コーナー↓ができました。

ピクチャ+2_convert_20160620123327

良かったら、そちらの方も是非、ご覧下さい。
1回目に書かせていただいた、『ハイパワーソーラーアップライト』に関しても、そちらからご覧いただけます。

  ※ 『使ってみた! ガーデンスタイリング一押しアイテム』は、こちら → 


gar_goodsreview02_t_convert_20160622092318.jpg

↑上のバナー画像は相変わらずリンクしておりません(汗)。
以下にリンクしておきます〜。

 ※ dinos ガーデンスタイリング、商品レビュー記事は、こちら → 『ガーデンパーティにおすすめ!ハンギングパラソル』



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/22(水) 09:13:15|
  2. レビュー記事案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、前庭のアガパンサスが美しい見頃を迎えました!

久しぶりの我が家の庭で咲いている花を撮ってブログに載せます〜(汗)。
6月に入っても、相変わらずバタバタしてます〜。

そんな中、紫陽花の後を追うように、前庭の北側隣地境界フェンス沿いに地植えしている
アガパンサスが、美しい花を咲かせてくれました。

DSC_0756-L_convert_20160618134427.jpg

すーっと長く伸びた花茎の先に、まるで花火が破裂するかのように、
鮮やかな青い花が咲いています。


DSC_0759-L_convert_20160618134450.jpg

こちらは、その花が開く直前の様子。
袋からこぼれるように、小さな花の粒が出て来ました。
神秘の世界ですね。


DSC_0755-L_convert_20160618134404.jpg

アイスシャーベットのような透明感のあるブルーの花です。
何発もの花火が上がっているような風景です。


DSC_0757-L_convert_20160618134438.jpg

花のアップも撮っておきました〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/18(土) 14:09:11|
  2. アガパンサス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

紫陽花もそろそろピークを過ぎる頃かな?

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチ。
この時期だけ、「紫陽花の小径」と呼んでいる場所です。

DSC_0760-L_convert_20160618134501.jpg

2週間ほど前から、紫陽花の花が咲いていますが、そろそろピークを越えた感じです。
園芸品種の小町などは、少し汚くなってきました(汗)。
普通の紫陽花は、花持ちもいいし、もうしばらく楽しませてくれそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/18(土) 14:02:16|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爽やかなシルバーブルー、クレマチス・流星

こちらは、中庭の玄関ドア横の小さな小壁に、ルージュ・ピエール・ド・ロンサールと
一緒に誘引しているクレマチスで、流星です。

DSC_0761-L_convert_20160618134512.jpg

バラが咲いていた時期は調子が悪く、枝を枯らしたり、花が咲かなかったり
していましたが、ここに来て、良く花が咲いてくれています。
このシルバーブルーの花色が個性的で、とても気に入っています。


DSC_0762-L_convert_20160618134524.jpg

葉っぱも黄緑色でフレッシュなのがいいですね〜。
今、我が家の庭で咲いて来るクレマチスは、この流星だけです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/18(土) 13:59:01|
  2. 流星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽のように咲く、レディ・オブ・シャーロット

怒濤のバラ月間だった5月が過ぎ、6月ももう半ば過ぎになりましたが、
相変わらずバタバタしております〜(汗)。
5月の疲れも溜まっていて、実はここ数日、体調がメチャメチャ悪いです(汗)。

そんな中、久しぶりに何も予定のない週末を過ごしております。
朝から、溜まっていた庭作業に着手したのですが、余りの暑さに、お昼前に作業を中断、室内に逃げ込みました〜(大汗)。
ほんと、暑いですね〜。

そんな土曜日の昼下がりですが、すっかり庭作業をやる気力も萎えてしまって(汗)、
今朝、庭で撮った写真をブログに載せようかと思って、パソコンの前に座りました〜。

DSC_0763-L_convert_20160618134534.jpg

こちらは、今朝の中庭で咲いていたバラで、イングリッシュローズのレディ・オブ・シャーロット。
二番花が咲きました。
太陽のようなオレンジ色が夏を感じさせますね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/18(土) 13:54:57|
  2. レディ・オブ・シャーロット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dinos・ガーデンスタイリング 商品レビュー記事・第1回 ソーラーアップライト編 

※ こちらの記事は、2016年6月13日に、「dinos ガーデンスタイリング」に、レビュー記事として掲載したものです。


ソーラーアップライトで簡単! 夏を楽しむナイトガーデニング

DSC_0328-L_convert_20160615134715.jpg


今回使用したアイテム
 
  ※ハイパワーソーラーアップライトは、こちら → 

DSC_6217-L_convert_20160615134344.jpg

DSC_6227-L_convert_20160615134523.jpg

ナイトガーデニングのバージョンアップのために、ハイパワーソーラーアップライトを調達しました!


DSC_6216-L_convert_20160615134330.jpg

コンパクトな箱を開けると、こんなパーツが入っていました。


DSC_6232-L_convert_20160615134557.jpg


DSC_6233-L_convert_20160615134608.jpg

「パワーLEDで10倍以上の明るさ」とのキャッチフレーズが心強いです(笑)。
以前、購入した別のソーラー式のアップライトは、光量が小さくて使いものにならなかったので、今回のには期待が高まります〜。


DSC_6218-L_convert_20160615134354.jpg

説明書に従って、パーツの組み立てをしてみました。


DSC_6219-L_convert_20160615134405.jpg

照明部(ライト本体)は、スパイク(地中杭)をくっつけるだけ。
ライト本体は金属製で質感も良く、他のプラスチック製品と比べてとても良いです。


DSC_6220-L_convert_20160615134416.jpg

ソーラー部分(ソーラーパネル)は樹脂製です。


DSC_6221-L_convert_20160615134428.jpg

こちらも、スパイク(地中杭)をポールに突き刺します。


DSC_6222-L_convert_20160615134439.jpg

ソーラーパネルの裏側の留め具部分に、先ほどの支柱(スパイク)をスライドさせて固定します。


DSC_6223-L_convert_20160615134450.jpg

角度調整ネジが付いているので、太陽高度に合わせて、ソーラーパネルの角度を変えられるような設計になっています。


DSC_6224-L_convert_20160615134501.jpg

最後に、照明部(ライト本体)とソーラー部(ソーラーパネル)を電気的に接続します。
と言っても、専門的な知識や技術は全くいりません。
両方のピン(3ピン)の位置を確認して、ぐっと差し込むだけ。


DSC_6226-L_convert_20160615134511.jpg

このあと、水が入らないように、カバーのネジを回して固定。
これで準備完了です。
ここまで5分もかかっていません。


DSC_6228-L_convert_20160615134534.jpg

今回、全部で4灯分、調達しました。


DSC_6230-L_convert_20160615134546.jpg

ナイトガーデニングの強化にあたって、照明を追加したいけれど、電源ケーブルを回せないなどの
理由があって、電源のいらないソーラーライトの導入をしました。


こちらが、ナイトガーデンの強化のビフォー&アフターです。

DSC_3904-L_convert_20150909202901.jpg
Befoer
昨年2015年の前庭のナイトガーデニングの様子です。
これでも十分、良い感じにはなっているのですが、左端の隣地境界フェンス部分に、オリーブの木が3本植わっているのですが、
ここが完全に暗闇となっています。
なので、左半分のガーデンの広がりが感じられないのです。
また、中央のシンボルツリー(エゴノキ)の足元に、小壁があるのですが、ここも光が当たっていないので、
黒く潰れてしまっています。
ここも、ほのかに照らすことで、前庭をより立体的に見せれるのではないかと考えました。


DSC_0328-L_convert_20160615134715.jpg
After
ハイパワーソーラーアップライトを4灯追加した、今年2016年の前庭のナイトガーデニング風景です。
大きな違いはありませんが(汗)、左端のオリーブの木の足元にアッパーライトが入っているので、ぼんやりと光っています。
また、中央のシンボルツリーのエゴノキの足元の小壁の向って左側に、ソーラーライトを1灯いれているので、
その小壁に誘引したピンクのつるバラ、モーツアルトが光を浴びて、浮き上がって見えます。
ほんの少しの違いですが、ぐっと良くなりました!

今回、ソーラーアップライトを設置した場所は、普段は駐車場で、電気ケーブルの取り回しができない場所です。
なので、ソーラーライトが適しています。
ただ、以前購入した別の商品は、アッパーライトで樹木を下から照らし上げるパワーがありませんでした。
今回の商品は、電気ケーブル式の大光量の照明器具ほどの光量はありませんが、そもそも商業施設ではなく住宅なので、
このくらいのぼんやりと光るのがちょうど良いと思いました。


DSC_0307-L_convert_20160615134704.jpg

隣地境界沿いのオリーブの木のライトアップ用に設置したソーラーライトです。


DSC_0573-L_convert_20160615134934.jpg

照明部(ライト本体)は、周囲の宿根草(アガパンサス)の葉の中に隠れるように設置しています。
おかげで、ほとんど存在が分からないです。
オリーブの木の足元に設置して点灯すると、幹をちょうどいい感じに照らしてくれます。
照らすもののなるべく近くに設置するのが良い感じです。


DSC_0574-L_convert_20160615134948.jpg

ソーラー部分も、葉の中に隠れるように設置していますが、特に問題なく充電してくれます。


DSC_0559-L_convert_20160615134835.jpg

前庭の小壁をライトアップするためのソーラーライト一式です。
ライト本体とソーラーパネルを近いところで一体的に(コンパクトに)設置することも可能です。


ソーラー式のアップライトの利点は、移設が容易なことです。
前庭全景を演出するだけでなく、別の部分でも照明を当てて、ナイトガーデニングを楽しんでみました。

DSC_0324-L_convert_20160531234421.jpg

こちらの写真は、前庭ですが、中庭に続くガラス扉付近のクローズアップです。
このガラス扉の廻りにアーチを描くように、複数のつるバラを誘引しているのですが、この部分を重点的にライトアップするために、
壁付けのブラケット照明、電源ケーブル式のスポットライトに加え、ソーラー式のアップライトを補助的に使って、
バラをライトアップしています。
手前の赤いバラ(レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ)をより印象的に浮かび上がらせるために、
手前にソーラーアップライトを設置して、光を浴びせています。


DSC_7107-L_convert_20160531234802.jpg

また、中庭でもナイトガーデニングにチャレンジしてみました。
こちらでも、室内から漏れる光に加え、電源ケーブル式のスポットライトを補完するように、
随所にソーラー式のアップライトを使って、中庭で咲くバラに光を当てています。
強すぎる光は幻想的な雰囲気を損ねてしまうので、ソーラー式のアップライトはちょうど良い光量でした。


DSC_0562-L_convert_20160615134901.jpg

あと、ソーラータイプのアップライトの良さは、何にでも設置できるという点です。


DSC_0572-L_convert_20160615134922.jpg

もちろん、地面に直接、突き刺すこともできますが、土のない石張りの地面の場合でも、鉢植えの際にそっと
スパイクを突き刺せば、もうそれ自体が照明器具に早変わり!


DSC_0568-L_convert_20160615134912.jpg

ライト本体とソーラーパネルを別々の鉢に設置できるので、レイアウトも自由自在。
お手軽に照明デザイナーになれますよ(笑)。
照明器具の位置を簡単に変えられるというのは、とてもメリットが大きいです。


DSC_3911-L_convert_20150909202953.jpg
Before


DSC_0331-L_convert_20160615134726.jpg
After

昨年のナイトガーデニングでも十分満足していたのですが、今回、追加でソーラーアップライトを導入したことで、
より魅力的な夜の風景(景観)が出来上がりました!
とても満足しています。

細やかな工夫やアイディアで、より庭を楽しむことができますよ〜。
是非、みなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/15(水) 14:00:56|
  2. レビュー記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ディノス・ガーデンスタイリング』に、商品レビュー記事を書かせていただきました!(ソーラーライト編)

通信販売大手のディノス・セシールさんのサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に、連載記事を書かせていただいておりますが、
今回は、自分の庭についてではなく、ディノスさんが取り扱われている商品を、
実際に使わせていただいてのレビュー記事を書かせていただくという機会をいただきました。

『使ってみた!ガーデンスタイリング一押しアイテム』という企画の、記念すべき第1回目を担当させていただきました!

ピクチャ+2_convert_20160615112519

今回は、『ソーラーアップライトで簡単! 夏を楽しむナイトガーデニング』と題して、ディノスさんが取り扱われている商品の中から、
電源が不要な、ソーラータイプのアップライトを実際に使わせていただいて、
その感想や効果などについて、レポートさせていただいております。
『ガーデンスタイリング』のトップページに、立派なバナーも作って頂いて、恐縮してます(汗)。


ピクチャ+4_convert_20160615112546

我が家では、バラを始めて3年目の昨年2015年に、初めて「ナイトガーデニング」にチャレンジしました。
一年目の割には、思っていたより上手く行って、そこそこ満足もしていたのですが、
やはりいくつかの反省点も自覚していて、そこをナイトガーデニング2年目の今年は改善したいなぁと思っておりました。
そのあたり、テクニカルなことについてもで、ビフォー&アフター形式でレポートしておりますので、
良かったら、ディノスさんの記事の方を見ていただけましたらと思います。

  ※ dinos ガーデンスタイリング、商品レビュー記事は、こちら → 『ソーラーアップライトで簡単! 夏を楽しむナイトガーデニング』


gar_goodsreview01_t_convert_20160615112556.jpg

↑上のバナー画像はリンクしておりませんので(やり方が分からない〜:大汗)、
その上の文章のところからリンクで飛べます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/15(水) 11:46:40|
  2. レビュー記事案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色とりどり、我が家の 「紫陽花の小径」 2016

早いもので、もう6月の中盤、梅雨真っ盛りの今日この頃ですね。
雨模様の憂鬱な日が続きますが、そんな中でも我が家の前庭、玄関アプローチに、この時期だけ出現する 「紫陽花の小径」 はは華やかですよ。

DSC_0737-L_convert_20160614065007.jpg

少し前の6月11日、一瞬の晴れ間の日に、ほぼ満開の紫陽花の小径の写真を撮ってみました。
バラ同様、我が家の紫陽花は派手でしょ?(笑)


DSC_0734-L_convert_20160614064943.jpg

少し俯瞰のアングルから撮ってみました。
昨年は、地植えの大株の紫陽花が剪定時期を間違えたため、ほとんど咲きませんでしたが、今年はいい感じで咲いてくれました。
上から見下ろすと、ボリューム感が良くわかりますね。


DSC_0719-L_convert_20160614064839.jpg

今度は目線を下げて、下から見上げるような低いアングルで撮ってみました。
地植えの紫陽花に加え、鉢植えの紫陽花を横に並べて、全体としてボリューム感を増す作戦です。


DSC_0751-L_convert_20160614065245.jpg

同じような写真ですが(汗)、こちらは、ほぼ人の目線で撮影したものです。
手前(画面左)から奥へと、株の高さが徐々に低くなっていくように配置しています。


DSC_0725-aori-L_convert_20160614064921.jpg

こちらは、広角レンズのワイド端で撮った画像です。
奥行き感が強調された絵になっています。
花の流れがいい感じに撮れました。
ちょっとした紫陽花園のような雰囲気になったかな~。(←ちょっと言い過ぎかな:汗)


DSC_0722-L_convert_20160614064900.jpg

今後は、玄関アプローチを道路側から見たアングルです。
ピンクの紫陽花がボリューム感を作り、その中に鮮やかな赤い紫陽花がアクセントになるように配置しています。


DSC_0746-L_convert_20160614065136.jpg

同じアングルで、もう少し寄ってみました。
一般的な紫陽花と、園芸品種の紫陽花(画面中ほどのピンクは、ダンス・パーティという品種)が入り混じって、
変化が出て面白い雰囲気になっているかな~と思います。


DSC_0740-L_convert_20160614065049.jpg

こちらは、脚立を立てて、かなり高い位置から俯瞰のアングルで撮影した一枚です。
地面の乱張り石とも相性が良い感じです。


DSC_0747-L_convert_20160614065155.jpg

最後にもう一枚。
寄り気味で撮ったものです。
昨年お迎えした時は淡いブルーで咲いていたダンスパーティーですが、今年はピンクで咲きました(汗)。
ほんとはブルーで咲いて欲しかったんだけど、結果オーライということで(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/14(火) 09:56:23|
  2. 6月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年はキレイに咲きました! モニーク・ダーヴ

こちらは、我が家の2階のバルコニーで、鉢植えで育てているバラで、モニーク・ダーヴ。
フランス、ギヨー社のバラです。

DSC_0693-L_convert_20160613101400.jpg

このばら、なかなか難しいバラで、カタログの写真のようにはなかなか咲いてくれませんでした。
花色も濁った茶色のようでしたし、シュートもなかなか上がってくれず、不調続きでしたが、
今年は調子が良いようです。
この日、早くも二番花が咲いていましたが、美しいピンクで発色していました。
花形もこの花らしい整った姿でした。


DSC_0692-L_convert_20160613101329.jpg

同じような写真ですが、縦位置でももう一枚、撮っておきました(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/13(月) 10:16:33|
  2. モニーク・ダーヴ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年はピンクで咲いた!、紫陽花・ダンスパーティ

我が家の前庭、玄関アプローチの「紫陽花の小径」に鉢植えで育てている紫陽花、ダンスパーティがキレイに咲いています。

DSC_0618-L_convert_20160608172616.jpg

軽やかな花形がとても魅力的な紫陽花ですね。


DSC_0617-L_convert_20160608172606.jpg

シャーベットのような明るいピンク色で咲いています。
実は、このダンスパーティ、昨年は淡いブルーで咲いていました。
うちの庭で咲く紫陽花は、どれもピンクぽくなります(汗)。
土がアルカリ性なんですよね〜、きっと。


DSC_0615-L_convert_20160608172555.jpg

最初は、ブルーで咲いて欲しかったなぁと、思っていましたが、毎日、この紫陽花をみていると、
ピンクもまたいいなぁと思えるようになってきました(笑)。


DSC_0614-L_convert_20160608172544.jpg

少し引いてみたのがこちらの写真。
同じ株から伸びた枝ですが、右側と中央、左側で微妙に花色が違いますね。
特に、内側の小さな花の部分は、明らかに花色が異なっています。
こういう、微妙な花色の変化も紫陽花ならではですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:49:30|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紫陽花が美しい季節になりました。

バラが終わって、梅雨に入り、紫陽花が美しい季節になりました。
我が家の庭でも、紫陽花が見頃を迎えています。

DSC_0611-L_convert_20160608172716.jpg

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチで、この時期だけ、「紫陽花の小径」と称している場所です。
ピンクの紫陽花を中心に、たくさんの紫陽花が咲いています。


DSC_0631-L_convert_20160608172651.jpg

こちらは、19年前の新築時から地植えで育てているピンクの花が咲く紫陽花です。
我が家で一番大きな株の紫陽花です。
昨年は剪定時期を間違えて、あまり咲きませんでしたが(汗)、今年はたくさん咲いてくれました〜。


DSC_0612-L_convert_20160608172631.jpg

そのピンクの紫陽花です。
可愛らしいピンク色です。


DSC_0613-L_convert_20160608172640.jpg

こちらは、鉢植えの紫陽花で、赤花の品種です。
色鮮やかな赤で、とても気に入っている品種です。


DSC_0616-L_convert_20160608172703.jpg

こちらは、昨年、大きな株の開花株を買った紫陽花で、品種は小町。
昨年は、濃いブルーの花でしたが、今年はこんな濁った紫色で咲いてしまいました〜(汗)。
がっかりです(泣)。


DSC_0630-L_convert_20160608172739.jpg

少し引いて、「紫陽花の小径」の全景を撮ってみました。
かなり咲いて来て、ボリューム感も出て来ました。


DSC_0629-L_convert_20160608172728.jpg

真横からのアングルです。
玄関アプローチの手前(右側)に向って、徐々に下がって行くように鉢植えの紫陽花を配置しています。


DSC_0691-L_convert_20160608172750.jpg

斜め上からの俯瞰アングルでの写真です。
乱張り石の地面が乾いているのがダメですね。
打ち水して、少しウエッティーにしてから撮影した方が良かったなぁ(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:48:13|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アガパンサスの開花も始まりました!

6月に入って、バラがひと段落し、今は紫陽花が見頃です。
その紫陽花のシーズンに、もうひとつ見頃を迎える花があります。
宿根草のアガパンサスです。
我が家では、前庭の北側隣地境界フェンスに沿って、アガパンサスを植えこんでいます。
そのアガパンサスの開花が始まりました。

DSC_0625-L_convert_20160608172048.jpg

ネギ坊主のような、先のふくらみが弾けて、中から淡いブルーの花が顔をのぞかせました。


DSC_0628-L_convert_20160608172058.jpg

最初はこんな感じ。
パンストを被った頭のような、変なカタチ(笑)。


DSC_0624-L_convert_20160608172035.jpg

弾けた頭部分を横から見てみるとこんな感じ。
ぎゅうっと詰まった花が、こぼれるように中から出てきます。


DSC_0623-L_convert_20160608172020.jpg

少し斜めからのアングルです。
ピンぼけ写真になってしまいました〜(汗)。


DSC_0622-L_convert_20160608172004.jpg

真正面からのアングルです。
少しピントを合わせる位置を間違えてます~(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:45:37|
  2. アガパンサス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラス細工のようなラベンダーの花

こちらは、鉢植えで育てているラベンダーの花です。
ラベンダーも、本によってはバラと一緒に咲きます、的な表記がありますが、
なかなか難しいですね(汗)。
我が家では、バラが終わりかけの頃にようやく開花が始まる感じです。

DSC_0619-L_convert_20160608172530.jpg

そして、咲いた花がこんなのでした(汗)。
フレッシュなブルーかと思いきや、栄養不良のような薄い色。
まるでガラス細工のような花が咲きました〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:44:09|
  2. ラベンダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤と白のシモツケ

今年は、前庭の花壇に植えている低木のシモツケに異変あり、です(汗)。

DSC_0620-L_convert_20160608172309.jpg

こちらは、例年通りに咲いている白花のシモツケです。
氷砂糖のようなキラキラした粒のような花が咲きます。


DSC_0621-L_convert_20160608172319.jpg

一方、こちらは紅花のシモツケです。
前庭花壇にシモツケを列植しているのですが、一部枯れ込んだりしたため、冬に植え替えをしました。
白花一色も芸がないと思って、今年は紅花のシモツケも混ぜて植えてみました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:43:28|
  2. シモツケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーラ色のヒューケラに花が咲きました!

こちらは、中庭のシェードガーデンゾーンに地植えしている宿根草で、ヒューケラ。
ヒューケラは好きな植物で、いろいろな葉の色のヒューケラを混植しています。

DSC_0610-L_convert_20160608172429.jpg

その中のひとつ、コーラ色のヒューケラに花が咲きました!
可愛らしい小さな花です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:42:45|
  2. ヒューケラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス・踊場も今頃に咲いています。

こちらは、我が家の前庭の隣地境界の白い木製フェンスに誘引しているクレマチスで、踊場。

DSC_0626-L_convert_20160608172240.jpg

ピンクのベル型の可愛らしいクレマチスです。
可愛らしい花形・花色なので、バラも同じような雰囲気のが良いと思って、
前庭のピンク・カクテルやブルー・フォー・ユーを植えている場所に鉢植えで誘引しました。


DSC_0627-L_convert_20160608172255.jpg

しかしながら、このクレマチス、遅咲きなのか、すっかりバラが終わってからようやく咲き出しました。
クレマチスとバラを合わせるのって難しいですね。
試行錯誤、トライ&エラーの繰り返しで徐々に分かって来るのかな〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:42:03|
  2. 踊場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

爽やかなブルー、クレマチス・流星

今年も昨年同様、クレマチスが不調だった(汗)。
バラの開花時期に、上手くコラボしてくれたクレマチスはほとんどない(汗)。
クレマチスは、なかなか上手く育てられません(泣)。

そんな中、今、キレイに開花中なのが、こちらのクレマチス。

DSC_0606-L_convert_20160608172144.jpg

品種名は、流星です。
銀色のような花が咲くクレマチスというイメージだったんですが、咲いているのは
こんな淡いブルー。
珍しい花色ですね。


DSC_0607-L_convert_20160608172156.jpg

このクレマチス・流星は、中庭の玄関扉の横の小さな壁面に、
つるバラ、ルージュ・ピエール・ド・ロンサールと一緒にコラボさせてます。
ですが、バラが咲いた時には咲かず、むしろ大部分のツルが枯れ込んで(大汗)。
唯一残った一本のつるに、今、花が咲いています。
新緑のような黄緑色の葉っぱが良いですね〜。


DSC_0608-L_convert_20160608172211.jpg

花の様子。
濃いブルーで咲くクレマチス、アフロディーテ・エレガフミナに花形はそっくり。


DSC_0609-L_convert_20160608172224.jpg

花のアップです。
いくつも蕾も上がっていて、これからしばらく楽しませてくれそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:41:18|
  2. 流星
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベビー・ロマンチカにも二番花

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラで、ベビー・ロマンチカ。
昨年、新苗でお迎えしたバラで、今年2年目です。

DSC_0604-L_convert_20160608172506.jpg

切り花品種で、花持ちが良いということでお迎えしたバラなんですが、
まだ思ったほどの美しさでは咲いてくれませんね〜(汗)。
そのベビー・ロマンチカにも二番花が上がってきました!
黄色〜オレンジ色の花ですが、蕾は赤いんですね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:39:51|
  2. ベビー・ロマンチカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッドナイト・ブルーにもまた花が咲きました。

6月に入り、我が家の庭のバラは一旦盛りを過ぎ、ほとんど切り戻しているので、
ほぼ花がない状態ですが、ところどころに花も咲いていますバラがあります。

DSC_0605-L_convert_20160608172518.jpg

こちらは、そのひとつ、鉢植えのミッドナイト・ブルー。
赤紫色の房ザキするバラです。
切り戻したところから咲いているので、二番花ということになりますよね?
花は小ぶりです(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:39:18|
  2. ミッドナイト・ブルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HTダブル・デイライトの二番花

こちらも、我が家の2階バルコニーで鉢植えで育てているバラで、HT品種のダブル・ディライト。
殿堂入りを果たしている名花です。

DSC_0599-L_convert_20160608172407.jpg

早咲きなんでしょうね?、一番花を切ったのはもうずいぶん前のような気がします。
今咲いているのは、二番花でしょうか?


DSC_0601-L_convert_20160608172417.jpg

太陽が当たらないと赤くならないというのを聞いた事があります。
東向きのバルコニーなので、午前中しか太陽の光は当たらないのですが、
何とか赤い花が咲いています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:38:38|
  2. ダブル・デイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こちらも不調のバラ、ERブラザー・カドフィールにも新しいシュートが!

こちらも2階のバルコニーガーデンで、鉢植えで育てているつるバラで、
イングリッシュローズのブラザー・カドフィール。
一番最初に買ったバラなので、とても愛着があるんですが、
ずっと不調ですね(汗)。
この春も、つるは結構、伸びているのに、少ししか咲きませんでした(汗)。

DSC_0603-L_convert_20160608172452.jpg

そんな不調のブラザー・カドフィールですが、一番花を切って少しした頃、
株元から一斉に新しいシュートが上がってきました!
これは復調の兆しか?
これからの動きに期待します(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:37:48|
  2. ブラザー・カドフィール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生育不全のバラ、ヴァンテロにベイサルシュートが2本!

こちらは、2階のバルコニーガーデンで育てているバラで、ヴァンテロ。
フランスのギヨー社のバラで、花はとても美しいのですが、育てるのがとても難しい品種です。
今までもずっと生育不全で、昨年は花もあまり咲きませんでした。

DSC_0598-L_convert_20160608172131.jpg

そんなヴァンテロですが、復調の兆し!
株元から、勢い良く赤いベイサルシュートが2本も出てきました!
嬉しい〜(笑)。


DSC_0597-L_convert_20160608172116.jpg

引いて撮ったのがこちらの一枚。
冬剪定で、あまり切らないようにしていた関係で、かなり横に広がった株に成っていました。
その間を埋める位置にシュートが出てくれたので、ラッキーです。
花後に切り戻した部分からも新しい葉が展開しています。
復調の兆しですね!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:37:02|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花活けに挿したシャンタル・メリュ

今年初めてチャレンジしたバルコニーガーデン。
2階のダイニングの横にあるバルコニーでは、いくつもの鉢植えのバラを育てています。
このバルコニーガーデンのバラも一通り切り戻して、
今は、ほとんど花が咲いていないのですが、
この日、シャンタル・メリュのキレイなピンク色の花が咲いていたので、
切って、花活けに挿してみました。

DSC_0595-L_convert_20160608172343.jpg

器は、友人の陶芸家、増田哲士さん作のミルクピッチャーです。
とても気に入っている作品です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:36:20|
  2. シャンタル・メリュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

紫陽花の小径が出現!

あっという間に6月に入って、バラが一段落したあと、我が家では紫陽花の季節になります。
もともと、バラを始める前は紫陽花が好きで、庭のあちこちに紫陽花が植っていました。
4年前のガーデンリフォームを機に、紫陽花の配置を見直しました。

DSC_0589-L_convert_20160608171858.jpg

そして出来上がったのが、こちらの「紫陽花の小径」。
前庭の玄関アプローチ脇を紫陽花の花が埋め尽くします。


DSC_0583-L_convert_20160608171833.jpg

グランドレベルで見るとこんな感じです。
大株の紫陽花が2株地植えされていて、それ以外は鉢植えで育てています。


DSC_0587-L_convert_20160608171845.jpg

玄関アプローチを真横からのアングルで見るとこんな感じです。
品種にも寄りますが、まだ紫陽花は5分咲きくらいでしょうか?
鉢植えの紫陽花で、昨年購入したダンスパーティや小町といった品種は、
青い花だったのに、今年はほとんどピンクか赤紫色で咲きました。
いろいろ青で咲くように画策しましたが、うまく行きませんでした〜(汗)。


DSC_0590-L_convert_20160608171914.jpg

再び、俯瞰のアングルで。
こちらは縦位置で撮ってみました。
この紫陽花の小径を通るのが、この季節の一番の楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:34:18|
  2. 6月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かさかさになったドロシーの花ガラ摘みをしました。

6月に入ってはや、2週間が経とうとしています。
またしばらくブログの更新が滞っております〜(汗)。
怒濤のバラ月間だった5月、仕事をセーブしていた反動がこの6月に出てしまって、結構、バタバタで慌ただしくしています。
そんな中でも、バラの方も何かと手間が掛かる作業が目白押しですね。

今年は、開花が早かったバラですが、我が家で一番の遅咲きのバラ、ドロシー・パーキンスも5月末には見頃を過ぎてしまいました。

DSC_0579-L_convert_20160608171743.jpg

そして、この写真は1週間ほど前の6月5日の写真です。
5月末のオープンガーデンが終わってすぐに、ほとんどの花ガラを切りました。
残っていたのは、我が家のメインローズのドロシー・パーキンスと、花弁が分厚く花持ちが良いレッド・キャスケードだけでした。


DSC_0580-L_convert_20160608171801.jpg

我が家のバラ月間のフィナーレを飾ってくれたドロシー・パーキンスもこの通り。
まだ鮮やかなピンク色の花もちらほら見えますが、
ほとんどの花がチリチリになって茶色くなってしまいました。
これをバッサリと切りましたよ〜。
(切ったあとの写真、撮り忘れました〜:汗)


DSC_0581-L_convert_20160608171817.jpg

こちらは、メインの壁面に誘引しているつるバラで、レッド・キャスケード。
こちらも、もう花は見頃を過ぎてしまっていますね。
レッド・キャスケードは、ほぼ四季咲きと言って良いほど良く咲くバラなので、
こちらもバッサリ切りましたよ〜。
これで、一旦、我が家のバラは終わりました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/08(水) 17:32:39|
  2. 6月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

dinos・ガーデンスタイリング 第8回 我が家のローズガーデン2016バラ

※ こちらの記事は、2016年5月30日に、「dinos ガーデニンスタイリング」に掲載したものです。


大変ご無沙汰しております〜(汗)。
前回、このブログ記事を書かせていただいたのが、ゴールデンウィークまっただ中の5月6日。
そこから1ヶ月近く、このブログ記事の更新が滞ってしまいました〜(大汗)。
楽しみに待っていただいていた皆さまには、大変申し訳ありません。
この1ヶ月、まさに怒濤のバラ月間でした。
バラセミナーに通い、お友達になったバラ友さんのお庭をいくつも拝見させていただいたり、
「国際バラとガーデニングショウ」を見に東京に遠征し、ディノスさんの出店ブースにご挨拶にうかがって、
その翌日は、関東の有名バラ園を2カ所、散策しました。
関西に戻ってからは、自宅ガーデンでのオープンガーデンや、友人を招いてのガーデンパーティ、
そして、新聞、雑紙、TVなどの取材を受けたりと、まさにバラ三昧な1ヶ月を過ごしました。
おかげで、撮影した写真は貯まる一方で、自分のブログさえ更新できない状況が続いておりました(汗)。
言い訳はこれくらいにして・・・(大汗)、
お待たせしておりました、このブログを更新しますね〜。
今回の記事では、個人のブログでもまだ書いていない、今年2016年の我が家のバラ庭の様子をレポートします。
ボクのガーデニング信条でもある、「風景をつくるガーデニング」の一端を見ていただければと思います。


● 街並みに花のある景色をお裾分け

DSC_0447-L_convert_20160531234643.jpg

こちらは、我が家の前庭の全景です。
最も遅咲きのつるバラ、ドロシー・パーキンスも綺麗に咲き揃った、今年のバラシーズンのフィナーレを飾る風景です。
建物の外壁に誘引した、淡いピンクから濃いピンクまで、数種類のつるバラが、まるでタペストリーのような
ピンクのグラデーションの「壁庭」を構成しています。
シンボルツリーのエゴノキや、樹形の美しいアオダモ、銀色の葉が瑞々しいオリーブなど、数種類の高木を適所に配置して、
オアシスのような風景をイメージしながらデザインしています。


● 香る中庭

DSC_6897-L_convert_20160531234732.jpg

こちらは、我が家の中庭の様子です。
遅咲きのバラが多い前庭に比べると、こちらの中庭は、早咲きのバラがメインの庭になります。
また、前庭が小輪房咲きのバラが多いのに比べ、こちらの中庭では、中輪〜大輪のバラを多く配置しています。
そして、最大の特徴が、中庭には「香るバラ」が多いということです。
朝、目が覚めて中庭に出てみると、何とも言えぬ素晴らしい香りが、建物に囲まれたこの中庭に充満しています。
まさに、至福の時です。


● 中庭のバラをライトアップ

DSC_7107-L_convert_20160531234802.jpg

今年は、中庭でも咲いているバラに照明を当てて、ナイトガーデニングを楽しんでみました。
夕暮れ時のわずかな時間、マジックアワーと言われる、空が青く染まる時間を待って、写真撮影を行いました。
室内から漏れ出る明かりと、照明器具によって照らし出される夜のバラの風景。
昼間とはまた違う、妖艶な表情をみせてくれます。


● 今年はベランダ・ガーデンにも挑戦

DSC_9365-L_convert_20160531234825.jpg

今年は、今、注目されている「ベランダ・ガーデン」にもチャレンジしてみました!
我が家は、奈良盆地を囲む山並みを遠くに望む高台にあります。
その関係で、2階がリビング・ダイニングスペースとなっています。
その2階のダイニングに面してバルコニーがあるのですが、今年はここに鉢植えのバラを持ち込み、
バルコニーの手すりにつるバラを誘引したり、オベリスク仕立てのバラを配置したりして空中ガーデンをつくってみました。


● 奈良盆地を見渡す風景とバラに囲まれる至福の時間

DSC_9376-L_convert_20160531234849.jpg

ベランダ・ガーデンは初挑戦だったんですが、予想外にいい感じに仕上がりました〜(笑)。
広いスペースではありませんが、たくさんの鉢植えのバラに囲まれながら、デッキチェアに身を横たえ、
ぼーっと景色を見ていると、疲れも吹き飛びます。


● つるバラのアーチ

DSC_0160-L_convert_20160531234340.jpg

我が家の庭では、男のボクが作るバラ庭ということもあって、
なるべく女性的(フェミニン)な雰囲気にならないように、意識的にデザインしています。
その代表格が、アーチを使った演出をしていないことです。
とはいえ、アーチに近い演出をしてみたいということで始めたのが、こちらのエントランス部分の演出です。
前庭と中庭を視覚的に繋ぎながら、空間的には区分するガラスの扉があるのですが、
そのガラスの扉の周りに何種類ものつるバラを壁面に誘引して、アーチのような雰囲気を作り出しています。


● 我が家の一番の見せ場

DSC_0202-L_convert_20160531234403.jpg

このガラス扉付近の「壁庭」は、我が家の一番の見せ場となっています。
白い割肌調の大理石タイルの壁面にコントラストをつくる濃いピンクのつるバラ(キング・ローズ)や、
房咲きで枝垂れるように咲く淡いピンクのつるバラ(ジャスミーナ)、そして名花レオナルド・ダ・ヴィンチと、
その枝代わりのレッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ、アントニオ・ガウディ(別名、シルバー・レオナルド)の
三兄弟のバラが、ガラスの扉を囲むように、咲いています。
これらは、鉢植えのまま、壁面に誘引しています。


● 前庭でもナイトガーデニング

DSC_0324-L_convert_20160531234421.jpg

中庭だけでなく、前庭でもバラをライトアップするナイトガーデニングを実施しました。
空が青くなる夕暮れ時(マジックアワー)を狙って撮影してみました。
バラの花をライトアップする場合、淡い色の方が光を綺麗に反射し、美しく映えますね。
昼間は、濃いピンクのバラの方がよく目立ちますが、夜は逆転して、淡いピンクのバラの方が闇夜に妖しく輝やき、とても美しいです。


● 前庭の白い壁面「パレット」に満開のバラ

DSC_0438-L_convert_20160531234507.jpg

こちらは、前庭に面した建物の外壁に誘引したつるバラが作り出す、ダイナミックな「壁庭」風景です。
この「壁庭」のベースとなる、建物1階部分の白い大理石タイルの壁を『パレット』と称しています。
画家が絵を描く際に、絵の具を調合する、あのパレットです。
「キャンパス」ではなく、あくまでも「パレット」。
このパレットは、毎年咲く花の模様が異なります。
地植えや鉢植えのつるバラを組み合わせ、冬の誘引作業で、春の開花の景色を頭の中で描きながら、枝を間配って誘引していきます。
この誘引作業が、ロザリアンにとって最も刺激的でクリエイティブな作業だと言えます。


● 苦労が報われる時

DSC_0433-L_convert_20160531234445.jpg

前庭の建物外壁、「パレット」と称するこの大きな壁面に、地植えと鉢植えを合わせて約15本のつるバラとクレマチスを誘引しています。
昨年の12月、まさにこの時の風景を思い描きながら、寒空の中、ただ一人、誘引作業を続けました。
その時頭の中に描いた風景が、今まさに目の前に広がっています。
そのイメージ通りに咲き揃った前庭に佇むと、これまでの苦労が報われた気持ちになります。
まさに、ロザリアンにとって達成感を感じる充実のひと時です。
このために、一年間頑張って来ました。
また来年の春は、今年と少し違う風景になっていることでしょう?
いつまでも完成しないからこそ、「キャンパス」ではなく「パレット」なのです。


如何でしたでしょうか?、2016年の我が家のバラ庭。
毎年、試行錯誤(トライ&エラー)の連続で作っている我が家のバラ庭ですが、
うまくいった部分と、思い通りに行かなかった課題もたくさんあって、また翌年に向けて、これから一年頑張ります。
何か、皆さんのバラ庭づくりのご参考になれば幸いです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/01(水) 06:32:01|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

『ディノス・ガーデンスタイリング』に、新しい記事をアップしました(第11回)

通信販売大手のディノス・セシールさんのウェッブサイト、『dinos ガーデンスタイリング』に
今年1月から定期的に記事を書かせていただいておりますが、ほぼ1ヶ月ぶりに記事更新されました〜(汗)。

ピクチャ+3_convert_20160531235006

ほぼ2週間の1度のペースで、記事を書かせていただいたいたのですが、
5月は、怒濤のバラ月間となり(大汗)、撮った写真の整理すらままならない状態になり、
記事の締め切りを大幅にずらしていただいておりました(汗)。
何とか、昨日、5月末の締め切り間に合って、記事更新していただきました。


ピクチャ+4_convert_20160531235020

今回の記事は、『我が家のローズガーデン2016』と題して、この怒濤のバラ月間の間に撮影した
我が家のバラ庭の様子をレポートしてみました。

  ※ 第11回目の記事は、こちら → 「 我が家のローズガーデン2016 」

まだ個人ブログでも紹介していない、撮れたれほやほや、我が家の今年のローズガーデンの写真を
掲載しています。
よろしければ、ご覧下さい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/06/01(水) 06:10:53|
  2. 記事投稿告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2015年 個人部門 花のまちづくり若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
フォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
各月毎の庭の様子 (226)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (21)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (3)
バラ (2694)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (96)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (31)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (1)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
シャーロット・オースチン (1)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (4)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (24)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (44)
ピエール・ド・ロンサール (45)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (14)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (19)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズA(品種不明バラ) (3)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (286)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (302)
アオダモ (3)
紫陽花 (95)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (16)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (571)
アガパンサス (24)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (35)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (142)
オダマキ (4)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (144)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (43)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (5)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (30)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (21)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (5)
バラの作業 (219)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (16)
バラの薬剤散布 (41)
バラの害虫 (3)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (70)
記事投稿告知 (26)
記事(バックアップ) (26)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (68)

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR