Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

カタログ通販・ディノスさんのサイト『ガーデン・スタイリング』にコーナーを持たせて頂くことになりました。

お知らせです。
このたび、ご縁がありまして、大手カタログ通信販売会社のディノス・セシールさんのガーデン商品サイト、
『dinos ガーデン・スタイリング』の中に、ガーデニングについて書かせていただくコーナーを持たせて頂くことになりました〜(汗)。

自宅の庭でつるバラを中心としたガーデニングを始めて、まだ丸3年の初心者ですが(汗)、
今回、このような機会を与えて頂き、嬉しく思っています。
書かせて頂くテーマは、『「風景」をつくるガーデニング術』とさせていただきました。
立派なページもつくっていただいて恐縮してます(汗)。

ピクチャ+1_convert_20160128093714


こちら↓が、今回お世話になるディノスさんのガーデニングサイト
「dinos ガーデン・スタイリング」です。

  ※ dinos ガーデン・スタイリングのサイトは、こちら → 

ピクチャ+3_convert_20160128093801

お話によりますと、今回、この「ガーデン・スタイリング」のサイトを全面的に
リニューアルされたそうです。
それに合わせて、ガーデンの専門家先生方やブロガーさん、イギリスの園芸愛好家さん
たちにお声掛けされて、それぞれのコーナーを持たれているそうです。
専門家のお一人には、憧れの吉谷桂子さんもおられ、同じサイトの中で書かせて頂く
というだけで舞い上がってしまいますね(大汗)。
他のブロガーの皆さんも有名な方ばかりで、そんな中に混ぜて頂いて恐縮です(汗)。


ピクチャ+6_convert_20160128093840

「人気ブロガー」というくくりの中に入れて頂いているのですが、
ホント、恐れ多いです(汗)。

  ※ ブロガー一覧は、こちら → 


サイトリニューアルにあたって、このほど第1回目の記事を書かせて頂きました。

ピクチャ+7_convert_20160128093854

記念すべき第1回目の記事は、『「風景」をデザインするガーデニングのススメ』と
題して、我が家のガーデンの今を、ダイジェスト版でまとめてみました。

  ※ 第1回記事は、こちら → 

画像も大きく載せてもらって、なかなか迫力ありますよ。
個人のブログの背景は黒なんですが、今回のサイトの背景は白で、
いつもと違った感じがします(汗)。
自分のブログなら好き勝手書けますが、こういった販促サイトへ書かせていただくのは
初めてなので、試行錯誤しながら書いて行くことになると思います。
週1回くらいのペースで、記事を更新していく予定です。
(個人ブログのペースより頻繁に更新することに少々不安もありますが・・・大汗)
個人ブログでこれまで書いて来たことを振り返りつつ、少しでも何かお役に立てることを
発信できればと思っています。
どうかよろしくお願いいたします。


あと、このディノスさんのガーデン・スタイリングのサイトには、
ブロ友のメアリーさんもコーナーを持たれています。

ピクチャ+2_convert_20160128093920

ボクがバラを始める際に、大きな影響を受けたブロガーさんです。
メアリーさんの個人ブログのファンの方はたくさんおられると思いますが、
今回のディノスさんのサイトでも、「メアリー節」が満載ですよ(笑)。
ボク自身もとても楽しみにしています。

  ※ メアリーさんのコーナーは、こちら → 「私とバラのいい関係」

  ※ メアリーさんのブログは、こちら → 「ベランダでバラのコンシェルジュを目指して」

そんなことで、お知らせでした〜。
どんな風になって行くのか、自分でもまだ分かりませんが、楽しみがまたひとつ増えました。
今後ともどうかよろしくお願いいたします!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 16:22:41|
  2. 記事投稿告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オススメのバラ本

ご無沙汰してます(大汗)。
しばらくブログ更新、サボってました〜。

自宅ガーデンのバラのお世話は少し前に終わっているので、自宅の庭ではあまりすることがないんですが、
先週末の土日は、隣町に住んでいる叔母の家のつるバラの誘引作業と、
高校時代の同級生の友人宅のつるバラの誘引作業のお手伝いに行ってました。
友人宅の方は、まだそんなに本数が多くないので、作業は半日ほどで終わったのですが、
叔母の家のつるバラは初年度から20本以上を植えたこともあって、しかも環境条件が我が家より数段良いことも重なって、
爆発的に成長していたので、2日間でも作業は終わらず、今週末にも再度お手伝いに行く予定にしてます。
そんなこともあって、何かとバタバタしておりまして・・・(汗)

先週は、未曾有の大寒波が日本列島を覆って、全国的に大雪になりましたが、関西は寒かったものの、
幸運にも雪は積もりませんでした。
ですが、極寒の中、外に鉢植えのまま出していたクリスマスローズが凍ってしまって(汗)、
瀕死の状態になりました。
何とか回復の兆しはあるのですが、どうなることやら・・・。

・・・・と、近況はこのくらいにして、今回はちょっと話題を変えて、オススメの「バラ本」を紹介してみようかと思っています。

3年前、妻を病気で亡くして、失意の中、何か自分を奮い立たせるためにやリ始めないとと思って、
つるバラを育ててみようと思い立ちました。
とはいえ、つるバラどころか、バラも育てたことはなく、皆さんのブログを拝見させていただいたり、
雑誌や本を貪り読みました。
その中で、特に影響を受けて、何度も読み返したのが、村田晴夫先生の「つるバラ本」です。

DSC_1609-L_convert_20160127164350.jpg

こちらが、その「つるバラ本」です。
村田先生の著書は、真ん中の『つるバラのすべて』(講談社)、右側の『つるバラでとっておきの庭、つくりました』です。
左側の『オークンバンケット 加藤矢恵のつるバラと暮らす庭』の著者、加藤矢恵さんは村田晴夫さんのお弟子さんです。
この「つるバラ本」との出会いがなければ、ボクはバラを始めていなかったかもしれません。
どの本もつるバラの素晴らしさを、素敵な写真で伝えています。
こんな美しい風景がつくれるんだ〜と、とても感心したことを憶えています。
今でも、ボクのバイブル的な本です。


DSC_1610-L_convert_20160127164406.jpg

バラを始めて、ますます「つるバラ」の魅力に取り憑かれるようになって行きましたが、
3年も経つと、誘引方法など、いろいろ我流でやってしまうことも多くなってきて(汗)、
本当にこのやり方で良いのだろうかと思うようになりました。
そこで、昨年末につるバラの誘引を始めるにあたって、基本に戻るべく、村田晴夫先生の著作本を新たに買ってみました。
写真の左側の2冊がそれです。
『村田晴夫のバラの庭作り(入門編)』と『村田晴夫のバラの庭作り(応用編)』です。
少し古い本のようで、なかなか売っているお店がなく、結局、Amazonで中古本を入手しました。
これで、村田先生の「つるバラ本」は4冊になりました(笑)。
改めて、この著作を読んでみると、つるバラの誘引方法にヒントやアイディアが満載で、目からウロコでした。
いろいろインスピレーションを受けて、この冬のつるバラの誘引作業に反映することができました。
やはり時々、基本に帰ることが大切だなぁと思いました。


DSC_1614-L_convert_20160127164417.jpg

そして、もうひとつ、バラを始める前に読み込んだ「バラ本」がこちら。
高原通寿先生著作の『根力で咲かせるバラづくり』(農文協)。
ブロ友さんのところで紹介されていたのを見て、ボクも買って読んでみたのですが、とても詳しく栽培方法が紹介されています。
バラを始めた当初は、この本に書かれている通りのやり方で、つるバラを地植えにしていましたが、
今ではこれまた我流で、植え込むようになってしまっています(汗)。
バラを始めた初年度に地植えしたつるバラは、どれも大きく成長していて、今振り返ってみると、この本のおかげかなと思います。
多少面倒でも、基本に立ち返って、この本の通りに育てて行く必要があるなぁ〜と思う今日この頃です(汗)。

今回ご紹介した「バラ本」はどれも有名なものばかりなので、ご存知の方も多いと思いますが、
どれも本当に素晴らしく、超オススメですよ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/27(水) 17:39:50|
  2. Book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を待つ、つるバラの誘引風景、2016年1月

昨年12月の末までに、概ねつるバラの誘引作業を済ませていたので、
今年に入ってからは庭作業もほとんどすることがなくなってしまいました(汗)。
なので、先週の土曜日は、この冬に行ったつるバラの誘引風景の写真を撮ることにしました。
バラが咲いている期間より、花も葉もない期間の方が圧倒的に長いので、
冬のつるバラの誘引風景を、なるべく美しくみせれるように頑張って作業しました〜(汗)。
いろんなアングルから撮ってみましたので、載せてみますね。

DSC_0961-L_convert_20160118194305.jpg

こちらは、我が家の前庭の全景です。
真正面からのアングルです。
撮影の間だけ、駐車場の車を移動させて撮ってみました。


DSC_0947-L_convert_20160118194104.jpg

少し向かって左側に寄って撮ってみました。
なかなか雄大な風景です(笑)。


DSC_0963-L_convert_20160118192131.jpg

こちらは、前庭の玄関アプローチ側からのアングルです。
春の満開の様子をイメージしながら、この玄関アプローチを眺めて悦に入ってます(笑)。


DSC_0964-L_convert_20160118192053.jpg

再び、前面道路から真正面のアングルで。
一枚目の写真よりちょいアップです。
前庭のつるバラの誘引の雰囲気がよく分かる、お気に入りの一枚です。


DSC_0990-L_convert_20160118191040.jpg

同じ位置から縦位置でもう一枚。
我が家のシンボルツリー、高さ5mの株立ちのエゴノキの全景が入るように
撮ってみました。


DSC_0951-L_convert_20160118192031.jpg

玄関アプローチです。
画面右側の隣地境界の白いタイル張りのブロック塀には、つるバラのアンジェラとつるアイスバーグを誘引しています。
奥の建物の外壁、右側の壁にはキングローズとレッド・キャスケードを誘引しています。


DSC_0953-L_convert_20160118191954.jpg

もう少し玄関アプローチを進んで行くと、こんな風に見えてきます。


DSC_1005-L_convert_20160118192014.jpg

建物外壁に誘引しているつるバラの風景の全貌がうかがえます。
ガラスの扉を抜けて奥に入ると、中庭空間へと繋がっています。


DSC_0948-L_convert_20160118191726.jpg

こちらは、前庭の建物外壁に誘引したつるバラの全景です。
結構、この大きな壁面へのつるバラの誘引は大変でしたが、仕上がりを見ると達成感があります。


DSC_0949-L_convert_20160118191739.jpg

更にアップです。
ガラス扉の向かって左側の大きな壁面には、我が家のメインローズのドロシー・パーキンスに、
ジャスミーナ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、キングローズ、アントニオ・ガウディ、レッド・キャスケード、シンパシーを
誘引しています。


DSC_0999-L_convert_20160118191820.jpg

同じようなアングルですが、もう一枚載せておきます(汗)。


DSC_0970-L_convert_20160118190901.jpg

玄関アプローチのガラス扉の両側のつるバラの誘引風景です。
前回の反省点を鑑み、今回はつるを交差させずに誘引しています。


DSC_0997-L_convert_20160118190913.jpg

ガラス扉部分を斜め横からのアングルで撮っておきます。
春に花が咲いた時用に、ビフォー・アフターのビフォー写真を撮っておきます(汗)。


DSC_1004-L_convert_20160118190925.jpg

ガラス扉の正面アングルです。
ガラス扉を開け放っているので、奥の中庭まで見通せます。


DSC_0989-L_convert_20160118190953.jpg

こちらは、ガラス扉の向かって右側の建物外壁。
ここに、つるバラのキングローズ、レッド・キャスケードに加え、
今回は幻のバラ、アントニオ・ガウディも加わりました。


DSC_0987-L_convert_20160118190846.jpg

そして、前庭の玄関アプローチの隣地境界側を見たアングルです。
白いタイルを貼ったブロック塀には、アンジェラとつるアイスバーグを誘引しています。


DSC_0983-L_convert_20160118191028.jpg

こちらは、ガラス扉の向かって左側の壁面。
地植えのジャスミーナと、鉢植えのレオナルド・ダ・ヴィンチを誘引しています。
その足元には、鉢植えのクリスマスローズを並べています。


DSC_0992-L_convert_20160118191102.jpg

こちらは、前庭の駐車場スペースです。
撮影の間、近くに車を停めさせてもらいました。


DSC_0984-L_convert_20160118191921.jpg

駐車場スペースには土の部分がないので、鉢植えでつるバラを建物外壁に誘引しています。
大きな鉢がつるバラ、小さな鉢はクレマチスです。


DSC_0965-L_convert_20160118191007.jpg

その壁面を下から見上げるように撮ってみました。
我が家のメインローズのドロシー・パーキンスなどを誘引しています。


DSC_0966-L_convert_20160118194354.jpg

こちらは、前庭の北側隣地境界部分に設置している白い木製フェンスです。
このフェンスにもつるバラを4本誘引しています。
右から、サンセット・グロウ、センティッド・エアー、ピンク・カクテル、ブルー・フォー・ユーです。
このエリアも今回、つるバラの配置を変えたので、この春が楽しみです。


DSC_1006-L_convert_20160118191124.jpg

こちらは、ガラス扉を抜けたところの中庭空間です。
手前の白い壁面には、つるバラのヴァイオレット、パット・オースチン、ガートルード・ジェキルと、
クレマチスのアフロディーテ・エレガフミナを誘引しています。


DSC_1007-L_convert_20160118194423.jpg

こちらは、中庭側から1階の母の部屋を見たアングルです。
趣味の絵を描いているようです。
我が家は二世帯住宅なもので(汗)。
この時期、花はありませんが、春に花が咲くと花を見ながら絵も描けるので、
ここはベストポジションです(笑)。


DSC_1009-L_convert_20160118194452.jpg

斜め横からのアングルです。
1階の母の部屋の大開口の足元には、イングリッシュローズを地植えしています。
春になり、ここにたくさんのバラの花が咲くときっと壮観でしょうね。


DSC_1014-L_convert_20160118194336.jpg

再び、前庭の全景です。
写真を撮っているうちに、少し青空も顔を覗かせました。
ここに、春どんな風景が広がるのか、今から楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/01/19(火) 19:44:50|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

枝だけになって春を待つ鉢植えの紫陽花

先週の土曜日、つるバラの誘引など、冬の庭作業も一段落していたので、庭の様子を写真に撮ってみました。

DSC_0998-L_convert_20160118192111.jpg

こちらは、前庭のロックガーデンの前に並べた鉢植えの紫陽花たちです。
葉っぱを全てもぎ取ったのですっかり枝だけになって淋しい感じですが(汗)、この状態で春を待っているようです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/19(火) 19:36:15|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全ての冬作業が終わって静かな中庭の風景

今年は、我が家の庭のバラの誘引だけでなく、隣町に住む叔母の家のバラ庭や、高校の同級生の友人のバラ庭の
つるバラの誘引作業をお手伝いすることになっている関係で、何としても早めに自分家のバラの冬作業を終えて
おきたいと思って、早めに作業開始していました。
いつもは冬休みに入る直前から、1月末くらいまで掛かっていた作業ですが、
今回は昨年の12月の頭から開始して、昨年末にはほぼ目処がたち、一部やり残した作業だけが越年となりましたが、
それもこの前の3連休で、全て完了することができました。
おかげで、気分的にもものすごく楽に過ごせています。

DSC_0928-L_convert_20160113150902.jpg

つるバラの誘引に始まり、懸案のDIY工事、気になる箇所に改修作業、バラ以外の植物の植え替え作業など、
とりあえずこの冬にやってしまわないといけない作業は全て終わりました。
ようやく慌ただしい庭作業から開放されて、静かな庭の景色を眺める余裕ができました。
写真は、凛と張り詰めた冬の日の我が家の中庭風景です。


DSC_0926-L_convert_20160113150949.jpg

昨年からずっと放置していた落ち葉拾いなど、庭全般の清掃もようやく終わりました。
しばらくは落ち葉も出ない、スッキリとした冬の庭を楽しめそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:41:02|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中庭のシェードガーデンの石に込めた想い

今回は、我が家のガーデンの庭石にまつわる想いを書いてみます。

DSC_0927-L_convert_20160113150822.jpg

こちらは、我が家の中庭のシェードガーデンゾーンです。
お隣さんの建物が近接しているので、南向きの庭ですが、
日陰になるエリアです。
この場所には、中庭のシンボルツリーのコハウチワカエデを植え、
その足元には、日陰に強いシダや宿根草のギボウシなどを植えています。
シダは常緑なので冬でも緑がありますが、ギボウシは冬場、
地上部分がなくなって地面が見えている状態になります。
地面には一部、苔むしたような場所もありますね(汗)。
そして、この冬になると緑がほとんどなくなるので、
このシェードガーデンに配置した石も姿を現します。


DSC_9896-L_convert_20140701154944.jpg

こちらが、この中庭・シェードガーデンの夏の様子です。
シンボルツリーのコハウチワカエデの足元は、いくつものギボウシで覆われ、
鬱蒼としています。
そのため、このエリアに配置した石は見えなくなっています。


DSC_0155-L_convert_20151207140724.jpg

また、このシェードガーデンには、中木のドウダンツツジも植えています。
18年前、この家を新築した年に、一人息子が生まれました。
その息子の誕生記念に植えたのが、このドウダンツツジです。
ドウダンツツジは、「満天星」とも書くようで、満天の空に輝く星のように
育って欲しいという想いを込めました。
ドウダンツツジは、秋に燃えるように赤く紅葉する姿も美しいです。


DSC_0921-L_convert_20160113150754.jpg

そんな中庭のシェードガーデンですが、ここにはもうひとつ想いを込めた設え(しつらえ)があります。
それが、冬になって地上部の緑がなくなると姿を現す、5つの石です。
母方の実家が京都にあって、昔は京町屋だったその家も今は新しい今風の家に変わっていますが、
昔の実家の庭にあった庭石をいくつか母がもらっていたようです。
京都は、加茂石や鞍馬石など、和風庭園に使われる名石と呼ばれる石が採れる場所ですが、
そんな名石かどうかは分かりませんが(汗)、趣きのある石がいくつか家にありました。
その石を、このシェードガーデンのシンボルツリーのコハウチワカエデの廻りを取り囲むように配置しています。
ちなみに、画面右側の平べったい石は、昔、京都市街地を走っていた市電の舗石として使われていたものらしいです。


DSC_0922-L_convert_20160113150808.jpg

別アングルでもう一枚。
シェードガーデンに配置したこの5つの石は、我が家の家族を表現もしているのです。
我が家は二世帯住宅なので、両親、ボク、妻、息子の5人をひとつひとつの石に見立てています。
石の表情や雰囲気を見て、これは誰の石と決めて、配置する場所にも意味を持たせて配置しました。
一人息子の誕生記念に植樹したドウダンツツジを取り囲み、見守るように、ボクと妻の代わりの石を配置しました。
そんな想いを石に込めたシェードガーデンなのです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:40:06|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクの誘引の一部をやりかえ

今回の記事は、昨年末に実施した前庭に面したパーゴラに誘引しているつるバラ、
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクの誘引の一部をやり替えした作業記録です。

DSC_0935-L_convert_20160113150739.jpg

こちらが、そのパーゴラです。
我が家の前庭に一部面して、隣地境界ギリギリに設置させてもらっている
DIYで制作したパーゴラです。
幅は1メートル少々しかありませんが、奥行きは5メートル以上あります。
側面はほとんど見えないので、前庭に面したこの部分で花を咲かせる
工夫が必要になります。


DSC_0932-L_convert_20160113150704.jpg

前回誘引作業をした時、一部のシュートをこのパーゴラの長手方向(桁方向)に
まっすぐ伸ばして誘引していたんですが、はやり、奥に伸ばしても
外からは見えにくいので、この奥に誘引したシュートを一旦外して、
手前に持って来ることにしました。


DSC_0933-L_convert_20160113150715.jpg

分かりにくいですが、こちらが、その作業後の様子です。
奥に伸ばしていたシュートを短手方向(横方向)に、S字を描くように
誘引し直しました。


DSC_0934-L_convert_20160113150727.jpg

少し引いて、広角レンズで撮ってみました。
前庭に面した、パーゴラの先端部で、以下にたくさん咲かせることができるか、
そこに絞った誘引を心がけています。
うまく意図通り咲いてくれるか、乞うご期待です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:38:54|
  2. つるバラの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭の隣地境界ブロック塀のタイル工事の残りを仕上げました。

この日は、最後に残った大仕事、中庭の隣地境界沿いのブロック塀のタイル張り工事の残工事を仕上げました。

DSC_0931-L_convert_20160113150611.jpg

こちらが昨年から一年越しの懸案事項だった、我が家の中庭の隣地境界にあるブロック塀です。
このブロック塀の両サイドに設置している黒い木製フェンスを、昨年やり変えて、
高さを倍の1.8メートルのものにしました。
その新しい木製フェンスの高さに合わせるべく、真ん中のブロック塀もブロックを2.5段分積み増ししたのです。
ブロック工事は、一年前の2月に実施済みなんですが、仕上げの白い割肌の大理石タイルの調達が遅れ、
タイルを張る工事は、ほんの少し前、昨年の12月末にようやく実施することができました。
ただ、馬目地(タイルを半分ずらしながら貼って行く方法)で施工したので、どうしても端部に半端モノ(半割タイル)が
必要になってしまいます。
ですが、プロに頼まず自分でDIY工事でやっているので、この堅い石のタイルを半分に割るのが大変で、
延び延びになっていました。
その様子がこちらの写真です。
端っこにタイルを貼っていない部分がみえていますね。
やっぱり気になるので、早く施工してしまいたいと思います〜(汗)。


DSC_0929-L_convert_20160113150547.jpg

ようやく重い腰を上げて実施することにしました。
要は、この大理石タイルを半分に切れば良いのですが、特別な工具は持っていないし、
これまでもウッドデッキやパーゴラを自作でつくってきましたが、材料を切る作業は怖いので(汗)、
予め必要な寸法を工場で切って出荷してもらったり、家のリフォームのついでに
大工さんに材料だけを切ってもらったりしていました。
今回はそういう訳にもいかないので、近くのホームセンターに行って、レンタル工具で
ディスク・グラインダーを借りて来ました。
刃は消耗品なので、自分で買ってくださいとの事でした。
刃はタイル、コンクリート用で、約1500円くらいだったかな〜。
レンタル料も、1泊2日で250円くらいで済みました。
タイルを半分に切るだけの単純作業なんですが、このディスク・グラインダー、刃が直接出ているので、
やっぱり怖いですね〜(汗)
集中していないと、手を切ったり、それでは済まない大怪我をする可能性もあるので、
慎重に慎重を重ねて作業をしました。


DSC_0930-L_convert_20160113150559.jpg

何とかタイル(石ですが:汗)を半分に切ることができました(大汗)。
結構、怖かったです〜。
もう二度とやりたくない作業ですね〜(笑)。
ボクは、あまりDIY 作業には向いていないかもしれませんね〜(汗)。
精度もかなりいい加減で、お恥ずかしい限りですが、そういうところは目をつぶります。
A型ですけど(大汗)。


DSC_0939-L_convert_20160113150624.jpg

そして、いきなりの完成形です。
近くでみるとボロが目立ちますが(汗)、遠くから見ると分からないですよね〜。
まあ、良い感じに仕上がったことにしておきましょう(笑)。


DSC_0940-L_convert_20160113150637.jpg

斜め横からのアングルです。
このアングルで見ると、いろいろボロが出ます(汗)。


DSC_0941-L_convert_20160113150649.jpg

反対側からのアングルです。
こちらも同様です(汗)。
ですが、構想1年、実現までさらに1年かかりましたが、ようやく完成して良かったです〜(笑)。
これで、心おきなく春を迎えることができます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:37:52|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭花壇にベロニカの植え込み、ウェーブエッジを施工しました。

今回は、中庭のイングリッシュローズゾーンと呼んでいる、玄関アプローチ脇の花壇に宿根草を植え込む作業にあたり、
あるガーデン資材を使ってみました。
その作業記録をまとめてみました。

DSC_0881-L_convert_20160113151408.jpg

今回植え込むのは、こちらの植物、宿根草のベロニカ。
匍匐性でよこに広がって育つ植物です。
昨年も同じ場所に植えていたのですが、花壇のバラの植え替え作業に合わせて、一旦掘り上げて
スリット鉢で養生していました。
それを元に戻して植え込んでいきます。


DSC_5367-L_convert_20150406094123.jpg

ちなみに、こちらがベロニカの花です。
青い可愛らしい花が咲く、グランドカバー植物です。
冬場は、葉が紫色に変わってしまいます。


DSC_0882-L_convert_20160113151420.jpg

こちらが、このベロニカを植え込む場所です。
中庭の玄関アプローチの脇で、軒があって直接雨がかからない場所です。
ここに植え込んだバラの隙間に、このベロニカを這わせようと思っています。


DSC_0883-L_convert_20160113151433.jpg

ベロニカは、匍匐性で横にどんどん広がっていくので、ここに植えているバラやクレマチスの株元近くまで迫ってしまうと、
メンテがしにくくなるので、株元を囲むように、ウェーブエッジというプラスチック製の波板のガーデン資材を使いました。
写真は、何もないように見えますが、ここには新枝咲きのクレマチス、アフロディーテ・エレガフミナが植え込んであります。
このクレマチスの株元の周囲に、ウェーブエッジを設置します。
仮置きの様子です。


DSC_0885-L_convert_20160113151445.jpg

ウェーブエッジを設置するために、クレマチスの株廻りを10センチほど掘りました。


DSC_0886-L_convert_20160113151457.jpg

堀った穴に波板状のウェーブエッジを設置しました。


DSC_0887-L_convert_20160113151510.jpg

土を戻して設置完了です。


DSC_0889-L_convert_20160113151533.jpg

同様に、地植えのバラの株元にも設置してみます。
バラは、ERパット・オースチンです。


DSC_0890-L_convert_20160113151545.jpg

同様の手順で、このエリアに植えている地植えのバラの株元廻りに、ウェーブエッジを設置しました。


DSC_0891-L_convert_20160113151600.jpg

別アングルからもう一枚。


DSC_0892-L_convert_20160113151612.jpg

アップでもう一枚(汗)。


DSC_0894-L_convert_20160113151635.jpg

次に、バラの株間に宿根草のベロニカを植え込みます。
まずは仮置きして、植え込む場所を決めました。


DSC_0895-L_convert_20160113151647.jpg

植え込み用の穴を掘っています。


DSC_0896-L_convert_20160113151658.jpg

スリット鉢から抜き出したベロニカの苗です。
結構、根も張っていて、順調に育ってくれていました。


DSC_0897-L_convert_20160113151720.jpg

そして、全てのベロニカの苗を植え込み完了です。


DSC_0898-L_convert_20160113151731.jpg

アップで見るとこんな感じです。
ここまでする必要があるのかは分かりませんが、実験的な意味合いも含めて、今回実施してみました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:36:31|
  2. ガーデン資材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭花壇のエッジ部分の改修工事

前庭花壇の改修工事に続き、こちらもかねてより気になっていた中庭の花壇の改修作業にとりかかることにしました。

DSC_0814-L_convert_20160113150055.jpg

気になっていたのはココ。
中庭のイングリッシュローズコーナーと称している、イングリッシュローズを集めて地植えしている花壇のエッジ(縁)部分です。
この花壇の土が、玄関アプローチの乱張り石部分のこぼれ落ちて来ないように、以前から耐火レンガを使って、
土止めをつくっていました。
意匠的になるべく、このレンガの存在を目立たせないように、そして使うレンガの数をコスト的にも減らしたい(汗)、
ということで、以前は耐火レンガを横にしてエッジ(縁)をつくっていたのですが、
やはりエッジ部分が低いので、すぐに花壇の土がこぼれてしまって困っていました。
なので、この耐火レンガを縦使いして、エッジの高さを上げることにしました。
まずは、一部で試してみました。
ちょうど、ERジュビリー・セレブレーションを植えている場所が一番エッジ部分に近く、
レンガを縦使いすると当たってしまうのではないかと懸念されましたが、何とかなりそうです。


DSC_0825-L_convert_20160113152611.jpg

真上から見るとこんな感じです。
縦使いすると、結構な高さを稼げそうです。


DSC_0824-L_convert_20160113152558.jpg

善は急げとばかり、必要な資材を買いに走りました。
まずは同じ耐火レンガを25枚ほど調達しました。
このレンガ選びも、前回いろいろ検討した中で、この耐火レンガを採用しました。


DSC_0903-L_convert_20160113152646.jpg

なるべく甘い雰囲気にならないような硬派な材料を使いたいと思いました。
また、この近くには和風の大きな水かめもあるので、それとの素材的な統一感も意識し、
洋風になりすぎない、備前焼のような表情のこの耐火レンガを選びました。


DSC_0901-L_convert_20160113152622.jpg

早速、作業開始です。
以前に横使いの耐火レンガを引き抜いて、そこにもう一枚足す感じで、縦に並べて行きます。
以前に使っていた耐火レンガは、土の中に埋もれていたので、色がだいぶ変わっています。
新しい耐火レンガと並べるとまだら模様になってしまいます〜(汗)。


DSC_0905-L_convert_20160113152710.jpg

それもまぁいいかな〜と思い直して、どんどん作業を進めます。
掘っては並べ、掘っては並べの繰り返しです。


DSC_0904-L_convert_20160113152658.jpg

だいぶ作業が進んで、終わりが見えて来ました。
現状花壇の土のレベルからだいぶ高さが上がりますね。


DSC_0910-L_convert_20160113152817.jpg

概ね完成しました。
レンガの色がムラムラですが(汗)、そのうち馴染んでくるでしょう(笑)。


DSC_0911-L_convert_20160113152827.jpg

上から俯瞰で撮ってみました。
なかなか壮観です(笑)。


DSC_0912-L_convert_20160113152839.jpg

イングリッシュローズコーナーの全景です。
こうやってみると、そんなに密に植ってない気もしますね(汗)。


DSC_0913-L_convert_20160113152849.jpg

グランドレベルでもう一枚。
玄関のガラス扉の方に向かって、内側に切れ込むようなラインで耐火レンガが並びます。


DSC_0908-L_convert_20160113152756.jpg

こちらは、耐火レンガを縦に並べた部分のアップ。
耐火レンガの花壇の外側、乱張り石を敷き詰めた側に5センチほどの溝をこしらえています。
そこにサビミカゲ石の砂利を敷いています。
乱張り石部分を洗った際に、流れる水をしみ込ませる、側溝的ば機能を持たせています。
ただ、長く使っているうちに、流れ出した土が溜まって黒ずんでいました。


DSC_0906-L_convert_20160113152722.jpg

その黒ずんだサビミカゲ石を一旦引き上げて、ふるいにかけて、砂利と砂に分別しました。
砂利については、また元の側溝部分にもどしました。


DSC_0914-L_convert_20160113152859.jpg

とはいっても汚れたままで美しくないので、表土の部分には新しいサビミカゲ石を敷いてきれいにします。
こちらが、そのサビミカゲ石です。
ちょうど一袋分で、この側溝部分を賄えました。


DSC_0915-L_convert_20160113152911.jpg

側溝部分の表土に新しいサビミカゲ石の砂利を敷き詰めました。
すいぶんきれいになったと思いません?(汗)


DSC_0916-L_convert_20160113152922.jpg

別アングルからもう一枚。
今回、エッジ部分をかさ上げしたので、花壇からの土の流出はかなり防げると思うので、
これまでみたいに汚くはなりにくいと思っています。


DSC_0917-L_convert_20160113152933.jpg

最後にもう一枚。
玄関アプローチ側から見たアングルです。
こんな感じで、中庭の花壇部分の懸案だった箇所の改修作業を終えることができました。
とりあえず良かったです〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:33:19|
  2. ガーデンリフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

達成感のある前庭のメインファサードのつるバラの誘引風景

ここのところ、何度か前庭のつるバラの誘引風景の写真を載せています。
まだ花も咲いてもいなければ葉っぱも出ていないのに、前庭の建物外壁の誘引風景に見とれてしまうことが度々です(汗)。

DSC_0868-L_convert_20160113151312.jpg

今回の前庭の建物外壁のつるバラ誘引作業は、自分でも大変満足のいく、
そして達成感を感じることができた作業でした。
つるバラの誘引作業は、ある程度事前のイメージはあるものの、
実際にやってみると、出たとこ勝負みたいなところがありますね。
その場の一瞬の判断で、この枝をどちらに曲げるか、どこに持って行くかを
決めなければなりません。
そんな即断即決の連続の中で、自分のイメージに近い絵を書いて行く作業なのかな〜、
なんて思います。
こちらが、この冬の大作、前庭のつるバラの誘引風景の全景です。


DSC_0869-L_convert_20160113151326.jpg

縦位置でももう一枚撮っておきました。


DSC_0867-L_convert_20160113151300.jpg

玄関アプローチのガラス扉付近にクローズアップしてみます。
やはり、このガラス扉の廻りをどのようにデザインするか、咲いた時のイメージを思い描きながら、
枝を間配っていきます。


DSC_0862-L_convert_20160113151159.jpg

ガラス扉の向かって左側の白い壁面の誘引状況です。
ここには、メインローズの一角、ジャスミーナと鉢植えのまま壁面に誘引している
レオナルド・ダ・ヴィンチがいます。
今回は、ジャスミーナの活きの良い太いシュートが何本も上がっていたので、
それを同心円状に誘引しているのが特徴です。


DSC_0863-L_convert_20160113151211.jpg

同じ場所を縦位置でも撮っておきました。
ジャスミーナの豪快な太いシュートの流れが見えて来ます。


DSC_0864-L_convert_20160113151223.jpg

ジャスミーナのシュートのアップです。
今年は、この白い外壁面のつるバラの誘引に、赤い麻ひもを使ってみました。


DSC_0866-L_convert_20160113151247.jpg

その赤い麻ひもも誘引して何日も経って、雨にも降られて、少し退色してきました。
赤というよりオレンジ色ですね。
そして、ジャスミーナの太いシュートも寒さにあたって、鮮やかな緑色から
赤く染まって来た感じがします。
膨らみ始めた芽の部分が、オレンジに退色した麻ひもと同じ色ですね。
なかなか良い感じですね〜。


DSC_0879-L_convert_20160113151338.jpg

ジャスミーナの株元の誘引の様子を縦位置で撮ってみました。
ジャスミーナは、ステム(花茎)が長く、うつむき気味に花が咲きますので、
高い位置に誘引すべく、あまり枝を横に倒していません。
それでも十分たくさんの花を咲かせてくれます。
そんなこともあって、勢い良く発生した何本ものシュートを同心円を描くように
縦方向に誘引しています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:29:15|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の2大巨頭のつるバラの株元チェック

今回は、我が家にあるつるバラの中でも2大勢力、両巨頭とも言うべき、2本のつるバラの株元チェックの様子です。
実は、昨年は我が家でもカミキリムシの成虫を何度か見かけました(汗)。
バラを始めて3年目を迎え、当初から植えているつるバラはかなり大きく育ってきたこともあって、
そろそろカミキリムシの被害が懸念されます。
バラ友さんに教えていただいたカミキリムシ対策(パラゾールを使ったもの)も実施していますが、
完全に駆除できているかどうかは、まわ分かりません。
しばらくつるバラの誘引作業のために、葉をむしったりして株元廻りも落ち葉で隠れていたりして、
ちゃんとチェックできていなかったので、株元の掃除がひととおり終わったこの日、
カミキリムシの被害に遭っていないか、それぞれのバラの株元をチェックしました。

DSC_0876-L_convert_20160113151116.jpg

こちらは、我が家のメインローズとも言うべき、ドロシー・パーキンスの株元です。
地植えしてまる3年経ちまして、一番長いツルは8メートルは越えていると思います。
ですが、その株元はこんなに小さいんです(汗)。
驚きますね〜。
一季咲きのランブラー品種なので、毎年新しいシュートを伸ばすので、その新しいシュートに更新していくので、
株元はすっきりしています。
緑色をしているシュートが昨年の花後に伸びたシュートです。


DSC_0877-L_convert_20160113151130.jpg

一方、二大巨頭のもう一方がこちら。
同じ前庭花壇に地植えしているつるバラで、ジャスミーナ。
こちらも、地植えしてまる3年が経っていますが、ゲンコツ大の大きなクラウンがあります。
そこから一本(一番右奥)に太いシュートが出ています。
それ以外は、比較的新しく発生したシュートだと思います。
こちらもうまくシュートの更新が出来ているのかな〜と思います。
最もカミキリムシの被害を懸念していたつるバラですが、株元はすっきりキレイでした!


DSC_0878-L_convert_20160113151143.jpg

ジャスミーナの株元をもう少し引いて撮ってみたのがこちら。
新しい太いシュートが何本も発生しています。
ジャスミーナは枝も太く、トゲも鋭いので、誘引時にはとても気を遣います。
まるで凶器みたいなつるバラなので、怪我しないように注意して作業しました。
株元も落ち葉を掃除してきれいになったので、気分的にもすっきりしました。

この2本以外にも、今のところカミキリムシの被害はなさそうで良かったです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:26:16|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この春の期待の戦力、ネペタ(キャットミント)を植え付ける。

我が家の前庭花壇、改修作業の最終行程です。
長年前庭花壇のエッジ(縁)を彩って来た球根植物のタマスダレを全撤去して、その後に何を植えるのか、
その新戦力の植物の植え込み作業記録です。

DSC_0854-L_convert_20160113152358.jpg

タマスダレのあとに植え込む植物は、こちらです。
ネペタ(キャットミント)のジュニア・ウォーカーという植物(写真右半分)です。
青い花が咲く宿根草です。
昨年秋に、大型園芸ショップ・国華園の通販で、ビオラの苗を大量購入した際に、
一緒にこのネペタも注文してみました。
まったく実物も見たことがない植物で、国華園のカタログの写真だけが頼りです(汗)。
「ネペタ」と言われてもあまりピンと来ませんが、「キャットミント」と言われれば、何となくイメージが付くかな〜。それにしても、我が家の最重要課題の場所に植える植物としては、見ず知らずの植物をいきなり植えるには
かなりのリスクがありますが、ここは思い切って行きましょう(笑)。
10月くらいに届いた苗は、期待を裏切る(汗)小さな株でしたが、いきなり地植えせず、
しばらくスリット鉢で育ててみました。
寒い時期にかかっていたので、あまり大きくは育ちませんでしたが、それなりにはなっているかな?


DSC_0855-L_convert_20160113152411.jpg

前庭花壇の植え込み位置に、スリット鉢のまま、間配ってみました。
全部で6株ありますので、前の方に均等になるように配置してみました。


DSC_0856-L_convert_20160113152422.jpg

目線レベルでもう一枚。


DSC_0857-L_convert_20160113152434.jpg

植え込む穴を開けて、そこに緩行性肥料(マグアンプ・大粒)を適量混ぜ込みました。


DSC_0859-L_convert_20160113152501.jpg

そして、いきなりの植え込み完成です(汗)。


DSC_0860-L_convert_20160113152517.jpg

目線を下げて、アップ気味にもう一枚。
以前のタマスダレの時は、エッジ(縁)を取り囲むように列植されていたので、土こぼれはあまり気にしなくても
良かったのですが、今回は、株間が広いので、その辺りが少し気になりますね(汗)。
少しこれで様子を見ましょう。
この春に即戦力として活躍してくれることを願いつつ・・・・。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪



  1. 2016/01/14(木) 07:24:32|
  2. ネペタ(キャットミント)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭花壇のエッジ(縁)に植えたタマスダレを撤去しました。

我が家の前庭花壇の改造作業の続きです。
今回は、この花壇の一番際(きわ)、エッジ部分に植えている球根植物のタマスダレの撤去作業についてです。

DSC_0832-L_convert_20160113152204.jpg

こちらが、その問題箇所です。
この花壇は、乱張り石の床部分と切れ目なくつながっているんですが、土こぼれ防止の意味合いも兼ねて、
このエッジ部分に球根植物のタマスダレを植えています。


DSC_0831-L_convert_20160113152151.jpg

別アングルで見ると、こんな感じ。
球根植物と行っても、植えっぱなしで、勝手に増えて広がっているようです。


DSC_0833-L_convert_20160113152217.jpg

上からの見下ろしのアングルだとこんな感じになっています。


DSC_3227-L_convert_20140913133755.jpg

ちなみに、タマスダレとは、こんな白い花が咲く植物です。
シンプルで清楚な、素朴といったイメージで、とても気に入っている植物です。
ただ、この球根植物、我が家にある他の球根類とは違って、春には咲かず、秋に咲く球根なんです。


DSC_8048-L_convert_20150913070318.jpg

こちらが、昨年9月の開花の様子です。
葉っぱは茂っているものの、イマイチ咲き揃わず、期待外れでした(汗)。
前庭のこの部分は、建物外壁に誘引したつるバラともコラボレーションする重要な場所なので、
やはり春にバラと咲き揃う植物に変えるべきとの結論に至り、このたびタマスダレを掘り上げることにしました。


DSC_0835-L_convert_20160113152242.jpg

こんな感じで、スコップでどんどん掘り上げて行きました。


DSC_0834-L_convert_20160113152229.jpg

掘り上げたタマスダレです。
数はたくさんあるものの、肥料不足なのか、ひとつひとつの球根は小さく、これでは咲かないなぁ〜って感じです(汗)。


DSC_0836-L_convert_20160113152301.jpg

前庭の花壇から掘り上げたタマスダレ、これでもまだ半分くらいでしょうか(汗)。
めちゃめちゃたくさんあります。


DSC_0837-L_convert_20160113152314.jpg

タマスダレを全撤去したあとの様子です。


DSC_0838-L_convert_20160113152328.jpg

ずいぶんすっきりしました(汗)。
このあと、タマスダレに変わる、バラとコラボさせる植物を植え込んで行きます。


DSC_0874-L_convert_20160113152342.jpg

掘り上げたタマスダレは、処分するのももったいないし、いずれガーデンのどこかで使いたいと思っているので、
その場所が定まるまで、とりあえずプランターで育てることにしました。
タマスダレの球根を仮植えしたこのプランターが、3鉢もできてしまいました(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:22:45|
  2. タマスダレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭の花壇のシモツケの植え替え

こちらは、我が家の前庭、建物寄りの場所にある小さな花壇。
今回、この部分の改修を行っています。

DSC_0839-L_convert_20160113151821.jpg

花壇の縁に植え込んでいたグランドカバー植物のタマスダレの撤去のあとは、その内側に植えている低木のシモツケの一部を
植え替えすることにしました。


DSC_0840-L_convert_20160113151832.jpg

こちらは、斜め上方から見下しでみる全景です。
花壇のエッジ(縁)から50センチほど内側に入った部分に低木のシモツケを花壇を囲むように植え込んでいます。


DSC_0841-L_convert_20160113151845.jpg

この花壇の奥に植えているつるバラの誘引や剪定作業のために、何度も足を踏み入れたせいか、
一部、シモツケが枯れ込んで、歯抜けのようになっているのが、以前から気になっていました。
その部分を詰めるために、一部、シモツケを抜いて植え替えることにしました。
写真は、植え替えを行うシモツケを抜いて、今度植え込む場所に穴を掘った様子です。


DSC_6041-L_convert_20150428211749.jpg

ちなみに、こちらが、昨年4月のこの部分の様子です。
緑豊かにシモツケの葉が茂っていますが、花壇のボーダー部分が少し欠けたようになっていますね。
いつも同じ部分から花壇の中に入るので、この部分のシモツケの枝が育たなかったんでしょうね。
この状況を何とか解消したいのです。


DSC_3716-L_convert_20150909205249.jpg

同様に、こちらの写真は昨年の5月、バラの最盛期の頃の様子です。
この写真でも、前庭花壇のシモツケの部分が一部途切れたようになっているのが分かると思います。
このみっともない状況を今年は何とかしておきたいと思っています。


DSC_0842-L_convert_20160113151857.jpg

こちらが、今回植え替えを行うシモツケの株です。
歯抜けになった部分に昨年植えた、新参のシモツケですが、
植えた場所がイマイチだったので、今回微調整して植え替えることにしました。
植え込んで間もないので、あまり成長していませんね。


DSC_0845-L_convert_20160113151931.jpg

反対側にも歯抜けのような感じになっている場所があったので、こちら側でも一部、植え替えを行います。


DSC_0844-L_convert_20160113151920.jpg

今回抜いたシモツケです。
これも昨年に植え込んだばかりの株なので、まだひ弱な感じです(汗)。


DSC_0843-L_convert_20160113151909.jpg

植え替えにあたって、苦土石灰で土壌改良を行い、肥料として牛ふん、腐葉土、緩行性のぼかし肥料などを
土に鋤き込むことにします。
この花壇は、ほとんど土の入れ替えなどもしていないからです。


DSC_0846-L_convert_20160113151945.jpg

まずは、掘った穴の廻りに粒状の苦土石灰を適量撒きました。


DSC_0847-L_convert_20160113151959.jpg

アップで見るとこんな感じ。
苦土石灰は、粉末状のものより粒状の方が、粉が舞い上がらず、使いやすいので、
最近は粒状のものを使うようにしています。


DSC_0848-L_convert_20160113152011.jpg

そして、植え替え用に掘った穴に、牛ふんや腐葉土、緩行性肥料を混ぜ込んだものを入れて来ます。


DSC_0849-L_convert_20160113152027.jpg

こちらが、そのアップ。
まわりの土と混ぜ混ぜして馴染ませます。


DSC_0850-L_convert_20160113152040.jpg

その後に、植え替えするシモツケの株を植え込んで行きます。


DSC_0851-L_convert_20160113152054.jpg

こんな感じです。


DSC_0852-L_convert_20160113152105.jpg

そして、シモツケの植え替え完了です。


DSC_0853-L_convert_20160113152133.jpg

別アングルからもう一枚。
今年は、初めてかなり強めに剪定しましたので、春にどんな風に育っているのかドキドキします。
前庭の良く見える場所なので、きれいに葉が茂ってくれるといいなぁ(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:20:10|
  2. シモツケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭につるバラの誘引作業用に、御影石の足場石を設置しました。

今回は、我が家の前庭のプチ改良工事について書いてみます。

DSC_0767-L_convert_20160113150151.jpg

こちらは、我が家の前庭、高木の株立ちのアオダモやユキヤナギ、それにつるバラのドロシー・パーキンスに
ジャスミーナも地植えしている花壇の写真です。
写真の大部分を占めているように見えるのが、黄色く紅葉したユキヤナギです。
今回のプチ改良を行うのはこの部分です。


DSC_0791-L_convert_20160113150206.jpg

ユキヤナギの手前(外側)に、この花壇を囲むように植えているのが低木のシモツケと、
その足元のグランドカバー植物がタマスダレです。
今回のプチ改良工事の作業をしやすくするために、低木のシモツケの枝を
思い切って短く剪定しました。
すると、この場所が抱えている問題点が良いはっきり見えて来ます。
昨年末に、この花壇部分に株元がある2本のつるバラ、ドロシー・パーキンスと
ジャスミーナの剪定&誘引作業を行いましたが、株元に立ち入るために、
この花壇の中に何度も足を踏み入れたために、花壇の中程が踏みしめられて
堅くなっています。
また、花壇のエッジ部分に植えているシモツケの枝が折れたりしてしまいました。


DSC_0821-L_convert_20160113153009.jpg

この部分を縦位置に撮って見たのがこちらです。
真ん中の高木が、株立ちのアオダモです。
その両側の足元に、2本のつるバラの株元があります。
このつるバラの古いシュートを株元から剪定したりする際、
この花壇の中に立ち入ることになります。
また剪定作業の際にも、脚立を立てて作業をしますので、
何度も足を踏み入れ、荒れてしまいました(汗)。


DSC_0820-L_convert_20160113152947.jpg

そんなこともあって、この花壇の中に、剪定&誘引作業の際の足場となる踏み石を置いた方が良いのではと、
考えるようになりました。


DSC_0822-L_convert_20160113153021.jpg

そこで、購入したのがこちらの300角のサビミカゲ石の石板です。
我が家では、いろんなところにこのサビミカゲ石の踏み石を使っています。
簡単に手に入る材料ですし、つくり込まれた工業製品ではないので、庭の雰囲気にも合わせやすいかな〜、と思います。


DSC_0826-L_convert_20160113153033.jpg

この2枚の踏み石を所定の場所に仮置きして様子をみてみました。


DSC_0827-L_convert_20160113153046.jpg

こちらは、向かって左側、つるバラのドロシー・パーキンスの株元です。
あまり株元に近いとバラの生育に悪影響がでそうなので、多少離しながら、誘引作業のしやすい位置を探します。


DSC_0828-L_convert_20160113153059.jpg

こちらは反対側、向かって右側、つるバラのジャスミーナの株元付近です。
少し土を削って平らにして、踏み石が動かないように慣らします。


DSC_0830-L_convert_20160113153124.jpg

踏み石の廻りに土を敷き詰めて完了です。
とりあえず置いているだけです。
将来的に撤去も簡単です。


DSC_0829-L_convert_20160113153113.jpg

正面から見たところです。
今は植物が落葉していて、この御影石の踏み板が目立ちますが、葉が茂ってくれば、
ほとんど気にならなくなるかと思います。


DSC_0871-L_convert_20160113153153.jpg

踏み石の設置作業のあと、低木のシモツケの植え替え、ならびに縁に植えたタマスダレを撤去して、
ネペタに植え替えをしているんですが、その辺りはまた別の記事で書きますね。
こちらが、全ての作業を終えた後の様子です。
かなりすっきりしました。


DSC_0872-L_convert_20160113153207.jpg

目線を下げてもう一枚。
こんもりと山のような花壇となっています。
水遣りをして落ち着かせました。


DSC_0875-L_convert_20160113153221.jpg

横からのアングルです。
花壇の一番外側に宿根草のネペタ(キャットミント)、その内側に低木のシモツケ、
そしてその内側にシンボルツリーの株立ちのアオダモ、建物の外壁面に添って、
低木のユキヤナギとつるバラを2株づつ植え込んでいます。
小さなスペースですが、何重にも植物を重層化させて植え込んでいます。


DSC_0925-L_convert_20160113150934.jpg

反対側からのアングルです。
ここに足場となる踏み石が設置されたので、次回からは作業もしやすくなると思います。


DSC_0920-L_convert_20160113150918.jpg

ついでももう一カ所、サビミカゲ石の踏み石を設置しました。
前庭の最も道路側の花壇、我が家のシンボルツリー、株立ちのエゴノキの足元付近です。
こちらの白い大理石タイルを貼った壁面にも、裏側からつるバラのモーツアルトを誘引している上、
鉢植えのクレマチスもこの壁面に誘引するため、この花壇の中にも何度も足を踏み入れます。
なので、ここにも作業用の足場として、先ほどよりひと回り大きな 300×600の大きさのサビミカゲ石の踏み石を設置しました。
ちょっと今は浮いている感じもしますが、こちらも春になって葉が茂れば、ほとんど気にならなくなると思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:16:35|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お正月過ぎの静かな中庭風景

こちらは、先週の土曜日、1月9日の我が家の中庭の様子です。
今年2016年に入って、早1週間あまりが経ちました。

DSC_0770-L_convert_20160113150122.jpg

つるバラの誘引作業のほとんどを昨年末に終えていたので、
精神的にはとても楽です(汗)。
ゆったりとした気分で、新年を迎え、多少持ち越した庭作業も
余裕を持って取り組むことが出来ています。
3連休の初日だったこの日、朝一番の中庭風景です。
雪は降っていませんが、凛とした張り詰めた空気が漂う中庭です。


DSC_0790-L_convert_20160113150135.jpg

こちらは、中庭の玄関ドアに吊るしたしめ縄飾りです。
あっと言う間にお正月休みも終わって、
また、今年一年の庭作業が始まっています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:10:09|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンルームのガラスの壁面に竹ヒゴでメッシュフェンスつくりました。

今回は、久しぶりにDIYで制作したグッズについて書いてみますね。

DSC_0773-L_convert_20160113145419.jpg

こちらは、我が家の玄関アプローチ、ガラス扉を入ってすぐの、
サンルームのガラスの壁面です。
実は、このガラスの壁面を使って、クレマチスを誘引しようと画策中です。


DSC_0774-L_convert_20160113145429.jpg

玄関のガラス扉の外側から見たアングルです。
ガラス扉のすぐ横のサンルームの壁面がガラスになっているのですが、
このサンルーム、サンルームと言っても実際には、自転車やバイクを
置いている物置的な空間でもあります。
サンルームの中のごちゃごちゃしたものを隠す意味合いも込めて、
このガラスの壁面を使って、クレマチスを誘引できないかと思うようになりました。
軒もあって、日照条件も芳しくないので、そもそもクレマチスがちゃんと
育つか、という大きな問題はあるのですが、ものは試しにということで
今回、実行に移すことにしました。
とはいえ、つる性のクレマチスを誘引するのに、何かベースとなる
ワイヤーかメッシュフェンスが必要になります。
同じサンルームの別のガラス面につるバラを誘引していますが、
そちらにはビスを打って、ステンレスワイヤーを張っていますが、
この場所は、将来配置換えをする可能性も高いし、あまり人工的なワイヤーを
張るのもどうかと思ったので、今回は違う方法を取りました。
たまたま少し前にブロ友さんのブログの写真を拝見して、良いアイディアを思いつきました!


DSC_0782-L_convert_20160113145441.jpg

それがこちら。
竹ヒゴを使ってメッシュフェンスをつくろうというものです。
これなら、自然な感じにもなりますし、余っている竹ヒゴもたくさんあってエコ(汗)。
簡単に出来そうな気がしました。
最初は、竹ヒゴの結束にステンレスワイヤーを使ってみましたが、意外にうまくいかず、方針転換しました。


DSC_0783-L_convert_20160113145451.jpg

結局、つるバラの誘引にも使った麻ひもを使って、交差する竹ヒゴを結束することにしました。
結構、うまく出来上がりました〜。
これなら許せるかな〜(笑)。


DSC_0784-L_convert_20160113145502.jpg

出来上がった竹ヒゴのメッシュフェンスを当該部分に設置してみました。
ぴったりサイズで、特にビス等で固定することなくはまりました。
これなら、飽きてもいつでもきれいに撤去できます。


DSC_0786-L_convert_20160113145523.jpg

玄関のガラスドアの外側から見たところです。
ちょい和風な感じもして、奥のブルーの板張りとの違和感もなくはないですが(汗)、
まぁ、とりあえずはこれで行ってみましょう(笑)。


DSC_0787-L_convert_20160113145533.jpg

ガラス扉の足元に、クレマチスのプリンス・チャールズの鉢植えを置きました。
淡いブルーの花が咲くクレマチスです。
竹ヒゴに誘引してしまうと、簡単には動かせなくなるので、
水はけを考慮して、鉢の底にポットフィートを咬ませて、鉢を浮かしています。
このクレマチスは、新旧両枝咲き品種なので、芽のついた枝を
竹ヒゴのメッシュフェンスに誘引しました。


DSC_0818-L_convert_20160113151745.jpg

少し引いて、広角レンズを使って撮ってみました。
うまく育てば、この壁面の半分くらいは葉っぱや花に覆われてくれるでしょう。


DSC_0819-L_convert_20160113151755.jpg

淡いブルーの花が咲けば、玄関先の赤やピンクのバラに混じって、
青い花が咲いて、一層華やかになるかな〜なんて夢想しています(汗)。
奥に見えるサンルームのブルーの板張りとの相性も良さげな気がしています。
この春が楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:28:58|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受難のクレマチス・フレックルス、結局、行灯仕立てにしました。

こちらは、受難続きの植物で、クレマチスのフレックルス。
旧枝咲きで、秋〜冬にかけて咲くクレマチスの中でも珍しい品種です。
白地に赤い斑点のような模様が出る花で、クレマチス本で気に入って、ガーデンショップで購入したものです。

DSC_0776-L_convert_20160113145310.jpg

ですが、このクレマチス、我が家では受難続きです。
一番最初に植えたアジアン鉢を紫陽花に使いたくなって、
途中で植え替えを敢行したり、中庭のフェンスに誘引していたんですが、
どうも込み合って他のクレマチスやバラにその場所を明け渡し、
なかなか定位置が定まりません。
そんなことをしているせいか、我が家ではツルは伸びれども、
一度も花を咲かせたことがありません(大汗)。
この冬も、結局誘引する壁面が、ほかのバラやクレマチスに取られ、
なくなってしまい(汗)、行き場所を失ってしまいました。


DSC_0778-L_convert_20160113145332.jpg

散々迷った結果、とりあえず、鉢植えのままアンドン仕立てで
育てることにしました。
仮にどこかの壁面に誘引しても、また気が変わるかもしれませんし。
秋咲きのツル性植物というのは、ほかの植物との兼ね合いが難しいですね(大汗)。
小さな鉢植えですが、そのまま、長い竹ヒゴを3本立てて、行灯をつくりました。


DSC_0779-L_convert_20160113145343.jpg

この3本の竹ヒゴでつくった行灯にツルを巻き付けていきます。
旧枝咲きというのも、なかなかやっかいですね〜(汗)。


DSC_0780-L_convert_20160113145355.jpg

実際はもっと長くツルは伸びていたんですが、絡まったツルをほぐしているうちに
切れてしまったりして、こんな程度になってしまいました。
次咲くとしても、今年の秋でしょうから、まだ先は長いです。
行灯仕立てにしたものの、どこに置いて育てるか、まだ悩みは尽きません(汗)。


DSC_0781-L_convert_20160113145405.jpg

鉢とツルを巻き付けた部分のアップです。
この寒い時期にも鮮やかな緑の葉っぱが出ているので、
基本、常緑なんでしょうね、きっと。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:26:36|
  2. クレマチスの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を待つ挿し木苗

こちらは、我が家の中庭、サンルームに取り込んだ挿し木苗たちです。

DSC_0772-L_convert_20160113150248.jpg

昨年つくったバラの挿し木や、紫陽花、それに宿根草のサルビアなども挿し木しています。
バラや紫陽花の挿し木はまだ小さいので、霜の下りないサンルームに移動させました。
宿根草のサルビアも、昨年春に植えた親株も一旦掘り上げ、ポリポットで冬越しさせています。
またサルビアもいくつか挿し木苗をつくっています。
それらを、割肌大理石タイルが入っていた木箱に入れて養生中です。


DSC_0936-L_convert_20160113150533.jpg

バラや紫陽花の挿し木は、まだこの時期休眠中だと思いますが、
サルビアの方は、そろそろ活動を開始するのではないかと言う思いで、
この日、前庭の日当りの良い場所に移し、日光浴させました。
合わせて、活力剤(リキダス)も与えてみました。


DSC_2873-L_convert_20150910062506.jpg

ちなみに、こちらが、昨年5月の中庭の様子です。
画面左側、花壇のイングリッシュローズの足元で紫色の花が咲いているのがサルビアです。
今年はよりこのゾーンを強化したいと思って、挿し木苗をつくってみました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:25:09|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お隣さん家の前庭を借りて

こちらは、我が家のお隣さん家の前庭の、我が家との隣地境界付近です。

DSC_0792-L_convert_20160113150359.jpg

白い大理石タイルを張っている壁面から向こう(写真でいうと左側)が、
我が家の敷地になります。
ご了解をいただいて、このお隣さん家の前庭の一部に、昨年から鉢植えのバラを
置かせていただいていました。
ここでしたら、我が家のバラと一緒に水遣りや薬剤散布、肥料やりなどの
お世話もできるので、ちゃんと面倒がみれます。
置くんだったら赤いバラが好みとおっしゃっていたので、昨年は、
スペア苗のレッド・キャスケードの鉢を置かせて頂いていたんですが、
良く咲くバラですが、花が小さいので単体では見栄えがしなかったので、
今年は、大輪の花が咲く、ローズ・ポンパドゥールをオベリスクに巻き付けて
鉢植えで置かせていただきました。
このバラなら、結構、見応えがあると思います。
今年は、この鉢植えのバラと一緒に、背後の白いタイルの壁面にクレマチスを
誘引させてもらいました。
クレマチスは、新旧両枝咲きでピンクの花が咲く、リトル・マーメイドという
品種です。
花形が異なるピンク同士の組み合わせです。
白い壁面とのコントラストも期待できるんじゃないかと思っています。


DSC_0793-L_convert_20160113150410.jpg

こちらが、鉢植えのアップです。
ローズ・ポンパドゥールも昨年よりひと回り大きな鉢植えに植え替えましたし、
クレマチスと競演させて、より豪華に咲き揃ってくれるといいなぁと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:24:32|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木立性のバラの剪定も行いました。

つるバラの誘引作業が一段落したので、続いて木立性のバラの剪定作業に
取りかかりました。
地植えしているバラや、鉢植えのバラもありますが、一緒にやってしまいました。

DSC_0794-L_convert_20160113145606.jpg

こちらは、中庭のイングリッシュローズゾーンに地植えしているバラで、
イングリッシュローズのザ・プリンス。
昨年末に仮剪定を済ませていました。
今回、本剪定をすることにし、もう少しコンパクトに切り詰めます。


DSC_0798-L_convert_20160113145657.jpg

こちらが、その本剪定後の姿。
ちょっと切った程度ですけどね(汗)。
ザ・プリンスは、直立樹形でキレイですね。


DSC_0797-L_convert_20160113145646.jpg

こちらは、ザ・プリンスの右隣に地植えしているバラで、
同じくイングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュア。
昨年は、この花壇の後方に半つる扱いのバラとして植えていたんですが、
あまり調子が良くなく、また全体的な配置の見直しで、
花壇の手前に植え替えました。
後方のバラと重なって、少し分かりにくいですが、こちらが仮剪定後の様子。
花壇の手前なので、コンパクトに咲かせたいので、
ここから更に少し切り詰めることにしました。


DSC_0799-L_convert_20160113145707.jpg

こちらが、その後の様子。
若干切り詰めてみました。
本来は大きく育つシュラブタイプのバラだと思いますが、
今年は試しに小さく咲かせてみたいと思っています。


DSC_0795-L_convert_20160113145617.jpg

そして、こちらは、そのジュードの右横に植えたバラで、ERムンステッド・ウッド。
昨年は、前庭の一番道路側で大きなテラコッタ鉢で育てていたバラです。
それを思い切って地植えに変更して、他のイングリッシュローズと一緒にまとめてみました。
ムンステッド・ウッドは写真のように横張り樹形でスペースを取るので、
鉢植えの時より少しきつめに剪定しておきました。


DSC_0796-L_convert_20160113145628.jpg

こちらは、そのムンステッド・ウッドの右横、
中庭のイングリッシュローズコーナーの右端にあたる場所に植えているバラで、
ERジュビリー・セレブレーション。
この背後に大きな水かめを置いているので、結構スペース的には
厳しい場所です(汗)。
今年はこのスペースに植え込んだバラが一本増えて、密度が高まったので、
少しコンパクトに咲かせるよう、強めの剪定をしようと思っています。
写真は仮剪定後の姿で、ここから更に少し切ります。


DSC_0801-L_convert_20160113145718.jpg

こちらが、ジュビリーの本剪定後の様子です。
あまり枝数も減らしたくないので、この程度に留めました。


DSC_0805-L_convert_20160113145800.jpg

続いて、こちらは前庭です。
隣地境界の白いフェンス脇に地植えしているのは、昨年お迎えしたばかりの
バラで、ブルー・フォー・ユー。
一見すると鉢植えのように見えますが、実はテラコッタ鉢の底を抜いて、
レイズドベッド風にしています。
こちらは、白いフェンスを覆うように育てたいので、あまり短く切らないように
しました。


DSC_0804-L_convert_20160113145749.jpg

同じく、こちらも前庭の隣地境界の白いフェンス前に地植えしているバラで、
センティッド・エアー。
先ほどと同じように、テラコッタ鉢の底を抜いて、レイズドベッドにしています。
このバラは、昨年新苗でお迎えしたばかりで、また小さなバラです。
半ツル扱いできるバラだそうですが、まだフェンスに誘引できるほど
ツルも伸びていないので、そのまま軽く枝先を切り詰める程度にしています。
背後の白いフェンスに誘引しているつる性植物は、新旧両枝咲きのクレマチスです。


DSC_0764-L_convert_20160113145556.jpg

こちらは、前庭の一番道路側に、大きなテラコッタ鉢で育てているバラで、
アイズ・フォー・ユー。
昨年までは、ここにはイングリッシュローズのムンステッド・ウッドを
植えていましたが、中庭に移植したので、その代わりに植えたのが
このアイズ・フォー・ユーです。
写真は、葉っぱをむしって、枝だけの状態です。
かなり枝が伸びているので、剪定を行います。


DSC_0806-L_convert_20160113145811.jpg

こちらが剪定後の様子。
概ね半分くらいに切り詰めました。


DSC_0807-L_convert_20160113145823.jpg

別アングルでもう一枚。
鉛筆の太さくらいの枝を中心に残しました。


DSC_0803-L_convert_20160113145739.jpg

続いて、こちらは前庭の玄関アプローチ、ガラス扉の横に大きなテラコッタ鉢で
育てているバラで、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ(写真左側)。
右奥に同じテラコッタ鉢に植えているのは、壁面にツルを誘引している
レオナルド・ダ・ヴィンチです。
シュラブ樹形のレッド・レオナルドの方は、剪定を行い、
3分の2くらいの大きさにしました。


DSC_0802-L_convert_20160113145728.jpg

こちらは、中庭のウッドデッキテラスに鉢植えのまま配置しているバラで、
バーガンディ・アイスバーグ。
こちらも良い感じで枝が広がっていたのを、ひと回りコンパクトに剪定しました。


DSC_0810-L_convert_20160113145855.jpg

同じく中庭で育てているバラで、ベビー・ロマンチカ。
こちらは、昨年新苗でお迎えしたばかりで、まだ株も充実していません。
ですが、意匠上、テラコッタ鉢に植え替えています。
まだ一本立ちの枝で淋しい限りです(汗)。


DSC_0811-L_convert_20160113145906.jpg

こちらも中庭で鉢植えで育てているバラで、ベルベティ・トワイライト。
こちらは大きく育ってきたので、ひと回り大きなテラコッタ鉢に
植え替えしています。
これも3分の2くらいの大きさに剪定しておきました。


DSC_0816-L_convert_20160113145918.jpg

こちらは、昨年よく咲いてくれたバラで、オールド・バルという品種。
今年は中庭の鉢植えのメインにしたくて、ふたまわりほど大きなテラコッタ鉢に
植え替えしています。
枝は、あまり切りすぎない程度の剪定に留めました。


DSC_0817-L_convert_20160113145928.jpg

こちらも昨年秋に植え替えしたバラで、グリーン・アイス。
ミニバラ品種なので、これまで小さな鉢で育てて来ましたが、
大きくなって来たので、縦に長いお気に入りのテラコッタ鉢に植え替えしました。
枝垂れて咲く感じが良いので、枝が垂れ下がってもいいように、
縦に長いテラコッタ鉢を使っています。
こちらは、ほぼ剪定していません。
枝先を軽く切り詰めた程度です。


DSC_0808-L_convert_20160113145834.jpg

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラで、花冠。
このバラは修景バラのようなので、旺盛に枝を伸ばしていましたが、
半分くらいに切り詰めました。
今年はコンパクトに咲かせてみたいと思っています。


DSC_0809-L_convert_20160113145845.jpg

こちらも前庭で鉢植えで育てているバラで、ミッドナイト・ブルー。
ちょっとピンぼけ写真になってしまいました(汗)。
太い枝が一本出ていますが、それ以外にも、枝は残しながら、
整えるように剪定しました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:23:40|
  2. バラの剪定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭のつるバラ、アンジェラの一部をポール仕立てに

今回は、つるバラの誘引についての追加記事です。
前庭の隣地境界塀に誘引しているつるバラ、アンジェラについてです。

DSC_0505-L_convert_20160106173254.jpg

こちらは、昨年12月末に実施した、この部分のつるバラの誘引風景です。
前庭の隣地境界のブロック塀と木製フェンスに、
右からアンジェラ、つるアイスバーグ、カクテルの3本のつるバラを誘引しています。
そのうちの一番右端、道路に近い場所に植えているアンジェラが巨大化して(汗)、
電気の引き込み柱に添って、上方に長いツルを伸ばしていました。
今回、スペースの関係で、真ん中のつるアイスバーグの一部をポール仕立てにしたので、
それに呼応する形で、アンジェラのシュートの一部をポール仕立てにしてみようと
思いました。
ですが、その誘引作業後の写真を撮り忘れていましたので(汗)、載せておきますね。


DSC_0768-L_convert_20160113145153.jpg

ちょっと影になって分かりにくいですが(汗)、こんな風になりました。
アンジェラもトゲがきつくて、細いポールに巻き付けて行く作業は大変でした(汗)。
ですが、何とかできました。
どんな風に咲いてくれるか、春が楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:18:19|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉢植えの黄モッコウバラの誘引

少し前に、黄モッコウバラの誘引作業の記事も書いたんですが、
分かりにくかったかも知れませんので、もう少し追記してみますね(汗)。

DSC_0775-L_convert_20160113150426.jpg

昨年、古株の黄モッコウバラの移植に失敗して枯らしてしまったので(汗)、
長尺苗で黄モッコウバラを買い直しました。
地植えするスペースがなくなってしまったので、鉢植えで管理することにしました。
そして、その鉢植えの黄モッコウバラを配置しているのが、こちら。
中庭の玄関脇の少し窪んだ空間です。
ここに鉢を置いて、長く伸びたツルを雨樋を伝って2階の方へ持ち上げています。
そこから枝垂れるように前に垂らしています。
誘引というより、ほぼ自然のままにしている感じです(汗)。
今年は昨年よりひと回り大きく成長しているので、どんな風に咲いてくれるか、
楽しみです。


DSC_6917-L_convert_20150909131009.jpg

ちなみに、こちらは昨年2015年春の黄モッコウバラの写真です。
やはり早春に咲く花は黄色が多い法則にぴったり当てはまりますね(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:17:41|
  2. つるバラの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミセバヤも芽を出して来ました。

こちらは、前庭の片隅で平べったい鉢に植え込んでいるセダムの一種、ミセバヤ。

DSC_0765-L_convert_20160113150041.jpg

枯れ葉に埋もれて見えにくいですが(汗)、下の方から緑の新しい芽が出ています。
この植物も冬には地上部がなくなる宿根草ですが、活動期に入りましたね。


DSC_0278-L_convert_20140403063911.jpg

ちなみに、こちらの写真は昨年3月の様子です。
成長すると、こんな感じでバラの花のような形の葉を展開してくれます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:16:50|
  2. セダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビオラやパンジーも元気に咲いています。

我が家の中庭や前庭で鉢植えや地植えしたビオラやパンジーも元気に咲いていますよ。

DSC_0812-L_convert_20160113150014.jpg

こちらは、中庭で大きなテラコッタ鉢に植えているビオラ。
鉢の中心部にはチューリップの球根を植えているのですが、まだ芽もさほど伸びていないので、
今はビオラだけが咲いています。


DSC_0749-L_convert_20160113145942.jpg

花の咲いていない小さな株で植え込んだんですが、すでにこんなに花も咲かせてくれています。
春にチューリップと競演してくれるのが楽しみです。


DSC_0761-L_convert_20160113145952.jpg

こちtらは、前庭の花壇の脇に地植えしたビオラとパンジーです。
こちらは、近所ののホームセンターで開花株を買ったものを植え込んだものです。
ここには紫色同士の組み合わせで、ビオラとパンジーを植えてみました。


DSC_0762-L_convert_20160113150003.jpg

こちらも、前庭の花壇の脇に地植えしたパンジーとビオラです。
この白と青の派手なパンジー、昨年も植えたんですが、とても目立って良かったので、
今年も黄色のビオラと合わせて植え込んでいます。
これからの成長が楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:14:56|
  2. ビオラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨年末からずっと咲き続けている寒アヤメ

こちらは、我が家の前庭の道路境界の花壇に植えている植物で、寒アヤメ。
その名の通り寒い時期に咲くアヤメです。

DSC_0759-L_convert_20160113150220.jpg

この寒アヤメ、毎年、我が家で一年で一番最初に咲く花なんです。
例年は2月の初旬に咲いていたと思います。
ですが、今年は暖冬なのか、昨年の12月には既に咲き始めていました(汗)。


DSC_0760-L_convert_20160113150232.jpg

ほぼ放置で何もしていませんが、毎年よく咲いてくれます。
そして年々株が大きくなっています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:13:20|
  2. 四季咲き寒アヤメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉢植えの球根たちも芽を出し始めました。

昨年の10月にテラコッタ鉢に植え込んだ球根植物たちも一斉に活動を始めました。
しばらく暖かい日も続いたせいか、そこここで芽を出しています。

DSC_0751-L_convert_20160113150313.jpg

こちらは、球根植物の中では毎年一番に咲くクロッカスです。
薄い皮を破って小さな芽が出て来ました。


DSC_0752-L_convert_20160113150324.jpg

こちらは、もうかなり成長している水仙です。
昨年末から既に芽を出していましたが、ひと回り大きくなりました。


DSC_0753-L_convert_20160113150335.jpg

続いてこちらは、大きなテラコッタ鉢に植えているチューリップ。
チューリップもいよいよ芽を出して来ましたよ。


DSC_0754-L_convert_20160113150345.jpg

こちらは、中庭のシェードガーデンゾーンに地植えしている球根で、スノーフレーク。
スノーフレークも球根植物の中では早咲きの部類に入りますね。

庭のあちこちから春の息吹が感じられるようになってきました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:12:17|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春を告げる花、ヒュウガミズキも蕾を膨らませています。

こちらは、中庭の片隅、高木のシラカシの足元に植えている低木の花木で、
ヒュウガミズキ。

DSC_0771-L_convert_20160113150027.jpg

我が家の中庭では、一番最初に咲く花だと思います。
3月に早春を告げる黄色い可愛らしい花を咲かせてくれます。
そのヒュウガミズキにも小さな蕾が膨らんでいます。
もう春はすぐそこまで近づいているのかもしれません。


DSC_5001-L_convert_20150326132921.jpg

ちなみに、こちらが、昨年2015年3月に咲いたヒュウガミズキの黄色い花です。
水仙や老梅(ロウバイ)など、早春を告げる花には黄色い花が多いですね。
バラがメインの我が家ですが、このヒュウガミズキの他、ミツバツツジやヤマツツジなど、
里山にも生えているような素朴な花木を、庭のあちこちにさりげなく植えています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/13(水) 22:10:41|
  2. ヒュウガミズキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスローズの蕾が膨らんできました。

今年の冬は温暖傾向と言われていますが、ここ数日は寒い日が続きますね。
さて、寒いこの季節に咲く花と言えばクリスマスローズ。
我が家の庭にも、鉢植えや地植えのクリスマスローズが10株以上あります。
そのクリスマスローズの蕾が膨らみ始めています。

DSC_0758-L_convert_20160113145256.jpg

前庭でテラコッタ鉢で育てている紫色の、おそらく八重咲きのクリスマスローズです。
すくっと伸びた茎の途中に、赤紫色の蕾が膨らんできました。
もう少ししたら咲いてくれますね。


DSC_0756-L_convert_20160113145234.jpg

こちらはまた別のテラコッタ鉢で育てているクリスマスローズ。
こちらも赤紫色ですね(汗)。
これも八重咲き品種だったと思います。
葉っぱが細くて気に入っている品種です。


DSC_0755-L_convert_20160113145221.jpg

こちらもまた別のクリスマスローズ。
一見すると白く見えますが、たぶんこれも赤紫色の花じゃないかな?
こちらはたぶん一重のクリローだったと思います。

いよいよクリスマスローズの蕾も膨らみ始め、待望の季節がやってきます。
今年は、株一面に咲いてくれるかな〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪



  1. 2016/01/13(水) 22:09:35|
  2. クリスマスローズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2015年 個人部門 花のまちづくり若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
フォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (27)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (226)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (21)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2685)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (96)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (31)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (4)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (24)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (44)
ピエール・ド・ロンサール (45)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (14)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (19)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (285)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (302)
アオダモ (3)
紫陽花 (95)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (16)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (566)
アガパンサス (24)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (35)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (142)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (29)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (20)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (5)
バラの作業 (218)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (16)
バラの薬剤散布 (41)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (70)
記事投稿告知 (26)
記事(バックアップ) (26)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (66)

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR