Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

我が家の前庭、2015年5月25日

(2015年5月のバックデート記事です)

今回は、我が家の前庭の5月末の様子(記録画像)です。

DSC_3571-L_convert_20150909211247.jpg

前面道路に正対して撮った一枚です。
写真右側の玄関アプローチ側の隣地境界塀に誘引しているつるバラ、アンジェラや
その奥の建物外壁右側に誘引している赤いつるバラ、キングローズは満開ですが、
肝心の建物外観正面のメインローズ、ドロシー・パーキンスは超遅咲き品種のため、
この頃、まだほとんど咲いていませんね。


DSC_3570-L_convert_20150909211234.jpg

撮影アングルを左側に振ってみました。
このアングルで見ると、手前の小壁で隠れていた、建物の出入り口あたりもよく分かりますね。
やはり建物の左半分の壁に花がほとんどないのがよく分かります。


DSC_3567-L_convert_20150909211222.jpg

一方、こちらは、撮影アングルを右側に振って、玄関アプローチ側から撮ったものです。
前庭一番手前のシンボルツリー、株立ちのエゴノキに隠れて、建物左半分につるバラが咲いていないのを
隠すことが出来ています。
撮影アングルひとつで、ずいぶん印象が変わりますね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2015/11/30(月) 20:16:09|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭のアガパンサスの植え替え(続き)

こちらは、我が家の前庭。
隣地境界に設置している白い木製フェンスに誘引しているつるバラの配置換えをすることになり、
それに伴って、バラの足元に植えていたアガパンサスも少し移植することにしました。
前日からの作業の続きの記録記事です。

DSC_0076-L_convert_20151129211839.jpg

テラコッタ鉢の底を抜き、レイズドベッド風にしているつるバラの植え込み部分ですが、
以前は、この鉢の横、白いフェンスに一番近いところにまでたくさんアガパンサスが侵食してきていました。
バラへの日陰になってバラの生育が悪くなることに加え、宿根草であるアガパンサスの根が相当強いので、
バラの根への悪影響が出て来そうなので、近くまで根が迫って来ないように、「ウェーブエッジ」という仕切り板を噛ませました。
写真では分かりにくいですが、グリーンの波板がそれです。


DSC_0085-L_convert_20151129211850.jpg

目線を下げて、地面すれすれのところから撮影した一枚です。
アガパンサスの移植完了の写真です。
一見すると以前とあまり変わらないように見えますが(汗)、フェンス際まで迫っていたアガパンサスを抜き、
花壇手前、飛び石のあたりまで前に出すように植え替えを行いました。


DSC_0086-L_convert_20151129211901.jpg

縦位置でも撮っておきました。
だいぶアガパンサスが手前に張り出して来て、飛び石の半分ほどを
隠すようになりました(汗)。


DSC_0087-L_convert_20151129211913.jpg

つるバラを植え込んだ足元あたりです。
写真左側のバラが、今回植え替えたブルー・フォー・ユー、右側は今回、ここだけ植え替えしなかったピンク・カクテルです。


DSC_0088-L_convert_20151129211926.jpg

ひとつ上の写真の更に右側のゾーンがこちら。
中央に植えているバラが、今回植え替えしたバラで、センティッド・エアー、画面右端がサンセット・グロウです。

とりあえず、アガパンサスの移植完了です。
以前からの懸案事項だったので、ようやく実施できて良かったです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:09:34|
  2. アガパンサス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ERヘリテージをオベリスク仕立てにしました。

こちらは、鉢植えで育てている挿し木苗のイングリッシュローズで、ヘリテージ。
今年の春は、前庭のメインの壁面に鉢植えのまま誘引していましたが、
メインの壁面はドロシー・パーキンスはじめ、遅咲きのバラばかりだから、
花期が合いませんでした。
なので、来春に向けて場所替えします。

DSC_0077-L_convert_20151129211942.jpg

場所替えに伴って、鉢も変えました。
テラコッタ鉢好きのボクですが、珍しくプラ鉢を買いました(汗)。
ロゼアポットの茶色です。
最近、重いテラコッタ鉢の移動が苦痛になって来たこともあって、
決断しました(大汗)。


DSC_0078-L_convert_20151129211953.jpg

今回は、このヘリテージをオベリスク仕立てにすることにしました。
近所に住んでいる高校時代の同級生のバラ友さんが、
使わなくなったオベリスクを貸してくれました。
軽く枝先や不要な弱小枝を剪定して、オベリスクを設置してみました。


DSC_0079-L_convert_20151129212004.jpg

このオベリスク、ボクも同じのを持っているんですが、
変なデコレーションが付いていなくて、シンプルなので気に入ってます。


DSC_0080-L_convert_20151129212016.jpg

結構、思い切って剪定をし、オベリスクに誘引しました。
ヘリテージは、枝先に咲きやすいと聞いたので、段差剪定を意識して
誘引しました。
まだ11月なのに、今年はすでに誘引作業スタートしてます(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:09:20|
  2. イングリッシュ・ヘリテージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地植えのローズ・ポンパドゥールを掘り上げて、鉢植えでオベリスク仕立てにしました。

先ほどのイングリッシュ・ヘリテージに続いて、このバラも一足先に
剪定・誘引しました。
挿し木苗のローズ・ポンパドゥールです。

DSC_0081-L_convert_20151129212119.jpg

このバラ、今季は前庭の隣地境界フェンスに地植えで誘引していたんですが、
イマイチ咲きが悪く、バラの配置換えに伴って、他のバラと一緒に
地植えから鉢植えに変更しました。
まだ、葉が結構残っていましたが、オベリスクに誘引するために、
強制終了させます。


DSC_0082-L_convert_20151129212139.jpg

葉っぱをすべてもぎ取りました。
このバラは、以前別のバラに使っていたテラコッタ鉢に植えることにしました。


DSC_0083-L_convert_20151129212026.jpg

イングリッシュ・ヘリテージと同じシンプルなデザインのオベリスクを
バラ友さんからお借りしました。
これを使って誘引して行きます。


DSC_0084-L_convert_20151129212158.jpg

いきなりですが(汗)、誘引完成です。
誘引作業って、どこかクリエイティブでいいですね〜。
楽しいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:09:01|
  2. ローズ・ポンパドゥール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭のアガパンサスの植え替え(続き)

この日は、前庭の隣地境界側の花壇に植えているつるバラとその手前の宿根草のアガパンサスを移植する作業を行いました。

DSC_0065-L_convert_20151129210132.jpg

早速ですが、こちらが今回移植するに伴って掘り上げたアガパンサスの株。
このコーナーに植えているアガパンサスの3分の1くらいを思い切って抜きました。


DSC_0066-L_convert_20151129210148.jpg

引いて全体を見たところです。
前庭の隣地境界側に設置している白い木製フェンスです。
ここにつるバラ(シュラブ含む)を4本植えていたんですが、
そのうち3本を移植することにしました。
調子が悪かったことに加え、花の色のバランスなどを考えて決断しました。
写真は、そのバラの植え替え作業完了後に撮ったものです。


DSC_0068-L_convert_20151129210201.jpg

斜め横からのアングルで撮ったのがこちら。
白いフェンスに誘引したつるバラの足元にアガパンサスを植えていたんですが、
バラの足元にかなり迫って来ていて、今回バラを抜いた際に、バラの根とアガパンサスの根が交錯して
バラの方が負けてしまっていたので、バラから少し遠ざけるべく、
フェンス際のアガパンサスを抜くことにしました。
写真は既に、そのフェンス際に植っていたアガパンサスを抜き去った後のものです。


DSC_0069-L_convert_20151129210214.jpg

縦位置でも撮っておきます。
このコーナーは、「アガパンサスの小径」と呼んで、バラの花が終わったあと、
アガパンサスがたくさん咲いて綺麗で、とても気に入っている場所です。
今回、フェンス際まで迫っていたアガパンサスを一旦抜いて、
バラから遠ざけ、花壇の手前(飛び石のあたり)に移植することにしました。
この日は、他の植え替え作業などもあって、作業は一旦ここで終了。
植え替えは翌日に持ち越しました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:08:48|
  2. アガパンサス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地植えのERヘリテージを掘り上げました。

今回は、地植えのバラの移植作業の記事です。

DSC_0029-L_convert_20151129211210.jpg

こちらは、我が家の前庭、隣地境界に設置している白い木製フェンス。
このフェンスの一番右側部分に地植えして育てていたバラが、挿し木のイングリッシュローズでヘリテージです。
今回、全体のバラ配置計画の見直しに伴って、掘り上げて鉢植えに変更することにしました。


DSC_0030-L_convert_20151129211223.jpg

こちらが、掘り上げた地植えのヘリテージです。
あれ?、鉢植えやん!って思われるかもしれませんが、テラコッタ鉢の底が抜けているでしょ?
この部分、フェンスを設置している基礎のブロック部分が地面の中にもあって、
バラ苗を植え込むのに必要な深さ(約50㎝)が確保できず、止むなく、テラコッタ鉢の底を抜いて、
レイズドベッド風に底上げして、植え込み深さを確保していたんです。
今回、このヘリテージの植え替えにあたって、鉢の中だけを抜こうとしましたが、やはりすんなりとは抜けず(汗)、
鉢ごと引っこ抜きました。
その結果がこの通り。


DSC_0031_convert_20151129211235.jpg

ちょっと暗くて見にくいかもしれませんが、テラコッタ鉢ごと引き抜いた部分です。
太い根が地中深くまで伸びていて、さすがにそれまでは掘り上げきれず、途中で切れてしまいました(汗)。


DSC_0032-L_convert_20151129211249.jpg

こちらが、鉢から抜いたところ。
レイズドベッド代わりにしていたテラコッタ鉢は、こんな風に底が抜けて向こうが見えています。


DSC_0034-L_convert_20151129211316.jpg

ちょっと根をきってしまいましたが(汗)、気を取り直して、植え替えしました。
今回は、テラコッタ鉢ではなく、軽いプラスチック製の鉢に変えました〜(汗)。
水やりして、とりあえず植え替え完成です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:08:19|
  2. イングリッシュ・ヘリテージ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地植えのシャンタリュ・メリュも掘り上げて鉢植えに。

ひとつ前の記事で書いたERヘリテージに続いて、同じフェンスに誘引していたバラ、シャンタル・メリュも
掘り上げて、鉢植えに変更します。

DSC_0028-L_convert_20151129210444.jpg

こちらが掘り上げる前の様子。
つるバラではないんですが、半ツル扱いにもできるということで、このフェンスに誘引していました。
ですが、横に植えているオリーブの木の影になったせいか、もしくは宿根草のアガパンサスの根が強いためか、
つるはひょろひょろと伸びる一方で、花はほとんど咲きませんでした。
なので、今回掘り上げて、鉢で育て直してみようと思います。


DSC_0035-L_convert_20151129210456.jpg

こちらが、掘り上げたところ。
先ほどのERヘリテージ同様、白いフェンスの基礎部分が地中にあって、バラを植える深さが確保できないため、
テラコッタ鉢の底を抜いて、レイズドベッド風にして植え込んでいました。
抜くに当たって、鉢の中だけでは取れず、鉢ごと外すはめになってしまいました。


DSC_0036-L_convert_20151129210510.jpg

掘り出した鉢のアップです。
テラコッタ鉢の底がないのが分かりますね。
こちらも、地中深くまで根が伸びていましたが、全部は掘り起こせず、根の一部は切れてしまいました。
テラコッタ鉢の側面を見ると真ん中あたりに濡れているところと乾いているところの境目がありますが、
ちょうどそのあたりまで地中に埋め込んであるということになります。
15㎝ほど、レイズドベッドになっていたことになります。


DSC_0038-L_convert_20151129210542.jpg

シャンタル・メリュを植え込んでいた鉢を抜いて、フェンスから離しました。
ずいぶんとすっきりしました〜(笑)。


DSC_0037_convert_20151129210524.jpg

こちらが、テラコッタ鉢ごと撤去したあとです。
周囲を宿根草のアガパンサスに覆われてしまっています。
ここでは、レイズドベッド風にしていたテラコッタ鉢のおかげで、アガパンサスの強い根とバラの根が交錯することは
なかったようですが、隣のスペースでは、レイズドベッドにせず、そのままバラを植えていた場所では、
アガパンサスの根とバラの根が絡まって、バラの根の方が弱くなっていました。
なので、今後のことを考え、このバラの周りにまで侵食して来たアガパンサスも撤去して植え替えすることにします。


DSC_0039-L_convert_20151129210558.jpg

引き抜いたシャンタル・メリュの株です。
地植えですので、白根がビッシリという感じではありませんが、根はちゃんと育っているようです。
とりあえずは良かったです。
写真は撮り忘れましたが(汗)、このあとプラスチック性の鉢に植え替え完了しました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:08:02|
  2. シャンタル・メリュ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テラコッタ鉢で、レイズドベッドをつくる。

今回は、テラコッタ鉢でレイズドベッド風にしつらえるやり方について書きます。

DSC_0040_convert_20151129210612.jpg

今回、地植えのバラを植え替えるにあたって、テラコッタ鉢で作っていたレイズドベッドもやり直しします。
こちらが、この一旦抜いた鉢です。
底を全面に抜いて使っています。


DSC_0042-L_convert_20151129211615.jpg

今回、もう一個、このレイズドベッドを作る必要があり、久しぶりに実施してみました。
前回までは、丁寧にドリルを使って、少しづつ穴を開けていましたが、さすがに面倒で(汗)、
今回は金槌を使って、スピーディーにやります。
使うのは、金槌と釘です。
底の穴の部分に釘を使って、穴を広げて行きます。
無理に強く叩くと鉢全体が割れてしまいますので、そうならないように慎重に行います。


DSC_0043-L_convert_20151129211627.jpg

ちょっとづつ穴を広げて行きます。
何とかうまく行きそうです。


DSC_0044-L_convert_20151129211638.jpg

何とか底の部分全面を割ることができました。


DSC_0045-L_convert_20151129211649.jpg

割った部分は、内側に落ちています。


DSC_0047-L_convert_20151129211714.jpg

こんな感じになりました。


DSC_0054-L_convert_20151129211137.jpg

実際に植える際には、このようになります。
周りの地面から20㎝くらい、深さを稼げます。
その上、周囲に根の強いアガパンサスなどの宿根草がありますが、
その植物の根との干渉を防ぐことができ、一石二鳥です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:07:48|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルーフォーユーの地植え

こちらは、今年6月にお迎えしたバラで、ブルー・フォー・ユー。
5月に行った千葉県の京成バラ園さんで美しく咲くこのバラを見て、
我が家にもお迎えしたくなりました。

DSC_0048-L_convert_20151129211056.jpg

約半年、8号スリット鉢で育てて来ましたが、来春のバラ配置計画の見直しに
伴って、今回地植えすることにしました。


DSC_0049-L_convert_20151129211109.jpg

スリット鉢から出した状態です。
白根が見えてなかなかの仕上がりかな〜と思います。


DSC_0050-L_convert_20151129211122.jpg

植え替えにあたって、根鉢を少し崩しました。
いい感じに白根が伸びています。


DSC_0054-L_convert_20151129211137.jpg

植え込む場所は、前庭の隣地境界フェンス際。
もともとこの場所にはローズ・ポンパドゥールを植えていました。
ここに植え替えします。
この場所は、基礎の深さも浅く、直接植えても十分な深さが掘れたので、
ローズ・ポンパドールを植えていた際には、そのまま植え付けていました。
ただ、そのポンパドゥールが不調で、掘り上げてみると、
ほとんど根が張っていませんでした。
前にあるオリーブの木の陰になっていたためか、もしくは、周囲にある
宿根草のアガパンサスの根の影響なのか?
今回、オリーブの木はかな剪定して、日が当たるようにしましたし、
さらに万全を期すために、テラコッタ鉢を使って、レイズドベッド風にし、
周囲のアガパンサスの根が侵入して来ないようにしました。
その上で、アガパンサスも周辺部は抜き、少し離れたところに移植しました。
これで何とかうまく育って欲しいものです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:07:31|
  2. ブルー・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉢植えのセンティッド・エアーを地植えにしました。

こちらは、このブログ初登場だったかもしれません(汗)。
今年6月にお迎えしたバラで、センティッド・エアー。
京成バラ園の通販で買いました。

DSC_0051-L_convert_20151129210629.jpg

6月にやって来た時は、新苗でとても小さかったのですが、
そこそこ大きく育って来ました。
何度か植え替えして、今では8号スリット鉢で育てています。


DSC_0056-L_convert_20151129210721.jpg

植え替えにあたって、スリット鉢から抜いてみました。
根張りは十分とは言えませんが、何とか白根も見えています。


DSC_0052_convert_20151129210642.jpg

前庭の隣地境界フェンス際に地植えするんですが、ここはブロックの基礎があって、あまり深く掘れないんです。
なので、前のバラを植えていた時から、このテラコッタ鉢の底を抜いたものを使って、
レイズドベッドとして活用していました。


DSC_0053_convert_20151129210655.jpg

以前は、ここにシャンタル・メリュというバラを植えていました。
花付きが悪かったのと、隣接するバラとの色の相性もあって、今回違うバラに植え替えるんですが、
同じ場所に別のバラを植えるということで、連作障害が気になります。
完全にはそのリスクは払拭できないとは思いますが、多少気休めも含め、対策をすることにしました。
高原先生の著書に書いてあった方法を使ってみます。
植え込む底の部分に、腐葉土と堆肥を転圧し、層を作ります。
その上に、根腐れ防止、連作障害にも効果があるというゼオライトを敷きました。
それからバラを植え込んで行きます。
幸い、テラコッタ鉢でレイズドベッドにしていることで、周囲の土とは縁が切れるので、
多少はマシかな〜なんて思いながら・・・。


DSC_0060-L_convert_20151129210732.jpg

こちらが、センティッド・エアーを植え付けたところ。
以前のシャンタル・メリュと比べるとずいぶん小振りになりましたが(汗)。


DSC_0061-L_convert_20151129210745.jpg

上からの見下ろしのアングルでも撮ってみました。
これからの成長に期待大です。


DSC_0055-L_convert_20151129210708.jpg

よく見ると、このセンティッド・エアーに蕾が膨らんでいました。
今年最後の花、咲くかな〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:07:08|
  2. センティッド・エアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長尺苗のサンセット・グロウも地植えに

こちらも、今年の6月にお迎えしたばかりのバラで、サンセット・グロウ。
5月に行った横浜イングリッシュガーデンで見て、その素晴らしさに
一目惚れしました。
帰郷してから、すぐに京都のまつおえんげいさんで購入しました。

DSC_0057-L_convert_20151129210310.jpg

本当は長尺苗が良かったんですが、あいにくその頃長尺苗は売り切れていて、
普通の2年生苗を購入したのですが、それ以降、ほとんど花も咲かせず、
ひたすら真っ直ぐ上に伸ばしました〜(汗)。
その甲斐あって、2.5mくらいまで伸びました〜。


DSC_0058-L_convert_20151129210321.jpg

地植えするにあたって、スリット鉢から抜いてみました。
根張りはこんな感じ。


DSC_0059-L_convert_20151129210333.jpg

完璧ではありませんが(汗)、そこそこかな。
そうでもない?(大汗)。
根をほぐして植え込みします。


DSC_0067-L_convert_20151129210344.jpg

植え込んだのはこちら?
えっ?どこ?
前庭の隣地境界の白いフェンスの一番右側(バラでいうと右から2番目)。
もともとここにはイングリッシュローズのヘリテージを植えていました。
配置計画の見直しで移植します。
サンセット・グロウは竹支柱に誘引したまま、しばらくこのままにしておきます。
12月か1月になってから、白いフェンスに横に倒して誘引する予定です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:06:54|
  2. サンセット・グロウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花壇の仕切りにウェーブエッジを使います板

今回は、便利園芸グッズについて。

DSC_0070-L_convert_20151129210404.jpg

最近気に入っているのがこのウェーブエッジという波板。
たまたまホームセンターで見つけて、何かに使えそうということで試しに買ってみたものです。


DSC_0071-L_convert_20151129210415.jpg

今回、前庭の花壇の一部に使ってみようと思います。
隣地境界際の花壇ですが、ここにはつるバラをフェンスに誘引していて、そのすぐ横に宿根草のアガパンサスが
押し寄せていたんですが、どうもバラの根がアガパンサスの強い根に負けて弱っていた感じです。
なので、アガパンサスをバラから遠ざけるように移植するのと同時に、今後成長するであろうアガパンサスが、
バラゾーンに侵入して来ないように、このウェーブエッジでせき止めます。


DSC_0072-L_convert_20151129210426.jpg

斜めから見るとこんな感じ。
どこまで効果があるかわ分かりませんが、一度試しに使ってみます。
他にも、中庭の地植えのイングリッシュローズコーナーのバラと宿根草の棲み分けにも活用してみたいと考え中です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:06:40|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラデュレの植え替え

こちらも今年お迎えしたバラで、ラデュレです。
こちらも今年5月に行った横浜イングリッシュガーデンで見かけて、
一目惚れしたバラです。

DSC_0011-L_convert_20151129211421.jpg

6月にまつおえんげいさんで購入しました。
購入した時は、小さな2年生苗でしたが、こちらも咲かせず、
まっすぐ上を向いて誘引させていたので、ずいぶんと大きく成長しました。
植え替えに当たって、スリット鉢から抜いてみました。


DSC_0012-L_convert_20151129211435.jpg

根鉢のアップです。
こちらは申し分ない成長具合ですね。


DSC_0013-L_convert_20151129211447.jpg

少し根をほぐしてみました。


DSC_0015-L_convert_20151129211512.jpg

この竹支柱を付けたまま、一回り大きな鉢に植え替えします。


DSC_0014-L_convert_20151129211459.jpg

他の鉢増しのバラ同様、プラスチックの鉢(ロゼアポット)を使います。
さらに大きく成長できるスペースがあるので、来春は楽しみです。
いきなり、横浜イングリッシュガーデンで見たような、
枝垂れるように咲かせる誘引をやってみたいと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:06:26|
  2. ラデュレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉢植えのギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデを植え替えします。

こちらは、前庭で鉢植えで育てていたギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ。
長いので、以下、ギスレーヌと書きますね(笑)。

DSC_0021-L_convert_20151129210233.jpg

今まで前庭のメインの建物外壁面に誘引していたんですが、どうも花期も花色も合わず、
今回、別の場所に移すことを決断しました。
それに伴って、鉢も変えます。
これまでは、中くらいの大きさのテラコッタ鉢に植えていました。


DSC_0022-L_convert_20151129210245.jpg

テラコッタ鉢から抜いてみました。
テラコッタ鉢で育てていた割には、そこそこちゃんと育っていますね。


DSC_0023-L_convert_20151129210257.jpg

ネットに入れた鉢底石を取り除いて、根鉢を軽く崩しながら、根をほぐしました。
写真はここまでですが、このあと、一回り大きなプラスチックの鉢(ロゼアポット)に植え替えしました。
移転先は、中庭の軒下のある場所あたりで考えています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:06:12|
  2. ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナカイドウの鉢植えを植え替えしました。

こちらは、ハナカイドウという庭木です。
3年前にガーデンリフォームをする前は、中庭に地植えしていました。
母が大切に育てていた木でしたが、ローズガーデンに軸を振ったので、
掘り上げて、鉢植えで育てています。

DSC_0017-L_convert_20151129210822.jpg

普段は、置いておく場所がないので(汗)、建物の北側の暗い通路部分に
設置していますが、春になると中庭に移動させて、花を楽しんでいます。
桜の花のような美しい花を咲かせる花木です。


DSC_5293-L_convert_20150406093715.jpg

ちなみに、こちらが今年4月の開花の様子です。
美しいですね。
以前は、こんなに花は咲きませんでしたが、昨年はちゃんと植え替えし、
肥料もやったからここまで咲いてくれたような気がします。


DSC_0018-L_convert_20151129210835.jpg

こんな小さな果実鉢に植えています。
なぜこの鉢かというと、美観上、アジアン鉢を鉢カバーとして使用していて、
その大きさに合うのが、ちょうどこの果実鉢なんです。
そもそもアジアン鉢に直接植えればいいのでは?というご意見があるかもしれませんが、
普段は、そのアジアン鉢にはバラの鉢植えを納めているんです。
4月にハナカイドウが咲くときだけ、入れ替えしているんですよ。


DSC_0019-L_convert_20151129210848.jpg

小さな鉢で大きな木を賄っているので、土の栄養分の消費が早いんでしょうね。
鉢から取り出してみると、結構土がスカスカになっていました。


DSC_0020-L_convert_20151129210901.jpg

根をほぐして、同じ鉢に植え戻します。
その際に、新しいフレッシュな土に入れ替えました。
これで来春はまた見事な花を咲かしてくれるといいのですが(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:05:53|
  2. ハナカイドウ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行き先がまだ定まらない、バロン・ジロー・ドゥ・ラン

こちらは、バラを始めた1年目からお迎えしているバラで、
バロン・ジロー・ドゥ・ラン
個性的な花がとても魅力的で、とても気に入っているバラなんですが、
如何せん、どこで育ててもなかなかうまく咲いてくれません(汗)。
放浪を続けてます。

DSC_0006-L_convert_20151129210943.jpg

今年は株の充実を図るため、あまり咲かさず、他のつるバラ同様、
真っ直ぐ上を向けてツルを伸ばすようにしてきました。


DSC_0007-L_convert_20151129210955.jpg

来春のバラは一計画で、一応、場所は決めました。
中庭の玄関ドアの横の壁面で鉢植えで育ててみようと思っています。
その場所は、ひとつ前の記事で書いた、ハナカイドウの鉢植えと入れ替えが必要なので、
そのハナカイドウを植え込んでいる鉢と同じものに植え替えます。
現在のスリット鉢から抜いてみました。
根張りは、うーん、どうでしょう?
期待したほどにはなっていませんね。


DSC_0008-L_convert_20151129211008.jpg

植え替えにあたって、少し根鉢をくずしましたが、今ひとつですね(汗)。
何でなんでしょうね?
地上部ももうひとつ張りがない感じでした。


DSC_0009-L_convert_20151129211022.jpg

ハナカイドウと同じ、黒い果実鉢に植えました。
鉢の大きさは前のスリット鉢とほぼ同じくらいです。


DSC_0010-L_convert_20151129211035.jpg

株元はこんな感じ。
来春は期待したいんだけどな〜。
応えてくれるかな〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:05:40|
  2. バロン・ジロー・ドゥ・ラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スリット鉢のベルベティト・ワイライトを鉢増ししました。

こちらは、中庭でスリット鉢で育てていたバラで、
ベルベティ・トワイライト。
良く咲くバラでとても気に入っているバラのひとつです。

DSC_0024-L_convert_20151129211335.jpg

8号のスリット鉢で育てているバラの中では調子が良さそうなので、
一回り大きなテラコッタ鉢に植え替えしてみようと思います。
スリット鉢から抜いてみました。


DSC_0025-L_convert_20151129211350.jpg

根張りは、そこそこかな〜?
もっと根が張っていると思っていたんだけどな〜(汗)。


DSC_0026-L_convert_20151129211403.jpg

植え替えしたのは、こちらのテラコッタ鉢。
以前、前庭でギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデを植えていた鉢です。
なかなか格好良い鉢なので、この鉢に合うように美しく咲いて欲しいものです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:05:24|
  2. ベルベティ・トワイライト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディスタント・ドラムスの花

12月も目前のこの日、庭作業の中で見つけたのがこちら。
ディスタント・ドラムスの蕾です。

DSC_0064-L_convert_20151129210806.jpg

このバラ、ニュアンスカラーで咲く、とても個性的なバラで気に入ってます。
そのバラに、おそらく今年最後と思われる蕾が付きました。
真っ赤な蕾ですね。
実は、このディスタント・ドラムス、秋に株元を見たら、
癌腫になっていることが判明しました。
この日、他のバラの植え替え作業のついでに見てみると、やはり大きな瘤が。
処分するかどうか悩みましたが、株自体は今のところとても元気で、
良く花も咲かせてくれるので、そのまま鉢植えのまましばらく育ててみることにします。
とはいえ、健康な株も手元においておきたいので、
近々、近所のホームセンターで1000円苗でゲットしようと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:05:07|
  2. ディスタント・ドラムス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ11月なのに、寒アヤメが咲きました!

こちらは、我が家の前庭の一角で突然咲き出した寒アヤメです。

DSC_0062-L_convert_20151129211539.jpg

早咲きというか、名前の通り、寒い時期に咲く花ですが、
例年2月頃に咲いています。
ニュースで見ましたが、今年も異常気象の影響か、各地で季節外れの花が咲いたりしているようですね。


DSC_0063-L_convert_20151129211550.jpg

うちの寒アヤメもそうなんでしょうか?
この冬は暖冬と予報が出ていますが、どうなることでしょう。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:04:50|
  2. 四季咲き寒アヤメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭、玄関アプローチのガラス扉付近の様子(2015年5月25日)

(2015年5月のバックデート記事です)

今年2015年は、バラの開花がことの他、早かったようです。
我が家でも1週間か10日ほど昨年より早い感じがします。

DSC_3534-L_convert_20150909210931.jpg

5月25日、我が家の遅咲きのつるバラたちもそろそろ開花が始まりました。
前庭のガラス扉の向かって左側、ジャスミーナとドロシー・パーキンスは、我が家にあるバラの中で
最も遅くに咲き始めるバラです。
特に、我が家のメインローズのドロシー・パーキンスは、超遅咲きのバラで、昨年は6月に入ってからが見頃でした。
今年は、5月25日、ちらほらと咲き始めましたね。


DSC_3601-L_convert_20150909211021.jpg

ガラス扉を真正面から撮って見ました。
とてもフォトジェニックな場所です。


DSC_3558-L_convert_20150909210943.jpg

同じような写真ですが、こちらの写真では、ガラス扉を開けました。
奥の中庭まで見通せます。


DSC_3561-L_convert_20150909211006.jpg

縦位置でも撮っておきました。


DSC_3560-L_convert_20150909210955.jpg

斜めからのアングルでも撮っておきましたよ〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:04:35|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄関アプローチ全景(2016年5月25日)

(2015年5月のバックデート記事です)

前面道路から、我が家の前庭風景を撮影する時、レンズの設定をどうするか、いつも悩みます。
基本的に、風景ぽく撮る時は、広角レンズを使うのですが、それでも画角が10mm〜24mmまであるので、
どのあたりで撮るのかで、印象が大きく変わります。

DSC_3529-L_convert_20150909211337.jpg

こちらは、広角レンズの望遠端で撮った一枚。
圧縮効果が掛かって、コンパクトに見えますね。


DSC_3599-L_convert_20150909211319.jpg

一方のこちらは、広角端で撮った一枚。
かなり印象が変わるでしょ?
あり得ないくらい(汗)奥行きが強調されていますが、雰囲気は出ますね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:04:20|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭、ななめアングルの比較

(2015年5月のバックデート記事です)

前庭の撮影アングルの研究です(汗)。

DSC_3526-L_convert_20150909211552.jpg

こちらは、駐車場から、かなりの広角で撮った一枚です。
かなり歪んでしまっていますね。


DSC_3606-L_convert_20150909211640.jpg

こちらは、前面道路からのアングルです。
一番道路側の花壇に植えたシンボルツリーのエゴノキと、建物前の高木のアオダモの両方が入るアングルです。


DSC_3603-L_convert_20150909211613.jpg

玄関のガラス扉にクローズアップするとこんな感じです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:04:04|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭・パレットの撮影アングルの確認

(2015年5月のバックデート記事です)

今回は、我が家の前庭の建物外壁の「パレット」と称している部分の撮影アングルの違いをまとめてみました。
まだ、メインローズのドロシー・パーキンスが咲き始めたばかりなので、絵的にはイマイチですが(汗)。

DSC_3527-L_convert_20150909211101.jpg

こちらは、真正面アングルです。


DSC_3539-L_convert_20150909211133.jpg

こちらは、脚立に乗って、俯瞰のアングルで撮っています。


DSC_3557-L_convert_20150909211145.jpg

こちらは、パレットの向って右側、玄関アプローチ側からのアングルです。


DSC_3533-L_convert_20150909211117.jpg

こちらは、逆サイド、斜め左側からのアングルです。
目線は少し高めかな?
脚立に乗って撮っていると思います。
同じ壁面でも、アングルが変わるだけで、結構、印象が変わりますね。


DSC_3531-L_convert_20150909211415.jpg

こちらは、少し角度を振って撮っています。
少しの違いですが、やっぱり印象は変わりますね〜。


DSC_3577-L_convert_20150909211432.jpg

こちらは、我が家の前庭の定番としている撮影アングル。
駐車場から、建物外壁に誘引したつるバラを舐めながら、前庭の全景が入るように撮れるアングルです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:03:29|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭の撮影アングルの検証

(2015年5月のバックデート記事です)

今回は、中庭の撮影アングルと画角の研究です。

DSC_3550-L_convert_20150909211742.jpg

こちらは、広角レンズの望遠端あたりで撮影した中庭風景です。
良い感じに撮れていますね。


DSC_3555-L_convert_20150909211814.jpg

少し広角側に振ると、こんな感じになります。
奥行き感が出ますね。


DSC_3549-L_convert_20150909211729.jpg

これは、一番の広角端で撮ったものです。
ここまで行くと、少し不自然な感じがしますね。


DSC_3548-L_convert_20150909211714.jpg

少しカメラを振って、斜めのアングルで撮りました。
やっぱり正面のアングルの方がいいなぁ。


DSC_3556-L_convert_20150909211832.jpg

ウッドデッキテラスに近づいて撮ってみました。
これも撮影テーマが曖昧になりますね〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:03:12|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭風景(2015年5月24日)

(2015年5月のバックデート記事です)

このころは、バラの最盛期ということもあって、毎日のように写真を撮っていましたね〜(汗)。
ほとんど変わらないようで、やはり花の咲き方は日々変わるし、背景となる空の様子や太陽光も毎日違うので、
少しでも良い写真を撮ろうと、頑張っていました(大汗)。
この日、5月24日の前庭の様子です。

DSC_3504-L_convert_20150909212240.jpg

玄関アプローチをレンズも望遠側で撮った一枚です。


DSC_3463-L_convert_20150909212145.jpg

少し左斜めからのアングルです。


DSC_3464-L_convert_20150909212157.jpg

さらに振って、小壁に隠れていたガラス扉が見えるアングルです。


DSC_3514-L_convert_20150909212105.jpg

再び、玄関アプローチ側。


DSC_3513-L_convert_20150909212053.jpg

脚立に登って、俯瞰のアングルで撮った一枚です。


DSC_3490-L_convert_20150909212258.jpg

脚立に登ったまま、カメラをかなり下に向けて撮った一枚です。


DSC_3515-L_convert_20150909212311.jpg

このアングルはなかなか良いですね〜。
ドローンで撮影したような感じにみえます(笑)。


DSC_3520-L_convert_20150909212330.jpg

こちらは、駐車場側から、脚立に登って玄関アプローチ側を見たアングルです。


DSC_3517-L_convert_20150909212208.jpg

駐車場からガラスドア方向を見たアングル。


DSC_3474-L_convert_20150909212229.jpg

再び、玄関アプローチ正面に戻ってきました。


DSC_3477-L_convert_20150909212031.jpg

ガラス扉部分のアップです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:02:58|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年春、バラの園遊会

(2015年5月のバックデート記事です)

今年は、地元の高校を卒業してちょうど30年という節目の年にあたり、卒業以来初めての学年全体での同窓会が
この3月に開催されました。
30年ぶりに再会した同級生ですが、在学中にはほとんど接点がなく話したこともなかったのに、
同窓会をきっかけに、仲良くなったメンバーが何人かいます。
そのメンバーから、是非一度バラ庭を見てみたいという話があって、ただバラを見てもらうだけではつまらないので、
花見ではないですが、「薔薇見」と称して園遊会を行うことになりました。
開催日は、2015年5月23日でした。

DSC_3445-L_convert_20150909215351.jpg

約20名くらいが集まりました。
前庭の駐車スペースにキャンプ用のテーブルと机を持ち出して、即席の会場を作りました。
うちにはパラソルとかはないんですが、そんなものもみんなで持ち寄ってこの通りです。


DSC_3446-L_convert_20150909215405.jpg

地元・奈良にいるメンバーだけでなく、結構、遠方からも駆けつけてくれたりして楽しかったです。
料理も飲み物もみんなで持ち寄りで、美味しいものをたくさん頂きました。


DSC_3443-L_convert_20150909215311.jpg

我が家のメインローズのドロシー・パーキンスだけは、まだこの時、咲いていなくて残念ですが、
それなりの雰囲気にはなったかな〜。
また来年もできるといいなぁと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:02:44|
  2. ゲスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭・玄関アプローチ(2015年5月23日)

(2015年5月のバックデート記事です)

2015年春のバラシーズンもいよいよピークを迎えつつある5月23日。
この日は、前庭の様子をたくさん撮影しましたので、載せてみます。

DSC_3396-L_convert_20150909224527.jpg

こちらは、玄関アプローチ。
前面道路から、レンズの望遠側で撮影した一枚です。
レンズの圧縮効果が発揮された絵になっています。


DSC_3398-L_convert_20150909215918.jpg

同じ場所を広角レンズで撮るとどうなるか、こうなります。
撮影しているのは、玄関アプローチに入ってすぐのあたりです。
広角レンズなので、画面の両側がかなり歪んでしまいますが、奥行き感は出ます。


DSC_3429-L_convert_20150909215957.jpg

広角レンズで、少しアングルを左に振って撮影したのがこちら。
玄関アプローチが奥の中庭へと続いている感じがよく分かります。


DSC_3399-L_convert_20150909215931.jpg

玄関アプローチを進んで、ガラス扉の近くまで来ました。
まだ、画面左側奥の、我が家のメインローズのドロシー・パーキンスだけが咲いていませんね。
我が家の庭の中では一番最後に咲く、超遅咲きのバラなんです(汗)。


DSC_3428-L_convert_20150909215945.jpg

縦位置でも押さえておきます。


DSC_3414-L_convert_20150909213206.jpg

ガラス扉を真正面から撮ったアングルです。
アングル的には良いのですが、ガラス扉の左側のバラ、ドロシー・パーキンスが咲いていないので、
バランスが悪いですね。


DSC_3419-2-L_convert_20150616213932.jpg

玄関アプローチを脚立に登って、俯瞰のアングルで撮ってみました。
画面右側の壁面に誘引しているつるバラのアンジェラは、もうピークを過ぎています。
この絵に写り込むバラが全部一斉に咲いた状態で撮るのは、結構難しいのです。


DSC_3431-L_convert_20150909224622.jpg

駐車場から、脚立に登って玄関アプローチを見たアングルです。


DSC_3403-L_convert_20150909224853.jpg

脚立を下りて、普通の目線で、駐車場から玄関アプローチを見るとこうなります。


DSC_3400-L_convert_20150909224910.jpg

ガラス扉のあたりから、前庭の小壁(前面道路)方向を見たアングルです。
小壁には一重のピンクの花が咲くつるバラのモーツアルト、画面左側の隣地境界フェンスには、アンジェラを誘引しています。


DSC_3409-L_convert_20151202133450.jpg

再び、前面道路側から見た前庭風景です。
シンボルツリーの株立ちのエゴノキとピンクのつるバラの競演です。


DSC_3411-L_convert_20151202133508.jpg

前庭の小壁付近から見る、玄関アプローチのガラスの扉方向です。
ガラスの奥に、サンルームのブルーの板張りが見えて、キングローズの赤い花とのコントラストがなかなか良いです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:02:23|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

例年より早い、紫陽花の色付き

(2015年5月のバックデート記事です)

こちらは、前庭の玄関アプローチで地植えしている紫陽花です。

DSC_3357-L_convert_20150909224824.jpg

この時、まだ5月23日ですが、もう紫陽花の花が色付き始めています。
今年は、薔薇も咲くのが早かったけど、紫陽花も早いですね〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:02:08|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭とサンルームの関係

(2015年5月のバックデート記事です)

こちらは、我が家の中庭風景です。
時期は、5月23日になってますね。

DSC_3388-L_convert_20150909214626.jpg

遅咲きのバラが中心の前庭く比べて、中庭は普通咲き、もしくは早咲きのバラを植えています。
5月今年は例年よりバラの開花が早かったので、中庭のバラもこの時、既にピークを過ぎています。
その中庭の横にあるのが、半屋外のサンルーム。


DSC_3389-L_convert_20150909214637.jpg

もととも物置小屋的な場所だったんですが、今はもっぱら自転車とバイク置き場となっています。
でも写真では、そんな生活感が出ないように撮ってますけどね(汗)。
昔は、サンルームには仕切れるようなアルミサッシが付いていましたが、今ではサッシも撤去して、
半屋外空間として、中庭とつながっています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:01:53|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年5月23日の中庭風景

(2015年5月のバックデート記事です)

こちらは、今年5月23日の中庭風景です。

DSC_3391-L_convert_20150909224926.jpg

中庭のバラはピークを過ぎていますが、まだ元気に咲いているバラも多くあります。
正面の和鉢に球体誘引している安曇野、その奥のトロピカルオレンジ色のオールド・バル、
画面右側の濃い赤紫色のバラは、カーディナル・ヒューム。
画面左側のピンクは、ジュビリー・セレブレーションです。
このあたりが、まだ良く咲いています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/11/30(月) 07:01:39|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (18)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (220)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (18)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2677)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (45)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (285)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (280)
アオダモ (3)
紫陽花 (76)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (558)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (142)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (214)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (38)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (68)
記事投稿告知 (25)
記事(バックアップ) (25)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR