Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

「2015年春、我が家のバラ狂騒曲」ダイジェスト・Part2 、ナイトガーデニング編

ひとつ前の記事で、『2015年春、我が家のバラ狂騒曲』と題して、この春のバラシーズンの様子をダイジェスト版で載せましたが、
そのパート2、「ナイトガーデニング編」も載せてみますね。

今年の春は、バラを始めて3年目ということで、ボクのバラの師匠、京都のまつおえんげいの松尾社長からも、
「3年は辛抱して育てて下さいね〜。」と言われていましたが、その真価が問われる3年目でした。
日頃のお世話の甲斐があったのか、ただ単にラッキーだったのか(汗)、分かりませんが、
その師匠の言葉通り、今年は想像を遥かに超えるほどたくさんのバラの花が咲いてくれました。

普段は、昼間の写真しか撮らないのですが、試しに夜の風景もどんな風になるのか撮ってみよう!、ということで、
ライトアップのセッティングをして撮影してみました。

我が家のメインローズのドロシー・パーキンスが満開になるタイミングで、晴れた日の夕方、早く帰宅して、三脚を持ち出し、
夕景を撮るのにベストな時間帯、「マジックアワー」を待ちました。
この「マジックアワー」と言われる、日が暮れて15分ほどの短い時間帯は、
「ブルーモーメント」とも呼ばれる、空が青く写る絶好のタイミングなんです。
そして、期待通りの空が青く写った写真を撮ることができました。
こちら↓が、その写真です。

DSC_3905-L_convert_20150616214912.jpg

まずは、外観を真正面から。
外壁の1階部分、白いタイル面に誘引した数種類のつるバラにアッパーライトを当てています。


DSC_3911-L_convert_20150616214944.jpg

少しアングルを左側に振ってみました。
写真右手手前に見えるのが、我が家のシンボルツリーで、高さ5mほどある株立ちのエゴノキです。
このエゴノキには普段からアッパーライトを当てて、ライトアップしています。


DSC_3912-L_convert_20150616215002.jpg

撮影アングルを大きく右に振って、玄関アプローチ側から撮ってみました。
シンボルツリーのエゴノキを照らし上げるアッパーライト、
そしてその奥の建物外壁面に誘引したつるバラをライトアップしています。
ライトアップも前後に立体感を持たせて行っています。


DSC_3904-L_convert_20150616214856.jpg

再び外観を正面から、少し引いて全景が分かるように撮ってみました。
最初は、写真左側の隣地境界沿いにある3本のオリーブの木もライトアップしてみようかとも思ったのですが、
あまりやり過ぎると、商業施設みたいになってしまうのでやめました。
正面のつるバラと、シンボルツリーのエゴノキ、そこから漏れる光で照らされる玄関アプローチ脇のアンジェラだけに絞って
ライトアップしています。


DSC_3913-L_convert_20150616215021.jpg

こちらは、玄関アプローチのアップです。
ガラス扉を囲むようにアーチ状に誘引した左右のつるバラをライトアップしてみました。
ガラス扉の奥、中庭側もライトアップしています。
灯りに導かれるように、中庭へと引き込まれていくような演出です。


DSC_3910-L_convert_20150616214927.jpg

こちらは、建物外壁「Palette / パレット」と称している白い壁面に誘引したつるバラをライトアップしているところです。
写真右側のブラケットライト(壁付け照明)が、ガラス扉廻りのつるバラを照らし、
写真左側のアッパーライト(下から照らし上げる照明)で、メインローズのドロシー・パーキンスを浮かび上がらせています。
アッパーライトに照らされたバラや高木のアオダモの影が、建物2階のピンクの壁面に映り込んで、とても幻想的な雰囲気です。
シャッタースピードがとても遅いので、風に吹かれた高木のアオダモが揺れて、その枝先の葉っぱがブレています。


DSC_3922-L_convert_20150616215056.jpg

左側のアッパーライトの角度を変えて、もう少し正面を照らすように左右から2灯を当ててみました。
そして右側のブラケット(壁掛け)照明は、光が強すぎるので敢えて消してみました。
上の写真と比べると、雰囲気はずいぶんと変わりますね。
光の照らし出されたバラははっきりと見えますが、少しのっぺりとした平面的な感じかな(汗)。
照明の当て方ひとつで見える印象はずいぶんと変わりますね。


DSC_3921-L_convert_20150616215038.jpg

上の写真の照明スタイルのまま、撮影アングルを変えてみました。
こちらから見ると、照明に照らされたバラの花がキレイに見えて、なかなかいいですね。

そんなことで、今年は実験的に仮設でライトアップを楽しんでみました。
来年は、ライトアップされたナイト・ガーデニングのオープンガーデン、もしくはバラ見酒(夜の園遊会)等もいいかもしれませんね(笑)。
またひとつ楽しみが増えました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2015/06/17(水) 09:15:36|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ブログ開設2周年、『2015年春、我が家のバラ狂騒曲』ダイジェスト版

大変ご無沙汰しております〜(大汗)。
ほぼ1ヶ月半ぶりのブログ更新です!
ずっとブログの更新がなくて、何かあったんじゃないかとメッセージをいただいたり、ご心配をおかけしましたが、
至って元気にしております(汗)。

バラを始めて3年目の今年、2015年春の我が家のバラシーズンですが、
昨年いくつかのガーデンコンテストに入賞させていただいたこともあって、何社かのガーデン雑誌さんの取材があったり、
コンテストの審査員をされていた先生が庭を見に来て下さったり、
また、ご近所のバラ友さんがたくさんのお友達を連れて見に来て下さったり、
30年振りに開催された高校の同窓会で再会した同期のみんなとガーデンパーティをしたり、
今年は初めて「国際バラとガーデニングショウ」や関東のバラ園をいくつか見に行ったりと、何かと慌ただしい5月でした。
その『2015年春、我が家のバラ狂騒曲』も終わり、ひと段落したところで、このバラシーズンに撮り貯めた写真を整理しています。
あまりにもたくさんの写真を撮り過ぎて、なかなか追いつかず、ブログの更新が滞っていました(汗)。
この5月のイベントを振り返りながら、徐々にブログにアップしていきたいと思っています。
バックデートの記事になりますが、また良かったらご覧になって下さいね。

さて、今日6月17日は、2年前にこのブログ『 Change My Garden 』をスタートさせた日で、ブログ開設2周年になります。
そして、今日は、3年前に亡くなった妻の命日でもあります。
早いもので、妻がいなくなってもう3年になります。

失意の中、何も手に付かなくなって、何か打込めるものをやらなければ、ということで始めたのが自宅ガーデンでのバラ栽培。
いろんな方に助けてもらいながら、何とか3年目の春を迎えることができました。
ブログの方も、ここ最近はずいぶんさぼっていますが(汗)、何とか2年間続けることができました。
これもブログを見ていただいている皆さま方のおかげと、大変感謝しています。

2年前にこのブログを始める際に書いた『ブログ開設宣言』が、こちら↓

   ※2013年6月17日のブログ → 『ブログ開設宣言』

今、読み返してみると、とても恥ずかしいことを書いておりますが(大汗)、良かったらご覧下さいね。
そこに載せている2年前の庭の様子と今年の庭の様子の変化も見れますよ(笑)。
バラを始めて1年目に咲いたバラは、今見返すとほんの少しでしたが、
それでも初めて育てたバラが咲いた姿に感動していたことが懐かしいです。

・・・・・前置きが長くなってしまいましたが、とりあえず、今年2015年春のバラシーズンの写真の中から、
一番良かった時期の写真を何枚か、先にダイジェスト版として載せてみますね。
少し長いですが、良かったらご覧ください。

DSC_3847-L_convert_20150616214357.jpg

こちら↑は、我が家のガーデンを象徴するアングルの一枚。
前面道路に面した「前庭」を横から見たアングルです。
2年前の同じアングルの写真と見比べてみると、建物の白い外壁に誘引したピンクのつるバラ、
我が家のメインローズ「ドロシー・パーキンス」のボリュームが全然違いますね。
今年は、ほぼ外壁の白いタイル部分を埋め尽くすほど、見事に成長しました。


DSC_3824-L_convert_20150616214318.jpg

建物の外観全景です。
正面の白い外壁部分に誘引した何本かのつるバラが壁面を覆い尽くしています。


DSC_3856-L_convert_20150616214421.jpg

少しアングルを左に振ってみました。
手前の広いスペースは、普段は駐車場です。


DSC_3882-L_convert_20150616214532.jpg

こちらは、正面から右側にアングルを振ってみました。
玄関アプローチ側から見た全景です。


DSC_3861-L_convert_20150616214445.jpg

もう一度、正面アングルから。
先ほどの正面アングルより少し目線を上げてのアングルで、脚立を立てて撮影しています。
この日は快晴で、サーモンピンクの外壁と青い空のコントラストがとてもキレイでした。


DSC_3716-2-L_convert_20150616214043.jpg

こちらは、「Pallet / パレット」と称している建物外壁の白いタイル部分に誘引しているつるバラのアップです。
正面のピンクの小輪房咲きのバラが、我が家のメインローズの「ドロシー・パーキンス」。
3年前に植えた当初は、長尺苗でしたが、長さ1.5mほどでしたが、今では最長部で約8mほどに伸びています。
その右隣が剛健種のジャスミーナ、その下の赤い花の鉢植えのバラがレッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ、
ガラス扉を挟んで右側の壁面の上のショッキングピンクのバラが古参のキング・ローズ、その下の小輪のバラがレッド・キャスケード。
それ以外にも数種のつるバラをこの壁面にパッチワークの様に誘引しています。
それにしても、花の色を美しく撮るには、快晴の日より、この日のような曇り空の方がいいですね〜(汗)。


DSC_3796-L_convert_20150616214256.jpg

アングルを少し左に振ってみました。
2年前には、まだ白いタイルの部分がほとんど見えていたのに、今ではほぼ埋め尽くすようにバラの花が咲いています。
去年は、メインローズのドロシー・パーキンスも長さはあったもののボリューム感がなく、線状に誘引していましたが、
今年は、小窓周りを中心に「群」となった風景を作ることができました。

参考までに、昨年2014年春の様子も載せておきますね。

   ※ 2014年5月31日の前庭の様子はこちら → 『我が家の前庭、2014年春、最盛期パート2』  


DSC_3780-L_convert_20150616214236.jpg

もう一度、前庭を横からのアングルで。
一番上に載せた写真より少し高めのアングルで、脚立を立てて撮ってみました。
建物外壁と対峙する形で立っている前庭の小壁(写真右側)に誘引したつるバラ、モーツアルトも満開です。

ここまでの写真の撮影日は、5月28日と29日。
今年は全国的に例年よりバラの開花が早かったみたいで、ガーデン雑誌社さんの取材日程の調整も大変でした。
予定よりずいぶん前倒しでお越しいただきました。
我が家のメインローズ、遅咲きのドロシー・パーキンスだけは、ほぼ例年通りの5月末の開花でしたが、
それ以外のバラは、1週間ほど早かったように思います。
うまくドロシー・パーキンスとコラボしてくれるか、心配でしたが(大汗)、何とかもってくれました。


DSC_3396-L_convert_20150616213859.jpg

こちらは、玄関アプローチを正面から見たアングルです。
写真は少し遡って、5月23日。
レンズの望遠側を使って、圧縮効果を狙った撮影です。
メインローズのドロシー・パーキンス以外は、この頃が一番の盛りでした。
手前右側がアンジェラ、左側の小壁の裏側から誘引しているのがモーツアルト、奥の正面の壁面に誘引しているのが、
上の段がショッキングピンク色のキング・ローズ、下の段の小さな赤い花がレッド・キャスケードです。
アプローチ部分に鉢植えのバラをいくつか並べています。


DSC_3398-L_convert_20150616213916.jpg

同じくこちらも玄関アプローチ。
こちらは広角レンズを使って撮影しています。
上の写真より奥行き感が出ています。
ピンクのバラに囲まれながら、この玄関アプローチを通って中庭に導かれて行きます。


DSC_3419-2-L_convert_20150616213932.jpg

玄関アプローチを俯瞰で撮影してみました。
ピンク色が好きだった妻を偲んで創り始めた庭なので、どこを見てもピンク、ピンク、ピンクです(笑)。


DSC_3174-L_convert_20150616213808.jpg

玄関アプローチを反対側(駐車場側)から俯瞰で撮影してみました。
写真右側の小壁にはつるバラのモーツアルトを誘引していますが、その足元は宿根草のアジュガを這わしたロックガーデンです。
アジュガの開花は4月なので、バラとは時期が合わないのですが(汗)、お気に入りの場所です。


DSC_3773-L_convert_20150616214209.jpg

こちらの写真の撮影日は、また少しあとの最盛期だった5月28日。
玄関アプローチから、ガラス扉の辺りを見たアングルです。
ガラス扉の上部をつなぐように、左右からつるバラが伸びています。


DSC_3724-L_convert_20150616214111.jpg

ガラス扉を正面から見たアングル。
奥の中庭が見えるように、ガラス扉を開けて撮ってみました。
我が家の庭づくりのコンセプトのひとつとして、「男が創るバラ庭」ということで(汗)、
あまり甘くならない(女性的にならない)ように、と心がけています。
情緒的な風景をつくるアーチもとても魅力的な演出方法なのですが、少し甘くなるので、
我が家ではをアーチを使ってつるバラを誘引している部分はないのですが、
アーチの代わりに、このガラス扉の部分では、壁面を使って、左右のバラをアーチ状に誘引しています。


DSC_3015-L_convert_20150616213612.jpg

ガラス扉を抜けて中庭に入ってみましょう。
中庭はどこらかというと早咲きのバラが多いので、前庭のバラとは少し時期がずれています。
撮影日は、さらに遡って5月20日。
正面には、壷(水瓶)を鉢として利用したつるバラ・安曇野が満開です。
その右側、ウッドデッキの上に、フォーカルポイントとして、青いストライプ柄のデッキチェアを置いています。
その奥には、スパニッシュ・ビューティやカクテルなどのつるバラがあるんですが、
どちらも早咲きのバラで、この時期はすっかり一番花が終わっていました(大汗)。
写真手前左側は、今年冬に鉢植えから地植えに変えたイングリッシュローズ・ゾーン。
さすが地植え、鉢植えの時よりは格段に咲いてくれました。
写真右側には、少し季節的には早いのですが、撮影用に買って来た紫陽花・ダンスパーティを置いてみました。
淡い紫色の花が、とても清涼感ありますね。


DSC_3076-L_convert_20150616213646.jpg

中庭全体を俯瞰のアングルで撮ってみました。
今年は鉢バラを前庭に移動させたりして、ずいぶんすっきりさせました。
おかげでバラの密度感はなくなってしまいましたが・・・・・(汗)。
写真右側の壁面に誘引しているのは、中庭のメインローズのつるバラ、カーディナル・ヒューム。
あまりにも大きくなるので、ブロック塀をDIY工事で積み増ししたのですが、結局、白いタイルを貼る時間がなくて、
ブロック塀がむき出しのままです(汗)。
この冬に作業持ち越しです。


DSC_3102-L_convert_20150616213752.jpg

こちらは、中庭から玄関のガラス扉方向を見たアングルです。
サンルーム(実際には自転車置き場と化していますが:汗)のガラスの壁面に、大型のつるバラ、ピエール・ド・ロンサールを誘引しています。
昨年、勢い良く伸びたシュートをピンチするのを忘れた関係で(大汗)、右の方に一本、太いシュートが伸びています。
それをそのまま、サンルームの高い位置に誘引して咲かせています。
実は、ちょうど向かいの室内側の窓からよく見えます。


DSC_3085-L_convert_20150616213701.jpg

同じく中庭からサンルーム、玄関のガラスドア方向を見たアングルです。
写真右側に見える大きなガラスの開口部が、昨年夏にリフォームした1階の母の部屋です。
その大きな開口部の足元に、イングリッシュローズを地植えしてみました。
まだ地植えして間もないので、今年の咲きっぷりはイマイチでしたが(汗)、将来的には、室内側から中庭を見た時に、
いい感じに足元で咲いてくれることを願っています。
正面のガラス扉の奥に見えているのが、前庭の小壁。
その壁面につるバラのモーツアルトを誘引しています。
中庭側からのアイストップとなる場所です。


DSC_3091-L_convert_20150616213720.jpg

こちらは、サンルームの横から見た中庭の写真。
まだブログには載せていませんが(汗)、この冬にやったDIY工事の一番のメインイベントが、このサンルームの青い壁。
今までは、外壁と同じサーモンピンクの左官壁だったのを、ブルーグリーンに塗装した板を貼ってみました。
結構な難工事でしたが(汗)、何とか仕上げることができました。
まだデコレーションは発展途上ですが、これから自分好みに仕上げていきたいなと思っている部分です。
中庭と相まって、少し明るい雰囲気になったかな〜と思っています。


DSC_3099-L_convert_20150616213736.jpg

サンルームからのアングルでもう一枚。
サンルームの中には、ワインの木箱を積んで立体的なディスプレーを作ってみました。
サンルームの中庭側の壁面がガラスになっているので、視覚的につながっていて、一体感がある空間になっています。
奥の中庭には、バラや紫陽花などがひっそりと咲いて、ド派手な前庭とは少し趣きの違う風景を作り出しています(笑)。


・・・・・とりあえず、ダイジェスト版はこれくらいで。
またおいおい4月中旬〜5月末までを振り返りながら、「2015年春、我が家のバラ狂騒曲」の一部始終を載せて行きますね。
良かったらご覧になってください。

最後に・・・・・。
おかげさまで何とかブログ開設2周年、バラを始めて3年目の春を迎えることができました。
自分自身でも、ここまでバラにハマるとは思ってもみませんでした。
先立った妻も、きっと天国から呆れて見ていることでしょう。

これからも、頑張ってバラを育てていきたいな、と思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/06/17(水) 08:42:20|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (215)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2598)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (15)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (258)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (81)
ダリア (20)
牡丹 (10)
芍薬 (49)
チューリップ (163)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (260)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (3)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (25)
宿根草・多年草 (533)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (30)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (10)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (11)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (16)
水仙 (32)
スズラン (7)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (18)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (138)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (52)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (9)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (92)
サボテン類 (23)
ハオルチア類 (14)
メセン類 (16)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (210)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (35)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR