Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

日本園芸協会さん発行の『Plants & Garden No.163』が届きました。

昨年2014年は、ボクにとってもエポックメイキングな年になりました。
バラを始めて2年半。
腕試しで、いろんなガーデンコンテストに応募してみました。
その中で、特に印象深いコンテストが、日本園芸協会さん主催の『第17回 JGS全国ガーデニングコンテスト2014』です。
初応募にも関わらず、幸運にもシルバーメダルをいただくことができました。

  ※ JGS全国ガーデニングコンテスト2014のブログ記事は、こちら → 2014年・結果発表

そのコンテストの結果について、詳細なレポートが掲載された会報誌『Plants & Garden No.163』が届きました。

DSC_2565-L_convert_20150126160940.jpg

このコンテストの結果発表があったのは、昨年9月末。
そして、その結果レポートが掲載されたこの会報誌が発行されたのが昨年11月。
有料になるそうですが、送って欲しいと事務局にお願いしていたのですが、何かの手違いでずっと届きませんでした。
さすがに待ちきれなかったので、先日、日本園芸協会さんに電話で問い合わせして、手違いで配送の手配ができていないことが発覚。
すぐに、送っていただくことになりました。
それがようやく手元に届きました。


DSC_2566-L_convert_20150126160956.jpg

コンテストの結果発表、ならびに審査員の先生方の講評が掲載されています。
ゴールドメダルを取られた2名の方の庭は、図面付きで詳しく解説されていました。
やっぱりゴールドメダルは扱いも違いますね〜(汗)。
いつかはゴールドメダル、そんな思いを胸に、これからも庭と向き合って行きたいと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2015/01/26(月) 21:40:45|
  2. ガーデニングコンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本興業さんのガーデン・フォトコンテストのディプロマが届きました!

先日のブログで書いたように、園芸資材メーカーの日本興業さんのガーデン&エクステリア・フォトコンテストの一般部門で、
幸運にも最優秀賞をいただくことができたのですが、その日本興業さんが、入賞の記念にと、
応募写真の入ったディプロマ(賞状)と賞品を持って、わざわざ自宅まで来て下さいました。

DSC_2551-L_convert_20150126160811.jpg

こちらが、今回いただいたディプロマです。
アクリルの額に写真付きの賞状が入っている、とても立派なものです。
こんなセンスの良いものをいただいて、嬉しいです〜。


DSC_2544-L_convert_20150126160756.jpg

早速、リビングに飾らせていただきました!
やっぱり、ちゃんとした体裁で作られたものはいいですね〜。
わざわざ担当営業マンさんが、奈良の田舎まで届けに来て下さるあたり、
日本興業さんの心遣いが伝わってきます。
本当にありがとうございました。


DSC_2557-L_convert_20150126160843.jpg

そして、こちらは、エントリー賞、いわゆる参加賞でいただいた特製のジャムです。
今回のフォトコンテストの審査委員長をされている、
イングリッシュガーデン「L'AIR SACRE」のオーナー・小松洋子さんが主催されている
オーガニックファームで穫れた果物や野菜から作った特製のジャムだそうです。
ホントにありがたいです〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2015/01/26(月) 17:53:21|
  2. 写真コンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

叔母の家につるバラ・モーツアルトを植えに行く。

相変わらず、ブログの更新がままなりません(汗)。
何かと慌ただしいです〜。

そんな中、昨年末からのつるバラの誘引作業の記事の前に、ここ数日の出来事を先に書いてしまいます。
先週末の土曜日、隣町の大和郡山市に住む叔母の家の庭へ出張作業に行ってきました。

というのも、叔母が自宅を建て替えたお祝いにということで、姉であるうちの母がつるバラをプレゼントすることになりました。
そのつるバラの植え込みと誘引作業のため、朝一にお邪魔してきました。

DSC_2495-L_convert_20150126160341.jpg

こちらが、叔母の家の庭にある巨大なフェンス。
南側に建つアパートの窓と見合いの位置関係にあることから、目隠しを兼ねて、つるバラを誘引したいとのことでした。


DSC_2501-L_convert_20150126160359.jpg

この叔母の家の庭のフェンス、高さが約2m、幅(長さ)が10m以上ある、何ともうらやましいフェンスです。
これだけの面積があると、たくさんのバラを豪快に咲かせることが出来ますね〜。
もうつるバラを誘引する壁面がなくなってしまった我が家からすると、うらやましい限りです。


DSC_2503-L_convert_20150126160434.jpg

今回、うちの母が2本の長尺のつるバラの苗をプレゼントしたのですが、まず一本目はここに植えることになりました。
長いフェンスの一番東側、前面道路からも見える位置です。
例の穴堀り器も持ち込んで、穴を掘りました。
真砂土主体で、全然掘りやすかったです。
堆肥や腐葉土、赤玉土なども持ち込んでオリジナルブレンドで培養土をつくりました。


DSC_2504-L_convert_20150126160455.jpg

こちらが、今回植えることになった長尺苗のつるバラ。
叔母は、当初、黄モッコウバラが手間もかからず、成長力も早いので良いのではないかとのことでしたが、
バラ苗を探しに行ったのがもう遅い時期で、黄モッコウバラの長尺苗が見つかりませんでした。
それで、まだ残っていたいくつかの長尺のつるバラの苗の中から我が家にもあって、オススメの品種ということで選んだのが、コレ。
返り咲き性のつるバラ、モーツアルト。


DSC_7375-L_convert_20140530151122.jpg

こちらの写真は、我が家の前庭の小壁に誘引しているモーツアルトです。
(小壁の植えの方で咲いている一重のピンクのバラです。)
このバラ、返り咲き性ですが、ほぼ四季咲きといっても良いほど良く咲く優秀なバラでです。
色も綺麗だし、房になってゴージャスに咲くので、ボクもお気に入りのバラです。
我が家では、小さな壁面にしか咲かせられないので、この冬の誘引ではかなりコンパクトに剪定しましたが、
結構、伸びます。
放っておいたら、すぐに3m以上にはなると思います。
新しいシュートもビュンビュン出しましたし。
大きな壁面でも活躍してくれると思います。


DSC_2505-L_convert_20150126160517.jpg

長尺苗のモーツアルトの植え込みの様子です。
メインのシュートは、約2mはあったと思います。


DSC_2511-L_convert_20150126160629.jpg

でも、植え込むとまだこんな感じ。
淋しいですね〜(汗)。
2、3年経つと、このフェンス2面分以上をカバーしてくれるんじゃないかと思います。


DSC_2502-L_convert_20150126160417.jpg

もう一カ所、同じ、モーツアルトを植えました。
植える場所はこちら。
ウッドデッキテラスとメッシュフェンスの間の50㎝くらいの隙間です。
叔母の家では、雑草対策として、砂利の下に防草シートが敷いてあるそうです。
その防草シートの一部をナイフでカットして、土の部分をあらわにします。
それから、穴堀り器で穴を掘りました。


DSC_2507-L_convert_20150126160538.jpg

こちらは、途中の作業の写真はなしで、一気に植え込み完了です(汗)。
砕石が、バラの株元に来ないように、余っていたレンガで壁を作ってもらいました。


DSC_2508-L_convert_20150126160554.jpg

こちらは、叔母の誘引作業中。
だいたいのやり方をお伝えして、実際にやってもらいました。


DSC_2509-L_convert_20150126160612.jpg

誘引完成の様子です。
ウッドデッキから下に50センチほど行ったところが地面なので、長尺苗を植えたと言っても見える部分はまだ少しです。
お隣のアパートの窓の目隠しになるには、あと数年かかるかな?
それでも、この広いメッシュフェンスに、たくさんのバラが咲く姿を想像すると楽しいです。
もっとたくさんバラを植えて欲しいです〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/01/26(月) 17:36:04|
  2. 叔母の家のバラ庭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本興業さん主催の『ガーデン&エクステリア フォトコンテスト2014』で入選しました!

相変わらず、つるバラの誘引作業やガーデンリフォームの作業に追われ、なかなかブログの更新がままなりません(汗)。
楽しみにして下さっている方には申し訳ございませんが、今しばらくお待ちを(大汗)。

そんな中、ひとつ朗報が届きました。
園芸資材メーカーさんの日本興業さんが主催された『ガーデン&エクステリア フォトコンテスト2014』の一般部門において、
最優秀賞を受賞することができました!

ピクチャ+1-1_convert_20150119174736

こちら↑が、日本興業さんのホームページのフォトコンテストの結果発表のページです。

   ※ こちらで日本興業さんのホームページにリンクしています。 → ガーデン&エクステリア フォトコンテスト2014

たまたま、ネットサーフィンしていて、このフォトコンテストが開催されていることを知りました。
元々は、プロユーザー(造園業者さん、設計事務所さん等)向けのコンテストだったようですが、
昨年2014年に、一般ユーザーが応募できる部門が新設されたということで、応募させていただきました。


ピクチャ+4-2_convert_20150119175024

審査委員長は、香川県で「ガーデンデザイン・施工」、「ガーデンウェディング」、
「オーガニックファーム」を手がけられるイングリッシュガーデン「L'AIR SACRE」の
オーナー、小松洋子さん。

「庭は心の表れです。作品を作り、育てた裏には熱心な世話と熱意、持続力が感じとれます。
植物を育む優しさは人生を豊かにし、他の人達にも良い影響を与えてくれます。
これからもロマン溢れる庭づくりに邁進していただきたいと思います。」
と、小松先生が講評を寄せて下さっています。

とても嬉しい講評でした。
小松先生はじめ、コンテストに関わって下さった日本興業のスタッフの皆様方に感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

春になったら、日本興業さんが新製品を持ち込んでの撮影にお越しになるそうです。
プロのカメラマンさんが撮影されたら、どんな風に写るのかな〜(汗)。
楽しみでもあり、少々不安でもあり・・・。
撮影に来られるなら、ますますちゃんとしておかないと・・・(大汗)。
プレッシャーを感じながら、庭の手入れ、頑張ります(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/01/19(月) 18:40:58|
  2. 写真コンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

2014年、自宅ガーデンの総括

早いもので、今年2015年も、もう二週間が過ぎようとしています〜。
この三連休も、つるバラの誘引作業の続きと、ガーデンリフォームに明け暮れました(汗)。
昨年末からやり始めた、つるバラの誘引作業の記事も早くアップしたいとは思っているのですが、
作業のあとは疲れ果て(汗)、なかなか写真の整理やブログの更新がままならない状況です。
つるバラと格闘した記事は、もう少しお持ち下さいね(笑)。

さて、2015年に入り、前2回に更新したブログ記事は、2014年を振り返っての、バラやバラ以外の写真の中で、
自分自身が気に入っている写真をピックアップして、ランキング形式でまとめてきました。

今回の記事はランキングではありませんが、去る2014年の我が家のガーデンの記録を総括してみようかなと思います。
月ごとにどんな作業をしたのか、この年はどんな花が、どんな風に咲いていたのか、後から見て思い出せるように、
時系列に沿ってまとめておこうかと思います。

この1年に撮った写真は、おそらく数万枚あると思いますが、その中からトピックス的な写真をセレクトしてみました。
厳選したのですが、それでも並べてみると、結構な枚数があって、超ロング記事になってしまいました(大汗)。
読んでいただく皆さんには、苦痛以外の何ものでもないかもしれませんが(汗)、
自分自身の活動記録として残しておくために、まとめておきます。
よろしければ、お付き合い下さいませ。

ではでは、2014年、我が家のガーデン活動記のスタートです(笑)。


DSC_7736-L_convert_20140611064931.jpg

まずはこちらの写真。
2014年の5月31日の写真で、我が家の前庭の風景です。
バラが最盛期の頃の写真です。
ざっと、我が家の庭の構成をご説明しておきますと、この写真に写っているのが、前面道路に面した前庭空間です。
写真右手側(ピンクのつるバラの向こう)が玄関アプローチ、手前(写真を撮っているあたり)が、駐車スペースになっています。
そして、白いタイルとサーモンピンクの塗り壁の建物の一部に、ガラスの扉が写っていますが、その扉を開けて中に入ると、
コの字型の建物に囲まれた中庭空間があります。
ガラス扉の右側部分(勾配天井が低くなっている部分)がサンルームになっています。

では、ざっと我が家の庭の構成をお伝えしましたので、2014年の庭の変遷を辿って行きますね。


DSC_3189-L_convert_20140110133612.jpg

こちらは、前庭に面した建物の外壁面に誘引したつるバラです。
写真の日付は、2013年12月22日になっていますが、この部分のつるバラを誘引した日です。
2014年になってからの写真がなかったので、2013年の写真を使いました(汗)。
2014年の1月の風景と思ってください。

この建物外壁面が、我が家のメインローズ、ドロシー・パーキンスを誘引している壁面で、一番大きな面積を占めています。
ボクの庭づくりのコンセプトでは、この白い壁面を「パレット」と称しています。
「キャンパス」ではなく「パレット」。
画家が絵を描くのが「キャンパス」とするなら、「パレット」は絵の具を混ぜ合わせる器。
ボクは、この白い壁面につるバラを使って絵を完成させるのではなく、試行錯誤しながら絵の具を混ぜる感覚で、
つるバラを誘引しています。
なので、いつまでも完成しない絵です(笑)。
バラを始めて2年の2014年は、メインローズのドロシー・パーキンスもとても大きく成長してくれていました。
一昨年に植えた時は、1.5mほどの長尺苗でしたが、2年で最長部は8mくらいにはなっていたかと思います。
さすが一季咲きのランブラー、成長力が半端ないです。
とはいえ、まだ2年目で、つるの長さはあっても、ボリューム感はないので、この大きな白い壁面に大して、
細い筋のように誘引しています。
5月の開花シーズンの写真(ひとつ上↑の写真)を見ていただくと分かりますが、スカスカな感じ(汗)。
ただ単に広げれば良いということでなない、誘引の難しさを実感しました。
メインローズのドロシー・パーキンスの他に、この壁面には、地植えのジャスミーナ、鉢植えのレオナルド・ダ・ヴィンチ、
新しく2014年にお迎えしたばかりのスーベニール・ドクトル・ジャメイン、ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデも
鉢植えで誘引しようとしていました。
ポイントとしては、1階部分の白いタイルの部分からはみ出さないように(2階のサーモンピンクの壁面部分へ)、
注意しながら誘引しています。
ピンクの部分まで行ってしまうと、脚立でも届かなくなり、誘引作業ができなくなるということと、
ドロシー・パーキンスはピンクの花なんですが、ピンクの花とサーモンピンクの壁の色が近しくて、喧嘩してしまうためです。
あとは、1階に小さな縦長の小窓が切ってあるのですが、この窓を活かして美しい風景を描きたいということでしょうか?


DSC_3509-aori-L_convert_20140111220946.jpg

続いてこちらは、前庭の玄関アプローチ部分の隣地境界上にある白いタイルの壁面とその横の木製ラチスフェンスです。
方角は、この写真の向き(正面)が南側になります。
ですので、壁面のこちら側(我が家側)は北面になります。
お隣の建物の影もあって、日中は影になる壁面です。
朝と夕方に側面から太陽光が差し込む場所になります。
ということで、耐陰性の強い剛健なつるバラを植えています。
広い壁面の右側がアンジェラ、左側がつるアイスバーグ、そして木製ラチスフェンスにカクテルです。
こちらも一昨年に初めて長尺苗を植えた時は、それぞれ1mほどしかありませんでしたが、2年でここまで伸びました。
写真は、剪定・誘引後の写真なので、剪定する前はもっとボウボウにシュートが出ていました。
壁より下は影になるので、壁面より上にどんどん伸びようとするみたいです(当たり前か・・・:汗)。
2014年の誘引の姿はこんな感じでした。
仕上がった時は結構イケテルね!なんて悦に入っていましたが(汗)、今、改めて見ると、シュートの整理が甘いですね。
残し過ぎ〜。
やっぱり、バラを始めて間もなかったので、せっかく伸びた長いシュートを切ることにためらいがあったんでしょうね(汗)。
実際、春に葉っぱが出てくると、茂りすぎて風通しも悪く、イケてませんでした〜(汗)。
2015年のこの部分の剪定・誘引は既に終えていますが(また後日載せますね。)、
思い切ってバッサバッサとシュートを切りまくりました(笑)。


DSC_3173-L_convert_20140117235654.jpg

こちらも、写真の日付は2013年12月となっていますが、2014年の1月の風景と思って下さい。
この写真は、先ほど見ていただいた外観写真のガラス扉を入ったところ、中庭の建物側の壁面です。
写真でいうと、左側(切れている部分)にガラス扉があります。
写真は、サンルームの中から、母屋側を撮影したアングルです。
この部分には軒が掛かっていて、直接雨がかからないエリアになっています。
なので、ヘリテージなど、雨に弱いイングリッシュローズなどを、このエリアに置くようにしています。
また、我が家の庭は、その大部分に乱張り石を敷き詰めていまして、土の部分がとても少なくなっています。
なので、植物を地植えしてしまうと、固定化して、その植物の開花期が終わってしまうと淋しくなるので、
鉢植えで、開花期ごとに鉢をローテーションさせる方法をとっています。
なので、この写真で見えている通路以外の部分には、小さな土のスペースがありますが、
たくさんのテラコッタ鉢を並べています。
鉢植えのつるバラは壁に誘引しているので、ローテーションさせることはできませんが、
それ以外の鉢は、季節ごとに入れ替えています。
この写真では、手前にチューリップや水仙、ムスカリなどの鉢を置いています。
それらの花が終わると、鉢植えのバラを並べたりしています。
このように鉢ばかりならべるので、リズミカルに見えるように、そして日当りを改善したりするために、
コンクリート製のブロック(ガンメタ色に塗装)などを置いて、鉢に高低差をつけたり工夫しています。
バラを始める前から、テラコッタ鉢を結構、集めてまして(無類のテラコッタ鉢フェチなもので:汗)、
これ以外にも結構な数のテラコッタ鉢があります。
どれも柄などが入っていない、フォルムがシンプルで美しいものを選ぶようにしています。
(もちろんコスト優先で:笑)
この頃は、写真右側の開口部(窓)周りに、ボクがバラを始める前からこの場所に植えてあった
黄モッコウバラを誘引していますね。
これも、この年の夏に、1階の母の部屋のリフォームを期に、見直すことになりました。
(その辺りは、このあとに書いています。)


DSC_3876-aori-L_convert_20140114225255.jpg

続いてこちらの写真は、2014年の1月中旬の写真です。
これは建物北側の生活動線(ゴミ出し動線)部分です。
東西に細長い長い敷地の北側いっぱいに建物を寄せていますので、
建物北側は通路状の細い空間になっています。
この部分も、この年の冬にガーデンリフォームしました。
それまでは汚いただの通路でしたが、このスペースをシェードガーデン的に
活用するために、サビ御影石を飛び石風に並べ、
その間に同じサビ御影石の砂利を敷き詰めることにしました。
写真の奥の方は、まだそのサビ御影石の砂利が敷き詰められる前の状態です。
これも美観と、DIYで手軽にできる作業、コストパフォーマンスを考えて
選んだ手法です。
重い敷石を週末ごとにホームセンターに買いに行っては、
ひとつひとつ敷き詰めるという地道な作業を結構な期間、続けました。
また、2014年は家のリフォームを結構行った年でもありました。
築17年、いろんなところにガタが出始めて、修理が必要になってきました。
この裏庭部分でも、2階の木製のサービスバルコニー部分が老朽化したので、
撤去、アルミ製のバルコニーに取り替えることにし、それに伴って、
2階に直接上がれるようになっていた鉄骨階段(写真右側)も撤去することになりました。


DSC_5033-L_convert_20140208102451.jpg

続いてこちらは、2月の中庭の風景です。
毎年、奈良では2月頃に何度か雪が積もることがあります。
この年も2月に雪が積もりました。
といってもこんな程度ですが(汗)。
北海道や雪国の皆さんからしたら、この程度は雪ではないかもしれませんが(汗)、
年に何回かしか見れない珍しい風景に思わず写真をとりました。
この頃は、中庭の乱張り石のテラスには、剪定が終わった鉢植えのバラが並んでいますね。
その鉢植えのバラたちも雪をかぶって寒そう。


DSC_5146-L_convert_20140217161449.jpg

こちらは、サンルームの中から中庭方向を見た写真です。
このサンルームの中庭側は大きなガラスの開口部となっています。
元々はサンルームの名の通り、温室的に観葉植物でも置こうかと考えていたスペースですが、
今は、自転車やバイク置場と化しています(汗)。
もちろん、写真にはそんなものが写らないようにしていますが(笑)。
そして、このサンルームのガラス面の中庭側に、つるバラを誘引しています。
え?、つるバラなんてないやん!って思われますが、実は、この写真、何を撮っているかといいますと、
サンルームの土台の木が雨に晒されて腐って来ていたので、新しい木に入れ替えるリフォーム工事を2月に行いました。
さすがにそんな難度の高い工事は、DIYでできるはずもなく、大工さんに依頼しました(汗)。
写真の下側の土台の木だけ新しくなっていますよね?
このあと、防腐塗料を塗って、仕上げました(それはDIYでやりました。)
なぜ、この時期に工事したかというと、このガラス面に誘引しているつるバラ、ピエール・ド・ロンサールの休眠時期に合わせたのです。
工事の関係上、一旦誘引を解き、作業スペースを確保しなければいけなかったので、このタイミングまで待ちました。
バラがなければ、そんなことも考えないんでしょうけど、バラが中心の生活になってしまったので(汗)、やむを得ないです〜(笑)。
このあと、木部にネジを取り付け、針金を渡し、ピエール・ド・ロンサールを誘引し直しました。
ガラス面に誘引しているので、誘引したつるバラの裏側を見れる、珍しい場所になっています(笑)。


DSC_5897-L_convert_20140217162030.jpg

そして、こちらは2014年2月15日の写真。
この日の前日、何年か振りに、奈良でも大雪が降りました。
何センチも雪が積もり、自宅前には大きな雪だるまの残骸が転がっています。
近所の子供たちが作ったのかな〜と思っていましたが、
聞いたら、高校生になったうちの息子が作ったらしいです(汗)。
何をやっているのやら・・・。


DSC_6636-L_convert_20140226151128.jpg

こちらは、2月の末の写真で、前年の12月頃から準備を始めて、
建物北側の通路部分の木製のパーゴラをDIYで制作しました。
これも週末ごとにちょっとづつ作業をしながら、ようやく2月末に完成しました。
最後、部材をカットしてもらう作業だけ、先ほどのサンルームの工事に来てくれた大工さんに
手伝ってもらいました。
結構、複雑なカタチをしたパーゴラですが、意外にうまく出来、達成感がありました(笑)。
このパーゴラに誘引すべく、急遽、つるバラのポールズ・ヒマラヤン・ムスクと
コーネリアの長尺苗を調達しました。
すでに出遅れていて、どのショップでも売り切れ。
いろいろ探しまくって、ようやく見つけることができました。
夕焼けを背に、満足気に写真を撮っているボクの影が映り込んでいます(笑)。


DSC_7003-L_convert_20140310210532.jpg

こちらは、2014年3月。
長い冬を終えて、いろんな植物が動き始めた頃です。
中庭のテラスに並べている鉢植えのバラにも芽が出始めたりと、動きが出てきました。
いよいよバラシーズン到来間近です。


DSC_0029-L_convert_20140326221243.jpg

写真は、2014年3月23日。
この頃、庭では春の訪れを知らせてくれる球根類が、続々と開花していました。
その中でも一番の感動を憶えたのが、この絞りのクロッカス。
もともとクロッカスは好みの花だったのですが、いつも買うのは白や黄色に紫といった、単色の品種ばかりでした。
今回は、試しにこの薄紫色の絞りのクロッカスを購入し、植えてみました。
販売用のラッピングに印刷された写真ではあまり魅力を感じていなかったのですが、いざ咲いてみるとこの美しさ!
もうテンション上がりまくり、写真撮りまくりでした〜(笑)。
もちろん、2015年はこの品種を大量購入して植えています(笑)。
ただ、クロッカスは花期がとても短いのが残念。
美人薄命、まさにそんな花です。


DSC_0106-L_convert_20140326223729.jpg

こちらは、中庭のウッドデッキテラスに並べた、色違いのお揃いのストライプ生地で作ったデッキチェア。
もともとのデッキチェアは、テント地で出来たグリーンのキャンプ用品みたいなのでした。
一昨年に、試しで生地をフランスのメーカー、レ・トワール・ドゥ・ソレイユ社製の青いストライプ生地に変えました。
うまくいったので、それに味をしめて、もうひとつ色違いのピンクのストライプの生地で作ってみました。
妻が生きていたら、一緒にここに腰掛けて、並んで中庭のバラを見ることができたのになぁ〜と残念に思います。
中庭のフォーカルポイントにもなって、なかなか気に入っています。


DSC_0329-L_convert_20140403064614.jpg

こちらは、中庭で鉢植えで育てていたチオノドグサ。
ブルー・ジャイアントという品種で、鮮烈なブルーの大きめの花で、よく目立ちました。
その後ろには、黄色い水仙が咲いています。
早春のこの頃は、球根で植えた植物が続々と開花して、とてもワクワクする季節です。


DSC_0337-L_convert_20140403064859.jpg

この写真も気に入っている一枚です。
前の記事の勝手ランキングでも上位にランクインした写真です。
原種系のチューリップで、プルケラ・フミリスという品種。
独特のフォルムとピンクの花弁の色合いがとても美しく、感動しました。
初めて植えた品種のチューリップでしたが、今年は同じのをたくさん購入しました(笑)。
この写真では、背景にチオノドグサ・ブルー・ジャイアントと黄色い水仙が写り込んで、
そのバランスがとても良かったんだろうと思います。
2014年の思い出の写真の中では、とても印象深い写真です。


DSC_1018-L_convert_20140417070935.jpg

4月になりました。
温かくなって、草花が一斉に開花し始めました。
こちらは、前庭を前面道路側から見た写真です。
我が家のシンボルツリー、株立ちのエゴノキの足元のユキヤナギが満開を迎えています。
長く伸びた枝に白い小さな花がびっしりと咲いています。
まるで、この辺りにだけ雲がかかったような・・・。
バラを始めるにあたって大規模なガーデンリフォームを一昨年に行い、
シンボルツリーのエゴノキなど、何本かの高木を植えたのですが、
このユキヤナギは、ガーデンリフォーム前から庭にあったものを、この場所に移植させました。
つるバラが作る派手な風景ももちろん好きなのですが、ユキヤナギのような素朴な花が作る風景もとても気に入っています。


DSC_0963-L_convert_20140417070347.jpg

こちらは、中庭のチューリップが満開の頃、4月中旬に撮った写真です。
テラコッタの鉢で、たくさんのチューリップやムスカリなどの球根類を植えています。
開花するタイミングを見ながら、鉢をローテーションさせています。
この時も、いくつかの鉢をいろいろと配置替えしながら、美しく見えるレイアウトを試しました。
ムスカリの青に、濃いオレンジ色の八重咲きのチューリップ、その奥に赤やピンクの普通のチューリップ、
そして、大きな瓶を挟んでさらにその奥には、白いユキヤナギやシジミソウなどが咲いています。
そして、フォーカルポイントの青いデッキチェア。
奥行き感を意識しながら鉢花や雑木類、デッキチェアを配置しています。
この写真も2014年の写真の中では印象深い一枚になりました。


DSC_1000-L_convert_20140417070655.jpg

こちらは、上の写真と同じ時期に別アングルで撮影したものです。
中庭側から建物方向を撮っています。
このアングルで見ると、まだ咲いていないチューリップの鉢もたくさんありますね。
そして、右側の窓周りをぐるっと取り囲むようにに誘引しているのが、黄モッコウバラです。
この写真で見えている1階の部屋は、母の部屋です。
窓からチラリと見える白いカフェカーテンがダサクて(汗)、これを何とか外させたいといろいろと試行錯誤していました。
その結果が、この後で書くことになりますが、母の部屋のリフォームにつながっていくことになります。


DSC_1287-L_convert_20140422165140.jpg

上の写真を撮ってから一週間後がこの写真。
色とりどりのチューリップが満開を迎えていました。
ボクは、寄せ植えのセンスがないもので(汗)、鉢には同じ品種の植物だけを植えるようにしています。
一鉢に一品種。
なので、同じ品種がまとまって咲いているのが良く分かると思います。
それにしても、4月の太陽の光を浴びて咲くチューリップを見ていると、長い冬を終えて春が到来した感が伝わってきますね!


DSC_1754-L_convert_20140510001540.jpg

こちらの写真は、前庭の小壁の内側、ロックガーデン部分です。
この小壁の内側(写真の上の方)には、つるバラのモーツアルトとアンリ・マルタンを左右から交差させるように誘引しています。
その足元にあるのがこのロックガーデン。
仕事で関わらせてもらった建築現場から、いくつか丹波石を分けてもらったのを、自分で積んでデザインしました。
上から見下ろすと、ロックガーデンの高低差はあまり分からないかもしれませんが、手前から奥に向って山のように盛り上がっています。
その丹波石の間に、宿根草のアジュガを植えています。
この部分も基本は、アジュガがメインで、ところどころにアルメリアやクリスマスローズなどを植え込んでいます。
青い花がタワーのように咲くアジュガが、たくさん咲いています。
もし自分が小人になってこの場所に紛れ込んだら、青いアジュガの森に迷い込んだような感覚になるのかな〜なんて思ってしまいます。
アジュガは、比較的花期が長いように思いますし、花後も紫茶色の葉っぱがグランドカバーとして地面を覆うので、
何かと便利な植物だと思っています。


DSC_1647-L_convert_20140429073450.jpg

こちらは、4月末の中庭の様子です。
中庭に面した1階の母の部屋の窓周りに誘引した、早咲きのバラ、黄モッコウバラが満開を迎えました。
この黄モッコウバラは、この家を新築した当時からこの場所に植わっていた古株ですが、
一昨年までは母が毎年、強剪定していて、窓下でささやかに咲く程度でした。
それをまだ周りを取り囲むように誘引して迎えた初めての春でした。
こんなにもボリュームたっぷりに咲いてくれるとは・・・。
黄モッコウバラの足元では、チューリップが終盤を迎え、代わりにピンクのフリージアが満開になっています。


DSC_1868-L_convert_20140501100810.jpg

この窓周りに誘引した黄モッコウバラを下から見上げるように撮ってみました。
枝垂れても咲く黄モッコウバラの特徴を活かした誘引で、黄色い花が滝から流れ落ちて来るようです。
この写真で、和歌山のガーデンショップ、ガーデナーズ・ジャパンさんのフォトコンテストで入賞しました。


DSC_4889-L_convert_20140507061026.jpg

こちらは、1階の母の部屋から中庭側を見た写真です。
腰窓で切り取られた額縁の奥に、中庭のシンボルツリー、株立ちのコハウチワカエデが見えています。
窓周りに誘引した黄モッコウバラの花を、部屋の中からも見ることが出来ます。
ただ、残念なことに、この黄モッコウバラの風景は、これが最初で最後となりました。
一昨年の秋に、同居していた父が急逝し、ヘビースモーカーだった父も生活していたこの部屋は煙草のヤニだらけででした。
今後は、母一人で過ごすこの部屋を何とか快適な空間にするために、リフォームをすることになりました。
当初は、クロスを全面張り替えるだけのつもりでしたが、いろいろ考える中で、大掛かりなリフォームプランに変化していきました。
というのも、我が家は眺めが良い高台に立地しているため、リビングダイニングは2階にあります。
その関係で、中庭に面した部屋は、この母の部屋と、ウッドデッキテラスを介してつながる和室しかありません。
せっかく中庭をバラの庭としてガーデンリフォームしたのに、部屋の中からそのローズガーデンが見えないのはもったいないということで、
この母の部屋の開口部(窓)を床から天井まで一杯に広げることになりました。
そんなことで、この写真のように窓周りに誘引した黄モッコウバラの風景は、これが最初で最後、見納めとなってしまいました。


DSC_6006-L_convert_20140513065923.jpg

こちらは、前庭の隣地境界に設置した白い木製フェンスに誘引しているつるバラ、ピンク・カクテル。
2014年に咲いたバラが作る風景の中で、特に気に入っていたシーンのひとつです。
赤と黄色の情熱的なバラ、カクテルの枝代わりで、ピンクのグラデーションに黄色のシベの一重のバラですが、
まるで蝶が舞っているかのような、可憐な景色を創ってくれました。
とても印象深いバラです。


DSC_6205-L_convert_20140519110824.jpg

こちらも2014年、とつも鮮烈な印象を与えてくれたバラ、スーベニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン。
同じ株から同じ時期に、青紫色と赤紫色の花が見事に咲き揃いました。
ステム(花茎)が短いから、誘引した通りに咲いてくれるところもいいですね。
となりに、クレマチスのドクター・ラッペルを誘引し、コラボさせてみました。
派手なもの同士ですが、絶妙な相性で咲いてくれました。
白い建物外壁タイルとの相性も良かったです。


DSC_6354-L_convert_20140520061827.jpg

こちらは、5月中旬の中庭の光景。
この頃、中庭の鉢植えのバラや壁に誘引したつるバラが最盛期を迎えていました。
狭い中庭がバラで埋め尽くされています。
ウッドデッキテラスに並べた揃いのデッキチェアからこの中庭を見ると、まるでバラの雲の中にいるみたいでした。
まさに、「ローズ・ヘブン」、バラの天国です。


DSC_6521-aori-L_convert_20140520062217.jpg

アングルを少し変えて、ウッドデッキテラス方向を眺めたアングルがこちら。
中庭は、乱張り石を敷き詰めているので、ほとんど土がないため、鉢植えでバラを育てています。
なので、バラの配置も自由自在に変えられます。
ですが、茂り過ぎて鬱蒼としてきました。
今後の課題としては、もう少し間引いてゆとりを持たせた方が良いかもしれませんね(汗)。


DSC_7327-L_convert_20140530151252.jpg

こちらは、中庭の様子を2階から見下ろした写真。
この日は、妻の三回忌オープンガーデンを催しました。(6上旬まで数回に分けて)
生前、妻がお世話になっていた友人や同級生などをお招きしました。
なので、ウッドデッキテラスには、妻を偲んでピンクのデッキチェアを置き、サイドテーブルには、妻の遺影を置いています。
訪ねてくれた妻の友人と一緒にこの風景を眺めてくれていたらいいのですが・・・。
地上からの撮影では、バラが茂って窮屈な印象でしたが、上から見下ろすと、まだまだバラを置く余裕がありますね(笑)。
高木がつくり出す新緑とその木陰、そして鮮やかなバラの花、目指していたイメージ通りの風景です。


DSC_7350-L_convert_20140530151803.jpg

こちらは、同じ日の前庭、玄関アプローチの様子です。
前庭の隣地境界側の塀につるバラのアンジェラとつるアイスバーグを誘引しています。
この年は、アンジェラのピンクとつるアイスバーグの白が入り混じるように交差させて誘引してみました。
反対側の小壁には、一重のつるバラ、モーツアルトを誘引しています。
玄関アプローチの両側にバラが出迎えてくれます。
正面に見えるガラスの扉を開けると、中庭が出迎えてくれます。
この写真で、この年の春の京阪園芸さんのフォトコンテストで、
「おさはち賞」(小山内先生が選んでくださいました。)を頂きました。


DSC_7433-L_convert_20140529141426.jpg

こちらは、前庭の小壁に誘引したつるバラのモーツアルトとアンリ・マルタン。
ひとつ上の写真の左側に見える白い壁の裏側です。
ここでは小さな面積の壁面を使って、上部に一重のモーツアルト、
下の方に、オールドローズのアンリ・マルタンを誘引しています。
同じピンク同士のバラですが、花形が全然違うので、
なかなかいいコンビネーションかな〜と思っています。
気に入っている場所です。


DSC_7421-L_convert_20140529141111.jpg

こちらは、中庭の一角、サンルームのガラス面に誘引したつるバラ、
ピエール・ド・ロンサールと紫玉です。
どちらも植えてまだ2年目なので、壁を埋め尽くすほどには咲いてくれませんでしたが、
壁の少ない中庭を彩る貴重な場所です。
手前は、中庭のシンボルツリー、株立ちのコハウチワカエデのあるシェードガーデンです。


DSC_7698-L_convert_20140611064512.jpg

さらに日が進んで、5月31日、亡き妻の誕生日に当たる日です。
バラを始めた理由のひとつが、妻の誕生日が5月末、結婚記念日も5月末、
そして妻の命日が6月中旬ということで、この時期に花が最盛期を迎えるバラを使って
美しい光景を生み出したかった、ということもあります。
この写真は、前庭の一角。
白い外壁面に誘引したメインローズの遅咲きのドロシー・パーキンスが花を咲かせ始め、
それに先立って、ジャスミーナ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ等が続々と開花していました。
遅咲きのバラも、そうでないバラも両方のバラが一緒に見れる、最も見応えのある時期です。
壁に咲くバラと、鉢植えのバラがつながって、まるで滝を流れ落ちるように
バラが咲いています。
この風景もとても気に入っています。


DSC_7715-L_convert_20140531173317.jpg

この写真は、このブログでは何度も紹介しているアングルで、我が家の庭を象徴する一枚です。
超広角レンズを使って撮影しているので、実際に目で見るより、かなりワイド感が強調されていますが、
とても気に入っている撮影アングルです。
手前のスペースは、実際は駐車場で、普段は車が置いてあります。
前面道路に面したこの前庭は、オープン外構で、道ゆく人に花や緑を提供する、街のオアシス的な空間になればいいなぁと思っています。


DSC_7753-L_convert_20140611065107.jpg

玄関アプローチを進んで、前庭と中庭を区切るガラス扉の前まで来ました。
ガラス扉の奥にちらっと見えているのが、コの字形の建物に囲まれた中庭空間です。
前庭に面した白い建物外壁には何種類かのつるバラを誘引しています。
写真右側の壁(サンルームの外壁)には、赤いキングローズとレッド・キャスケードを誘引しています。
このキングローズも、黄モッコウバラ同様、かなり前から自宅に植えてあったバラです。
ボクがバラに目覚めるずっと前から、母が植えて放置していたバラです。
毎年、訳も分からず母が強剪定していましたが(大汗)、何もしないでも毎年よく花を咲かせていたこのキングローズ、
このキングローズがなかったら、ボクはバラを始めていなかったかもしれません。
それほど、心のどこかでいつも気になっていたバラです。
(その当時は、キングローズという品種であることすら知りませんでしたが:汗)
キングローズは、小輪房咲きの赤いバラということで、ボクの好みにジャストミートなバラですが(笑)、
如何せん、一季咲き。
花後はせっかくの白い壁面が淋しくなるので、四季咲き性の赤いつるバラということで、レッド・キャスケードを植えました。
そのおかげで、キングローズの花後も、赤い花と白い壁、緑の葉っぱという絶妙のコンビネーションを秋まで楽しんでいます。


DSC_7859-L_convert_20140610061443.jpg

6月に入りました。
こちらは、前庭に面した白い建物外壁面に誘引した、我が家のメインローズ、ドロシー・パーキンス。
2年半ほど前に、バラを始めようと、いろいろなバラの本を読み漁った際に、もっとも心惹かれたバラがこのバラ。
小輪房咲きというボクの好みに加え、妻の好きだったピンク色の花、そして何よりも重要だったのが、遅咲きであるということ。
妻の命日が6月の中旬なので、その頃まで何とか花を咲かせてくれるというのがポイントでした。
また、ガラス扉の向こう側の白い壁面に誘引しているのが、先ほどの赤いキングローズ。
このキングローズも遅咲きのバラなので、どちらも歩を合わせて咲いてくれるという点では、
このドロシー・パーキンスはベストチョイスだったように思っています。
植えた当初は1mちょっとの長尺苗でしたが、2年で最長部はきっと8mを越えていると思います。
さすが一季咲きのランブラー品種、成長力が半端ないです(汗)。
それでも、この年は長く伸びたシュートで、この白い壁面の大部分をカバーすべく、直線的な誘引をしました。
なので、線状の部分は花がまばらで、少し残念な感じ。
なかなか誘引は奥深いというか、難しいですね。


DSC_7861-L_convert_20140610061458.jpg

同じ壁面を下から見上げるように撮ってみました。
株元がある、1階の窓周りは、そこそこボリュームがあって、いい感じに咲いてくれました。
見上げてみると、上からピンクのしずくが流れ落ちて来る滝のような光景です。
建物外壁の白とドロシーのピンク、そして手前の高木(アオダモ)の白く細い枝、軽やかな緑の葉っぱ、
どれもがうまくコラボレーションしてくれていると思います。
前にも書きましたが、この白い壁面をボクは「キャンパス」ではなく「パレット」と呼んでいます。
「キャンパス」に絵を完成させるのではなく、いつまでの完成がない、色を混ぜるための「パレット」。
毎年、少しづつ風景を変えながら、どんな景色が出来て行くのか、楽しみな場所です。


DSC_7966-L_convert_20140610063328.jpg

こちらは、バラがひと段落した頃の前庭の玄関アプローチです。
まだ建物の白い外壁面には、遅咲きのドロシー・パーキンスやレッド・キャスケードが残っていますが、
それ以外のバラは、一番花が終わったところです。
代わりに、玄関アプローチには、紫陽花が色付き始めました。
(紫陽花の手前には、ビタミンカラーのナスタチウムの鉢植えが目立っていますが:汗)


DSC_9866-L_convert_20140701155002.jpg

6月も終盤になるとこんな感じ。
玄関アプローチには、地植えの紫陽花と鉢植えの紫陽花を並べて、ちょっとした紫陽花コーナーになっています。
バラを始める前は、紫陽花の花が好きでした。
色の移り変わりがとても美しくて、家のそこかしこに植えています。
鉢植えの紫陽花は、移動が出来るので、他の花とも合わせやすいので、いいですね。
しっとりとした梅雨のワンシーンです。


DSC_9848-L_convert_20140701155212.jpg

こちらは、前庭の玄関アプローチと反対側、駐車場スペース脇の植栽ゾーンです。
こちらには、お隣さんのカーポートの存在感を消すために、3本のオリーブの木を植えています。
その足元の白いフェンスには、3種類のつるバラ(左からピンクカクテル、シャンタル・メリュ、イングリッシュ・ヘリテージ)を
並べて誘引しています。
さらにその手前には、地植えの宿根草、アガパンサスを列植しています。
ちょうど、そのアガパンサスが見頃を迎えています。
さらに、その手前には、鉢植えの紫陽花(上の写真では玄関アプローチに置いていたもの)や
ERムンステッド・ウッドなどを並べています。
前庭のこちら側は、爽やかな印象の庭になっています。


DSC_9896-L_convert_20140701154944.jpg

続いて、こちらの写真は、中庭のシェードガーデンゾーン。
コの字型の建物に囲まれた中庭の一角、サンルームの横のスペースです。
我が家の中庭は、建物の南側にありますが、隣接建物が近接していて、
その建物の影が中庭に落ちるので、日照条件はあまり芳しくありません。
なので、この中庭の一角を「シェードガーデン」と称して、
日陰でも育つ植物を集めています。
中庭のシンボルツリー、コハウチワカエデの足元に、宿根草のギボウシやシダ類、
紫陽花、鉢植えの風知草などを置いています。
ちょうどこの頃は、ギボウシに薄紫色の花が咲いて、
グリーンガーデンが少し華やかになっています。


DSC_0740-L_convert_20140713131828.jpg

7月になりました。
ここからは、庭のことではないのですが、2014年に行った一階の母の部屋にリフォーム工事のことも少しまとめておこうと思います。
前にも書きましたが、一昨年の秋、同居する父が急逝し、両親の部屋だったこの部屋は、亡き父がヘビースモーカーだったもので、
室内がタバコのヤニで黄色く変色していました。
母がこの先、一人でこの部屋で過ごすにあたって、少しでも快適に過ごせるようにということで、
当初、クロスの張り替え工事程度で済ます予定のリフォーム工事を、大きく変更しました。
というのも、我が家は、眺めの良い高台に建っていることもあって、2階にリビング・ダイニング・キッチンがあります。
そのため、1階の中庭に面した部屋はこの母の部屋と和室しかないのですが、せっかくガーデンリフォームし、
中庭がバラでいっぱいなるのに、中庭に面した窓は腰窓のため、母の部屋からは、その中庭が見にくくなっていました。
なので、写真左側、中庭に面した腰窓を、床から天井までの大きな開口部に変更するリフォーム工事を行うことにしました。


DSC_0762-L_convert_20140713131921.jpg

こちらが、中庭側から見た様子。
左から2つ目の腰窓が今回大きく変更する窓です。
ちょうど、その窓の前に植えていたのが、この家が竣工して間もない頃から植えられていたバラ、黄モッコウバラ。
2014年は、この腰窓の四周を取り巻くように誘引していましたが、リフォーム工事に先立って、誘引を解きました。
長く伸びた枝を、工事の邪魔にならないよう、ひとまとめにして脚立に立てかけています。


DSC_0821-L_convert_20140713181809.jpg

リフォーム工事が始まった直後の様子です。
母の部屋の小さな開口部が壊され、大きな穴が開いています。
窓のすぐ前にある黄モッコウバラも工事の邪魔になるのですが、引っこ抜くわけにも行かず、
このような窮屈な状態で工事は進行していきました。


DSC_2185-L_convert_20140811101446.jpg

そして8月。
いろいろ工事中に思いがけない突発事項などもありましたが(汗)、何とか母の部屋のリフォーム工事が完了しました。
母の部屋ではありますが、完全のボクの趣味でインテリアをデザインしています(笑)。
フランス製のブルーグリーンのアクセントクロスもいい感じに仕上がったし、梨地のモザイクタイルをDIYで施工したり、
いろいろ楽しかったです。
肝心の中庭に面した開口部も今までとは見違える大きさになり、中庭がよく見えるようになりました。
ただ、窓前に地植えしていた黄モッコウバラは、せっかくの開口部を塞ぐことになるので、冬に移植する決心をしたのもこの頃です(汗)。


DSC_2302-L_convert_20140814180714.jpg

リフォーム工事が完了して、ようやく静かになった中庭です。
8月の半ばで、中庭は旺盛に茂ったバラの葉っぱで、ジャングル状態になっています(汗)。
リフォーム工事で大きな開口部を設けた母の部屋の前には、誘引を解いた黄モッコウバラを仮誘引しています。
株が休眠する冬まで、この場所で待たないと行けないので、しばしの間、部屋からの眺めはお預けです。


DSC_2572-L_convert_20140901152118.jpg

そして、2014年の夏は、台風と長雨に見舞われて、我が家のバラは壊滅状態でした(汗)。
黒点病が蔓延しました。
まだ初期の頃に、薬剤散布しようと思って週末の休みを待っていたら、週末が雨ということで、
何度も薬剤散布するのが延期になりました。
そのおかげで、庭のバラは黒点病祭り。
特に酷かったのが、中庭のつるバラ、カーディナル・ヒューム。
ここが黒点病の発生源だったと思います。
あまりに酷いので、8月の末には、黒点病にかかった葉を大量にもぎ取りました。
おかげで、この年の秋バラは悲惨なものでした(大汗)。


DSC_2542-L_convert_20140901152306.jpg

そして、もうひとつのショッキングな出来事がこちら。
我が家のバラで、初の癌腫発症事例です。
しかも、今年の春、とても美しく咲いて気に入っていたバラ、スーベニール・ドゥ・ドクトル・ジャメインに(泣)。
ダブルパンチです。
妻が癌で亡くなっているので、「癌腫」と言う言葉にはナーバスになります。
写真では、新しいシュートが3本も出ているのに、株全体としては弱って来ているんですよね〜、コレが。
そんなこともあって、冬に同じバラをリベンジで購入することになります(汗)。


DSC_4223-L_convert_20140925060941.jpg

9月になりました。
相変わらず、庭はバラでいっぱいのジャングル状態。
少し太陽高度も下がって来て、日陰になることも多くなりました。
春はいいけど、この風景ね〜。
今後の対策を考えねば、と思わせる一枚です(汗)。


DSC_4242-L_convert_20140925061354.jpg

こちらは、9月23日、お彼岸の朝に撮った写真です。
この日は、京都にある妻のお墓参りに行く日です。
妻の墓前に備えるバラとして、この日咲いていたピンクのバラ、アンジェラを切りました。
3月のお彼岸には、まだバラが咲いていないので、お墓にバラを供えられるのは、この時だけです。


DSC_4765-L_convert_20141013090424.jpg

10月です。
ほんとは、秋バラが咲くシーズンなのですが、今年は、夏の異常気象(冷夏、長雨)で散々なことになりました。
ほとんどのバラがあまり咲いてくれない状態でした(泣)。
手前でピンク色で咲いているのは、オールド・バルという品種です。


DSC_4790-L_convert_20141013111706.jpg

10月には、何度も台風が近畿地方を直撃するということが起こりました。
鉢植えのバラは、移動できるので、サンルームに避難させました。
バラの数が増え過ぎて、サンルームには入りきれません。
そんなことで、玄関アプローチの両サイドに、鉢バラがひな壇状にお出迎えです(笑)。


DSC_6488-L_convert_20141106101258.jpg

11月に入りました。
今年は、前庭のオリーブの木にたくさんの実がなりました。
確か一昨年は、数個しかならなかったような気がします。
我が家の庭には、実がなる植物はほとんどないのですが、やはり収穫ができるのもいいですね〜。
このオリーブの実は、シロップ漬けにして、今、冷蔵庫の中で熟成中です(笑)。


DSC_9281-L_convert_20141119110351.jpg

11月の半ばになると、毎年、翌年の春に咲かせる球根類の植え付けを行っています。
2014年もたくさんのテラコッタ鉢に、チューリップや水仙、ムスカリ、クロッカスなどの球根を植えました。
チューリップの球根を植えているテラコッタ鉢はどれも大きく重たいので、動かすのが大変。
そのうち、ぎっくり腰になりそう(汗)。
でも、球根好きのボクにとっては、球根の植え付けはとても楽しみな作業のひとつなんです。


DSC_9522-L_convert_20141128063927.jpg

11月の終わり、この辺に来ると、少し前のブログ記事なので、ご覧になった方もおられると思います。
2014年の年末にも、結構、大掛かりなガーデンリフォームを行いました。
つるバラが増えて、しかもどれも大きくなり、今まで咲かせていた場所では足らなくなってきました。
また、かねてから気になっていた、中庭の隣地境界フェンスを何とかしたいということもあって、
その隣地境界フェンスを10mほど、新しいものに変更することにしました。
しかも、フェンスの高さをこれまでの90センチから180センチへと倍の高さにかさ上げしました。
計画から実施まで、いろいろ試行錯誤しながら、DIYでやりました。
これで、つるバラを誘引できる壁面が増えて万々歳。
でも、どの壁面も結構、日陰なんですけどね〜(汗)。
その関係で、地植えのつるバラも「ところてん方式」で、
次々と掘り上げては移動させることになってしまいました〜(大汗)。


DSC_9606-L_convert_20141201110541.jpg

こちらは、少し幻想的なシーンを(笑)。
我が家の玄関扉を開けて室内に入って正面に見える、建物北側の坪庭。
建物の影になり完全な日陰ですが、シンボルツリーとしてイロハモミジを植えています。
日陰で育てると、紅葉しにくいと言われていたんですが、
今年は初めて紅葉してくれました。
元々、ライトアップできるようになっていましたが、今までライトアップしようとは
思わなかったのですが、こんなにキレイに紅葉してくれたら、思わずスイッチオン!
ライトアップしたら、一層キレイに浮かび上がりました〜(笑)。


DSC_9777-L_convert_20141217180000.jpg

12月になりました。
2014年も残すところ、あとわずか。
やり出したガーデンリフォーム作業も急がないと、年内に終わらないということで、
急ピッチで作業をやっていた頃です。
写真は、中庭のウッドデッキテラス。
DIYで作ったウッドデッキテラスは、オシャレ度を高めて(笑)、穴を開ける設計にしていて、
そこにイロハモミジを植えていました。
ただ、その後ろに、雨樋を伝ってシャッター隠しの木製ルーバーに誘引していた
つるバラのスパニッシュ・ビューティと干渉するようになりました。
今は、バラが優先ということで(汗)、イロハモミジを潔く引き抜き、
その穴にスパニッシュ・ビューティを植え替えるという荒療治に出ました(汗)。
ガーデンリフォームを始めた当初に描いていたイメージとは、だんだん変わってきました。
当初は、バラだけでなく、高木や低木、宿根草などとも調和しながら、
バラだけがてんこ盛りにある庭ではないようにしようと思っていたのですが、
ここに来て、バラがてんこ盛りの庭になりつつあります〜(汗)。
ますますバラ病が進行中です(笑)。


DSC_9788-L_convert_20141217180226.jpg

中庭のウッドデッキテラスから掘り上げたイロハモミジの引越し先はこちら、
建物の北側の通路部分です。
バラも植える場所がないのに、大きなモミジを植え変える場所は、
陽の当たらないこんなところしかありません(汗)。
この横(写真右側)が、2枚上の写真、玄関入って正面の坪庭です。
辛うじて、坪庭に連続した場所に植えることができました。
モミジ以外にも、アオダモや紫陽花、ユキヤナギなども、
バラ優先の影響で、北側通路に追いやられることになりました(汗)。
あと、この奥に見えている2階のサービスバルコニーもリフォームしました。
木製で出来ていたサービスバルコニーは、老朽化して危なかったので(汗)、
既製品のアルミ製のにしました。
本当は、こういう工業製品は嫌なんだけど、背に腹は代えられないということで(汗)。
その関係で、2階に直接昇れる鉄骨階段もなくなり、すっきりしました。


DSC_9954-shuusei-L_convert_20141209105934.jpg

そして、2014年の締めはこちら。
バラを始めて2年目の2014年は、腕試しでいくつかのガーデニングコンテストに応募してみました。
幸運にも、日本園芸協会さん、NHK出版の「趣味の園芸」さん、主婦の友社の「園芸ガイド」さん、
コメリ・ガーデニングドットコムさんのコンテストで入賞することができました。
中でも、「園芸ガイド」さんのコンテストでは、誌面で大きく扱っていただいて、とても嬉しかったです。
苦労して庭と向き合って来たことが、報われた気がしました。
バラを始めた時、バラの師匠であるまつおえんげいの松尾社長からは、3年は辛抱して育てて下さいとアドバイスをいただいていました。
その3年目が今年、2015年です。
いろいろ試行錯誤しながら育てて、組み合わせを考えたり、環境との適合を考えて場所を移したりしてきました。
その成果が問われる3年目の2015年春、我が家の庭はどんな風になっているでしょうか?
ボク自身も楽しみにしています。


長々と書いて来た2014年の総括もいよいよ終わり。
この記事を書くだけでも1週間はかかりました(大汗)。
読んでいただいた皆さんもさぞお疲れになったことでしょう(汗)。
お付き合いをいただいた皆さま、ありがとうございました。
どうか引き続き、2015年もよろしくお願いいたします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/01/13(火) 16:25:47|
  2. 2014年の総括
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

勝手ランキング〜、自分で撮った(バラ以外の)花の写真・ベスト30(2014年版)

ひとつ前の記事で、昨年2014年に撮影したバラの写真の勝手ランキングをまとめてみましたが、
昨年は、バラ以外の植物の花の写真も結構、撮りましたので、
せっかくなので、バラ以外の花の写真・勝手ランキング〜もやってみようかと(笑)。

ランキングの前に、まずはこちら↓の写真を。

DSC_0963-L_convert_20140417070347.jpg

昨年4月の我が家の中庭のひとコマです。
我が家の庭は、つるバラを始めとしてバラが中心の庭ですが、バラ以外にも球根類や宿根草、山野草などもあります。
そういった植物の花にもカメラを向けてきました。
我が家以外で撮った花の写真もいくつか混じっていますが、早速、バラ以外の花の写真で勝手ランキングしてみます。


まずは、勝手ランキング30位はこちら。
我が家の中庭や建物の北側の路地庭に植えている宿根草の「シャガ」です。
以前、地元・奈良の春日大社境内にある万葉植物園に行った際、シャガが群生しているのを見て感動したことがあります。
それから、自宅の庭でも、このシャガを育ててみたいということで、植えました。
白い花弁に、うっすらと紫とオレンジの斑点模様が入っているのが美しいです。

DSC_1798-L_convert_20140510001350.jpg



続いて、ランキング29位はこちら、クレマチスの「ヴェノサ・ヴィオラセア」。
我が家の前庭の建物外壁、白いタイルを背景に誘引していました。
紫色の絞りの花弁と緑の葉っぱ、白い壁のコントラストが気に入っています。
少し和風な雰囲気がするのも気に入っています。

DSC_2540-L_convert_20140901151825.jpg



続いて、第28位はこちら、同じくクレマチスの「ピクシー」。
旧枝咲きのクレマチスで、早咲き品種です。
緑色がかった白いマットな質感の花がとても特徴的です。
まだ株が充実していないので、少ししか咲きませんでしたが、この春にはもう少し咲いてくれるかな?
期待のひと鉢です。

DSC_1174-L_convert_20140416110013.jpg



次は、第27位、「チオノドグサ・ブルージャイアント」。
球根で咲かせる花ですが、チオノドグサの中でも、その名の通り大振りな花を咲かせてくれました。
目の覚めるような鮮やかなブルーが美しいです。

DSC_0198-L_convert_20140403064232.jpg



続いて、第26位に選んだ写真がこちら、鉢植えの「ナスタチウム」。
赤や黄色の鮮やかなビタミンカラーの花は我が家では珍しいのですが、
一年草のナスタチウムは、毎年、購入してしまいます。
なぜなら、小さな蓮のような葉っぱがとても好きだからなんです〜(笑)。
初夏によく似合うひと鉢です。

DSC_4718-L_convert_20140507055423.jpg



次は、第25位、前庭の高木・ヤマモモの足元でひっそりと咲く、「ヒナ草」。
一応、宿根草ではあるのですが、我が家では冬越しができないために、一年草扱い。
毎年、春になったら、苗を購入して、同じ場所に植えています。
薄紫色に黄色の、この小さな花、とても愛らしいです。

DSC_1592-L_convert_20140422170549.jpg



続いて、第24位はこちら、「タマスダレ」。
この宿根草もその清楚な姿が好きで、庭のあちこちに植えています。
光を浴びて輝くように咲いているところです。

DSC_8876-L_convert_20131013143134.jpg



次は、第23位、宿根草の「ギボウシ」の花です。
ギボウシもその美しい葉が好きで、庭のあちこち、高木の足元に植えています。
この写真のギボウシは斑入りの葉で、特に気に入っています。
夏に、薄紫色の花が咲きました。
葉を鑑賞するギボウシですが、その花もなかなか美しいです。

DSC_9958-L_convert_20140704153942.jpg



続いては、第22位に選んだのがこちら。
秋に訪れた、地元・奈良の馬見丘陵公園内のダリア園で咲いていた品種で「キューティ」。
たくさんの品種のダリアを見たのは、その時が初めてで、とても感動しました。
特にそのフォルムが気に入った品種が、この「キューティ」。
とても有機的なフォルムがどこかしら宇宙的。
スターウォーズに出てきそうな武器か宇宙船のようなカタチをしています。

DSC_5661-L_convert_20141020164356.jpg



続いては、第21位に選んだのはこちら、クレマチスの「天塩」。
我が家の前庭の白いフェンスんぶ、つるバラのピンク・カクテルとコラボさせて誘引しています。
ガラス細工のような儚さを持った美しい色とフォルムをしています。
バラにはない色合いで、とても心惹かれます。

DSC_5126-L_convert_20140513064848.jpg



バラ以外の花の写真、勝手ランキング、ここからはベスト20位の発表です(笑)。

第20位の写真はこちら、「ムスカリ」。
ブルー好きなボクにとって、濃いブルーで咲くこの花はとても好きな花のひとつです。
小さな粒粒が集まって咲く独特なカタチをしています。
何もしないでも毎年咲く、剛健な球根という点でも、
手のかからない優秀な植物だと思います。

DSC_0394-L_convert_20140403070303.jpg



第19位は、こちら、「紫陽花」。
写真は、自宅の前庭、玄関アプローチで咲く紫陽花です。
バラを始める前は、「紫陽花」が最も好きな花だったといっても良いほど、お気に入りの植物でした。
色が移り変わるという点でも、とても魅力的な花ですし、やはり「和」な雰囲気がするところも気に入っているポイントです。

DSC_8936-L_convert_20140618015110.jpg



第18位に選んだのはこちら、我が家の中庭で咲く「日向ミズキ」。
我が家で咲く花の中でも、最も早咲きの品種のひとつです。
淡い黄色の素朴な雰囲気で咲く姿がとても愛らしいです。

DSC_0257-L_convert_20140403065746.jpg



こちらは、第17位に選んだ写真で、「カタバミ」です。
少し前まで、この植物、雑草だと思ってました(汗)。
とても繁殖力が強いので、抜いても抜いてもどんどん生えてきます。
諦めて放置していたら、こんな美しいピンクの花が咲きました。
花は美しいんだけど、葉っぱがね〜(汗)。
そんな植物ですが、繁殖力が強いということで、子孫繁栄などの象徴ともされる植物で、
実は、我が家の家紋(丸に剣片喰)にもなっている植物でした〜(汗)。

DSC_4574-L_convert_20141013075034.jpg



次は、第16位に選んだ写真で、「ほおずき」です。
昨年の夏、父の初盆のお供えとして父の友人が贈って下さったものです。
漢字では「鬼灯」と書くようですが、これまた日本らしい風情を感じる植物です。
熟した深いオレンジ色がとても美しいと思いました。

DSC_1495-L_convert_20140801091706.jpg



続いては、第15位、先ほどの22位にもランクインした馬見丘陵公園でみたダリアのひとつです。
品種名はちゃんと記録していなかったので、分かりません(汗)。
この写真では、主題のダリアの花だけでなく、背景になっている他のダリアの花もひとつの絵の一部になっているところが、
気に入っています。

DSC_5695-L_convert_20141020165414.jpg



続いては、第14位は「ユキヤナギ」です。
柳の枝のようにしなやかに枝垂れて伸びる枝に、小さな白い花がびっしりと並んで咲きます。
まるで、銀河か天の川のようです。
クローズアップしてひとつの花を見てみると、ひとつひとつはこんなにシンプルな花です。
清楚な感じのする花で、春の訪れを知らせてくれる花として、とても気に入っています。

DSC_0291-L_convert_20140403070813.jpg




次は第13位、「アガパンサス」です。
我が家の前庭、白い木製フェンスに沿って咲きます。
まっすぐに上に伸びた花茎の先に、花火が開くように放射状に咲きます。
このアガパンサスの淡い紫色の花は、第23位にランクインしたギボウシの花にも似ています。
こんな雰囲気の花が好きなんでしょうね、きっと(笑)。

DSC_0008-L_convert_20140707200857.jpg



続いては第12位、「チューリップ・アンジェリケ」。
チューリップというより、バラ。
バラ咲きが特徴のこのアンジェリケは、数あるチューリップの中でも一番のお気に入りです。

DSC_1466-L_convert_20140422152308.jpg


続いては、第11位に選んだ写真で、「シャクヤク・夕映」。
この光沢のある艶やかなピンクの花弁が美しいです。
どことなく、イングリッシュローズのロイヤル・ジュビリーに似ている気もします(笑)。
「和」の雰囲気が強いシャクヤクももう少し増やしたいところですが、もう鉢を置く場所がなくて・・・(汗)。

DSC_6414-L_convert_20140520054855.jpg




いよいよ、ここからは勝手ランキングベスト10です。

まずは第10位はこちら、「ディモルフォセカ」別名「オステオスペルマム」。
我が家では、この写真の薄紫色と黄色の花を鉢植えしています。
何とか冬越しできるので、毎年、美しく咲いてくれます。
陽光を浴びて咲く姿は、まさに春を感じさせる光景です。

DSC_1838-L_convert_20140510001504.jpg



第9位は、こちらの写真を選びました。
色とりどりの「ハナニラ」です。
この花が咲くまでは、ハナニラがこんなに愛らしい花だとは知りませんでした。
単色でなく、ミックスカラーの球根を植えて正解でした。

DSC_1521-L_convert_20140422164829.jpg



続いて、第8位はこちら、クレマチスの「フォンド・メモリーズ」。
中庭のシェードガーデンゾーンで鉢植えしています。
紫色の絞りの花が、「和」を感じさせてくれます。
しっとりとした落ち着いた色合いの花ですが、一輪の花が大きいため、咲くととても存在感があります。

DSC_7823-L_convert_20140602114107.jpg



次は第7位、ちょっと異色の写真です。
我が家の前庭の片隅で咲く「黒葉スミレ」。
奥に見えている黒っぽい緑の葉がこのスミレの葉、手前のオレンジ色の葉は、ヒューケラ。
ヒューケラの葉のオレンジと、スミレの紫色、そして黒緑の葉といった
色のバランスがとても気に入っている一枚です。

DSC_1495-L_convert_20140422165056.jpg



第6位はこちら、「ビオラ・プリムローズピコティ」。
何種類か植えたビオラの中では、このビオラが一番良かったかな?
紫色の花弁のグラデーションがとても美しいです。

DSC_1084-L_convert_20140414101414.jpg



ここからは、いよいよベスト5です。

第5位には、この写真を選びました。
大阪・靭公園で見つけた「椿」です。
靭公園といえばバラというイメージですが、バラ以外にも季節ごとにいろいろな花が咲いています。
早春の3月にたまたま通りがかって見つけた花です。
椿も品種の多い植物のようですが、この椿はとても品良く美しい色合いで咲いていました。

DSC_0159-L_convert_20140327222913.jpg



第4位にはこちらを選びました。
我が家の3月の中庭のワンシーン。
主題は、「チューリップ・プルケラフミリス」。
一般的に想像するチューリップとは全然別物のようです。
原種系のチューリップで、独特のフォルムをしています。
背景には、青いチオノドグサ、黄色い水仙も咲いていて、
早春らしい華やかな光景で、お気に入りの一枚です。

DSC_0337-L_convert_20140403064859.jpg



ここからはベスト3、まずは第3位はこちら、「シラー・スプリングビューティ」。
ホント小さな球根から芽生えた青い花です。
うつむき気味にすっと立つ三連の花が可愛らしい。
画面の色のバランスもとても気に入っている一枚です。

DSC_8167-L_convert_20140318130931.jpg



そして第2位はこちら、「クロッカス・絞り花」。
他のクロッカスに比べて大振りなこの絞り花のクロッカス。
園芸店で売っている球根のパッケージを見た時には、こんなに美しい花だとは思いませんでした。
この花が咲いて、その美しさに仰天しました。
ほんと美しい花、自然の造形力に感服した花でした。
ただ、花期がとても短いという欠点がありますが・・・(汗)。

DSC_0020-L_convert_20140326221135.jpg



そして、勝手ランキング、バラ以外の部、栄えある第1位はこちら、「ダリア・春の錦」。
このランキングでもほかにもランクインしていますが、地元・奈良の馬見丘陵公園のダリア園で見た美しすぎるダリアです。
ダリアがこんなに美しい花だとはまったく思ってもみませんでした。
まさにカルチャーショック!
自然が作り出す造形美の凄さを感じた一枚です。

DSC_5649-L_convert_20141020165700.jpg

如何でしょうか?
バラ以外の植物でも、美しい花はたくさんありますね〜。

まだまだ知らない植物がたくさんありますが、これからも新しい発見ができればいいなぁと思います。
バラとバラ以外の花の写真、勝手ランキングにお付き合いいただきましてありがとうございました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/01/09(金) 00:31:11|
  2. 2014年度ランキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

勝手ランキング〜、自分で撮ったバラの写真・ベスト30(2014年版)

新しい年が明けて、あっという間に松の内も終わり(汗)、今日はもう8日です。
早いですね〜。
さて、年末年始、いやもっと前の昨年12月中頃から、何かと慌ただしくしておりまして、なかなかブログの更新が出来ておりません(汗)。
楽しみにして下さっている皆様には大変申し訳なく思っています。

昨年末から始めたつるバラの誘引作業が大変で(大汗)、作業した日は疲れ果て(汗)、写真は撮ったものの、
その後の写真の整理作業やブログへのアップが滞っています。
何とか早めにつるバラの誘引の記事をアップしたいと思っているのですが、年末から気になっていた記事を先に書くことにしました。

一昨年の2013年末にもやった企画?ですが、その年に自分で撮影したバラの花の写真ベスト30「勝手ランキング」です。

   ※ 一昨年2013年版 勝手ランキングの記事はこちら → 自分で撮ったバラの写真・ベスト30(2013年版)

本当は、昨年2014年のうちにアップしたかったのですが、年も明けた今になってしまいました(汗)。
ちょっと間抜けなタイミングではありますが、2014年を振り返るということも兼ねて、まとめてみました。
よろしければ、お付き合いください〜。

まずは、ランキング外のこちら↓の写真から。

DSC_7715-L_convert_20140531173317.jpg

こちらは、昨年2014年のバラの最盛期の頃の写真です。
我が家の庭を象徴するようなアングルの写真で、毎年、このアングルで撮っています。
バラを始めて2年目の2014年は、一昨年より遥かにたくさん咲いてくれました。
我が家の庭で育てているバラも、あれよあれよと言う間に、80品種くらいになってしまいました(汗)。
たくさんのバラの花を眺めては感動し、毎日のようにカメラを向けては写真を撮ってきました。
もう何万枚撮ったか分からないくらいです(汗)。
そんな多くの写真の中から、自分自身で勝手に選んだお気に入りの写真を30枚選んで、『バラの写真ランキング』をやってみようと思います。
昨年同様、好きな品種ランキングではなく、あくまでも撮った写真のお気に入り具合で選ぶ、まさしく勝手ランキングです。
撮影したボク自身の個人的な好みで選んでいますので、このブログを見ていただいている皆さんの印象に残っている写真かどうか
分かりませんが(汗)、楽しんでみていただけましたら幸いです。

それでは、勝手ランキング「自分で撮ったバラの写真ベスト30」(2014年版)スタートです。


まずは、勝手ランキング30位のバラ、「スパニッシュ・ビューティ」です。
自宅中庭のウッドデッキテラス上部に誘引しています。
黄モッコウバラの次に咲いた早咲き品種で、一季咲きですが、その大きな花はフリルがかかったような豪華さで、
とても目を惹くバラです。
まだ植えて1年目なので、風景を作れるほどは咲きませんでしたが、2015年、今年はどんな風に咲いてくれるか楽しみです。

DSC_4834-L_convert_20140506082745.jpg



続いて、ランキング29位はこちら、「オレンジ・メイアンディナ」。
こちらの写真は我が家の庭ではなく、職場の近く、大阪市内の靭公園のバラ園で撮影した写真です。
フランス・メイアン社のバラで、赤というか濃いオレンジ色というか、とてもインパクトのあるバラです。
この手の色合いのバラは、「色飽和」を起こして写真で再現するのが難しいのですが、何とか実際に見た感じに近い色で再現できました。

DSC_7236-L_convert_20140529233848.jpg



続いて、赤いバラの次は白いバラ、ランキング28位の「ジャクリーヌ・ドゥ・プレ」。
京都のまつおえんげいさんで撮影した写真です。
まつおえんげいさんの代名詞とも言うべきバラで、
白い花に赤いシベがとても印象的なバラです。
もっと早くに知っていれば、最初からお迎えしていたと思います。
実は、まだブログにも書いていないのですが(汗)、
この冬、急に思い立って、我が家にもお迎えしたバラです。
今春の開花が今から楽しみです。

DSC_6617-L_convert_20140527161731.jpg



続いてこちらは、ランキング27位のバラ、「カクテル」。
白いバラの次は、また赤いバラです(笑)。
我が家の前庭の玄関アプローチの低いフェンスに誘引しています。
この真っ赤に燃える炎のような情熱的な花がとても印象的です。
この冬のガーデンリフォームで、引っこ抜いて(汗)、
また別の場所に誘引しなおしました。
その辺りは、また今後、ブログで報告しますね(笑)。

DSC_6451-L_convert_20140520054440.jpg



次は、ランキング26位のバラ、「レッド・キャスケード」。
我が家の玄関アプローチ脇のサンルームの外壁、白いタイル壁に誘引しています。
ミニバラのような小さな赤い花ですが、とても花持ちが良く、ほぼ四季咲きと言って良いほど
ずっと咲いている印象があります。
ひとつひとつの花は小さくて特徴が無さげに見えますが、
群として壁面を美しくデザインしてくれるバラです。

DSC_4650-L_convert_20141013080443.jpg



続いて、ランキング25位のバラはこちら、イングリッシュローズの「ザ・プリンス」。
うつむくように咲くバラが多いイングリッシュローズの中で、しっかりと上を向いて咲いてくれるこの「ザ・プリンス」。
さすが、切花品種だけあって、ひとつの花もとてもゴージャスで美しい。
雨上がりの朝に撮った写真だったと思いますが、花びらに水滴がついてキレイです。

DSC_6120-L_convert_20140516070116.jpg



続いて、ランキング24位はこちら、「カーディナル・ヒューム」。
こちらは、我が家の中庭の小壁に誘引しているつるバラで、大人な雰囲気の花がとても気に入っているバラです。
縮れたような雰囲気の花弁がとてもオシャレ。
今年は、シュートがたくさん出て、長く伸びた枝が、垂れ下がって、鉢植えのギボウシの葉に枝垂れかかるように咲いていました。
なので、写真下の方のグリーンは、ギボウシの葉っぱなんです。

DSC_2522-L_convert_20140901152002.jpg



次は、ランキング23位、大阪靭公園のバラ「オータム」。
靭公園のバラと言えば、ボクの中ではこのバラなんです。
他では見かけない珍しい品種。
まさに、オータムのネーミング通りの秋の紅葉をイメージさせる美しい色合いです。

DSC_7153-L_convert_20140529233609.jpg



続いてこちらは、ランキング22位のバラ、大阪中之島公園で撮影したバラで、「ゴルデルゼ」。
質実剛健のドイツのバラです。
ネーミングからしてゴツゴツした固いイメージですが(汗)、花もとても硬派な感じ。
オレンジ色のバラの花の中では、美しいバラだといつも思っています。

DSC_5290-L_convert_20141018092202.jpg



次は、ランキング21位、我が家の中庭で咲くイングリッシュローズの「ガートルード・ジェキル」。
バラを始めたきっかけは、亡くなった妻がピンク色のものが好きだったから。
そんな中、一番最初にお迎えしたバラのひとつがこのバラです。
美しいピンク色がとても庭に映えます。
香りも素晴らしい品種です。

DSC_5048-L_convert_20140513063440.jpg



ここからは、勝手ランキングベスト20です(笑)。

まずは、ランキング20位はこちら、「スーベニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン」。
このバラ、オールドローズに分類されるようですが、我が家のバラの中では、異色の存在です。
昨年お迎えして、初めてその咲いた花を見たのですが、これほど美しい花色で咲くとは思っても見なかったので、驚きました。
青紫色から赤紫色へと、一株で様々な花色が混在する、とても美しい光景を作ってくれます。
昨年咲いたバラの中では最も感動した品種と言っても過言ではありません。
ただ残念なことに、夏にこの株ががん腫に冒されていることが分かり落胆しました。
まだ何とか生きていますが、この春が期待できるかどうか不安だったので、先日、もう一株、緊急でお迎えしてしまいました。
それほど入れあげているバラのひとつです。

DSC_6188-L_convert_20140519110757.jpg



続いてこちらは、ランキング19位、イングリッシュローズの「ムンステッド・ウッド」。
我が家の前庭の一番道路側で、大きなテラコッタ鉢で育てているバラです。
一昨年、即戦力という触れ込みでお迎えしたバラですが、昨年もほんと良く咲いてくれました。
とても優秀なバラです。
本来は、濃厚な赤紫色で咲くバラだと思いますが、春は、この写真のようにショッキングピンクで咲いています。
ちょど逆光のようなアングルで撮影しているので、より鮮やかなピンクが際立っています。

DSC_6290-L_convert_20140520060921.jpg



次はランキング18位のバラ、「ダブル・デイライト」。
「殿堂入りのバラ」という言葉に弱く、ついお迎えしてしまったバラです。
赤と白の覆輪の顔立ち、とても個性的です。
男性はこういうはっきりとした表情のバラが好きですよね〜。
スーパーカーでいうところの赤い車のような感じかな?(笑)。

DSC_7275-L_convert_20140530150435.jpg



一転して、今度は清楚な雰囲気のバラ。
勝手ランキング17位はこちら、イングリッシュローズの「ウィンチェスター・キャシードラル」。
我が家の中庭の小壁に誘引しているバラです。
このバラ、何故お迎えしたかといいますと、一昨年の11月、同居している父が急逝したのですが、
亡くなった日に入院していた病院の庭で咲いていたのが、このバラ。
そんな縁があって、亡き父を忍ぶバラとして、我が家の庭にお迎えしました。
清楚な白い花が房になって咲いています。
赤いバラが多い我が家の庭では、ホッと癒されるバラのひとつです。

DSC_7422-L_convert_20140529140538.jpg



次は、また派手なバラ?
ランキング16位は、これまた亡き妻に捧げるバラとして選んだ大切なバラで、「マヌウ・メイアン」。
名花をたくさん作出しているフランス・メイアン社のバラです。
妻は生前、ピンク色のものがとても好きでした。
そんな妻を偲んで、数あるピンク色のバラの中から選んだのがこのバラです。
ハイブリッドティ品種らしい、大きな存在感ある花を咲かせます。
この花が咲くと、妻のことを思い出します。

DSC_7423-L_convert_20140529141309.jpg



続いて、ランキング15位はこちら、「ストロベリー・アイス」。
この写真は我が家の庭で咲いたストロベリーアイスですが、
元々は、大阪の靭公園で見たこの品種の花がとても素敵だったので、
つい我が家にもお迎えしてしまったバラです。
ピンクと白の入り交じった美しい花がとても気に入ってます。
とてもトゲが多いバラですけどね(汗)。
美しきものにはトゲがある、まさにそんなバラです。

DSC_7606-L_convert_20140529142438.jpg



続いてこちらは、ランキング14位、「セント・エリザベス」。
大阪の靭公園のバラ園で撮影した写真です。
このピンク色のグラデーションも見事です。
とても上品なピンク色ですね。
うつむいて咲く様も、どこか恥じらいがあって可愛らしい。
そんなキュートなバラです。

DSC_7182-L_convert_20140529235252.jpg



次はランキング13位、こちらも大阪・靭公園で撮影した写真で、「マチルダ」。
公園のバラだけあって、背景まで全部マチルダ。
つるバラでなくても、木立性のバラでもスペースにボリュームがあると美しい風景を描けますね。
「マチルダ」というと、映画『LEON』の中に出て来る哀愁漂う女の子・マチルダのイメージが強いのですが、
バラのマチルダは、とても健康的なイメージです。
咲き進むと、全然違うバラのように変化するところも面白いバラです。

DSC_5016-L_convert_20141018084846.jpg



次はランキング12位にバラで、「カーディナル・リシュリュー」。
これもオールドローズに分類される濃い青紫色のバラです。
写真は、我が家の中庭ですが、背景に見える黄色は、早咲きの黄モッコウバラです。
この黄モッコウバラの黄色と美しいコントラストを演出するためにお迎えしたバラです。
辛うじてコラボレーションしてくれましたが、早咲きの黄モッコウバラとは咲くタイミングが微妙にずれて(汗)、
思ったような風景は作れませんでした。
なので、この冬、鉢植えでオベリスクに誘引していたカーディナル・リシュリューは、別の場所に移転、地植えしました。
さて、どこに引越しして、どのバラとコラボさせたかは、乞うご期待!(笑)

DSC_5008-L_convert_20140513063313.jpg



次は、ランキング11位、我が家の中庭で咲くバラ、「オールド・バル」。
あまり他では見たことがない品種のバラです。
このバラ、兵庫県宝塚市にある確実園さんという育種園さんが作出されたバラです。
我が家には、この「オールド・バル」の他にも、「花冠」という確実園さんのバラがあります。
どちらも小輪房咲きのバラで、バラ園などで修景用に作られた品種のように思います。
このバラ、一昨年の秋に買った時は、濃いピンク色で咲いていたのに、去年の秋は、写真のようなオレンジ色で咲きました。
何が原因で花色が変わるのか分かりませんが、なかなか困ったやつです(汗)。
ですが、こういう静かなイメージで咲く、FGローズのような雰囲気のバラ、好きなんです(笑)。

DSC_4542-L_convert_20141010095823.jpg



いよいよ、ここからは勝手ランキング2014、ベスト10の発表です。

まずは、第10位の写真はこちら、「ピンク・パンサー」。
この写真も大阪の靭公園のバラ園で撮影したものです。
「ピンク・パンサー」というおちゃらけた(汗)ネーミングのこのバラは、独特のオレンジピンク色をしています。
そして、中央で大きく開いた花の両側に小さな花が2つ、耳のように寄り添って咲いています。
とてもチャーミングなバラです。

DSC_7169-L_convert_20140529235906.jpg



そして、ランクング9位はこちら、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。
我が家の前庭、建物の白い外壁に沿って誘引しています。
昨年3月頃、突然枯れ込んでしまい、慌てて長尺苗を探してお迎えしました。
このバラの素晴らしいところは、そのステムの短さ。
誘引した樹形通り、美しく咲いてくれます。
白い割肌タイルと、緑の葉っぱ、そしてフローズンシャーベットのような
美しいピンクのコントラストが、イメージ通りに咲いてくれました。
我が家では最も人気の高いバラです。

DSC_7880-L_convert_20140610062151.jpg



次は、ランキング第8位、「ピンク・カクテル」です。
赤と黄色の「カクテル」の枝代わり品種です。
今回の勝手ランキングでも第27位に挙げている「カクテル」は情熱的な花ですが、
この「ピンク・カクテル」はとてもポップなイメージで、気に入っています。
白い木製フェンスに誘引しているのですが、この春はとても良く咲いてくれて、
前庭を賑やかにしてくれました。

DSC_6095-L_convert_20140514203202.jpg



次は、ランキング7位、フランス・ギヨー社のバラで「ヴァンテロ」。
一昨年は良く咲いてくれたイメージがあるこのバラですが、昨年はあまり咲かなかったように思います。
時々、忘れたころに咲いた花がこちら。
今までに咲いた花とはずいぶんイメージチェンジして(汗)、昨年はこんなフリフリの手鞠のように咲きました。
芍薬みたいな咲き方かな。
でも、バラには見えないこの咲き方もとても魅力的です。

DSC_8894-L_convert_20140616102428.jpg



次は、ランキング第6位、「ウィリアム・クリスティ」。
春に京都のまつおえんげいさんを訪れた時に撮った一枚です。
薄暗い影の中で、一筋の光がこの花に当たっているシーンです。
品種としては、女性好みの咲き方で、ボクの好みからは少し離れているのですが(汗)、
この写真には、何故が心惹かれるのです。
少し宗教的なというか、荘厳なイメージがする一枚です。

DSC_6641-L_convert_20140527161538.jpg



勝手ランキングもいよいよベスト5になりました。
昨年2014年に撮ったバラの写真の中のお気に入りTOP5の発表です。

第5位はこちら、「ストロベリー・アイス」。
ランキング15位にも選んでいるバラですが、もう一枚、この写真もお気に入りなんです。
やっぱり、この鮮やかなピンクと白のコンビネーションがフォトジェニック(笑)。
花弁が渦のように巻き込んでいるあたりもそそられます。
美しいバラだなぁ〜と思います。

DSC_7051-L_convert_20140529235036.jpg



続いて、こちらがランキング第4位、「ブルー・バユー」。
この写真も大阪の靭公園のバラ園で撮影した一枚です。
靭公園のバラはやっぱりいいですね〜(笑)。
薄紫色のバラは、うちにはほとんどなく、「シャルル・ド・ゴール」というバラがあるだけかなと思います。
この「ブルー・バユー」というバラもほんと美しいバラですね。
こんな美しい薄紫色のバラのなかなか見かけません。
ため息が出ます。

DSC_7189-L_convert_20140530000143.jpg



ここからは、いよいよ「2014年勝手ランキング」ベスト3です。

第3位に選んだ写真はこちら、自宅の中庭で咲くバラ、「アブラハム・ダービー」。
ちょうど美しい盛りにタイミングよく写真を撮ったものだと、我ながら感心します(笑)。
アプリコットオレンジから淡いピンクへのグラデーション。
ロゼット咲きの美しい花形。
写真では伝えきれませんが、素晴らしい香り。
どれを取っても、ケチの付けどころがない完璧なイングリッシュローズだと思います。
我が家のアブラハム・ダービーは挿し木苗で育てているので、まだ株が小さいです。
いずれ大きく育って、たくさんの花を咲かせてくれる光景が見れることを楽しみにしています。

DSC_6242-L_convert_20140520053801.jpg



さて、ランキング第2位はこちら。
先ほども第7位でランクインしたバラ、「ヴァンテロ」です。
ボクの好みなんでしょうね、こういう感じのバラ、とても好きです。
美しいです。
花に光が当たって、背景が黒く沈んでいます。
なので、とてもフォトジェニック、グラフィックデザインのような一枚です。
昨年のランキングでは、一輪の花の美しさに重点を置いていましたが、
今年は、数輪の花がまとまって作る景色に関心が向かいました。
そんな好みの変化が現れた一枚です。

DSC_8013-L_convert_20140616072805.jpg



そして、栄えあるランキング第1位はこちら、
やっぱり!(笑)の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。
このバラの美しさには格別です。
ボクの中では「フローズンピンク」と勝手に呼んでいますが、
この何ともいえない透明感のあるピンクが美しいです。
去年なら、きっと一輪の花にクローズアップした一枚を選んでいたと思いますが、
今年は、少しまとまって咲いているカットを選びました。
癒されます〜(笑)。

DSC_7831-L_convert_20140602114256.jpg

如何でしたでしょうか?
相変わらずの長い記事でスミマセン(汗)。

自分自身で撮った写真の中から、自分の好みで勝手に選んだベスト30のランキングですが、
楽しんでいただけたでしょうか?(笑)。

バラを始めてまる2年が経ち、バラの生長とともに、家の風景が変わっていくのが楽しい日々です。
2015年は、バラを始めて3年目の春になります。
バラの師匠、まつおえんげいの松尾社長からは、3年は辛抱して下さいと、言われていました。
その待望の3年目の春がもうすぐそこまで迫っています。
今年の春には、どんな風景に出会えるのか、今から楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/01/08(木) 17:16:10|
  2. 2014年度ランキング (バラ2年目)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

遅ればせながら(汗)、2015年、明けましておめでとうございます!

遅ればせながら、2015年、明けましておめでとうございます!
旧年中は、ブログにメッセージをいただいた皆様方をはじめ、大変お世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、昨年末から我が家のつるバラの誘引作業を始めております。
つるバラの本数が増えたこともあって、これまで以上に、大変なことになっております(汗)。
休みに入ってからは、家の掃除もせず(大汗)、つるバラの誘引に掛っきりになっています。
元日、2日は、さすがに作業はできませんでしたが、昨日1月3日からは、またつるバラの誘引作業を再開しました。
なので、日中の作業で疲れ果ててしまって、作業の写真は撮るものの、それを整理してブログを更新するという気力がありませんでした(汗)。
ほんとは、2014年の総括もまとめたかったし、誘引作業の記事も書きたかったのですが、まだ書けていません。
近いうちにアップできればと思っています。

さて、2015年の最初の記事はこちらから。

DSC_1371-L_convert_20150104064013.jpg

これは、一昨日、1月2日の朝、2階のバルコニーからの景色です。
元日の夕方から降り始めた雪が積もって、一面の銀世界です。
奈良では、毎年2月頃に少し雪が積もることはあっても、元日に雪が積もることはここしばらくなかったと思います。
高台にある我が家からは、眼下に広がる町が見渡せるのですが、凛と張りつめた空気感が感じられる朝でした。


DSC_1374-L_convert_20150104064100.jpg

こちらは、我が家の中庭。
雪が積もったといっても、3センチくらいだったでしょうか?
中庭に置いたテラコッタ鉢やウッドデッキテラスに雪が残っている程度です。


DSC_1385-L_convert_20150104064157.jpg

玄関先に置いている伊賀焼の水盤。
写真では分かりにくいですが、水は凍り付き、縁には雪が積もっています。


DSC_1372-L_convert_20150104064034.jpg

中庭のテラコッタ鉢には、まだ雪が残っていました。
このテラコッタ鉢には、チューリップや水仙など、春咲きの球根を植えています。


DSC_1373-L_convert_20150104064046.jpg

こちらは、中庭のウッドデッキテラスに並べた、鉢植えのバラたち。
誘引作業の邪魔になるので、鉢バラはここに避難させていました。
鉢バラも雪で真っ白です。


DSC_1375-L_convert_20150104064115.jpg

こちらは、前庭のロックガーデン。
宿根草のアジュガが植わっているロックガーデンも真っ白。
その上の小壁には、つるバラのモーツアルトとアンリ・マルタンを誘引しています。
この小壁は、誘引完了しています。


DSC_1380-L_convert_20150104064143.jpg

こちらは、玄関アプローチ脇の小壁部分です。
つるバラのアンジェラを誘引しています。
こちらも昨年末に誘引完了しました。


DSC_1379-L_convert_20150104064128.jpg

誘引したアンジェラのアップです。
枝にも雪が積もっていますね。

そんなことで、今年もマイペースになりますが、ブログを書いていこうと思います。
本年もどうかよろしくお願いいたします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/01/04(日) 07:08:29|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (215)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2598)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (15)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (258)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (81)
ダリア (20)
牡丹 (10)
芍薬 (49)
チューリップ (163)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (260)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (3)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (25)
宿根草・多年草 (533)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (30)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (10)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (11)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (16)
水仙 (32)
スズラン (7)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (18)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (138)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (52)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (9)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (92)
サボテン類 (23)
ハオルチア類 (14)
メセン類 (16)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (210)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (35)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR