Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

レッド・ダイアモンドといつも思ってしまうバラ、レッド・キャスケード

こちらは、前庭の白い外壁面に誘引しているつるバラ、レッド・キャスケード。

DSC_1405-L_convert_20140724073442.jpg

この壁面には、一緒に赤いキングローズも誘引しているのですが、春に咲いた時は、派手なキングローズにばかり目が行ってました。
このレッド・キャスケードの写真も撮ってなかったんじゃないかと思うほどです(汗)。
そのキングローズも、一季咲きなので今は葉っぱしかありませんが、このレッド・キャスケードは返り咲き性なので、
これからは目立ちますよ〜、きっと。

ほんと小さな花ですが、アップで撮るととても美しい花形をしています。
小さくてダイヤモンドやルビーのようです。
ミニバラのようですが、つるで大きくなります。
今では2mは越えているでしょうか?
白い壁面に深紅のバラ、よく目立ちます。
これから秋に向けて、活躍が期待できます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2014/07/24(木) 09:49:17|
  2. レッド・キャスケード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レオナルド・ダ・ヴィンチもよく咲くバラです。

こちらも、前庭で鉢植えで育てているバラレオナルド・ダ・ヴィンチ。
丈夫でよく咲く、素晴らしい品種です。

DSC_1392-L_convert_20140724073412.jpg

二番花か三番花か、もうよく憶えていませんが、今はこんな感じで咲いています。
花数はさすがに一番花に比べたら減りましたが、花色は相変わらず美しいままですね。


DSC_1394-L_convert_20140724073425.jpg

枝先でもこんな風に咲いてます。
シュートもよく伸びるし、ほんといいバラです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:43:44|
  2. レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こちらも夏バテ? レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラ、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ。

DSC_1393-L_convert_20140724073458.jpg

四国の相原バラ園さんで購入した株ですが、とても大きく成長した苗を送って下さって、この春から咲きまくりの素晴らしいバラです。
ほんと病気にもかからないし、丈夫な品種ですね。
でもさすがに、この暑い時期、咲いた花もすぐにこんな風になってしまいます。
さすがに夏バテですかね〜?
もう蕾がついても摘蕾し、秋まで体力温存させようと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:40:19|
  2. レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑い夏はコレ、紫色のクレマチス、籠口

こちらは、前庭の玄関アプローチ、つるバラのアンジェラやつるアイスバーグを誘引している壁面に一緒に這わせているクレマチス、籠口。

DSC_1400-L_convert_20140724073537.jpg

緑の葉っぱの中に鮮やかな紫色のベル形の花がとても印象的です。
可愛らしい。
花の付け根なんか、どことなくピーマンかししとうのよう(笑)。


DSC_1401-L_convert_20140724073557.jpg

横からのアングルではこんな感じ。
華奢な枝先にひっそりと咲く感じがどことなくはかな気でいいですね。
うちでは、朝顔は育てていませんが、どことなく紫色の朝顔と雰囲気が通じる感じがします。
納涼の花ですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:34:41|
  2. 籠口
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初お目見えのクレマチス、ダッチェス・オブ・アルバーニー

こちらは、初めて花が咲いたのを見ました。
クレマチスのダッチェス・オブ・アルバーニー。

DSC_1402-L_convert_20140724073338.jpg

前庭の白い壁面に、つるバラのキングローズ、レッド・キャスケードなどと一緒に誘引しています。
この壁面は、赤い花が咲くものばかり集めていますが、一季咲きのキングローズはとうに花も終わり、
返り咲きのバラ、レッド・キャスケードも今はちらほらと咲いている程度です。
その中で、このクレマチスが、ほんのちょろっと咲きました。
こんな風に咲くんだ〜、といった感じです(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:30:19|
  2. ダッチ・オブ・アルバーニー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ本来の咲き方ではないかな、花冠

こちらは、大きなテラコッタ鉢で育てているバラ、花冠。
宝塚の育種園・確実園さん作出の修景バラです。

DSC_1390-L_convert_20140724073614.jpg

昨年はとても良く咲いてくれていましたが、今年は一番花から不調な感じ。
あまり綺麗に咲いてくれませんね〜(汗)。
ようやくピンクのフリルのような花を咲かせてくれましたが、それでも花に勢いがありませんね。
夏だから仕方ないかな?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:26:19|
  2. 花冠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと夏バテ?、ヴァンテロ

こちらも鉢植えで育てているバラ、ヴァンテロ。
フランスギヨー社のバラで、コンパクトに咲く赤いバラです。

DSC_1396-L_convert_20140724073258.jpg

とても良く返り咲く品種だと思いますが、今のこの暑い時期はさすがにこんな感じで咲いてました。
ちょっとお疲れモード、夏バテかな?
すぐに花をカットしました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:23:31|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと傷んでいるけど、やっぱり存在感があるバラ、ローズ・ポンパドゥール

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラ、ローズ・ポンパドゥール。
鉢植えですが、中庭の小壁に誘引しています。

DSC_1391-L_convert_20140724073517.jpg

ちょうど土のない場所なので、鉢植えのまま誘引せざるを得ないのですが、その関係で、鉢植えなのに移動することができず、
梅雨の期間は雨に打たれて、せっかく咲いた花も傷み勝ちです。
挿し木苗で育てていますが、丈夫に育って、よく咲く、ほんと優秀なバラですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:21:01|
  2. ローズ・ポンパドゥール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERジュード・ジ・オブスキュアもひっそりと一輪咲いていました。

こちらも、中庭から前庭に一時避難させているイングリッシュローズ、ジュード・ジ・オブスキュア。
気付かないうちに、ひっそりと一輪花を咲かせていました。

DSC_1398-L_convert_20140724073318.jpg

ジュードさんらしい、色合いです。
この暑い時期に花を咲かせると負担も大きいと思って、すぐにカットしました。
また秋に、素敵な香りを漂わせて欲しいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:17:39|
  2. ジュード・ジ・オブスキュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミッドナイトブルーが、綺麗に咲きました。

ここ数週間、自宅のリフォーム工事の関係で、我が家の庭は大混乱になっています(汗)。
工事のしやすいように、中庭の鉢バラを移動させて、庭のあちこちに仮置きしていますので、
ちゃんとした管理が出来ていません。
その上、連日の暑さで、バラも参っていると思いますが、人間の方が参ってしまっていて(汗)、水やりをするので精一杯です。

そんな中、ちらほらとバラが咲いていました。
写真は先週末の土曜日、7月19日のものです。

DSC_1395-L_convert_20140724073355.jpg

こちらは、鉢植えで育てているバラ、ミッドナイト・ブルー。
紫色の花弁とオレンジ色のシベのコントラストが美しいバラです。
この暑い最中、結構きれいに咲いてくれていました。
なんだか嬉しいですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:14:33|
  2. ミッドナイト・ブルー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1階中庭の見える母の部屋のリフォーム工事の現状

先日来、このブログでも載せている我が家のリフォーム工事ですが、いろんな段取りの関係で、今小休止状態です(汗)。
大工さんの関わる工事、サッシ取り付けの納まり処理、フローリング張り替え工事、建具枠取り付け工事などは完了しました。
明日から来週にかけて、建具の取り付け工事、塗装工事、クロス張り替え工事、照明器具取り付け工事などが始まる予定です。

DSC_1380-L_convert_20140724082404.jpg

現状は、こんな感じです。
一見すると、ほとんど変わりはないように見えますが、養生された床はフローリングが、無垢のオーク材(ナラ材)に張り変わりました。
中庭を見渡す全開口サッシ部分の下がり天井にも、突き板を貼ってもらいました。
2階の梁がある関係で、どうしても一部天井が下がってしまうため、その部分を突き板を貼って化粧しています。
まだ塗装されていませんので、仕上がるともっといい感じに見えると思います。


DSC_1381-L_convert_20140724082421.jpg

少し斜めから見たアングルです。
やはり、中庭への視界の抜けは格段に良くなりました。
この全開口サッシの前に横たわっているのが、誘引を解いた黄モッコウバラです。
この大きな株をここに誘引すると、せっかくの開口部の大部分を塞いでしまうことになるので、
止むなく植える場所を変えようと考え中です。
ちなみに、全開口サッシに90度で接する壁面(画面中央)の裏表両側に、白いモザイクタイルを貼る予定にしています。
そのタイル張り工事は、タイル屋さんにお願いせずに、DIYでやってみようと思っています。
タイルの施工をするのは初めてですので、うまくできるた多少不安ですが、頑張ります!(笑)


DSC_1384-L_convert_20140724082436.jpg

こちらは、中庭とは反対側の壁面。
以前から収納があった場所ですが、以前は折戸でしたが、それを引戸に変えてるために、枠ごとやり変えになりました。
大工さんが綺麗に納めてくれました。
ここに、既製品ではなく、突き板張りの3枚の引戸を建具屋さんに製作してもらっています。
明日、設置してくれるそうです。
どんな風になっているのか、楽しみです。
面積が大きいだけに、ここの仕上がりが大きくこの部屋の印象に影響すると思います。
いよいよ仕上げ工事に移行し、佳境になってきました!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/24(木) 09:08:23|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガーデナーズ・ジャパン主催、ガーデナーズ フォトコンテスト2014に入賞しました!

毎日暑い日が続きますね。
関西地方でも、昨日7月22日にようやく梅雨明けが宣言されました。

そんな暑さも手伝ってか、またしばらくこのブログの更新が滞っています(汗)。
自宅のリフォーム工事も山場は過ぎたとはいえ、まだ少し仕上げ関係の工事も残っていますし、
仕事の方も何かとバタバタしておりまして、なかなか庭の写真も撮れていません。

そんな状況ですが、少し良い知らせがありましたので、ここで少し報告させていただきますね。

和歌山県の海南市というところにあるガーデンショップ、「ガーデナーズジャパン」さんが主催されている、
『ガーデナーズ フォトコンテスト2014』に応募しましたところ、運良く入賞することができました。

入賞のお知らせは、もうずいぶん前に事務局からいただいていたんですが、本日、ようやくサイトの方で結果発表されましたので、
このブログにも載せてもいいかな〜と思います。

   ※ ガーデナーズジャパン 『ガーデナーズ フォトコンテスト2014』の結果発表は、こちら → 受賞者発表!

このコンテストでは、3点まで写真を応募しても良いということでしたので、今年の春のバラの写真を3点応募しました。
そのうちの1点、中庭に面した窓辺に誘引した、以下の黄モッコウバラの写真が、『プロカメラマン賞』受賞することができました。

DSC_1868-L_convert_20140501100810.jpg

堀田賢治さんというプロのカメラマンさんが選んで下さったようです。
「最優秀賞」、「店長特別賞」に次ぐ、3番目の賞みたいですが、プロのカメラマンさんが選んで下さったということが、
何よりも嬉しいです(笑)。

この写真を応募するにあたって、説明書きには以下のように書きました。
「母が育てていた黄モッコウバラを引き継いで育てています。昨年初めて窓の四方に誘引してみました。
この春咲いた時は、まるで黄色い滝のような見事な景色で窓辺を彩ってくれました。」

今の家を17年前に新築した時に、同居の母が何気なく植えたバラだと思います。
その後、ほとんど大した手入れもすることなく育てられていましたが、一昨年、ボクがバラに目覚めてから、
その管理を引き継ぎ、剪定や誘引をセオリー通りしたところ、今年はこんなに美しく咲いてくれました。
その成果を写真に収めて、コンテストという形で評価してもらえたことは、本当にありがたいことだと思っています。

プロカメラマンの堀田賢治さんのコメントには、
「いつ頃、どんな場所で、どんな花が、どんな風に咲いている、という写真の持つ説明的な表現だけでなく、
窓が写っている影響からか、何となく物語を感じます。
コメントの、母が育てていた・・・という解説も花が家族をつないでいる実感が持て、良いと思いました。」
と記載されていました。
本当に嬉しい評価をいただきました。
ありがとうございました。


実は、この黄モッコウバラの風景、今年で見納めになりそうです(汗)。
というのも、今実施している1階の母の部屋のリフォーム工事で、この黄モッコウバラを誘引していた窓を
腰窓から、足元から天井までの大開口に変えましたので、それに伴って、黄モッコウバラを植える位置を変えようかと考えているところです。
せっかく中庭を見渡せる大開口を、大きく育った黄モッコウバラの枝で隠すのは、もったいないと思い始めているのです。
まだ、どこに移すかは決めていないのですが、少なくとも今の位置からは変えることになりそうです。
なので、この写真のような光景はもう見れないです・・・、残念ですが。
そういう意味でも、今年ちゃんと写真を撮っておいて良かったです。
良い思い出になりました。

今回の受賞にあたって、副賞として「フレスコ リクライニングチェア」をいただきました。
アルミ製のしっかりとしたデッキチェアです。
他の賞のどの賞品より、これが一番良かったのですが、うちにはすでに2つもデッキチェアがあって(汗)、
デッキチェアだらけになってしまいました(笑)。
この副賞のデッキチェアの写真は、まだ撮っていませんが、また写真撮ったら、このブログに載せますね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/23(水) 13:45:02|
  2. 写真コンテスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

中庭に面した母の部屋のリフォーム工事、全面サッシが取り付けられました!

ここ数日、ガーデン&バラブログから、リフォームブログへと変わってきておりますが(汗)、
昨日は、今回のリフォーム工事の山場、中庭に面した壁面に全開口サッシが取り付けられました!

DSC_1366-L_convert_20140716075344.jpg

いきなりですが、その全開口サッシが取り付いた直後の様子です。
床から天井まで大きなガラスの開口部が出来ました。
中庭のシンボルツリー、コハウチワカエデが、株元から枝先まで、ほぼ全部が見えています。
一枚のガラスにすると、強度的にもリスクがあるし、コスト的にも多く掛かってしまうので、今回は縦に3つ割のサッシを採用しました。
本当は、通風などを確保するために、開く窓の方がより機能的ですが、他にも通風窓はあるので、ここでは敢えてFIX窓とし、
網戸等がつかない、クリアな開口部を優先しました。


DSC_1341-L_convert_20140716074812.jpg

こちらは、昨日の朝、サッシ取り付け工事が始まる前の状況。
サッシが取り付く場所は、完全に穴があいていますので、用心のため、
前日の工事終了後、ベニヤ板で仮設的に塞いでもらっています。


DSC_1346-L_convert_20140716074911.jpg

朝一で、サッシが運ばれてきまして、取り付け部分に設置されました。
どんな見え方をするのか、固定する前に、3つ割の中央の部分だけガラスを嵌めてもらいました。
両サイドは、ガラスのない状態、いわゆるヌケヌケの状態ですが、ガラスの有無に関係なく、
外が良く見えるようになりました。
ちなみに、写真に写っているのはボクではありません(汗)。
今回お世話になっている工務店の社長さん(右側)と大工さんです。


DSC_1355-L_convert_20140716074941.jpg

全開口サッシが取り付いた状態を中庭側から見たところ。
ほぼ壁一面がガラスになりました。
仮留めしている写真手前の黄モッコウバラも、酷暑の中、少し弱り気味ですが(汗)、何とか頑張ってくれています。


DSC_1360-L_convert_20140716075008.jpg

中から見たところ。
サッシ屋さんが、両サイドのガラスを入れてくれています。
ペアガラスで一枚、20キロくらいの重さがあると言ってました。


DSC_1365-L_convert_20140716075311.jpg

部屋の中から中庭やサンルーム方向を見たところ。
ほんとに良く見えるようになりました。
部屋の中ほどにあった柱部分には筋交いを入れ、構造用合板を張ってもらい、耐震性も高めました。
写真右側の小窓は、前庭に面した窓なんですが、こちらから差し込む光が天井につるバラの影を映し出していますね。
なかなかキレイな光景です。


DSC_1368-L_convert_20140716075421.jpg

部屋の中から、中庭を真正面に見たアングル。
本当は、全開口サッシの縦桟は、もう少し細くしたかったのですが、これまたサッシメーカーさんの規定というか、
強度を確保するために、これだけの太さの縦桟が必要ということで、止むなくこうなりました。


DSC_1372-L_convert_20140716075537.jpg

外(中庭)から見た全開口サッシ。
壁一面がガラス窓という状態になりました。
手前の黄モッコウバラ、これをどうするか、新たな問題が・・・・(汗)。
せっかく大きな開口部を作ったのに、つるバラで、その大部分を塞いでしまうのはもったいない気がします。


DSC_1374-L_convert_20140716075642.jpg

中庭の別のアングルから。
1階のははの部屋と中庭の一体感がより高まったように思います。
中庭との物理的な距離はもちろん変わっていないのですが、心理的な距離感はかなり近くなったような気がします。


DSC_1373-L_convert_20140716075604.jpg

同じような写真ですが、もう一枚。
取り付けたサッシ回りは、左官工事で補修します。
もともと、この壁面を使って、黄モッコウバラの古株を窓回りに誘引していたのですが、
壁がほとんどなくなってしまったので、サッシ回りに誘引すると、かなり開口部を覆い隠すようになってしまいます。
とはいえ、この大きな古株の黄モッコウバラを移設するといっても、そもそも、もうほとんどつるバラを植え込む場所がないのに、
どうしたものか・・・・・、悩ましいです(汗)。

リフォーム工事の方は、サッシが取り付き、山場は越えましたが、次からは内装工事が本格化します。
内装工事にも結構なこだわりがあって、そちらも気が抜けません。
あと、1週間~10日ほど工期がかかりそうですが、あと少し、頑張っていきますね。
(といっても、工事をされているのは、大工さんですが・・・;汗)
最後の方には、施主本人(ボクのことですが:笑)が自ら行う、DIY工事が残っています。
そちらは、頑張ります!(笑)



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/16(水) 10:21:29|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

中庭に面した母の部屋のリフォーム工事4日目

中庭に面した1階の母の部屋のリフォーム工事が始まって4日めです。

DSC_0821-L_convert_20140713181809.jpg

もともとあった腰から上の高さの窓がなくなって、その窓があった壁面全てをぶち抜きました。
緑の中庭に向けて大きな開口部ができました!


DSC_0827-L_convert_20140713181858.jpg

部屋の中から中庭方向を見たところです。
写真、ちょっとピンぼけでお恥ずかしいです(汗)。
大工さんが、開口部周りの仕舞をしてくれています。
高さ約2.4m、幅も同じくらいありますが、それだけの大きな開口部ができると、部屋からの景色は一変しますね。
高さ4mほどある、中庭のシンボルツリー・コハウチワカエデが株元から枝先まで、ほぼ全部がちょうど視界に入る大きさです。


DSC_0817-L_convert_20140713181658.jpg

内部では電気屋さんが、配線工事を同時並行で進めてくれています。
結構大掛かりな照明計画の変更なので、配線も大変そう。
天井に細かく穴をあけて、結線してくれています。
開口部だけでなく、内装、照明と大きく部屋のデザインが変わる予定です。


DSC_0823-L_convert_20140713181832.jpg

再度、中庭の様子です。
束ねられた黄モッコウバラが横たわっています。
早くもとに戻してあげないと可哀想かな?
でも、工事はまだ2週間ほどかかりそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 16:11:44|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中庭に面した母の部屋のリフォーム工事2日目

こちらは、中庭に面した1階の母の部屋のリフォーム工事2日目の朝の様子です。

DSC_0769-L_convert_20140714070936.jpg

昨日の工事着手初日に、今回のメインとなる中庭に面した開口部の周りのはつり工事が始まりました。
こんな感じになってます。


DSC_0780-L_convert_20140714071001.jpg

少し横からのアングルです。
床に養生をしてもらい、壁や床材の撤去から始まります。
写真中央の壁面は、以前、両親がリフォームした際に、壁をぶち抜いて通れるように改造しているのですが、
もともと筋交いがあった耐力壁なので、このままでは構造的に不安なので、
元通りに筋交いをダブルで(クロスして)入れて、なおかつ構造用合板で壁を挟み込むように補強する予定です。
天井も今は、普通の円形蛍光灯照明がついていますが、これも天井埋め込み型のLEDダウンライトに変更します。


DSC_0792-L_convert_20140714071126.jpg

2日目のこの日、大工さんの他に工務店の方も現場に来て下さいました。
中庭に面した開口部(腰窓)の下の壁をぶち抜くと、中庭の緑が見えてきました。
この正面の壁面全部が、ガラスの開口部になる予定です。
ちょうど中庭のシンボルツリーのコハウチワカエデが、足元から枝先まで全てが、開口部の正面に見えるようになります。
なかなか良さげです(笑)。


DSC_0801-L_convert_20140714071146.jpg

中庭側から見たところ。
外壁のハツリ工事で、壁を壊した残骸が、黄モッコウバラの足元に散らばっています(汗)。
モッコウバラを傷めないように、配慮してもらいながらの工事になっています。


DSC_0803-L_convert_20140714071327.jpg

反対側からのアングルです。
この中庭に面した開口部(窓)が大きくなると、かなり迫力ありますね。
庭と部屋の距離が近くなったような錯覚を憶えます。


DSC_0802-L_convert_20140714071208.jpg

暑いので扇風機が回っています。
黄モッコウバラも過酷な状況の中、頑張っています。


DSC_0809-L_convert_20140714071411.jpg

さらに解体は進んで、腰上の窓サッシも取り外されました。
より中庭の景色が鮮明に見えるようになりました。
まだ、床から1mくらいの高さにある横材は残っていますが、これも撤去されます。


DSC_0815-L_convert_20140714071436.jpg

横架材もすべて取り外されました。
中庭に面してバカでかい開口部が出現しました!
サッシをつけると、ここから高さ幅とも多少狭くなりますが、ほぼこの大きさの開口部が
確保できます。
この状態で、中から外(中庭)を見たら、インパクトあるでしょうね(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 16:01:00|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭に面した母の部屋のリフォーム工事直前

我が家の1階、中庭に面した母の部屋のリフォーム工事が、いよいよこの日、始まりました。
7月7日(月)のことです。

バラ&ガーデンブログというこのブログからいうと、少し違うジャンルの内容になるかもしれませんが、
記録の意味も込めて、リフォーム工事のビフォー・アフターを書き留めておこうと思います。

DSC_4889-L_convert_20140507061026.jpg

こちらが、リフォーム工事前、と言いますか、2ヶ月ほど前の今年5月6日の写真で、窓辺に誘引した黄モッコウバラが最盛期の頃です。
窓上に誘引した黄モッコウバラが枝垂れて、部屋の中からもその黄色い花が見えています。
なかなか趣きのある光景が広がっていました。
その奥には、中庭のシンボルツリー、コハウチワカエデの新緑が見えています。
ただ、見えているのは、腰から上だけですが・・・。


DSC_0735-L_convert_20140713131813.jpg

こちらが、リフォーム工事着手当日、7月7日の朝の様子です。
母の部屋の荷物は別の部屋に移し、がらんとしています。
写真からも分かるように、ヘビースモーカーだった父の煙草のヤニが部屋中のクロスにこびりついて黄色く変色しています。
中庭に面した開口部は、腰壁で腰から下はカウンターのようになっています。
この部分をぶち抜きます(笑)。
露出を部屋の中の明るさに合わせているので、窓ガラスの奥に見える中庭の景色は白く飛んでしまっています。


DSC_0740-L_convert_20140713131828.jpg

こちらが、別のアングルからの部屋の中の写真。
写真左側の腰窓が、今回大きくする部分の開口部です。
ちょうど、その窓の手前1.5m部分の床の色が微妙に違っているのが分かると思いますが、
この部分は、両親が勝手に増築した部分で、アメリカンチェリーのフローリングを貼っている部分だけが、元々の部屋の形なんです。
16年前にこの二世帯住宅を新築したあと、ボクが東京の会社に転職している間の3年間に改造されて、
へんてこになってしまってました(汗)。


DSC_0717-L_convert_20140713131740.jpg

こちらが、この部屋の出入口ドア側から見た全景です。
写真左側に、中庭があります。
今回のリフォームでは、クロスの張り替え、開口部サッシュの交換の他にも、色違いとなっているフローリングを張り替え、
右側のクロゼットドアも引き戸タイプに変更、照明計画も前面見直しなど、たった一部屋のリフォームですが、
根本的にやり変えます。


DSC_0724-L_convert_20140713131756.jpg

反対サイドから見た、この部屋の全景です。
写真右側が中庭に面した開口部です。
リフォームのコンセプトは、『バラの中庭を見渡す部屋』といった感じでしょうか?(笑)
母の部屋ですが、ボクの好みで丸ごと一変させます。


DSC_0758-L_convert_20140713131847.jpg

中庭側から見たところ。
左側の玄関扉が開いていますが、その正面に見えているのが、建物北側の庭、坪庭です。
先日、誘引を解いた黄モッコウバラの枝を束ねてくくっています。
自らの重みで枝を傷めないように、脚立に立てかけています。


DSC_0768-L_convert_20140713131942.jpg

リフォーム工事前の中庭。
中庭にところ狭しと並べていた鉢植えのバラは、前庭やウッドデッキテラスに移動させ、
工事がしやすいようにスペースを確保しました。


DSC_0762-L_convert_20140713131921.jpg

反対側から見たところ。
工事が始まると、どんな風になるでしょう?(汗)
外壁も一部ハツルので、結構大掛かりな工事になります。
黄モッコウバラは無事、帰還できるかな?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 15:37:07|
  2. リフォーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭に面した母の部屋のリフォームのため、窓辺に誘引した黄モッコウバラの誘引を解く

少し前からこのブログでも書いていたかと思いますが、我が家の1階、中庭に面した母の部屋(うちは二世帯住宅なので)を
このたびリフォームすることになりました。
というのも、昨年11月に同居していた父が急逝し、この部屋を使うのは母だけになったのですが、
如何せん、生前の父はヘビースモーカーでして、部屋中のクロスが煙草のヤニで真っ黄色になっていました。
そんなこともあって、母が常時いるこの部屋の快適性を確保するために、当初はクロスだけを張り替えるつもりにしていたのですが、
いろいろ考えるうちに、いっそのこと、中庭に面した腰窓を床から天井までの大開口に変更して、
より庭のバラや緑が見えるようにしてはどうかと思いつき、母に提案してみたら、是非そうしたいということで、兼ねてより計画していました。
本当は、バラが咲く前の2月か3月頃にやってしまいたかったんですが、ちょうどその頃、消費税が5%から8%に上がるタイミングで、
どの工事業者さんも駆け込み需要でお忙しく、スケジュールが合わなかったため、延期になっていました。
窓辺に誘引した黄モッコウバラが終わり、バラのシーズンが一段落したタイミングでやりましょうということで、
ようやく7月に入って、工事着工が決まりました。

DSC_9989-L_convert_20140710155453.jpg

こちらが、工事着工前の中庭の様子です。
写真正面の窓辺に黄モッコウバラを誘引している部分が当該箇所です。
この腰窓を今回の工事で、床から天井までの大開口を開ける部分です。

実は、我が家は小高い丘の上に建っていて、2階からは、奈良盆地を見渡せる結構な眺望が広がっています。
そんなこともあり、リビング・ダイニング・キッチンは2階にあります。
逆に1階には、母の部屋、子供の部屋、和室、浴室などの水回りがあるんですが、
せっかく中庭をバラの庭に変えたのに、この中庭に面した部屋が和室しかないという状況でした。
今回、中庭に面した母の部屋を、より中庭と一体感のある部屋にリフォームするということにしました。
リフォームのビフォー・アフターは、またおいおい、このブログに載せるとして、まずは工事に先だって、
工事が出来るように、この窓周りに誘引した黄モッコウバラの誘引を解かなければならなくなりました。


DSC_1647-L_convert_20140429073450.jpg

ちなみに、この母の部屋の窓周りに誘引していた黄モッコウバラの今年の最盛期の写真がこちら。
4月26日の時のものです。
昨年は、窓下だけで咲かせていたのですが、昨年冬に、窓の上部と左右にも誘引し、それがうまくいって、
写真のような形で綺麗に咲き揃ってくれました。


DSC_1868-L_convert_20140501100810.jpg

窓周りに咲く黄モッコウバラを下から見上げるように撮った写真がこちらです。
まるで黄色い滝が流れ落ちて来るような、豪快な景色を創ってくれました。
結構、想い通りに仕上がって、満足でした(笑)。


DSC_0011-L_convert_20140710155150.jpg

それから2ヶ月、今はこんな感じになってます。
花はとっくに終わって、一季咲きのバラだけあって、新しいシュートをどんどん伸ばしています。
2階の窓にも届くほど、暴れていますね。
誘引を解く作業のために、手前に置いていた鉢植えのバラやその他の植物の鉢をどかしました。
この黄モッコウバラ、この家を新築した16年ほど前から、母がこの場所に植えて育てていた古株です。


DSC_0016-L_convert_20140710155205.jpg

下から見上げるアングルで撮ってみました。
窓の上に水平に誘引している枝から、新しいシュートがどんどん出現しています。
暴れて手がつけられないくらいです。


DSC_0017-L_convert_20140710155222.jpg

小庇の雨樋に、竹の棒を紐で縛って水平に誘引のベースを作って、それにモッコウバラを誘引して
いるのですが、茂りすぎてもう分からないですね(汗)。
壁との取り合い部分は、どんな風にシュートが伸びているのか、下から見上げているだけでは
分からないです。
エライことになってます(汗)。


DSC_0024-L_convert_20140710155259.jpg

窓周りに誘引していたシュートの誘引を解きました。
雨樋部分には、隙間を通ってシュートが伸びていたので、その部分は引き抜けなくて、
そのままカットせざるを得ませんでした。
いいシュートが伸びていたのに、残念です。


DSC_0023-L_convert_20140710155242.jpg

反対側からのアングルで撮ってみました。
旺盛に伸びたシュートはかなりのボリュームで、支えるために脚立を立てました。


DSC_0028-L_convert_20140710155317.jpg

脚立から外して、床に広げてみるとこんな感じ。
手前側と奥側と2方向に分けて広げてみました。
相当大きな株に成長していました。


DSC_0030-L_convert_20140710155338.jpg

反対側からのアングルです。
株元を傷めないようにしながら、古枝の整理等を行いました。


DSC_0032-L_convert_20140710155354.jpg

かなり剪定して、ひとまわり小さくなった黄モッコウバラの株。
それでもまだ、こんなに大きいです。


DSC_0035-L_convert_20140710155416.jpg

このあと、壁のサッシュを外す(解体する)ので、作業をしやすいように、
枝を束ねてくくっておきました。
それにしても、黄モッコウバラ、トゲのないバラで良かった。
これでドロシー・パーキンスのようにトゲトゲだったら、工事の方も大変だと思います。
さぁ、これで準備万端。
リフォーム工事に着手できます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 14:22:00|
  2. モッコウバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は調子が悪い、花冠

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラ、花冠。
宝塚の育種園・確実園さん作出のバラです。

DSC_0003-L_convert_20140707201418.jpg

今年はども調子が悪く、あまり綺麗に花を咲かせてくれません。
蕾はいっぱい上がって来るのですが、どうしたものでしょう?
いつになったら、本来の美しい姿をみせてくれるかな?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:32:38|
  2. 花冠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERアブラハム・ダービーは相変わらずの美しさ

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラ、ERアブラハム・ダービー。

DSC_9998-L_convert_20140707200948.jpg

きっともう三番花くらいでしょうか?
よく咲くバラです。
三番花でもこんなにも美しい色合いで咲いてくれます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:28:40|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲き進んだERムンステッド・ウッド

こちらは、前庭の大きなテラコッタ鉢で育てているバラ、ERムンステッド・ウッド。

DSC_0009-L_convert_20140707201225.jpg

暑いせいか、咲いてもすぐに咲き進んで傷んでしまいます。
美人さんで咲いても、あっという間にこんな感じになってます(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:26:33|
  2. ムンステッド・ウッド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲き進んだHTマヌウ・メイアン

こちらは、中庭で鉢植えで育てているバラ、HTマヌウ・メイアン。

DSC_9995-L_convert_20140707201133.jpg

二番花が咲いて、少し咲き進んだ状態。
少し妖艶な感じになってきました。
暑い時期ということもあって、心なしか亜熱帯の植物の花のようにも見えてきます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:23:50|
  2. マヌウ・メイアン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まっかっかの花、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ

こちらは、前庭で鉢植えで育てているバラ、レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ。
二番花です。

DSC_0004-L_convert_20140707201350.jpg

ほんと真っ赤っか。
赤が際立っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:18:40|
  2. レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもと全く違う咲き方、ヴァンテロ

こちらは、中庭で鉢植えで育てているフランス・ギヨー社のバラ、ヴァンテロ。

DSC_9999-L_convert_20140707201041.jpg

いつもはもっとしっとり咲くのに、今回は結構、派手な感じで咲いています。
まるで別のバラみたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:15:33|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酔ったように赤く染まるミニバラ

こちらは、中庭で鉢植えで育てているミニバラ。
品種名はよく分からないです(汗)。

DSC_0002-L_convert_20140707201158.jpg

二番花か三番花か、よく分からないけれど、また花が咲きました。
いつもよりピンクが濃い花色です。
お酒を飲んで酔っぱらったみたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:12:45|
  2. ミニバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイヤモンドの原石の様な花、シモツケ

こちらは、前庭の高木・アオダモの足元に植えているシモツケという低木の花です。

DSC_0007-L_convert_20140707201106.jpg

もともと花を観賞するというより、緑の葉を楽しむような植物だと思いますが、今ちょうど白い花が咲いています。
ダイヤモンドの原石のような、透明感ある小さな粒々の花です。
シモツケには、この白い花の咲くのと、ピンク色の花とあるようですが、うちのは白いものだけです。
本当はピンクの方が良かったんだけど・・・。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:09:48|
  2. シモツケ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス・アラベラの紫色の花

こちらは、前庭のシンボルツリーのエゴノキの足元に鉢植えで育てているクレマチス・アラベラ。

DSC_0006-L_convert_20140707201010.jpg

このクレマチスも良く咲いてくれる品種です。
紫色の花が、この暑い時期、涼し気な雰囲気を醸し出してくれています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:05:45|
  2. アラベラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こちらも薄紫色の花、アガパンサス

ひとつ前の記事で書いたギボウシの花によく似た感じで咲いている花、アガパンサスの花です。

DSC_0008-L_convert_20140707200857.jpg

この時期、紫陽花とともに、庭で一番目立っている花です。
この薄紫色の花がとても涼し気でいいですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 13:02:51|
  2. アガパンサス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淡い紫色の美しい花、斑入りギボウシ

こちら、中庭のシェードガーデンゾーンと称している部分に植えている斑入りのギボウシ。
この時期、庭のあちこちに植えているギボウシの花が咲いていますが、特にこの斑入りの
ギボウシの花は美しいです。

DSC_9958-L_convert_20140704153942.jpg

他のギボウシは、結構、花茎を長く伸ばし、その先に花を咲かせますが、
この斑入りのギボウシは、花茎が短く、葉に近いところで咲くので気に入ってます。


DSC_9984-L_convert_20140704154031.jpg

横から見たところ。
鈴なりにたくさんの花が咲いています。


DSC_9957-L_convert_20140704153926.jpg

上からの見下ろしのアングルです。
斑入りの葉とのコントラストがとてもいい感じです。


DSC_9959-L_convert_20140704153958.jpg

朝方の雨に、花が塗れています。
濡れそぼった花もなかなか風情があっていいですね。


DSC_9985-L_convert_20140704154046.jpg

花のアップです。
薄い紫色が清々しいです。
ラッパ形の花形もいいですね。


DSC_9960-L_convert_20140704154014.jpg

清楚で上品な佇まい。
本来は、花より葉を鑑賞する植物だと思いますが、この花なら十分鑑賞に耐えられますね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 08:53:38|
  2. ギボウシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

淡いピンクの紫陽花

6月から7月にかけては、やっぱり紫陽花が綺麗ですね。

DSC_9982-L_convert_20140704154924.jpg

こちらは、前庭の玄関アプローチで咲く、ピンクの紫陽花です。
淡いピンク色に染まった花がとても可愛らしい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 08:41:32|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何で今頃咲くの? アッツ桜

こちらは、小さな鉢植えで育てている宿根草のアッツ桜。
7月に入ったこんな時期にちょろっとだけ咲いてました。

DSC_9970-L_convert_20140704153807.jpg

5月くらいに鮮明なピンク色で咲く花が何で今頃咲くんだろう?って感じです(笑)。
返り咲き?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/07/15(火) 08:39:37|
  2. アッツ桜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2015年 個人部門 花のまちづくり若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
フォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
各月毎の庭の様子 (229)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (24)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (3)
バラ (2709)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (83)
杏 (0)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (62)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (98)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (0)
薫乃 (0)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (31)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (1)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (5)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
シャーロット・オースチン (1)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (41)
シャリファ・アスマ (0)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
シャンテ・ロゼ・ミサト (0)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (52)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
スワン (0)
セリーヌ・フォレスティエ (1)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
たまき (0)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (5)
ドロシー・パーキンス (11)
トロワラス (0)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (24)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ヒルダ・ミュレル (0)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (44)
ピエール・ド・ロンサール (45)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (0)
マダム・イサーク・ペレール (20)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (0)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (82)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (2)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (52)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズA(品種不明バラ) (3)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (290)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (13)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (26)
クリスマスローズ (83)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (306)
アオダモ (3)
紫陽花 (96)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (16)
ジャカランダ (1)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (6)
セイヨウニンジンボク (1)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (577)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (33)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (36)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (9)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (5)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (4)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (142)
オダマキ (4)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (146)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (1)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (43)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (5)
叔母の家のバラ庭 (11)
ローズガーデン・プロジェクト (34)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (24)
吉田病院「癒しの庭」PJ (5)
吉野・K邸ガーデンPJ (5)
僕の栽培メソッド (3)
バラの作業 (229)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (15)
バラの挿し木苗 (9)
バラの肥料やり (18)
バラの薬剤散布 (46)
バラの害虫 (3)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (20)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (49)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (72)
記事投稿告知 (27)
記事(バックアップ) (27)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (74)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR