Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

勝手ランキング〜、自分で撮ったバラの写真・ベスト30(2013年版)

こんにちは〜。
今日は、クリスマスですね。
皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしになられておられることと思います。

今年も残すところ、あとわずかになりましたね。
時が経つのは早いものですね。
ボクがバラを始めて、ちょうど一年。
昨年亡くなった妻の命日の今年6月17日から、このガーデン&バラブログを始めて約半年がたちました。
試行錯誤の連続でバラを育ててきましたが、一年目の割には、そこそこ花も咲いてくれましたし、
バラの写真もたくさん撮れて、とても楽しい一年でした。


こちら↓は、ブログ開設の日に最初に掲載した写真です。
今年の春にはこんな風に咲いていたんだなぁと、懐かしく思います。

DSC_9544-aori-L_convert_20130606104816.jpg

さて、この半年間、ほぼ毎日、我が家のガーデンに咲くバラの写真を撮ったり、いろんなバラ園に出かけてたくさんのバラの写真を撮ってきました。
どれくらい写真を撮ったでしょう?、きっと1万枚以上は撮っていると思います。
このブログに掲載したバラの写真も3000枚以上になっています。
そのどれも思い入れのある写真ですが、この一年を振り返って、そのたくさんの写真の中から、
自分自身で勝手に選んだ、お気に入りの『 バラの写真ランキング 』をやってみようと思います。
好きなバラの品種ランキングではなく、あくまでも、写真の出来が選考基準です(汗)。

ブログに載せた約3000枚の写真の中から、300点余りのノミネート写真を選びました。
その中から、さらに一次選抜、二次選抜・・・と、写真を選んで、なんとか30点ほどに絞りました。
撮影したボク自身の勝手な好みなので、このブログを見ていただいている皆さんの印象に残っている写真かどうか分かりませんが、
楽しんで見ていただけましたら幸いです。


それでは、勝手ランキング「自分で撮ったバラの写真ベスト30」(2013年度版)スタートします!


まずはランキング30位のバラ、「カクテル」です。
5月18日に、自宅の中庭で撮影したものです。
少しピントが甘い写真なんですが、赤いカクテルの花弁と緑の葉、背景の色のバランスがとても気に入っていて、
絵画のような仕上がりになっている写真です。

DSC_8086-L_convert_20130606004135.jpg



続いて、ランキング29位はこちら、「シャンタル・メリュ」です。
フランス・ギヨー社のバラで、挿し木で育てています。
秋に返り咲いてくれた時の様子で、幾重にも重なった花弁がとても美しいです。

DSC_7639-L_convert_20130928102219.jpg



続いてこちら、ランキング28位の「オータム」。
10月中旬に、大阪の靭公園のバラ園を見に行った時に撮影したものです。
「オータム」というバラに関する情報はあまりなく、謎めいたバラなんですが、靭公園で見たこの秋の花は、まさしく「オータム」と言う名に相応しい、
見事な秋色をしたバラでした。
まさに紅葉しているかのような、赤とオレンジ色の混じり合った美しい色合いのバラです。

DSC_9342-L_convert_20131025065919.jpg



こちらは、ランキング27位のバラ、「アイズ・フォー・ユー」。
つい最近お迎えしたばかりのバラで、まだ秋に咲いているところしか見たことがありません。
赤紫色のブロッチが入る、とても魅力的で美しいバラです。

DSC_3130-L_convert_20131221224315.jpg



こちらは、ランキング26位のバラで、「紫玉」。
我が家の中庭のサンルームの壁面に誘引している一季咲きのつるバラです。
一季咲きなので、春にしか花は見れませんが、今年は植えて間もなかったせいか、ほんの少ししか咲きませんでした。
でも、咲いた花はとても美しく魅力的でした。
和風な雰囲気のするバラで、紫の色合いや花形など、どことなく和を感じさせます。
日陰でも美しくバラで、とても重宝します。

DSC_7998-L_convert_20130606001539.jpg



こちらは、ランキング25位、イングリッシュローズの「パット・オースチン」
一転して、太陽のような明るい雰囲気を持つ、とても力強いバラです。
こちらも、つい最近お迎えしたばかりのバラですが、この寒い12月でも全然平気で咲いてくれています。

DSC_3218-L_convert_20131223012449.jpg



こちらは、ランキング24位のバラ、同じくイングリッシュローズの「ロイヤル・ジュビリー」
昨年2012年に発表されたイングリッシュローズですが、この2012年6月に妻が亡くなりましたので、
2012年の記憶として、妻の好きだったピンク色のバラとしてこのバラをお迎えしました。
この写真は秋に返り咲いた時の様子ですが、コロンとしたフォルムに加え、ハート形の花弁がとても可愛らしいバラです。

DSC_2504-L_convert_20131130232316.jpg



続いて、ランキング23位はこちら、イングリッシュローズの「ムンステッド・ウッド」
いつもお世話になっている京都のまつおえんげいの松尾社長のオススメでお迎えしたバラです。
即戦力になりますよということで、確か3年もののムンステッド・ウッドだったかと思います。
期待通り、春からたくさんの花を咲かせてくれました。
こちらは5月13日の写真ですから、ほぼ一番花くらいでしょうか?
とても大人な雰囲気の美しいバラです。

DSC_7908-L_convert_20130605233244.jpg



こちらはランキング22位の写真で、「アンリ・マルタン&モーツアルト」の競演です。
他の写真は一種類のバラのアップの写真ですが、この写真だけ、咲いている雰囲気の分かる写真です。
我が家の前庭の小壁にこの2種類のつるバラを誘引しているんですが、
オールド(モス)ローズのアンリ・マルタンは一季咲きなので、このような雰囲気を見れるのは
春の一時期だけです。
一重の房咲きのモーツアルトにコロンとした花形のアンリ・マルタン。
花の形は全然異なりますが、両方ともショッキングピンクの色合いが共通していて、
同系色ですが、とても相性が良いかな?と思っています。

DSC_8817-L_convert_20130606073245.jpg



こちらは、ランキング21位のバラ、「つるアイスバーグ」。
カタログでは、繰り返し咲きとなっていましたが、初年度だったからかもしれませんが、
今年は春しか咲いてくれませんでした。
春に咲いた花は、期待通りの清楚な雰囲気で咲いてくれました。
シンプルな花ですが、とても美しいなぁと思いました。

DSC_8578-L_convert_20130606070602.jpg



ここからは、勝手ベスト20の発表です(笑)。

まずは、ランキング20位はこちら、「ヴァンテロ」です。
コンパクトなバラということでお迎えしたのですが、このバラは受難の連続でした。
寒さのために、2月末に凍害で枯れかけました。
何とか持ち直し、その後は見違えるほどに良く咲いてくれました。
この写真は秋に咲いた花で、花の重みで完全に下を向いて咲いていますが、
秋らしい色合いで、とても美しく撮れて気に入っている写真です。

DSC_1020-L_convert_20131102114710.jpg



こちらは、ランキング19位、イングリッシュローズの「ジェフ・ハミルトン」です。
挿し木で育てているのですが、まだ株が充実していないので、今年はたった2輪しか咲いてくれませんでした。
ですが、咲いた花は、くるくるの巻き巻きのとても美しい姿をしていました。
真正面からその美しい円を撮ってみました。

DSC_8612-L_convert_20131008073725.jpg



続いてこちらは、ランキング18位、イングリッシュローズの「クラウン・プリンセス・マルガリータ」です。
今年、大阪府泉南市にオープンしたばかりのデヴィッド・オースチン・イングリッシュローズガーデンに行った時に撮った写真です。
どのバラもとても旺盛の育っていて、とても感心しました。
このクラウン・プリンセス・マルガリータもとても美しく咲き誇っていました。

DSC_9706-L_convert_20130606105636.jpg



こちらは、ランキング17位のバラ、イングリッシュローズの「ヘリテージ」です。
我が家の中庭で挿し木苗で育てているバラです。
この写真は、CG画像のようにも見えますが、朝日を浴びて輝いている様子を撮影したものです。
まるでガラス細工のようにも見えますが、儚く散るヘリテージのイメージとも重なる雰囲気で撮ることが出来ました。

DSC_6893-L_convert_20130922095806.jpg



こちらは、ランキング16位、「マヌウ・メイアン」です。
このバラは、昨年6月に亡くなった妻に捧げるバラで、ボクにとっては特別なバラです。
ピンク色が好きだった妻のイメージで、たくさんのバラの中から選んだ品種です。
一年目から、とてもたくさんの花を咲かせてくれて、妻の墓前にも供えることができました。
丈夫なバラで、これからも美しい花を咲かせてくれると思います。

DSC_6830-L_convert_20130920103810.jpg



こちらは、ランキング15位、フランス・デルバール社の「ローズ・ポンパドゥール」です。
挿し木で育てて、まだ株が充実していないため、咲いた花は重みで下を向いていました。
それでも評判通りの美しい花を咲かせてくれて、とても嬉しく思っています。

DSC_4233-L_convert_20130806070003.jpg



続いてこちらは、ランキング14位、つるバラの「モーツアルト」
前庭の小壁に誘引しているつるバラですが、このバラはとても優秀で、一年中咲いていたような気がします。
この写真は、花はキレイに撮れていないのですが、普段はピンクの一重に咲くバラが、
この時は、ピンクに白、赤といろんな色が入り交じって咲いていました。
紅白のとてもおめでたい雰囲気なので、気に入っている一枚です。

DSC_5461-L_convert_20130901072857.jpg



こちらは、ランキング13位、「ピエール・ド・ロンサール」です。
人気のこのつるバラ、我が家にも当然のようにお迎えしております(笑)。
今年は、初年度で株が充実していないためか、春にしか咲きませんでした。
春に咲いた花は、噂通りの美しい花で、さすが殿堂入りのバラですね!
この写真でも、背景にもいくつか花が写り込んでいて、奥行き感も出ていて
気に入っている一枚です。

DSC_8227-L_convert_20130606065649.jpg



続いてこちらは、ランキング12位のバラ、「光彩」です。
今年10月に兵庫県伊丹市の荒牧バラ公園に行った時の写真です。
撮影が難しいとされる赤いバラですが、「光彩」の名の通り、
少しテカリのある花弁の雰囲気がよく撮れているかな?と思っています。

DSC_0708-L_convert_20131119130754.jpg



次は、ランキング11位、「花冠」です。
こちらは、宝塚の育種園の確実園さん作出のバラです。
普段はピンク色の可愛らしい花を咲かせるのですが、
この時はピンク以外に白い花も咲かせていました。
逆光気味に撮っていて、背景に玉ボケのキラキラが写り込んで、とても美しく撮れたかな?

DSC_9731-L_convert_20130608092513.jpg



ここからは、いよいよ勝手ベスト10の発表です!

まずは、ランキング第10位はこちら、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」です。
このバラも結局、秋にはほとんど返り咲いてくれませんでしたが、
春の花の美しさは秀逸で、家族からも一番の人気のバラでした。
マットなピンク、ミルキーピンクと表現したら良いのか、とても美しいバラです。

DSC_8849-L_convert_20130606074157.jpg



ランキング第9位はこちら、「カーディナル・ヒューム」です。
我が家の中庭の小壁に誘引しているつるバラで、とても良く咲いてくれました。
後でもう一枚、このバラの写真が出て来るのですが、普通は濃い赤の花が咲くのですが、
この写真では、赤紫色から青紫色へと色が移り変わっていく様子がよく分かります。
美しい秋色で、大人の雰囲気がする色気のあるバラです。

DSC_5868-L_convert_20130910075704.jpg



続いてこちらは、ランキング8位のバラで、「ラブ」です。
10月に大阪市の中之島公園のバラ園に出かけた時に撮影した写真です。
真っ赤な花弁で裏側が白色という特徴的なバラです。
絞りを開放気味にして、ボケを狙って撮影してみました。

DSC_0287-L_convert_20131025084710.jpg



こちらは、ランキング7位、イングリッシュローズの「アブラハム・ダービー」です。
このアブラハム・ダービーも挿し木で育てていて、まだか細い枝なんですが、それでも一年中よく咲いてくれました。
真横から見た写真ですが、仏像の台座のような、蓮の花を想起させるフォルムと、オレンジピンクの美しい花色がとても魅力的です。

DSC_8198-L_convert_20131001111028.jpg



続いてこちらは、ランキング第6位、「ジュビレ・ドュ・プリンセス・ド・モナコ」です。
11月に訪れた、ひらかたパークのバラ園で心惹かれたバラです。
紅白の色の入り方がとても個性的。
まるで口紅をつけたようなとてもキュートなバラです。

DSC_1340-L_convert_20131112000957.jpg



ここからは、いよいよ勝手ランキング・ベスト5の発表です。

堂々のランキング第5位はこちら、フランス・ギヨー社のバラで「モニーク・ダーヴ」
ツンと尖った花弁がとても特徴的なバラです。
この写真、黒い背景に浮かび上がるように撮っていますが、もちろんスタジオで撮ったものではなく、庭で撮っています。
朝方の光を浴びているところですが、いい具合に陰も出来て、このバラの独特のフォルムを強調する絵になったかなと思います。

DSC_6912-L_convert_20130922100547.jpg



続いて、ランキング第4位はこちら、「カーディナル・ヒューム」
このカーディナル・ヒューム、ランキング第9位にももう一枚入っていますが、
この濃い赤紫色が本来の花色です。
少し縮れた花弁がとても大人な雰囲気で気に入っています。
黒い背景と赤のコントラストがとてもいい感じに撮れました。

DSC_5592-L_convert_20130906082243.jpg



いよいよベスト3の発表です!

ランキング第3位はこちら、イングリッシュローズの「メイド・マリオン」です。
6月にデヴィッド・オースチン・イングリッシュローズガーデンに行った際に撮った写真です。
ピンクのグラデーションが見事なほどに咲き誇っていました。
被写体が良いと、撮る側のテンションも上がりますよね?
そんな良い例の写真です。

DSC_9635-L_convert_20130606111137.jpg



続いて、ランキング第2位はこちら、ハイブリッドティローズの「ラジオ」というバラです。
我が家の庭で、早咲きの黄モッコウバラの次に咲いたバラです。
黄モッコウバラは、以前から自宅に植えていたバラなんですが、
バラを本格的に始めて、新しくお迎えしたバラで最初に咲いたバラなんです。
こんなにも美しく咲く花があるんだと、とても感動したバラです。
ピンクとオレンジが見事に混じって、花形もとても美しいです。
これだけ美しく咲いたのは、この最初の一輪だけでしたが(汗)、
この美しい花を見るために、また来年の春がとても楽しみです。

DSC_6882-l_convert_20130605232641.jpg



そして、栄えあるランキング第1位はこちら、ハイブリッドティローズの「ビューティフル・フクヤマ」
残念ながら自宅で育てているバラではなく、10月末に行った伊丹市の荒牧バラ公園で撮った写真です。
このバラの写真がベスト1ということで、意外に思われるかもしれませんが、
深い赤の花とその手前の葉のグリーン、背景の黒のコントラストがとても気に入っています。
写真や広告の世界で良く言われる「シズル感」がよく出ている写真かな?と自分では思っています。
ちょうどクリスマスで、赤と緑の色の組み合わせもいいですし(笑)。

DSC_0605-L_convert_20131119125433.jpg



皆さん、如何でしたか〜?
自分で撮った写真を自分でランキングしただけの勝手企画でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?

この一年、バラと過ごすことが出来て、とても充実した一年でした。
新しい生き甲斐も見つけることが出来て、良かったと思っています。
また来年、素敵なバラとの出会いがあることを楽しみにしています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2013/12/25(水) 07:46:52|
  2. 2013年度ランキング (バラ1年目)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

輝く太陽のよう、ERパット・オースチン

こちらは、我が家の元気印、ERのパット・オースチン。

DSC_3218-L_convert_20131223012449.jpg

寒い中でも元気よく、咲いています。
真正面からアップで撮ってみました。
太陽のような鮮やかなオレンジ色です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/23(月) 19:22:23|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相変わらずの美しさ、アイズ・フォー・ユー

こちらは、連日写真をアップしているバラ、アイズ・フォー・ユーです。
ほんとに美しいバラです。

DSC_3214-L_convert_20131223012046.jpg

ワインのような濃い赤紫色からピンクへのグラデーションがとても美しいです。


DSC_3197-L_convert_20131223011756.jpg

こちらはまた別の花。
どれも安定して美しいです。


DSC_3206-L_convert_20131223011926.jpg

横から撮ってみました。
横から見るとこんな感じです。


DSC_3209-L_convert_20131223011954.jpg

咲き進んだ状態。
フリルのような花弁もまたなかなかイイですね〜。


DSC_3198-L_convert_20131223011834.jpg

逆サイドから縦位置で撮ってみました。


DSC_3205-L_convert_20131223011859.jpg

ちょっと分かりにくいですが、株全体の様子です。
寒い12月の末とは思えないほど、たくさんの花をつけてくれています。


DSC_3212-L_convert_20131223012023.jpg

最後にもう一度美しい花の姿を正面から。
とても色気のあるバラですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/23(月) 19:19:36|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜色で咲くミニバラ、ミス・ピーチ姫。

こちらもミニバラで、ミス・ピーチ姫だと思います。

DSC_3234-L_convert_20131223012537.jpg

とてもちっちゃな花ですが、薄いピンク色がとても可愛いです。


DSC_3232-L_convert_20131223012515.jpg

横から撮ってみました。
あまりたくさんは咲いていませんが、ちらほらとピンク色の花が咲いています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/23(月) 19:11:02|
  2. ミニバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス前に可憐に咲く、グリーン・アイス

また一日遅れですが、昨日のガーデンで咲いていたバラの写真をアップしてみます。

DSC_3223-L_convert_20131223012241.jpg

クリスマス直前の寒い中、可憐に咲くミニバラ、グリーン・アイスです。


DSC_3219-L_convert_20131223012154.jpg

うつむくように枝垂れて咲いています。


DSC_3221-L_convert_20131223012218.jpg

この秋に、少し大きいテラコッタ鉢に鉢増ししましたので、とても調子良いです。


DSC_3230-L_convert_20131223012348.jpg

真上から見下ろしのアングルで撮ってみました。
シンプルな花ですが、とても美しいです。


DSC_3224-L_convert_20131223012309.jpg

花のアップです。
少し緑がかった白と花弁の縁に残る赤い色が、何となくクリスマスに似合うかな?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/23(月) 19:07:17|
  2. グリーン・アイス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

アイズ・フォー・ユー、美しく咲きました!

期待の新星、アイズ・フォー・ユー、とても美しく咲いてくれています。

DSC_3123-L_convert_20131221224121.jpg

まだ、完全に花開いていませんが、この紫色のグラデーション、何とも言えず美しいですね。
中心部の花弁はまだピンク色ですね。
ピンクから紫へ、ほんとエレガントなバラですね。


DSC_3125-L_convert_20131221224200.jpg

同じ花を少しアングルを変えて撮ってみました。
どこからみても美しさが際立ちます。


DSC_3126-L_convert_20131221224218.jpg

こちらは、また別の花です。
今、こんな感じでたくさんの花が咲きそろってきました。


DSC_3129-L_convert_20131221224254.jpg

少し咲き進むとこんな感じです。
フリルのように波打つ花弁が優雅です。


DSC_3128-L_convert_20131221224237.jpg

さらに咲き進むとこんな感じです。
少し雨に打たれて汚れてしまってます。


DSC_3130-L_convert_20131221224315.jpg

最後にもう一度、美しい姿のアイズ・フォー・ユー。
その美しさに、ため息が出ます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/22(日) 11:28:18|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうクリスマスというのに、こんなに鮮やかに咲く、ERパット・オースチン

毎日寒いですね。
もう明後日はクリスマス・イブ、今年も残りあとわずかですね。

このブログも更新が滞っています。
いろいろバタバタしているということもあるのですが、ガーデン作業としては、一季咲きのつるバラから誘引&剪定を始めています。
結構大変で、取りかかると一日中作業をしているといった感じで、なかなか写真を撮っている時間がなく、
そのためブログの更新もできないままになってしまっていました。
誘引の作業については、またおいおいアップする予定です。

まずは、今のガーデンで咲いているバラの写真から。
こちらは、昨日のガーデンで写真撮ったものです。

DSC_3132-L_convert_20131221224400.jpg

相変わらず、パット・オースチンは元気に花を咲かせてくれています。
こんなフレッシュなオレンジ色のバラがこの寒い季節に咲いているなんて・・・。


DSC_3136-L_convert_20131221224444.jpg

同じ花をアングルを変えて撮ってみました。
ホントに鮮やかな色合いで、周りがぱっと明るくなります。


DSC_3133-L_convert_20131221224421.jpg

こちらは、縦位置で撮ってみました。
他にもまだいくつか花や蕾が残っています。


DSC_3131-L_convert_20131221224341.jpg

背景の濃い緑色とのコントラストもとてもいいですね。
ほんと素敵なバラです。
パット・オースチン、お迎えして良かったです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/22(日) 11:20:13|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しい貴方しか見えない。 ~アイズ・フォー・ユー~

こちらもここ数日たびたび登場しているバラ、アイズ・フォー・ユー。
赤紫色がまだらに混ざり合ったホントに個性的で美しいバラですね。

DSC_3040-L_convert_20131215235752.jpg

まだ、花開くには少し時間がかかりそうですが、今のままでも十分美しいです。
Eyes For You 、まさしく、美しい貴方しか見えない、と言った感じです。


DSC_3045-L_convert_20131215235911.jpg

同じ花を少しアングルを変えて撮ってみました。
この花が開くと、どんな風になるんでしょうか?
とてもミステリアスな感じがするバラです。


DSC_3042-L_convert_20131215235817.jpg

縦位置で少し引いて撮ってみました。
こんな風に房になってたくさん咲くみたいです。


DSC_3061-L_convert_20131215235926.jpg

こちらは、まだ若い花ですね。
色も紫というよりピンクです。


DSC_3044-L_convert_20131215235851.jpg

さらに若い花です。
こちらは、花弁の先だけが淡いピンク色に染まっています。
少女のようですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 17:01:50|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年最後のヴァンテロ

こちらも連日ブログに登場していたギヨ―の赤いバラ、ヴァンテロ。
2日前の日曜日の様子です。

DSC_3049-L_convert_20131216000009.jpg

まだまだ蕾が開き始めた状態で、完全な開花までには多少時間がかかるかな?と思っていたのですが、
こともあろうか、枝を引っかけてしまい、ポキリと花が取れてしまいました(涙)。
せっかく開花を楽しみにしていたのに~、残念!
この花が、今年最後見納めとなってしまいました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 16:52:42|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とても発色の良い、パット・オースチン

ここのところ、ガーデンで咲いているのは、パット・オースチン、ヴァンテロ、そしてアイズ・フォー・ユーの3種類だけなので、
自ずと同じような写真ばかりになってしまいます(汗)。

今回も、パット・オースチンです。

DSC_3052-L_convert_20131216000127.jpg

こちらは2日ほど前の庭で咲いていたパット・オースチン。
まだまだ元気に咲いています。
相変わらずの鮮やかなオレンジ色で、庭一番の元気印です(笑)。
ほんとに元気もらっています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 16:49:11|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ERアブラハム・ダービーの蕾

こちらは、イングリッシュローズのアブラハム・ダービーの蕾です。

DSC_3047-L_convert_20131215235949.jpg

長く良く咲いていたアブラハム・ダービーの花も、先週末にはしおれてきたのでカットしてしまい、今は咲いている花がありません。
あと、2つ、3つ蕾が上がっています。
でもこの寒さなので、ちゃんと咲いてくれるかどうか・・・。
赤く色づき始めた蕾は、咲く気満々のような気がしますけどね(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 16:44:37|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒さに似合う花、ガーデン・シクラメン

こちらは、中庭の玄関先で鉢植えで育てているガーデン・シクラメン。
クリスマスの近い、寒い冬にピッタリの花ですね。

DSC_3059-L_convert_20131216000044.jpg

珍しく、いろんな色の花をミックスして、テラコッタ鉢に植えています。
中でもやっぱりピンクの花に目が行きますね。


DSC_3057-L_convert_20131216000029.jpg

シクラメンの花は、とても特徴的で、写真の被写体としてもとても魅力的ですね。
本当なら、200ミリの望遠レンズなどを使って撮ってみたいところなんですが、如何せん、朝の出勤前にちゃちゃっと慌ただしく撮るので、
なかなかそういった写真が撮れません(汗)。
いつかちゃんと撮ってみたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 16:41:26|
  2. シクラメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とてもエレガントなバラ、アイズ・フォー・ユー

こちらは、最近お迎えしたばかりのバラ、アイズ・フォー・ユー。
とてもエレガントなバラで、気に入っています。

DSC_2978-L_convert_20131215235132.jpg

まずは、こちら。
一番先に開きそうな花です。
紫と白が混じり合った花弁がとても魅力的です。


DSC_2980-L_convert_20131215235214.jpg

同じ花を正面から撮ってみました。
花弁の奥の方に見える、濃い紫のブロッチを早く拝みたいものです。


DSC_2982-L_convert_20131215235253.jpg

こちらは、また別の花。
寒いのでなかなか花開かないのですが、雨風に当たって、少し汚れてきたのが残念です。


DSC_2983-L_convert_20131215235310.jpg

こちらは、また別の花です。
結構たくさんの蕾があって、まだまだ咲きそうです。


DSC_2981-L_convert_20131215235235.jpg

こちらは最初の花の、周りの雰囲気が分かるように撮ってみました。
房咲きで咲くので、結構たくさん花がついています。


DSC_2985-L_convert_20131215235327.jpg

また別のペアです。
花弁の側面はかなり白いですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 12:33:43|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鮮やかなオレンジ色、パット・オースチン!

こちらも連日お伝えしている我が家のイングリッシュローズ、パット・オースチン!
とても元気に、そして美しく、長い間咲き続けています。

DSC_2971-L_convert_20131215235619.jpg

この日のベストショットは、この写真かな?
なかなかべっぴんさんに撮れたんじゃないかな?


DSC_2967-L_convert_20131215235532.jpg

真正面(真上)から撮ってみました。
とても端正な姿で咲いています。


DSC_2969-L_convert_20131215235547.jpg

こちらは、別の花。
まだ完全に開き切る前の様子です。
コロンとしていて、初々しいです。


DSC_2970-L_convert_20131215235603.jpg

同じ花を別アングルから。
とてもフレッシュなオレンジ色ですね~。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 12:25:54|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒空の中、鮮やかに咲くヴァンテロ

少しブログのアップが滞ってしまいました。
先週末の土曜日に、11月に亡くなった父の四十九日法要がありました。
時の経つのは早いものですね。
もう今年もあと残すところわずかにもなりましたし・・・。

日曜日には、一季咲きのつるバラの剪定&誘引も始めたんですが、そちらも作業に追われ、
なかなかブログアップまで辿り着きません(汗)。
つるバラの剪定・誘引については、おいおいブログに載せるつもりにしています。

さて、少し前の写真ですが、ガーデンに咲くバラの写真をアップしておきます。
まずは、こちら、ヴァンテロです。

DSC_2973-L_convert_20131215235418.jpg

寒空の中でも、鮮やかな赤でキレイに咲いてくれています。
なかなかの美しさかなと思っています。


DSC_2976-L_convert_20131215235436.jpg

少し別のアングルからもう一枚。
花は小振りですが、存在感のある花です。


DSC_3007-L_convert_20131215235453.jpg

同じような写真ですが、縦位置でもう一枚。
絵になるバラですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/17(火) 12:20:18|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒い朝にこのオレンジ色は、心温まる感じ、パット・オースチン

こちらは、今朝のERパット・オースチンです。
先月、バラの家さんからお迎えして、ずっと咲いてくれています。

DSC_2905-L_convert_20131213101656.jpg

このコロンとした顔立ち、可愛らしいですね。
癒されます〜(笑)。


DSC_2917-L_convert_20131213101729.jpg

同じ花を、もう少し上からの見下ろしのアングルで。
背景の濃いグリーンの葉っぱとのコントラストが美しいです。


DSC_2915-L_convert_20131213101711.jpg

こちらは、また別の花。
こんなに寒いのに、まだまだ咲く気満々です。


DSC_2919-L_convert_20131213101745.jpg

今のパット・オースチンはこんな感じで咲いています。
開いた花が3つ、蕾が6つくらい残っているかな〜。
葉も、他のバラはかなり落葉してきたんですけど、パット・オースチンだけは瑞々しいグリーンをしています。
元気なバラですね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/13(金) 10:40:26|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ギヨーの赤いバラ、ヴァンテロちゃん

こちらもここ数日写真をアップしている、ギヨーの赤いバラ、ヴァンテロちゃん。

DSC_2922-L_convert_20131213101546.jpg

蕾から花開いたものの、寒さのためか、フリーズ状態。
このままの姿で変化なしです(汗)。


DSC_2910-L_convert_20131213101531.jpg

枝が細くて、花が重いので真下を向いてしまうので、支柱を立てて、そちらに枝を留めました。
端正な顔立ちは、ヴァンテロらしいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/13(金) 10:34:23|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニバラのグリーンアイスは、まだまだ咲きそうです。

こちらは、ミニバラのグリーン・アイス。

DSC_2928-L_convert_20131213101606.jpg

白い花がいくつか咲いています。


DSC_2929-L_convert_20131213101621.jpg

蕾も、まだいくつかつけていますので、もう少し咲いてくれそうです。
白い花が咲くのに、蕾は赤いんですね〜。


DSC_2930-L_convert_20131213101638.jpg

白い花と赤と薄緑色の蕾の様子です。
枝垂れるように咲いてくれています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/13(金) 10:31:06|
  2. ミニバラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のアブラハム・ダービー

今朝も寒いですね〜。
パラパラと小雨も降ったりやんだりで、寒々しい一日です。

今朝のガーデンもあまり変わり映えしませんが、咲いているバラを撮ってみました。

DSC_2912-L_convert_20131213101510.jpg

こちらは、イングリッシュローズのアブラハム・ダービー。
この花以外にもう一輪咲いていたんですが、そちらはしおれてきましたので、カットしました。
残るはこの花と、あと蕾が2つ。
良く咲いてくれたアブラハム・ダービーも、今年の終演間際です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/13(金) 10:26:54|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューフェイスのアイズ・フォー・ユー、今朝の様子

こちらは、昨日ブログで初登場した我が家のニューフェイスのバラ、アイズ・フォー・ユー。
ERのパット・オースチンと並んで、まだたくさん蕾をつけているバラです。

DSC_2896-L_convert_20131212100820.jpg

一番先に開花しそうなのは、この花かな?
昨日の晩、少し雨が降ったので、ちょっと汚れてしまいました。
濃い紫のグラデーションを早く見たいですね〜。


DSC_2903-L_convert_20131212100908.jpg

こちらは、まだ蕾から開きかけたばかりの花。
色はピンク色ですね。


DSC_2898-L_convert_20131212100838.jpg

同じ花を別アングルから。
ピンクの色は、こちらの方が実物に近いかな?


DSC_2900-L_convert_20131212100853.jpg

こんな風に枝咲きに房状に咲くようです。
他の枝にもたくさん蕾がついています。
今から咲くかどうか分かりませんけど〜(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/12(木) 10:36:06|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相変わらずエレガント、ERアブラハム・ダービー

こちらは、イングリッシュローズのアブラハム・ダービーちゃん。

DSC_2891-L_convert_20131212100925.jpg

相変わらずエレガントに咲いてくれています。
こんなにも寒いのに、こんな美しい花を咲かせ続けられるなんて、どんなに優秀なバラなんでしょうね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/12(木) 10:29:46|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒そうに咲く、ヴァンテロ

こちらは、ギヨーの赤いバラ、ヴァンテロ。

DSC_2890-L_convert_20131212100955.jpg

数日前に、何とか開花してくれましたが、そこからは寒さのせいか、全く動きなし(汗)。
さすがにこれだけ寒いと咲く気にもなりませんわね〜。
色も少し褪せてきたような気がします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/12(木) 10:26:48|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オレンジ色のパット・オースチンもまだまだ元気。

こちらは、イングリッシュローズのパット・オースチン。

DSC_2887-L_convert_20131212101029.jpg

こちらもまだまだ元気で花を咲かせています。
他にもいくつか蕾を持っていて、まだまだ長く楽しませてくれそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/12(木) 10:23:25|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒さの中、ガーデンシクラメンは元気に咲いています。

一気に寒くなってきましたね〜。
奈良は、盆地で寒さが厳しいです。

DSC_2904-L_convert_20131212101012.jpg

さて、今朝のガーデンですが、さすがに花は少なくなってきましたが、その寒さの中でもひと際目立っているのが、このガーデンシクラメン。
テラコッタ鉢に植えていますが、元気に咲いています。
この時期の花は、やっぱりシクラメンですよね〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/12(木) 10:21:15|
  2. シクラメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家のニューフェイス、アイズ・フォー・ユー

こちらは、我が家のニューフェースのバラで、アイズ・フォー・ユー。
先日、岡本ガーデンさんにうかがった際に、初めてこのバラを見て、
とても気に入っていたんですが、その時は、ピンク・カクテルを連れて帰りました。

その後、仕事の関係で車で出かけた際に、園芸ショップでこのバラを見つけてしまったので、
思い切って購入してみました。

DSC_2846-L_convert_20131210110954.jpg

連れて帰った時は、まだ蕾だったのが、この寒い中、ようやく開花しそうです。
中心部がとても濃い紫色で、周りが白という、とても特徴的なバラです。
開花したら、どんな風に見えるのか、楽しみです。


DSC_2839-L_convert_20131210110908.jpg

こちらも、蕾が開きつつある花です。
上の写真よりは少しあっさり目な感じですね。


DSC_2847-L_convert_20131210111011.jpg

反対サイドからも撮ってみました。
白い花弁にうっすらと紫色のグラデーションが入るのがとても上品ですね。


DSC_2840-L_convert_20131210110925.jpg

こちらは、もっと若い花です。
紫色というより赤い色をしています。
房咲きのようで、周りにもたくさんの蕾を付けています。


DSC_2845-L_convert_20131210110940.jpg

最初の花をもう一度。
とても美しいです。
開花したら、もっと美しく咲くんでしょうね、きっと。
とても楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/11(水) 17:16:26|
  2. アイズ・フォー・ユー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

我が家の中庭の現状

この前の日曜日(12月8日)、地元・奈良で開催された第4回 奈良マラソンに出場していました。
毎年1回、地元で開かれるこのマラソン大会だけ出場することを恒例行事にしています。

結果は、中間地点で両足がつるというアクシデントに見舞われて、その後はかなりの距離を歩く羽目になりましたが、
何とか制限時間以内には完走することができました。
今年は、大学時代のサークルのメンバー8人も、東京や横浜、長崎などからも集まって一緒に走りました。
みんなは素晴らしいタイムで完走してましたけどね(汗)。

同期メンバーが、大会前日にうちに泊って前夜祭と称して鍋パーティをすることにしたので、
散らかり放題の庭も、ざっとですが片づけをしました。
片づけついでに庭の写真を撮ってみましたので、記録としてブログにアップしてみますね。

DSC_2877-L_convert_20131210122424.jpg

こちらは、建物に囲まれた中庭の様子。
奥に見えているのがDIYで作ったウッドデッキ・スペース。
青いストライプ柄の布で作ったデッキチェアを置いています。
その手前が、玄関前(写真には写っていませんが、この写真の左側が玄関です)の乱貼り石のテラスです。
この部分に、たくさんの鉢バラを置いています。
ほとんどがバラなんですが、手前の2つのコロンとしたテラコッタ鉢はバラには向かない形状なので、
チューリップの球根を植えています。


DSC_2883-L_convert_20131210122511.jpg

乱貼り石のテラスを別のアングルで撮ってみました。
基本的に、つるバラ以外は、スリット鉢で育てています。
中央の8号スリット鉢には、最近お迎えしたばかりのバラが6鉢と、
その手前の小さな鉢は、この秋に挿し木にチャレンジしたものです。
その周りは、スリット鉢で育てているバラを、テラコッタの鉢カバーに入れています。
バラを始めてまだ1年なのに、あっと言う間に増えてしまいました。
つるバラやミニバラを含めると、50種類以上にもなってしまいました(汗)。


DSC_2885-L_convert_20131210122526.jpg

こちらは、乱貼り石のテラスから玄関アプローチ方向の写真です。
ガラス扉の向こうが、前面道路に面した前庭です。
ガラス戸を越えて、この中庭に入ってくると、
建物側に少し土のあるスペースがあります。
写真手前部分の開口部に誘引しているのが、黄モッコウバラです。
家を新築した16年くらい前からあるバラで、母が植えたものです。
今までは放置状態だったのですが、昨年の冬に剪定・誘引し直しました。
それから一年、またずいぶん大きくなって、
開口部の上部にまで誘引できるようになりました。
その奥の土の部分には、前はベンチを置いてミニバラなどを育てていましたが、
バラを植えるスペースがなくなってきたため、ベンチを撤去しました。
その部分にも鉢バラやチューリップ、水仙などの球根類のテラコッタ鉢を
配置しました。


DSC_2881-aori-L_convert_20131210122455.jpg

その部分に寄って、写真を撮ってみました。
テラコッタ鉢の縁の円が、水紋のようにつながっていくように、
配置してみました。


DSC_2879-L_convert_20131210122439.jpg

同じ部分を目線を下げて撮影してみました。
テラコッタ鉢フェチなもんで(汗)、いろんな形のテラコッタ鉢が並んだ光景がっても気に入っています。
今はまだ、バラも大きくなっていないし、球根類も芽を出していないので、しばらくはこれで行けると思いますが、
春になると、新芽が芽吹いて込み合ってくると思うので、その時はまた配置を見直さないといけませんね。
鉢で管理しているので、そういった移動はし易いのがメリットといえばメリットではありますが、
重たいテラコッタ鉢を動かすと、腰に負担も来るので、いつまで続けられるかどうか・・・(汗)。


DSC_2886-L_convert_20131210122541.jpg

こちらは、上の写真のちょうど反対側にあるサンルームの壁面です。
サンルームと言っても、自転車やバイク置き場と化していますが、
時々、雨風の強い日は、鉢バラの退避場所になります(笑)。
そのサンルームの中庭側の壁面はガラス張りなんですが、
その壁面に、2種類のつるバラを誘引しています。
写真右側がピエール・ド・ロンサール、左側が一季咲きのつるバラで紫玉です。
昨年冬に植えた時は、どちらも高さ1メートルくらいだったと思いますが、
さすが地植え、成長が早くて、この1年で3メートルくらいにまで伸びました。
花は全然(春にちょろっとだけしか)咲きませんでしたが・・・(汗)。
年明けくらいに、剪定・誘引しようかと考えています。
今は、2種類のバラが左右に分かれて配置されていますが、
来年は2種類のバラがミックスするように、横方向に誘引してみようかと思っています。


DSC_2875-L_convert_20131210122407.jpg

最後にもう一度、中庭の様子。
だんだん鉢バラも増えてしまって、中庭も窮屈になってきました。
そろそろ限界も近づいて来ているかな?
でも、まだお迎えしたいバラはいくつもあるんですけどね。(汗)



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/11(水) 11:25:15|
  2. 12月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

挿し木苗2種類とピンク・カクテルを地植えしました。

昨日の記事に続き、深堀りできない場所にバラを地植えするの第二弾記事です。
昨日のおさらいみたいなものですが、一応、ブログに記録を残しておこうと思いましてアップしておきます。

DSC_2813_convert_20131210131746.jpg

まずは、いきなりの最終形(完成形)の写真ですが、我が家の前庭の北側隣地境界部分に今年設置した木製フェンス部分に、
バラを植え替えようと思って、ずっと検討してきました。
幅で3メートルくらい、高さは1.5メートルくらいの白い木製フェンスで、この部分につるバラにも仕立てられるバラを3種類植えることにしました。
そのうち2つは、挿し木で育てているバラで、イングリッシュローズのヘリテージと、もうひとつはフランス・ギヨ―社のバラで、シャンタル・メリュ。
どちらも大きくなってきたので、地植えすることでさらに成長を促せるのではないかと思いました。
3つ目は、先日お迎えしたばかりのつるバラで、ピンク・カクテル。
こちらは、植える場所も考えずに衝動買いしたのですが、ようやく落ち着き先が見つかりました(汗)。
白いフェンスに誘引するので、ピンクの花とのコントラストも出て、良いかなと思っています。

そんなことで、早速、白いフェンスの足元に株を地植えするための穴を掘り始めたんですが、
先日のカクテル同様、深さ20センチらいにブロック塀の基礎らしきものがあって、
それ以上、掘り進められませんでした。
かといって、フェンスから離すと誘引しにくいし、すでにオリーブの木やアガパンサスなどが植わっている場所なので、
他にスペースが見当たらず・・・、ということで、先日のカクテルの植え替えの際に実行した
テラコッタ鉢の底を抜いて、レイズドベッドとして使う方法でやることにしました。
すっかり味を占めてますね~(汗)。


DSC_2755_convert_20131210131401.jpg

この前のと同じタイプの安物のテラコッタ鉢を3つ購入して、
底を抜くべく、ドリルで穴をあけました。
前回の教訓を活かして、今回はかなりピッチを細かく穴をあけました。
鉢3つ分なので、結構時間はかかりましたが、急がば廻れということで、
根気良く作業を続けました。
底の部分を一周するように穴が開いたら、その穴を広げるべく、
マイナスドライバーを使って割っていきます。

DSC_2753_convert_20131210131347.jpg

ここで無理せず、表裏からゆっくりと時間をかけて丁寧に穴を広げます。


DSC_2756_convert_20131210131416.jpg

今回は、きれいに底面部分が抜けました。
バリの部分を金づちでたたきながら、キレイに整えました。


DSC_2749_convert_20131210131319.jpg

底の部分が抜けた状態のテラコッタ鉢です。
もともとこういう鉢が売ってたら一番いいんですけどね~。
誰か商品化しないかな~(笑)。


DSC_2750_convert_20131210131334.jpg

テラコッタ鉢を逆さまに向けるとこんな感じです。


さて、ここからがメインの植え替えの部分です。

DSC_2770_convert_20131210131430.jpg

こちらがバラを植えたい場所に掘った穴。
ブロック塀の基礎らしきもののせいで、深さ20センチくらいしか掘れませんでした。


DSC_2775_convert_20131210131446.jpg

前回同様、ここに鉢底石を敷き詰めます。


DSC_2777_convert_20131210131501.jpg

保水性確保のために、土壌改良材のゼオライトを敷きます。
(本当は、もっと大粒のものの方が良いみたいです。)


DSC_2782_convert_20131210131515.jpg

バラの培養土と掘った土を混ぜたものを埋め戻します。


DSC_2784_convert_20131210131530.jpg

連作障害にも効果があるという、バラの家さんのプレミアムオーガニック肥料を
使います。
海草の成分が入っているらしく、とても海草の香りがします。


DSC_2787_convert_20131210131545.jpg

プレミアムオーガニック肥料を元肥として、適量撒きました。


DSC_2790_convert_20131210131559.jpg

先ほど、底を抜いたテラコッタ鉢を穴の部分に仮置きします。
どのくらい土の中に沈めるのか、検討の上、位置を決めました。


DSC_2797_convert_20131210131614.jpg

まずは、挿し木で育てていたERのヘリテージを植えます。
最初は小さかったのですが、ここ半年で大きくなりました。
スリット鉢から抜いた状態です。
コガネキッズもおらず、まあまあ良い状態の根かな?


DSC_2800_convert_20131210131628.jpg

この株をテラコッタ鉢に入れてみました。
土の高さを調整し、枝の方向も見定めて設置しました。


DSC_2802_convert_20131210131644.jpg

ちらは2つ目の鉢で、ギヨ―社のバラ、シャンタル・メリュです。
ヘリテージほどは大きく育っていませんが、
細い枝をフェンスに留めてあげることができるので、
来年に期待したいです。


DSC_2805_convert_20131210131659.jpg

こちらは、挿し木苗ではありませんが、
先日お迎えしたばかりのつるバラ、ピンク・カクテル。
ようやく安住の場所が見つかりました。


DSC_2806_convert_20131210131715.jpg

こちらは、イングリッシュ・ヘリテージの鉢の写真です。
鉢の中に培養土を入れ終わりました。
ちょうど良い高さです。


DSC_2812_convert_20131210131731.jpg

鉢の周りの掘った部分にも土を戻して、テラコッタ鉢を固定します。
最後に、もみ殻くん炭を鉢の中と周囲に撒いてマルチングしました。


DSC_2818_convert_20131210131804.jpg

こちらが、木製フェンスの一番右側、
ERのヘリテージです。
テラコッタ鉢の3分の1ほどが土に埋もれています。
鉢の周りは、アガパンサスが植わっています。
美観的にもまあまあうまく行ったかな?と思います。


DSC_2821_convert_20131210131819.jpg

こちらは、白い木製のちょうど真ん中に据えた、
シャンタル・メリュ。
細い枝はまだフェンスに誘引していませんが、
地植えしたことで、もう少し丈夫に育ってくれるかな?


DSC_2822_convert_20131210131852.jpg

こちらは、木製フェンスの一番左端に植えたピンク・カクテル。
足元には、アガパンサス、スズラン、ローズマリー、ヘメロカリスなどが
植わっています。
右側にちらっと見えているのは、高さ4メートルくらいのオリーブの木です。

ずっと懸案だった、この白い木製フェンスに誘引するバラが決まって、
植え替えできたので、良かったです。
あとは、来年の春にキレイに咲いてくれるのを待つばかりです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/11(水) 10:37:47|
  2. バラの植込み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ咲き続けるERパット・オースチン

こちらは、この秋、バラの家さんから購入したばかりのイングリッシュローズのパット・オースチン。
輸入苗でしたが、蕾付きの即納苗ということで、届いた時からたくさんの蕾がついていました。

DSC_2830-L_convert_20131210111341.jpg

一番最初に咲いた花もずっと長い間咲いていましたが、先日ようやくしおれてきたのでカットしました。
こちらは、次に咲いた花です。
重い花のせいか、下を向いて咲いています。


DSC_2832-L_convert_20131210111409.jpg

同じ花を下から見上げるように撮ってみました。
この寒い時期に明るいオレンジ色の花は貴重ですね。


DSC_2833-L_convert_20131210111423.jpg

それ以外にも、まだまだたくさん蕾があって、それもゆっくりとですが膨らみつつあります。


DSC_2866-L_convert_20131210111437.jpg

こちらにも・・・。
鮮やかなオレンジ色がとても目立ちます。


DSC_2867-L_convert_20131210111453.jpg

最初の写真の花の花首をつまんで、上を向かせてみました。
イングリッシュローズらしい、美しい花形ですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/11(水) 09:46:33|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ・カクテルの移植

先日、つるバラのカクテルの移植(植え替え)作業を敢行しました。
その様子を記録に留めておくために、ブログ記事にしてみました。

少し長いですが、よろしければご覧になってください。

DSC_2766-aori_convert_20131210124421.jpg

さて、こちらの写真は、いきなりですが、移植完了後の写真です。
この写真だけを見ると、白い壁面につるバラを誘引しただけのように見えますが、
この植え替えた場所は、建物(家)の北側の隣地境界の壁面なんです。
ちょうど、この植え変えたスペースの手前あたりに坪庭があって、玄関を入ると、真正面にこの壁面が見えるようになっています。
写真では明るく見えますが、建物の陰になって、陽は朝と夕方しか差さないという、日照条件の悪いスペースです。

こんな条件の悪い場所には、なかなかバラは育たないとは思ったのですが、玄関開けて真正面に見えるスペースなので、
ダメ元で一度チャレンジしてみました。
選んだバラは、つるバラのカクテル。
赤い花なので、日陰には不向きなのは承知ですが、家に2本ありますし、植え替える前の場所の日照条件が悪かったにも関わらず、
そこそこ咲いてくれていたので、もしかしたら根着いてくれるかな?と淡い期待を抱いてチャレンジしてみました。
壁面が白い大理石タイルということもあり、白や淡いピンク色ではなく、濃い色の方がコントラストもついて良いかな?と思いました。
カクテルがダメなら、日陰でも咲くバラに変えようとは思っていますが・・・(汗)。


DSC_2538_convert_20131210123600.jpg

こちらが、その植え替え場所を横から見たところ。
建物(家)の北側の生活動線(ゴミ出しなど)上にあります。
建物の陰になるため、育つ植物も限られていて、
ハラン(左下の下草)やナンテンなどの日陰に強い種類を植えています。


DSC_2535_convert_20131210123543.jpg

足元のハランの一部をどけて、そこにカクテルを植えるようの穴を掘ってみました。
ところが、ここでいきなりのトラブル発生!
というのも、背の高さ以上のブロック塀のため、その壁面を支える基礎があって、
20センチも穴を掘れば、それ以上は穴が掘れないという予想外の事態になりました。

バラ以外の植物であれば、それでも大丈夫なんでしょうけど、
バラの場合、水はけのことを考えると、少なくても40センチ、できれば50センチは
深さが欲しい・・・(汗)。
どうしようか迷ったあげく、思いついたのが、テラコッタ鉢を使っての
「レイズドベッド作戦」です。
どの本だったか、はっきり憶えていないのですが、確か深さが足りない時に、
鉢の底を全部抜いて鉢の高さ分、土を入れるスペースを確保する方法があったな~と。


DSC_2542_convert_20131210123634.jpg

早速、安物の(汗)テラコッタ鉢を探して、その底の部分を全部抜くことにしました。
前回、テラコッタ鉢の底穴を大きくするのをやっていたので、それと同じ方法で、
そこの部分を全部抜くべく、ドリルで穴を開けまくりました。


DSC_2540_convert_20131210123619.jpg

鉢底穴に比べて、周長が長い分、時間がかかりましたが、何とか穴は開きました。
穴のピッチは前回同様、約1センチくらいかな?


DSC_2543_convert_20131210123649.jpg

テラコッタ鉢をひっくり返し、穴の間にマイナスドライバーを当てて、
穴を広げていきます。


DSC_2545_convert_20131210123704.jpg

ここで、第二のトラブル発生!
今回のテラコッタ鉢ですが、前のに比べると焼成温度が高いのか、とても硬いのです。
また、底面も結構分厚くて、1センチほどありました。
前回同様、マイナスドライバーを当てて割っていましたら、側面も割れてしまいました。
ショック~(泣)。
素材が硬い分、穴の間隔を狭めることとし、5ミリピッチくらいで穴をあけ直しました。
とても時間がかかりました~(汗)。
急がば廻れ!ってことですかね(笑)。


DSC_2550_convert_20131210123735.jpg

ようやく、底の部分を抜くことができました。
何だかんだで1時間くらいかかりました。


DSC_2546_convert_20131210123721.jpg

でも、この割れた側面部分を補修しないと・・・(汗)。


DSC_2552_convert_20131210123750.jpg

2液混合タイプの接着材を使って、割れた破片をくっつけます。


DSC_2553_convert_20131210123807.jpg

これが破片をくっつけた状態。
底の方なら土の中に埋めるので、あまり問題ないかな?(汗)。


DSC_2556_convert_20131210123821.jpg

こちらが、底が全て抜けた状態のテラコッタ鉢です。
これを土の部分に3分の1ほど埋めて、3分の2のスペースがレイズドベッドになります。


DSC_2615_convert_20131210123931.jpg

こちらが、カクテルを移植する部分の穴の様子。
地表から20センチくらいのところにブロック塀の基礎があって、深くは掘れない状態。
一応、水はけの具合を見るべく、水を流してみました。
意外にも水はけは悪くなかったです。
穴の側面の方に抜けて行くんでしょうかね?


DSC_2617_convert_20131210123947.jpg

ここからは、以前、まつおえんげいの松尾社長に教えていただいた、
地植えの際の土壌改良の方法です。

まず、より水はけを良くするために、穴の底に鉢底石を3センチほど敷きました。


DSC_2622_convert_20131210124004.jpg

続いて、保水力を高めるための土壌改良材である「ゼオライト」を敷きました。
本当はもっと大粒の方が良いそうですが、大粒のが手に入らなかったので、
小粒ので行きます(汗)。


DSC_2627_convert_20131210124018.jpg

その上から、バラの培養土とこの穴を掘った際に出て土を混ぜたものを
穴に戻します。


DSC_2628_convert_20131210124034.jpg

続いて、その土の中に、元肥を入れました。
今回は、バラの家さんのプレミアム・オーガニック肥料を使ってみました。


DSC_2630_convert_20131210124050.jpg

その土の上に、先ほど苦労して底を抜いたテラコッタ鉢を置きます。


さて、今回、この場所に移植するつるバラのカクテル、元はどこに植えていたかというと・・・、

DSC_2578_convert_20131210123857.jpg

こちら↑です。
一見すると同じように見えますが、こちらは建物の南側、コの字形の建物に囲われた中庭の隣地境界側の小壁です。
中庭は建物の南側ですが、この写真の正面にある白い壁面は、北側を向いた壁です。
南にはお隣さんの建物は近接しているので、南側の庭とはいえ、日照条件はあまり芳しくありません。
この壁面に誘引していたのが、カクテルです。
長尺苗で育てていたので、植えてまだ一年ですが、結構大きく育ちました。
新しいシュートもたくさん出ましたので、多少日陰でも適応力はあるのかなと思っています。


DSC_2579_convert_20131210123914.jpg

この壁面に誘引していたのを解いて、掘り出しました。
右側の紅葉している木は、ドウダンツツジです。


DSC_2631_convert_20131210124105.jpg

掘り出したカクテルの株です。
結構、根が横方向に張っていて、掘り出す際に、根を切ってしまいました。


DSC_2632_convert_20131210124119.jpg

残った根は、あまり芳しくないですね~(汗)。
こんなので大丈夫かな?、と思ってしまいます。


DSC_2760_convert_20131210124136.jpg

そして、いきなりの完成形です(汗)
北側の坪庭の壁面にお引っ越しして、
テラコッタ鉢のレイズドベッドに納まってもらいました(笑)。


DSC_2763_convert_20131210124152.jpg

横のハランやナンテンなどとうまく共存してくれると
いいんですけどね~。


DSC_2766_convert_20131210124443.jpg

こちらは、坪庭側からこの壁面を見たところ。
テラコッタ鉢の3分の1ほどが地中に埋もれています。
見た目もそんなに悪くないかな?
あとは、カクテルがちゃんと育ってくれればいいんですけどね。
カクテルは、根を切っているので、枝も剪定してから誘引しました。
久しぶりに誘引しましたが、やっぱり楽しいですね~(笑)。
咲いてくれる様子を想像しながらの作業は、とても楽しいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/10(火) 16:04:10|
  2. カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ギヨーの赤いバラ、ヴァンテロもこれが今年の最後の花

こちらも、中庭で鉢植えで育てている、フランス・ギヨ―社の赤いバラ、ヴァンテロ。

DSC_2861-L_convert_20131210111215.jpg

先ほどのモニーク・ダ―ヴ同様、このヴァンテロも一年目の割には、とても美しい花をたびたび咲かせてくれました。
この花が今年最後のヴァンテロの花です。
結構、しっかりした感じに見えます。


DSC_2872-L_convert_20131210111231.jpg

横からのアングルです。
結構、濃厚な赤い色をしていますね。


DSC_2860-L_convert_20131210111201.jpg

後ろからのアングルで撮ってみました。
なかなかの重厚感がありますね。


DSC_2834-L_convert_20131210111103.jpg

同じようなアングルですが、もう一枚。
美しい赤色です。


DSC_2874-L_convert_20131210111245.jpg

実際には、こんな感じで咲いています。
細い枝先に重い花を付けているので、折れ曲がりそうなくらいです。


DSC_2858-L_convert_20131210111118.jpg

最後にもう一枚。
見納めのショットです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/12/10(火) 15:52:35|
  2. ヴァンテロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (214)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (15)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2595)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (14)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (253)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (14)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (7)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (76)
ダリア (20)
牡丹 (6)
芍薬 (45)
チューリップ (161)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (249)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (2)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (21)
ヒュウガミズキ (10)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (21)
宿根草・多年草 (518)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (29)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (9)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (9)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (13)
紫蘭 (16)
水仙 (29)
スズラン (6)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (19)
ディモルフォセカ (17)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (9)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (22)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (133)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (49)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (7)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (80)
サボテン類 (22)
ハオルチア類 (10)
メセン類 (14)
その他の多肉植物 (16)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (140)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (4)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (1)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (9)
ローズガーデン・プロジェクト (17)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (12)
吉田病院「癒しの庭」PJ (2)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (206)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (3)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (13)
バラの薬剤散布 (34)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (7)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (9)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR