Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

イングリッシュローズ・三種盛り。

先ほどの「寄り添う二人」に出演していたイングリッシュローズのパット・オースチン、ロイヤル・ジュビリーに割って入ったのが、
同じイングリッシュローズのアブラハム・ダービー。

DSC_2449-L_convert_20131129112916.jpg

今咲いているイングリッシュローズは、この3種類。
まさにイングリッシュローズの三種盛りです(笑)。


DSC_2439-L_convert_20131129112831.jpg

咲いている3つの花を寄せてみました。
さすがイングリッシュローズばかりでの組み合わせは、非の打ちどころがないほど完ぺきな美しさですね。


DSC_2440-L_convert_20131129112846.jpg

違うアングルからもう一枚。
色の組み合わせのなかなか良い感じですね。

DSC_2444-L_convert_20131129112901.jpg

今は、それぞれちょろっとづつしか咲いていませんが、これがもっとたくさん咲いてくれていたら、きっととても美しいでしょうね。
春にはそんなシーンを見せてくれたらいいのにな。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金) 13:15:22|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

寄り添う二人、ERパット・オースチン&ロイヤル・ジュビリー

今朝のガーデンでは、イングリッシュローズのパット・オースチンとロイヤル・ジュビリーが美しく咲いていました。
それもお隣同士の鉢で。
なので、ちょっと演出をしてみました。
それがこちらの写真。

DSC_2410-L_convert_20131129112729.jpg

「寄り添う二人」とタイトルを付けてみました。
まるで向かい合って見詰めているようですね(笑)。


DSC_2408-L_convert_20131129112714.jpg

お互い照れて、ちょっと目線をそらしましたよ~(笑)。


DSC_2428-L_convert_20131129112744.jpg

さらに2つの鉢を近づけて、花も上を向くように軽く留めました。
目の覚めるような鮮やかなオレンジと、ロイヤルピンクのコンビネーションがなかなか美しいです。



DSC_2433-L_convert_20131129112815.jpg

二人並んで前を向いてもらいました。
なかなかのお似合いの二人です(笑)。
ロイヤル・ジュビリーの花弁がハート形をしていて、可愛らしいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/29(金) 13:07:15|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ERパット・オースチン、美しく咲きました!

こちらは、昨日開花したばかりのイングリッシュローズのパット・オースチン。
昨日はまだ完全に開き切ったという感じではありませんでしたが、今朝はキレイに咲いていました。
嬉しくて、同じような写真を何枚も撮ってしまいました(汗)。

DSC_2434-L_convert_20131129112605.jpg

まずこちらは、全景。
とてもきれいな花形をしていますね。


DSC_2417-L_convert_20131129112506.jpg

こちらは真正面?(真上)からのアングルです。
ほんとに濃いアレンジ色で、惚れ惚れしますね。


DSC_2421-L_convert_20131129112537.jpg

斜め下からのアングルです。


DSC_2415-L_convert_20131129112452.jpg

実際には、こんな感じでうつむき気味に咲いています。


DSC_2420-L_convert_20131129112521.jpg

再び、やや下からのアングルです。
明日は、さらに大きく広がりそうな勢いですね。


DSC_2435-L_convert_20131129112619.jpg

再び、少し引き気味で撮影してみました。
とてもホットな色合いで、パワーもらえますね!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/29(金) 12:56:32|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロイヤル・ジュビリーも負けず劣らず美し咲いています。

こちらもイングリッシュローズで、ピンクの花のロイヤル・ジュビリー。

DSC_2426-L_convert_20131129112655.jpg

丸くコロンとした形が特徴的なバラです。
気温が低いからか、連日咲いていますが、ほとんど変わりがありません。
ずっと若々しいままで咲き続けています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/29(金) 12:45:54|
  2. ロイヤル・ジュビリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何て美しいバラなんでしょう、ERアブラハム・ダービー

ここしばらくずっと咲いているイングリッシュローズのアブラハム・ダービー。
とても花持ちが良いバラですね。

DSC_2453-L_convert_20131129112405.jpg

この写真、なかなかいい感じじゃありませんが?(←自画自賛:汗)
とても雰囲気が出ているかな?と思います。


DSC_2456-L_convert_20131129112435.jpg

少し目線を下げてみました。
花弁の重なりの感じが良く分かりますね。


DSC_2451-L_convert_20131129112346.jpg

こちらは、真正面から見たアングル。
とても豪華で気品のあるバラです。


DSC_2454-L_convert_20131129112420.jpg

こちらは、少し咲き進んだ花です。
花弁の重なり具合が寄り複雑になっていますね。
何ともはや、こんな美しい花が見れるなんて~、とても嬉しいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/29(金) 12:42:00|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンク・カクテルのバックショット

こちらは、今とても気に入っているバラ、ピンク・カクテル。

DSC_2458-L_convert_20131129112637.jpg

いつも前からばかり写真を撮っていましたが、花の裏側も美しいことに今朝気づきました。
早速、そのアングルから撮影してみました。

洗練されていて、とても美しい姿だと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/29(金) 12:29:50|
  2. ピンク・カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の新人、パット・オースチンが咲きました。

先日、バラの家さんで購入したばかりの蕾付きの即納苗のパット・オースチンがようやく咲きました!

DSC_2399-L_convert_20131128095549.jpg

まだ、完全に開き切っては居ませんが、それでもとても存在感のある新鮮なオレンジ色で花開きました。
中心部の花弁がまだ開いてなくて、ころんと卵の黄身のようになっています。
とても可愛らしいです。


DSC_2402-L_convert_20131128095605.jpg

真上から撮ってみました。
こんな感じです。
この花色、とてもいいです。
同じイングリッシュローズのレディ・オブ・シャーロットが不調なため、久しぶりに黄色い花を見れてとても嬉しいです。


DSC_2395-L_convert_20131128095533.jpg

先ほどのロイヤル・ジュビリー同様、花が重いので、実際にはこんな風にうつむいて咲いています。
お隣のロイヤル・ジュビリーの濃いピンク色の花とのコラボレーションがとてもいい感じです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/28(木) 10:22:32|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ロイヤル・ジュビリーも頑張っています。

こちらは、中庭に続く軒のあるアプローチ部分で鉢植えで育てているロイヤル・ジュビリーです。

DSC_2397-L_convert_20131128095728.jpg

このバラも、先日久しぶりに咲いて以来、ずっと変わりない美しい姿をとどめていますね。
なかなか素晴らしいです。
このロイヤル・ジュビリーの横に、最近お迎えしたばかりのイングリッシュローズ、パット・オースチンが居ます。
濃いピンクと鮮やかなオレンジ色のコントラストがとてもいいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/28(木) 10:16:31|
  2. ロイヤル・ジュビリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝も美しい、アブラハム・ダービー

挿し木で育てているイングリッシュローズのアブラハム・ダービーですが、とても優秀なバラですね。
枝なんて、折れそうに細いし、株自体も全然小さいままなんですが、一番良く咲いています。

DSC_2391-L_convert_20131128095458.jpg

花持ちもとても良くて、ずっと楽しませてくれます。
咲いた花の形もとても美しく、非のつけようがないですね〜。


DSC_2394-L_convert_20131128095514.jpg

うっすらとした上品なピンクが愛おしいです。
花が重いので、少しうつむいて咲くことくらいでしょうか、気になるのは・・・。
でも、そこがまた奥ゆかしくていいんですけどね(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/28(木) 10:12:58|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャンディ・オレンジ色のピンク・カクテルの蕾

今朝のガーデンで咲くバラです。

今咲いているバラは限られているので、毎日あまり代わり映えしない面々ですが・・・(汗)。
まずはこちら、ピンク・カクテル。

DSC_2382-L_convert_20131128095624.jpg

とても花持ちも良いのか、ずっと咲いていますね。
普通の赤いカクテルに比べると、ピンクのカクテルは華やかな印象でとてもいいですね。
庭のアクセントになります。


DSC_2385-L_convert_20131128095640.jpg

こんなに寒くなってきているのに、どんどん蕾を開かせています。
蕾から咲き始めるまでは、こんな色をしています。
キャンディ・オレンジという形容詞が似合うかな?と思います。
とてもポップな色合いです。


DSC_2387-L_convert_20131128095707.jpg

こちらは、蕾。
まだまだ蕾をつけているので、しばらく楽しませてくれると思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/28(木) 10:07:30|
  2. ピンク・カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい感じに退色し始めている、ERアブラハム・ダービー

こちらも、今朝のガーデンで咲いているバラです。
イングリッシュローズのアブラハム・ダービー。

DSC_2378-L_convert_20131127104105.jpg

この前まで蕾だった花が開いてきました。
相変わらずのべっぴんさんです(笑)。


DSC_2377-L_convert_20131127104048.jpg

同じ花ですが、枝が細くて花が大きいので、完全にしたを向いて咲いてます。
上の写真は、少し持ち上げて撮影していますが、こちらはそのままです。
何とも言えない微妙なニュアンスの色合いがとても美しいですね。


DSC_2379-L_convert_20131127104120.jpg

こちらは、ずいぶんと咲き進んだ花です。
1週間以上も咲いているような気がします。
花持ちもいいですし、香りもずっとしています。
色はずいぶんと退色してきましたが、それでも十分美しい姿ですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/27(水) 11:01:32|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンク・カクテルの新しい花が咲きました。

こちらも今朝のガーデンの写真で、ピンクカクテル。

DSC_2376-L_convert_20131127104029.jpg

昨日まで蕾だったのが、花開きました!
やはり一重のバラだからでしょうか、蕾から開花までの時間が全然早いです。
可愛らしいピンクとイエローのコンビネーションが目を引きます。


DSC_2374-L_convert_20131127104009.jpg

こちらは、前々から咲いている花です。
だいぶ汚れては来ていますが、それでも鮮やかなピンクが目立ちます。
花持ちもとても良いです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/27(水) 10:55:43|
  2. ピンク・カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕾が緩み始めたパット・オースチン

こちらは、今朝のパット・オースチン。

DSC_2381-L_convert_20131127104152.jpg

だいぶ蕾も緩んできて、今週末くらいには咲いてくれそうですね。
楽しみです。
他にも結構、蕾がついているので、みんな開花してくれたらいいのになぁ、と思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/27(水) 10:51:39|
  2. パット・オースチン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリジナルの喪中ハガキをデザインしてみました。

今年もあと残すところ1ヵ月あまり、あっという間に過ぎてしまいました。
巷では、クリスマスと、年賀状の準備が始まっていますね。
昨年は、6月に妻がなくなり、年賀状を出せませんでしたが、今年も今月1日に父が他界しましたので、
年賀状の代わりに、喪中ハガキを出すことになりました。

毎年、年賀状は自分で撮った写真を使って、オリジナルで作っているのですが、今年は昨年に続き、オリジナルの喪中ハガキを作ってみました。

DSC_2369-2_convert_20131127075126.jpg

今年は、バラを始めたこともあって、庭のバラの写真を使いたいなと思っていたのですが、まさか喪中ハガキになるとは思ってもいませんでした。
写真で使っているのは、この秋に咲いた、イングリッシュローズのヘリテージです。
うっすらと赤みを帯びた、清廉で儚いイメージのバラです。

今週末には宛名を書いて出したいなと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/27(水) 09:45:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅葉が美しい、中庭のドウダンツツジ

バラやその他の花から少し離れて、違う植物について書いてみます。
こちらは、我が家の中庭に植えている低木のドウダンツツジの紅葉です。

DSC_2344-L_convert_20131125121602.jpg

どうですか?
見事な色合いに紅葉しているでしょう?
京都かどこかの紅葉を見に行ったみたい、と言えば言いすぎかもしれませんが(汗)。
黄緑色から、オレンジへと美しくグラデーションしています。
葉の形も菱形の連続で、とてもグラフィカル。


DSC_2339-L_convert_20131125121532.jpg

こちらは、逆光気味に撮ってみました。
一通り庭の作業を終えて、ほっとした頃、日暮れ前の夕陽が差し込んできました。
この景色もとてもキレイです。


DSC_2334-L_convert_20131125121448.jpg

こちらは、ドウダンツツジの葉っぱのアップです。
太陽の陽を葉の裏から浴びて、葉脈が透けて見えます。
とても美しい情景です。


DSC_2348-L_convert_20131125121643.jpg

こちらは、目線を下げて、赤い葉の上を水平に狙ってみました。
火が燃えているようにも見えますね。
ホントに真っ赤に染まっています。


DSC_2342-L_convert_20131125121548.jpg

こちらは、被写界深度を浅くして(絞りを開放にして)背景をぼかしてみました。
普段撮り慣れていない被写体、撮影方法なので、なかなかイメージ通りに撮るのは難しいですね。


DSC_2332-L_convert_20131125121432.jpg

このドウダンツツジ、和名で「満天星」と書くそうです。
ちょうど、16年前、今の家を新築した年の年末にうちの息子が生まれました。
何か記念になるものをということで、植えたのがこのドウダンツツジです。
「満天星」という和名が気に入って、庭に植えました。
ドウダンツツジは、春に白い鈴のような小さな花をたくさん付けます。
それが満天に輝く星のように見えるから、そう名付けられたのでしょうね、きっと。
うちの息子にも、満天の空にたくさんの星を輝やかすような人生を送って欲しい、という意味を込めました。

植えた時は、まだ50センチくらいの高さだったような記憶がありますが、
今では、1メートル50センチくらいまで大きくなりました。
子供が大きくなるのも早いですが、植物の成長も早いですね~。

ちょっと秋を感じるドウダンツツジの紅葉の写真、紹介してみました。


ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 13:42:33|
  2. ドウダンツツジ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガーデン・シクラメンを植えてみました。

この前の日曜日、ちょっと園芸資材を買いたくて、近くのホームセンターに行ってみました。
そしたら、ホームセンターのイベントがあって、NHKの「趣味の園芸」でも執筆されている、ハイポネックス・ジャパンの吉田健一先生の
無料セミナーがちょうど始まったばかりでした。
テーマは、「シクラメン、ガーデンシクラメンの育て方」のような感じだったと思います。
ちょうど季節も、シクラメンがたくさん出回る頃なので、売り場にもたくさんのシクラメンが並んでいました。

吉田先生、御年は定かではありませんが、60歳過ぎくらいでしょうか?、なかなか活舌の良い、勢いのあるしゃべり口調で、迫力がありました。
話もとても分かりやすく、1時間ほどのセミナーでしたが、いろいろと教えていただきました。

そして、早速、ガーデンシクラメンを植えるべく、苗を購入して帰りました(笑)。

DSC_2330-L_convert_20131125121304.jpg

いきなりの完成形ですが、植え終わったガーデンシクラメンの鉢はこんな感じです。
色とりどりのシクラメンを混ぜて植えました。
吉田先生曰く、シクラメンは室内で育ててはダメだそうです。
寒さに当てないといけないそうです。
ベストな置き場所は、日当たりの良い、庇のある(雨や霜のかからない)玄関先とのことでした。
うちも、庇のある玄関先に飾っています。


DSC_2321_convert_20131125123426.jpg

ボクのテラコッタ鉢コレクション(笑)の中で、余っていたのが、この鉢で、
この鉢に植えていきます。

吉田先生の話では、本当はこういった丸いボウル型の鉢ではなく、
一列植えができる細長い鉢の方が、シクラメンには向いているそうです。
株元の通風が改善されて、土が乾きやすく、根腐れしにくいそうです。


DSC_2326_convert_20131125123521.jpg

とはいえ、プラスチックの鉢に植えるのが嫌だったもんで(汗)、
このボウル型のテラコッタ鉢に植えます(笑)。
まずは、ネットに入れた鉢底石をテラコッタ鉢の底に敷きます。


DSC_2323_convert_20131125123446.jpg

今回使う土ですが、他のプランターで使っていた古土が残っていたので、
それを再利用しようと思います。
ふるいにかけて、一応、キレイにしておきます。

古土の再利用方法についても、吉田先生がお話されていましたが、
古土のダメなところは3つ。
1.土が細かくなって、水はけが悪くなっている。
 (いわゆる「団粒構造」が崩れてしまっている、ということでしょうね。)
2.特に、土中のカルシウム分が不足している。
3.土中の栄養が損なわれている。
とのことで、これらを補うように、新しい土を古土に混ぜ込みます。

あと、古土は必ず、乾かしてから使うようにとのことでした。
いつもブルーシートの上で日光に当てて乾かしているですが、
ブルーシートに直接ではなく、新聞紙などを敷いた上に広げた方が、
新聞紙が水分を吸って、圧倒的に乾きが良くなるともおっしゃってました。
なるほど~(笑)。


DSC_2328_convert_20131125123536.jpg

土の配合ですが、いつもこのガーデンバスケットを使っています。
コレ、とても便利です、超おススメです(笑)。

話それてしまいました(汗)。
まず、古土に苦土石灰を混ぜて、カルシウム分を補います。
さらに、団粒構造が崩れているため、赤玉土、鹿沼土も混ぜ込みます。
さらに栄養分を補給するため、腐葉土を混ぜ込みます。

配合バランスは、
古土:赤玉土:鹿沼土:腐葉土 = 4:2:2:2 くらいが良いそうです。


DSC_2319-L_convert_20131125121247.jpg

買ってきたガーデンシクラメンは、こんの5種類。
全部色を変えてみました。

植え方のポイントですが、根は絶対、触らないことだそうです。
根をほぐすと、根腐れする確率がぐっと上がるそうです。
あと、土の上部の肩の部分は、フォーク状のものでやや土を落とした方が
良いそうです。
その方が、根が活性化して上部に育つそうです。
あと、「出べそ植え」といって、周りの土より1センチほど高く植えた方が
良いようです。
通風性を高めて、株元の土が乾きやすいため、ということでした。


DSC_2380-L_convert_20131127104136.jpg

まとめとしては、クラメンの育て方のポイントは、寒さに当てること、
そして、土を乾かし気味に育てることだそうです。
うまく育てれば、5月くらいまで咲くこともあるそうですよ~。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 12:43:18|
  2. シクラメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭のオリーブの木から、オリーブの実を収穫しました。

こちらは、前庭の隣地境界付近に植えているオリーブの木になったオリーブの実です。

この春、庭の全面改修を行った際、前に植えていたキョウチクトウに代わって
オリーブの木を3本植えました。
植えたばかりの時は、確か高さ3メートルくらいだったかと記憶しているんですが、
この前しみじみと見たら、高さ4メートルくらいにまで成長していました。
そして、そのオリーブの木にちらほらと、黒い実が出来ていました。

DSC_2306-L_convert_20131125121128.jpg

このオリーブの木、知り合いの造園業者さんにお願いして入れていただいたんですが、
オリーブの産地・瀬戸内海の小豆島から取り寄せて、関西の畑で養生していものらしいです。
もともと、オリーブオイル用の実を収穫するための木だったらしく、
放っておいても、それなりに実は成るそうです。


DSC_2308-L_convert_20131125121141.jpg

もうちょっとアップで撮影してみました。
初秋にこの実の写真を撮った時は緑色だったのに、今は熟して黒くなっています。


DSC_2355-L_convert_20131125121158.jpg

3本の木から、とりあえず収穫した実はこのくらい(汗)。
こんなちょっとあっても何の役にもたちませんが、とりあえず、今年はこれだけ実がなりましたよ~という記録だけですね。

オリーブの実を置いている緑色の器は、昨年亡くなった妻が作ったものです。
一時、陶芸にハマっていて、近くの陶芸教室に通って作った器の中のひとつです。
オリーブの実との相性がいいですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 11:55:43|
  2. オリーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンク・カクテルの可愛い蕾

こちらは、先日、大阪府柏原市の岡本ガーデンさんで一目惚れしてお迎えした、ピンク・カクテルの蕾です。

DSC_2299-L_convert_20131125121721.jpg

花もまだずっと咲いているんですが、先週末、暖かかったせいか、蕾が緩み始めました。
ピンクの花が咲くはずなのに、意外に蕾はオレンジ色なのね(汗)。
またもうすぐしたら、活き活きとした美しい花を見せてくれることを楽しみにしています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 11:53:39|
  2. ピンク・カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しい紫色のバラ、バーガンディ・アイスバーグ

DSC_2292-L_convert_20131125121703.jpg



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 11:52:54|
  2. バーガンディ・アイスバーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オールド・バルもそろそろ咲き納めかな?

こちらは、小1ヵ月ほど前に、宝塚のあいあいパークで一目惚れしてお迎えした、確実園さんのバラ、オールド・バル。

DSC_2314-L_convert_20131125121215.jpg

お迎えした時は、もっと明るいピンク色の花をたくさん付けていたのですが、その後、咲いた花は結構、赤みの強い花でした。
花持ちもとても良く、ずっと咲いている感じです。
それでも、そろそろ終わりかな?
今年の咲き納めの感じがします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 11:49:13|
  2. オールド・バル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コロンとした可愛いバラ、ロイヤル・ジュビリー

久しぶりに咲いてくれたERのロイヤル・ジュビリーですが、この日もとても美しく咲いてくれました。

DSC_2303-L_convert_20131125121752.jpg

何とも言えない美しいピンク色です。
真正面からのアングルです。
とても可愛いらしいです。


DSC_2301-L_convert_20131125121739.jpg

こちらは、右斜め前方よりのアングルです。
横から見ても、ボールのようにマン丸の姿をしています。


DSC_2313-L_convert_20131125121806.jpg

こちらは、逆サイドからのアングルです。
いいバラですね~。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 11:45:40|
  2. ロイヤル・ジュビリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室内階段の踊り場のシクラメン

今日は、ガーデンを離れて少し室内の様子を載せてみます。

こちらは、我が家の1階から2階に上がる階段の踊り場です。
ちょうど、中庭を見下ろせるような場所にあり、踊り場部分には大きなガラスの窓を取り付けています。

DSC_2273-L_convert_20131125121341.jpg

その階段の踊り場の一角に多肉植物の寄せ植えを置いているのですが、この時期は多肉植物に加え、赤いシクラメンも添えるようにしています。

ガラスの開口部の向こうに見える中庭の緑と、階段踊り場の植物とが、いい感じにコラボしています(笑)。


DSC_2270-L_convert_20131125121324.jpg

こちらは、階段踊り場部分を、目線を下げたところから撮ってみました。
朝方の光の中で撮影したので、ちょっと暗いかな?

うちの家は奈良盆地を見渡す高台にあるので、2階がリビングなので、2階に上がる頻度が高いです。
毎日1階から2階へ上り降りする際に、この階段の踊り場を通る際に、シクラメンの赤い花が迎えてくれるのが楽しみです。


DSC_2277-L_convert_20131125121357.jpg

こちらは、ピンクのシクラメンのアップです。
どうってことない普通のシクラメンです(汗)。
でも、普段撮り慣れていないこともありますが、シクラメンの花って、
写真に撮るのが難しい花ですね~。
なかなか絵にするのが難しい被写体です。


DSC_2286-L_convert_20131125121411.jpg

こちらもピンクのシクラメンを真上から見たところ。
ピンクの花の間にハート形をした葉っぱが見えますね。
ペイズリーの柄のようにも見えます。
シクラメンは花も特徴的ですが、葉っぱもとても特徴的な植物ですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 11:35:24|
  2. シクラメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バラ植え用に、テラコッタ鉢の底穴を大きくしてみました。

これまでのブログにも書いている通り、ボクはバラを始める前からのテラコッタ・フェチで、結構たくさんのテラコッタ鉢を持っています。

もともとは、チューリップの球根などを植えるために集めていたものですが、バラを始めるようになって、
できれば、集めたお気に入りのテラコッタ鉢にバラを植えたいなと思っていました。
ただ、バラは他の植物よりも水はけの良さを要求されるので、基本的には、プラスチックのスリット鉢を利用しています。
スリット鉢をそのままでは見栄えが悪いので、スリット鉢がすっぽり納まるテラコッタの鉢カバーを愛用しています。
ただ、そのテラコッタの鉢カバーが使えるのは、8号のスリット鉢までなので、少し大きく育ったバラを鉢増しする際は、どうしようかと迷っていました。

そこで、所有しているテラコッタ鉢の中で、バラ栽培に適していそうな深めのテラコッタ鉢であれば何とかなるだろうということで、
テラコッタ鉢に直植えしてみようと思いました。
ただ、ネックがあります。
バラ用に造られたテラコッタ鉢ではないので、底穴がとても小さいのです。
鉢底石を多くして水はけを良くすれば良いという話も聞きましたが、やはり底穴を大きく開けた方が格段に生育が良くなると、
先日、うかがった岡本ガーデンのローズ・マイスターさんにもお聞きしましたので、テラコッタ鉢の底穴を大きくすることにしました。

ただ、このテラコッタ鉢の底穴を大きく開けるには、それなりのリスクがあります。
下手にやると、お気に入りのテラコッタ鉢を割ってしまう可能性があるので、いろいろネットで調べてみました。
ブロ友さんにもお聞きしたりして、ドリルで削る音が凄くて、近所迷惑になるかも?とか、いろいろ懸念事項がありました。

以下、ボクが試してみた方法を記載してみますね。
実際には、心配は杞憂に終わって、とてもうまく行きましたよ(笑)。

DSC_2225_convert_20131125125255.jpg

いきなり、こちらの写真は最終段階の工程です。
テラコッタの底穴を口径にして2倍、面積にして4倍くらいに広げている様子です。


では、順を追ってボクが試してみた方法を記載してみますね。

DSC_2201_convert_20131125124949.jpg

まずは、テラコッタ鉢に水をかけて湿らせます。
乾いた状態のまま、ドリルで穴を開けると割れやすいと、ネットの情報に書いてありました。


DSC_2187_convert_20131125124749.jpg

続いて、テラコッタの底を土に押し当てます。
堅い石などの上ではドリルの振動を受けてしまうので、
振動を吸収してくれる柔らかい土の上に置いて作業を進めます。
あと、ドリルですが、ここがポイントかもしれませんが、
タイルやコンクリートに穴を開ける用のものを使います。
ドリルの説明書には、振動ドリルを使うように書いてありましたが、
一般的な電動ドリルでも全然大丈夫でした。
ちなみに、ドリルの口径ですが、ボクは6㎜のものを使いました。
小さい径のものの方が、穴は開けやすいと思いますが、
最後にその穴を割って行くんですが、あまり小さいとそれがしにくいので、
5㎜か6㎜くらいの口径が良いように思いました。


DSC_2206_convert_20131125125004.jpg

底穴の外側に同心円状に小さな穴をあけて行きます。
コンクリート用の専用ドリルを使っているせいか、音もさほど出ず、
割と簡単に穴を開けることができました。
ドリルで開ける穴の間隔も、だいたい5㎜くらいを目安にしてみました。
結構たくさんの穴を開けないといけないのが面倒ですが、
ひとつの穴を開けるのに1分くらい掛かりました。
あまりドリルに力を掛けすぎると割れてしまうかもと思ったので、
慎重に作業を行いました。


DSC_2191_convert_20131125124818.jpg

一通り底穴の周りに穴をあけました。
削りかすを水で洗い流しました。
穴の位置が不整形なのは目をつぶって下さいね。
正確に穴をあける位置を決めるなら、
予め、円形の下線を引いておくのも良いかもしれませんね。


DSC_2209_convert_20131125125035.jpg

ここでテラコッタ鉢を逆さまにします。
ドリルで穴を開ける際に逆さまにして作業をすると、
割れる可能性が高くなるかもしれません。
穴開けが終わってから、テラコッタ鉢を逆さまにします。


DSC_2207_convert_20131125125018.jpg

裏面から見た底穴周りの状況です。
もともとの小さい底穴の周りに、口径にして約2倍、
面積比では、約4倍の広さになります。
テラコッタ鉢にもよりますが、穴は15個〜20個くらい開けていたと思います。


DSC_2211_convert_20131125125052.jpg

次は、この開けた穴を広げて行きます。


DSC_2213_convert_20131125125106.jpg

ボクはマイナスのドライバーを使いました。
マイナスのドライバーを開けた穴の間に置いて、金槌でドライバーを叩きます。
そうすると、小穴の間がつながって行きます。
だんだん割れてくると、部分的に底穴が大きくなって行きます。


DSC_2214_convert_20131125125123.jpg

一通り小穴を割って行くと、最終的に大きく穴が開いた状態になります。
ただ、そのままではバリがついているので、そのバリの部分に
金槌を当てて叩きながら、穴の形を整えて行きます。


DSC_2216_convert_20131125125141.jpg

これが穴を大きくした状態です。
なかなかキレイに割れたでしょ?(笑)


DSC_2218_convert_20131125125156.jpg

テラコッタ鉢を逆さまに向けて置いてみます。
内側は少し欠けていますが、大きくは問題なさそうです。
これだけの大きさの底穴が開けば、十分バラを直植えできそうです。


DSC_2222_convert_20131125125212.jpg

こちらは、また別のテラコッタ鉢です。
底の厚みがテラコッタ鉢によってまちまちです。
今回6つのテラコッタ鉢に穴をあけましたが、
底の厚みは、だいたい5〜7㎜くらいが多かったです。
ただ、中には10㎜(1㎝)くらいある厚手のものもあります。
そういった鉢は、ドリルで穴を開けるのにも結構時間がかかりました。


DSC_2223_convert_20131125125226.jpg

先ほどと同じですが、開けた小穴をつなげるように、
マイナスドライバーを当てて、穴をつないで行きます。


DSC_2224_convert_20131125125240.jpg

小穴をつないでいくと、こんな風に部分的に底穴が大きくなって行きます。


DSC_2228_convert_20131125125311.jpg

この要領で、お気に入りのテラコッタ鉢を6つほど穴を開けました。
結構手間も掛かりましたが、これで今後は水はけを気にせず、
バラを植えれそうです。

ボクのやり方はこんな感じです。
いろいろやり方はあるかと思いますが、ご参考になれば幸いです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 08:01:54|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鉢バラを日光浴させました。

先週末の土曜日は、朝からぽかぽかの小春日和でした。
溜まっているガーデンの作業をやりつつ、中庭で鉢植えで育てているバラを日光浴させました。

うちの家の中庭は、南に向いているものの、お隣の家が近接しているため、太陽高度の低くなるこの季節は、
建物の陰になって、陽があまり当たらなくなります。
なので、こんな天気の良い日は、中庭の鉢バラを前庭の駐車場スペースに移動させて、十分日光浴させてやります。

DSC_2233-aori-L_convert_20131125122950.jpg

こちらが、前庭の駐車場にずらっと並べた鉢バラです。
バラだけでなく、クレマチスなども含めて、30鉢以上はあるんじゃないでしょうか?
奥の隣地境界際に今年2月に植えたばかりの3本のオリーブの木も一回り大きくなったような気がします。


DSC_2235-L_convert_20131125123006.jpg

上の写真では、薔薇苗が重なってよく分からないので、脚立を立てて少し植えから俯瞰的に撮ってみました。
久しぶりのたっぷりの陽の光を浴びて、バラたちも嬉しそう。
でも、バラを始めて1年で、こんなに増えてしまうとは・・・(汗)。


DSC_2154-aori-L_convert_20131125122918.jpg

別のアングルで撮ってみました。
園芸ショップの売り場みたいになってしまいました(汗)。


DSC_2157-aori-L_convert_20131125122932.jpg

逆サイドから、玄関アプローチ方向を見たアングルです。
奥に見える、建物の白い外壁に誘引している薔薇は、
左から、ドロシーパーキンス、ジャスミーナ、レッドキャスケード、
キングローズです。
ジャスミーナはこの一年でとても大きく育ちました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 07:06:02|
  2. 11月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、一番目立っているバラ、ERアブラハム・ダービー

こちらは、中庭で鉢植えで育てているイングリッシュローズのアブラハム・ダービーです。
挿し木で育てているのですが、とてもよく咲いてくれます。
この寒い時期、庭で一番目立っています。

DSC_2120-L_convert_20131125120235.jpg

朝方、真正面から撮ってみました。
枝が細い先に重い花をつけているので、垂れ下がってしまうので、竹の棒に留めています。


DSC_2127-L_convert_20131125120251.jpg

縦位置で撮ってみました。
美しく咲いています。


DSC_2129-L_convert_20131125120305.jpg

まだ、いくつか蕾もつけています。
開き切る前も十分美しいです。


DSC_2137-L_convert_20131125120322.jpg

アップで撮ってみました。
香りのなかなか鮮烈です。


DSC_2176-L_convert_20131125120337.jpg

こちらは、お昼に日が当たる状態で撮ってみた写真です。
順光で撮ると、朝方とは全く違う印象です。


DSC_2177-L_convert_20131125120351.jpg

縦位置で撮るとこんな感じ。
とても元気が出る花色ですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 06:47:45|
  2. アブラハム・ダービー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しく咲いてくれました!、ERロイヤル・ジュビリー

昨年、妻が亡くなった年に発表されたイングリッシュローズのロイヤル・ジュビリー。
1年目の今年はあまり咲いてくれませんでしたが、ようやく美しい色合いで咲いてくれました。

DSC_2096-L_convert_20131125120814.jpg

真正面から見たアングルです。
ころんとした姿が可愛らしいです。
色もとても濃くて存在感があります。


DSC_2098-L_convert_20131125120828.jpg

ちょっとアングルを変えて撮ってみました。


DSC_2101-L_convert_20131125120856.jpg

左斜め前からのアングルです。
このアングルもキレイです。


DSC_2171-L_convert_20131125120924.jpg

こちらは、少し時間が経って、光が当たった状態で撮ってみました。
上の3枚の写真は朝方に撮っていますが、やはり花の写真は朝が美しく撮れますね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/26(火) 06:39:03|
  2. ロイヤル・ジュビリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しい赤紫色で咲く、バーガンディ・アイスバーグ。

こちらは、この秋、猪名川に移転される前の伊丹ローズガーデンさんにうかがった際に購入した、バーガンディ・アイスバーグです。

DSC_2131-L_convert_20131125120539.jpg

気温が下がっているので、ほとんど蕾は上げていませんが、一輪咲いた花は、とても濃厚な赤紫色で、とても存在感があります。
バーガンディ・アイスバーグは、花弁の外側は白く咲くとカタログなどには書いてあるし、実際、初秋に咲いた花はそうでした。
でも、今咲いている花は、花弁の外側もしっかりした濃厚な赤紫色。
とてもシックな秋色で咲いています。


DSC_2117-L_convert_20131125120525.jpg

同じ花を別アングルでもう一枚。
なかなか渋い花ですね〜。
とても大人な雰囲気です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/25(月) 17:58:14|
  2. バーガンディ・アイスバーグ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近お迎えしたばかりのピンク・カクテルが咲いています。

こちらは、先日、岡本ガーデンさんで一目惚れしてお迎えしたピンク・カクテル。

DSC_2162-L_convert_20131125120612.jpg

先ほどのモーツアルトをそのまま大きくしたような花です。
普通のカクテルとはやはり違う、鮮やかなピンク色の花弁がとても魅力的!


DSC_2163-L_convert_20131125120625.jpg

房咲きで、たくさん花をつけています。


DSC_2167-L_convert_20131125120640.jpg

一輪の花にクローズアップしてみました。
シンプルな花ですが、いいですね〜。
お迎えして良かったです(笑)。


DSC_2173-L_convert_20131125120654.jpg

こちらは、裏側から撮ってみました。
逆光のアングルで撮っていますが、花弁を通して透ける光がとても美しい!



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/25(月) 17:57:15|
  2. ピンク・カクテル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭のつるバラ、モーツアルトが元気取り戻しました。

こちらは、前庭の小壁に誘引しているつるバラ、モーツアルト。
ほぼ四季咲きといってもいいほどよく咲くつるバラです。

DSC_2151-L_convert_20131125120754.jpg

アンジェラ同様、秋になってからは、イマイチ元気がありませんでしたが、ようやく元気取り戻してきました。
可愛らしい一重のピンクの花をたくさん咲かせてくれました。


DSC_2149-L_convert_20131125120727.jpg

葉が生い茂った奥で咲いているモーツアルトです。


DSC_2150-L_convert_20131125120740.jpg

秋のモーツアルトは、ピンクの色合いも少し濃いめな感じかな?
ようやくちらほら咲いてくれるようになって、賑やかになってきました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/25(月) 17:56:00|
  2. モーツアルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人知れず、アンジェラも咲いています。

前庭の一番道路に近い壁面に誘引しているのが、このアンジェラ。
春から夏にかけてずっと咲いていたんですが、さすがに秋になってからはスローペース。

DSC_2148-L_convert_20131125120407.jpg

咲く花の数も激減しました。
もともと派手さはないバラなので、群となって景色を作るほどに咲けないと、存在感が薄いですね(汗)。
ほんとひっそりと咲いています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2013/11/25(月) 17:54:48|
  2. アンジェラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (13)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (216)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2674)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (44)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (281)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (269)
アオダモ (3)
紫陽花 (65)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (558)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (212)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (37)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (64)
記事投稿告知 (23)
記事(バックアップ) (23)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR