Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

今年12月末で閉園となる、宝塚ガーデンフィールズに行ってきました。

今週の日曜日、昨年亡くなった妻の実家に少し用事があり、実家のある宝塚、そして隣町の伊丹市方面に出かけました。
妻の実家に向かう前に、2カ所、そのあと1カ所、バラ園や園芸ショップに立ち寄りました。
その時の写真をいくつかアップしてみます。

まずは、お昼前に行った宝塚ガーデンフィールズから。

   ※ 宝塚ガーデンフィールズのホームページは、こちら → 英国風ナチュラルガーデン「Seasons」

この施設、以前は、宝塚ファミリーランドがあった場所で、昔、何度か行ったことがあります。
ファミリーランドが閉園になったあと、敷地の一部に超高層のタワーマンションが2棟建ち、
その残りのスペースに宝塚ガーデンフィールズがつくられました。
ペットパークや小さなレストランなどもありますが、中核施設は、英国風ナチュラルガーデンの「シーズンズ」です。
イギリス人ガーデンデザイナーのポール・スミザーさんが設計されたガーデンです。
オープンして間もない頃に、講演会か何かで、一度行ったことはあるのですが、ちゃんと庭園を見ていなかったように思います。
この、宝塚ガーデンフィールズですが、入場者の激減等により、今年の12月24日に閉園するそうです。
そのニュースを知ってから、閉園する前に一度、ちゃんと見に行って、写真も撮っておかなければ・・・と思って、
この日、行ってきました。

園内を一周しながら、何枚か写真を撮りましたので、順路に沿って紹介してみますね。
それではスタートです。

DSC_0875-L_convert_20131030075811.jpg

まずは、こちら、施設の中核となる温室で、園内(入場料、大人600円)への入口でもあります。
ガーデンショップやカフェなどが入っています。
イギリスのガーデンにある建物のようで、とても印象的なデザインです。


DSC_0864-aori-L_convert_20131030075725.jpg

入口を抜けると、こんな風景が広がっています。
園内の中心には大きな池があり、その周りを回遊するような設計になっています。


DSC_0865-L_convert_20131030075741.jpg

温室の横を抜けて、園内を散策するルートに沿って歩いて行きます。


DSC_0870-aori-L_convert_20131030075756.jpg

こちらは、最も奥にあるサマーハウス(写真左側の建物)。
この建物中で、ガーデニングの講演会や様々な展示などが行われているようです。
以前来た時も、ここで講演会が行われていました。
サマーハウスは屋根も屋上緑化された、趣のある建物です。


DSC_0880-L_convert_20131030075828.jpg

ところどころにこういった石を積んだ壁が現れます。
古いお城の中を歩いているような感じがします。


DSC_0881-L_convert_20131030075845.jpg

また、視界が抜ける場所に来ました。
正面に見えるのが、一枚目の写真のガラスの温室です。
その奥にそびえ立っている超高層タワーマンションが、宝塚ファミリーランド跡に出来たマンションです。
(重なっていて一棟に見えますが、二棟建っています。)


DSC_0883-L_convert_20131030075900.jpg

こちらは、上の写真の反対方向を見たところ。
画家・モネの睡蓮の絵を彷彿とさせる美しい池の風景が広がっています。


DSC_0884-aori-L_convert_20131030075915.jpg

こちらは、石積みの壁で囲まれたポケットパーク的な広場空間。
ちょうどハロウィーンの時期だったので、何やら怪しげな演出がされていました。
ボク的には、ガーデンのクオリティが高いので、このような演出はないほうがよいのになぁ〜と、ちょっと思いました(汗)。
右側に見える丸い建物は、手塚治虫記念館です。
ガーデン側からも入館できるようになっていました。
宝塚ガーデンフィールズが閉園になっても、手塚治虫記念館は残るでしょうね、きっと。


DSC_0886-L_convert_20131030075931.jpg

こちらは、池に面したウッドデッキスペースです。
池を眺められるようなベンチが設置されています。
パーゴラにもつるバラが這わされていますので、咲いたらきれいだろうなと思いながら、来春にはこの施設は無くなっているだろうから、
その様子も見れなくなるのは淋しい限りです。


DSC_0895-aori-L_convert_20131030075947.jpg

こちらは、園内の西の端の方のエリアで、「泉と牧草の自然なエリア」とガイドマップには案内がありました。
英国風ナチュラルガーデンというのがコンセプトで、ガーデンデザイナーのポール・スミザーさんが監修されているので、
ガーデンのクオリティは高いのだと思いますが、花というよりグラス(草)を中心とした庭の構成は、
一般の方には少し馴染みにくいのかもしれませんね。
こんな本格的なナチュラルガーデンがなくなってしまうのは残念でなりません。


DSC_0902-L_convert_20131030080004.jpg

こちらは、シークレット・ローズガーデンという名前がつけられたエリアです。
石積みの壁面につるバラが誘引されていて、たくさんのローズヒップをつけていました。
春になったらきれいに咲くだろうなぁと思うと、またまた残念です!


DSC_0909-L_convert_20131030075603.jpg

このシークレット・ローズガーデンで咲いていたバラです。
イングリッシュローズのメアリー・ローズです。
ピンク色の花がきれいに咲いていました。


DSC_0919-L_convert_20131030075526.jpg

こちらは、濃いピンク色がとても魅力的なバラ、ピンク・スワニー。
初めて聞く名前の品種です。
ネームタグに解説が載っていました。
『モダンローズ、返り咲き、一枝にローズピンク色の花が8〜15輪ほどつくので、あふれるように咲く、香りは微香』
とても美しい色合いで、心惹かれました。


DSC_0905-L_convert_20131030075623.jpg

こちらは、紫色の花の植物、品種名を写し忘れたので、正確には分かりません。
全体的に、バラは少なく、こういった野趣あふれる植物が多いように思います。


DSC_0921-L_convert_20131030075653.jpg

こちらも詳しい品種名は分かりません。
温室の前の池に面したカフェテラスに鉢植えされていた植物です。
日本の千日紅に良く似た植物です。


DSC_0922-L_convert_20131030075707.jpg

同じ植物のアップです。
紫色がとても美しいです。


DSC_0925-L_convert_20131030075545.jpg

こちらは、グランドカバープランツのつるヒメソバです。
ピンク色の丸い花が咲きます。
うちのガーデンでも、軒のある部分にグランドカバーとして地植えしています。
このように大きなプランターで下垂させて咲かせるのもなかなか良いですね〜。
いい参考事例として、写真撮らせてもらいました。


ここからは、園外のガーデンショップで売られていたダリアの花を何枚か。

DSC_0935-L_convert_20131030075415.jpg

ちょっと陰に入ってしまったので、花の色が美しくないですが、きれいに咲いているダリアの花です。
品種名は写すの忘れました(汗)。


DSC_0936-L_convert_20131030075447.jpg

同じ品種のダリアで、まだ咲き始めの様子。
黄色からピンクへのグラデーションがとても美しいです。
それにしても、バラと違ってダリアの花のシンメトリー(対称)性は素晴らしいですね。
とてもフォトジェニックな植物だと思います。


DSC_0937-L_convert_20131030075508.jpg

こちらも同じ品種の咲き終わりの様子。
こんな風に花弁がしぼんで行くんですね〜。
今まで、ダリアにはあまり興味がありませんでしたが、今後は注目したい植物です。


DSC_0934-L_convert_20131030075355.jpg

こちらもまた別の品種のダリアです。
濃いピンク色がとても目を引きます。


ということで、長いレポート?でしたが、おつきあい頂きありがとうございました。
宝塚ガーデンフィールズ、今年の12月24日に閉園となるようです。
ご興味のある方は、是非それまでに一度、行かれてみてはどうでしょうか?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2013/10/30(水) 11:31:42|
  2. 宝塚ガーデンフィールズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (215)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2598)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (15)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (258)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (81)
ダリア (20)
牡丹 (10)
芍薬 (49)
チューリップ (163)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (260)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (3)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (25)
宿根草・多年草 (533)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (30)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (10)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (11)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (16)
水仙 (32)
スズラン (7)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (18)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (138)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (52)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (9)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (92)
サボテン類 (23)
ハオルチア類 (14)
メセン類 (16)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (210)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (35)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR