Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

ガーデンブーツを新調しました!

ここのところの庭作業で、少し気になることがありました(大汗)。

DSC_5355-L_convert_20170205184556.jpg

愛用して来たガーデンブーツの先っぽ(つま先)に穴が開いてました!(汗)。
水遣りのたびに、足先が冷たいので、よく見るとこんな状態に・・・(泣)。
きっと、棘の鋭いつるバラの誘引の際に引っ掛けて、穴が開いたものと思われます。
犯人は、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクか、ジャスミーナあたりかと思いますが(汗)。


DSC_5038-L_convert_20170205184523.jpg

こちらが、愛用して来たガーデンブーツ。
近所のホームセンターで買ったものですが・・・(汗)
買ってから3年半ほどになりますね、日付を見たら。
寿命かと思って買い替えることにしました。


DSC_5352-L_convert_20170205184533.jpg

友人に勧められて、ネットで購入したものが、届きました。
なかなか格好良いです!


DSC_5353-L_convert_20170205184543.jpg

前のよりちょっと丈が長いかな?
オシャレ用(取材対応用?:汗)には、日本野鳥の会のトレッキングブーツがあるので、
今回は、見た目より重視ではなく(大汗)、機能性というか丈夫なものを選びました。
ただ、ちょっとサイズがピッタリ過ぎた。
足は入るけど、ズボンが入らん・・・・(汗)。
もうワンサイズ大きな方にすれば良かった(泣)。
やはり、大は小をかねると。
しばらくは、これで様子見見ながら使ってみます〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2017/02/06(月) 12:00:38|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高圧洗浄機で乱張り石を洗いました。

昨年も今頃、作業しているんですが、今年もその時期になったので、先日やりました。
高圧洗浄機のケルヒャーを使って、前庭・中庭の乱張り石の汚れを落としました。

DSC_4684-L_convert_20160414114631.jpg

こちらが、ドイツ製の高圧洗浄機のケルヒャー。
ジャパネットなどの通販でおなじみのやつですね(汗)。
普段は車の洗浄に使っているのですが、年に一度、庭の床を洗うのに使っています。


DSC_4682-L_convert_20160414114619.jpg

こちらが、洗浄する前の前庭、駐車スペースの様子です。
本来は、この乱張り石はもっと黄色くてキレイなんですが、白く薄汚れてしまっています。


DSC_4685-L_convert_20160414114654.jpg

横からのアングルです。
表面が凹凸のあるこの乱張り石は、水垢が付きやすく、黒く汚れている部分も多いです。


DSC_4687-L_convert_20160414114706.jpg

高圧洗浄機を使って、洗いました。
一番手前の部分は、本来の石の色が蘇ってとてもキレイですね。


DSC_4690-L_convert_20160414114730.jpg

我が家の庭には、鉢植えがあちこちに置いてあって、それを動かさないと床の洗浄ができません。
次に作業するスペースに置いていた鉢を、作業が済んだ場所に移しながらやっています。
なので、結構、手間もかかって大変です(汗)。


DSC_4689-L_convert_20160414114718.jpg

次に洗浄するのは、こちら。
前庭の玄関アプローチ。
ロックガーデンの前あたりです。
少し前までは、この辺りには紫陽花やクリスマスローズの鉢植えがずらりと並んでいました(汗)。
それらを、画面右端の駐車場スペースに移動させました。
少しづつの鉢をローテションさせながらの作業になります。


DSC_4691-L_convert_20160414114742.jpg

高圧洗浄後の様子がこちら。
もう完全には汚れが落ちないみたいです(汗)。
でも、これくらいキレイになればいいか(汗)。


DSC_4694-L_convert_20160414114753.jpg

玄関アプローチを逆サイドから(前面道路側から)撮った様子です。
黄色い、石本来の色が出てきました。


DSC_4714-L_convert_20160414114812.jpg

前庭の作業が終わった後、次は中庭に移ります。
中庭も鉢で溢れているので、まずは、その鉢をウッドデッキの上に借り置きしました。


DSC_4716-L_convert_20160414114836.jpg

中庭の方が前庭より汚れがひどいですね。


DSC_4715-L_convert_20160414114824.jpg

90度回転して、玄関ドアから、隣地境界方向を見たアングルです。


DSC_4720-L_convert_20160414114901.jpg

洗浄前の乱張り石の様子です。
この石には、ところどころ化石が混じっています。
こちらは、シダ植物の化石かな?
でも汚れで分かりにくくなってますね。


DSC_4723-L_convert_20160414114923.jpg

高圧洗浄機で洗うと、こんなにはっきりと化石が浮き出てきます。


DSC_4722-L_convert_20160414114912.jpg

中庭は、ずっとなにがしかの鉢植えが置いてあるので、その鉢まわりは水はけが悪くなって、
水垢が石にこびりついています。
苔むして黒くなって汚いのですが、高圧洗浄すれば、見違えるようにきれいになりますよ。
一枚だけ、高圧洗浄してみました。
まわりの汚れた石との差は歴然です。


DSC_4734-L_convert_20160414114948.jpg

中庭の高圧洗浄が終わったところです。
すっきりキレイになって、石本来の黄色い色に戻りました。


DSC_4733-L_convert_20160414114936.jpg

玄関アプローチ側からのアングルでもう一枚。
すっきりしました。


DSC_4846-L_convert_20160414115037.jpg

続いて、同じ乱張り石を張り込んでいるサンルームの床も高圧洗浄しました。
ここはサンルームと言いつつも、普段はバイクや自転車などを置いている物置になっています(汗)。
それらをどかしてすっきりさせてから作業しました。


DSC_4845-L_convert_20160414115026.jpg

縦位置で、中庭方向を見たアングルです。


DSC_4843-L_convert_20160414115016.jpg

逆サイド、マウンテンバイクを吊り下げているハンガーラック方向を見たアングルです。


DSC_4840-L_convert_20160414115002.jpg

斜め上からの俯瞰のアングルです。
サンルームもすっきりしました!

ずっと懸案だった乱張り石の高圧洗浄作業もようやく終わって、いよいよバラシーズンを迎えます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/04/14(木) 16:47:43|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスローズの花茎切り用に100円ショップのハサミ買ってみました。

有島薫先生のブログにも書いてありましたが、そろそろクリスマスローズの花茎切りをしなくては・・・。
クリスマスローズの花茎切りの際に、ウィルスの感染防止のために、一株づつハサミを換えているとのことで、
習ってボクも100円ショップでいくつかハサミを買ってみました。

DSC_4461-L_convert_20160406123858.jpg

見た目はそこそこなんですが、切れ味はね〜(汗)。
やっぱり値段相当の切れ味でした(大汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/04/07(木) 11:41:53|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作っていたサビ釘を紫陽花の鉢に使いました!

少し前に、青い紫陽花を濃いブルーで咲かせるために、青色で咲く肥料を入れた
話を書きましたが、その時に、もうひとつ準備していたのがこちら。
鉄製の釘を錆びさせて使おうと思っています。
我が家の庭の土は、アルカリ性に触れているのか、ブルーの紫陽花は色が濁り、
ピンクの紫陽花は赤くなって咲きます(汗)。
土を酸性にしておくために、錆びた釘を土に挿しておけば良いという話を聞いた
ことがあります。

DSC_2326-L_convert_20160227221821.jpg

水に浸けて錆びさせて釘はこんな感じになってました。


DSC_2327-L_convert_20160227221837.jpg

出してみるとこんな感じ。
まだサビの程度はしれていますが(汗)、せっかちなもので、
この段階で鉢に挿してしまおうと思います。


DSC_2328-L_convert_20160227221901.jpg

こんな感じで、ブルーの紫陽花の鉢に突き刺しました。
写真は先だけ挿していますが、このあと、全部土の中に入れました。
どれだけ効果があるか分かりませんが(汗)、とりあえず実験です〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/27(土) 22:36:11|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

簡易型ソーラー照明を試しに購入してみました。

少し前、インターネットショップで頼んでおいたブツが届きました(汗)。

DSC_2294-L_convert_20160225131236.jpg

届いたのはこちらの箱。
外部で使えるスパイク型(土に突き刺して使う)照明器具です。
我が家の前庭の小壁をライトアップするために、試しに購入してみました。
その場所は、電源が近くになく、仮に遠くからケーブルを引き回したとしても、
玄関アプローチをケーブルが跨ぐことになり、現実的ではないので、電源が不要なソーラータイプのものにしました。
こういったソーラータイプの照明器具を使うのは初めてですし、充電が上手く行くのか、光量は十分なのか、
やってみないと分からないので、失敗しても良いようにリーズナブルなものを選んでみました。
ガーデン資材メーカーのタカショーさんの製品で、2500円程度のもので、2灯セットの商品です。


DSC_2296-L_convert_20160225131248.jpg

箱を開けるとこんな感じです。
組み立て式のようです。


DSC_2297-L_convert_20160225131259.jpg

入っていたパーツを取り出すと、こんな感じです。
2500円程度のものなので、パーツは樹脂製です(汗)。
おもちゃのような感じですが、まぁ、仕方ないですね(大汗)。
耐久性とかには、懸念が残りますね。


DSC_2298-L_convert_20160225131310.jpg

組み立て式といっても、スパイク部分を挿して、コードをつなぐだけなので、
5分もあれば組み立て完了しました。


DSC_3904-L_convert_20150909202901.jpg

今回、このソーラー照明を試してみたいと思っているのは、我が家の前庭です。
こちらは、昨年の5月のバラが満開の頃に撮った一枚です。
ナイトガーデニングを実践してみようと思って、仮設照明も含め、前庭のバラをライトアップしてみました。
画面右側の引き込み電柱の足元から左上方向、我が家のシンボルツリーである株立ちのエゴノキに向けて
照らしている照明は、本設のものです。
常夜灯的なもので、センサー付きで、暗くなると自動で点灯し、朝まで照らしています。
なので、消費電力の小さいLED照明です。
高さ5m以上あるシンブルツリーを下から照らし上げるので、かなりのパワーのある照明器具で、そこそこのお値段がします(汗)。
奥の、建物の壁面を覆うつるバラを照らしている照明器具は、仮設で設置したものです。
普段は点灯していません(汗)。
今年もバラのシーズンだけ設置しようかな〜と思っています。
それで、今回買い求めたソーラー照明は、この前庭一番道路側、シンボルツリーのエゴノキのすぐ後ろにある小壁を
ライトアップしたいと思っています。
この壁面もぼんやりと光ると、より庭に奥行き感が出るはずです。
今回のテストでうまくいけば、この画面の左側、隣地境界沿いに植樹しているオリーブの木を下からライトアップするのにも
使えるかもしれません。
とはいえ、あまり明るすぎると逆にうるさいので、ぼんやりと光る程度の照明器具で良いのです。
あとは、光の色ですね。
蛍光灯のような白い光(色温度の高い光)だと、他の光と合わないので、電球色のような赤い光(色温度の低い光)を放つ
照明器具が良いのです。
そんなことで、ネットの口コミなどを参考にさせていただいて選んだのが今回のタカショーさんのソーラー照明なのです。


DSC_2303-L_convert_20160225131416.jpg

今朝、出勤する前に、ささっと組み立てて、前庭の玄関アプローチ脇の花壇に設置してみました。
2灯あるので、一灯は前面道路側、もう一灯は壁の裏側(ロックガーデン側)の壁面を照らすように設置しておきました。


DSC_2301-L_convert_20160225131349.jpg

一番のポイントは、日中にどれだけ充電ができるかかな〜と思います。
なるべく、木々の影にならない場所を選んで設置してみました。


DSC_2300-L_convert_20160225131323.jpg

こんな感じです。
ちょうどクレマチス・アラベラが地植えしてあるすぐ横あたりです。


DSC_2302-L_convert_20160225131403.jpg

さらに引くとこんな感じ。
小さいものとはいえ、やっぱり目立ちますよね〜(汗)。
目立たないように置こうとすると、草木の影になって
ソーラーパネルに十分な光が当たりませんしね。
このあたりがジレンマですね(大汗)。
とりあえず、今日は一日中、天気が良さそうなので、
帰宅した時にどれだけ光っているか、楽しみに帰ります〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/25(木) 13:46:34|
  2. ガーデングッズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (215)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2595)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (14)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (255)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (14)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (7)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (77)
ダリア (20)
牡丹 (7)
芍薬 (46)
チューリップ (161)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (251)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (2)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (21)
ヒュウガミズキ (11)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (22)
宿根草・多年草 (521)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (29)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (9)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (9)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (13)
紫蘭 (16)
水仙 (30)
スズラン (7)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (19)
ディモルフォセカ (18)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (9)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (22)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (133)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (49)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (7)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (92)
サボテン類 (23)
ハオルチア類 (14)
メセン類 (16)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (140)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (4)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (1)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (9)
ローズガーデン・プロジェクト (17)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (12)
吉田病院「癒しの庭」PJ (2)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (207)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (13)
バラの薬剤散布 (34)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (9)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR