Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

中庭のウッドデッキにジャラオイル塗装しました。

我が家の中庭には、3年半前に実施したガーデンリフォームの際に、
DIYデウッドデッキテラスを設置しました。

DSC_4901-L_convert_20160414124838.jpg

それからずっと風雨に晒され、かなり見た目が悪くなって来ました。
もともと耐久性に優れた南洋材を使用しているので、朽ちたりとかはしていません。
なので、見た目を改善するためのジャラオイルを塗布しようと思います。


DSC_4900-L_convert_20160414124823.jpg

下足で上り下りもしていますので、足形も付いたりしていますし、
鉢植えをここに載せたりもしていますので、鉢の跡などもついてしまっています(汗)。


DSC_4531_convert_20130811124326.jpg

今回使用するジャラオイルとはこんなのです。
ウッドデッキ製作時にも使いました。


DSC_4902-L_convert_20160414124850.jpg

ウッドデッキの表面にジャラオイルを塗り終えました。


DSC_4903-L_convert_20160414124902.jpg

製作時には、部材を組み立てる前に全面に塗っているのでキレイでしたが、
今回は組み上がったまま塗るので、目地の側面などが塗れないので、きれいさはそこそこですね(汗)。


DSC_4904-L_convert_20160414124914.jpg

こんな感じで、バラシーズンを前に、懸案だったウッドデッキの再塗装も終えたので、
ちょっと気が楽になりました〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/04/14(木) 16:53:35|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるバラ誘引用のダミーの雨樋を設置しました!

今回は、久しぶりにDIY工事を実施しましたので、そのことを書いてみようと思います。

DSC_1983-L_convert_20160215235022.jpg

今回のDIY工事で使う材料はこちら。
そう、雨樋です。
白い雨樋のパイプ(1.5mくらい)を2本、ジョイントパーツが3個、そして固定金物が3個です。


DSC_1984-L_convert_20160215235033.jpg

この雨樋の設置を考えているのがこちら。
中庭のウッドデッキテラスの奥、建物南側の細い通路状の場所です。


DSC_1987-L_convert_20160215235113.jpg

まずは、白いパイプを2本つないで、取り付けたい場所に仮に置いてみました。
画面中央のがソレです。
右側に見えるのは、既存の雨樋です。


DSC_1986-L_convert_20160215235102.jpg

何故、この雨樋を設置するかって?
その理由がこちらの画像を見ていただくと分かるかな〜と思います。
ここは、中庭の一番奥のウッドデッキテラスの脇にある雨樋なんですが、
ここのスパニッシュ・ビューティとパレードの2本のつるバラを誘引しているんです。
もともとは、スパニッシュだけだったんですが、今年は鉢植えのパレードを
ここに置いて、シャッター雨戸隠しの木製ルーバーに誘引するために、
この白い雨戸を使っています。
この1本の雨樋に2本のつるバラを誘引しているのですが、少し窮屈なんです。
なので、今年秋に、パレードが大きく成長した際に、鉢植えから地植えに変更し、
上の方に誘引するための足がかりとなる縦の棒が必要になったのです。
竹竿でやろうかとも思ったのですが、結構目立つので、雨樋をダミーで使うことを
思いつきました!


DSC_1985-L_convert_20160215235045.jpg

パレードを鉢植えから、ここに地植えするのは、今年の秋〜冬にかけての
タイミングで考えているので、今この雨樋を立てる作業をしなくても良いのですが(汗)、
今、他にやることもないので(大汗)、時間のある時にやってしまおうということで、
この日、実施しました。
写真は、そのダミーの雨樋を設置する前のビフォー画像です。
手前の白い雨樋は、既存のものです。


DSC_1988-L_convert_20160215235126.jpg

ダミーの白い雨樋を半分設置したところです。
ここから更に半分、上に継ぎ足します。


DSC_1989-L_convert_20160215235140.jpg

雨樋の設置方法は、このL型の金物を使って、モルタル壁にビスで留めます。


DSC_1990-L_convert_20160215235153.jpg

反対側から見たところです。
素人でも簡単に出来てしまいます。
ダミーの雨樋を使えば、不要に目立たず、つるバラの誘引のための縦方向の支えがつくれますよ。


DSC_1991-L_convert_20160215235205.jpg

設置完了後の写真がこちら。
建物コーナー部分に設置したのがそれです。
最初から、ここにあったかのように見えますね(笑)。


DSC_2042-L_convert_20160216000006.jpg

もう少し引いて撮ったのがこちら。
雨樋は3メートルくらいしかなく、どことも接続していません。
ただ、縦方向に一本あるだけです。
ちょうど、小庇の高さと同じくらいなので、自然な感じに納まっています。


DSC_2043-L_convert_20160216000034.jpg

もう少し、斜め横から見るとこんな感じです。
建物コーナー部分に設置したダミーの雨樋を伝わせて、シャッター雨戸隠しの
木製ルーバーフェンスにつるバラのパレードを誘引する予定です。
その際には、足元のツツジを抜かないといけませんけどね(汗)。


DSC_2044-L_convert_20160216000048.jpg

反対サイドから見たところです。
どこから見ても自然な感じに納まっているでしょ?
結構使える手ですね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/16(火) 07:42:54|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

挿し木苗保管用の木箱を塗装してみました。

バード・フィーダーの塗装をする際に、ついでにこんなものも一緒に防腐塗装をしてみました。

DSC_1768-L_convert_20160204170338.jpg

挿し木苗などを保管しておく用の木箱です。
ちょっと濃かったかな〜(汗)。
まぁ、いいか(笑)。
挿し木は、だいたい黒いポリポットに入れているので、グッと締まった感じにも見えるしね。
写真は、サルビアと紫陽花の挿し木苗を、もう少し暖かくなるまで、この木箱に入れて、サンルームで保管します。


DSC_0772-L_convert_20160113150248.jpg

少し前まではこんな感じでした。
元々はワイン箱のように見えますが、ワイン箱は画面右端に積み上げているものです。
風通しが良いように、側面にスリットが空いているこちらの箱を挿し木苗保管用に再利用しています。


DSC_9767-L_convert_20151116123113.jpg

大元はこちらです。
中庭のブロック塀に、外壁と同じ、白い大理石タイルを貼るために、材料を取り寄せた時に、
タイルが梱包されていた木箱なんです。
重いタイルを収納していた木箱なので、結構丈夫なんですよ。
廃棄するのはもったいないので、再利用することにしました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/04(木) 17:20:02|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中庭の隣地境界ブロック塀のタイル工事の残りを仕上げました。

この日は、最後に残った大仕事、中庭の隣地境界沿いのブロック塀のタイル張り工事の残工事を仕上げました。

DSC_0931-L_convert_20160113150611.jpg

こちらが昨年から一年越しの懸案事項だった、我が家の中庭の隣地境界にあるブロック塀です。
このブロック塀の両サイドに設置している黒い木製フェンスを、昨年やり変えて、
高さを倍の1.8メートルのものにしました。
その新しい木製フェンスの高さに合わせるべく、真ん中のブロック塀もブロックを2.5段分積み増ししたのです。
ブロック工事は、一年前の2月に実施済みなんですが、仕上げの白い割肌の大理石タイルの調達が遅れ、
タイルを張る工事は、ほんの少し前、昨年の12月末にようやく実施することができました。
ただ、馬目地(タイルを半分ずらしながら貼って行く方法)で施工したので、どうしても端部に半端モノ(半割タイル)が
必要になってしまいます。
ですが、プロに頼まず自分でDIY工事でやっているので、この堅い石のタイルを半分に割るのが大変で、
延び延びになっていました。
その様子がこちらの写真です。
端っこにタイルを貼っていない部分がみえていますね。
やっぱり気になるので、早く施工してしまいたいと思います〜(汗)。


DSC_0929-L_convert_20160113150547.jpg

ようやく重い腰を上げて実施することにしました。
要は、この大理石タイルを半分に切れば良いのですが、特別な工具は持っていないし、
これまでもウッドデッキやパーゴラを自作でつくってきましたが、材料を切る作業は怖いので(汗)、
予め必要な寸法を工場で切って出荷してもらったり、家のリフォームのついでに
大工さんに材料だけを切ってもらったりしていました。
今回はそういう訳にもいかないので、近くのホームセンターに行って、レンタル工具で
ディスク・グラインダーを借りて来ました。
刃は消耗品なので、自分で買ってくださいとの事でした。
刃はタイル、コンクリート用で、約1500円くらいだったかな〜。
レンタル料も、1泊2日で250円くらいで済みました。
タイルを半分に切るだけの単純作業なんですが、このディスク・グラインダー、刃が直接出ているので、
やっぱり怖いですね〜(汗)
集中していないと、手を切ったり、それでは済まない大怪我をする可能性もあるので、
慎重に慎重を重ねて作業をしました。


DSC_0930-L_convert_20160113150559.jpg

何とかタイル(石ですが:汗)を半分に切ることができました(大汗)。
結構、怖かったです〜。
もう二度とやりたくない作業ですね〜(笑)。
ボクは、あまりDIY 作業には向いていないかもしれませんね〜(汗)。
精度もかなりいい加減で、お恥ずかしい限りですが、そういうところは目をつぶります。
A型ですけど(大汗)。


DSC_0939-L_convert_20160113150624.jpg

そして、いきなりの完成形です。
近くでみるとボロが目立ちますが(汗)、遠くから見ると分からないですよね〜。
まあ、良い感じに仕上がったことにしておきましょう(笑)。


DSC_0940-L_convert_20160113150637.jpg

斜め横からのアングルです。
このアングルで見ると、いろいろボロが出ます(汗)。


DSC_0941-L_convert_20160113150649.jpg

反対側からのアングルです。
こちらも同様です(汗)。
ですが、構想1年、実現までさらに1年かかりましたが、ようやく完成して良かったです〜(笑)。
これで、心おきなく春を迎えることができます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:37:52|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭につるバラの誘引作業用に、御影石の足場石を設置しました。

今回は、我が家の前庭のプチ改良工事について書いてみます。

DSC_0767-L_convert_20160113150151.jpg

こちらは、我が家の前庭、高木の株立ちのアオダモやユキヤナギ、それにつるバラのドロシー・パーキンスに
ジャスミーナも地植えしている花壇の写真です。
写真の大部分を占めているように見えるのが、黄色く紅葉したユキヤナギです。
今回のプチ改良を行うのはこの部分です。


DSC_0791-L_convert_20160113150206.jpg

ユキヤナギの手前(外側)に、この花壇を囲むように植えているのが低木のシモツケと、
その足元のグランドカバー植物がタマスダレです。
今回のプチ改良工事の作業をしやすくするために、低木のシモツケの枝を
思い切って短く剪定しました。
すると、この場所が抱えている問題点が良いはっきり見えて来ます。
昨年末に、この花壇部分に株元がある2本のつるバラ、ドロシー・パーキンスと
ジャスミーナの剪定&誘引作業を行いましたが、株元に立ち入るために、
この花壇の中に何度も足を踏み入れたために、花壇の中程が踏みしめられて
堅くなっています。
また、花壇のエッジ部分に植えているシモツケの枝が折れたりしてしまいました。


DSC_0821-L_convert_20160113153009.jpg

この部分を縦位置に撮って見たのがこちらです。
真ん中の高木が、株立ちのアオダモです。
その両側の足元に、2本のつるバラの株元があります。
このつるバラの古いシュートを株元から剪定したりする際、
この花壇の中に立ち入ることになります。
また剪定作業の際にも、脚立を立てて作業をしますので、
何度も足を踏み入れ、荒れてしまいました(汗)。


DSC_0820-L_convert_20160113152947.jpg

そんなこともあって、この花壇の中に、剪定&誘引作業の際の足場となる踏み石を置いた方が良いのではと、
考えるようになりました。


DSC_0822-L_convert_20160113153021.jpg

そこで、購入したのがこちらの300角のサビミカゲ石の石板です。
我が家では、いろんなところにこのサビミカゲ石の踏み石を使っています。
簡単に手に入る材料ですし、つくり込まれた工業製品ではないので、庭の雰囲気にも合わせやすいかな〜、と思います。


DSC_0826-L_convert_20160113153033.jpg

この2枚の踏み石を所定の場所に仮置きして様子をみてみました。


DSC_0827-L_convert_20160113153046.jpg

こちらは、向かって左側、つるバラのドロシー・パーキンスの株元です。
あまり株元に近いとバラの生育に悪影響がでそうなので、多少離しながら、誘引作業のしやすい位置を探します。


DSC_0828-L_convert_20160113153059.jpg

こちらは反対側、向かって右側、つるバラのジャスミーナの株元付近です。
少し土を削って平らにして、踏み石が動かないように慣らします。


DSC_0830-L_convert_20160113153124.jpg

踏み石の廻りに土を敷き詰めて完了です。
とりあえず置いているだけです。
将来的に撤去も簡単です。


DSC_0829-L_convert_20160113153113.jpg

正面から見たところです。
今は植物が落葉していて、この御影石の踏み板が目立ちますが、葉が茂ってくれば、
ほとんど気にならなくなるかと思います。


DSC_0871-L_convert_20160113153153.jpg

踏み石の設置作業のあと、低木のシモツケの植え替え、ならびに縁に植えたタマスダレを撤去して、
ネペタに植え替えをしているんですが、その辺りはまた別の記事で書きますね。
こちらが、全ての作業を終えた後の様子です。
かなりすっきりしました。


DSC_0872-L_convert_20160113153207.jpg

目線を下げてもう一枚。
こんもりと山のような花壇となっています。
水遣りをして落ち着かせました。


DSC_0875-L_convert_20160113153221.jpg

横からのアングルです。
花壇の一番外側に宿根草のネペタ(キャットミント)、その内側に低木のシモツケ、
そしてその内側にシンボルツリーの株立ちのアオダモ、建物の外壁面に添って、
低木のユキヤナギとつるバラを2株づつ植え込んでいます。
小さなスペースですが、何重にも植物を重層化させて植え込んでいます。


DSC_0925-L_convert_20160113150934.jpg

反対側からのアングルです。
ここに足場となる踏み石が設置されたので、次回からは作業もしやすくなると思います。


DSC_0920-L_convert_20160113150918.jpg

ついでももう一カ所、サビミカゲ石の踏み石を設置しました。
前庭の最も道路側の花壇、我が家のシンボルツリー、株立ちのエゴノキの足元付近です。
こちらの白い大理石タイルを貼った壁面にも、裏側からつるバラのモーツアルトを誘引している上、
鉢植えのクレマチスもこの壁面に誘引するため、この花壇の中にも何度も足を踏み入れます。
なので、ここにも作業用の足場として、先ほどよりひと回り大きな 300×600の大きさのサビミカゲ石の踏み石を設置しました。
ちょっと今は浮いている感じもしますが、こちらも春になって葉が茂れば、ほとんど気にならなくなると思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:16:35|
  2. DIY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞
バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
各月毎の庭の様子 (236)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (13)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (6)
バラ (2882)
アイズ・フォー・ユー (61)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (85)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (102)
カーディング・ミル (5)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (0)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (1)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (44)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (0)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (57)
ジョン・クレア (3)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (41)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (48)
スワン (2)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (60)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (55)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (26)
ヒースクリフ (0)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (47)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (0)
マダム・イサーク・ペレール (20)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (0)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (85)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (9)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (21)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (53)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (60)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズA(品種不明バラ) (8)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (306)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (15)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (21)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (6)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (1)
美佐世 (1)
ムーンビーム (10)
流星 (13)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (83)
ダリア (20)
牡丹 (14)
芍薬 (58)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (312)
アオダモ (3)
紫陽花 (97)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (20)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (17)
ジャカランダ (1)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (1)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (24)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (581)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (33)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (36)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (9)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (5)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (28)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (4)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (24)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (143)
オダマキ (4)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (15)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (97)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (18)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (148)
まつおえんげい (18)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (43)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (5)
叔母の家のバラ庭 (11)
ローズガーデン・プロジェクト (46)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (34)
吉田病院「癒しの庭」PJ (5)
吉野・K邸ガーデンPJ (7)
僕の栽培メソッド (3)
バラの作業 (243)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (24)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (10)
バラの肥料やり (18)
バラの薬剤散布 (50)
バラの害虫 (3)
ローズヒップ (2)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (22)
球根 (23)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (54)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
チャレンジ・チェルシー (1)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (18)
dinos ガーデンスタイリング (80)
記事投稿告知 (30)
記事(バックアップ) (30)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (10)
旅行・小旅行 (12)
その他 (79)

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR