Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

大変お待たせいたしました〜(汗)、3週間ぶりのブログ更新です(大汗)

このブログを楽しみにして下さっている皆さま、大変申し訳ありません〜(大汗)。
前回記事を書いてから、3週間、ずっとブログの更新ができないままでした。
何かあった訳ではないのですが、ゴールデンウィーク以降、今年もバラシーズンに突入し、
あっと言う間に3週間が経ってしまいました(汗)。

その間、バラのセミナーに行ってみたり、新しくたくさんのバラ友さんとお知り合いになっていただいたことで、
バラ友さんのお庭にお邪魔させていただいたり、我が家のバラ庭を見ていただいたり・・・・、
そして、シーズン真っただ中で、関東遠征し、今年も「国際バラとガーデニングショウ」を見に行き、
その後、関東のバラ園を2ヶ所駆け足で廻る弾丸ツアーをしてきました。
地元に戻ってからは、新聞社さんや地元のTV局の取材などがあり、園芸研究家の先生ご一行様がお越しになったり、
今日は、高校の同級生たちと「バラの園遊会」と称してガーデンパーティを開いたりと、休むヒマもなく、
バラに始まりバラに終わる3週間を過ごしてきました(大汗)。
その間、ほぼ毎日のように数百枚の写真を撮り続けていますので、当然ながら、写真の整理が追いつかず、
ブログの更新もままならないという悪循環に陥っております〜(汗)。

とはいえ、その間にどんどんと我が家のバラも咲き進み、いよいよ今年もフィナーレ間近になってきました。
明日5月22日(日)と来週28日(土)、29日(日)はオープンガーデンを開催することにしているのですが、
連日の暑さで、ここ数日で大方のバラが散ってしまいそうな状況です(汗)。

そんなことで、ここ3週間の活動記録は、また後日ブログのバックデートで掲載させていただこうとは思っていますが、
いつになることやら・・・(汗)。
気長にお待ちいただけたら有り難いです。

とはいえ、今年のフィーナーレを目前にした我が家のバラ庭の様子を何枚か、載せてみますね。

DSC_9643-L_convert_20160521183440.jpg

こちらは、我が家の前庭のガラス扉まわりのつるバラ風景です。
遅咲きのバラが多い前庭は、今がちょうど盛り、ほぼ満開を迎えています。
写真は2日前の、5月19日のものです。
昨年5月に、ガーデン雑誌「ガーデンダイアリー」さんの取材を受けたのですが(『ガーデンダイアリーVol.4』)、
その際、写真家の福岡将之先生が撮影された写真と同じアングルから撮ってみました。
自分では、何百枚も写真を撮っておきながら、福岡先生が撮影されたベストショットのアングルの写真は撮ったことがありませんでした。
こんな風に切り取れば、印象的な絵になるんだと、とても感銘を受けたアングルで、自分も撮ってみました。
今年は、昨年以上にバラの花がキレイに咲いているような気がします。


DSC_9644-L_convert_20160521183459.jpg

こちらは、昨年も撮ったおなじみのアングルで撮影したものです。
ガラス扉を開けると、奥に中庭が広がっています。
中庭の方は、早咲きのバラが多いので、既にピークを過ぎて散り始めています。
手前の建物外壁の白い壁面に誘引しているバラですが、
向って右側上部の濃いピンクの小輪房咲きのバラは、キング・ローズ、その下の小さな赤い花がレッド・キャスケード、
そして、今年はそれに加え、ニューカマーのアントニオ・ガウディ(ピンクのバラ)を誘引しています。
一方、ガラス扉の向って左側、上部の淡いピンクの房咲きのバラは、ジャスミーナ、
そしてその下で咲くピンクのバラが、レオナルド・ダ・ヴィンチ、
さらにそに下で、鉢植えで咲かせている赤いバラがレッド・レオナルド・ダ・ヴィンチです。
画面左端から我が家のメインローズのドロシー・パーキンスのピンクの花が咲き始める予定ですが、
ドロシーは、超遅咲きのつるバラなので、まだこの写真を撮った時には、ほとんど咲いていませんでした。
この写真から2日経った今日(5月21日)は、その遅咲きのドロシー・パーキンスの開花も始まり、
いよいよ我が家のバラシーズンのフィナーレを迎えることになります。

そんなことで、とりあえず、現状報告です。
ここに至るまでの状況は、また後日、バックデートという形になりますが、おいおい載せていきますので、
気長にお待ちいただけたら幸いです。
どうかよろしくお願いいたします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/05/21(土) 19:09:54|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

2015年、バラのナイトガーデニング(実験編)

(2015年5月のバックデート記事です)

さて、今回は、バラ最盛期の今年5月に、夜のライトアップ風景を撮影すべく実験をした時の写真を振り返ってみます。
以前にも、ダイジェスト版として同じような形で載せてはいるんですが・・・(汗)
良かったら、お付き合いください。

実は、今年もいくつかのガーデンコンテストに応募させていただいたんですが、昨年応募時との違いを出すのが
結構難しくなって来ました。
そんなこともあって、少し趣向を変えた見せ方ということで、夜景にチャレンジしてみました。

DSC_3904-L_convert_20150909202901.jpg

こちらが、我が家を前面道路から見た全景です。
いわゆるマジックアワーと呼ばれる、日没ギリギリのタイミングを待って、ここぞというところで一気に写真を撮りました。
マジックアワーはたった15分くらいしかないのです。


DSC_3905-L_convert_20150909202915.jpg

超広角レンズを付けて、ズームしたり広角端で撮ったり、また自分自身が前に行ったり後ろに下がったり、
いくつか試しながら、何枚も撮りました。
この写真で見るより、実際はもっと暗いので、三脚を立てて、長い間シャッターを開けたままにして撮っています。
背景は、夕焼けとは反対側の東側の空ですが、いい色合いになってくれています。


DSC_3911-L_convert_20150909202953.jpg

真正面からだけでなく、少し斜めに振っても撮りました。
写真左サイドの隣地境界部分には、オリーブの木を列植しているんですが、ここには光がなく、
暗く沈んでいますね。
あまりたくさんの照明器具を付けて照らし上げるのも、商業施設ではないので不自然になるので、
メインの壁面とシンボルツリーだけをライトアップしています。


DSC_3912-L_convert_20150909203006.jpg

今度は反対側、玄関アプローチ側からのアングルです。
こちら側は、人の通行路ということもあって、ある程度の明るさが確保されています。


DSC_3918-L_convert_20150909203046.jpg

実はこのナイトガーデニング、今年初めて実験的にやってみたものなんです。
シンボルツリーのライトアップは以前から常設でやっているのですが、
建物外壁に誘引したつるバラをライトアップするのは、今年が初めてでした。
樹説する照明機器もなく、スパイク形の照明器具を2灯、両サイドから当てています。
この写真では、延長コードにつなげた照明器具が見えていますね(汗)。
仮設感漂う写真です(大汗)。
以前に載せていたナイトガーデニングの記事では、この写真は載せていなかったと思います。
舞台裏が分かるメイキング画像です。


DSC_3910-L_convert_20150909202941.jpg

少し寄って、仮設の電源ケーブルが分からないアングルにしました。
下から照らし上げられた高木のアオダモの影が、2回のサーモンピンクの壁に影を落とし、
少し幽玄な雰囲気が出ているかな〜と思います。
シャッタースピードが遅いので、風で揺られたアオダモの樹形がブレていますね。


DSC_3909-L_convert_20150909202928.jpg

こちらは、更に壁側に寄った写真です。
サイドからの光で照らされたバラの花がとてもいい感じです。
こちらの写真では、中央の高木、アオダモもブレずに静止しています。


DSC_3922-L_convert_20150909203119.jpg

ちょっと実験的に、照明の当て方を変えました。
ひとつ上の写真では、バラには両サイドから光を当てていますが、こちらの写真では正面から(撮影している側から)
光を当ててみました。
また、建物に取り付けられたブラケット照明も消してみました。
バラの花ははっきり見えますが、陰影がなくなって、平面的に見えますね。
やはり横から光を当てた方がキレイですね。
いろいろ実験です(笑)。


DSC_3921-L_convert_20150909203106.jpg

こちらの写真は、壁に対して正面から光を当てたまま、カメラの位置を斜め横に移動しました。
このアングルだと、こういう光の当て方もありかな〜と思います。
たくさんのバラの花に光があたって、夜桜的な感じがします。


DSC_3914-L_convert_20150909203032.jpg

こちらは、カメラアングルを変えて撮った一枚です。
玄関アプローチ部分のアップです。
中庭と前庭を仕切るガラス扉が正面に見えて、奥へ奥へと導かれる感を出したかった写真です。
こちらも実はメイキングが像で、中庭側から、延長ケーブルで前庭に照明器具を持って行っているんですが、
その延長コードが見えてしまっています(汗)。
マジックアワーが限られた時間だったので、細かい調整ができず、時間優先で何枚も撮りました。


DSC_3913-L_convert_20150909203019.jpg

こちらは、画角を変えて、なおかつトリミングで、その延長コードを分かりにくくしました。
それでも写り込んでしまっていますけどね(汗)。
この辺りは来年に向けての課題ですね。
とりあえずは、今年はこんな感じで実験的なナイトガーデニングをやってみました〜。
今思えば、こんなこともやっていたんだなぁと懐かしいです(汗)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/12/02(水) 06:21:00|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭全景(2016年5月29日)

(2015年5月のバックデート記事です)

2016年5月29日、この年のバラの最盛期を迎えたこの日、何枚も写真を撮りました。
今後の撮影アングルの参考のために、少し整理しておこうと思います。
まずは、前庭の全景写真をいくつか。

DSC_3816-L_convert_20150909202232.jpg

最初、写真を撮り始めた時、家の背景となる空は雲っていました。
白い雲が背景になるとこんな感じです。
このアングルでは、脚立に乗って、1階と2階の間くらいがカメラのレンズの高さになっています。


DSC_3824-L_convert_20150909202243.jpg

撮影を続けていると、少し晴れ間が広がってきました。
良い感じの雲が背景に来ました。
これくらいがベストかも知れませんね。
こちらは、脚立なしで手持ちで撮ったので、上の写真より少し目線が下がっています。


DSC_3883-L_convert_20150909202424.jpg

同じ目線のまま、少し広角側にレンズをセットしました。
背景の空も真っ青になりました。
サーモンピンクの外壁とのコントラストもなかなか良いです。


DSC_3862-L_convert_20150909202358.jpg

再び脚立に乗って、レンズを少し絞って、建物が大きく画面の中に入るようにして撮ったのがこちら。
画面のセンターを建物のセンターに合わせています。


DSC_3856-L_convert_20150909202554.jpg

こちらは、前面道路を向かって左に少し行ったところから撮影したアングルです。
駐車場部分が画面のセンターになるアングルです。
片流れの勾配屋根が、かなり強調されて見えるアングルになります。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/12/02(水) 06:20:47|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄関アプローチ側から見る前庭風景(2016年5月29日)

(2015年5月のバックデート記事です)

今回は、2016年5月29日のつるバラ最盛期の前庭風景の中から、今回は玄関アプローチ側から見たものを
いくつか、撮影アングル研究のために載せておきます。

DSC_3818-L_convert_20150909202454.jpg

こちらは、脚立に乗って高い位置から見た玄関アプローチ側の前庭全景です。
今まで、撮っていそうで撮っていなかったアングルだと思います。


DSC_3882-L_convert_20150909202509.jpg

少しづつ歩きながら撮ってみます。
これは、比較的浅い角度で、玄関アプローチ側から見た前庭風景です。


DSC_3888-L_convert_20150909202522.jpg

同じ場所から、少しレンズの口径を絞って撮ったのがこちら。


DSC_3889-L_convert_20150909202536.jpg

少し右に移動して、奥のガラス扉(開いていて見えませんが:汗)が見えるアングルから撮ってみました。
こちらに向かって、片流れ屋根が傾斜してきていますので、建物は小さく見えますね。


DSC_3891-L_convert_20150909202611.jpg

同じ立ち位置のまま、レンズの画角を絞って撮ってみました。
ずいぶん印象が変わりますね。


DSC_3893-L_convert_20150909202624.jpg

玄関アプローチをかなり進んで、ガラス扉の近くまで来て撮ったのがこちら。


DSC_3773-L_convert_20150909205344.jpg

そして、こちらは良く使っている、お気に入りの一枚。
かなり広角側の画角で撮っています。
我が家の前庭のベストアングルに近い一枚になりました。


DSC_3809-L_convert_20150909205437.jpg

ガラス扉を閉めて、少し引いて撮ったのがこちら。
この囲われ感もなかなか良いです。


DSC_3812-L_convert_20150909205507.jpg

ガラス扉を取り囲むように咲いたつるバラたちです。


DSC_3808-L_convert_20150909205423.jpg

少し立ち位置を左に移動すると、ガラス扉から奥に中庭が見えて来ます。



DSC_3722-L_convert_20150909204938.jpg

ガラス扉の周囲をアーチ状に覆う、左右のつるバラのベストショットです。


DSC_3724-L_convert_20150909204950.jpg

もう一枚。
同じように見えますが、違いが分かりますか?
そう、こちらは、ガラス扉を開けています。
なので、奥に見える中庭風景もスッキリです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/12/02(水) 06:20:31|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前庭「パレット」の撮影アングル検討(2015年5月29日)

(2015年5月のバックデート記事です)

今回は、我が家の前庭、「パレット」と呼んでいる、メインの建物外壁面の撮影アングルについて
いろいろ検証してみます。

DSC_3823-L_convert_20150909202059.jpg

こちらは、駐車場あたりからかなりの広角で撮った一枚。
画面右端に、前庭の小壁とそこに誘引しているつるバラ、モーツアルトが入って来ます。


DSC_3839-L_convert_20150909202112.jpg

こちらは、前面道路まで下がって、少しレンズを望遠側に絞って撮っています。
上の写真と比べると、同じように見えても、レンズの画角の違いが出ますね。


DSC_3885-L_convert_20150909202141.jpg

こちらは、前面道路まで下がって、広角で撮った一枚です。
前庭の小壁とその花壇に植えたシンボルツリー、株立ちのエゴノキも入って来ます。
ただ、この壁とエゴノキがかぶって来るので、絵としてはどうかな〜と思います。


DSC_3840-L_convert_20150909202125.jpg

再び、駐車場まで近づき、広角で撮りました。
メインの建物と、ガラス扉を破産が右側のサンルームの外壁に誘引したつるバラのほとんどが画面に入っています。


DSC_3866-L_convert_20150909202214.jpg

同じ位置で、脚立を立てて、高い位置から見下ろしのアングルで撮るとこんな感じになります。
ちょっとドローンを飛ばして撮ったような感じですね(笑)。


DSC_3869-L_convert_20150909201818.jpg

今度は逆に、地面すれすれのところから、建物の外壁を見上げるように撮るとこんな感じになります。
いろいろ試して、来期の撮影の参考にしていきます〜(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/12/02(水) 06:20:14|
  2. 5月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (214)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (15)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2595)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (14)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (253)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (14)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (7)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (61)
ダリア (20)
牡丹 (5)
芍薬 (44)
チューリップ (160)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (244)
アオダモ (3)
紫陽花 (63)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (1)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (20)
ヒュウガミズキ (9)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (20)
宿根草・多年草 (516)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (28)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (28)
黒葉スミレ (3)
サルビア (9)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (9)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (13)
紫蘭 (16)
水仙 (29)
スズラン (6)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (19)
ディモルフォセカ (17)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (9)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (22)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (132)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (48)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (7)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (80)
サボテン類 (22)
ハオルチア類 (10)
メセン類 (14)
その他の多肉植物 (16)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (140)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (4)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (1)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (9)
ローズガーデン・プロジェクト (16)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (12)
吉田病院「癒しの庭」PJ (2)
吉野・K邸ガーデンPJ (2)
バラの作業 (205)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (2)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (13)
バラの薬剤散布 (34)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (18)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (9)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR