Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

京北ローズガーデンの工事が急ピッチで進んでいます。(その2)

※ この記事は、2017年4月6日のバックデート記事です。


半年ほど、諸事情で工事がストップしていた京北ローズガーデン。
ようやく3月末に工事再開し、バラの開花までに何とか工事完了すべく、急ピッチで工事が進んでいます。
先週の3月31日に続き、1週間後のこの日(4月6日)にも、再び、現場の管理・指導にやってきました。

DSC_7542-L_convert_20170412125610.jpg

まずは、工事現場全体の様子から。
前回来た時には、まだパーゴラが出来ていなかったのが、もうほとんど完成に近い状態です。


DSC_7556-L_convert_20170412125628.jpg

パーゴラって、どれ?って思いますよね?
この一見、家を作っているように見えるのがパーゴラなんです。
そう、家形のパーゴラです。


DSC_7559-L_convert_20170412125638.jpg

少しアングルを変えてパーゴラを見てみましょう。
ここから見ても、やっぱり家を作っている途中に見えますよね?


DSC_7560-L_convert_20170412125648.jpg

でも、パーゴラなんです。
京都の北、京北町という里山風景に似合う、「和の雰囲気を持つバラ園」というのが大きなデザインコンセプトなので、
大型のつるバラを誘引するパーゴラも、一般的な藤棚のような形では、どうしても「和風感」が出ないのです。


DSC_7561-L_convert_20170412125658.jpg

なので、隣接する和風建物の形に似せて、切り妻屋根形状のパーゴラをデザインしました。


DSC_7563-L_convert_20170412125708.jpg

別アングルから見てみました。
どこから見ても家のようですね(汗)。
ですが、この木造の架構には屋根を掛けないので、パーゴラなんです。


DSC_7528-L_convert_20170412125740.jpg

構造物に迫ってみます。
南側から見たパーゴラの全景。
パーゴラに手前には、ウッドデッキも敷き詰めます。


DSC_7529-L_convert_20170412125750.jpg

斜め横からのアングルです。
今、大工さんがウッドデッキを施行中です。
根太とウッドデッキ材の裏側には、予め防腐塗料を塗ってもらっています。


DSC_7530-L_convert_20170412125801.jpg

斜め後ろから見たところです。
このパーゴラの側面には、少しだけ「壁」をつくります。
つるバラを育てておられる方は分かると思いますが、つるバラを誘引する「壁面」が欲しいのです。


DSC_7534-L_convert_20170412125812.jpg

反対サイドから見たところ。
こちら側にも一部、壁面を作ってもらう予定です。


DSC_7535-L_convert_20170412125822.jpg

ほぼ真横から見たところ。
単純な切り妻屋根の断面ではなく、片側に大きく流れ込む、非対称なデザインとしています。


DSC_7541-L_convert_20170412125831.jpg

概ね、ウッドデッキと架構は仕上がったので、あとは小さな壁面を作っていただきます。


DSC_7558-L_convert_20170412125841.jpg

奥の壁面は仕上がりました。
あの壁面を使って、つるバラを誘引します。


DSC_7564-L_convert_20170412125850.jpg

反対側から見たところです。
そこそこ大きな壁面が仕上がりました。


DSC_7565-L_convert_20170412125900.jpg

仕上がった壁面を真横から見たところ。
長尺のつるバラを使って、なるべく早くにこの壁面を覆い尽くせるようにしたいと思っています。
どんなつるバラをここに誘引するかは、今後のお楽しみ。
もちろん決まってますけどね(汗)。


DSC_7566-L_convert_20170412125909.jpg

ぐるっと回ってパーゴラの南側からもう一度。
この垂木部分もパーゴラとしてつるバラを誘引するのに使う予定です。


DSC_7545-L_convert_20170412125722.jpg

こちらは、駐車場との間の木製フェンス。
しばらく木の素地のままでしたが、パーゴラの防腐塗料塗りに合わせて、このフェンスにも防腐塗料を塗っていただいてます。
色は、全体的に濃いこげ茶色にしてもらう予定です。
木製フェンスの次は、パーゴラを塗装してもらいます。


DSC_7532-L_convert_20170412125929.jpg

続いて、ここからは園内の石組みの様子です。
前回(昨年夏)に一旦、石組みを終えていたのですが、一度解体して、再度やり直してもらっています。
前回、少しイメージと違う部分があったので、今回、その部分も修正していただきました。
写真は、バラ園のほぼ中心、シンボルツリーの株立ちのエゴノキの足元廻り。
いくつかの石を組んでもらって、川の「堰」をイメージした構造物にします。


DSC_7533-L_convert_20170412125939.jpg

縦位置でも写真撮っておきます。


DSC_7531-L_convert_20170412125920.jpg

こちらは、向かって右側のゾーン。
この辺りは、オールドローズを植える予定なのですが、そこにも大きな石を組んでもらって、
「堰」を越える水の流れを、バラの花でデザインするという演出を行う予定です。


DSC_7538-L_convert_20170412125948.jpg

こちらは、向かって左側ゾーン。
ここもオールドローズを植えるゾーンです。
このバラ園の一番の見せ場となるゾーンです。


DSC_7539-L_convert_20170412125957.jpg

続いて、こちらは造園屋さんが、園路を作って下さっているところです。
この大量に並べられた位置を使って、美しい園路を作ってもらいます。
さて、どんな風にできるでしょうか?


DSC_7540-L_convert_20170412130006.jpg

縦位置でももう一枚撮っておきます。


DSC_7536-L_convert_20170412125201.jpg

こちらは、なんでしょうか?
このコンクリートの基礎に、大型のアーチを立てる予定です。


DSC_7537-L_convert_20170412125212.jpg

基礎の準備はできているので、あとは現場で地上部を設置するだけです。


DSC_7548-L_convert_20170412125224.jpg

現場で、だいたいの指示をした後、今後は、ご近所にある地元の作家さんの工房に
お邪魔しました。
この作家さんに、オリジナルデザインの鉄製アーチを制作していただいてます。
後ろに見えているのが、昨年、試作品として作っていただいたものです。


DSC_7550-L_convert_20170412125244.jpg

あと、7つ同じものをつくってもらっています。


DSC_7549-L_convert_20170412125233.jpg

アーチの上部だけですが、7つ並ぶと壮観ですね。


DSC_7552-L_convert_20170412125254.jpg

アーチの上部のアップです。


DSC_7555-L_convert_20170412125542.jpg

反対側から見たところです。
これが、あのバラ園に設置されると思うと、壮観ですね。
早く設置したいなぁ。


DSC_7546-L_convert_20170412125556.jpg

あと、おまけ。
こちらは、今後、土壌改良する際に使う土壌改良材のゼオライト。

ようやく土壌改良まで辿り着けそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2017/04/18(火) 00:44:37|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

京北ローズガーデンの工事が急ピッチで進んでいます。

※ この記事は、2017年3月31日のバックデート記事です。


オーナー側の諸事情で工事が昨年秋から中断していたのですが、ようやく3月に入り、工事が再開されました。
現場の方から、いろいろ聞きたいことがあるので、見に来て欲しいということになり、
この日、京北の現場に行って来ました。

DSC_7031-L_convert_20170411173043.jpg

工事再開の話の前に、まずはこちら。
ローズガーデンのメインエントランス部分に、大きな梅の木を植えてもらいました。
オーナーが所有している別の土地に植えられていたこの梅の木を1年前に見せて頂き、
この場所に移植して欲しいとお願いしていたのですが、それがようやく実現しました。


DSC_7042-L_convert_20170411173053.jpg

縦位置で、もう一枚。
それにしても立派な梅の木ですね〜。
まだ少し梅の花も残っています。
移植にあたっては、根を切るので、それとバランスさせるべく、
地上部の枝も結構、切り詰めるのですが、あまり切らず、
美しい樹形を残しながら、移植して下さいました。
造園さんに感謝です。
来春の開花が今から待ち遠しいです。


DSC_7025-L_convert_20170411172812.jpg

さて、現場の様子です。
まずは、こちらの工事が急ピッチで進んでいます。
バラ園の中に建設中のパーゴラ(東屋)です。
現場に来ないうちに、基礎のコンクリートが打たれていました(汗)。
これから、地上部の架構の建築が始まります。


DSC_7026-L_convert_20170411172821.jpg

バラ園の奥の方を見たところです。
バラを植える部分は、一からやり直しです。
園内道路のひとつの形が見えて来ました。


DSC_7027-L_convert_20170411172830.jpg

パーゴラの横では、園内道路の位置を決めるため、造園屋さんに指示を出します。


DSC_7028-L_convert_20170411172840.jpg

ちょっと写真では分かりにくいですが、園路をつくるために、ピンク色の糸を張ってラインを決めているところです。


DSC_7045-L_convert_20170411172850.jpg

バラ園のメインエントランス方向から見たバラ園の全景です。
園内道路のうち一本が姿を現しました。


DSC_7047-L_convert_20170411172911.jpg

更に引いた位置から、エントランス方向を見た写真です。
この敷地のコーナー部分にメインゲートをつくる予定です。


DSC_7046-L_convert_20170411172900.jpg

こちらは、バラ園側から駐車場方向を見たところ。
駐車場との境界には、木製フェンスを立てています。
これは、鹿などの食害を防ぐために必要な措置なんです。


DSC_7048-L_convert_20170411172921.jpg

再び、園内のパーゴラ(東屋)の建設現場です。
この日はあいにくの雨模様でしたが、4月中に何とかバラ苗を植えられるよう、急ピッチで工事を進めてもらっています。


DSC_7049-L_convert_20170411172931.jpg

大工さんも雨合羽を着ての作業です。
地面もぬかるんで、最悪です(汗)。


DSC_7051-L_convert_20170411172942.jpg

バラ園の奥の方から見た園路とパーゴラ。
だんだんバラ園内の構成が見えて来ました。


DSC_7052-L_convert_20170411172952.jpg

大きくカーブを描くようにつくったメインの園路。
良い感じに仕上がり中です。


DSC_7053-L_convert_20170411173003.jpg

こちらは、工事がストップする前に完成していたよう壁部分。
段々畑の段差を活かして、上の段の田んぼに、枝垂れ咲くバラ(群星と群舞)を植える予定です。


DSC_7055-L_convert_20170411173022.jpg

そのひとつ上の段の田んぼから見たバラ園の全景。
まだメインの園路が一本とパーゴラの基礎ができつつあるだけですが、何だかワクワクします。


DSC_7054-L_convert_20170411173012.jpg

こちらは、バラ園のひとつ上の段の田んぼ。
このブロック塀の裏側に土を少しかさ上げして、枝垂れて咲くバラを植えることになります。


DSC_7036-L_convert_20170411172729.jpg

植え込みを待つバラたちの様子です。
まつおえんげいさんから昨年12月に納品していただいたバラたちです。
何とか積雪の冬を越えて、概ね元気に育ってくれています。


DSC_7081-L_convert_20170411172800.jpg

このあたりは、枝垂れて咲くバラ、群星と群舞です。
最初から即戦力となる長尺苗を納品していただいています。


DSC_7039-L_convert_20170411172750.jpg

こちらが、群星だったかな?


DSC_7035-L_convert_20170411172720.jpg

つるバラ以外も、前回来た時に剪定をして、コンパクトにしています。


DSC_7037-L_convert_20170411172740.jpg

積雪の影響で枝がだいぶ折れてしまい、残念なことになってしまいましたが、その後は何とか大丈夫かな?


DSC_7033-L_convert_20170411172710.jpg

と思いきや、こんなバラも・・・(汗)。
ロサ・オリエンテスのヘクトルです。
この前来た時には全然元気だったのが、枯れ込んでいます。
凍害?
根腐れ?
即戦力の大苗で、お気に入りの期待の品種だっただけに残念。
まだ2株あるから、なんとかセーフ。


DSC_7032-L_convert_20170411172659.jpg

2年生以下のバラ苗たちです。
こちらの方は、不織布を被せて養生していたので、意外と元気。
芽吹きもこちらの方が早い感じです。


DSC_7040-L_convert_20170411173313.jpg

ここからは、環境省の「みどり香るまちづくり」企画コンテストに入賞した際の副賞としていただいた木々の様子です。
現場に届いたあと、造園屋さんが気を効かせて、土に仮植えしてくれていました。
こちらは、いただいた高木類です。


DSC_7041-L_convert_20170411173322.jpg

この辺りは低木類が並んでいます。


DSC_7074-L_convert_20170411173131.jpg

ここからは、一本づつ写真を撮ってみました。
こちらが一番大きな木で、一本立ちのエゴノキです。


DSC_7076-L_convert_20170411173107.jpg

こちらは、株立ちのアオダモ。


DSC_7072-L_convert_20170411173219.jpg

こちらは、モミジかな?


DSC_7079-L_convert_20170411173155.jpg

これは、香りの木、ヒトツバタゴ、別名、ナンジャモンジャ。
初めて実物を見ました。


DSC_7077-L_convert_20170411173143.jpg

こちらは、常緑の高木のハイノキ。
高木と言っても、まだ2メートルもありませんが(汗)。


DSC_7066-L_convert_20170411173257.jpg

こちらも香る木で、リキュウバイ(写真左側の背の高い方)。
漢字で書くと、利休梅。
直線的な樹形です。


DSC_7060-L_convert_20170411173357.jpg

こちらは、西洋バイカウツギ。
これもまだ小さな株ですね。


DSC_7062-L_convert_20170411173244.jpg

こちら、写真中央少し右の3株が、ライラックです。


DSC_7067-L_convert_20170411173207.jpg

こちらも、香る木で、ブッドレア。
大きな株が5株もあります。


DSC_7069-L_convert_20170411173232.jpg

こちらは、ユキヤナギ。
そこそこ立派な株かな〜と思います。
10株あります。
香りはありませんけどね(汗)。


DSC_7059-L_convert_20170411173119.jpg

こちらは、和風感満載の木で、アセビ。
漢字では、馬酔木と書きます。


DSC_7058-L_convert_20170411173345.jpg

こちらは、紫陽花。
何色の花が咲くかは、咲いてのお楽しみですが、20株ほどあるので、群生させようと思っています。


DSC_7057-L_convert_20170411173334.jpg

こちらには、その他もろもろが置いてありました。
西洋紫陽花(アナベル)やセアノサス(カリフォルニア・ライラック)、そして何故か牡丹が一株(汗)。

バラ以外にもいろいろ木々が増えて、良くなって行くと思います。
これらの植え付けも楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/04/17(月) 23:37:02|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

環境省から荷物が届きました。

この日、事務所に環境省から大きな荷物が届きました。

DSC_6854-L_convert_20170329133527.jpg

こんな細長い箱に入ったものってなんでしょう?(笑)


DSC_6856-L_convert_20170329133538.jpg

中を開けてみると、こんなものが入っていました。
京北ローズガーデン「花簾庭」の、「みどり香るまちづくり企画コンテスト」入賞のサインパネルでした。
これをポールにセットして、ガーデンが完成したら、よく見える位置に掲げて下さいとのことでした。

京北ローズガーデンの方も、諸事情で工事がストップしていましたが、このたびようやく工事再開することになりました。
バラ苗の植え込みも、当初11月の予定だったのが、4月までずれ込むことになりましたが、何とか地植えできる目処も立ち、
ホッとしています。
さぁ、これから仕上げの段階へと進みます〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/03/29(水) 13:59:15|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北ローズガーデンプロジェクトが、環境省主催の「みどり香るまちづくり」企画コンテストに入賞しました!

ちょうど昨年の今頃から、お手伝いを始めた、京都府右京区京北町でのローズガーデンプロジェクトが、
このたび、環境省主催の第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストに入賞しました!

先日、3月1日に、東京・日比谷で開催された表彰式に、関係者と一緒に出席してきました。

DSC_5889-L_convert_20170308130642.jpg

「みどり香るまちづくり」企画コンテストとは、住み良いかおり環境を創出しようとする地域の取り組みを支援するため、
「かおりの樹木・草花」を用いた「みどり香るまちづくり」の優良企画を支援する取り組みとして、
平成18年から環境省が主体となって実施しているコンテストです。
今年度は第11回めの開催となります。

  ※ みどり香るまちづくり企画コンテストについて → 環境省のホームページ

仕事上でお付き合いのある会社の社長さんからのお話で、ボクが、この京北町でのバラ園の設計、監修などをお手伝いさせていただいて
約1年になります。
現場の方は、オーナー側の諸事情があって、工事が遅れていますが、何とか5月には開園できればと願っています。
本コンテストは、事業企画そのものを評価するコンテストなので、まだ完成していなくても全然構わないのです(汗)。

本年度のコンテストの結果発表が、環境省のホームページの中の、報道発表資料に掲載されています。

  ※ 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの選考結果は、こちら → 環境省のホームページ

  ※ 京北ローズガーデンのプレゼン資料は、こちら → コンテスト受賞企画


DSC_5884-L_convert_20170308130429.jpg

3月1日の表彰式当日の様子。
表彰状を受け取っているのは、事業主体の京北グリーン株式会社の役員のAさん。


DSC_5894-L_convert_20170308130652.jpg

表彰式の最後には、受賞者、ならびに審査員の先生方、環境省の方々との記念撮影が行われました。
まだ、現場は仕上がっていませんが(汗)、企画した内容が、このように社会的な評価を得られたことは、とても嬉しく、
今後の励みになりますね。


DSC_6491-L_convert_20170313115557.jpg

こちらが、いただいた表彰状。
環境省の担当部署、大気環境局長名で表彰されました。


DSC_6493-L_convert_20170313115607.jpg

この表彰状、金ホットで五七の桐花紋が刷られています〜。
さすが環境省のコンテストやな〜と思いました。


DSC_6495-L_convert_20170313115626.jpg

賞状の下の方には、「国立印刷局製造」の印刷が。
これも、なんだか嬉しい(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/03/09(木) 14:02:31|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北ローズガーデンに、バラ苗の本剪定に行ってきました。

昨年2016年から関わらせていただいている、京都市右京区京北町でのローズガーデンプロジェクト。
昨年末に、バラ苗が搬入され、その検品に行ってきましたが、それ以来2ヶ月ぶりの京北の現場です。
2017年に入って2回ほど、ここ京北町でも大雪が降ったそうです。
雪の合間を縫って、この日、京北町の現場に搬入されたバラの本剪定作業に行ってきました。

DSC_5541-L_convert_20170223165542.jpg

こちらが、ローズガーデンになる予定の現場です。
右端の木製フェンスの脇と、隣接する建物の屋根に、まだ雪がほんの少し残っていました。


DSC_5540-L_convert_20170223165528.jpg

相変わらず、オーナー側の諸事情で、工事が再開されていません(汗)。
バラ苗はとっくの前に搬入されているので、早く地植えしてしまいたくて、やきもきします。


DSC_5542-L_convert_20170223165556.jpg

奥に見えるグリーンのネット部分が、バラ苗を保管しているエリアです。
獣害対策と盗難防止のため、施錠されています。


DSC_5548-L_convert_20170223165707.jpg

保管エリアの中に入ってみました。
雪が最大で50センチほど積もっていたので、完全に雪の中に埋もれていたと、地元の管理をお願いしている方にお聞きしました。


DSC_5546-L_convert_20170223165652.jpg

長尺のつるバラの方は、何とか無事でした。


DSC_5551-L_convert_20170223165800.jpg

しかし、木立性の大苗の方には大きな被害が出ていました。
大きく広げた枝に雪がのしかかって、その重みで、かなりの数で、
重要な枝が折れてしまってました(泣)。


DSC_5550-L_convert_20170223165746.jpg

せっかく、良い苗をまつおえんげいさんから入れていただいたのに、ショックです。


DSC_5549-L_convert_20170223165722.jpg

このあたりが一番被害の大きかったゾーン。
バラの家、ロサ・オリエンテスのバラが結構、やられてました。


DSC_5544-L_convert_20170223165623.jpg

ボキボキに折れてます〜(泣)。


IMG_6358-L_convert_20170223165922.jpg

折れた大苗は、かなり切り詰めて剪定しました。


IMG_6356-L_convert_20170223165908.jpg

こちらも、本剪定を終えた大株苗です。


IMG_6355-L_convert_20170223165855.jpg

こちらも、剪定完了です。


IMG_6352-L_convert_20170223165826.jpg

このあたりは、2年生苗を保管していたゾーンです。
ここは、寒さ対策に不織布を全体に掛けていたためか、被害はありませんでした。


IMG_6353-L_convert_20170223165840.jpg

こちらも、軽く剪定しておきました。


IMG_6360-L_convert_20170223165949.jpg

心配していた長尺苗は、奇跡的に無事でした。


IMG_6359-L_convert_20170223165936.jpg

こちらも長尺苗たち。


DSC_5543-L_convert_20170223165608.jpg

こんなのも見つかりました。
雪の重みで、枝が株元から完全に折れていたバラ、十六夜バラでした(汗)。
よく見ると、株元に癌腫ができてました(大汗)。


IMG_6365-L_convert_20170223170011.jpg

こちらは、現場の帰りに立ち寄った、地元・京北町で陶芸とアイアンワークをされている工房。
今回のバラ園で使う、バラの品種プレートを製作中なのですが、
本体は、タイルに印刷して制作予定で、仕事で付き合いのあるタイルメーカーさんに協力を
お願いしています。


IMG_6364-L_convert_20170223170001.jpg

現地の工房の作家さんには、このタイルのネームプレートに取付ける鉄製のスパイクを
制作してもらっています。
今日初めて試作品を見せてもらいましたが、なかなかの仕上がりでした。
完成が楽しみです〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/02/23(木) 17:18:10|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (13)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (216)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2674)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (44)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (281)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (269)
アオダモ (3)
紫陽花 (65)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (558)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (212)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (37)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (64)
記事投稿告知 (23)
記事(バックアップ) (23)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR