Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

吉野・K邸ガーデンレッスン、鉢植えのバラを準備

以前の記事でも少し書いているのですが、今年の2月から、奈良県吉野町のあるマダムのご自宅の庭を
ローズガーデンにすべく、お手伝いをさせていただいています。
概ね月1回くらいのペースで、現地を訪問させていただいて、バラの植え込みやその他、もろもろのアドバイスなどを
させていただいています。
先月に、つるバラの植え込み、誘引作業を行ったのですが、そのマダムとの話の中で、もう少しバラを増やしてもいいかな〜、
ということになり、それならということで、マダムと相談して、鉢植えで3鉢、つるバラをさらに一本増やすことになりました。

DSC_6593-L_convert_20170322120721.jpg

早速、園芸店で、マダムと相談して決めたバラ苗をゲットしました。
そちらが、この3株。
左から、イングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュア、真ん中が、ドリュのミステリューズ、右側が、バラの家シェエラザード。
次に吉野に行くのは4月上旬なんですが、この数日、気温も上がって来たし、この小さなプラ鉢では生育に支障が出かねないので、
マダムに連絡し、こちらで、ひとまわり大きなテラコッタ鉢に植え替えしても良いか聞いたところ、了解をいただいたので、
早速、植え替え作業をすることにしました。


DSC_6594-l_convert_20170322120733.jpg

用意したのがこちら。
ボクも愛用しているテラコッタ鉢。
先日、つるバラを地植えした時に、レイズドベッドとして底を抜いて使ったのと、同じデザインのものです。
当初はスリット鉢に植えて、テラコッタ鉢を鉢カバーとして使おうかとも思ったのですが、
今回は、そのまま土をテラコッタ鉢に入れることにしました。
なので、鉢底石をネットに入れて、底に敷き込みました。


DSC_6595-L_convert_20170322120743.jpg

赤玉土、腐葉土、牛ふん堆肥、くん炭を混ぜ込んだ、オリジナル適当ブレンドに、
元肥として、マグアンプKを適量入れました。
土は、クリスマスローズの植え替え同様、リキダス溶液をまぶして湿らせておきます。


DSC_6596-L_convert_20170322120755.jpg

まずは、こちらから。
バラの家のシェエラザード。
なかなかしっかりした根鉢でした。


DSC_6597-L_convert_20170322120806.jpg

テラコッタ鉢に植え込んで行きます。
クラウンが土の上に出るように、植え込みの高さを決めます。


DSC_6598-L_convert_20170322120817.jpg

そして、植え込み完了!


DSC_6599-L_convert_20170322120828.jpg

こちらは、ドリュのミステリューズ。
少し根鉢が崩れましたが、白根はたくさん見えました。


DSC_6600-L_convert_20170322120839.jpg

こちらは、イングリッシュローズのジュード・ジ・オブスキュア。
裸苗を植えてあったんだろうと思います。
プラ鉢から出すと、根鉢は簡単に崩れてしまいました。
ただ、白根が出始めていました。


DSC_6601-L_convert_20170322120850.jpg

ジュードもテラコッタ鉢に植え込みして行きます。
芽もだいぶ出て来ています。


DSC_6602-L_convert_20170322120902.jpg

そして、3鉢とも植え込み完了。


DSC_6603-L_convert_20170322120915.jpg

そして、こちらは、もうひとつ追加することになった長尺のつるバラ。
選んだのは、レーヌ・ドゥ・ヴィオレット。


DSC_6604-L_convert_20170322120925.jpg

こちらが株元です。
これも、根鉢が小さいので、暖かくなって活動し始めると、
この根鉢では水切れなどのリスクがあるので、ひと回り大きな鉢に植え替えします。
最終的には、現地で地植えするので、仮植え替えになりますが(汗)。


DSC_6605-L_convert_20170322120936.jpg

プラ鉢から出すと、こんな感じ。
白根は出ているものの、長尺苗の割に、根は少ない感じ。
4月に植え替えするまで、少し大きな鉢で、育ってもらおうと思います。
(ただ、その仮に植え替えした写真を撮るの、忘れた:汗)


DSC_6757-L_convert_20170322123934.jpg

こちらは、現在の我が家の前庭風景。
春を待つ、大量の鉢植えのバラたち。
一番手前の3鉢が、4月に吉野に持って行く鉢植えのバラです。
あとは、我が家のランウェイ用の鉢バラです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2017/03/22(水) 16:41:10|
  2. 吉野・K邸ガーデンPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉野・K邸ガーデンレッスン その2

少し前に記事でも書いた、奈良県吉野町のあるお宅の庭をバラの庭にすべくお手伝いを始めたガーデン・レッスン。
今回は、その2回目のお話です。

DSC_6403-L_convert_20170308132744.jpg

こちらは、前回、3月5日の作業終了時の様子。
前回は、長尺のつるバラを植え込む作業まで行いました。
今回は、その長尺のつるバラの誘引作業と、予防的な薬剤散布までをレクチャーしました。


DSC_6517-L_convert_20170313114502.jpg

まずは、駐車場側の際に植え込んだつるバラ、ピエール・ド・ロンサール。
フェンスに誘引しました。
長尺苗とはいえ、まだ1年目なので、コンパクトですね〜。


DSC_6520-L_convert_20170313114512.jpg

こちらは、玄関ドアの前に植え込んだオールドローズで、ヴァエリガータ・ディ・ボローニャ。
フェンスの向こう側に株元がありますが、何とか手前側にツルを出すことが出来ました。
誘引のカタチもまずまず良い感じに決まりました。


DSC_6522-L_convert_20170313114534.jpg

こちらは、建物の北側、一番条件的に厳しい場所に植えたニュー・ドーン。
こちらも、何とかフェンスの手前側にツルを引っ張ることができました。


DSC_6525-L_convert_20170313114558.jpg

誘引完了後の全景です。
真ん中のつるバラは、「春風」。
このバラは、枝垂れても咲くタイプなので、開帳形にひっぱり誘引してみました。


DSC_6526-L_convert_20170313114608.jpg

玄関アプローチ側から見たところ。
真ん中のつるバラ「春風」だけ、麻ひもで引っ張り誘引しています。


DSC_6527-L_convert_20170313114619.jpg

反対サイドからの全景。
つるバラを誘引したことで、殺風景だった風景に動きが出て来たように思います。
これから、ここに花が咲くことを想像すると、楽しいですね。
このあと、予防的な薬剤散布として、ダコニールを散布しました。
年間の薬剤管理方法をレジュメにまとめて、必要な薬剤一式を購入して持ち込みました。

次回は、追加で、鉢植えのバラを植え込むことになりましたので、その作業を行います。
今後、月1回のペースで訪問して、バラの状態を見ながら、いろいろお教えしていくことになりそうです。
次回の4月は、ちょうど桜のシーズン。
吉野と言えば、桜ですから、それも楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/03/16(木) 06:46:05|
  2. 吉野・K邸ガーデンPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉野・K邸ガーデンレッスン その1

昨年5月に、NHKの放送で我が家のバラ庭のことを採り上げていただいたんですが、そのテレビ放送をご覧になられた、
奈良県吉野町に在住のマダムから、お問い合わせをいただいて、自宅の庭をバラで彩りたいので、
是非、バラの栽培方法を教えて欲しいと、昨年末に連絡をいただきました。
その後、何度かお宅にお邪魔させていただいて、ご要望やお庭の状況を確認してきました。
ボク自身は、バラのプロフェッショナルではありませんが、バラを使って、建物を風景としてデザインすることだったら、
何かお役に立てるかもしれませんが、それでもよろしいですか?とお聞きしましたら、それで全然構いませんと、おっしゃって下さいました。

そんなことで、この3月から具体的に、バラの植え付け作業等を始めることになりました。
オーナーさんのご許可もいただいて、その様子をこのブログに載せても良いとのことで、記録的な意味合いもかねて
まとめておきたいと思います。

DSC_6363-L_convert_20170308132316.jpg

第1回めの3月5日(日)、ボクの住んでいる奈良市から、車で2時間近く掛けて
奈良県吉野町まで辿り着きました。
この日持ち込んだバラ苗と資材を車から降ろして、これから作業を始めます。


DSC_6370-L_convert_20170308132415.jpg

こちらは、ボクの家の近くのホームセンターで調達した、長尺のつるバラ4本。
ピエール・ド・ロンサール、ニュー・ドーン、春風、ヴァエリガータ・ディ・ボローニャです。
ピエールの長尺苗は、どこでも売っていますが、それ以外の3本の長尺苗は、
なかなか売っているのを見かけたことがなく、ゲットできてラッキーでした。
場所が吉野ということで、桜のイメージのバラを選びたかったのと、建物の外壁が
淡いブルーグレー色なので、その外壁色に合うバラということで、
この4本をピックアップしました。


DSC_6364-L_convert_20170308132327.jpg

植え込む場所ですが、事前に調べてはいましたが、結構、土の状態が悪く、
掘っても掘ってもコンクリートのガラが出てきます(汗)。
また、配管の巣になっていて、バラを植える場所がかなり制限されてしまいます。


DSC_6367-L_convert_20170308132352.jpg

こちらは、一番奥(北側)のニュー・ドーンを植える予定の場所。
ガラを掻き分けて、土の部分を露出させました。


DSC_6368-L_convert_20170308132404.jpg

こちらは、中央部にある、春風を植え込む場所。
掘ってみると、配水管のパイプが見つかりました。


DSC_6366-L_convert_20170308132341.jpg

こちらは、玄関脇のボローニャを植える場所。
こちらも掘ってみると、配水管が出現しました。
少し穴の位置をずらしました。
こうして記録しておくと、今度植え替えを行うような場合でも、
どこに何が埋まっているのか分かりやすくなります。


DSC_6371-L_convert_20170308132426.jpg

こちらは、外構の駐車場スペースの際、ピエール・ド・ロンサールを植える場所。
掘ってみると、こちらも、はやり土の状態が芳しくありませんでした。


DSC_6387-L_convert_20170308132517.jpg

ピエールを植える穴ですが、掘った穴の一番底に、帯水層をつくるべく、腐葉土を5センチくらいの厚みで敷き込みました。
高原式です(笑)。


DSC_6388-L_convert_20170308132528.jpg

植え込む土を混ぜて行きます。
我が家でやっている配合比率と同じですが、赤玉6(内訳、中:3、小:3)、腐葉土2、牛ふん2くらいです。


DSC_6390-L_convert_20170308132538.jpg

それに、くん炭を少し混ぜ込んでいます。


DSC_6383-L_convert_20170308132505.jpg

長尺のつるバラを植え込む前に、つるバラをリキダス風呂にしばし浸けます。


DSC_6393-L_convert_20170308132550.jpg

こちらは、駐車場の際、ピエールを植え込む場所ですが、今回、土の状態が芳しくないので、
テラコッタ鉢を使って、レイズドベッド風にすることにしました。
我が家でもやっている方法です。
テラコッタ鉢の底を抜いて使います。
こうすることで、バラが根を張る土のボリュームを稼げます。


DSC_6397-L_convert_20170308132600.jpg

長尺苗のつるバラを植え込みします。


DSC_6398-L_convert_20170308132611.jpg

クラウンを埋めないように、苗の設置高さを確認します。


DSC_6399-L_convert_20170308132657.jpg

元肥として、マグアンプKを投入。


DSC_6400-L_convert_20170308132713.jpg

植え付け後、リキダスを散水しました。


DSC_6401-L_convert_20170308132723.jpg

植え付け完了後の様子。
地面の下に30センチほど土壌改良を施し、テラコッタ鉢で30センチほどかさ上げして
植え込んでいます。


DSC_6402-L_convert_20170308132734.jpg

少し引いて撮ってみました。


DSC_6404-L_convert_20170308132754.jpg

こちらは、建物側の通路部分への植え込み。
こちらも、テラコッタ鉢でレイズドベッド風にして、土のボリュームを稼ぎました。


DSC_6405-L_convert_20170308132804.jpg

こちらも、リキダスで潅水しました。


DSC_6403-L_convert_20170308132744.jpg

この日の作業完了した状況。
一番右側、玄関ドアの前に植えたのが、ヴァエリガータ・ディ・ボローニャ。
真ん中が、春風、手前駐車場の脇に植えているのが、ピエール・ド・ロンサール、一番左、建物北側には、ニュー・ドーンです。
自分だけでさっさと作業をするなら、誘引まで出来ちゃいますが、今回は、作業を実際にやってもらいながらの
OJT(on the Job Training)なので、ゆっくりと作業を進めました。
今回植え込んだつるバラも、芽が出始めているので、早めに誘引してしまいたいと思います。
次回は一週間後。
次は、剪定&誘引と、予防的な薬剤散布の予定です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/03/16(木) 06:44:11|
  2. 吉野・K邸ガーデンPJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北ローズガーデンプロジェクトが、環境省主催の「みどり香るまちづくり」企画コンテストに入賞しました!

ちょうど昨年の今頃から、お手伝いを始めた、京都府右京区京北町でのローズガーデンプロジェクトが、
このたび、環境省主催の第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストに入賞しました!

先日、3月1日に、東京・日比谷で開催された表彰式に、関係者と一緒に出席してきました。

DSC_5889-L_convert_20170308130642.jpg

「みどり香るまちづくり」企画コンテストとは、住み良いかおり環境を創出しようとする地域の取り組みを支援するため、
「かおりの樹木・草花」を用いた「みどり香るまちづくり」の優良企画を支援する取り組みとして、
平成18年から環境省が主体となって実施しているコンテストです。
今年度は第11回めの開催となります。

  ※ みどり香るまちづくり企画コンテストについて → 環境省のホームページ

仕事上でお付き合いのある会社の社長さんからのお話で、ボクが、この京北町でのバラ園の設計、監修などをお手伝いさせていただいて
約1年になります。
現場の方は、オーナー側の諸事情があって、工事が遅れていますが、何とか5月には開園できればと願っています。
本コンテストは、事業企画そのものを評価するコンテストなので、まだ完成していなくても全然構わないのです(汗)。

本年度のコンテストの結果発表が、環境省のホームページの中の、報道発表資料に掲載されています。

  ※ 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの選考結果は、こちら → 環境省のホームページ

  ※ 京北ローズガーデンのプレゼン資料は、こちら → コンテスト受賞企画


DSC_5884-L_convert_20170308130429.jpg

3月1日の表彰式当日の様子。
表彰状を受け取っているのは、事業主体の京北グリーン株式会社の役員のAさん。


DSC_5894-L_convert_20170308130652.jpg

表彰式の最後には、受賞者、ならびに審査員の先生方、環境省の方々との記念撮影が行われました。
まだ、現場は仕上がっていませんが(汗)、企画した内容が、このように社会的な評価を得られたことは、とても嬉しく、
今後の励みになりますね。


DSC_6491-L_convert_20170313115557.jpg

こちらが、いただいた表彰状。
環境省の担当部署、大気環境局長名で表彰されました。


DSC_6493-L_convert_20170313115607.jpg

この表彰状、金ホットで五七の桐花紋が刷られています〜。
さすが環境省のコンテストやな〜と思いました。


DSC_6495-L_convert_20170313115626.jpg

賞状の下の方には、「国立印刷局製造」の印刷が。
これも、なんだか嬉しい(笑)。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/03/09(木) 14:02:31|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良から約400キロ離れた長野県伊那市へ、「バラの里親募集」へ応募

先日、とあるバラプロジェクトで、奈良県から遠く400キロも離れた長野県伊那市へ出かけました。

というのも、遡ること1ヶ月ほど前、偶然、SNSに「亡くなった切りバラ農家さんが遺したバラの里親を募集中」という
情報が回ってきたのです。
何となくピン!と来るものがあって(笑)、早速いろいろ調べてみたら、以下のような内容でした。

  ※ 長野日報の記事は、こちら → 「残されたバラ大切に育てて 里親募集」

  ※ 伊那谷ねっとの記事は、こちら → 「土田さんのバラ 里親募集へ」

ちょうど、地元・奈良市の自宅の近所の総合病院の庭をリニューアルするというガーデンボランティアに参加していたので、
そのプロジェクトにぴったりなんじゃないかと思って、すぐに、ボランティアのバラ担当の方を通じて、
病院の事務局の方に話を通していただき、「里親」に手を挙げていただくことになったのです。

その後、伊那市の当プロジェクトの世話役の方に連絡を取ってもらって、最大の200株のバラを譲っていただくことになりました。
あとで分かったことですが、里親募集のニュースにたくさんの方が手を挙げられたようで、プレス発表のあった当日の午前中で、
3000本のバラの里親が決まってしまったそうです。
ほとんどが地元中心のようですが、遠く奈良からの応募ということで、地元の放送局から取材のオファーもありました。

  ※ SBC信越放送ラジオの記事は、こちら → 「信州うわさの調査隊」

ということで、200本のバラを譲っていただくことになったのですが、農園からは各自で直接掘り出して持ち帰ることが条件と
なっていました。
掘り出しは3月に入ってからなのですが、事前にどんな状況なのか、一度現地を見ておこうということになり、
この日(2月24日)、ガーデンボランティアの方と3人で、車に乗って長野県伊那市まで出かけました。

DSC_5562-L_convert_20170228163815.jpg

朝8時頃に奈良を出て、伊那に着いたのがお昼前の11時半くらいでした。
高速をぶっ飛ばしたんですが、やっぱり遠いですね〜。
途中、素晴らしい山並み風景が車窓から見えてきました。
これは南アルプスって言ってたかな〜(汗)。
奈良には、こんな高い山はないので、驚きでした。


DSC_5564-L_convert_20170228163837.jpg

まず、地元の名物のソースカツ丼で腹ごしらえをした後、現地に到着しました。
周りを高い山に囲まれた田園地帯でした。


DSC_5626-L_convert_20170228164446.jpg

こちらが、その亡くなられた切り花品種のバラ農家さんのハウス。
全部で5棟ありました。


DSC_5592-L_convert_20170228164159.jpg

そのうちのひとつに、こんなプラカードが掲げてありました。
「バラの里親プロジェクト 会場」
この日は、平日だったので、ほとんど他の方はいらっしゃらず、とても静かでした。


DSC_5565-L_convert_20170228163849.jpg

ひとつひとつのハウスは、とても大きいです。


DSC_5574-L_convert_20170228163939.jpg

遠くに、雪をかぶったアルプスの山並みも見えています。


DSC_5578-L_convert_20170228163950.jpg

そのうちのハウスのひとつに入ってみました。
我々のチーム以外にも、もうひと組、下見に来られていたグループがありました。


DSC_5586-L_convert_20170228164107.jpg

先に下見に来られているグルーさんは、それぞれに、このエリアのバラはうちが引き取ります〜と
紐でマーキングされてました。


DSC_5588-L_convert_20170228164122.jpg

ハウスを横から見たところ。
屋根はあるけど、光が良く通るので、ぽかぽかして温かかったです。


DSC_5589-L_convert_20170228164134.jpg

こちらは、また別のハウス。
オーナーさんが亡くなられて半年以上経っているそうですが、その間、ほとんど世話もされていなかったようで、
水遣りもされないまま、かなりの乾燥状態になっていました。
枝は、このプロジェクトが始動した際に、剪定されたようにうかがいました。


DSC_5570-L_convert_20170228163914.jpg

こちらも、また別のハウス。
かなり厳しい状態ですが、バラ苗は枯れているわけではなさそうなので、何とか救出できるのではないかと思います。


DSC_5597-L_convert_20170228164235.jpg

こちらもまた別のハウス。
やはり状態の良いハウスのバラから、先約が決まってますね(汗)。


DSC_5606-L_convert_20170228164311.jpg

こちらは、ハウス内にあった、掘り出し作業の作業日割当表。
我々が掘り出しに行けるのは、3月末の予定なので、おそらく一番最後かなと思います。


DSC_5609-L_convert_20170228164332.jpg

ほとんどのバラが、品種も花色も分からないようなので、落ちている花柄などを手がかりに、花色を推測しました。
このバラは、黄色か赤でしょうか?


DSC_5614-L_convert_20170228164401.jpg

我々グループに譲っていただける200株のバラを確保するために、紐をつかってマーキングしていきました。
品種が分からないので、5つのハウスに小分けしながら選んでみました。
あとは、咲いてみないと分からないという、まさにお宝探し状態ですが(汗)。
でも、丹誠込めて作っておられた大切なバラを、遠く離れた奈良の地に運び、そこの病院の「癒しの庭」で再び命をつなげ、
患者さんを癒してくれると素敵ですね。
切り花品種を屋外のガーデンで育てることには、いろいろ問題があるのは承知の上で、
敢えて、このプロジェクトの趣旨を大切にして、その思いを引き継げたらと思っています。


DSC_5628-L_convert_20170228164509.jpg

下見作業を終えたあと、伊那市の中心部にある、とある喫茶店にうかがいました。
ここの店主のWさんが、このバラの里親プロジェクトの仕掛人。
出来れば、お会いしてご挨拶したかったのですが、この日は出張中でご不在とのことでした。


DSC_5627-L_convert_20170228164457.jpg

喫茶店の外周りに植えられた巨大なつるバラに圧倒されました。
まだ、剪定も誘引もされていませんでしたが、5月に咲いた時はきっと素晴らしいでしょうね。
誘引せずとも、このままの自然樹形で咲かせておられるのかもしれません。


DSC_5563-L_convert_20170228163826.jpg

そして、伊那に別れを告げて、一路、奈良へ。
次回、掘り出しに来るのは3月の末。
どんな風にこのプロジェクトが展開していくのか、とても楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/03/09(木) 10:03:45|
  2. 吉田病院「癒しの庭」PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (214)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (15)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2595)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (14)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (253)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (14)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (7)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (76)
ダリア (20)
牡丹 (6)
芍薬 (45)
チューリップ (161)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (249)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (2)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (21)
ヒュウガミズキ (10)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (21)
宿根草・多年草 (518)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (29)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (9)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (9)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (13)
紫蘭 (16)
水仙 (29)
スズラン (6)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (19)
ディモルフォセカ (17)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (9)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (22)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (133)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (49)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (7)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (80)
サボテン類 (22)
ハオルチア類 (10)
メセン類 (14)
その他の多肉植物 (16)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (140)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (4)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (1)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (9)
ローズガーデン・プロジェクト (17)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (12)
吉田病院「癒しの庭」PJ (2)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (206)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (3)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (13)
バラの薬剤散布 (34)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (7)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (9)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR