FC2ブログ

Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

近くの病院の庭の黄モッコウバラが咲き出した!

※ この記事は、2019年4月21日のバックデート記事です。


数年前から、近所にある地域の中核病院の庭のグリーンボランティア活動に参加させていただいている。
主に、バラの部分のお手伝いをさせていただいているのだが、普段のグリーンボランティアの活動は月曜日のため、
これまでほとんど実作業に関わらせていただくことはなかった。
もっぱら、植栽のプランニングなどをお手伝いさせていただいていた。
ところが、この冬は、もうひとりのバラ担当の方が体調を崩され、つるバラの誘引作業などができなくなってしまったので、
急遽、リリーフとして、休日の単独作業でつるバラの誘引など、一連のバラの作業をさせていただいたのだった。

そして、いよいよ今年のバラシーズンが開幕した。
この日、出かける用事があったので、少し病院の庭に立ち寄ってみた。

DSC_6613-L_convert_20190423094618.jpg

すると、早咲きの黄モッコウバラが咲き始めていたのだ。


DSC_6614-L_convert_20190423094627.jpg

病院の新館前に作られた車いす用のスロープの大型のパーゴラが設置されているのだが、
そこに誘引した黄モッコウバラが咲いていた。


DSC_6593-L_convert_20190423094359.jpg

昨年のメンテナンスがあまり良くなかったのか、モッコウバラなのに、あまりツルが伸びておらず、
パーゴラの柱部分に誘引するのがやっとだった。


DSC_6595-L_convert_20190423094414.jpg

一部、長いツルが伸びた株だけは、何とかパーゴラの屋根部分にまで
ツルを這わせることができた。


DSC_6594-L_convert_20190423094407.jpg

将来的には、どのモッコウバラも屋根を覆いつくすように咲かせてみたいと思う。


DSC_6598-L_convert_20190423094431.jpg

柱部分にらせん状に巻き付けた様子。
上手く、まんべんなく咲いてくれている。


DSC_6607-L_convert_20190423094534.jpg

屋根まで届いた部分。
まだ枝数が少なく、覆いつくすにはまだしばらく時間がかかりそうだ。


DSC_6596-L_convert_20190423094423.jpg

スロープの上の方から逆サイドを見たところ。


DSC_6601-L_convert_20190423094450.jpg

房で咲くモッコウバラは、やっぱり可愛らしい。


DSC_6600-L_convert_20190423094441.jpg

さらにアップで。
もこもこしていて、苔玉のようだ。


DSC_6602-L_convert_20190423094458.jpg

ひとつひとつの花は菊のようにも見える。


DSC_6603-L_convert_20190423094506.jpg

可愛らしい蕾も上がっている。


DSC_6608-L_convert_20190423094543.jpg

モッコウバラの特徴は、この蕾の繊細さ。


DSC_6609-L_convert_20190423094551.jpg

さらにアップでもう一枚。


DSC_6610-L_convert_20190423094600.jpg

横位置でも撮っておこう。


DSC_6604-L_convert_20190423094514.jpg

咲き始めの頃も良い。


DSC_6615-L_convert_20190423094635.jpg

こちらは、黄モッコウバラを誘引しているパーゴラのあるスロープの側面。
隣町に住む叔母の家から譲り受けた大型のつるバラ、マダム・アルフレッド・キャリエールを
手すりのフェンスの誘引している。
昨年夏に、少し水切れでダメージを受けた感じで、生育状況はあまり芳しくない。
今年、盛り返してほしいと思う。


DSC_6616-L_convert_20190423094645.jpg

こちらは、擁壁に誘引しているつるバラで、フランソワ・ジュランビル。
ツルを留めるワイヤーがほとんどなかったため、自立するように、枝と枝を交差させて
留めている。
どんな風に咲いてくれるか、とても楽しみである。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト



  1. 2019/04/23(火) 10:26:35|
  2. 吉田病院「癒しの庭」PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉田病院の庭、3月末(バラ編)

※ この記事は、2019年3月30日のバックデート記事です。


数年前から、近所の病院の庭のグリーンボランティアの活動に参加している。
今年は、バラを担当されているボランティアの方が、体調不良で、冬場のつるバラ誘引作業ができなかったので、
担当させてもらった。
1月~2月にかけて、都合5回くいらい、作業に行っただろうか?
友人にも手伝ってもらって、何とかひととおりの誘引作業を終えた。
そして、芽吹きの3月を迎えた。
この日、どんな様子なのか、ちらっと見に行ってきた。

DSC_5864-L_convert_20190403082439.jpg

こちらは、眼科棟前の斜面に植えられたオールドオーズ、かノイバラ。
自然樹形の開帳型のまま新芽を付けていた。


DSC_5872-L_convert_20190403082446.jpg

手すりの内側から見たところ。


DSC_5865-L_convert_20190403082429.jpg

こちらは、壁面に仕立てられたイングリッシュローズのスノー・グース。
あまり状態は良くなかったのだが、何とか持ち直しているようだ。


DSC_5866-L_convert_20190403082347.jpg

こちらは、眼科棟の入り口辺りの壁面に誘引しているアンジェラ。


DSC_5868-L_convert_20190403082634.jpg

同じ壁面の続きで、ピエール・ド・ロンサール。


DSC_5869-L_convert_20190403082643.jpg

ピエールを真正面から見たところ。
昨年の猛暑で水切れ気味だったせいか、こちらも少し調子を落としているように思う。


DSC_5870-L_convert_20190403082419.jpg

こちらは、完全に枯れたと思っていたつるサマー・スノー。
まだ、何とか生きているようだ。


DSC_5871-L_convert_20190403083357.jpg

こちらも厳しい状態だったバラ。
品種は不明。
ネームプレートには、ニュードーンと書いてあるが、違うだろう。
どんな花が咲くのか、見てからの判断になるだろう。


DSC_5873-L_convert_20190403082408.jpg

こちらは、つるバラのサハラ。
これも昨年の水切れの影響か、瀕死の状態だったが、何とか復活の兆しだ。


DSC_5875-L_convert_20190403082328.jpg

こちら左側は、イングリッシュローズのアブラハム・ダービーのはず。
昨年の開花の写真で見るとダービーのはずだ。


DSC_5874-L_convert_20190403082314.jpg

ダービーをアップで。
この誘引は、なかなかうまくいったと思っている。


DSC_5877-L_convert_20190403082337.jpg

斜めから。


DSC_5876-L_convert_20190403082756.jpg

こちらは、状態が良さそうなバラで、ラデュレ。
赤い芽がとても心地よい。


DSC_5878-L_convert_20190403082537.jpg

窓回りに誘引しているのは、つるバラのパレード。


DSC_5879-L_convert_20190403082545.jpg

コーナー方向から見たアングル。


DSC_5880-L_convert_20190403082553.jpg

縦位置でも。


DSC_5881-L_convert_20190403082602.jpg

ここには、2本の大型のつるバラを誘引していて、右がパレード、
左がつるアイス・バーグだ。


DSC_5882-L_convert_20190403082610.jpg

真正面から見てみる。
パレードの棘アきつくて、とても誘引が大変だった。


DSC_5883-L_convert_20190403082618.jpg

誘引の様子のアップ。


DSC_5919-L_convert_20190403082456.jpg

こちらは、新館前の車いす用のスロープ。
ここのパーゴラには、黄モッコウバラを誘引している。


DSC_5920-L_convert_20190403082506.jpg

縦位置でも。


DSC_5921-L_convert_20190403082513.jpg

総じて、黄モッコウバラの生育状態は良くないのだが、
一本だけツルが長いのがあって、それだけ、パーゴラのトップに這わせている。


DSC_5916-L_convert_20190403082718.jpg

パーゴラ横の手すり部分の誘引しているつるバラで、マダム・アルフレッド・キャリエール。


DSC_5917-L_convert_20190403082726.jpg

実は、このバラ、僕の叔母の家に植えていたバラだったが、あまりにも大きくなるので、
引き抜いて、病院に寄贈してもらったものだ。


DSC_5918-L_convert_20190403082807.jpg

こちらは、シュラブ樹形のバラで、ラ・ローズ・ドゥ・モリナール。
赤い葉っぱがなかなか良い感じ。


DSC_5914-L_convert_20190403082657.jpg

こちらは、どんな誘引にしようか悩んだバラで、フランソワ・ジュランビル。
ランブラー品種のバラで、ツルが自立しないため、誘引が難しかった。


DSC_5922-L_convert_20190403082706.jpg

何とか、ツルをスロープの手すりに括り付け、それを起点に、
枝同士を交差させる方法で誘引している。


DSC_5902-L_convert_20190403082742.jpg

こちらは、香りの庭ゾーン。
道路との間の手すりに誘引した黄モッコウバラ。


DSC_5897-L_convert_20190403083414.jpg

こちらは、品種不明のつるバラ。
昨年調子を落としたので、枝数が少ない。


DSC_5896-L_convert_20190403083405.jpg

こちらは、ベッド仕立てのバラ。
これも品種が特定できないので、剪定や誘引も手探り。


DSC_5899-L_convert_20190403083427.jpg

香りの庭の木立性バラ。
品種不明、おそらくオールドローズ。


DSC_5900-L_convert_20190403083437.jpg

こちらも品種不明。
トゲのきついモスローズ。


DSC_5903-L_convert_20190403082818.jpg

こちらは、名札から、ローズ・ポンパドゥールと思しきバラ。


DSC_5912-L_convert_20190403083001.jpg

ここからは、伊那バラゾーン。
長野県伊那市の切り花品種の農家のビニールハウスから譲り受けたバラを植えたエリア。


DSC_5913-L_convert_20190403083013.jpg

伊那バラゾーンは、病院の北と南の2カ所あるうちの、こちらは南側花壇。
こちらの方が、生育が少し悪い。


DSC_5884-L_convert_20190403082852.jpg

ここからは、伊那バラゾーンのもう一カ所、病院の北の端にある。


DSC_5887-L_convert_20190403082918.jpg

病院の敷地の一番奥、薬局の隣に作られた花壇である。


DSC_5886-L_convert_20190403082909.jpg

まだまだ殺風景ではあるが、移植したバラの大半は、うまく活着してくれた。


DSC_5885-L_convert_20190403082901.jpg

切り花品種のバラのため、基本的には木立ち性バラだ。


DSC_5891-L_convert_20190403082953.jpg

入り口のアーチの右側の誘引されたつるバラは、残念ながら枯れているようだ。


DSC_5890-L_convert_20190403082944.jpg

伊那バラゾーンを奥から見返したところ。


DSC_5889-L_convert_20190403082936.jpg

同じような写真だが、もう一枚。


DSC_5888-L_convert_20190403082929.jpg

一株だけ、立ち枯れている株があった。
ビニルハウスの中に、半年ほど放置されて瀕死の状態だったバラを約200株、譲り受けたのだが、
奇跡的に、そのほとんどはうまく育ってくれている。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2019/04/03(水) 10:05:25|
  2. 吉田病院「癒しの庭」PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉田病院の庭、3月末(バラ以外編)

※ この記事は、2019年3月30日のバックデート記事です。


グリーンボランティアでお手伝いをさせていただいている近所の中核病院、吉田病院さんの庭。
この日は、近くに行く用事があったので、少し立ち寄って、様子を見てきた。
まずは、バラ以外の植物の様子を。

DSC_5892-L_convert_20190403083300.jpg

こちらは、吉田病院の館銘板のある花壇。
黄色い水栓と、黄色いチューリップ、そして両脇に白い水仙もちらりと顔をのぞかせている。


DSC_5893-L_convert_20190403083119.jpg

旧館横の藤棚のある休憩スペース。
ソメイヨシノの大木に薄ピンク色の花が咲き出した。
昨年の台風で左側のソメイヨシノの大部分が折れてしまったのが残念だが。


DSC_5909-L_convert_20190403083138.jpg

咲き始めたソメイヨシノ。


DSC_5894-L_convert_20190403083130.jpg

こちらは、昨年、環境省のコンテストの副賞でいただいたソメイヨシノ。
まだ植える場所が決まらないのか、仮植えの状態のままだった。


DSC_5906-L_convert_20190403083311.jpg

斜面のスロープ脇には、白い梅の木とスロープ沿いにチューリップやパンジーが植えられている。


DSC_5910-L_convert_20190403083336.jpg

こちらにでは、菜の花が満開。


DSC_5895-L_convert_20190403082356.jpg

クリスマスローズは、見頃を過ぎたが、大きく育っているようだ。


DSC_5867-L_convert_20190403083150.jpg

こちらは、眼科棟のつるバラの下に植栽された白い水仙。
なかなかさわやかで美しい。


DSC_5898-L_convert_20190403083201.jpg

園内にはいろんな種類の水仙が咲いている。
こちらは、芯の部分が八重咲きの水仙。


DSC_5905-L_convert_20190403083232.jpg

こちらは、矮性の黄色い水仙。


DSC_5907-L_convert_20190403083242.jpg

駐車場脇には、派手な黄色い水仙。


DSC_5901-L_convert_20190403082830.jpg

斜面の庭には、青い花咲くローズマリー。


DSC_5904-L_convert_20190403082839.jpg

なかなかの濃いブルーで素敵なローズマリーだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2019/04/03(水) 10:04:55|
  2. 吉田病院「癒しの庭」PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 京北ローズガーデンに、つるバラ誘引作業に行ってきた 2日目(3/10)

※ この記事は、2019年3月10日のバックデート記事です。


京北バラ園、花簾庭での、つるバラ誘引作業2日目。
前日の作業終わりに、アーチでのつるバラ誘引作業を行っていた時、疲れがたまっていたのか、
もしくは集中力が低下していたからか、脚立から転落して、肘と腰を地面に強打した。
幸い、うまく受け身ができたためか、頭は打たなかったので、大丈夫かなと思っている。
そんなこともあり、作業2日目は、メンバーの皆さんから、大丈夫ですか?と声を掛けてもらった(汗)。

さて、作業日2日目は、天気予報では午後から雨。
なので、午前中が勝負ということで、急ピッチで、残りのつるバラの誘引と、木立性バラの剪定、そして寒肥やりを行った。
前日の作業状況を見ながら、得意不得意を見極めて、それぞれにサポートメンバーの方々に作業を振り分けたことも奏功してか、
作業効率が格段に上がった。
また、この日も、隣町の亀岡市から強力な助っ人のRさんにもお越しいただいた、
途中、Rさんのお知り合いで、若い男性でバラを育てている人がいるという話になり、急遽、Rさんからその方に連絡していただき、
飛び入り参加でつるバラの誘引を手伝っていただけることになった。
強力な助っ人を得て、作業は急ピッチで進んだ。
午後から、予報通り雨が降り出したが、作業ができないほどではなかったので、小雨の中、バラチームのみ残って、
できる限りの作業を詰めて行ったので。
おかげで、想定していた以上の仕上がりで、残す部分はごくわずかとなった。
この日できなかった作業は、地元・京北のメンバーの方々に、後日お願いすることになった。

作業終わりに、今回のつるバラ誘引、木立性バラの剪定の様子を写真に撮って、記録しておくことにした。

DSC_5561-L_convert_20190312105029.jpg

ざっと、園内を回ってみよう。
こちらは、エントランス付近から、中央方向、東屋などが見えるアングル。
手前は、シュラブ樹形のイングリッシュローズ・コーナー。
咲いた時に、写真映えするように、あまり低く切らないようお願いした。


DSC_5562-L_convert_20190312105038.jpg

手前のイングリッシュローズ・コーナー、中ほどのオールド・ローズ・エリア、そして、奥に段差を活かした群星と群舞のゾーン。
群星・群舞ゾーンまで、今回手が回らなかった。
ただ、昨年も京北のスタッフの皆さんが、うまく枝垂れて咲くように仕立ててくれていたので、今年もきっと大丈夫だろう。


DSC_5563-L_convert_20190312105046.jpg

大型アーチ部分。
ここも一応、全て誘引が終わった。
大きなアーチなので、まだすべてが頭頂部までツルが届いているわけではないが、だいぶ大きくなっている。
年々誘引が大変になるゾーンかもしれない。
ここは飛び入り参加のバラ青年Sくんが、最後、一気に仕上げてくれた。


DSC_5564-L_convert_20190312105057.jpg

アーチ部分の側面。
一般的なラウンド型のアーチではなく、里山風景に調和するような、山形(家形)にオリジナルデザインで製作している。
アーチの幅が少し狭いので、大木の枝が出た品種は、誘引が難しかった。


DSC_5565-L_convert_20190312105105.jpg

こちらは、オールドローズ・ゾーン。
写真では分かりにくいが、手前に棒を立てて、長く伸びた枝を底に引っ張って誘引しているのだ。


DSC_5566-L_convert_20190312105114.jpg

逆サイドから見たところ。


DSC_5567-L_convert_20190312105122.jpg

こちらの写真が分かりやすいだろうか?
石の手前(画面右側)に支柱を立てて、長く伸びたオールドローズの枝を引っ張っている。
この仕立ての理由は、このオールドローズ・ゾーンでは、岩を乗り越える水の流れをバラの花で表現する、というコンセプトの下、
咲いた時に、オールドローズが枝垂れるように、岩の前に咲いて欲しいのである。
蕾が膨らむまで、このままほぼ水平にひっぱり誘引することで、頂芽を作っている。
開花直前で誘引を解き、花の重みで垂れ下がって咲くように仕向けるのだ。


DSC_5568-L_convert_20190312105130.jpg

斜めから見ると、こんな感じ。
今は、緑の支柱が邪魔だが、開花のピーク時には、自然な開帳樹形で、前に枝垂れて咲くはずだ。


DSC_5570-L_convert_20190312105147.jpg

オ^ルドローズエリアは、道を挟んで3カ所ある。
このエリアでも、同様の仕立てをしている。


DSC_5571-L_convert_20190312105156.jpg

こちらも、オールドローズエリアだが、ここには石を組んでいないので、前にひっぱり誘引するのではなく、
その場で自然な形で開帳型に開くような誘引を行っている。


DSC_5572-L_convert_20190312105205.jpg

こちらは、オールドローズのツル品種で、ウィリアム・ロブ。
前日のブログ記事を見ていただくと分かるのだが、誘引前は、勢いのあるシュートを何本も上げていた。
美しい壁面誘引をしてみたかったので、ここの担当として僕自身が誘引作業をやらせてもらった。
このウィリアム・ロブという品種、細かいトゲが曲者。
誘引はとても大変だった(汗)。


DSC_5573-L_convert_20190312105213.jpg

フェンスを真正面から見たところ。
左側が、ウィリアム・ロブ、右側は友人が誘引をおこなったつるバラで、ヨーラン・ダラゴン。


DSC_5574-L_convert_20190312105223.jpg

ヨーラン・ダラゴン側から見た誘引の様子。
地元・京北のスタッフさんの話では、このヨーラン・ダラゴンがとても美しかったと、評判だった。
昨年は見れなかったので、今年は楽しみにしている。


DSC_5577-L_convert_20190312105248.jpg

こちらもオールドローズのつるバラゾーンで、Rさんが誘引してくださった。
バロン・ジロー・ドゥ・ランやスーベニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン、マダム・イサーク・ぺレールなどがあるエリア。
我が家にも植えているバラだが、全く違う。
どのバラも調子が良く、シュートもバンバン上がっていて、土のツルを残して誘引するか、選びたい放題だった。
Rさんが美しく誘引してくださっている。


DSC_5578-L_convert_20190312105257.jpg

ここ辺りは、少し低めのフェンス。
カクテルや安曇野、パルフェ・タムールといった、一重咲きの和風感のあるバラを植えている。


DSC_5575-L_convert_20190312105231.jpg

引きで見たところ。
途中で木製フェンスの高さが変わっているのだが、そこでつるバラの雰囲気も変えている。


DSC_5560-L_convert_20190312105022.jpg

こちらは、駐車場側の木製フェンス。
鹿に入られないように、バラ園を囲っているのだが、南側が駐車場で、つるバラを誘引するのが北側面ということもあってか、
他のバラより、少し生育が悪いように思う。
ここには、イングリッシュローズのつるバラなどを植栽している。


DSC_5580-L_convert_20190312105315.jpg

同じ南側の木製フェンス。
半分はイングリッシュローズがメインだが、半分は、ロサオリエンテスや、その他メーカーの中から、
和の雰囲気のあるつるバラを選んで植栽している。


DSC_5569-L_convert_20190312105138.jpg

こちらは、東屋。
スタッフの休憩場所でもあるのだが、本来の目的はつるバラを誘引するための家形パーゴラ。
もともと田んぼであったため、構造物がなく、ともするとバラ畑になってしまいそうだったので、
つるバラを誘引できる構造物で、里山の風景に調和するように、切妻屋根の家形パーゴラを設置したのだ。
この写真で見えている壁面には、イングリッシュローズのコンスタン・スプライとスノー・グースを右側の壁面に。
そして、角を介してその対になる壁面には、ファンタン・ラトゥールを誘引している。
コンスタン・スプライとスノー・グースは僕が誘引し、ファンタン・ラトゥールはRさんに誘引をお願いした。
それぞれの個性が出た誘引になっていると思う。


DSC_5576-L_convert_20190312105239.jpg

こちらには、このバラ園随一の暴れん坊のつるバラを植えている。
ロサ・フェリペ・キフツゲートだ。
昨年5月に行ったイギリスの名庭園のひとつ、キフツゲート・コート・ガーデンで偶然見つかったというバラ。
『バラ大図鑑』でも、大きくなりすぎるので、家庭では植えてはいけません的な紹介になっているバラですが、
このバラ園のこの大きな家形パーゴラなら大丈夫だろうということで、導入した経緯がある。
まださほど大きくなっていないが、ゆくゆくはこの屋根一面をこのバラだけで覆うことができるようになるのではないか?
それにしてもトゲが半端ない。
血だらけ必至で誘引する覚悟が必要なモンスターローズだ。


DSC_5579-L_convert_20190312105306.jpg

家形パーゴラの東面には、こちらも大きく育つモンスターローズのひとつ、ランブリング・レクターと、
プリPJ・ルドゥーテを植えている。
ここは、強力助っ人のRさんにお願いした。
モンスターと格闘しながら、美しい、遊び心のある誘引をしてくださった。


DSC_5581-L_convert_20190312105324.jpg

ここは、かねてから懸案だった場所。
家形パーゴラの屋根に誘引すべく植えたランブラー品種のつるバラ、メイ・クィーンが暴れていた。
株元で側枝をたくさん出し、処置なし状態だったが、今回は、その側枝を切り落とし、
長い枝だけを残して、屋根に持ち上げるように誘引した。
これで、新しい勢いのあるシュートを出させる作戦だ。
このメイ・クィーンも曲者で、細かいトゲが誘引の邪魔になる。
メイ・クィーンは、もう一本、家形パーゴラの反対側にも植わっていて、そちらは
飛び入り参加のS君が仕上げてくれた。


DSC_5559-L_convert_20190312105014.jpg

何とか、大方の誘引作業が完了した。
時刻は16時半。
雨も何とか小雨のままで済んで良かった。
作業終わりに、残って作業を続けたバラチームで記念撮影を行った。
今回も手伝っていただいたRさん、飛び入り参加で手伝ってくれたS君、ありがとうございました!
京北の皆様もありがとうございました。
このあと、30分ほど後片付けをして、この日の作業は終了。
次回は、バラの開花シーズンに、ここでの再会を願って、それぞれ帰宅の途についた。
皆さん、お疲れさまでした。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2019/03/14(木) 09:19:27|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京北ローズガーデンに、つるバラ誘引作業に行ってきた 初日(3/9)

※ この記事は、2019年3月9日のバックデート記事です。


構想段階からかかわらせていただいている、京都市右京区京北町にある、通称「京北バラ園」、
正式名称は、「京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭」という。
長いので、通常は、「京北バラ園」、もしくは「花簾庭(かれんてい)」と呼んでいる。
昨年末の12月に、冬越しの作業に行って以来だが、先日、春に向けてのつるバラ誘引作業、木立性バラの剪定作業に行ってきた。
京北町は、京都駅から車で小1時間ほど、山を越えた場所にあり、我が家のある奈良からからだと、2時間半はかかる遠方だ。
京都盆地の北側の山あいにあるため、京都や奈良よりも寒く、冬は降雪も見込まれるため、
毎年、年末の押し迫った12月初旬に、降雪対策を兼ねての冬越し作業に行っている。
そして、今回、その降雪対策で行ったバラ苗に被せた藁を外したり、つるバラの誘引や木立性バラの剪定作業を行うため、
京北に足を運んだ。
今年は暖冬で、ほとんど雪は降らなかったようだ。
逆に暖かかったため、既にバラの芽が動き始めているらしく、つるバラの誘引や木立性バラの剪定には少し遅かったかもしれない。

DSC_5530-L_convert_20190312104601.jpg

毎年、つるバラの誘引作業は一日では終わらず、今回も3月9日(土)と翌10日(日)の2日間を作業日に充てていた。
天気予報では、初日の9日(土)は晴天だが、翌10日(日)は、午後から雨の予報で、初日の9日(土)に、
どこまで作業ができるかが、ポイントと考えていた。
そんなこともあり、9日(土)は、朝5時半に奈良を出発し、8時過ぎには現地到着することができた。
空も、雲一つない好天に恵まれた。


DSC_5527-L_convert_20190312104535.jpg

こちらが、京北バラ園の正面入り口。
計画当初、オーナーの所有する別の土地に植わっていた立派な梅の木を、ここに移植したいと切望し、
オーナーの了解を得て、この場所に、シンボルツリー的に植栽してもらった。


DSC_5525-L_convert_20190312104519.jpg

駐車場側から見た梅の木。
地元の人の話では、2週間ほど前がピークで、もっと豪華に咲いていたそうだ。
これでも十分素晴らしいのだが、ピークの時も見て見たかった。
実は、昨年夏の猛暑で、この梅の木が弱っていた。
今年は花を咲かせてくれるのかと気を揉んだが、杞憂に終わった。


DSC_5526-L_convert_20190312104527.jpg

昨年12月の冬越し作業の際、この梅の木を植えている足元花壇に植栽を捕植する作業を
行った。
園内から移植したユキヤナギや、他所から持ち込んだユキヤナギ、シモツケ、サツキなどを
植え込み、ずいぶんと良くなっている。
ボリュームのあるユキヤナギやシモツケは、落葉樹なので、今の段階ではまだ寂しい状況だが。
今後、この花壇の先端部分(道路側)に、バラ園と分かるような看板を設置する予定である。


DSC_5537-L_convert_20190312104702.jpg

さて、昨年12月の冬越し作業も、作業に没頭し、終わった頃にはあたりが真っ暗で、作業後の様子を写真に撮れなかった。
今回、作業を手伝ってくださる現地の皆さんが到着されるずいぶん前に現地に着いたので、
冬越し作業の様子を、改めて撮影しておくことにした。


DSC_5538-L_convert_20190312104712.jpg

エントランスゲートから、バラ園奥へと伸びる円弧状のメイン通路の両側には、イングリッシュローズを植えている。
まだひ弱な株が多いので、凍害を受けないよう、苗を藁で囲って冬越しをさせた。


DSC_5545-L_convert_20190312104813.jpg

この辺りは、オールドローズをメインに植えているゾーンだ。
奥の擁壁部分には、枝垂れて咲く群星と群舞を植栽している。


DSC_5546-L_convert_20190312104823.jpg

さらに奥へと進む。
芝生の中に岩を置いているあたりが、自然樹形のオールドローズのエリア。
ここのオールドローズは大きく育っているので、降雪でつるが折れないよう、枝を縛っている。


DSC_5547-L_convert_20190312104832.jpg

手前にオールドローズゾーン、奥に枝垂れ咲く群星、群舞のゾーン。
郡星、群舞は、葉を落とさず、そのままの状態で越冬させている。
春に新しい葉が展開してくると、勝手に葉が入れ替わってくれる。


DSC_5544-L_convert_20190312104805.jpg

こちらは、イングリッシュローズゾーンから、奥の大型アーチ方向を見ている。
道路向かい側の土地もオーナーの所有地であるが、昨年秋に、森林を伐採されている。
バラ園からは西にあたり、ちょうど西日を遮ってくれていたのだが、今年は強い日射になるだろう。


DSC_5536-L_convert_20190312104653.jpg

エントランス付近から、大型アーチを見る。
アーチに誘引しているつるバラは、ランブラーが、ラージクライマー。
どれも大きくなるバラだが、まだ発展途上。
ようやく一部のバラが、アーチ頭頂部に届くかどうかといった感じ。
アーチ全面を覆うには、あと一年は掛かるかな?


DSC_5541-L_convert_20190312104738.jpg

エントランス付近から、東屋方向を見る。
東屋と言っているが、実際には「家形パーゴラ」。
ここにも何本かのランブラーやラージクライマータイプのつるバラを誘引している。


DSC_5533-L_convert_20190312104627.jpg

東屋に寄って撮影してみた。
手前に寄りかかるように垂れ下がっているつるバラは、メイ・クィーン。
ランブラー品種のつるバラで、今回トゲのあるバラ。
本当は東屋の屋根部分に持ち上げて、しな垂れるように咲かせたいのだが、側枝ばかり出て、上に伸びないので、
今回の剪定では、側枝をすべて切る予定にしている。


DSC_5548-L_convert_20190312104841.jpg

東屋を北から南方向に見たアングル。
ちょうど朝日と逆光になり、東屋の壁面が良く分からない。
ここには、このバラ園随一の暴れん坊のつるバラ、「ロサ・フェリぺ・キフツゲート」なるバラを誘引している。
恐ろしいトゲで待ち構えている。
このバラと戦うのは、他でもない、この僕なのだが・・・(汗)。


DSC_5532-L_convert_20190312104619.jpg

家形形状の大型アーチを北側から見る。
側面に誘引しているつるもだいぶ暴れている。
これも年々大きくなり、家庭サイズではないアーチなので、年々誘引も大変になるだろう。


DSC_5531-L_convert_20190312104610.jpg

こちらは、昨年12月の冬越し作業の際に、バラ園内に植えていたバラ以外の植物を移植した土手。
バラ園内に植えていたブッドレアやライラックが大きく育ち、バラの生育に影響が出始めたので、
バラとは関係ない場所に移植させたのだ。
根がまだ張っていない段階で降雪を受けると、脱落してしまうのではという懸念があったが、
今年は降雪が少なかったので、大丈夫だったようだ。
根もだいぶ切ったが、よく見ると新芽も出ているので、大丈夫だろう。


DSC_5549-L_convert_20190312104849.jpg

今回の作業では、つるバラの誘引、木立性バラの剪定のほかに、寒肥遣りも同時にやってしまう予定だ。
京北の場合、6月初旬が開花時期なので、牛ふんたい肥や骨粉、油粕などの有機肥料が効き出すのに
3か月掛かると言われているが、ちょうどこの頃が、開花から遡って3か月にあたるのだ。
牛ふんたい肥や骨粉、油粕は、現地の園芸店で調達してもらっていたのだが、「ようせいりんぴ」の業務用は手に入らないので
買って持って来て欲しいと頼まれたので、それと、つるバラ誘引用のワイヤーを張るための木ビスも購入して持ち込んだ。


DSC_5523-L_convert_20190312104502.jpg

あと、つるバラ誘引作業前の様子を何枚か。
こちらは、駐車場側の木製フェンス。
南側に木塀があるため、日照条件が悪く、他より生育は劣っている感じだ。


DSC_5555-L_convert_20190312104943.jpg

こちらは、オールドローズのつるバラゾーン。
この勢いよくシュートを挙げているバラは、ウィリアム・ロブ。
トゲトゲのバラだが、樹形が良さそうなので、このバラの壁面誘引を是非やらせて欲しいと予約した(笑)。
これが作業前の様子。


DSC_5550-L_convert_20190312104858.jpg

作業スタッフが揃ったところで、軽くミーティングをして、早速、作業に取り掛かった。
男性陣は、バラ苗に巻き付けた藁の回収から。
あまり傷んでいないので、来年も使おうということで、なるべききれいに回収することになった。
その後は、バラ苗の株元に、寒肥を入れるための穴あけ作業を延々と行っていただいた。


DSC_5551-L_convert_20190312104906.jpg

女性陣には、大型アーチのつるバラ誘引作業からスタートしてもらうことにした。
今回は、昨年末の冬越し作業の際と同様、隣町から強力な助っ人Rさんをお呼びしている。
Rさんが、アーチのつるバラの剪定、誘引作業の指導をしてくれた。


DSC_5554-L_convert_20190312104932.jpg

Rさんによる即席セミナー開講。
とても心強い!


DSC_5552-L_convert_20190312104915.jpg

アーチのバラは、暴れて大変な状態になっている。
これをどのように制圧するか、腕がなるところだ。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2019/03/14(木) 09:18:11|
  2. 京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。
一級造園施工管理技士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
Change My Garden , Change My Life.
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

2017年7月~
庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

2018年5月、世界的ガーデンデザイナー、石原和幸氏のイギリス・チェルシーフラワーショーでのコンテストガーデン出展のサポートスタッフとして参加。石原氏は、通算10個目のゴールドメダル受賞に加え、アーティザンガーデン部門でのベストガーデン賞受賞というW受賞を達成された。
世界最高峰のガーデンショー、チェルシーフラワーショーでの庭造りを通して世界のレベルを実感した。

それ以外の活動として、現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町、広陵町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックに向けて、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園のつくるべく、仲間とともに奮闘中。

地元・奈良では、世界遺産にも登録されている南都・六宗のひとつ、唐招提寺の境内にて、開祖・鑑真和上ゆかりの薬草園を再興するプロジェクトに、ガーデンデザイナーとして参加、実施に向けて活動中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
2018年 第13回 におい・かおり環境協会賞受賞(第2席)
(唐招提寺「香りの薬草園」鑑真和上 才花苑/唐招提寺・薬草園PJ)

2017年 第12回 日本植木協会賞受賞(第4席)
(癒しの森・香るヒーリングガーデン/平和会吉田病院PJ)

2016年 第11回 入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●ガーデンダイアリー
トワイライトガーデンフォトコンテスト
2018年冬 金賞受賞

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

フォトコンテスト
「ドイチェ・ローゼン」を撮ろう!
2013年秋 入賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞

バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞

2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞

2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞

2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞

2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●ユニソン フォトコンテスト
2018年 パブリック部門 部門別優秀賞(シルバーメダル)受賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●タカショー 
2016年 第7回光の施工例コンテスト
入賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリプフォトコンテスト
2017年 一般応募部門 
準グランプリ受賞
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『My GARDEN』
(マルモ出版)
2018年春号 Vol.86

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2020年春号 Vol.13
(“京北・香りの里 六ヶ畔・花簾庭”)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』
(主婦の友社)
2016年春号
2015年冬号

●ガーデン&プランツ
(日本園芸協会)
No.175(2017年冬号)
No.171(2016年冬号)
No.167(2015年冬号)
No.163(2014年冬号)

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞

※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

【お問い合わせ・ご連絡はこちら】

hidenori.iba0502@gmail.com

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
お知らせ (2)
各月毎の庭の様子 (260)
1月のマイ・ガーデン (24)
2月のマイ・ガーデン (18)
3月のマイ・ガーデン (21)
4月のマイ・ガーデン (43)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (15)
11月のマイ・ガーデン (15)
12月のマイ・ガーデン (10)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (7)
バラ (2951)
アイズ・フォー・ユー (62)
あおい (4)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (6)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (6)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (87)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (103)
カーディング・ミル (6)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (5)
薫乃 (2)
カクテル (57)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (1)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シスター・エリザベス (1)
シャーロット・オースチン (3)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (45)
シャリファ・アスマ (4)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (34)
シャンテ・ロゼ・ミサト (1)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (58)
ジョン・クレア (5)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (43)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (52)
すみれの丘 (1)
スワン (3)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (28)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドルシュキ・ルブラ (2)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (61)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (57)
花冠 (55)
パレード (7)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (28)
ヒースクリフ (1)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (48)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (17)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (1)
マダム・イサーク・ペレール (25)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (42)
ミニバラ (62)
ムンステッド・ウッド (76)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (2)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (86)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (59)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (12)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (22)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (54)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (63)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (1)
ローズA(品種不明バラ) (9)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (348)
アフロディーテ・エレガフミナ (20)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
エンプレス (1)
踊場 (8)
紀三井寺 (3)
キリ・テ・カナワ (6)
ザ・プレジデント (9)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (17)
天塩 (18)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (23)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (9)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (2)
マクロペタラ (3)
美佐世 (3)
ミゼット・ブルー (2)
ムーンビーム (11)
H.F.ヤング (3)
H.F.ヤング(枝代わり) (2)
流星 (15)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (121)
ダリア (20)
牡丹 (38)
芍薬 (81)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (377)
アオキ (1)
アオダモ (4)
紫陽花 (98)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (8)
エゴノキ (8)
クラッスラ(金の成る木) (2)
月桂樹 (1)
コハウチワカエデ (7)
シジミバナ (16)
シモツケ (19)
ジャカランダ (2)
ジャスミン (2)
シラカシ (6)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (3)
センリョウ (2)
ドウダンツツジ (21)
ナンテン (1)
ハナカイドウ (35)
姫コブシ (1)
ヒュウガミズキ (22)
ブーゲンビリア (14)
フジ (1)
ミツバツツジ (19)
ヤマツツジ (19)
ヤマモミジ (7)
ヤマモモ (3)
ユキヤナギ (41)
果樹 (27)
オリーブ (22)
ブラック・ベリー (4)
ラズベリー (1)
レモン (0)
宿根草・多年草 (673)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (42)
アスチルベ (1)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (46)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (31)
黒葉スミレ (3)
サギゴケ (2)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (13)
四季咲き寒アヤメ (15)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (12)
シャガ (20)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (18)
水仙 (53)
スズラン (18)
スノー・フレーク (14)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (12)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (25)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (7)
ハナニラ (13)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (30)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
フリージア (27)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ペンステモン (1)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (21)
ムスカリ (36)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
ハーブ (4)
オレンジミント (2)
バジル (1)
一年草 (175)
オダマキ (4)
オルレア (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
ビオラ (65)
ヒヤシンス (32)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (16)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (42)
観葉植物 (29)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (109)
サボテン類 (27)
ハオルチア類 (17)
メセン類 (20)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (152)
まつおえんげい (19)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (43)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (57)
春日大社&万葉植物園 (1)
大和文華館 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
城南宮 (7)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
壺阪寺 (2)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
由志園(島根県松江市) (3)
近所の公園 (3)
日本庭園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (3)
バラ友さん家のガーデン (12)
叔母の家のバラ庭 (18)
ローズガーデン・プロジェクト (76)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (46)
吉田病院「癒しの庭」PJ (18)
吉野・K邸ガーデンPJ (12)
ガーデンプロジェクト (6)
唐招提寺・薬草園PJ (6)
チャレンジ・チェルシー (3)
僕の栽培メソッド (4)
バラの作業 (333)
つるバラの誘引 (131)
バラの剪定 (27)
バラの植込み (23)
バラの植え替え (5)
バラの掘り上げ (4)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (12)
バラの肥料やり (24)
バラの薬剤散布 (65)
バラの害虫 (5)
ローズヒップ (5)
クレマチスの作業 (52)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (10)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (31)
球根 (27)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
2015年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
ガーデンリフォーム (56)
DIY (33)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
外壁塗り替え工事 (70)
台風対策 (1)
ガーデングッズ (67)
テラコッタ鉢 (9)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (12)
ガーデニングコンテスト (27)
写真コンテスト (18)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (19)
dinos ガーデンスタイリング (177)
記事投稿告知 (78)
記事(バックアップ) (75)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (11)
おしらせ (3)
マイナビ「おすすめナビ」 (1)
旅行・小旅行 (23)
その他 (90)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR