Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

今年も、「国際バラとガーデニングショウ」を見に行けることになりました〜。

いつの間にかGWに突入し(汗)、今年もバラシーズンまっただ中になりましたね。
今年も慌ただしくゴールデンウィークを過ごしています。

今年は、日時限定ですが、オープンガーデンも予定していますので、良い状態で庭を見ていただけるよう、
最後の悪あがきをしています〜(汗)。
昨日(5月1日)は、近所のホームセンターで、ローズソムリエの小山内健先生のトークイベントがあって見に行ったり、
何かとバタバタしています。
そんなことで、なかなかブログの更新がおぼつかないのですが(汗)、我が家の庭も、続々とバラが開花中です。
そのあたりのことは、また「なる早」で(なるべく早く)ブログにアップしようと思っていますが、
今しばらくお待ち下さいね。
その前に、溜まっている写真を一気に載せて行きますね。
20以上の記事を書きましたので、良かったら画面をスクロール&「次のページへ」をクリックしてご覧くださいませ〜。

ということで、前置きが長くなってしまいましたが、本編に戻ります。

今年も何とか、「国際バラとガーデニングショウ」を見に行けることになりました〜。
昨年、初めて見に行ったんですが、今年は行けないかな〜と半ば諦めていたのですが、
国バラ開催日の5月13日(金)の夕方に、東京で仕事(街づくりのプレゼン)が入り、出張することになりました。
仕事終わりで、トンボ帰りしようかとも思ったのですが、ちょうど国バラの開催期間中ですし、
もう一泊して、東京近郊のバラ園も見て回ろうかと画策中です。

ちなみに、昨年見に行った「国際バラとガーデニングショウ」の見学記事も書いていますので、良かったらご覧下さい。

  ※ 2015年、国際バラとガーデニングショウ見学記事は、こちら → 

  (カテゴリー上、今回の記事も出てしまいますが、少しスクロールしてもらえると、過去記事が見れます。)


今、通販大手のディノス・セシールさんのネットサイト、「ガーデンスタイリング」に定期的に記事を書かせていただいていますが、
そのディノスさんが、今年の国バラに出店されるということで、案内をいただいていました。

  ※ ディノスさんからの案内は、こちら → 「国際バラとガーデニングショウ」出店決定!

ディノスさんが、もし国バラに来られるようであれば、チケット送りますよ、とおっしゃって下さいました。
その時点では、まだ東京出張の話が決まっていなかったので、
「行けるかどうか分からないんですが、とりあえずチケット送ってもらえますか〜」と、お願いしておきました。

DSC_5818-L_convert_20160429072959.jpg

そのチケットが、先日届きました。
ディノスさん、ありがとうございます〜。
そうこうしているうちに、東京出張の話が決まり、めでたく、国バラに今年も参戦できることになりました〜(笑)。
嬉しいですね〜。
思い続けると、願いは叶いますね(笑)。

当初は、5月14日(土)に国バラを見に行こうかと思っていたのですが、
その日は、一日かけて東京近郊のバラ園を見に行きたいので、国バラは、13日(金)開催初日の午前中に行こうかと思っています。
始発で奈良を出れば、11時前には、何とか西武ドームに到着できそうなんです(大汗)。
夕方にはプレゼンがあるので、会場にいれるのは14時くらいまでですが、
3時間もありますので、そこそこ堪能できるのではないかな〜と、思っています。
もし、このブログをご覧いただいている方で、13日、国バラを見に行かれる方がおられましたら、
会場でお目に掛かれたり出来たら嬉しいですね〜(笑)。

翌日の14日(土)は、朝一で、群馬県の館林トレジャーガーデンを見に行こうかと思っています。
昨年、国バラのついでに見に行った、横浜イングリッシュガーデンがとても素晴らしくて、
デザイン監修されている園芸研究家の河合伸志先生が手がけられた、もうひとつのガーデンということで、
館林トレジャーガーデンも是非、見てみたいと思っています。
その後は、群馬〜埼玉近辺のバラ園やカフェなどを散策して(まだ検討段階ですが:汗)、
午後からは、今年も横浜イングリッシュガーデンを見に行ってみようかと考えています。

ちなみに、昨年見に行った、横浜イングリッシュガーデンの関連記事は、以下にリンクしておきますので、
良かったら、ご覧下さい。

 ※ 2015年、横浜イングリッシュガーデン見学記事は、こちら → 

あまりにも良すぎて、膨大な数の写真を撮りました(大汗)。
その中からセレクトしたものを、テーマごとに14回に分けて書いています。
かなりの長編記事ですが(汗)、良かったらご覧下さいませ〜。

今年も5月13日(金)、14日(土)と連日、かなりの強行軍ですが、バラのためならどこまでも(汗)・・・、という感じで、
バラ三昧の日を過ごせればと思っています。
本当は、もう一泊してゆっくりとバラ園巡りをしたいところですが、翌15日(日)には、
自宅でオープンガーデンの予定もありますので、相当疲れているとは思いますが、這ってでも奈良に帰ります〜(笑)。

 

ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/04/30(土) 06:46:13|
  2. 国際バラとガーデニングショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2015年・国際バラとガーデニングショー その4(その他編、最終回)

(2015年5月のバックデート記事です。)

さて、今更ながら書いて来た昨年2015年の国際バラとガーデニングショーの振り返り記事ですが、今回で最後です。
今回は、これまでの記事に当てはまらないその他事項ということで、会場で見たバラやその他植物について書いてみます。

まずは、会場のいろいろなブースで販売されていたバラの切り花の中で、目に留まったものです。

DSC_2011-L_convert_20150910075404.jpg

こちらは、京成バラ園さんのブースで見た、ベビー・ロマンチカ。
切り花品種だけあって、さすがにキレイですね〜。


DSC_2012-L_convert_20150910075416.jpg

我が家にも、オレンジ色のバラは、イングリッシュローズのパット・オースチン、レディ・オブ・シャーロットがありますが、
また違った美しさです。
以前から気になっていたバラだったので、実物を見て確信。
奈良に戻ってから、新苗でお迎えしてしまいました(汗)。


DSC_2032-L_convert_20150910075432.jpg

こちらは、デルバールのマルク・シャガール。
以前、有島薫先生のブログで写真を見てから気になっていました。
写真では見たことがありましたが、実物を見るのはこれが初めてでした。
思っていたより大輪で、色もかなりのピンクなんですね〜。
もっと白いのかと思ってました(汗)。


DSC_2033-L_convert_20150910075443.jpg

こちらも、マルク・シャガール。


DSC_2034-L_convert_20150910075454.jpg

縦位置でも撮っておきました。
2つ写っているうちの下くらいの感じ(白さ)だと良かったんだけどな〜(汗)。
前に写真で見たのは、こんな感じだったかな〜。


DSC_2024-L_convert_20150910075510.jpg

こちらも、以前から気になっているバラで、ドリュのミステリューズ。
なかなか趣きのある良いバラですね〜。


DSC_2026-L_convert_20150910075535.jpg

少し離れて撮ったのがこちら。
背景のクリーム色の壁との相性がとても良いですね。


DSC_2025-L_convert_20150910075522.jpg

再びアップ。
結構、心惹かれています。


DSC_2031-L_convert_20150910075248.jpg

こちらも、今心惹かれているバラで、F&Gローズのあおい。
この渋い色合いは、オリジナリティ高いですね〜。
やっぱり素晴らしい。


DSC_2116-L_convert_20150910075300.jpg

咲き進むとさらに渋さが際立ちますね。


DSC_2023-L_convert_20150910075334.jpg

こちらは、ロサオリエンテスのシェラザード。
これもオリジナリティの高いバラですね。


DSC_2022-L_convert_20150910075319.jpg

色合いといい、花形といい、素敵ですね。


DSC_2021-L_convert_20150910075349.jpg

こちらもロサオリエンテスで、パリス。
乙女チックなバラですね〜。
でもキレイ。


DSC_2006-L_convert_20150910075602.jpg

つるバラで気になったのはこちら、群舞。
可愛らしい淡いピンクの花が房咲きして、何とも可愛い。


DSC_2062-L_convert_20150910075627.jpg

枝垂れて咲く樹形もとても好みです。
これはいいと!と思ったけど、この大きなバラを植える場所がもうないんですよね〜(汗)。


DSC_2007-L_convert_20150910075615.jpg

苗を売られている販売ブースに掲げられていた群舞の説明書き。
日本の方が作出されたバラで、まだ比較的新しいバラなんですね。
一季咲きのランブラーで、半日陰でも咲き、1ヶ月近くも咲くらしい。
なかなか良いバラじゃないですか〜(汗)。
いつかお迎えしているかも(大汗)。


DSC_1930-L_convert_20150910072920.jpg

こちらは、販売されているものではなく、イングリッシュローズの展示花壇。


DSC_1931-L_convert_20150910072938.jpg

こちらも同じく、イングリッシュローズの展示花壇でした。


DSC_2069-L_convert_20150910073033.jpg

こちらは、販売されているイングリッシュローズの苗コーナー。


DSC_2002-L_convert_20150910073018.jpg

こちらは、品種名が分からなかったんですが、ピンクのイングリッシュローズ。


DSC_1999-L_convert_20150910073006.jpg

こちらもイングリッシュローズのボスコベル。
うつむいて咲かないジュビリー・セレブレーション的なバラだそうですね?
花色はかなりジュビリーに近いですね。
花形は、かなり違うと思いますが・・・(汗)。


ここからは、クレマチスで目に留まったものをいくつか。

DSC_2038-L_convert_20150910075226.jpg

こちらは、プリンセス・ケイトという最新品種のクレマチス。
なかなか美しい花形と花色ですね。


DSC_2036-L_convert_20150910075201.jpg

実際の株の様子。
結構、立派な株でした。


DSC_2037-L_convert_20150910075213.jpg

花も美しく、心惹かれましたが、最新品種でプレミアも付いているのか、
結構な金額でした〜(汗)。


DSC_2063-L_convert_20150910075042.jpg

こちらは、ベル型のクレマチスで、アディソニー。
紫色の花が可愛らしい。


DSC_2065-L_convert_20150910075054.jpg

アップです。
花弁も厚く、花持ち良さそうです。


DSC_2066-L_convert_20150910075106.jpg

花付きも良さそうだし、我が家には、こういったベル型のクレマチスはないので、
いいなぁ〜と思いました。
(買ってませんけどね:汗)


DSC_2070-L_convert_20150910075121.jpg

こちらは、バラとクレマチスのコラボレーション。
ピンクのバラは、名花・ピエール・ド・ロンサール、そのピエールに合わせてある青いクレマチスは、キリ・テ・カナワでした。
実物を見るのは初めてでしたが、こんなに鮮やかなブルーなんですね。


DSC_2071-L_convert_20150910075134.jpg

ピエールとの相性もステキです。


DSC_2072-L_convert_20150910075145.jpg

花形は微妙ですが(汗)、花色はとても気になりました。
このクレマチスも、奈良に帰ってから、即、お迎えしました(汗)。


ここからは、バラ、クレマチス以外の植物です。

DSC_2013-L_convert_20150910075646.jpg

こちらは、山紫陽花かな?
津江のコデマリという品種のようです。
山紫陽花らしい趣きがありますね。


DSC_2068-L_convert_20150910075735.jpg

こちらも山紫陽花で、津江紫紅という品種のようです。
山紫陽花もハマると深そうですね〜(汗)。


DSC_2067-L_convert_20150910075723.jpg

こちらは、ピンクの山紫陽花で、乙女の舞。
花も枝振りも美しいですね。


DSC_2016-L_convert_20150910075711.jpg

こちらは、この前日に京成バラ園でも見たアメリカ藤のアメジスト・フォール。
京成バラ園では購入を思いとどまったんですが、国バラの会場でも発見してしまったので、
これは何かのご縁だと思い、購入することにしました。
とはいえ、持って帰るのは大変なので、宅配便で送っていただくことにしました。
こういうサービスがあると便利ですね〜。


DSC_2014-L_convert_20150910075658.jpg

こちらも趣きのある植物で、ピンクオオデマリ。
少しピンクがかった花が素敵ですね〜。

ということで、遅ればせながら、昨年2015年に行った、国際バラとガーデニングショーの振り返り記事を書いてみました。
さすが、日本のバラ業界最大のイベントですね〜。
いろいろ刺激を受けました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/18(木) 23:41:27|
  2. 国際バラとガーデニングショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2015年・国際バラとガーデニングショー その3(フラワーコンテスト編)

(2015年5月のバックデート記事です。)

昨年2015年の国際バラとガーデニングショーの振り返り記事の続きで、
今回は、フラワーコンテスト編と称して、書いてみます。

いろんなコンテストがあるんですね〜。
この盆栽のような仕立て方には、結構、カルチャーショックを受けました(汗)。

DSC_1933-L_convert_20150910074554.jpg

これがバラだとは、バラをやっていない人が見たら分からないでしょうね、きっと。
一重のピンクのバラ(安曇野?)がタワーのように仕立ててありました。
地面に着くところまで、びっしりと花が咲いています。
これは凄いです。


DSC_1934-L_convert_20150910074608.jpg

こちらは、バラの盆栽ですね。
バラもこんな風に出来るんですね、驚きです。


DSC_1979-L_convert_20150910074632.jpg

こちらもバラの盆栽。
横に倒れそうな枝ぶりです。
いつか、こんなこともやってみたいです〜(汗)。
ホント、百聞は一見に如かずですね。


DSC_1985-L_convert_20150910074659.jpg

更に小さなバラの盆栽です。
紅白でとても見事に咲いていますね。
土の部分も苔でカバーしてあって、バラとは思えない。
土も少ないし、水はけとかどうなってるんでしょうね?
一般的なバラの栽培方法とは真逆のようです。


DSC_1986-L_convert_20150910074711.jpg

これも可愛らしい盆栽です。
流行のミニ盆栽ですね。
苔の中には、ミニュチュアの人も置かれていますよ。
面白い〜。


DSC_1987-L_convert_20150910074723.jpg

こちらは、またアーティスティックなバラの盆栽ですね〜。
素敵です。


DSC_1981-L_convert_20150910074645.jpg

こちらもバラなんでしょうか?(汗)
素敵な色合い。
そして小さな花。
良いですね。
逆三角錐の陶器の鉢も格好いいです。


DSC_2089-L_convert_20150910080250.jpg

ここからは、鉢植えのバラの品評会(コンテスト)です。
こちらが大賞を受賞されたバラです。
花も樹形も美しいです〜。


DSC_2091-L_convert_20150910080302.jpg

花のアップです。
このバラは何という品種なのかな〜。
チェックしてない(汗)。


DSC_2092-L_convert_20150910080353.jpg

こちらも素敵な鉢バラですね。
でも、支えとかしていいだぁ(汗)。


DSC_2094-L_convert_20150910080420.jpg

こちらは、イングリッシュローズのジュビリー・セレブレーション。
やっぱりうつむいて咲きますね(汗)。


DSC_2093-L_convert_20150910080406.jpg

ジュビリーのアップです。
花は見事、とても美しいです。


DSC_2097-L_convert_20150910080446.jpg

こちらは、つるバラの紫玉。
我が家にもあるバラです。
つるバラでも、こんな風に鉢で仕立てられるんだ〜。
勉強になります。


DSC_2098-L_convert_20150910080458.jpg

こちらは、品種名が分からないバラですが・・・。


DSC_2099-L_convert_20150910080511.jpg

こちらは、ミステリューズと書いてありますね。
ミステリューズの割には、明るいピンクですね。


DSC_2101-L_convert_20150910080524.jpg

アップです。
花を見ると、ミステリューズかな?と思います。


DSC_2102-L_convert_20150910080536.jpg

こちらはバーガンディ・アイスバーグだったかな?
これも我が家にあるバラですが、全然違うな〜(汗)。
やっぱり支柱を立てていますね。


DSC_2103-L_convert_20150910080551.jpg

花のアップです。
結構、明るい紫色で咲いていますね。
別のバラのようです(汗)。


DSC_2107-L_convert_20150910080614.jpg

こちらも同じく、バーガンディ・アイスバーグ。
こちらは、かなり大きな株ですね〜。


DSC_2109-L_convert_20150910080636.jpg

花のアップです。


DSC_2111-L_convert_20150910080700.jpg

横から見たところ。
全ての花を正面に向けて咲かせているようですね。


DSC_2110-L_convert_20150910080648.jpg

よく見ると、ワイヤーなどを使って、矯正しているようですね。
いろいろ工夫がされているんですね。


DSC_2104-L_convert_20150910080603.jpg

こちらも鉢植え部門の受賞作品。
品種名は、すみません、小さくで読めません(汗)。


DSC_2048-L_convert_20150910080101.jpg

ここからは切り花部門です。
大賞を受賞したのは、こちらの花です。
真っ直ぐに伸びた花茎、バランスの良い葉っぱ、均整の取れた花、
全てが美しいですね。


DSC_2056-L_convert_20150910080234.jpg

こちらは、農林水産大臣賞を受賞された白いバラです。


DSC_2051-L_convert_20150910080142.jpg

こちらは、バーガンディ・アイスバーグの切り花。
バーガンディ・アイスバーグは、鉢植えでも出品されていたし、
人気が高いのかな?


DSC_2052-L_convert_20150910080154.jpg

こちらは、ゴルデルゼだったかな?
鮮やかなオレンジ色がインパクトありますね。
ゴルデルゼは、切り花品種なんですね。


DSC_2053-L_convert_20150910080207.jpg

こちらは、たぶんニューウェーブだったと思う。
フリルが美しいバラですね。


DSC_2055-L_convert_20150910080219.jpg

こちらは、品種名は分からないけれど、とても美しいバラですね。
花束にピッタリ!


DSC_2045-L_convert_20150910080023.jpg

こちらは、大輪の切り花。
これだけ束ねると迫力ありますね〜。


DSC_2044-L_convert_20150910080012.jpg

良く似たので、こんあのもありました。
ディープカップのバラで、ザ・切り花って感じのバラですね。


DSC_2050-L_convert_20150910080125.jpg

こちらはアレンジの切り花。
「花ぼんぼり」とタイトルが書いてあります。


DSC_2049-L_convert_20150910080113.jpg

こちらは生け花?
紫色をベースにした組み合わせですね。


DSC_2009-L_convert_20150910074806.jpg

ここからはハンギングバスケット部門から少し。
こちらが大賞受賞作品だったかな?
素敵なハンギングですね〜。


DSC_2008-L_convert_20150910074751.jpg

背景の板とのバランスを考えてデザインされていますね。
ハンギングバスケットはしたことがないのですが、とても興味深く見せてもらいました。


DSC_2003-L_convert_20150910074739.jpg

こちらは吊り下げタイプですね。

いろいろ楽しそうですね。
機会があれば、こういうことにもチャレンジしてみたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/18(木) 23:28:29|
  2. 国際バラとガーデニングショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2015年・国際バラとガーデニングショー その2(コンテストガーデン編)

(2015年5月のバックデート記事です。)

昨年2015年の国際バラとガーデニングショーを初めて見に行きました。
日本のバラ業界のお祭り行事のような一大イベントですが、ここではコンペティションも行われているようですね。
まずは、コンテストガーデン部門の様子を載せてみますね。
全部は撮りきれなかったと思うので、目に留ったガーデンをいくつか。

DSC_1938-L_convert_20150910073225.jpg

仮設のガーデンなのに、どれもかなり本格的な作り込みで驚きました。
ナチュラルな感じで、なかなか素敵です。


DSC_1937-L_convert_20150910073642.jpg

手前の黄色いバラと、その奥の淡いピンクの小輪のバラ(たぶん、群舞かな?)が良い感じでした。
ガーデン手前を横切る板も空間を引き締めていますね。
素敵なアイディアだと思いました。


DSC_1943-L_convert_20150910073317.jpg

こちらは、かなりシックな佇まい。


DSC_1944-L_convert_20150910073334.jpg

作り込まれた小屋の中には、家具や照明も仕込まれています。
シックな色合いの中に、ポイントで置かれた淡いブルーのバラ(たぶん、ブルー・フォー・ユー)や紫色のバラが
とても効いていますね。


DSC_1957-L_convert_20150910073750.jpg

こちらは、メルヘンチックなガーデンです。
洞窟のような作り込みです。


DSC_1956-L_convert_20150910073738.jpg

ここでも、洞窟の入口の白いアーチ状の縁取りと、赤いバラがとても効いています。


DSC_2010-L_convert_20150910073804.jpg

とても絵になりますね。
奥の照明が効いています。
この部分には、滝のように、水も流れていました。


DSC_1958-L_convert_20150910073827.jpg

こちらは、和モダンな庭です。
三角形で作られたウッド(竹かもしれない)デッキが素敵です。


DSC_1959-L_convert_20150910073839.jpg

デッキ(ベンチ)の後ろには、流木を使った滝が作られていました。
こんな仮設の庭で、水を使うのは結構難しいと思いますが、素敵な演出でした。


DSC_1960-L_convert_20150910073851.jpg

月見台のような台もありました。
自然の枝を上手く使って素敵でした。


DSC_1963-L_convert_20150910073933.jpg

こちらも和の庭ですね。
樹形の美しい高木と流木、苔を使った演出です。


DSC_1964-L_convert_20150910073945.jpg

アングルを変えてもう一枚。
大人な雰囲気ですね。
もうひとつ庭を作れるなら、こういう庭にもチャレンジしてみたい(笑)。


DSC_1967-L_convert_20150910073654.jpg

こちらは、きっちりした和風の庭ですね。
梁や柱が空間を規定していますね。


DSC_1968-L_convert_20150910073708.jpg

男性的な庭ですね。
個人的には、こういう庭の方がホッとします(笑)。
ブルーの紫陽花や、奥の青いカキツバタ?かながアクセントになっていますね。


DSC_2086-L_convert_20150910074042.jpg

カキツバタの植えられている部分のアップです。
その横に猫のオブジェが置いてありますね。
遊び心ですね〜。


DSC_2083-L_convert_20150910073533.jpg

ここからは和風なお庭です。
これはなかなか素敵な演出だと思いました。
奥の渋いピンクのバラは、きっとF&Gローズのあおいですね。
やっぱりいいバラですね〜。


DSC_2084-L_convert_20150910073545.jpg

少しアングルを振ってもう一枚。
モミジとあおいのコンビネーション、そして、その手前に白いバラが
効いていますね。


DSC_2082-L_convert_20150910073520.jpg

その素地の木とのバランスも素敵です。
是非、参考にさせてもらいたい演出です。


DSC_2085-L_convert_20150910074030.jpg

ここでは、淡いピンクのバラと青いクレマチス(たぶん、アフロディーテ・エレガフミナ)のコラボレーションです。
素晴らしく綺麗です。
我が家では、アフロディーテはかなり洋風に使い方をしていますが、こんな風な和風の演出も出来るんですね〜。
勉強になります。


DSC_2087-L_convert_20150910074054.jpg

こちらは、また別のお庭なんですが、ここで目に留まったのがこちらの白いクレマチス。
サニー・サイドという品種のようです。


DSC_1972-L_convert_20150910074532.jpg

こちらもまた別の庭で、より男性的かな?
立派なモミジが植えられていますね。


DSC_1970-L_convert_20150910074509.jpg

ベンチ廻りも素敵にデザインされていますね。
床のパターンにも注目です。
レンガブロックの中に、2枚、大きな陶板が置かれています。
カッコいいです。


DSC_1951-L_convert_20150910073405.jpg

こちらは、よりデザインされた和の庭です。
四角い敷地(エリア)の対角にウッドデッキを敷いた通路が作られ、その両側にコールテン鋼(錆びた鉄)の壁が設置
されています。


DSC_1952-L_convert_20150910073423.jpg

少し近づいてみるとこんな感じj。
バーカウンター(カフェカウンターかな?)も作られています。
これを設計された人は、ガーデナーというより建築家ですね、きっと(笑)。
そんな感じがします。


DSC_1953-L_convert_20150910073437.jpg

カウンター部分のアップです。
頭上の収納棚も自然の枝で作られています。


DSC_1954-L_convert_20150910073450.jpg

こちらは、コールテン鋼の外側の庭部分です。
斜面に溶岩石を積んで、苔を被せて、とても素敵な感じに仕上がってますね。
水が流れる瀬も作られています。


DSC_2074-L_convert_20150910073504.jpg

一角には、こんな火元も。
どこまでもカッコいいデザインです。
素晴らしい。
個人的には一番気に入ったお庭でした。


DSC_1939-L_convert_20150910073101.jpg

こちらは、雑木の庭かな?
森の中のような雰囲気が再現されていました。
ここでも大きな木は、地面を掘れないので、根鉢が出てしまうので、
それをどう処理するかが課題になったんでしょうね?
下垂する植物を取り付けていますね。
本当は、地面にそのまま高木を植えるのが、
作者のイメージだったんじゃないかと思います。


DSC_1962-L_convert_20150910073918.jpg

こちらは、グランプリを受賞したお庭。
自然エネルギーをデザインした庭、的なテーマだったと思います。
屋根には風力発電機が取り付けられていました。


DSC_2059-L_convert_20150910074136.jpg

こちらは、アウトドア商品の店舗のような雰囲気の庭でした。
高木(たぶん、アオダモ)とその背景の黒く塗られた壁面、そして、その足元のギボウシ。
シンプルだけど、メッセージ性のある庭だと思いました。


DSC_2060-L_convert_20150910074147.jpg

赤い帽子とリュックサックが、よりそのメッセージ性を高めているような演出でした。


DSC_2118-L_convert_20150910074002.jpg

こちらは、シンプルな庭。
円形テーブルを挟んだチェア、その奥の壁面、全てがシンメトリックに配置されていました。


DSC_1940-L_convert_20150910074241.jpg

こちらは、白いガーデンシェッド?風の建物と、その手前の庭の対比が見せ場ですね。


DSC_2079-L_convert_20150910074427.jpg

こちらは一転して、メルヘンチックな空間。
ここだけを見れば、庭とは思えないですね。


DSC_2081-L_convert_20150910074453.jpg

外部から見るとこんな感じ。
かなりオープンなテラス空間です。


DSC_2080-L_convert_20150910074439.jpg

テーブルの上に置かれたアレンジも素敵でした。


DSC_1950-L_convert_20150910074356.jpg

こちらは、また別のガーデン。
玄関ドアへのアプローチ部分を再現しているようですね。
レンガ敷きの前庭空間が素敵な感じ。


DSC_2073-L_convert_20150910073134.jpg

こちらは、どこのお庭の写真か分からなくなってしまったんですが(汗)、
メッシュを使った上手い演出ですね。
フェミニンですが(汗)、なかなか良いなぁと思いました。


DSC_1965-L_convert_20150910073122.jpg

こちらはさらにメルヘンチックなお庭。
選ばれている花も白を基調としていますね。


DSC_2018-L_convert_20150910074216.jpg

ペールトーンに、淡いピンクやブルーが素敵にマッチしていますね。
白いクレマチスが良い感じです。


DSC_2017-L_convert_20150910074204.jpg

シャビーな窓枠とその横の淡い黄色の小輪のバラが良い感じです。


DSC_2057-L_convert_20150910074227.jpg

こちらも素敵なマッチング。
女性らしい雰囲気ですね。
男では、なかなかこういう雰囲気にはなりませんね〜(汗)。


DSC_1966-L_convert_20150910074411.jpg

こちらは、マリンブルーのパーゴラが印象的な庭ですね。
合わせている花もオレンジや黄色というのも印象的でした。


DSC_1949-L_convert_20150910074341.jpg

こちらは、ドールハウスのような可愛らしいお庭です。
手前の説明板には、「熊谷農業高校」とあります。
高校生の作品なんですね。


DSC_1948-L_convert_20150910074325.jpg

こちらは、更にかわいいお庭。
赤い扉が印象的。
ドアの高さもひと回り小さいですね。


DSC_1946-L_convert_20150910074254.jpg

こちらは、派手な色使いのお庭でした。
パーゴラや花壇の土留めを鮮やかなブルーで、壁をオレンジ色という鮮烈な組み合わせです。


DSC_1942-L_convert_20150910073259.jpg

こちらは、ムーミンに出て来そうな建物と庭ですね。
色使いも紫色と黄緑という、絵画のような庭ですね。


DSC_1947-L_convert_20150910074310.jpg

こちらは小規模な演出です。
シャビーな色使いですね。
淡いブルーグリーンと、黄色、オレンジ色のバラの鉄板な組み合わせ。


DSC_2077-L_convert_20150910073613.jpg

こちらは、少しアメリカンな感じなのかな?
鮮やかなブルーの家の壁と、そこにつながるナチュラルな壁。
そこには青い巣箱が取り付けられています。
両側に広がる面白い枝ぶりの植栽が植えられています。


DSC_2076-L_convert_20150910073601.jpg

ポタジェのようなガーデンなんでしょうかね?
木でレイズドベッド風に作った菜園が特徴的です。


DSC_2078-L_convert_20150910073625.jpg

いくつかこんなコンテナが並んでいました。

今回初めて、見に来ましたが、なかなか刺激を受けますね〜。
良かったです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/18(木) 23:12:49|
  2. 国際バラとガーデニングショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015年・国際バラとガーデニングショー その1(会場風景&テーマガーデン編)

(2015年5月のバックデート記事です。)

さて、昨年2015年5月に東京遠征した時の振り返り記事の続きですが、今回は、この遠征のメインイベントの
国際バラとガーデニングショーの様子を書いてみます。
もう1年近く前の話なので(汗)、あんまり憶えていないこともありますが・・・。

DSC_1906-L_convert_20150910075752.jpg

東京遠征2日のこの日、5月15日、朝イチでやって来ました、西武ドーム。
池袋から結構遠かったです(汗)。
ですが、いい天気に恵まれて良かった。


DSC_1908-L_convert_20150910075816.jpg

会場オープンまでには少し時間がありましたが、それでももうお店も準備OK、来場者も入口に並び始めていました。


DSC_1911-L_convert_20150910075853.jpg

ようやく会場となって、球場の中に入りました。
久しぶりです。
また結婚する前に、一時、所沢に住んでいた時期があって、その頃に野球を見に来たことがあります。
その頃は、まだ屋根は付いていない、屋外球場でした。
そんなドームの下のグランドに、各ブースが並んでいますね〜。

DSC_2029-L_convert_20150910075942.jpg

会場に入れるようになりました。
一気に人で溢れ返りました〜(汗)。


DSC_1913-L_convert_20150910074853.jpg

グラウンドにアプローチできるのは、この一カ所だけ。
階段を下りると、ゲートとなるエリアが待ち構えていました(笑)。


DSC_2020-L_convert_20150910074932.jpg

ローズアベニューと名付けられたゲート部分の演出です。
ローズスタイルスとの大野耕生さんがデザインされたと聞きました。
赤紫色のバラとブルーの構造物のコンビネーションが印象的ですね。


DSC_2114-L_convert_20150910075010.jpg

この赤いバラ、なんだっけな〜(汗)。
オデュッセイアだったかな〜、違うかも(大汗)。
いいバラですね〜、好みです。


DSC_1975-L_convert_20150910072814.jpg

こちらは、ガーデンデザイナーの吉谷桂子さんがデザインされたテーマガーデン、アンデルセン物語の庭です。
吉谷さんのセンスが素晴らしいですね〜。
美しいし、可愛いし。
植物でつくられた人魚の
オブジェも素敵!


DSC_1977-L_convert_20150910072840.jpg

こちらは、ブルーの紫陽花と、デルフォニウムかな?
それにブルーグレーのヒューケラを合わしていますね。
素敵ですね。


DSC_1978-L_convert_20150910072853.jpg

同じ、吉谷さんのアンデルセンの庭のイエロー&ホワイトゾーン。
こちらにも白いお人形さんが・・・。
アンデルセン童話の世界観が見事に表現されていますね。
素晴らしいです。


DSC_1974-L_convert_20150910074835.jpg

こちらは、ベニシアさんのテーマガーデンで、京都大原ベニシアのナチュラルライフ。
テレビで時々見かけるベニシアさんの京都大原のライフスタイルが再現されていました。


DSC_1973-L_convert_20150910074822.jpg

花の組み合わせがとても参考になりました。


DSC_1921-L_convert_20150910080831.jpg

こちらは、北海道の上野ファームの上野砂由紀さんデザインの「風のガーデン」。
グラウンドの中央、大きなスペースを使って、見事な庭が再現されていました。


DSC_1916-L_convert_20150910080736.jpg

奥の建物に続く、花の小径です。
ここが屋根のあるグランドであることを忘れてしまうような演出です。


DSC_1923-L_convert_20150910080854.jpg

こちらの家、中庭は入れました。
外壁には、つるバラが誘引されていました。


DSC_1925-L_convert_20150910080921.jpg

反対方向からのアングルです。
こちら側にも赤いつるバラが誘引されています。
期間限定の仮設の建物なので、ある程度は仕方ないと思いますが、庭のクオリティに比べると建物のクオリティが・・・・(汗)。
致し方ないんでしょうけどね。


DSC_1928-L_convert_20150910081001.jpg

建物の外側です。
大きな木も植えられていました。
ただ、地面を掘れないので、根鉢を隠すように盛り上げてありますが(汗)。


DSC_1929-L_convert_20150910081013.jpg

ガーデンの外周部分です。
花がいっぱいです。


DSC_1927-L_convert_20150910080946.jpg

どんな風に作っているんだろう、って気になりました。
短期間で設営、撤収もしなければならないので、基本グランドの上に置くだけなんでしょうけど、
大変な苦労があるんだと思います。
エッジ部分は、樹脂パネルのようなもので土が漏れないように、レイズドベッド風になっていました。
それにしても、相当量の高木ですね。
これも持ち込んでセットするだけで大変そう。


DSC_1918-L_convert_20150910080758.jpg

少し離れて風のガーデンを見てみました。
会場の中でもひと際大きな木が立っていました。


DSC_2039-L_convert_20150910081226.jpg

こちらは、流木を使ったディスプレー。
北海道の野性味溢れる感じが出ていますね。


DSC_2120-L_convert_20150910081335.jpg

こちらも流木を使った演出。
ここで目に留まったのがこの赤いバラ。
バラだよね?これ?
見たことがないバラです。
でも葉っぱは、バラの葉っぱだし。


DSC_2121-L_convert_20150910081350.jpg

アップで撮ってみました。
なかなか素敵な花です。
そそられます(笑)。
品種名を探したんですが、どこにも書いてありませんでした。


DSC_1992-L_convert_20150910081052.jpg

横からのアングルです。
この切れ込んだ花弁がオシャレです。
何ているバラか知りたい〜(汗)。


DSC_1993-L_convert_20150910081105.jpg

会場では結局、品種名は分からなかったんですが、帰宅してしばらくして、
京阪園芸さんから取り寄せたカタログの中に載っていました〜。
グラマラス・ラッフルというバラでした。
こんな自然な雰囲気なのに、HT品種でした(汗)。
実は、このあと、このバラを新苗でお迎えすることになったんです(大汗)。


DSC_1995-L_convert_20150910081132.jpg

こんなのも植えられていました。
先ほどの赤いバラの色がピンク版。


DSC_1996-L_convert_20150910081144.jpg

このバラも何かと可愛らしい。
ちょっと白っぽくなっているところもまたいい。


DSC_1997-L_convert_20150910081156.jpg

縦位置で、真正面アングルでも押さえておきましたよ〜(笑)。


DSC_2041-L_convert_20150910081254.jpg

こちらは、品種名とは分からないんですが、ピンクの花と茶色いヒューケラのコンビネーション。
さすが素敵ですね〜。


DSC_2040-L_convert_20150910081241.jpg

こちらは、白いバラと黒紫色の花との組み合わせ。
なかなか思いつかない組み合わせですが、素敵ですね〜。


DSC_1922-L_convert_20150910080842.jpg

こちらも目に留まった植物で、この時は品種名は分からなかったんですが、後から、ホタルブクロと分かりました。
風情のある植物ですね。


DSC_2042-L_convert_20150910081309.jpg

こちらが青紫色のホタルブクロ。
この前、近くのホームセンターでようやく見つけてゲットしました!


DSC_1989-L_convert_20150910081028.jpg

こちらは黄色い花。
この花も品種名は分からないけど、可愛らしいですね。
黄色い花は苦手なんですが、これなら許せるかな〜?
これもいつか植えてみたいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/02/18(木) 22:32:08|
  2. 国際バラとガーデニングショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2015年 個人部門 花のまちづくり若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
フォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (27)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (226)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (21)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2685)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (96)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (31)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (4)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (24)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (44)
ピエール・ド・ロンサール (45)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (14)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (19)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (285)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (302)
アオダモ (3)
紫陽花 (95)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (16)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (566)
アガパンサス (24)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (35)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (142)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (29)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (20)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (5)
バラの作業 (218)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (16)
バラの薬剤散布 (41)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (70)
記事投稿告知 (26)
記事(バックアップ) (26)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (66)

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR