Change My Garden / Change My Life

『進化する庭 ・変わる庭』 風景をデザインし、庭から街の景色を創造する。庭を変え、人生を変える僕のGarden Photo blog

我が家のオープンガーデン2016

5月も今日で終わり、楽しかったバラシーズンもいよいよ終焉です。
バラを始めて3年目の去年は、友人や知人のみに限定したオープンガーデンを実施していましたが、
4年目の今年は、初めて一般の方をお招きしてのオープンガーデンを開催しました。

実は、オープンガーデン開催にあたっては、いろいろ難しい問題がありました。
まずは、我が家が最寄り駅から歩いても15分程度と歩ける距離でありながら、家までの道が複雑で、
また、近くに目印となるものもなく、電話等でお問い合わせいただいても、なかなか口で道案内できないという問題がありました。
一番近いバス停からも歩いて10分ほどかかり、そのバス停からの道のりも、これまた複雑なのです。
もうひとつは、駐車場問題です。
付近は住宅地なので、コインパーキングなども近くになく、歩いて来にくいため、カーナビに住所を入れて
車で来られる方が続出するのではないかと、懸念していました。
周辺に駐車されて、ご近所にご迷惑をおかけすると、今後オープンガーデンが実施できなくなるかもしれないので、
そのことが、オープンガーデン実施について、とても大きな障害となっていました。

そんな心配を抱えながら、手探りで今年2016年、初めて一般の方向けのオープンガーデンを実施させていただきました。
今年のオープンガーデンの実施日は、5月22日(日)と翌週の5月28日(土)、29日(日)の3日間でした。
今年は、昨年同様、バラの開花が早く、5月最終週の28日と29日は、予備日的に考えていたのですが、
新聞やTVで我が家の庭のことを掲載していただいたのが、オープンガーデン初日の22日(日)以降だったこともあって、
予備日の28日、29日がメインの開催日、という位置づけになってしまいました(汗)。

メールでお問い合わせいただいた皆様方には、「すでにピークを過ぎてバラの花が散り始めています〜。」、と
アナウンスさせていただいて、「もうあまり美しくないですがそれでもよろしければ・・・」、とお伝えしました。
それでも、是非うかがいたいと言って下さる方が、オープンガーデンを見に来て下さいました。

DSC_0538-L_convert_20160530124153.jpg

写真は、オープンガーデン最終日の5月29日(日)の朝の様子です。
前日の28日(土)は、終日曇り空で、時々雨もちらつく不安定な天候でしたが、
気温が上がらず、むしろ過ごしやすかったかもしれません。
最終日の29日(日)は、朝から晴天に恵まれ、暑くなりそうな予感がしました(汗)。
我が家の前庭は西向きで、日が強いと午後からは花がしおれてしまうため、「見に来られるなら午前中の方がオススメです。」、と
アナウンスしておりましたので、午前中にたくさんの方が見に来られました。


DSC_0539-L_convert_20160530124207.jpg

午前中は、終始こんな感じでたくさんの人でごった返しておりました。
こんなにたくさんの方が一時に来られるとは予想もしていませんでした(汗)。


DSC_0534-L_convert_20160530124123.jpg

狭い玄関アプローチから中庭へとつながる道も、人で溢れ、渋滞ができていました(汗)。
中庭の方は、早咲きのバラが多いため、5月末のこの時期、ほとんどバラが咲いておらず、申し訳ない状態でした。
我が家の庭は、「前庭」、特に建物の外壁を使った『壁庭』は遅咲きのつるバラが多く、見頃は5月20日頃〜下旬、
早咲きのバラが多い「中庭」は、GW明けの5月10日前後が見頃でした。
なかなか2回見に来ていただくのは難しいですが(汗)、一番良い状態を見ていただくとしたら、
前半、後半の2度見ていただくのがベストかもしれません。


DSC_0548-L_convert_20160530124248.jpg

午後からは、曇り空になり、途中、ぱらぱらと雨が降る不安定な天気になりました。
それでも、ひっきりなしにお客さまがお越しになりました。
バラのことに詳しくない母も、分かる範囲でお客様にご説明させていただいておりました。


DSC_0551-L_convert_20160530124316.jpg

前庭の向って左半分は、通常は駐車場となっています。
オープンガーデンの日は、前庭の奥の「壁庭」を見ていただきやすくするために、車を出してスペースを作っています。
前庭の正面の「壁庭」は、また花が残っていますが、両サイドの隣地境界側のフェンスやブロック塀、引き込み電柱などに誘引した
つるバラの多くは、すでに花が散っていて何もありません(汗)。
辛うじて残っている花(向って右側のピンクのバラ、アンジェラ)も、もうチリチリでとても見れたものではありませんでした(汗)。


DSC_0552-L_convert_20160530124331.jpg

駐車場から見る、「壁庭」風景です。
写真では、満開のように見えていますが、ほとんどの花はもうチリチリで、触ればハラハラと散ってしまうような状態でした。
壁の真ん中で咲いているピンクの小輪房咲きのバラ、ドロシー・パーキンスだけが超遅咲き品種ということで、
フレッシュな花を咲かせていました。

なかなかベストな見頃でオープンガーデンを開催するのは難しいですね〜(汗)。
お越しいただいた方に、記帳していただきましたが、拝見すると、ご近所だけでなく、奈良市、奈良県各所からに加えて、
関西の遠くところからわざわざお越しいただいた方もおられました。
ありがたいことです。
正確に集計はしておりませんが、28日、29日の2日間で、おそらく500名以上の方がお越しになったと思います。
本当にありがとうございました。
お気遣いをいただき、お土産をいただいた方もたくさんおられました。
ありがとうございました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

今年初めて実施したオープンガーデンですが、いろいろ反省点や課題が見えて来ました。

まず、最初に記事掲載していただいた奈良新聞さんに、問い合わせ先として自宅の電話番号が載りました。
その関係で、住所や道が分からないという問い合わせが殺到して、こちらも対応に苦慮しました。
オープンガーデン当日も、電話が鳴り止まず、その対応でお越しいただいた方とゆっくりお話できず、残念でした。
今後は、メールによる問い合わせだけにさせていただこうと思っています。
メールであれば、電話のように取れないこともなく、夜中でも返信できますし、
地図なども送らせていただくことができますので、便利かなと思います。
ただ、オープンガーデン当日にもたくさんのメールをいただいたのですが、
当日は終日、庭に出てお客様の対応に追われていましたので、ご返事ができませんでした。
今後は、オープンガーデン前日までにはご連絡いただければと、思っています。

あと、やっぱり道が分からずに、迷われる方が続出しました。
事前に地図をお送りした方はそうでもなかったと思いますが、とりあえず町名だけを頼りに来られる方も多く、
その方々の多くは、かなりの時間迷われて、ようやく到着されたみたいです。
到着された時には、もうかなりお疲れでした(汗)。
できれば、運転手さんに住所をお伝えいただいて、タクシーでお越しいただくのが確実かと思います。

そして、一番困ったのが駐車場問題。
事前に最寄りのコインパークをお知らせしていましたので、多くの方がそちらに停めていただいて、
そこから歩いて来て下さったと思いますが、とりあえず住所を頼りに来られた方は、ご近所に車を停められる方が多かったです。
中には、勝手に空いている月極駐車場に停める方もおられて、どうしたものかと思いました。
ご近所からクレームが来れば、来年以降のオープンガーデンが実施できなくなりますので、
どうかご協力、ご理解をお願いしたいと思います。
また、写真も撮っていただいて構わないのですが、ひとこと断わってから撮影するのがマナーではないかな〜と思ったりもしました。

何よりも、あまりにもたくさんの方がお越しになり、皆さんとゆっくりお話が出来なかったことが一番残念でした。
来年は、人数を限定して予約制にして実施した方が良いのではないか、とも考えております。
ゆっくり見ていただきたいですし、応対させていただくボク自身も皆さんとゆっくりお話したかったです。
電話が鳴りっぱなしで、終始、その対応に追われ、せっかく遠方からお越しいただいた皆さんに、大変申し訳なく思っております。

来年、もしオープンガーデンを開催させていただけるようであれば、
今年の問題点、課題を改善できるよう、検討していきたいと思っています。
皆さまも是非、ご協力、ご理解いただけましたら幸いです。

それにしても2日間、昼食も食べられず(笑)、一日中立ちっぱなしで、さすがに疲れました〜(汗)。
オープンガーデン、思っていた以上に大変でした(大汗)。


ここからは、少しおまけの画像を載せますね。

DSC_0531-L_convert_20160531001640.jpg

オープンガーデン2日目の5月29日(日)、朝からあまりにも汚い花ガラは切りました。
その関係で、庭はかなり淋しくなりましたので、中庭のサンルームの記帳台に花活けを置きました。
2階のバルコニーガーデンで咲いていた、ローズ・ピエール・ド・ロンサールを切って活けてみました。
背景のブルーグリーンの板張りの壁面と、ローズ・ピエールのローズピンクのコントラストがキレイです。
机に敷いた赤いストライプのテキスタイルも気に入ってます〜(笑)。


DSC_0557-L_convert_20160531001701.jpg

フラワーベースを真正面から見たところです。
ローズ・ピエール(左)と普通のピエール(右上)のコラボレーションです。
奥には、あまり見えていませんが、ジャスミーナも活けています。
ピークを過ぎて残念な我が家のバラ庭でしたが、これで少しは華やかになりました(汗)。

以上、我が家で初めての一般向けのオープンガーデンのレポートでした。
お越しいただきました皆さま方、ありがとうございました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/05/30(月) 13:08:35|
  2. オープンガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今日は、亡き妻の誕生日

今日、5月31日は、2年前に亡くなった妻の誕生日。
生きてこの日を迎えられなかったのは残念ですが、本人がいない誕生日は今年で2回目です。
時の経つのは早いですね。
あっと言う間の2年でした。
この日に合わせて、亡き妻の三回忌オープンガーデンを開催しました。
先週の土日と合わせて、3日目です。

DSC_7715-L_convert_20140531173317.jpg

この日は、息子の小学校時代のママ友さん6人と、妻がアルバイトでお世話になっていたクリニックの先生ご夫妻とスタッフの皆様方の8名、
ベビースイミングから剣道まで何かとお世話になっていたNさん、あとご近所の庭友さんも庭を見に来て下さいました。

上の写真は、今日の我が家の前庭です。
うちのメインローズのドロシー・パーキンス(写真左側上)もようやく咲き出して(三分咲きくらいかな?)、
建物の白い外壁をピンクに染めてくれました。
ドロシーの下では、ジャスミーナが、そしてその奥の方で咲いているが、もうひとつのシンボルローズのキングローズです。
写真右側の小壁でピンクのもりもりで咲いているのが、つるバラのモーツアルトです。
昨年の同時期にも、同じようなアングルで写真撮影をしましたが、この1年で、どのバラもとても大きく成長しました。

昨年の一周忌から今年の三回忌、時の経つのは早いけれど、その中で着実にバラは生長してくれています。
大好きだったピンク色に染め上げた庭を、空から見下ろしてくれているかな?



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/05/31(土) 23:48:39|
  2. オープンガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

妻の三回忌・オープンガーデン初日

今日は、妻の三回忌オープンガーデンの初日でした。
好天に恵まれて、良かったです。

DSC_7327-L_convert_20140524213751.jpg

オープンガーデンと言いましても、生前妻がお世話になっていた方々にお声をかけさせていただいて、
ほんと、内輪でこじんまりのオープンガーデンなんです。
今朝は、早起きして、バラの花柄摘みや清掃を行ったり、鉢バラの移動をやったりしながら、お迎えの準備をしました。
こちらは、準備が整った中庭の様子を2階から見下しで撮ってみました。


DSC_7333-L_convert_20140524213817.jpg

中庭のウッドデッキテラスです。
今日は、デッキチェアもピンクの妻バージョンの方だけにして、妻の写真も傍らに置いてみました。
手前のピンクのバラは、妻に捧げるバラ、HTマヌウ・メイアンです。

今日は、午前中、息子が通っていた剣道場でお世話になった同級生のKさんご夫妻がお越しに下さいました。
ママさんは、バラを育てておられまして、ボクのバラ友さんです(笑)。
いろいろバラの話も出来て楽しかったです。
ちなみに、パパさんは剣道や花の写真も撮られるカメ友さんです。
午後からは、これまら息子の剣道の同級生のMさん夫妻、Oさんがお越し下さいました。
いろいろ剣道の話が出来て楽しかったです。
その後、妻の大学の同級生のお二人がお越し下さいました。
懐かしい写真やお手紙もお持ちくださって、いろいろ昔話もお聞きしました。
ご遠方からわざわざお立ち寄りくださいまして、本当にありがとうございました。


DSC_7248-L_convert_20140524213715.jpg

こちらは、亡き妻に捧げるバラ、HTマヌウ・メイアンです。
この日に合わせて、ちゃんと咲いてくれていました。

明日は、三回忌オープンガーデン2日目です。
天気も良さそうなので良かったです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/05/24(土) 21:59:43|
  2. オープンガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

妻の三回忌に合わせて、偲ぶ会を兼ねたオープンガーデンをやろうと思います。

自宅ガーデンでも早咲きの黄モッコウバラが満開となり、2014年のバラシーズンが到来しました。
バラを始めて2年目、待望の春がやってきました。
バラを始めた頃は、3年は我慢して育てて下さいねと、お師匠さんからアドバイスをいただいたのですが、
今年は、結構咲いてくれそうな予感がしています(笑)。

そもそも、バラに全く興味がなかったボクが、バラの庭づくりを始めたのは、一昨年、妻を病気で亡くしたことがきっかけでした。
失意の中、自分を奮い立たせるために何かやらねばということで始めたのが、亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」づくりだったのです。
そのあたりのことは、このブログの最初、「ブログ開設宣言」に書いています。

   ※ ブログ開設宣言は、こちら → 2013年6月17日の記事

このブログを始めたのも、一周忌にあたる、昨年2013年6月17日、妻の命日でした。
今年は、妻が亡くなってまる2年、三回忌を迎えます。
時の経つのは早いものですね。

DSC_9544-aori-L_convert_20130606104816.jpg

上の写真は、昨年の5月31日、生きていたら妻の誕生日だった日に撮影した自宅ガーデンの様子です。
一年目の春の割には結構咲いてくれて、無邪気に喜んでいた自分を懐かしく思います。
我が家のメインローズであるピンクのつるバラ、ドロシー・パーキンス(写真左側)は、昨年の3倍以上に大きくなりましたし、
その他のバラも軒並み大きくなっています。
きっと、今年はこの写真よりたくさんの花を咲かせてくれるだろうと期待しています。


DSC_1647-L_convert_20140429073450.jpg

こちらは、先週末の土曜日の中庭の様子です。
早咲きの黄モッコウバラが満開で見頃になりました。
他のバラはまだ蕾の状態ですが、どのバラもたくさんの蕾をつけているので、開花が楽しみです。


DSC_1663-L_convert_20140429073511.jpg

さて、今年は妻の三回忌。
京都の菩提寺にて、三回忌の法要を親族で執り行う予定にしています。

それ以外に、三回忌に合わせて何かできることはないかと考えまして、
このたび、「偲ぶ会」を兼ねた「オープンガーデン」をやってみようかと思っています。
「オープンガーデン」と言いましても、そんなに大きな庭ではありませんので、
生前、妻がお世話になった知人・友人の方限定で、お声掛けさせていただく予定です。
(いつもブログを見ていただいている皆様方には、申し訳ございません。)

詳しいご案内は、ボクの方から個別にメール等でご案内させていただく予定にしております。
ただ、メールアドレス等、存じ上げない方もおられますので、このブログを見ていただいている方で、妻の友人・知人の方がおられましたら、
鍵コメでご連絡等いただけましたら幸いでございます。

今年は例年より開花が少し早いようです。
オープンガーデンを開催させていただく頃には、中庭の黄モッコウバラは散っているかも知れませんが、
それ以外のバラが、たくさん咲いているかなぁと思います。

大したことは出来ないかもしれませんが、バラを見ていただいて、妻のことを思い出していただけましたら嬉しく思います。
どうか宜しくお願いいたします。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/04/29(火) 08:28:29|
  2. オープンガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

ひで

Author:ひで
本業は、街づくりコンサルタント。
一級建築士。

そんな僕が、自身の庭を創り変える過程で気づいたこと。
それは、「植物の持つデザイン性」と「無限の可能性」。

都市部の住宅地の限定的な庭でも、立体的な空間使用、多彩な色遣い、四季の植栽の工夫によって『風景をデザインできる』、ということ。

そして次第に考えるようになった。
「個々の庭を変えることで、まちの風景をデザインし、新しい街並みを創造出来るはず」と。

庭を変え、まちの風景を変え、住まう人の暮らしに彩りを添える。

『まちの風景をデザインし、暮らしの風景をデザインする。』
これが、次なる僕の人生の目標、ライフワークとなった。

庭を変えていくことで、人生も変えてゆく。
『進化する庭、変わる庭』をテーマに綴る、僕のGarden Photo blog。

庭創り5年を機に、新たな気持ちで始まるセカンド・シーズン。

※※※※※※※※※※※※※※※

現在、個人邸の庭のデザイン監修の仕事の依頼を受け、奈良県吉野町にて、バラの庭造りおよび栽培指導に携わっている。

大きな庭としては、地元の中核病院の『ヒーリング・ガーデン』を創るボランティア活動に、デザイン・ディレクターとして参加。

また、京都市右京区の京北町の田園地域に、『里山風景に馴染む香りの和趣庭園』をコンセプトとするバラ園をプロデュース。
2020年開催の東京オリンピックを目処に、海外から熱い注目を浴びる里山風景に調和した和のバラ園が、新しいまちの風景を生み出すことを目指し、仲間とともに奮闘中。

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンコンテスト受賞歴】

●日本園芸協会 
JGS全国ガーデニングコンテスト
2017年 シルバーメダル受賞
2016年 ゴールドメダル受賞
2015年 シルバーメダル受賞
2014年 シルバーメダル受賞

●主婦の友社『園芸ガイド』 
ガーデニングコンテスト
2014年 準グランプリ受賞

●NHK『趣味の園芸』
通巻500号記念
ガーデニングコンテスト
2014年 審査員賞(富山昌克賞)受賞

●環境省
2016年 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテスト
入賞
(京北・香りの里 六ヶ畔 花簾庭/京北ローズガーデンPJ)

●日本花の会 
全国花のまちづくりコンクール
2017年 団体部門 入選
(吉田病院・癒しの庭)
2017年 個人部門 入選
2015年 個人部門 若葉賞受賞

●NHK『趣味の園芸』
寄せ植えコンテスト
2016年 一般部門 優秀賞受賞

●コメリドットコム 
ガーデニングコンテスト
2014年 ハイポネックス咲かせま賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
チューリップガーデニングコンテスト
2015年 ベストカラー賞受賞

●北山ナーセリー 
ガーデンコンテスト
2015年 ウェルカムガーデン部門優秀賞受賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【ガーデンフォトコン受賞歴】

●京成バラ園 
ローズガーデンフォトコンテスト
2015年春 優秀賞受賞

●京阪園芸ガーデナーズ 
寄せ植えフォトコンテスト
2016年秋 Hanako賞受賞
バラ・お庭のフォトコンテスト
2016年秋 お庭部門 
おさはち賞受賞
2016年秋 バラの表情部門 
てんちょう賞受賞
2015年夏 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2014年秋 バラの表情部門 
おさはち賞受賞
2014年春 バラのある庭部門 
おさはち賞受賞
2013年秋 バラのある庭部門 
てんちょう賞受賞

●ガーデナーズジャパン 
ガーデナーズフォトコンテスト
2014年 プロカメラマン賞受賞

●日本興業 ガーデン&エクステリア 
フォトコンテスト
2014年 一般部門 最優秀賞受賞

●富山花卉球根農業協同組合 
春のチューリップフォトコンテスト
2016年 入賞

※※※※※※※※※※※※※※※

【雑誌掲載】

●『ガーデンダイアリー』
(主婦の友社刊、八月社編)
2017年秋号 Vol.8
2016年秋号 Vol.6
2015年秋号 Vol.4

●『園芸ガイド』(主婦の友社)
2016年春号

●『Gardeners通信』
(京阪園芸)
2016年春 Vol.9

●『はじめての小さな庭』
(学研、監修:杉井詩織)

●『naranto(奈良人)』
(エヌ・アイ・プランニング)
2014年夏号

●園芸WEBマガジン アイリスガーデニングドットコム
『素敵なお庭紹介』
♯108 色とりどりのバラで「想い」を描く庭

※※※※※※※※※※※※※※※

【新聞掲載】

2016年5月28日 読売新聞
2016年5月27日 朝日新聞
2016年5月26日 産經新聞
2016年5月21日 奈良新聞


※※※※※※※※※※※※※※※

【テレビ放送】

2017年5月19日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2017年5月17日 NHK奈良放送局『ならなび』
2016年5月27日 NHK大阪放送局『ぐるっと関西おひるまえ』
2016年5月25日 NHK奈良放送局『ならナビ』

※※※※※※※※※※※※※※※

【企業コラボレーション】

●大手通信販売ディノス・セシール
『dinos ガーデンスタイリング』にて、ブログ記事連載中!

●園芸メーカー・アタリヤ農園
チューリップ球根パッケージ用写真提供

※※※※※※※※※※※※※※※

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
セカンドシーズン開幕 (1)
各月毎の庭の様子 (234)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (26)
7月のマイ・ガーデン (10)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (3)
10月のマイ・ガーデン (14)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (3)
中庭「ランウェイ」 (6)
バラ (2840)
アイズ・フォー・ユー (59)
あおい (1)
安曇野 (19)
アニエス・シリジェル (0)
アブラハム・ダービー (85)
杏 (4)
アントニア・ドルモア (0)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (68)
イングリッシュ・ヘリテージ (85)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィズレー (1)
ヴィック・カプリス (0)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
エクセレンツ・フォン・シューベルト (1)
オールド・バル (55)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (102)
カーディング・ミル (3)
ガートルード・ジェキル (21)
かおりかざり (4)
薫乃 (2)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (20)
グラマラス・ラッフル (10)
グリーン・アイス (32)
コンテス・ドゥ・バルバンタン (2)
コーネリア (6)
サー・エドワード・エルガー (0)
ザ・プリンス (56)
サンセット・グロウ (9)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (1)
紫玉 (22)
シャーロット・オースチン (1)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (44)
シャリファ・アスマ (0)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (33)
シャンテ・ロゼ・ミサト (0)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (57)
ジョン・クレア (0)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (38)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (48)
スワン (2)
セリーヌ・フォレスティエ (2)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (7)
ダブル・デイライト (24)
たまき (3)
タモラ (0)
タワー・ブリッジ (41)
チェビー・チェイス (0)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (2)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (7)
てまり (2)
トラディスカント (3)
ドロシー・パーキンス (12)
トロワラス (1)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (58)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (54)
花冠 (55)
パレード (6)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (26)
ヒースクリフ (0)
ビアンビニュ (1)
ひより (10)
ヒルダ・ミュレル (1)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (47)
ピエール・ド・ロンサール (47)
フロレンティーナ (2)
ブラザー・カドフィール (32)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (3)
ブルー・フォー・ユー (15)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (19)
ベルベティ・トワイライト (35)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (15)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・アルディ (0)
マダム・イサーク・ペレール (20)
マヌウ・メイアン (62)
ミステリューズ (0)
ミッドナイト・ブルー (41)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
メイヤー・オブ・キャスターブリッジ (0)
モーティマー・サックラー (2)
モーツアルト (85)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (57)
ライラック・ローズ (0)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (4)
ラデュレ (7)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (21)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (53)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (60)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズA(品種不明バラ) (8)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (95)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (305)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (2)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (15)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ナイオビ (1)
ビエネッタ (3)
ピクシー (21)
ファッシネイション (3)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンセス・ケイト (1)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (5)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
マーガレット・ハント (1)
美佐世 (1)
ムーンビーム (10)
流星 (13)
リトル・ボーイ (1)
リトル・マーメイド (13)
籠口 (27)
クリスマスローズ (83)
ダリア (20)
牡丹 (14)
芍薬 (58)
チューリップ (165)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (310)
アオダモ (3)
紫陽花 (97)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (8)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (17)
ジャカランダ (1)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (7)
セイヨウニンジンボク (1)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (24)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (581)
アガパンサス (25)
アキレア (3)
アサギリソウ (2)
アジュガ (33)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
カンパニュラ (2)
菊 (2)
ギボウシ (36)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サギナ(モフリッチ) (1)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (9)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (4)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (12)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (5)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (28)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (4)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (24)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (142)
オダマキ (4)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (97)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (18)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (4)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (148)
まつおえんげい (18)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (11)
アン・プティ・シュバル (2)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
ガーデンカフェレストラン・癒しの森のアリス (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (43)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
京都府立植物園 (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (5)
叔母の家のバラ庭 (11)
ローズガーデン・プロジェクト (42)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (30)
吉田病院「癒しの庭」PJ (5)
吉野・K邸ガーデンPJ (7)
僕の栽培メソッド (3)
バラの作業 (240)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (22)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (6)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (19)
バラの挿し木苗 (10)
バラの肥料やり (18)
バラの薬剤散布 (50)
バラの害虫 (3)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (20)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (53)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (20)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (25)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (18)
dinos ガーデンスタイリング (78)
記事投稿告知 (29)
記事(バックアップ) (29)
レビュー記事案内 (10)
レビュー記事(バックアップ) (10)
旅行・小旅行 (12)
その他 (76)

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR