Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

受難のクレマチス・フレックルス、結局、行灯仕立てにしました。

こちらは、受難続きの植物で、クレマチスのフレックルス。
旧枝咲きで、秋〜冬にかけて咲くクレマチスの中でも珍しい品種です。
白地に赤い斑点のような模様が出る花で、クレマチス本で気に入って、ガーデンショップで購入したものです。

DSC_0776-L_convert_20160113145310.jpg

ですが、このクレマチス、我が家では受難続きです。
一番最初に植えたアジアン鉢を紫陽花に使いたくなって、
途中で植え替えを敢行したり、中庭のフェンスに誘引していたんですが、
どうも込み合って他のクレマチスやバラにその場所を明け渡し、
なかなか定位置が定まりません。
そんなことをしているせいか、我が家ではツルは伸びれども、
一度も花を咲かせたことがありません(大汗)。
この冬も、結局誘引する壁面が、ほかのバラやクレマチスに取られ、
なくなってしまい(汗)、行き場所を失ってしまいました。


DSC_0778-L_convert_20160113145332.jpg

散々迷った結果、とりあえず、鉢植えのままアンドン仕立てで
育てることにしました。
仮にどこかの壁面に誘引しても、また気が変わるかもしれませんし。
秋咲きのツル性植物というのは、ほかの植物との兼ね合いが難しいですね(大汗)。
小さな鉢植えですが、そのまま、長い竹ヒゴを3本立てて、行灯をつくりました。


DSC_0779-L_convert_20160113145343.jpg

この3本の竹ヒゴでつくった行灯にツルを巻き付けていきます。
旧枝咲きというのも、なかなかやっかいですね〜(汗)。


DSC_0780-L_convert_20160113145355.jpg

実際はもっと長くツルは伸びていたんですが、絡まったツルをほぐしているうちに
切れてしまったりして、こんな程度になってしまいました。
次咲くとしても、今年の秋でしょうから、まだ先は長いです。
行灯仕立てにしたものの、どこに置いて育てるか、まだ悩みは尽きません(汗)。


DSC_0781-L_convert_20160113145405.jpg

鉢とツルを巻き付けた部分のアップです。
この寒い時期にも鮮やかな緑の葉っぱが出ているので、
基本、常緑なんでしょうね、きっと。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2016/01/13(水) 22:26:36|
  2. クレマチスの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新旧両枝咲きのクレマチス、ダッチェス・オブ・エジンバラを誘引しました。

こちらは、鉢植えで育てているクレマチスで、ダッチェス・オブ・エジンバラ

DSC_0716-L_convert_20160106200730.jpg

育て始めて2年目の春を迎えます。
このクレマチスは、新旧両枝咲きの品種なので、古枝もカットせずに、
仮に行灯仕立てで養生してきました。


DSC_0719-L_convert_20160106200755.jpg

中庭の隣地境界のブロック塀に、つるバラのカーディナル・ヒュームを誘引完了したので、
それに添わせる形で、このクレマチスも誘引してみました。


DSC_0718-L_convert_20160106200744.jpg

正面から見たところです。
画面左側が、この壁に誘引しているメインのバラ、カーディナル・ヒューム。
右側のロゼア鉢のバラは、今年初めてこの場所に配置したバラで、ストロベリー・アイスです。


DSC_2744-L_convert_20150910065309.jpg

ちなみに、こちらの写真が昨年の5月の様子です。
赤紫色のつるバラ、カーディナル・ヒュームと白い八重咲きのクレマチス、ダッチェス・オブ・エジンバラのコラボです。
紅白で咲いてくれて、結構気に入っている組み合わせです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪




  1. 2016/01/06(水) 21:31:49|
  2. クレマチスの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クレマチス・天塩の誘引

(2015年1月のバックデート記事です)

今回は、クレマチスの誘引作業の記録です。

DSC_2125-L_convert_20150907165305.jpg

こちらは、2014年は鉢植えで育てていたクレマチスの天塩。
旧枝咲き品種で、ブルーの八重の花が咲く、とても気に入っているクレマチスです。
昨年、とても良く咲いてくれたので、味をしめてより咲かせたいと欲が出て、地植えすることにしました。


DSC_2126-L_convert_20150907165318.jpg

地植えしようと思っている場所は、こちら。
前庭の北側、隣地境界に設置した白い木製フェンス部分です。
昨年、ここの誘引しているつるバラのピンク・カクテルと色合わせして、鉢植えのまま植えていました。
その同じ位置で、地植えに変えようと思います。
場所は、ちょど真ん中の柱のすぐ下あたりです。


DSC_2127_convert_20150907165331.jpg

クレマチスを植えるための穴を掘って行きます。
バラ同様、例の穴堀り器が活躍します。
こういった、植栽が込み入った場所でも、必要以上に掘りたい場所以外を掘り返すことなく、必要な大きさだけ、
真っ直ぐ下に掘り進むことが出来ます。


DSC_2128-L_convert_20150907165342.jpg

クレマチス天塩をテラコッタ鉢から抜き出しました。
かなり根が張っています。


DSC_2129-L_convert_20150907165355.jpg

鉢底石を入れたネットを取り出そうと悪戦苦闘しましたが、やはりうまく取り外せませんでした。
かなり根を切る結果になってしまいました。


DSC_2130-L_convert_20150907165407.jpg

そして、いきなりの植え込み完了の写真ですが、こんな感じです。


DSC_2131-L_convert_20150907165418.jpg

旧枝咲きなので、芽のついた枝は温存して、フェンスに誘引しています。
まだ長さが足りないですが。


DSC_2132-L_convert_20150907165430.jpg

少し横からのアングルでも撮っておきました。
昨年同様、ピンク・カクテルとうまくコラボしてくれるといいのですが・・・。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/10/22(木) 13:47:56|
  2. クレマチスの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるが伸びてきたので、クレマチスを分散配置し、誘引しました。

バラは昨年からスタートで、今年2年目、クレマチスは今年から始めたばかりで、
まだ分からないことだらけ・・・。
ですが、今のところ、どれも順調に育っているように思います。

今年は、クレマチス一年目ということで、どれも地植えせず、鉢で育てています。
しばらくは、鉢に竹ひごを立てて、行燈誘引していたのですが、ずいぶんつるも伸びていて、
自分の枝同士で絡みついたりするようになってきたので、
そろそろ本来置きたいと思っていた場所に分散配置、誘引することにしました。
写真は、先週日曜日のものです。

DSC_1582-L_convert_20140422165926.jpg

まずはこちら、籠口というクレマチスです。
濃い紫色で壷型?で咲く、魅力的な品種です。
植配置した場所は、前庭の玄関アプローチ、つるばらのアンジェラとつるアイスバーグを
誘引している壁面です。
背後の壁は隣地境界側、方位でいうと南になるのですが、この壁自身の陰になってしまう
場所です。
本来、クレマチスは日当たりを好むということでいうと、最適な場所ではないのですが、
如何せん、壁面に制約があるので仕方ありません。
日陰といっても、午後からは日が当たるので、多分大丈夫だと思っています。

カラーコーディネーション的には、籠口の濃い紫色と、アイスバーグの純白、アンジェラの
ピンクがうまくマッチしてくれるといいのですが。
ちなみにお隣さん(左側)はクリスマスローズ、右側が黒葉スミレです。


DSC_1584-L_convert_20140422165943.jpg

こちらは、アラベラという品種です。
こちらは、壁に誘引というよりは、鉢のまま枝垂れさせるイメージです。
あまり大きくならない品種らしく、枝垂れさせてグランドカバー的に使いたいと思っています。
配置した場所は、前庭の5メートルのシンボルツリー、エゴノキの足元です。


DSC_1585-L_convert_20140422165958.jpg

こちらは、ダッチェス・オブ・アルバーニーという品種で、赤いチューリップのような
花形の葉アが咲くようです。
あるクレマチスの本で、赤いキングローズと赤同士(花形違い)で組み合わせてあるのを見て
なかなか良いなぁと思って、真似てみました。
前庭のサンルームの壁面、キングローズとレッド・キャスケードを誘引している壁に配置しました。
赤いつるバラ2本と、赤いクレマチス、どんな風になってくれるか、楽しみです。


DSC_1586-L_convert_20140422170015.jpg

こちらも同じく、ダッチェス・オブ・アルバーニー。
周りの状況が分かるように、斜め上から撮ってみました。
まだ、そんんい長くは伸びていませんが、伸びた枝をつるバラ(レッド・キャスケード)の枝に
ビニタイで結んで留めています。


DSC_1587-L_convert_20140422170032.jpg

こちらは、紫色の大輪の花を咲かせるクレマチス、ヴェノサ・ヴィオラセア。
どのバラとコラボさせようか結構迷ったんですが、最終的には、前庭の大きな白い壁面に誘引
しているつるバラ、ジャスミーナとコンビを組ませることにしました。
ジャスミーナのピンクと、このクレマチスの濃い紫色、いい感じになるといいのですが・・・。
ただ、鉢を置く場所がかなり限られていて、高木の株立ちのアオダモの足元しか、
場所がありませんでした。
かない奥まったところで、見えにくい、お世話しにくい等、いろいろ問題はありますが、
仕方ありませんね~(汗)。


DSC_1588-L_convert_20140422170052.jpg

同じくヴェノサ・ヴィオラセアの鉢を横から撮ってみました。
奥に見えているのが、つるバラのジャスミーナです。
まだ枝が短いので、竹ひごを残したまま、誘引しています。


DSC_1590-L_convert_20140422170127.jpg

こちらは、エトワール・ロゼというピンクのクレマチス。
一本だけですが、長い枝が伸びています。
このクレマチスも行き場をなくし(汗)、取りあえず、前庭に面した建物外壁、白い大きな壁に
誘引することにしました。
右側のお隣さんは、我が家のシンボルローズ、ランブラーのドロシー・パーキンスです。
ここでも、ピンクのバラにピンクのクレマチスという風に、同色を重ねる組み合わせとしました。


DSC_1591-L_convert_20140422170143.jpg

先ほどのエトワール・ロゼの向かって左隣に植えているのが、こちらの品種不明のクレマチス。
昨年、まつおえんげいさんで購入したクレマチスではなく、昔から家にあるもののようです。
育てていた母に聞いても、どんなクレマチスだったか分からないとのことでした。
昨年は、地植えから鉢に移植したこともあって、花は咲きませんでした。
今年は、すでにいくつか蕾を付けているので、咲いてくれそうです。
花が咲けば、品種が判明するかもしれませんね。


DSC_1589-L_convert_20140422170111.jpg

先ほどのエトワール・ロゼが右側、品種不明のクレマチスが左側です。
左側がどんな花色、花形で咲くかによって、また配置が変わるかもしれません。


DSC_1596-L_convert_20140422170159.jpg

こちらは、中庭のサンルームのガラス面の足元に配置した、フォンド・メモリーズという品種。
ブロ友のヒデさんのところで見て、とても美しい咲き方をするクレマチスということで、
憧れていた品種です。
中庭は、南側にあるお隣の建物が迫っていて、日当たり条件はあまり芳しくないのですが、
半日程度の日照は望めるので、大丈夫かなと思っています。
このサンルームのガラス面には、ピエール・ド・ロンサールと紫玉という2種類のつるバラを
誘引しています。
淡いピンクに紫、そのバラの配色に合うといいのですが・・・。

他にもあと数種、クレマチスの鉢があるのですが、それはまた花が咲いた時に写真、載せますね。
とりえず、懸案のクレマチスの誘引作業もひと段落しました。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2014/04/25(金) 13:30:15|
  2. クレマチスの誘引
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (13)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (216)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2674)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (44)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (281)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (269)
アオダモ (3)
紫陽花 (65)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (558)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (212)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (37)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (64)
記事投稿告知 (23)
記事(バックアップ) (23)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR