Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

勝手ランキング〜、自分で撮ったバラの写真・ベスト30(2014年版)

新しい年が明けて、あっという間に松の内も終わり(汗)、今日はもう8日です。
早いですね〜。
さて、年末年始、いやもっと前の昨年12月中頃から、何かと慌ただしくしておりまして、なかなかブログの更新が出来ておりません(汗)。
楽しみにして下さっている皆様には大変申し訳なく思っています。

昨年末から始めたつるバラの誘引作業が大変で(大汗)、作業した日は疲れ果て(汗)、写真は撮ったものの、
その後の写真の整理作業やブログへのアップが滞っています。
何とか早めにつるバラの誘引の記事をアップしたいと思っているのですが、年末から気になっていた記事を先に書くことにしました。

一昨年の2013年末にもやった企画?ですが、その年に自分で撮影したバラの花の写真ベスト30「勝手ランキング」です。

   ※ 一昨年2013年版 勝手ランキングの記事はこちら → 自分で撮ったバラの写真・ベスト30(2013年版)

本当は、昨年2014年のうちにアップしたかったのですが、年も明けた今になってしまいました(汗)。
ちょっと間抜けなタイミングではありますが、2014年を振り返るということも兼ねて、まとめてみました。
よろしければ、お付き合いください〜。

まずは、ランキング外のこちら↓の写真から。

DSC_7715-L_convert_20140531173317.jpg

こちらは、昨年2014年のバラの最盛期の頃の写真です。
我が家の庭を象徴するようなアングルの写真で、毎年、このアングルで撮っています。
バラを始めて2年目の2014年は、一昨年より遥かにたくさん咲いてくれました。
我が家の庭で育てているバラも、あれよあれよと言う間に、80品種くらいになってしまいました(汗)。
たくさんのバラの花を眺めては感動し、毎日のようにカメラを向けては写真を撮ってきました。
もう何万枚撮ったか分からないくらいです(汗)。
そんな多くの写真の中から、自分自身で勝手に選んだお気に入りの写真を30枚選んで、『バラの写真ランキング』をやってみようと思います。
昨年同様、好きな品種ランキングではなく、あくまでも撮った写真のお気に入り具合で選ぶ、まさしく勝手ランキングです。
撮影したボク自身の個人的な好みで選んでいますので、このブログを見ていただいている皆さんの印象に残っている写真かどうか
分かりませんが(汗)、楽しんでみていただけましたら幸いです。

それでは、勝手ランキング「自分で撮ったバラの写真ベスト30」(2014年版)スタートです。


まずは、勝手ランキング30位のバラ、「スパニッシュ・ビューティ」です。
自宅中庭のウッドデッキテラス上部に誘引しています。
黄モッコウバラの次に咲いた早咲き品種で、一季咲きですが、その大きな花はフリルがかかったような豪華さで、
とても目を惹くバラです。
まだ植えて1年目なので、風景を作れるほどは咲きませんでしたが、2015年、今年はどんな風に咲いてくれるか楽しみです。

DSC_4834-L_convert_20140506082745.jpg



続いて、ランキング29位はこちら、「オレンジ・メイアンディナ」。
こちらの写真は我が家の庭ではなく、職場の近く、大阪市内の靭公園のバラ園で撮影した写真です。
フランス・メイアン社のバラで、赤というか濃いオレンジ色というか、とてもインパクトのあるバラです。
この手の色合いのバラは、「色飽和」を起こして写真で再現するのが難しいのですが、何とか実際に見た感じに近い色で再現できました。

DSC_7236-L_convert_20140529233848.jpg



続いて、赤いバラの次は白いバラ、ランキング28位の「ジャクリーヌ・ドゥ・プレ」。
京都のまつおえんげいさんで撮影した写真です。
まつおえんげいさんの代名詞とも言うべきバラで、
白い花に赤いシベがとても印象的なバラです。
もっと早くに知っていれば、最初からお迎えしていたと思います。
実は、まだブログにも書いていないのですが(汗)、
この冬、急に思い立って、我が家にもお迎えしたバラです。
今春の開花が今から楽しみです。

DSC_6617-L_convert_20140527161731.jpg



続いてこちらは、ランキング27位のバラ、「カクテル」。
白いバラの次は、また赤いバラです(笑)。
我が家の前庭の玄関アプローチの低いフェンスに誘引しています。
この真っ赤に燃える炎のような情熱的な花がとても印象的です。
この冬のガーデンリフォームで、引っこ抜いて(汗)、
また別の場所に誘引しなおしました。
その辺りは、また今後、ブログで報告しますね(笑)。

DSC_6451-L_convert_20140520054440.jpg



次は、ランキング26位のバラ、「レッド・キャスケード」。
我が家の玄関アプローチ脇のサンルームの外壁、白いタイル壁に誘引しています。
ミニバラのような小さな赤い花ですが、とても花持ちが良く、ほぼ四季咲きと言って良いほど
ずっと咲いている印象があります。
ひとつひとつの花は小さくて特徴が無さげに見えますが、
群として壁面を美しくデザインしてくれるバラです。

DSC_4650-L_convert_20141013080443.jpg



続いて、ランキング25位のバラはこちら、イングリッシュローズの「ザ・プリンス」。
うつむくように咲くバラが多いイングリッシュローズの中で、しっかりと上を向いて咲いてくれるこの「ザ・プリンス」。
さすが、切花品種だけあって、ひとつの花もとてもゴージャスで美しい。
雨上がりの朝に撮った写真だったと思いますが、花びらに水滴がついてキレイです。

DSC_6120-L_convert_20140516070116.jpg



続いて、ランキング24位はこちら、「カーディナル・ヒューム」。
こちらは、我が家の中庭の小壁に誘引しているつるバラで、大人な雰囲気の花がとても気に入っているバラです。
縮れたような雰囲気の花弁がとてもオシャレ。
今年は、シュートがたくさん出て、長く伸びた枝が、垂れ下がって、鉢植えのギボウシの葉に枝垂れかかるように咲いていました。
なので、写真下の方のグリーンは、ギボウシの葉っぱなんです。

DSC_2522-L_convert_20140901152002.jpg



次は、ランキング23位、大阪靭公園のバラ「オータム」。
靭公園のバラと言えば、ボクの中ではこのバラなんです。
他では見かけない珍しい品種。
まさに、オータムのネーミング通りの秋の紅葉をイメージさせる美しい色合いです。

DSC_7153-L_convert_20140529233609.jpg



続いてこちらは、ランキング22位のバラ、大阪中之島公園で撮影したバラで、「ゴルデルゼ」。
質実剛健のドイツのバラです。
ネーミングからしてゴツゴツした固いイメージですが(汗)、花もとても硬派な感じ。
オレンジ色のバラの花の中では、美しいバラだといつも思っています。

DSC_5290-L_convert_20141018092202.jpg



次は、ランキング21位、我が家の中庭で咲くイングリッシュローズの「ガートルード・ジェキル」。
バラを始めたきっかけは、亡くなった妻がピンク色のものが好きだったから。
そんな中、一番最初にお迎えしたバラのひとつがこのバラです。
美しいピンク色がとても庭に映えます。
香りも素晴らしい品種です。

DSC_5048-L_convert_20140513063440.jpg



ここからは、勝手ランキングベスト20です(笑)。

まずは、ランキング20位はこちら、「スーベニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン」。
このバラ、オールドローズに分類されるようですが、我が家のバラの中では、異色の存在です。
昨年お迎えして、初めてその咲いた花を見たのですが、これほど美しい花色で咲くとは思っても見なかったので、驚きました。
青紫色から赤紫色へと、一株で様々な花色が混在する、とても美しい光景を作ってくれます。
昨年咲いたバラの中では最も感動した品種と言っても過言ではありません。
ただ残念なことに、夏にこの株ががん腫に冒されていることが分かり落胆しました。
まだ何とか生きていますが、この春が期待できるかどうか不安だったので、先日、もう一株、緊急でお迎えしてしまいました。
それほど入れあげているバラのひとつです。

DSC_6188-L_convert_20140519110757.jpg



続いてこちらは、ランキング19位、イングリッシュローズの「ムンステッド・ウッド」。
我が家の前庭の一番道路側で、大きなテラコッタ鉢で育てているバラです。
一昨年、即戦力という触れ込みでお迎えしたバラですが、昨年もほんと良く咲いてくれました。
とても優秀なバラです。
本来は、濃厚な赤紫色で咲くバラだと思いますが、春は、この写真のようにショッキングピンクで咲いています。
ちょど逆光のようなアングルで撮影しているので、より鮮やかなピンクが際立っています。

DSC_6290-L_convert_20140520060921.jpg



次はランキング18位のバラ、「ダブル・デイライト」。
「殿堂入りのバラ」という言葉に弱く、ついお迎えしてしまったバラです。
赤と白の覆輪の顔立ち、とても個性的です。
男性はこういうはっきりとした表情のバラが好きですよね〜。
スーパーカーでいうところの赤い車のような感じかな?(笑)。

DSC_7275-L_convert_20140530150435.jpg



一転して、今度は清楚な雰囲気のバラ。
勝手ランキング17位はこちら、イングリッシュローズの「ウィンチェスター・キャシードラル」。
我が家の中庭の小壁に誘引しているバラです。
このバラ、何故お迎えしたかといいますと、一昨年の11月、同居している父が急逝したのですが、
亡くなった日に入院していた病院の庭で咲いていたのが、このバラ。
そんな縁があって、亡き父を忍ぶバラとして、我が家の庭にお迎えしました。
清楚な白い花が房になって咲いています。
赤いバラが多い我が家の庭では、ホッと癒されるバラのひとつです。

DSC_7422-L_convert_20140529140538.jpg



次は、また派手なバラ?
ランキング16位は、これまた亡き妻に捧げるバラとして選んだ大切なバラで、「マヌウ・メイアン」。
名花をたくさん作出しているフランス・メイアン社のバラです。
妻は生前、ピンク色のものがとても好きでした。
そんな妻を偲んで、数あるピンク色のバラの中から選んだのがこのバラです。
ハイブリッドティ品種らしい、大きな存在感ある花を咲かせます。
この花が咲くと、妻のことを思い出します。

DSC_7423-L_convert_20140529141309.jpg



続いて、ランキング15位はこちら、「ストロベリー・アイス」。
この写真は我が家の庭で咲いたストロベリーアイスですが、
元々は、大阪の靭公園で見たこの品種の花がとても素敵だったので、
つい我が家にもお迎えしてしまったバラです。
ピンクと白の入り交じった美しい花がとても気に入ってます。
とてもトゲが多いバラですけどね(汗)。
美しきものにはトゲがある、まさにそんなバラです。

DSC_7606-L_convert_20140529142438.jpg



続いてこちらは、ランキング14位、「セント・エリザベス」。
大阪の靭公園のバラ園で撮影した写真です。
このピンク色のグラデーションも見事です。
とても上品なピンク色ですね。
うつむいて咲く様も、どこか恥じらいがあって可愛らしい。
そんなキュートなバラです。

DSC_7182-L_convert_20140529235252.jpg



次はランキング13位、こちらも大阪・靭公園で撮影した写真で、「マチルダ」。
公園のバラだけあって、背景まで全部マチルダ。
つるバラでなくても、木立性のバラでもスペースにボリュームがあると美しい風景を描けますね。
「マチルダ」というと、映画『LEON』の中に出て来る哀愁漂う女の子・マチルダのイメージが強いのですが、
バラのマチルダは、とても健康的なイメージです。
咲き進むと、全然違うバラのように変化するところも面白いバラです。

DSC_5016-L_convert_20141018084846.jpg



次はランキング12位にバラで、「カーディナル・リシュリュー」。
これもオールドローズに分類される濃い青紫色のバラです。
写真は、我が家の中庭ですが、背景に見える黄色は、早咲きの黄モッコウバラです。
この黄モッコウバラの黄色と美しいコントラストを演出するためにお迎えしたバラです。
辛うじてコラボレーションしてくれましたが、早咲きの黄モッコウバラとは咲くタイミングが微妙にずれて(汗)、
思ったような風景は作れませんでした。
なので、この冬、鉢植えでオベリスクに誘引していたカーディナル・リシュリューは、別の場所に移転、地植えしました。
さて、どこに引越しして、どのバラとコラボさせたかは、乞うご期待!(笑)

DSC_5008-L_convert_20140513063313.jpg



次は、ランキング11位、我が家の中庭で咲くバラ、「オールド・バル」。
あまり他では見たことがない品種のバラです。
このバラ、兵庫県宝塚市にある確実園さんという育種園さんが作出されたバラです。
我が家には、この「オールド・バル」の他にも、「花冠」という確実園さんのバラがあります。
どちらも小輪房咲きのバラで、バラ園などで修景用に作られた品種のように思います。
このバラ、一昨年の秋に買った時は、濃いピンク色で咲いていたのに、去年の秋は、写真のようなオレンジ色で咲きました。
何が原因で花色が変わるのか分かりませんが、なかなか困ったやつです(汗)。
ですが、こういう静かなイメージで咲く、FGローズのような雰囲気のバラ、好きなんです(笑)。

DSC_4542-L_convert_20141010095823.jpg



いよいよ、ここからは勝手ランキング2014、ベスト10の発表です。

まずは、第10位の写真はこちら、「ピンク・パンサー」。
この写真も大阪の靭公園のバラ園で撮影したものです。
「ピンク・パンサー」というおちゃらけた(汗)ネーミングのこのバラは、独特のオレンジピンク色をしています。
そして、中央で大きく開いた花の両側に小さな花が2つ、耳のように寄り添って咲いています。
とてもチャーミングなバラです。

DSC_7169-L_convert_20140529235906.jpg



そして、ランクング9位はこちら、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。
我が家の前庭、建物の白い外壁に沿って誘引しています。
昨年3月頃、突然枯れ込んでしまい、慌てて長尺苗を探してお迎えしました。
このバラの素晴らしいところは、そのステムの短さ。
誘引した樹形通り、美しく咲いてくれます。
白い割肌タイルと、緑の葉っぱ、そしてフローズンシャーベットのような
美しいピンクのコントラストが、イメージ通りに咲いてくれました。
我が家では最も人気の高いバラです。

DSC_7880-L_convert_20140610062151.jpg



次は、ランキング第8位、「ピンク・カクテル」です。
赤と黄色の「カクテル」の枝代わり品種です。
今回の勝手ランキングでも第27位に挙げている「カクテル」は情熱的な花ですが、
この「ピンク・カクテル」はとてもポップなイメージで、気に入っています。
白い木製フェンスに誘引しているのですが、この春はとても良く咲いてくれて、
前庭を賑やかにしてくれました。

DSC_6095-L_convert_20140514203202.jpg



次は、ランキング7位、フランス・ギヨー社のバラで「ヴァンテロ」。
一昨年は良く咲いてくれたイメージがあるこのバラですが、昨年はあまり咲かなかったように思います。
時々、忘れたころに咲いた花がこちら。
今までに咲いた花とはずいぶんイメージチェンジして(汗)、昨年はこんなフリフリの手鞠のように咲きました。
芍薬みたいな咲き方かな。
でも、バラには見えないこの咲き方もとても魅力的です。

DSC_8894-L_convert_20140616102428.jpg



次は、ランキング第6位、「ウィリアム・クリスティ」。
春に京都のまつおえんげいさんを訪れた時に撮った一枚です。
薄暗い影の中で、一筋の光がこの花に当たっているシーンです。
品種としては、女性好みの咲き方で、ボクの好みからは少し離れているのですが(汗)、
この写真には、何故が心惹かれるのです。
少し宗教的なというか、荘厳なイメージがする一枚です。

DSC_6641-L_convert_20140527161538.jpg



勝手ランキングもいよいよベスト5になりました。
昨年2014年に撮ったバラの写真の中のお気に入りTOP5の発表です。

第5位はこちら、「ストロベリー・アイス」。
ランキング15位にも選んでいるバラですが、もう一枚、この写真もお気に入りなんです。
やっぱり、この鮮やかなピンクと白のコンビネーションがフォトジェニック(笑)。
花弁が渦のように巻き込んでいるあたりもそそられます。
美しいバラだなぁ〜と思います。

DSC_7051-L_convert_20140529235036.jpg



続いて、こちらがランキング第4位、「ブルー・バユー」。
この写真も大阪の靭公園のバラ園で撮影した一枚です。
靭公園のバラはやっぱりいいですね〜(笑)。
薄紫色のバラは、うちにはほとんどなく、「シャルル・ド・ゴール」というバラがあるだけかなと思います。
この「ブルー・バユー」というバラもほんと美しいバラですね。
こんな美しい薄紫色のバラのなかなか見かけません。
ため息が出ます。

DSC_7189-L_convert_20140530000143.jpg



ここからは、いよいよ「2014年勝手ランキング」ベスト3です。

第3位に選んだ写真はこちら、自宅の中庭で咲くバラ、「アブラハム・ダービー」。
ちょうど美しい盛りにタイミングよく写真を撮ったものだと、我ながら感心します(笑)。
アプリコットオレンジから淡いピンクへのグラデーション。
ロゼット咲きの美しい花形。
写真では伝えきれませんが、素晴らしい香り。
どれを取っても、ケチの付けどころがない完璧なイングリッシュローズだと思います。
我が家のアブラハム・ダービーは挿し木苗で育てているので、まだ株が小さいです。
いずれ大きく育って、たくさんの花を咲かせてくれる光景が見れることを楽しみにしています。

DSC_6242-L_convert_20140520053801.jpg



さて、ランキング第2位はこちら。
先ほども第7位でランクインしたバラ、「ヴァンテロ」です。
ボクの好みなんでしょうね、こういう感じのバラ、とても好きです。
美しいです。
花に光が当たって、背景が黒く沈んでいます。
なので、とてもフォトジェニック、グラフィックデザインのような一枚です。
昨年のランキングでは、一輪の花の美しさに重点を置いていましたが、
今年は、数輪の花がまとまって作る景色に関心が向かいました。
そんな好みの変化が現れた一枚です。

DSC_8013-L_convert_20140616072805.jpg



そして、栄えあるランキング第1位はこちら、
やっぱり!(笑)の「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。
このバラの美しさには格別です。
ボクの中では「フローズンピンク」と勝手に呼んでいますが、
この何ともいえない透明感のあるピンクが美しいです。
去年なら、きっと一輪の花にクローズアップした一枚を選んでいたと思いますが、
今年は、少しまとまって咲いているカットを選びました。
癒されます〜(笑)。

DSC_7831-L_convert_20140602114256.jpg

如何でしたでしょうか?
相変わらずの長い記事でスミマセン(汗)。

自分自身で撮った写真の中から、自分の好みで勝手に選んだベスト30のランキングですが、
楽しんでいただけたでしょうか?(笑)。

バラを始めてまる2年が経ち、バラの生長とともに、家の風景が変わっていくのが楽しい日々です。
2015年は、バラを始めて3年目の春になります。
バラの師匠、まつおえんげいの松尾社長からは、3年は辛抱して下さいと、言われていました。
その待望の3年目の春がもうすぐそこまで迫っています。
今年の春には、どんな風景に出会えるのか、今から楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2015/01/08(木) 17:16:10|
  2. 2014年度ランキング (バラ2年目)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (4)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (215)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2598)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (15)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (258)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (81)
ダリア (20)
牡丹 (10)
芍薬 (49)
チューリップ (163)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (260)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (3)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (25)
宿根草・多年草 (533)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (30)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (10)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (11)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (16)
水仙 (32)
スズラン (7)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (18)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (138)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (52)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (9)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (92)
サボテン類 (23)
ハオルチア類 (14)
メセン類 (16)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (210)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (35)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR