Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

勝手ランキング〜、自分で撮ったバラの写真・ベスト30(2013年版)

こんにちは〜。
今日は、クリスマスですね。
皆さん、素敵なクリスマスをお過ごしになられておられることと思います。

今年も残すところ、あとわずかになりましたね。
時が経つのは早いものですね。
ボクがバラを始めて、ちょうど一年。
昨年亡くなった妻の命日の今年6月17日から、このガーデン&バラブログを始めて約半年がたちました。
試行錯誤の連続でバラを育ててきましたが、一年目の割には、そこそこ花も咲いてくれましたし、
バラの写真もたくさん撮れて、とても楽しい一年でした。


こちら↓は、ブログ開設の日に最初に掲載した写真です。
今年の春にはこんな風に咲いていたんだなぁと、懐かしく思います。

DSC_9544-aori-L_convert_20130606104816.jpg

さて、この半年間、ほぼ毎日、我が家のガーデンに咲くバラの写真を撮ったり、いろんなバラ園に出かけてたくさんのバラの写真を撮ってきました。
どれくらい写真を撮ったでしょう?、きっと1万枚以上は撮っていると思います。
このブログに掲載したバラの写真も3000枚以上になっています。
そのどれも思い入れのある写真ですが、この一年を振り返って、そのたくさんの写真の中から、
自分自身で勝手に選んだ、お気に入りの『 バラの写真ランキング 』をやってみようと思います。
好きなバラの品種ランキングではなく、あくまでも、写真の出来が選考基準です(汗)。

ブログに載せた約3000枚の写真の中から、300点余りのノミネート写真を選びました。
その中から、さらに一次選抜、二次選抜・・・と、写真を選んで、なんとか30点ほどに絞りました。
撮影したボク自身の勝手な好みなので、このブログを見ていただいている皆さんの印象に残っている写真かどうか分かりませんが、
楽しんで見ていただけましたら幸いです。


それでは、勝手ランキング「自分で撮ったバラの写真ベスト30」(2013年度版)スタートします!


まずはランキング30位のバラ、「カクテル」です。
5月18日に、自宅の中庭で撮影したものです。
少しピントが甘い写真なんですが、赤いカクテルの花弁と緑の葉、背景の色のバランスがとても気に入っていて、
絵画のような仕上がりになっている写真です。

DSC_8086-L_convert_20130606004135.jpg



続いて、ランキング29位はこちら、「シャンタル・メリュ」です。
フランス・ギヨー社のバラで、挿し木で育てています。
秋に返り咲いてくれた時の様子で、幾重にも重なった花弁がとても美しいです。

DSC_7639-L_convert_20130928102219.jpg



続いてこちら、ランキング28位の「オータム」。
10月中旬に、大阪の靭公園のバラ園を見に行った時に撮影したものです。
「オータム」というバラに関する情報はあまりなく、謎めいたバラなんですが、靭公園で見たこの秋の花は、まさしく「オータム」と言う名に相応しい、
見事な秋色をしたバラでした。
まさに紅葉しているかのような、赤とオレンジ色の混じり合った美しい色合いのバラです。

DSC_9342-L_convert_20131025065919.jpg



こちらは、ランキング27位のバラ、「アイズ・フォー・ユー」。
つい最近お迎えしたばかりのバラで、まだ秋に咲いているところしか見たことがありません。
赤紫色のブロッチが入る、とても魅力的で美しいバラです。

DSC_3130-L_convert_20131221224315.jpg



こちらは、ランキング26位のバラで、「紫玉」。
我が家の中庭のサンルームの壁面に誘引している一季咲きのつるバラです。
一季咲きなので、春にしか花は見れませんが、今年は植えて間もなかったせいか、ほんの少ししか咲きませんでした。
でも、咲いた花はとても美しく魅力的でした。
和風な雰囲気のするバラで、紫の色合いや花形など、どことなく和を感じさせます。
日陰でも美しくバラで、とても重宝します。

DSC_7998-L_convert_20130606001539.jpg



こちらは、ランキング25位、イングリッシュローズの「パット・オースチン」
一転して、太陽のような明るい雰囲気を持つ、とても力強いバラです。
こちらも、つい最近お迎えしたばかりのバラですが、この寒い12月でも全然平気で咲いてくれています。

DSC_3218-L_convert_20131223012449.jpg



こちらは、ランキング24位のバラ、同じくイングリッシュローズの「ロイヤル・ジュビリー」
昨年2012年に発表されたイングリッシュローズですが、この2012年6月に妻が亡くなりましたので、
2012年の記憶として、妻の好きだったピンク色のバラとしてこのバラをお迎えしました。
この写真は秋に返り咲いた時の様子ですが、コロンとしたフォルムに加え、ハート形の花弁がとても可愛らしいバラです。

DSC_2504-L_convert_20131130232316.jpg



続いて、ランキング23位はこちら、イングリッシュローズの「ムンステッド・ウッド」
いつもお世話になっている京都のまつおえんげいの松尾社長のオススメでお迎えしたバラです。
即戦力になりますよということで、確か3年もののムンステッド・ウッドだったかと思います。
期待通り、春からたくさんの花を咲かせてくれました。
こちらは5月13日の写真ですから、ほぼ一番花くらいでしょうか?
とても大人な雰囲気の美しいバラです。

DSC_7908-L_convert_20130605233244.jpg



こちらはランキング22位の写真で、「アンリ・マルタン&モーツアルト」の競演です。
他の写真は一種類のバラのアップの写真ですが、この写真だけ、咲いている雰囲気の分かる写真です。
我が家の前庭の小壁にこの2種類のつるバラを誘引しているんですが、
オールド(モス)ローズのアンリ・マルタンは一季咲きなので、このような雰囲気を見れるのは
春の一時期だけです。
一重の房咲きのモーツアルトにコロンとした花形のアンリ・マルタン。
花の形は全然異なりますが、両方ともショッキングピンクの色合いが共通していて、
同系色ですが、とても相性が良いかな?と思っています。

DSC_8817-L_convert_20130606073245.jpg



こちらは、ランキング21位のバラ、「つるアイスバーグ」。
カタログでは、繰り返し咲きとなっていましたが、初年度だったからかもしれませんが、
今年は春しか咲いてくれませんでした。
春に咲いた花は、期待通りの清楚な雰囲気で咲いてくれました。
シンプルな花ですが、とても美しいなぁと思いました。

DSC_8578-L_convert_20130606070602.jpg



ここからは、勝手ベスト20の発表です(笑)。

まずは、ランキング20位はこちら、「ヴァンテロ」です。
コンパクトなバラということでお迎えしたのですが、このバラは受難の連続でした。
寒さのために、2月末に凍害で枯れかけました。
何とか持ち直し、その後は見違えるほどに良く咲いてくれました。
この写真は秋に咲いた花で、花の重みで完全に下を向いて咲いていますが、
秋らしい色合いで、とても美しく撮れて気に入っている写真です。

DSC_1020-L_convert_20131102114710.jpg



こちらは、ランキング19位、イングリッシュローズの「ジェフ・ハミルトン」です。
挿し木で育てているのですが、まだ株が充実していないので、今年はたった2輪しか咲いてくれませんでした。
ですが、咲いた花は、くるくるの巻き巻きのとても美しい姿をしていました。
真正面からその美しい円を撮ってみました。

DSC_8612-L_convert_20131008073725.jpg



続いてこちらは、ランキング18位、イングリッシュローズの「クラウン・プリンセス・マルガリータ」です。
今年、大阪府泉南市にオープンしたばかりのデヴィッド・オースチン・イングリッシュローズガーデンに行った時に撮った写真です。
どのバラもとても旺盛の育っていて、とても感心しました。
このクラウン・プリンセス・マルガリータもとても美しく咲き誇っていました。

DSC_9706-L_convert_20130606105636.jpg



こちらは、ランキング17位のバラ、イングリッシュローズの「ヘリテージ」です。
我が家の中庭で挿し木苗で育てているバラです。
この写真は、CG画像のようにも見えますが、朝日を浴びて輝いている様子を撮影したものです。
まるでガラス細工のようにも見えますが、儚く散るヘリテージのイメージとも重なる雰囲気で撮ることが出来ました。

DSC_6893-L_convert_20130922095806.jpg



こちらは、ランキング16位、「マヌウ・メイアン」です。
このバラは、昨年6月に亡くなった妻に捧げるバラで、ボクにとっては特別なバラです。
ピンク色が好きだった妻のイメージで、たくさんのバラの中から選んだ品種です。
一年目から、とてもたくさんの花を咲かせてくれて、妻の墓前にも供えることができました。
丈夫なバラで、これからも美しい花を咲かせてくれると思います。

DSC_6830-L_convert_20130920103810.jpg



こちらは、ランキング15位、フランス・デルバール社の「ローズ・ポンパドゥール」です。
挿し木で育てて、まだ株が充実していないため、咲いた花は重みで下を向いていました。
それでも評判通りの美しい花を咲かせてくれて、とても嬉しく思っています。

DSC_4233-L_convert_20130806070003.jpg



続いてこちらは、ランキング14位、つるバラの「モーツアルト」
前庭の小壁に誘引しているつるバラですが、このバラはとても優秀で、一年中咲いていたような気がします。
この写真は、花はキレイに撮れていないのですが、普段はピンクの一重に咲くバラが、
この時は、ピンクに白、赤といろんな色が入り交じって咲いていました。
紅白のとてもおめでたい雰囲気なので、気に入っている一枚です。

DSC_5461-L_convert_20130901072857.jpg



こちらは、ランキング13位、「ピエール・ド・ロンサール」です。
人気のこのつるバラ、我が家にも当然のようにお迎えしております(笑)。
今年は、初年度で株が充実していないためか、春にしか咲きませんでした。
春に咲いた花は、噂通りの美しい花で、さすが殿堂入りのバラですね!
この写真でも、背景にもいくつか花が写り込んでいて、奥行き感も出ていて
気に入っている一枚です。

DSC_8227-L_convert_20130606065649.jpg



続いてこちらは、ランキング12位のバラ、「光彩」です。
今年10月に兵庫県伊丹市の荒牧バラ公園に行った時の写真です。
撮影が難しいとされる赤いバラですが、「光彩」の名の通り、
少しテカリのある花弁の雰囲気がよく撮れているかな?と思っています。

DSC_0708-L_convert_20131119130754.jpg



次は、ランキング11位、「花冠」です。
こちらは、宝塚の育種園の確実園さん作出のバラです。
普段はピンク色の可愛らしい花を咲かせるのですが、
この時はピンク以外に白い花も咲かせていました。
逆光気味に撮っていて、背景に玉ボケのキラキラが写り込んで、とても美しく撮れたかな?

DSC_9731-L_convert_20130608092513.jpg



ここからは、いよいよ勝手ベスト10の発表です!

まずは、ランキング第10位はこちら、「レオナルド・ダ・ヴィンチ」です。
このバラも結局、秋にはほとんど返り咲いてくれませんでしたが、
春の花の美しさは秀逸で、家族からも一番の人気のバラでした。
マットなピンク、ミルキーピンクと表現したら良いのか、とても美しいバラです。

DSC_8849-L_convert_20130606074157.jpg



ランキング第9位はこちら、「カーディナル・ヒューム」です。
我が家の中庭の小壁に誘引しているつるバラで、とても良く咲いてくれました。
後でもう一枚、このバラの写真が出て来るのですが、普通は濃い赤の花が咲くのですが、
この写真では、赤紫色から青紫色へと色が移り変わっていく様子がよく分かります。
美しい秋色で、大人の雰囲気がする色気のあるバラです。

DSC_5868-L_convert_20130910075704.jpg



続いてこちらは、ランキング8位のバラで、「ラブ」です。
10月に大阪市の中之島公園のバラ園に出かけた時に撮影した写真です。
真っ赤な花弁で裏側が白色という特徴的なバラです。
絞りを開放気味にして、ボケを狙って撮影してみました。

DSC_0287-L_convert_20131025084710.jpg



こちらは、ランキング7位、イングリッシュローズの「アブラハム・ダービー」です。
このアブラハム・ダービーも挿し木で育てていて、まだか細い枝なんですが、それでも一年中よく咲いてくれました。
真横から見た写真ですが、仏像の台座のような、蓮の花を想起させるフォルムと、オレンジピンクの美しい花色がとても魅力的です。

DSC_8198-L_convert_20131001111028.jpg



続いてこちらは、ランキング第6位、「ジュビレ・ドュ・プリンセス・ド・モナコ」です。
11月に訪れた、ひらかたパークのバラ園で心惹かれたバラです。
紅白の色の入り方がとても個性的。
まるで口紅をつけたようなとてもキュートなバラです。

DSC_1340-L_convert_20131112000957.jpg



ここからは、いよいよ勝手ランキング・ベスト5の発表です。

堂々のランキング第5位はこちら、フランス・ギヨー社のバラで「モニーク・ダーヴ」
ツンと尖った花弁がとても特徴的なバラです。
この写真、黒い背景に浮かび上がるように撮っていますが、もちろんスタジオで撮ったものではなく、庭で撮っています。
朝方の光を浴びているところですが、いい具合に陰も出来て、このバラの独特のフォルムを強調する絵になったかなと思います。

DSC_6912-L_convert_20130922100547.jpg



続いて、ランキング第4位はこちら、「カーディナル・ヒューム」
このカーディナル・ヒューム、ランキング第9位にももう一枚入っていますが、
この濃い赤紫色が本来の花色です。
少し縮れた花弁がとても大人な雰囲気で気に入っています。
黒い背景と赤のコントラストがとてもいい感じに撮れました。

DSC_5592-L_convert_20130906082243.jpg



いよいよベスト3の発表です!

ランキング第3位はこちら、イングリッシュローズの「メイド・マリオン」です。
6月にデヴィッド・オースチン・イングリッシュローズガーデンに行った際に撮った写真です。
ピンクのグラデーションが見事なほどに咲き誇っていました。
被写体が良いと、撮る側のテンションも上がりますよね?
そんな良い例の写真です。

DSC_9635-L_convert_20130606111137.jpg



続いて、ランキング第2位はこちら、ハイブリッドティローズの「ラジオ」というバラです。
我が家の庭で、早咲きの黄モッコウバラの次に咲いたバラです。
黄モッコウバラは、以前から自宅に植えていたバラなんですが、
バラを本格的に始めて、新しくお迎えしたバラで最初に咲いたバラなんです。
こんなにも美しく咲く花があるんだと、とても感動したバラです。
ピンクとオレンジが見事に混じって、花形もとても美しいです。
これだけ美しく咲いたのは、この最初の一輪だけでしたが(汗)、
この美しい花を見るために、また来年の春がとても楽しみです。

DSC_6882-l_convert_20130605232641.jpg



そして、栄えあるランキング第1位はこちら、ハイブリッドティローズの「ビューティフル・フクヤマ」
残念ながら自宅で育てているバラではなく、10月末に行った伊丹市の荒牧バラ公園で撮った写真です。
このバラの写真がベスト1ということで、意外に思われるかもしれませんが、
深い赤の花とその手前の葉のグリーン、背景の黒のコントラストがとても気に入っています。
写真や広告の世界で良く言われる「シズル感」がよく出ている写真かな?と自分では思っています。
ちょうどクリスマスで、赤と緑の色の組み合わせもいいですし(笑)。

DSC_0605-L_convert_20131119125433.jpg



皆さん、如何でしたか〜?
自分で撮った写真を自分でランキングしただけの勝手企画でしたが、楽しんでいただけましたでしょうか?

この一年、バラと過ごすことが出来て、とても充実した一年でした。
新しい生き甲斐も見つけることが出来て、良かったと思っています。
また来年、素敵なバラとの出会いがあることを楽しみにしています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2013/12/25(水) 07:46:52|
  2. 2013年度ランキング (バラ1年目)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (214)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (15)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2595)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (14)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (253)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (14)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (7)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (61)
ダリア (20)
牡丹 (5)
芍薬 (44)
チューリップ (160)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (244)
アオダモ (3)
紫陽花 (63)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (1)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (20)
ヒュウガミズキ (9)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (20)
宿根草・多年草 (516)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (28)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (28)
黒葉スミレ (3)
サルビア (9)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (9)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (13)
紫蘭 (16)
水仙 (29)
スズラン (6)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (19)
ディモルフォセカ (17)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (9)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (22)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (132)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (48)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (7)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (80)
サボテン類 (22)
ハオルチア類 (10)
メセン類 (14)
その他の多肉植物 (16)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (140)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (4)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (1)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (9)
ローズガーデン・プロジェクト (16)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (12)
吉田病院「癒しの庭」PJ (2)
吉野・K邸ガーデンPJ (2)
バラの作業 (205)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (2)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (13)
バラの薬剤散布 (34)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (18)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (9)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR