Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

2017年、この冬の初雪

(2017年1月15日のバックデート記事です。)

2017年冬、今年一番の寒波が到来するというニュースが流れた1月14日〜15日。
関西でも大雪が予想されていました。
この日は、折しも大学入試センター試験の2日目で、雪が降ればいろいろ大変なことになるなぁと心配していました。
昨晩から雪が降り始め、朝起きたら一面の銀世界を覚悟していましたが、おかげさまで、大したことはありませんでした。

DSC_5127-L_convert_20170118084659.jpg

こちらは、我が家の中庭、ウッドデッキに降り積もった雪です。
ウッドデッキの板の隙間だけ雪がなく、すのこのような模様が浮かび上がっていました。
よく見ると、その中にお隣さんちの猫の足跡も・・・(汗)。


DSC_5125-L_convert_20170118084634.jpg

少し引いたところから中庭の全景を撮ってみました。
雪が残っているのは、ウッドデッキと鉢植えの土の部分だけでした。
本当に大したことにならずで良かったです。
凛とした空気感だけが中庭を支配していました。


DSC_5128-L_convert_20170118084712.jpg>

こちらは、中庭の乱張り石のテラスに並べたテラコッタ鉢の大群。
春を待つチューリップや水仙などの球根植物が植わっています。
土の部分だけが比熱が低いせいか、雪が残っています。
たくさんの丸い輪が連なって、まるでドラムセットのようです。


DSC_5129-L_convert_20170118085232.jpg

少し角度を振ってみました。
右側の高木の足元当りがシェードガーデンで、ここの土の部分にも雪が積もっていました。


DSC_5133-L_convert_20170118085319.jpg

こちらは、前庭。
前面道路から、玄関アプローチの全景を撮ってみました。
ここも1年に一回くらいは、真っ白な雪で覆われるくらい積もりますが、今回はそこまでの降雪量ではなかったです。
建物や隣地境界塀などの壁面へのつるバラの誘引も一段落して、すっきりしています。


DSC_5134-L_convert_20170118085330.jpg

玄関アプローチの一角、地植えの紫陽花が並ぶゾーンです。
紫陽花も先日、紅葉した葉をすべて取り去り、枝だけにしました。
その枝先には花芽もついて、春を待つ準備が出来ています。


DSC_5130-L_convert_20170118085243.jpg

こちらは、前庭のつるバラを誘引した小壁のまわりに並べた、鉢植えのバラたちです。
8号スリット鉢で育てていますが、見栄えも考慮して、テラコッタ製の鉢カバーを被せています。
その鉢植えのバラたちも雪を纏って寒そうです。


DSC_5131-L_convert_20170118085255.jpg

こちらは、玄関のガラス扉の横に並べたクリスマスローズの鉢植えたちです。
蕾も膨らんで来て、もうすぐ庭の主役に躍り出るシーズンの到来です。
そんなこともあって、先日、庭の中で一番目立つこの場所に並べ替えました。


DSC_5132-L_convert_20170118085307.jpg

今回の降雪で、特に大きな被害は出ませんでしたが、唯一あったとすればここかな?
クリスマスローズの葉っぱが、凍害でしな〜となってしまいました(汗)。
少し暖かくなれば、きっと元に戻ると思いますが、今はこんな感じです。

今回の大雪、おかげさまで我が家ではそんなに大したこともなく大丈夫でした。
まだまだこれから寒い日が続くと思いますが、早く春が訪れて欲しいなぁと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

スポンサーサイト
  1. 2017/01/18(水) 13:32:36|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年冬、我が家のつるバラ誘引風景

(※2017年1月3日のバックデート記事です。)

少し前の2016年の大晦日の日のバックデート記事で、我が家のつるバラの誘引風景について書きましたが、
再び、つるバラの誘引風景について載せてみます。
(前の写真が夕方、作業後に撮っているので少し暗かったために、撮り直しました。)

DSC_5060-L_convert_20170113164917.jpg

こちらが、この冬の我が家の前庭、建物外壁(パレット)面に誘引したつるバラ風景です。
手前に大きく弧を描くように誘引しているので、ジャスミーナ。
その奥から手前に誘引しているのがドロシー・パーキンスです。


DSC_5061-L_convert_20170113164928.jpg

ジャスミーナを誘引している部分のアップです。
今年もカラーの麻ひもを使って誘引しています。
今年は、ディノスさんにイギリス・ナッツシーン社のカラーの麻ひもを提供してもらって、
この白い大理石タイルの壁面では、白とのコントラストが映えるように、
赤い麻ひもを使いました。


DSC_5062-L_convert_20170113164937.jpg

こちらは、パレットの向かって左下、メインローズのドロシー・パーキンスを誘引した下の空いたスペースを使って、
4本の鉢植えのつるバラを誘引した部分です。
前回は、太陽の光があたって、ツルの影が出来た写真で見にくかったので、今回は曇り空のうちに撮影しました。
ツルがくっきり浮かび上がって、誘引の形が見やすいです。


DSC_5063-L_convert_20170113164947.jpg

その部分を真正面から見たところ。
鉢植えのバラは、左からキングローズ、レッド・キャスケード、アントニオ・ガウディ、レオナルド・ダ・ヴィンチです。
昨年同様、ここには、赤やピンクの多花性のバラを集め、しかも遅めに咲く品種を集めて、花期を揃えました。
なので、昨年と並び順や品種が多少違っていますが、昨年同様、タペストリーのような風景が出現すると思います。


DSC_5059-L_convert_20170113164906.jpg

こちらは、中庭側を見たところです。
中庭は、つるバラは建物や隣地境界のブロック塀やフェンスに誘引しています。


DSC_5057-L_convert_20170113164845.jpg

もう少し寄って撮影してみました。
ひっそりと静まり返る、お正月の中庭風景です。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2017/01/18(水) 13:31:22|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を待つ、つるバラの誘引風景、2016年1月

昨年12月の末までに、概ねつるバラの誘引作業を済ませていたので、
今年に入ってからは庭作業もほとんどすることがなくなってしまいました(汗)。
なので、先週の土曜日は、この冬に行ったつるバラの誘引風景の写真を撮ることにしました。
バラが咲いている期間より、花も葉もない期間の方が圧倒的に長いので、
冬のつるバラの誘引風景を、なるべく美しくみせれるように頑張って作業しました〜(汗)。
いろんなアングルから撮ってみましたので、載せてみますね。

DSC_0961-L_convert_20160118194305.jpg

こちらは、我が家の前庭の全景です。
真正面からのアングルです。
撮影の間だけ、駐車場の車を移動させて撮ってみました。


DSC_0947-L_convert_20160118194104.jpg

少し向かって左側に寄って撮ってみました。
なかなか雄大な風景です(笑)。


DSC_0963-L_convert_20160118192131.jpg

こちらは、前庭の玄関アプローチ側からのアングルです。
春の満開の様子をイメージしながら、この玄関アプローチを眺めて悦に入ってます(笑)。


DSC_0964-L_convert_20160118192053.jpg

再び、前面道路から真正面のアングルで。
一枚目の写真よりちょいアップです。
前庭のつるバラの誘引の雰囲気がよく分かる、お気に入りの一枚です。


DSC_0990-L_convert_20160118191040.jpg

同じ位置から縦位置でもう一枚。
我が家のシンボルツリー、高さ5mの株立ちのエゴノキの全景が入るように
撮ってみました。


DSC_0951-L_convert_20160118192031.jpg

玄関アプローチです。
画面右側の隣地境界の白いタイル張りのブロック塀には、つるバラのアンジェラとつるアイスバーグを誘引しています。
奥の建物の外壁、右側の壁にはキングローズとレッド・キャスケードを誘引しています。


DSC_0953-L_convert_20160118191954.jpg

もう少し玄関アプローチを進んで行くと、こんな風に見えてきます。


DSC_1005-L_convert_20160118192014.jpg

建物外壁に誘引しているつるバラの風景の全貌がうかがえます。
ガラスの扉を抜けて奥に入ると、中庭空間へと繋がっています。


DSC_0948-L_convert_20160118191726.jpg

こちらは、前庭の建物外壁に誘引したつるバラの全景です。
結構、この大きな壁面へのつるバラの誘引は大変でしたが、仕上がりを見ると達成感があります。


DSC_0949-L_convert_20160118191739.jpg

更にアップです。
ガラス扉の向かって左側の大きな壁面には、我が家のメインローズのドロシー・パーキンスに、
ジャスミーナ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、キングローズ、アントニオ・ガウディ、レッド・キャスケード、シンパシーを
誘引しています。


DSC_0999-L_convert_20160118191820.jpg

同じようなアングルですが、もう一枚載せておきます(汗)。


DSC_0970-L_convert_20160118190901.jpg

玄関アプローチのガラス扉の両側のつるバラの誘引風景です。
前回の反省点を鑑み、今回はつるを交差させずに誘引しています。


DSC_0997-L_convert_20160118190913.jpg

ガラス扉部分を斜め横からのアングルで撮っておきます。
春に花が咲いた時用に、ビフォー・アフターのビフォー写真を撮っておきます(汗)。


DSC_1004-L_convert_20160118190925.jpg

ガラス扉の正面アングルです。
ガラス扉を開け放っているので、奥の中庭まで見通せます。


DSC_0989-L_convert_20160118190953.jpg

こちらは、ガラス扉の向かって右側の建物外壁。
ここに、つるバラのキングローズ、レッド・キャスケードに加え、
今回は幻のバラ、アントニオ・ガウディも加わりました。


DSC_0987-L_convert_20160118190846.jpg

そして、前庭の玄関アプローチの隣地境界側を見たアングルです。
白いタイルを貼ったブロック塀には、アンジェラとつるアイスバーグを誘引しています。


DSC_0983-L_convert_20160118191028.jpg

こちらは、ガラス扉の向かって左側の壁面。
地植えのジャスミーナと、鉢植えのレオナルド・ダ・ヴィンチを誘引しています。
その足元には、鉢植えのクリスマスローズを並べています。


DSC_0992-L_convert_20160118191102.jpg

こちらは、前庭の駐車場スペースです。
撮影の間、近くに車を停めさせてもらいました。


DSC_0984-L_convert_20160118191921.jpg

駐車場スペースには土の部分がないので、鉢植えでつるバラを建物外壁に誘引しています。
大きな鉢がつるバラ、小さな鉢はクレマチスです。


DSC_0965-L_convert_20160118191007.jpg

その壁面を下から見上げるように撮ってみました。
我が家のメインローズのドロシー・パーキンスなどを誘引しています。


DSC_0966-L_convert_20160118194354.jpg

こちらは、前庭の北側隣地境界部分に設置している白い木製フェンスです。
このフェンスにもつるバラを4本誘引しています。
右から、サンセット・グロウ、センティッド・エアー、ピンク・カクテル、ブルー・フォー・ユーです。
このエリアも今回、つるバラの配置を変えたので、この春が楽しみです。


DSC_1006-L_convert_20160118191124.jpg

こちらは、ガラス扉を抜けたところの中庭空間です。
手前の白い壁面には、つるバラのヴァイオレット、パット・オースチン、ガートルード・ジェキルと、
クレマチスのアフロディーテ・エレガフミナを誘引しています。


DSC_1007-L_convert_20160118194423.jpg

こちらは、中庭側から1階の母の部屋を見たアングルです。
趣味の絵を描いているようです。
我が家は二世帯住宅なもので(汗)。
この時期、花はありませんが、春に花が咲くと花を見ながら絵も描けるので、
ここはベストポジションです(笑)。


DSC_1009-L_convert_20160118194452.jpg

斜め横からのアングルです。
1階の母の部屋の大開口の足元には、イングリッシュローズを地植えしています。
春になり、ここにたくさんのバラの花が咲くときっと壮観でしょうね。


DSC_1014-L_convert_20160118194336.jpg

再び、前庭の全景です。
写真を撮っているうちに、少し青空も顔を覗かせました。
ここに、春どんな風景が広がるのか、今から楽しみです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2016/01/19(火) 19:44:50|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

全ての冬作業が終わって静かな中庭の風景

今年は、我が家の庭のバラの誘引だけでなく、隣町に住む叔母の家のバラ庭や、高校の同級生の友人のバラ庭の
つるバラの誘引作業をお手伝いすることになっている関係で、何としても早めに自分家のバラの冬作業を終えて
おきたいと思って、早めに作業開始していました。
いつもは冬休みに入る直前から、1月末くらいまで掛かっていた作業ですが、
今回は昨年の12月の頭から開始して、昨年末にはほぼ目処がたち、一部やり残した作業だけが越年となりましたが、
それもこの前の3連休で、全て完了することができました。
おかげで、気分的にもものすごく楽に過ごせています。

DSC_0928-L_convert_20160113150902.jpg

つるバラの誘引に始まり、懸案のDIY工事、気になる箇所に改修作業、バラ以外の植物の植え替え作業など、
とりあえずこの冬にやってしまわないといけない作業は全て終わりました。
ようやく慌ただしい庭作業から開放されて、静かな庭の景色を眺める余裕ができました。
写真は、凛と張り詰めた冬の日の我が家の中庭風景です。


DSC_0926-L_convert_20160113150949.jpg

昨年からずっと放置していた落ち葉拾いなど、庭全般の清掃もようやく終わりました。
しばらくは落ち葉も出ない、スッキリとした冬の庭を楽しめそうです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:41:02|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中庭のシェードガーデンの石に込めた想い

今回は、我が家のガーデンの庭石にまつわる想いを書いてみます。

DSC_0927-L_convert_20160113150822.jpg

こちらは、我が家の中庭のシェードガーデンゾーンです。
お隣さんの建物が近接しているので、南向きの庭ですが、
日陰になるエリアです。
この場所には、中庭のシンボルツリーのコハウチワカエデを植え、
その足元には、日陰に強いシダや宿根草のギボウシなどを植えています。
シダは常緑なので冬でも緑がありますが、ギボウシは冬場、
地上部分がなくなって地面が見えている状態になります。
地面には一部、苔むしたような場所もありますね(汗)。
そして、この冬になると緑がほとんどなくなるので、
このシェードガーデンに配置した石も姿を現します。


DSC_9896-L_convert_20140701154944.jpg

こちらが、この中庭・シェードガーデンの夏の様子です。
シンボルツリーのコハウチワカエデの足元は、いくつものギボウシで覆われ、
鬱蒼としています。
そのため、このエリアに配置した石は見えなくなっています。


DSC_0155-L_convert_20151207140724.jpg

また、このシェードガーデンには、中木のドウダンツツジも植えています。
18年前、この家を新築した年に、一人息子が生まれました。
その息子の誕生記念に植えたのが、このドウダンツツジです。
ドウダンツツジは、「満天星」とも書くようで、満天の空に輝く星のように
育って欲しいという想いを込めました。
ドウダンツツジは、秋に燃えるように赤く紅葉する姿も美しいです。


DSC_0921-L_convert_20160113150754.jpg

そんな中庭のシェードガーデンですが、ここにはもうひとつ想いを込めた設え(しつらえ)があります。
それが、冬になって地上部の緑がなくなると姿を現す、5つの石です。
母方の実家が京都にあって、昔は京町屋だったその家も今は新しい今風の家に変わっていますが、
昔の実家の庭にあった庭石をいくつか母がもらっていたようです。
京都は、加茂石や鞍馬石など、和風庭園に使われる名石と呼ばれる石が採れる場所ですが、
そんな名石かどうかは分かりませんが(汗)、趣きのある石がいくつか家にありました。
その石を、このシェードガーデンのシンボルツリーのコハウチワカエデの廻りを取り囲むように配置しています。
ちなみに、画面右側の平べったい石は、昔、京都市街地を走っていた市電の舗石として使われていたものらしいです。


DSC_0922-L_convert_20160113150808.jpg

別アングルでもう一枚。
シェードガーデンに配置したこの5つの石は、我が家の家族を表現もしているのです。
我が家は二世帯住宅なので、両親、ボク、妻、息子の5人をひとつひとつの石に見立てています。
石の表情や雰囲気を見て、これは誰の石と決めて、配置する場所にも意味を持たせて配置しました。
一人息子の誕生記念に植樹したドウダンツツジを取り囲み、見守るように、ボクと妻の代わりの石を配置しました。
そんな想いを石に込めたシェードガーデンなのです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2016/01/14(木) 07:40:06|
  2. 1月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (0)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (215)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (37)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2595)
アイズ・フォー・ユー (56)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (14)
カーディナル・ヒューム (88)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (51)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (17)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (19)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (17)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (0)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (28)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (39)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (0)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (11)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (14)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (36)
ピエール・ド・ロンサール (40)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (12)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (14)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (74)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (41)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (0)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (17)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (86)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (255)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (14)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (4)
ザ・プレジデント (4)
ダッチ・オブ・アルバーニー (7)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (11)
天塩 (8)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (0)
ピクシー (19)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (7)
籠口 (24)
クリスマスローズ (77)
ダリア (20)
牡丹 (7)
芍薬 (46)
チューリップ (161)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (251)
アオダモ (3)
紫陽花 (64)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (4)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (2)
ドウダンツツジ (12)
ハナカイドウ (21)
ヒュウガミズキ (11)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (15)
ヤマモミジ (4)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (22)
宿根草・多年草 (521)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (29)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (30)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (4)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (9)
四季咲き寒アヤメ (12)
シクラメン (6)
シシリンチウム (4)
シダ (9)
シャガ (17)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (13)
紫蘭 (16)
水仙 (30)
スズラン (7)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (8)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (19)
ディモルフォセカ (18)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (9)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (23)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (11)
ムスカリ (22)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (133)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (49)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (7)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (92)
サボテン類 (23)
ハオルチア類 (14)
メセン類 (16)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (140)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (4)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (1)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (9)
ローズガーデン・プロジェクト (17)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (12)
吉田病院「癒しの庭」PJ (2)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (207)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (13)
バラの薬剤散布 (34)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (21)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (46)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (21)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (16)
dinos ガーデンスタイリング (62)
記事投稿告知 (22)
記事(バックアップ) (22)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (9)
その他 (60)

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR