Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

前庭の建物外壁面(パレット)のつるバラ誘引完成!

(※2016年12月31日のバックデート記事です。)

2016年もいよいよ大詰め、大晦日の日です。
この日も一日中、庭作業に費やしてしまいました(大汗)。
おかげで、大方のつるバラの誘引作業も片付いて、ほっとしました。
これで、新しい年が迎えられると・・・(笑)。
この日は、大掛かりなつるバラの誘引作業は行いませんでしたが、気になる部分などの細かい修正を行いました。
ひととおり終わった、我が家の前庭のつるバラ誘引風景をご紹介します。

DSC_5022-L_convert_20170113164455.jpg

こちらは、我が家の一番の見せ場!
前庭から中庭へとつながるエントランスアプローチ部分。
ガラス扉がある部分で、建物外壁を使って、アーチ状につるバラを誘引しています。
この冬はこんな感じになりました。
昨年より少し大人しいかな(汗)。
特に左側の壁面は、いつもより枝数が少ないと思います。
5月にはどんな風に咲いてくれるか、今から楽しみです。


DSC_5023-L_convert_20170113164505.jpg

玄関アプローチから左側の壁面を見たところ。
建物の一番手前の部分には、我が家のメインローズのひとつ、地植えのつるバラ、ジャスミーナを
波紋状に誘引しています。
今年は、納得感のある誘引が出来ました!


DSC_5029-L_convert_20170113164551.jpg

「パレット」と呼んでいる建物外壁を正面から見た写真です。
この壁面に誘引しているつるバラの様子がよく分かると思います。
真ん中の高木、アオダモを挟んで両側に地植えのつるバラ(右がジャスミーナ、左がドロシー・パーキンス)、
そしてドロシー・パーキンスの左下に、鉢植えのつるバラを4つ並べています。


DSC_5028-L_convert_20170113164542.jpg

斜め横から見たアングルです。
鉢植えのつるバラは、左からキングローズ、レッド・キャスケード、アントニオ・ガウディ、レオナルド・ダ・ヴィンチです。
その上に、今年は、パーゴラから引っ張って来たポールズ・ヒマラヤン・ムスクもパレットに誘引しています。


DSC_5026-L_convert_20170113164523.jpg

もう一度、真正面からのアングルです。
何とか今回もうまく誘引できました。
細かいところのマイナーチェンジはあるものの、概ねこの壁面の仕立て方は固まって来たかな〜と思っています。
5月の開花が楽しみです。
2016年以上の素晴らしい2017年になるといいなと思います。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

スポンサーサイト
  1. 2017/01/18(水) 13:30:54|
  2. 12月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年年末の我が家の中庭風景

(※2016年12月31日のバックデート記事です。)

この日は、2016年の大晦日でした。
この日も朝から庭に出て作業をしてました(汗)。

写真は、中庭の花壇の様子。
この冬から、この花壇の植栽方法を大きく変えることにしました。

DSC_4999-L_convert_20170113164313.jpg

名付けて「ランウェイ方式」(笑)。
今までは、この土の部分には、バラや宿根草を地植えして来たのですが、軒があって雨が掛かりにくいとか、
日当りが悪い等、植物の生育に不向きと分かりました。
なので、今年は地植えにせず、スリット鉢を入れ替える方式にしました。
日当り等、条件の良い場所である程度咲かせてから、この場所に鉢を移すという作戦です。
鉢もそのままだと格好悪いので、テラコッタ鉢を花壇の土の中に埋め込みました。
さらに、狭い花壇を重層的に活用するために、手前、中断、後方と三層に分かれて鉢を埋め込んでいます。
しかも埋め込む高さを変えて、風通しにも配慮しました。


DSC_5021-L_convert_20170113164417.jpg

中庭花壇の全景です。
真正面から撮ってみました。
ランウェイ方式がよく分かるかな〜と思います。
鉢植えの植物(ここではバラですが)は、基本的に8号スリット鉢に植え付けます。
それを、このゾーンでは、土に埋め込んだテラコッタ鉢の中に入れて行きます。
この写真では、むき出しのままのスリット鉢も一緒に並べています。
緑色のプラスチックのスリットのままだと、やはり無粋ですよね?
なので、テラコッタの鉢を鉢カバーにして使います。


DSC_5037-L_convert_20170113164636.jpg

ランウェイを斜め横から見たアングルです。
今は、スリット鉢もむき出しのままに並べていますが、オンシーズンには、テラコッタ鉢だけになりますので、
すっきりすると思います。


DSC_5035-L_convert_20170113164627.jpg

さらに引いて、広角レンズで撮った一枚です。
画面左側(手前側)は、ちょうどサンルームの向かい側あたりになるのですが、
このあたりには、つるバラも植えています。
まだ、ツルの誘引は終えていませんが・・・。


DSC_5036-L_convert_20170113164425.jpg

同じような写真ですが、縦位置でもう一枚。


DSC_5020-L_convert_20170113164408.jpg

逆サイドから見た様子です。
前庭から中庭へと入って来る玄関アプローチの様子がよく分かると思います。
奥の方(前庭に近い方)は、2階がオーバーハングしていますので、
軒下部分には、雨もかからないし、日当りも悪いんです。
なので、バラを始め、どんな植物を植えてもうまく育たないんです。
ということもあって、今回、鉢を入れ替えるランウェイ方式を導入しました。


DSC_5039-L_convert_20170113164444.jpg

こちらは、ランウェイ方式の花壇の向かい側、サンルームです。
ここには、大型のつるバラ、ピエール・ド・ロンサールを地植えしています。
ガラスの壁面には、もうひとつのつるバラ、カーディナル・ド・リシュリューと、
クレマチスのキリ・テ・カナワも誘引してあります。


DSC_5018-L_convert_20170113164349.jpg

こちらは、乱張り石のテラス。
正面奥の隣地境界塀には、つるバラのカーディナル・ヒュームと、ERスノー・グース、ダフネを誘引しています。
その手前にずらりと並ぶのは、チューリップなどの球根植物を植えたテラコッタ鉢です。


DSC_5019-L_convert_20170113164359.jpg

見下ろすように撮ってみました。
ここには春を待つ球根植物たちがところ狭しと並んでいます。


DSC_5038-L_convert_20170113164435.jpg

斜め横から見た、隣地境界ブロック塀です。
奥のウッドデッキ部分には、スリット鉢のバラが、これまたところ狭しと並んでいます。


DSC_5016-L_convert_20170113164340.jpg

年内の庭作業をすべて終えて、一段落したところで締めの一枚。
整然と並べられた鉢たちです。
この状態で、来るべき2017年を迎えます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2017/01/18(水) 13:30:44|
  2. 12月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨年末に鉢植えの一斉点検を実施

(※2016年12月30日のバックデート記事です。)

昨年末の12月30日、年末の押し迫った慌ただしい時期ですが、来る日も来る日も庭作業に没頭していました(汗)。
この日は、つるバラの誘引作業が一段落したので、鉢植えのバラ他、バラ以外の鉢植えも一斉点検することにしました。

DSC_4993-L_convert_20170113164005.jpg

前庭や中庭に分散して置いている鉢植えの植物を、全部前庭の駐車場スペースに並べてみました。
どんだけ鉢があんねん!っていうほどたくさんの鉢植えがあります。
実は、これだけにとどまらず、2階のバルコニーガーデンにも、あと30鉢ほどあるんです(汗)。


DSC_4997-L_convert_20170113164026.jpg

まずは、鉢植えのバラから。
鉢植えのバラは、12月に入ってから、順次植え替えをしてきました。
特に調子が悪かったバラは、癌腫を疑い、根の検査も行ってきました。
おかげで、これまで見落として来た癌腫持ちのバラ苗も多数(10鉢ほどかな:汗)見つかりました。
重度のものは、断腸の思いで処分しましたが、軽度のものは患部を切除して、様子を見ることにしました。


DSC_4996-L_convert_20170113164015.jpg

我が家の庭は、前庭、中庭とも大部分を乱張り石を敷き詰めた床になっているため、極端に土の部分が少ないのです。
従って、植物を増やそうと思うと、必然的に鉢植えが増えてしまうのです。
この冬は、留学生のバラをたくさん受け入れたので、バラの鉢が一気に増えてしまいました(汗)。


DSC_4991-L_convert_20170113163945.jpg

このあたりのテラコッタ鉢は、クレマチスが多いかな〜。
クレマチスの鉢の奥には、クリスマスローズや紫陽花、芍薬の鉢植えが並んでいます。


DSC_4992-L_convert_20170113163955.jpg

テラコッタ鉢のアップです。
右側のアジアン鉢には、ダリアを植えていました。
この後、球根を掘り上げる予定です。
クレマチスは、同じ形のテラコッタ鉢で統一しています。
大きさが、大・中・小と3種類あるので、生育状態に合わせて鉢を使い分けています。
大きさが多少変わっても、鉢の形が同じなので、揃って見えるので、景観的にはとても有効です。
たくさんの鉢が並んでも、ごちゃごちゃしたように見えないように、鉢を合わせています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪

  1. 2017/01/18(水) 13:30:26|
  2. 12月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中庭のイングリッシュローズコーナーのつるバラポール仕立ての準備

こちらは、我が家の中庭で、昨年冬に新たにイングリッシュローズコーナーとして
整備したエリアです。

IMG_8442-L_convert_20151124192513.jpg

ここに、我が家にあるイングリッシュローズを集約させて、地植えにしていたんですが、
この春の開花の様子を見て、少しバラの配置換えをしたくなりました。
写真は先日のブログ記事でも書いた、このイングリッシュローズコーナーの
プチリフォームの様子です。
何本かのイングリッシュローズを抜いて、場所を少し移動させました。
その関係で、うち2本は来春はポール仕立てにしてみようと考えています。
2本の杭を立てて誘引を途中までやり始めていたんですが、どうもバラの生長を考えると
杭の長さが短いなぁと思うようになり(汗)、再度やり変えます。


DSC_0128-L_convert_20151207135500.jpg

こちらが先週末の土曜日にやり変えた直後の写真です。
杭の長さを2.1mのものに変えました。
普通にホームセンターで売っているものの中では一番長いものにしました。
杭の色も茶色くなって(表面を焼いているようです。)、隣の水かめとの相性も
良くなりました。
誘引作業は手間がかかりそうなので、また後日行う予定です。
花壇の手前側には、ジュード・ジ・オブスキュア、ムンステッド・ウッド、
ジュビリー・セレブレーション、後ろの杭にポール仕立てするのは、
ロイヤル・ジュビリー、レディ・オブ・シャーロットです。
かなりの高密度になりましたが、上手く咲いてくれるかな?
来春に期待したいです。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/12/07(月) 06:45:37|
  2. 12月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年冬、バラの仮剪定

(2014年12月のバックデート記事です)

これは、昨年2014年12月23日の庭作業の様子を納めた写真です。
天皇誕生日のこの日は、朝から、鉢植えのバラの仮剪定作業を進めていました。

DSC_0678-L_convert_20150904174050.jpg

前庭、中庭のあちこにに置いている鉢植えのバラを、前庭の駐車場スペースに集めました。
いつの間にか、鉢植えのバラもずいぶん増えてしまいました。


DSC_0679-L_convert_20150904174100.jpg

反対サイドからの眺め
木立性のバラだけでなく、鉢植えでもいくつかのつるバラを育てています。


DSC_0680-L_convert_20150904174113.jpg

テラコッタ鉢に植え込んだつるバラは、結構重たくて、この持ち運びは大変で、ギックリ腰になりそうです。


DSC_0681-L_convert_20150904174125.jpg

この日は、とりあえずの仮剪定だけの作業でしたが、仮剪定が終わった鉢バラから並べていきました。
冬は冬でいろいろやらないと行けないことが山積みですね。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2015/09/28(月) 17:00:50|
  2. 12月のマイ・ガーデン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (13)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (216)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (14)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2674)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (9)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (44)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (281)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (7)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (18)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (10)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (269)
アオダモ (3)
紫陽花 (65)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (14)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (558)
アガパンサス (20)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (3)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (6)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (34)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (9)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (141)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (9)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (212)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (4)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (37)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (64)
記事投稿告知 (23)
記事(バックアップ) (23)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR