Change My Garden

亡き妻を偲ぶ「追悼の庭」、そして「自分の人生を変える庭」づくりの物語を綴るブログ/My Rose Garden Photo Gallery

我が家の紫陽花ガーデン

※ こちらの記事は、2017年6月20日に、「dinos ガーデンスタイリング」に掲載したものです。


怒濤のバラシーズンの5月が終わって、梅雨入り宣言した6月に入ったというのに、
今年の関西地方はあまり雨が降らない日が続いています。
そんな中でも、我が家のガーデンはすっかり様変わりしています。
賑やかだったバラの季節が終わると、すぐにバラを切り戻しし、ガーデンには再び静寂が訪れました。
バラに変わって、庭の主役に躍り出たのが紫陽花です。
実は、バラを始める前は、紫陽花の花が好きで、庭のあちこちに植えて育てていました。
5年前のガーデンリフォームを契機に、庭の主役はもっぱらバラになってしまいましたが、
そんな中でも紫陽花はこの梅雨の季節を彩る花として、大切に育ててきました。
今回は、我が家の紫陽花ガーデンの様子をご紹介してみようと思います。


● 前庭の玄関アプローチから中庭へとつながる紫陽花

DSC_3548_convert_20170621121618.jpg

まず、最初にご覧いただく画像は、こちらです。
我が家の前庭からガラス扉の奥の中庭方向を見た写真です。
今年は、前庭の玄関アプローチに地植えした紫陽花と、ガラス扉の奥にちらっと見える中庭の花壇にも紫陽花の花が咲き、
前庭と中庭が紫陽花の花でつながりました。
前庭の紫陽花は淡い色合いのものが多く、奥の中庭には鮮やかな色彩の紫陽花をたくさん植えて、
前庭と中庭の風景に変化をつけています。


● 青や紫色の紫陽花と緑のギボウシがつくるシックな風景

DSC_3310_convert_20170621121552.jpg

こちらは、中庭を真正面から撮ったアングルです。
季節は6月、まさに紫陽花のシーズン真っ盛りです。
これまで、紫陽花は前庭の玄関アプローチで咲かせてきましたが、今年は趣向を変えて、
中庭にも紫陽花の花咲く風景をデザインしてみました。
5月のバラの鮮やかな色彩とはガラッと雰囲気が変わり、青や紫、淡いピンクの紫陽花の鉢植えと、
ギボウシの瑞々しい緑の葉っぱが織りなす、とてもシックな風景が出来上がりました。
フォーカルポイントに和風の壷を置き、水瓶や伊賀焼の水盤なども相まって、
全体として和を感じるしっとりとした潤いのある中庭空間になりました。


● 赤やピンクのつるバラによる立体的な装い、5月の中庭

DSC_2194_convert_20170621121536.jpg

6月の紫陽花の中庭と対比するために、先月5月のバラが満開の中庭の様子を写真で振り返ってみます。
5月の中庭は、鉢植えのバラに加え、中庭の各所に壁面に誘引したつるバラが、赤やピンクの花をたくさん咲かせ、
中庭を取り囲むような立体的な空間となっています。
鮮やかな色彩の花が、中庭の高い位置で咲き、自然と目線が上の方に上がります。
一年でもっとも華やかな風景が見られるのもこの時期です。


● カラフルな花が咲き乱れる4月、チューリップの中庭

DSC_8452_convert_20170621121728.jpg

さらにもう一ヶ月遡ってみます。
こちらは、今年の4月、チューリップやムスカリなどの球根植物に加え、ビオラやパンジーなどの色とりどりの花が咲き乱れる中庭です。
チューリップもバラと同様、青い花の品種がありませんので、ピンクや白、紫などのチューリップの花をより一層引き立てるために、
青い花のムスカリやビオラを鉢植えで加えています。
所狭しと並ぶテラコッタ鉢に植えたチューリップのお花畑。
バラや紫陽花がつくる風景とはまた違った、とても可愛らしい風景が広がります。

こうして、4月から6月までの中庭風景を同じアングルで撮った写真を並べて比べてみると、全く印象が異なりますね。
我が家の中庭は、乱張り石を敷き詰めたドライな庭で、ほとんど土の部分がありません。
そのデメリットを払拭するために、鉢植えを多用し、季節毎にローテンションさせることで、
その季節ならではの「旬な花」を楽しめるような演出としています。


● 今年初導入の「ランウェイ・スタイル」、紫陽花バージョン

DSC_3353_convert_20170621121605.jpg

こちらは、中庭から前庭方向を見た写真です。
前回の記事でも、この中庭花壇のことを書きましたが、我が家の中庭花壇は、2階がオーバーハング(張り出)している関係で、
日当りが悪く、壁やガラス扉で囲われて風通しが悪く、植物を地植えしてもなかなかうまく育てられないゾーンでした。
そこで、今年初めて導入したのが、「ランウェイ・スタイル」という植栽システムです。
簡単に言うと、テラコッタ鉢を地面に沈めて設置し、そこにスリット鉢で育てた植物を日向で咲かせてから、
この花壇にセットするという方法です。
写真は、鉢植えのバラから紫陽花の鉢へとスイッチした、「ランウェイ」花壇の様子です。
鮮やかな色彩の紫陽花が徒長もせず、しっかり上を向いて咲いてくれています。


● 「ランウェイ」花壇、紫陽花バージョンができるまで(その1)

DSC_3601_convert_20170621121652.jpg

では、どのようにしてこの「ランウェイ」花壇をつくっているのか、お見せしましょう。
上の写真のように、花たくさんのテラコッタ鉢を花壇の地中に埋めて設置しています。
狭い場所に高密度で植え込めるよう、3列に鉢を埋めていますが、奥(建物側)へ行くほど、
埋める深さを少なくして(地中に出る部分を多くして)、段差をつけているのがミソです(笑)。
高密度で葉が茂っても、多少なりとも段差をつけることで風通しを改善し、蒸れを防止する配慮をしています。
また、埋めるテラコッタ鉢は、大・中・小と3つの大きさを用意し、メインとなる植物(バラや紫陽花、チューリップなど)を大きな鉢へ、
中や小サイズの鉢には、主役の足元を彩る宿根草などを植えられるようにしています。
写真では、一番小さなテラコッタ鉢に、イトソマや、シルバーリーフの宿根草、ヒューケラ、ギボウシなどを植えた
スリット鉢(5号、6号鉢)をセットしています。
まら、ランウェイ花壇のテラコッタ鉢以外の部分には、カラーの砕石を敷き詰め、土が見えないようにし、
清潔感を保つようにしています。


● 「ランウェイ」花壇、紫陽花バージョンができるまで(その2)

DSC_3616_convert_20170621121704.jpg

まず最初に、宿根草を土に埋めたテラコッタ鉢にセットしたあとは、主役の紫陽花の鉢をセットしていきます。
奥(建物側)から、樹高のある鉢植えをセットします。
この時、紫陽花の花の色も考慮しながら、どこにどの鉢をセットするのが良いか、いろいろシュミレーションしながら配置を考えます。
まさに、展示会でディスプレーをつくるのに似た要領です。
奥、そして中列の鉢に紫陽花のスリット鉢のセットが完了し、残すは一番手前側だけの状態です。
配置がうまく決まらなくても、気に入るまで何度もやり直すことができるので、とても楽しい作業です。


● レインボー・グラデーションの紫陽花「ランウェイ」

DSC_3555_convert_20170621121629.jpg

そして、中庭の「ランウェイ」花壇の紫陽花バージョンが完成しました。
5月のバラ・バージョンとは全く趣きを異にする花壇になりました。
手前に鮮やかな赤い花の紫陽花、そして赤紫色の紫陽花、そして濃い青紫色から青へとグラデーションするように配置してみました。
中列には、黒軸の紫陽花を2株入れることで、黒い軸(茎)がアクセントになって、なかなか良い感じです。
前列、中列、後列と、株の背の高さの違いを活かして立体感が出るような配置を意識しています。
このバージョン以外にも、手前と奥を入れ替えたり、虹のようなグラデーションではなく、ランダムに色を配置する等、
いろいろ試せるのが鉢植えならではのメリットです。


● 星のような花形の紫陽花が並ぶ、「星空の庭」

DSC_3632_convert_20170621121716.jpg

紫陽花の「ランウェイ」花壇を上からの見下ろしのアングルで撮ってみました。
今年は、青い花の紫陽花をいくつか購入しました。
画面中ほどの2株の青い紫陽花は、濃い青の紫陽花が、「ダンス・パーティ・ハッピー」、鮮やかな青の方が、「千代女」という品種です。
それ以外にも、前年に挿し木で増やした淡いピンクや紫色の紫陽花、「ダンス・パーティ」、宿根草のイトソマ、
建物側の木杭に誘引している白いクレマチス、「ペパー・ミント」、そして、この画面には写っていませんが、クレマチスの「流星」など、
どれも花形が星のような形をしており、その星形の花がこの「ランウェイ」花壇を流れるように咲き、まるで天の川のようになっています。
「星空の庭」、「天の川の庭」と呼んでいます(笑)。


● 前庭玄関アプローチを彩る、「紫陽花の小径」

DSC_0722_convert_20170621121520.jpg

もともと、我が家の庭では、紫陽花は前庭の玄関アプローチに、地植えの紫陽花と鉢植えの紫陽花を並べて配置し、
「紫陽花の小径(こみち)」をデザインする、というのがこれまでの風景でした。
写真は、昨年2016年の前庭玄関アプローチ、「紫陽花の小径」です。
昨年は、青い紫陽花が軒並み赤やピンクに発色してしまい(大汗)、残念な結果となってしまいました。
植え替え時の土に原因があるのではないかと考えています。
それでも、地植えの紫陽花の前に鉢植えの紫陽花を並べて配置することで、狭いながらもボリューム感のある小径の風景が作り出せました。


● 2017年、今年の「紫陽花の小径」

DSC_3577_convert_20170621121640.jpg

こちらが、今年2017年の前庭・玄関アプローチに出来上がった「紫陽花の小径」。
中庭の「ランウェイ」花壇に飾っていた鉢植えの紫陽花を前庭に移し、地植えの紫陽花と一緒に並べて風景を創っています。
今年は、青紫陽花の鉢をいくつか購入したのと(汗)、昨年、「青アジサイの土」を使って植え替えた紫陽花が
だいぶ青く発色するようになってきて、昨年よりは涼しげな風景となりました(笑)。
スリット鉢に植えた紫陽花を並べる際には、同じデザインのテラコッタ鉢を使い、鉢が主張しすぎないように配慮しています。
紫陽花好きが高じて、年々紫陽花の鉢が増える一方で(汗)、どうしたものかと悩ましいです。

それでも、今年は「バラの季節」より「紫陽花の季節」の方が心に残る風景になったのではないかと感じています。
今年初めて導入した、中庭の「ランウェイ・スタイル」も、紫陽花バージョンはことのほかうまく行ったように思っています。

都市部の狭い庭では、何かと植物を育てるには難しい環境条件がつきまといます。
その中で試行錯誤しながら、何とか思い通りの風景が描けた時は、本当に嬉しいものです。
この「ランウェイ・スタイル」は、バラや紫陽花、チューリップの他に、ダリアやクリスマスローズ、ギボウシなどの葉もの植物など、
他にも様々な展開が可能ですし、いろいろ植物を組み合わせて複雑な風景をデザインするなど、まだまだ可能性を秘めています。
そういったことも含め、引き続き「庭を変える」チャレンジをしていきたいと思っています。

次回7月のレポートは、「夏の庭」をテーマに書いてみようと思っています。
乞うご期待下さい。




ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


スポンサーサイト
  1. 2017/06/26(月) 09:33:56|
  2. 記事(バックアップ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

『ディノス・ガーデンスタイリング』に新しい記事をアップしました!(第25回)

今年は時が経つのが早い感じで、6月ももう今週で終わりです。
相変わらずバタバタしてまして、未だに5月のバラシーズンの写真どころか、
6月に入ってからの庭の写真などもアップできないまま、今に至っております(汗)。
このブログを楽しみにして下さっている方には大変申し訳なく思っております。
鋭意、写真整理中ですので、もうしばらくお待ち頂けたら幸いです〜(汗)。

その一方で、昨年よりブログ連載させていただいております、大手通信販売の
ディノスさんのガーデニング・サイト『dinos ガーデンスタイリング』の方は、
月1回のペースでブログを更新しております。
こちらは、締め切りもございまして、何とかそれに遅れないよう、頑張っております。

そのディノスさんのガーデニング・サイトの方で、先日、新しいブログ記事を
更新させていただきました。

ピクチャ_4_convert_20170626091313

今回のテーマは、6月、梅雨時期で、紫陽花が美しいシーズンなので、
『我が家の紫陽花ガーデン』と題して、記事を書かせていただきました。

※ 第25回目の記事は、こちら → 我が家の紫陽花ガーデン


ピクチャ_3_convert_20170626091302

バラを始める前から、紫陽花が好きで、我が家の庭にはたくさんの紫陽花が
植っていました。
今回は、今年初めて導入した中庭の『ランウェイ花壇』を紫陽花バージョンに
変えてみましたので、その辺りのことをまとめてみました。
前回、5月のバラの庭から雰囲気ががらっと変わって、またとても気に入っています。

個人ブログの方ではまだ掲載していない写真を載せていますので、良かったら
是非、ご覧下さいませ。

  ※ 第25回目の記事は、こちら → 我が家の紫陽花ガーデン

個人ブログの方も頑張ります。
楽しみにしていて下さいね〜。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/06/26(月) 09:15:09|
  2. 記事投稿告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亡き妻の友人から命日にお花をいただきました。

先日、亡き妻の命日でした。
今年でまる5年が経ちました。
時が経つのは早いですね、しみじみそう思います。

DSC_3674-L_convert_20170622100617.jpg

さて、妻の命日頃に合わせて、毎年、生前妻が親しくしていただいていたママ友さんから、仏前にとお花をいただきました。
毎年、この時期になると、届けて下さいます。
本当にありがたいことです。


DSC_3683-L_convert_20170622100629.jpg

今年いただたいお花はこんなのでした。
今年は、黄色とオレンジ色の花がたくさん詰まったブーケでした。


DSC_3690-L_convert_20170622100648.jpg

早速、花瓶に活けてみました。
リビングのブルーグリーンの壁紙を背景に撮影してみました。


DSC_3695-L_convert_20170622100659.jpg

同じような写真ですが、もう一枚。
このあと、仏前に飾らせていただいています。
いつも気に留めていただいて、本当にありがとうございます。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/06/22(木) 10:12:27|
  2. 供花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクの紫陽花

こちらは、我が家の前庭、玄関アプローチの「紫陽花の小径」に地植えしているピンクの紫陽花です。

DSC_3643-L_convert_20170620114635.jpg

確か、家を建てた時から我が家にいるので、もうかれこれ20年選手です。
株も大きくなっています。
今年も可愛らしいピンクの花を咲かせてくれています。


DSC_3645-L_convert_20170620114652.jpg

同じ株に咲く別の花。
こちらは少し淡いピンク。
奥に紫色の紫陽花が見えていて、とてもキレイ。


DSC_3644-L_convert_20170620114644.jpg

こちらは、咲き始めの頃の様子。
ピンクに染まる前は黄色なんですね。
その花弁の中に淡いブルーの玉のような花が見えています。
可愛らしい。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/06/21(水) 07:24:20|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

濃い青紫色の紫陽花

こちらも、我が家の前庭、玄関アプローチの「紫陽花の小径」脇の花壇に地植えしている紫陽花です。
以前は、鉢植えで育てていましたが、今は地植えしています。

DSC_3646-L_convert_20170620114802.jpg

ただ、隣に大株の紫陽花が植っている関係で、その紫陽花に覆い被さられるように
なっていて、あんまり咲きませんでした(汗)
辛うじて咲いていた花も、こんな感じでした(大汗)。


DSC_3647-L_convert_20170620114812.jpg

他の花もこんな感じ。
せっかくの濃いブルーで咲く紫陽花なのに、これではもったいない。
花が終わったら掘り上げて、鉢で育成しようと思っています。



ブログランキングに登録しています。
応援して下さる方は↓こちらをクリックお願いします♪
よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ↓こちらもお願いします♪


  1. 2017/06/21(水) 07:23:31|
  2. 紫陽花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ひで

Author:ひで
2012年6月、長年連れ添った妻を長い闘病生活の末、まだ若くして亡くしました。
妻の好きだったピンク色のバラで庭を埋め尽くして、亡き妻を偲びたいという想いから、バラを始めました。
それまで全くバラに興味もなかったのに、手をかけて育てるうちに、完全にハマってしまいました。
バラを通していろいろな人とも交流できたり、つながりも出来て、それまで気付かなかった楽しさや生活の潤いも発見できるようになりました。
亡き妻を偲びつつも、これからの自分の人生を前向きに生きるために、美しいバラのあるガーデンを創っていきたいと思っています。
Change My Life! Change My Garden! をコンセプトに、
「ガーデン」×「写真」にこだわって、ボクの庭づくりの物語を綴っていきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (19)
はじめに ~ブログ開設宣言~ (1)
各月毎の庭の様子 (222)
1月のマイ・ガーデン (23)
2月のマイ・ガーデン (9)
3月のマイ・ガーデン (16)
4月のマイ・ガーデン (38)
5月のマイ・ガーデン (66)
6月のマイ・ガーデン (20)
7月のマイ・ガーデン (7)
8月のマイ・ガーデン (9)
9月のマイ・ガーデン (2)
10月のマイ・ガーデン (12)
11月のマイ・ガーデン (12)
12月のマイ・ガーデン (8)
バルコニーガーデン (2)
中庭「ランウェイ」 (2)
バラ (2677)
アイズ・フォー・ユー (58)
あおい (0)
安曇野 (19)
アブラハム・ダービー (83)
アントニオ・ガウディ (5)
アンリ・マルタン (18)
アンジェラ (60)
イングリッシュ・ヘリテージ (84)
ヴァイオレット (8)
ヴァンテロ (91)
ウィンチェスター・キャシードラル (16)
オールド・バル (51)
カーディナル・ド・リシュリュー (15)
カーディナル・ヒューム (94)
ガートルード・ジェキル (21)
カクテル (55)
ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンデ (14)
キング・ローズ (23)
クラウン・プリンセス・マルガリータ (19)
グラマラス・ラッフル (7)
グリーン・アイス (30)
コーネリア (6)
ザ・プリンス (55)
サンセット・グロウ (4)
ジェフ・ハミルトン (10)
ジェーン・オースチン (0)
紫玉 (22)
ジャクリーヌ・ドュ・プレ (22)
ジャスミーナ (40)
シャルル・ドゴール (12)
シャンタル・メリュ (32)
ジュード・ジ・オブスキュア (36)
ジュビリー・セレブレーション (51)
白モッコウバラ (1)
シンパシー (1)
スーヴェニール・ドゥ・ドクトル・ジャメイン (30)
ストロベリー・アイス (33)
スノーグース (24)
スパニッシュ・ビューティ (46)
センティッド・エアー (7)
セント・オブ・ウーマン (2)
ダフネ (4)
ダブル・デイライト (24)
タワー・ブリッジ (41)
チャールズ・レニー・マッキントッシュ (0)
つるアイスバーグ (19)
テス・オブ・ダーバービルズ (3)
ドロシー・パーキンス (11)
ディスタント・ドラムス (53)
ニコール (19)
ノイバラ (1)
バーガンディ・アイスバーグ (57)
ハイディ・クルム・ローズ (12)
パット・オースチン (53)
花冠 (55)
パレード (5)
バロン・ジロー・ドゥ・ラン (23)
ビアンビニュ (1)
ひより (7)
ピンク・アイスバーグ (0)
ピンク・カクテル (43)
ピエール・ド・ロンサール (45)
ブラザー・カドフィール (31)
ブリリアント・ピンク・アイスバーグ (19)
プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント (0)
ブルー・フォー・ユー (13)
ブレイズ (1)
ベビー・ロマンチカ (18)
ベルベティ・トワイライト (28)
ポールズ・ヒマラヤン・ムスク (13)
ホワイト・マスターピース (46)
マダム・イサーク・ペレール (18)
マヌウ・メイアン (62)
ミッドナイト・ブルー (39)
ミニバラ (60)
ムンステッド・ウッド (75)
モーツアルト (80)
モッコウバラ (44)
モニーク・ダーヴ (56)
ラジオ (54)
ラジオタイムズ (1)
ラデュレ (6)
ルージュ・ピエール・ド・ロンサール (19)
レディ・オブ・シャーロット (34)
レオナルド・ダ・ヴィンチ (31)
レッド・キャスケード (51)
レッド・レオナルド・ダ・ヴィンチ (58)
レーヌ・ドゥ・ヴィオレッテ (0)
ローズ・ピエール・ド・ロンサール (4)
ローズ・ポンパドゥール (93)
ロイヤル・ジュビリー (34)
バラ以外の草花 (0)
クレマチス (285)
アフロディーナ・エレガフミナ (19)
アラベラ (15)
ヴェノサ・ヴィオラセア (9)
エトワール・ロゼ (6)
円空 (1)
踊場 (8)
キリ・テ・カナワ (5)
ザ・プレジデント (7)
ダッチ・オブ・アルバーニー (8)
ダッチェス・オブ・エジンバラ (12)
天塩 (15)
ドクター・ラッペル (14)
ドロシー・ウォルトン (8)
ビエネッタ (3)
ピクシー (20)
ファッシネイション (0)
フォンド・メモリーズ (19)
フランシス・ラビリス (11)
プリンス・チャールズ (5)
ブルーベル (5)
フルディーン (4)
フレックルス (3)
ベル・オブ・ウォキング (13)
マイ・エンジェル (2)
ムーンビーム (9)
流星 (12)
リトル・ボーイ (0)
リトル・マーメイド (12)
籠口 (25)
クリスマスローズ (82)
ダリア (20)
牡丹 (13)
芍薬 (58)
チューリップ (164)
あけぼの (1)
アンジェリケ (9)
オレンジ・エンペラー (2)
ガンダーラプソディ (2)
グラニー・アワード (2)
グランダ (6)
サンセット・トロピカル (2)
ジュディーレスター (3)
スウィーティー (1)
ダブル・ユー (1)
タルダ (3)
ナイト・ライダー (4)
ネグリタ・ダブル (4)
初桜 (2)
ハッピー・ジェネレーション (3)
ハッピー・ピープル (4)
パール・フラッグ (3)
プリティ・プリンセス (4)
プルケラ・フミリス (4)
フラッシュ・ポイント (3)
フレーミング・フラッグ (6)
マッチ (3)
桃太郎 (3)
ライラックワンダー (4)
花の咲く木 (295)
アオダモ (3)
紫陽花 (89)
ヤマアジサイ (7)
アメジストフォール(アメリカフジ) (6)
エゴノキ (7)
オリーブ (18)
クラッスラ(金の成る木) (2)
コハウチワカエデ (4)
シジミバナ (9)
シモツケ (16)
ジャスミン (2)
シラカシ (4)
セアノサス (5)
ドウダンツツジ (13)
ハナカイドウ (23)
ヒュウガミズキ (14)
ブーゲンビリア (14)
ミツバツツジ (11)
ヤマツツジ (16)
ヤマモミジ (5)
ヤマモモ (1)
ユキヤナギ (26)
宿根草・多年草 (562)
アガパンサス (22)
アキレア (3)
アジュガ (32)
アッツ桜 (7)
アリウム (5)
カタバミ (2)
菊 (2)
ギボウシ (34)
キルタンサス (3)
キャット・ミント (5)
クロコスミア (1)
クロッカス (29)
黒葉スミレ (3)
サルビア (11)
四季咲き寒アヤメ (13)
シクラメン (6)
シシリンチウム (5)
シダ (11)
シャガ (18)
宿根バーベナ (6)
菖蒲 (1)
シラー (14)
紫蘭 (17)
水仙 (34)
スズラン (8)
スノー・フレーク (10)
スパラキシ・グランディ・フローラ (10)
セダム (11)
ゼフィランサス (3)
ゼラニウム (15)
タマスダレ (11)
チオノドグサ (21)
ディモルフォセカ (20)
ネペタ(キャットミント) (4)
ハナナス (4)
ハナニラ (11)
ヒナソウ (2)
ヒメツルソバ (1)
ヒューケラ (26)
ビンカマジョール (1)
風知草 (6)
フジバカマ (3)
プシュキア (11)
フッキソウ (2)
ブラック・ベリー (3)
フリージア (26)
ベゴニア (1)
ヘメロカリス (2)
ほおずき (5)
ホタルブクロ (2)
ホルデューム (2)
ミヤコワスレ (14)
ムスカリ (23)
ラベンダー (7)
ローズマリー (8)
ワイヤープランツ (4)
一年草 (140)
オダマキ (2)
オルレア (2)
オレンジミント (2)
カリフォルニアローズ (1)
カリブラコア (2)
タイツリソウ (3)
デルフォニウム (2)
ナスタチウム (15)
ネモフィラ (3)
バジル (1)
ビオラ (53)
ヒヤシンス (14)
プリムラ (4)
ペチュニュア (2)
ベロニカ (10)
ペンタス (6)
マリーゴールド (9)
ルピナス (8)
品種不明植物 (1)
寄せ植え (3)
室内鑑賞樹・花 (35)
観葉植物 (22)
胡蝶蘭 (2)
供花 (10)
シンビジウム (1)
多肉植物 & サボテン (96)
サボテン類 (24)
ハオルチア類 (15)
メセン類 (17)
その他の多肉植物 (19)
エアプランツ (3)
苔 (3)
野菜 (4)
トマト (4)
バラの名所 (142)
まつおえんげい (17)
デビッド・オースチン・イングリッシュローズガーデン (3)
京阪園芸 (5)
伊丹ローズガーデン (1)
岡本ガーデン (10)
チェルシー・ガーデン (2)
霊山寺・バラ園 (3)
松尾寺 (1)
おふさ観音 (1)
ローザンベリー多和田 (2)
宝塚あいあいパーク (2)
大阪市・中之島公園 バラ園 (19)
大阪市・靭公園 バラ園 (40)
伊丹市・荒牧バラ公園 (5)
ひらかたパーク・バラ園 (3)
京成バラ園 (7)
横浜イングリッシュガーデン (18)
四季の香ローズガーデン (2)
高取バラハウス (1)
花の名所 (42)
春日大社&万葉植物園 (1)
四天王寺 (1)
宝塚ガーデンフィールズ (1)
宇治市立植物園 (2)
矢田寺 (1)
般若寺 (1)
馬見丘陵公園 (24)
大和郡山城跡 (1)
日野ダリア園(シャクヤク園) (7)
日野・正法寺 (1)
近所の公園 (2)
多肉・サボテン園 (6)
サキュレント・モリタ (1)
その他名所旧跡 (1)
国際バラとガーデニングショー (5)
多肉・サボテン展示会 (2)
ガーデンショップ (2)
植木市 (2)
バラ友さん家のガーデン (4)
叔母の家のバラ庭 (10)
ローズガーデン・プロジェクト (22)
京北ローズガーデン/六ヶ畔 花簾庭PJ (15)
吉田病院「癒しの庭」PJ (4)
吉野・K邸ガーデンPJ (3)
バラの作業 (214)
つるバラの誘引 (91)
バラの剪定 (21)
バラの植込み (16)
バラのお手入れ (5)
バラの飾り付け (1)
バラの新規購入(お迎え)苗 (13)
バラの挿し木苗 (8)
バラの肥料やり (15)
バラの薬剤散布 (38)
バラの害虫 (2)
ローズヒップ (1)
クレマチスの作業 (51)
クレマチスの誘引 (4)
クレマチスの剪定 (9)
クレマチスの新規購入(お迎え)苗 (6)
クレマチスの肥料やり (4)
切り花 (19)
球根 (22)
自宅ガーデンの総括 (15)
2014年の総括 (1)
我が家の「壁庭」2015 (13)
2015年の総括 (1)
ガーデンリフォーム (36)
DIY (32)
リフォーム (12)
デッキチェア (6)
ガーデングッズ (47)
テラコッタ鉢 (8)
ガーデン資材 (14)
Book (19)
バラのカタログ (8)
展覧会 (11)
ガーデニングコンテスト (22)
写真コンテスト (15)
写真撮影方法 (1)
カメラ (1)
バラの写真・勝手ランキング (3)
2013年度ランキング (バラ1年目) (1)
2014年度ランキング (バラ2年目) (1)
2015年度ランキング(バラ3年目) (1)
バラ以外の写真・勝手ランキング (2)
2014年度ランキング (1)
2015年度ランキング (1)
オープンガーデン (4)
ゲスト (6)
メディア掲載 (17)
dinos ガーデンスタイリング (68)
記事投稿告知 (25)
記事(バックアップ) (25)
レビュー記事案内 (9)
レビュー記事(バックアップ) (9)
旅行・小旅行 (11)
その他 (65)

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Thank you for Reading

フリーエリア

Dolce Vita

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR